New Arrivals.

160812k

今年もやります、Astorflex のデザートブーツ。
Greenflex というブランド定番のモデルに、カラーも最も定番的なベージュを、今年も選んできました。

 

160812j

Astorflex は200年続くイタリアの小さなメーカーが手がけるブランドということで、ものづくりの姿勢も骨太で好感が持てます。

ベジタブルタンニンのスエードレザーは色合いに深みがあり、しっかりした厚みもあって、まずは質感の好さが目を惹きます。
天然ゴムのクレープソールと合わせて、感覚的に質の好さを感じることができ、大きな流通の量産系ブランドのそれとは一線を画していることが一目で分かります。

 

160812f

 

やや細身で、ややノーズがあって、というイタリア靴のバランスです。
いいなと思うのは履き口が比較的狭めのつくりで、ここがガバガバせずにフィットするというところ。これによって見た目のスマートさが増しているのではないでしょうか。
しっかり捨て寸をとって履いても、意外と足入れ感は小さいと感じます。

 

160812l

若者のストリート混じりのスタイルではなく、いい大人がさりげなく穿くカジュアルなブーツとしておすすめできると思っています。
スニーカーよりきちんと感があって、ドレスシューズ的な革靴のようさ堅さはない、という部分だと思います。

Astorflex – Greenflex
col : Beige
size : 40 / 41 / 42
price : 27,000 (+tax)

 

160903h

こちらも昨年の好評を受けてのリピートオーダー、suolo のミニサイズのレザーショルダーバッグです。

 

160903g

160903c

国産のレザー(栃木レザー、姫路レザー)をつかっていて、クオリティはかなりのものです。
昨年と同様、レザーはシボが見られるものと、スムースなものと個体差がいろいろです。全体的にだったり、部分的にだったりしますが、これはレザーの特性としてご理解ください。

 

160903l

160903k

最低限の荷物での外出用サイズ。
この大きさでもレザーとなるとグッと存在感が出て、トータルコーディネイトにもインパクトを与えます。

やはり suolo なので、レザーバッグでも格好よすぎないと言いますか、どちらかというと “かわいい” というニュアンスも混じっているように思います。

 

160903i

suolo – Kid Leather
col : Black / Dk.Brown
price : 17,000 (+tax)

 

1701004d

Yarmo のベレー帽も入荷しています。
定番化しつつあるベレー帽ですが、ファブリックは毎回変わってきます。今年は Dobby Melton という織り目がはっきりしたウールファブリックとなります。

 

1701004a

秋冬のベレーといえばウールフェルトやメルトンが一番に来ると思いますが、また違った趣で好いと思います。

Yarmo のベレーは8枚接ぎというのが特徴で、よりふっくらと立体的に被れます。

 

1701004c

1701004f

1701004b

Yarmo – Wool Beret
col : Navy
size : M / L
price : 6,500 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

10月8日(日) 臨時休業

都合により 8日(日曜日)を臨時休業とさせていただきます。
大変恐縮ですが、ご来店やご注文の際(特に日付指定など)にはご注意いただけますようお願い致します。

 

LINEで送る

Astorflex – Greenflex.

160812k

Astorflex のデザートブーツをご紹介します。

Fuzzでは初登場、イタリアの信頼できるブランドです。
常に頭にあるものの、なかなか実現してこなかったデザートブーツのセレクトですが、久しぶりに納得できるものを見つけました。

 

160812m

●Astorflex
1816年、イタリア・マントヴァにて創業。現在6代目となる家族経営のシューメーカーです。
ブランドの根底にあるのは2つの哲学です。
一つはエコフレンドリー。ヴェジタブルタンニンのレザーやパラゴムの樹液でつくるナチュラルラバーソールなど、着色剤や溶剤などの化学薬品は一切使用していません。
二つめは、靴をファッションアイテムとしてではなく、あくまで快適に歩くための道具として見る、という考え。良い靴を適正価格でお届けするために、ローカルな職人や工場との信頼関係を重要な要素としています。

 

160812l

レザーの感じ、縫い付け、アウトソール、見た目でしっかりしていることが判り、全体での質感がとてもいいです。
ベジタブルタンニンのアッパーレザーと天然ゴムのクレープソールがアピールポイントになっているのですが、大量生産ではなく丁寧につくられている素材が使われているということが伝わってきます。

ゴテっとした重厚さがありつつも、イタリア靴伝統のフォルムの美しさを備え、よくよく見るとなかなか見ないようなバランスではないでしょうか。

Astorflex – Greenflex
col : Beige
size : 41 / 42 / 43
price : 27,000 (+tax)

 

ドレスシューズ寄りの革靴より疲れず、スタイルとしてはラフに気軽に履けて、スニーカーのようなスポーティな印象のないカジュアルスタイルで威力を発揮するのがデザートブーツ。
ちょっと久しぶりということもあり、真正面からベージュ・スエードが気分ではないでしょうか?

デザートブーツには、多少チープな質感でエッジの利いた若手スタイルがイメージされがちな一面もあるかと思いますが、これなら大人対応というか、しっかりした洋服を身につけている人の足元でバランスを失いません。
デニムスタイル、軍パンスタイルなどを中心に、幅広く活用していただけると思います。

 
 

LINEで送る