New Arrivals.

180408b

FLAMAND のポケットTシャツが入荷しました。
クルーネックでミディアムフィットのベーシックアイテムとなります。

 

180408a

こちらは Pyjama Clothing から引き継いだいくつかのベーシックモデルの一つとなります。Fuzz でも定番アイテムとして引き継いでいきたいと思います。

 

180408k

特に何の変哲もないふつうのポケットTシャツですので、生地のクオリティと感覚のようなものが好きかどうかだけが問題になると思います。
『ピジャマ・クオリティ』 に馴染み、信頼を置いている人には説明は不要かと思いますが、初めての人に何の変哲もないのに何が魅力なのか、と問われたら、エジプト綿を素材とするやや薄くてスムースな生地は肌触りが好く、発色も非常に上品です、と答えます。
生地の雰囲気は、ゴワゴワした厚地のアメリカンTシャツと対極を為すと言っていいでしょう。

 

180408d

180408j

180408e

180408h

Pyjama 時代とほとんど変わっていませんが、かすかにサイズ感が大きくなっているようで、ややゆったりしたということになります。とは言っても、サイズの調整はそれなりに行われていたので、昨年と比べて、ということになりますが。

FLAMAND – Crew Neck Pocket Short Slv.
col : White / Cafe / Grey / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 6,000 (+tax)

 

180407a

BASISBROEK からは新作の春夏向けパンツの入荷です。
織りによって微かに見えるストライプのストレッチサマーウールの生地に惚れて、同じ生地で2モデルをセレクトしてきました。

 

180407e

光のあたり具合でストライプの見え方が異なりますが、遠目ではほとんど分からないようなものです。単色のようで柄があるというのは、ほとんど例外なく上品な雰囲気をもっていますので、我らの大好物です。

 

180407f

Stad というモデルは、おそらく Senne というモデルの後継でしょう。
全体としてはすっきり型のテーパードシルエットですが、股上を多めにとり、股まわりに少々のもたつきをつくって、穿いている感覚はゆるいです。膝から下をすっきりさせることによって、シルエットとしては細身でさっぱりしたものになっています。

 

180407g

BASISBROEK – Stad
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

 

180407c

こちらは3年連続3度目の出場、Bravo。
サルエルパンツまではいかないけれど、そのニュアンスがあるような、ちょっと変わったシルエットです。

股まわりに大きくゆとりをとって、裾に向かって急なテーパードをかけています。毎度言っていますが、生地感もあいまって、なんとなくモードっぽい雰囲気です。

モードっぽいというのは具体的にはどんなか、というのをあえて置いておくのは、共通認識でぼんやりしたものである、ということこそ、モードっぽいことの本質のような気がしているからであります。

 

180407d

BASISBROEK – Bravo
col : Navy
size : 3
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180210m

BASISIBROEK の春の新作ジャケットが届いています。
新しいモデルのゆったり型ショートジャケットです。

 

180210b

180210g

180210e

ドロップショルダー+ボックスシルエットに加え、胸の二重ポケットだったり、裾のスリットだったり、トータルでかなりのオリジナリティを感じさせてくれます。

 

180210a

デザインだけでなくファブリックも見どころとなっていて、イタリアの LIMONTA社のコットン+ナイロンの生地は非常に上質なものです。
グッと詰まった感じがあって、ハリ感もありながらしっとりもしていて、微かにですが上品な光沢があります。

もともと LIMONTA はナイロンの生地が世界的に有名な老舗生地メーカーで、世界の名だたるブランドがこの生地屋さんのお世話になっています。

 

180210l

なかなか伝わりにくいジャケットかもしれませんが、着てみると 『なるほど』 と思います。デザインがしっかり入って、意外性や新鮮さみたいなものも感じさせてくれるのではないでしょうか。

 

180210k

BASISBROEK – Alken
col : Smoky / Black
size : 2 / 3
price : 25,000 (+tax)

 

 

180211a

Vincent et Mireille からも春夏ジャケットが届きました。
こちらは完全に薄手生地となりますので、しっかり春になりきってからといったウエイト感です。

 

180211c

シャツジャケットをジップアップのショートブルゾンでつくりました、といったイメージでしょうか。
ポリエステル+コットンの軽くてサラサラ、しかもストレッチの効いたファブリックが使われています。

 

180211e

こういった軽いジャケットは、春から晩夏まで、実用性が高く、室内や室外の温度差の激しい昨今では非常に重宝します。
外ではTシャツ一枚で動きたいけど、あまりにも冷房の効きすぎる電車や室内がそこらじゅうにあるからなぁ、という感じで着たり脱いだりして何かと便利に使えるはずです。

 

180211d

Vincent et Mireille – Zip Blouson
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 20,000 (+tax)

 

180212i

最後は新登場ブランド、イタリアの VESTI をご紹介します。

● VESTI
2012年、イタリアローマにて、生地メーカーである INNOVA社が母体となって設立されました。ブランドのキーワードは 『質』、『着心地』、そして『イタリアン・スタイル』。
競合する他社、他国のブランドを徹底的にリサーチし、素材から縫製に至るまで全てイタリア製にこだわりながらも低価格を実現。ブランド名はイタリア語の『着る』という意味の “Vestire” に由来し、あくまでユーザ重視のモノづくりを心掛けています。

 

180212g

基本的にスウェットを中心としたカットソーのブランドで、イタリアの良心とでもいうべき懐にやさしいプライスも魅力と言っていいでしょう。

 

180212f

ジップアップのジャケットは使い勝手も好いし、スウェット地なので着ていて楽だし、多少乱暴に扱っても平気だし、、ということで、このかたちを選びました。
本気でお洒落着にするというよりは、オフィスやリビングなどにおける羽織りものとして、というイメージがしっくりくるでしょうか。サッと羽織ってすぐ出かけられる感じもありますので、持っていると便利に使えてしまうのではないかと思います。

