New Arrivals.

1700901h

comm. arch. から、新作のシャツの入荷です。

ニットブランドである comm. arch. がシャツ? という疑問が湧くかもしれませんが、これは布帛(織地)ではなく、ニット(編地)です。

1700901b

使われている生地は、いわゆる 『トリコット』 と呼ばれる編地で、シャツにはよく使われる生地ですから、なるほど、そうきたか、というところかと思います。
編地ですからやわらかくて肌触りが好く、当然伸縮性もあり、さらに皺になりにくく、型崩れがしにくいのがこのトリコット生地の特徴です。

1700901e

高級綿として有名なピマコットン+強度UPのためにポリエステル、という素材の、100双の糸を編んでいます。強く、かつ上品な光沢感があり、さらにトリコットゆえの柔らかと伸縮性が備わりますから、たいへん内容の充実した生地だと言えるでしょう。

 

1700901f

シャツとしては、ルーズシルエットのレギュラーカラー、ちょっと特徴的な胸ポケットが付いています。『ビッグシルエットシャツ』 まではいかず、『ゆったりフィットのシャツ』 くらいの認識でいいかと思います。
パチっと着るというのでなく、ユルッと着る、という感じ。僕はこの 『感じ』 という抽象的なニュアンスを大切にしてデザインされたシャツだな、という印象を受けました。着てみると、なんとなくいい感じだな、と感じます。

 

1700901c

かつてヨーロッパ古着を扱っていた時代、ピエール・カルダンやイヴ・サンローランなどで、70年代や80年代のトリコットシャツをよく見かけたものです。
よりカジュアルではあるものの、エレガントさはかえって際立つ、というような一風かわったアイテムなのかもしれません。

 

 

1700901g

comm. arch. – Tricot Shirt
col : Caramel / Deep Ocean
size : 2 / 3 / 4
price : 20,000 (+tax)

 

1700906a

つづいてが Ordinary fits の新型、デニムのスタンドカラージャケット。
まったくの新型で、ゆったりしたシルエットで独特の雰囲気をもっているジャケットです。

 

1700906b

スタンドカラーと言っても、襟が広いつくりですので、かっちりスタンドはしないようです。
襟も含め、全体に緩さをキーワードにしてつくられたような雰囲気。ラグランスリーブで着丈もしっかりあり、適度なゆったり感を出しながらコーディネイトしていただくことになります。

 

1700906d

デニムはミドルオンスのしっかりしたものとなっています。岡山のブランドゆえ、ここは得意なところ。

 

1700906e

Ordinary fits – TOBY *Denim
col : Indigo
size : 1 / 2
price : 23,000 (+tax)

 

1700905i

BASISBROEK からは新型パーカジャケットが入荷しています。
ストレッチコットンをつかったビッグシルエットのフーデッドジャケット。

 

1700905c

ゆったりを超えて、がさっと大きいです。
(着丈や袖丈は標準的です)
ドロップショルダーで、身まわりはたっぷり。フードのネック部分も大きく、襟元もルーズな印象に仕上げています。

 

1700905b

上品な光沢感のある生地に、生地のドレープ感をデザインの一環とした BASIS BROEK のモード系のデザインラインと言えると思います。
BASIS BROEK のえらいところは、モードっぽい雰囲気でデザインしても、尖らず、一線を超えず、バランスのよいところで着地するところでしょう。あくまで一般カジュアルウェアであるということは忘れず、手持ちの服と普通に合わせていけるという部分は大切なことです。

 

1700905e

モッズパーカのイメージで、ジャストやタイトなサイジングのスタイルのハズしにざっくり羽織るのもいいでしょう。
また、前述の Ordinary fits のジャケットなども当てはまりますが、昨今のビッグシルエットのカットソーやシャツなどに対応するアウターとしても貴重ではないかと思います。

 

1700905h

1700905g

BASISBROEK – Amell
col : Navy / Black
size : 1 / 2
price : 23,000 (+tax)

 

1700903e

こちらも BASISBROEK、パンツの定番モデル Senne のワンウォッシュ・デニムver. となります。
イージーパンツでデニムということで、5ポケットのジーンズより緩い印象で穿いていただけるデニムパンツとなり、また違った印象で、違った需要もあるかと思います。

 

1700903d

緩さがありつつ、シルエットはすっきり型というのが Senne の特徴です。
股上が深く、尻から股にかけてはゆったり、裾に向けてテーパードのシルエットですが、膝下から強めに絞っています。
穿いた感じは緩いけど、鏡を見ると細い、という便利で面白いパンツです。

 

1700903a

1700903b

1700903c

BASISBROEK – Senne *Denim
col : Indigo
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170604a

BASISBROEK のショーツが入荷しました。

おなじみのコットン・シルクの生地で、今シーズンはビッグシルエット型のショートパンツとなります。

 

