CM – Arrow Footwear.

161211a

Arrow Footwear の革靴にご注目いただきたい。
当店では SANDERS と並ぶ定番アイテムとして揃えているのですが、さすがの SANDERS にやや押されがちというのが現状。本格的な英国靴として決してひけをとるものでなく、ミリタリールーツを本質とするところまでは同じでも、シューズそのものはタイプが違うのであります。

僕もこの夏の終わりからようやく履きはじめ、SANDERS との違いを実感しているところ。
スマートのなかに無骨さを感じる SANDERS に対して、Arrow Footwear の靴は無骨が先にきて、オールドクラシックというような気配を感じます。

 

151209i

Arrow Footwear は SANDERS の一代前の軍納入業者であり、両ブランドは、軍の規格のほぼ同じ靴をつくっていたという経緯があります。

SANDERS の Military Collection というラインは、英軍オフィサーシューズをベースにしながらも、ファッション向けのアイテムにモデファイされており、軍靴的なる部分を残しながらファッション的なる部分を組み入れているというプロダクト群となります。

一方、Arrow Footwear の方は、基本的に 『実際に軍に納入していた木型を使う』 ということをコンセプトにしていて、『かたち』 から染み出すその雰囲気を重視しています。
決まった木型といくつかのデザインに対して、お店ごとに革の種類・色、アイレットの色やアウトソールの種類などを指定して発注することができることも大きな特徴となっていて、ファクトリーベースのブランドならではの融通の好さを誇ります。

 

161211b

やや丸みが目立つぽってり型。一般のドレスシューズのようなシャープさは皆無であり、ワイズがしっかり広いことが特徴。広めのワイズからノーズを伸ばして色気を出すということも皆無。
オフィサー向けとは言え、軍靴ということもあってかまず質実剛健であることが優先され、扱いとして道具的、またユニフォーム的であることを求められた結果でしょうか。

僕よりも年嵩のお客さんなどは、たまに懐かしがってくれたりもするのですが、よくも悪くも、実際に古い靴のイメージであり、それがまたクラシックな風情を滲みだす結果になるのです。

とにかく、なにはなくともまず言えることは、幅広の足の人にはそれだけでおすすめ。
僕も自分のサイズを履いてまったく窮屈感を味わうことなく、履き慣らしの段階での苦痛が一切ありませんでした。

 

161211c

質実剛健でぽってり感があるということで、アウトソールにレザーソールやミリタリーソールなどをはかせてみると、トラディショナルなカントリーシューズの様相を呈し、今度は Tricker’s を彷彿とさせます。
この雰囲気はその Tricker’s のおかげで無意識に 『イギリス的な印象』 を呼び起こすのですが、Tricker’s のような 『トリッカーズです!』 という強い主張がないのが、Tricker’s ではない Arrow Footwear の絶妙さであるという、やや都合よく一面を切り取ることもできる気がします。笑。

 

151209k

最後に余談の裏話ですが、このブランドの国内インポーターはやはり存在として SANDERS を強く意識していますので、プライスレンジもなるべく SANDERS を下回るよう、メーカー側とかけあったりしていろいろと努力しています。

使っているレザーの品質などは、かなりのケースで SANDERS を上回っていたりもしますので、実はバリューの面だけでも充分おすすめできるのです。
SANDERS はよりミリタリーテイストを感じさせるような革のチョイスだったりしますが、どちらにしても、この二つのブランドは、ノーザンプトン界隈のシューメイカーの中では群を抜いて良心的なプライスで提供されていることは間違いないでしょう。

 

Arrow Footwear 、まだの方は是非チェックしてみてください。

 

LINEで送る

Arrow Footwear – Plain Toe, Long Wing.

160804a

ようやく届きました、Arrow Footwear の新作です。

丸々半年遅れとなりました、Arrow Footwear 第2弾の入荷となります。
今回は黒靴2型でご用意しました。

 

160804b

お問い合わせいただいた方々にアナウンスしていた内容と若干異なっているのは、ちょっとした指定が通らなかったという事情に加えて、僕の勘違いも重なっておりまして、申し訳なかったですが、届いてしまえばもうこれです。

イギリス靴らしいクラシックな薫りを大切にして、奇をてらわず、ベーシックな範囲でバリエーションを増やしていこうと思います。

 

160804d

まずはプレーントゥ。
グレインレザーのブラックに、レザーソールを合わせました。
武骨とエレガント、両方を狙ったクラシック・シューズというイメージです。

実用面を考慮すると後まわしにされがちですが、やはり最も “スタイル” を感じるされるのはレザーソールで間違いないでしょう。
革靴に本気に取り組むなら、是非レザーソールのシューズも履いていただきたい。

Arrow Footwear – Plain Toe Derby Shoes
col : Black
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 43,800 (+tax)

 

160804f

もう一つは、ロングウィングチップのブローグシューズ。
カーフのスムースとグレインレザーとの素材の切り替えを同色でしています。
これにミリタリーソールを合わせ、クラシックなカントリーシューズのようなイメージです。より武骨な印象となり、ワーク系やアウトドア系との相性はかなりのものではないでしょうか。

Arrow Footwear – Long Wing Derby Shoes
col : Black
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 49,800 (+tax)

 

160804c

いずれにしても、ベースは古い時代のイギリス軍のオフィサーシューズです。
ややぼってりしてボリューム感があり、カジュアルなコーディネイトに取り入れやすいことが大きな魅力であろうと思います。

一定のドレス感ありつつのごてっとしたこの感じは、日本の靴やアメリカの靴には無い類の独特なニュアンスです。シンプルでありながらもこういったニュアンスがしっかりと備わり、確かな存在感を持っているというのが魅力の本質なのだと思います。

期待していただていた方々、是非一度お手にとってみてください!