170604i

薄地で独特のハリ感とほのかな光沢感のあるこの生地は、非常にオリジナリティを感じる素材感となっています。
この生地が使われているモデルは、この生地の特性を生かすため、デザインとディテールは比較的シンプルにして、シルエットにこだわったものが多いように思います。

 

170604b

170604c

170604f

170604g

ウエストがゴム+コードのイージーパンツ仕様。
股上は深く、股下は短め、ふっくらするよう裾口はやや絞り、全般的なサイズ感を大ぶりなものにしています。

 

170604j

170604k

シルエットと素材感がキーワードです。
合わせるトップスも、シルエットと素材感に注意してみると、このパンツでしかできないスタイリングができるかと思います。

BASISBROEK – Anny
col : Safari / Olive / Navy
size : 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

170603i

フランスのファクトリーブランド、quotidien からはビッグシルエットTシャツが入荷です。
今季はビッグシルエットのカットソーをいくつか揃えていますが、このモデルが一番ベーシックなビッグTeeではないかと思います。

普通のTシャツ地で、半袖。意外となかったアイテムです。
quotidien と言えば、リブ編み(フライス)生地のモデルが多いですが、このモデルは天竺編みの一般的なTシャツの生地となります。

 

 

170603h

170603b

170603f

170603c

4色で1サイズの展開となります。
1サイズしかとらなかった訳ではなく、今回は元々1サイズだけで展開しているアイテムです。

 

170603j

quotidien – Big Tee
col : Beige / Charbon / Navy / Black
size : 1
size : 6,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170515a

Ordinary fits の新作パンツ Town パンツ。
ゆったりしたベルト付きパンツです。

 

170515b

生地はコットンオックスでパンツとしてはやや薄地、ゆったりしたシルエットと相まって涼しげな印象です。背面にゴムが入っていて、フロントのベルトで微調整するというイージーパンツの仕様となります。

 

170515c

170515d

全体に同色でペンキが飛び散ったような加工が入ります。悪目立ちするようなものではなく、微妙なさじ加減となっています。

デザイン的な個性があり、なんとなく愛嬌もあり、これにTシャツを合わせるだけというような軽装でも、充分変化があって楽しい着こなしになるパンツではないでしょうか。

Ordinary fits – Town Pants
col : Black
size : 1 / 2
price : 17,000 (+tax)

 

170516h

BASISBROEK からも新作のパンツが届いています。
レギュラーモデルとなる Senne は、やはり定番素材のコットン・シルクで。

 

170516c

尻まわり、股まわりにゆとりをもたせ、股上深く、膝下をキュッと絞った独特のシルエット。
穿いたときに楽な感じでありながら、シルエットはすっきりしています。

 

170516g

ここ数年継続して使われているコットン+シルクのハリ感のあるファブリックも特徴的で、シルクならではのナチュラルな光沢感があり、薄地ながらハリと腰があります。

 

170516b

ゴム+ドローコードのイージーパンツ仕様。ベルトループも付きますので、ベルトをして穿くこともできます。

 

170516f

BASISBROEK – Senne
col : Navy / Olive
size : 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

170517h

Charpentier de Vaisseau のボートネックのポケットTee。
シャルパンティエは、今シーズンから無地のカットソーに真剣に取り組んでいて、非常にいい生地を使っています。

 

170517c

シルエットはメンズの標準的な感じで、2がMサイズ、3がLサイズに相当します。
意外とない普通のTシャツでこういう感じのボートネック。

 

170517e

170517g

シャルパンティエならではの、なんとなくただ者でない感は健在。シンプルな中にもいくばくかのクセがあり、ニュアンスがあります。

 

170517a

Charpentier de Vaisseau – Boat Neck Tee
col : White / Navy / Black
size : 2 / 3
price : 6,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170412c

FUJITO より新作入荷です。
ブランド定番の Tapered Trousers、Fuzz には初登場となります。

 

170412b

コットン80、リネン20の綿麻素材。高級コットンと言われるピマコットンとフランダースリネンが素材として混紡されています。

ピマコットンのやわらかさ、フランダースリネンの腰、光沢、ムラ感、特徴がうまく交じり合い、非常に上品な質感と見た目になっています。
どちらの素材も洗濯に強く、洗い込んで素材の好さが増してくるという性質がありますので、そこも大きな魅力と言えるでしょう。

地厚は春夏シーズン適応の 『やや薄地』 です。

 

170412a

モデルの特徴としては、その名の通り、テーパードシルエットが挙げられますが、これはきついテーパードの特徴的なシルエットを指すわけではありません。
股はゆったりしているものの、裾はそれほど細くありませんので、全体としては、『ゆったり感のあるスリム型』 という感じです。