 

・ ・ ・ ・ ・

 

(世間話)

オリンピック、甲子園、夏フェスなど、いろいろと盛り上がっていますが、ぼちぼちお盆ですね。
夏休みに入ったという人も多いと思いますが、暑さに負けずに夏を満喫できているでしょうか。

どうでもいい話の続報ですが、以前にここで話したトマト、無事実をつけました。

160804g

種を蒔いたのが遅かったので収穫の時期も遅れてしまいましたが、ようやく食することができました。(しっかり甘かった!)
同じく種から育てた大葉も、沢山の葉を茂らせ、毎日収穫して食べきれない状態です。

閉口するのは、水やりで蚊にさされること、バッタが葉を食べまくること、イモムシのような虫も葉を食べまくること。
とにかく暑くなって以降、さまざまな虫と遭遇し、憎み合う関係となりました。

いやいや、大変だけど面白い。

Fuzz は来週の16日(火)~18日(木)の3日間、夏休みの連休となりますので、ご来店、あるいは通販の際にはご注意いただけますようお願い致します。

LINEで送る

Arrow Footwear.

151209k

● Arrow Footwear
1890年、イギリス・ノーザンプトンで創業したシューメーカー White & Co によるブランドです。
“Arrow Footwear” は同社が第2次大戦時にイギリス国防省のコントラクターとして軍用ブーツを供給していたという経緯から、当時の木型とデザインを用いて展開するコレクションとなります。
ミリタリーのオフィサーシューズならではのテイストを、イギリス伝統のグッドイヤー製法による質実剛健なつくりで本格的に再興している稀有なブランドです。

 

151209i

遅れに遅れ、ようやく届いてホッとしています、新ブランド Arrow Footwear。
Fuzz では SANDERS に次ぐイギリス靴の2番手として大いに期待することにしており、継続して続けていくことを考えています。

そもそも SANDERS と同様、イギリス国防省と付き合いのあるメーカーであり、イギリス軍のオフィサーシューズという共通の納入シューズがあるということもあり、立ち位置的にはかなり近いものがあります。
(SANDERS の一代前のコントラクターであったということです。)

納入メーカーとして当時つかっていた木型を保管していて、基本的にそれらを使ってコレクションをつくっていこうというのが、”Arrow Footwear” というブランドです。

そして、アッパーレザーやアウトソール、ハトメやコバなどのディテール部分で、ある程度希望を反映してくれるような体制であるため、僕も独自の指定をさせていただいたのですが、そうすることで Fuzz での SANDERS とのすみ分けを図っていこうと思っています。

SANDERS ではさっぱり、すっきり、シャープなプロダクトが増えているという都合上、こちらでは、ある程度武骨であったり、ごてごてしていたりと、イギリス靴のもう一面の方の魅力にフォーカスして、多少ラフなカジュアルスタイルにも対応できるような提案ができないだろうかと思案しています。

 

151209e

そういった経緯と考え方で、スタートとなるのが今回のこのモデル、1型1色の展開となります。
別注というかたちとなる都合上、1型に対してそれなりの足数が必要となるため、種類豊富にというのが難しく、今後モデル数や色数のラインナップは少しずつゆっくり増えていくような感じになると思います。

 

151209a

アッパーレザーはスコッチグレインのシボ革に、アウトソールにはごつめにミリタリーソールを組み合わせてみました。

ずしっとくる重厚感を感じられるような組み合わせで、ワークやアウトドアのテイストともマッチするように思います。
スマートな SANDERS のモデルにはできないスタイリングも可能にしてくれるのではないでしょうか。

 

151209f

151209h

151209j

151209c

151209g

やや丸みのあるフォルムで、よりカジュアル度が強い印象です。
昔々に見てきてたヴィンテージのリアルなイギリス軍オフィサーシューズはまさしくこのフォルムでした。
多少ぼってりした印象を受けるものの、同時に独特のバランスの好さを感じられるはずです。

151209b

 

Arrow Footwear – Cap Toe Derby Shoes
col : Dk. Brown
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H / 9
price : 39,800 (+tax)

 

図らずも今冬の最終兵器となりました。
コートやニット、パンツ、マフラーなど、いろいろと季節の品で計画があったかもしれませんが、余地がありましたら、是非。

いい靴ですよ~

LINEで送る