また、ステッチを極力減らして、よりエレガントなルックスに、ということも大きな特徴となっていて、今回のこの上質なファブリックと相まって、非常に上品な雰囲気での仕上がりとなっています。

 

170412d

FUJITO – Tapared Trousers
col : Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 22,000 (+tax)

 

170410d

BASISBROEK の Bravo は昨年の好評を受けてのアゲイン。
昨年はブラックでしたが、今年はネイビーでのご用意となります。

 

170410a

深い股上に、ゆったりした股まわり、裾をギュッと絞って、アンクル丈、という個性的なシルエット。
ストレッチを利かせた独特のサマーウールの質感と相まって、モードの気配が漂う独特の雰囲気です。

これが、ウエストがゴム+コードのイージーパンツですので、気軽に穿けるタイプのパンツとなります。

 

170410b

てろんとした質感とマットな光沢感で、他にはない雰囲気となっています。

 

170410c

BASISBROEK – Bravo
col : Navy
size : 3
price : 16,000 (+tax)

 

170411a

イタリアのカットソーファクトリー、GICIPI の新作は、鹿の子ハイネックTee というおもしろいアイテムです。

ニットの編み機で編んだのではないかと思えるほど柔らかくて伸縮のある鹿の子生地となり、着心地の方もかなりのものとなっています。

 

170411b

170411d

ハイネックの半袖Tee というのもなんだか新鮮で、ちょっと上品な雰囲気です。
どちらの色も、生成色の糸との2色づかいで編んでいますので、ペッタリした色調でなく、深みのある色合いになっていることも特徴です。

 

170411e

トータルでは、なんとも品の好い、ヨーロッパの雰囲気かと思います。

GICIPI – Pique High Neck Short Slv.
col : Beige / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 5,500 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

160406k

Ordinary fits の新作パンツが入荷しています。

長らく定番展開している 5 pocket Ankle Denim シリーズの好評を受けて、同じ型紙を使っての別品番として新作登場です。
同じ型紙とは、かたち(シルエット)、サイズ感がまったく同じということを指し、生地、またポケットの付き方などのデザインを違ったものにしています。

 

160406e

160406c

160406d

春夏向けというニュアンスをそれなりに強く感じる薄地コットン生地、インク(スミクロ)とライトグレーの2色展開です。
製品染めによって Ordinary fits らしい絶妙の色合いを出しています。

 

160406g

160406j

5 Pocket Ankle Denim を愛用しているみなさんには嬉しい新作ではないでしょうか。
このシルエットの好さは、確固たる評価を得ている感がありますので、安心しておすすめできる気がします。

Ordinary fits – Bare Foot Trouser
col : Ink / Lt.Grey
size : 28 / 30 / 32
price : 14,800 (+tax)

 

160408e

つづいてが BASISBROEK の新作パンツ、Pipe。
細身のアンクル丈薄手ストレッチデニム後染めブリーチ加工、のパンツです。

 

160408j

160408f

160408i

こちらもはっきり春夏向けという感覚の、薄地ライトオンスの生地となっています。
製品にしてから染色して、その後ブリーチをかけることで、あえて無造作な色褪せ感を演出しています。

 

160408a

160408d

ほとんどゆとりをとらずに、バチっと細身ですが、伸縮性のあるソフトなストレッチデニムなので、タイトでもストレスは少ないはずです。
Tシャツがよく似合いそう。

BASISBROEK – Pipe
col : Ink / Lt. Grey
size : 2 / 3 / 4
price : 14,000 (+tax)

 

160407c

こちらも BASISBROEK の新作で、Bravo というレギュラーモデルです。
ストレッチの利いたトロピカルウールという面白い素材で、アンクル丈でペグトップ型シルエット、総じてモードの世界からやってきたような独特の雰囲気をもっています。

 

160407b

160407e

160407d

BASISBROEK には昔から脈々と続いている モードっぽい薫りというものがあるのですが、久しぶりにけっこう強いのが出てきたなという印象です。
一つ前の Pipe のような後加工も得意だったりするので、なかなか幅の広いブランドです。

BASISBROEK – Bravo
col : Black
size : 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

160409a

カットソーは quotidien から、鹿の子のクルーネック五分袖。
鹿の子生地を使っている以外はきわめてシンプルなデザインとなっていて、共地ですが袖口がリブのような仕様になっていて、適度な変化になっています。
五分袖というのがいいですね。

 

160409b

160409c

ポロシャツではおなじみの鹿の子ですが、ここ最近になってTシャツでもよく見かけるようになっていて、うらやましいなと思っていたところでした。
Tシャツのバリエーションとして、けっこういいと思うのですがいかがでしょうか。

160409d

quotidien – Pique Crew Neck Half Sleeve
col : Grey / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 7,300 (+tax)

 

新入荷、続々です!

 

 

LINEで送る