180212h

180212e

裏は掻いて裏毛にしてというものでなく、普通のパイルです。さほどの生地厚ではなく、スウェットとしては軽めと言えるでしょう。

VESTI – Sweat Zip Jacket
col : Navy
size : S / M / L
price : 7,800 (+tax)

 

180212d

こちらはスウェットパンツ。
しっかり細く、裾に巻き返しが入り、普通にスタイリッシュです。

 

180212c

生地は同じくやや軽めのスウェット地で、こちらはメランジの色味となっています。
スウェットパンツに関しては、野暮ったいのが逆に・・・というのはないと思いますので、しっかりスリムなシルエットで間違いないと思います。

 

180212a

180212b

VESTI – Sweat Pants
col : Navy Melange
size : S / M / L
price : 7,800 (+tax)

 

どちらかというと僕自身もそうなのですが、スウェットものにあまり乗り気でない人は、いわゆる 『本気のスウェット』 に目が行きにくいように思います。だったらこっちのセーターを買うかな、みたいなことになってしまいますから。
そして、だからと言ってあまりにも 『そのへんのもの』 では哀しいですから、ヨーロッパメイドのヨーロッパの製品である、という部分が、この場合には意外と効いてくれて、より気分を安らかにしてくれるのではないかと思うのです。
特にそんな人におすすめできそうというイメージでご用意した次第です。

 

LINEで送る

New Arrivals.

1701113l

SAINT JAMES のマリンニットが新たに届いています。
定番以外のニットは久しぶりとなりますが、このあたり、実に SAINT JAMES らしいデザインと雰囲気です。

 

1701113m

詰まり気味のクルーネックに肩ボタンというマリンニット仕様で、素材もピュアウール。
BINIC や CANCALE ほど厚地ではなく、ニットとしては一般的な地厚です。

 

1701113d

1701113k

2色づかいでデザインが入り、いかにもフランス人とかその周辺の人たちが着ていそうな雰囲気です。
海でなく山になってしまいますが、デザイン的にはヨーロッパのスキーニット的なニュアンスもあるような気がしますし、とにかく、なんとなくフランス的な品の好さとか育ちのよさみたいな健全な雰囲気をもっているような気がします。

 

1701113f

クラシックなタイトフィットのセーターとなります。
しっかり伸縮性がありますので窮屈さはありませんが、あまり身体のラインを出したくない人は、やはりインにシャツを着るのが常套手段です。シャツのふくらみが緩和します。

 

1701113h

SAINT JAMES – Bretagne
col : Marine*Liege / Marine*Khaki
size : M / L
price : 19,000 (+tax)

 

1701114j

こちらは初登場、北アイルランドのニット専業メーカー、Kilkeel のドネガルのハイネックニットです。

 

1701114g

ネップ混じりの毛糸で編むことで、彩り豊かなネップが散りばめられたニットになります。
素材としてはメリノウールとなりますので、柔らかく滑らかな質感となっている点が大きなポイントになっています。
特にハイネックのデザインになっていますので、首へのチクチクは最小限となり、着心地もかなり優れています。

 

1701114h

単色とはまた全然違う雰囲気ですが、柄ものという感じもしません。
その中間くらいの感じでしょうか。

1701114e

1701114c

ニットの本場イギリスでは、ドネガルニットはトラディショナルなアイテムです。
伝統的なアイテムを現代のファッションに取り入れていくということも、お洒落の嗜みではないでしょうか。

 

1701114i

1701114d

Kilkeel – Donegal High Neck Sweater
col : MustardMoss Green
size : 36 / 38
price : 18,000 (+tax)

 

1701115l

BASISBROEK の今季新型、ウールメルトンの冬向けパンツです。

 

1701115g

地厚のウール地に、短めの丈に膝のプリーツが特徴。
なんとなく独特のバランスで、BASISBROEK らしい仄かなモード感みたいなのも漂います。

 

1701115c

1701115e

テーパードシルエットで、ウエストのコード仕様なども、まさしく BASISBROEK 的。イージーパンツとして気軽に穿けるという気楽さと実用性を兼ね備え、しっかり特徴的なデザインが入り、ならではの世界観も持っています。

 

1701115d

1701115j

ちょっとズルっとした雰囲気を出しつつ、丈を少し思い切ってコンパクトにしています。裾口は細いので、ラインとしてはすっきりしていますので、スマートな印象にはなるはずです。

チェルシーブーツや編み上げの長めのブーツと合わせてもよさそうですね。

 

1701115k

BASISBROEK – Noise
col : Navy / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

下記定番アイテム、再入荷しています。

arbre – Tailored Jacket *Boiled Wool

D.C. White – Basic Trousers – Fine Wool

 

LINEで送る

New Arrivals.

1700901h

comm. arch. から、新作のシャツの入荷です。

ニットブランドである comm. arch. がシャツ? という疑問が湧くかもしれませんが、これは布帛(織地)ではなく、ニット(編地)です。

1700901b

使われている生地は、いわゆる 『トリコット』 と呼ばれる編地で、シャツにはよく使われる生地ですから、なるほど、そうきたか、というところかと思います。
編地ですからやわらかくて肌触りが好く、当然伸縮性もあり、さらに皺になりにくく、型崩れがしにくいのがこのトリコット生地の特徴です。

1700901e

高級綿として有名なピマコットン+強度UPのためにポリエステル、という素材の、100双の糸を編んでいます。強く、かつ上品な光沢感があり、さらにトリコットゆえの柔らかと伸縮性が備わりますから、たいへん内容の充実した生地だと言えるでしょう。

 

1700901f

シャツとしては、ルーズシルエットのレギュラーカラー、ちょっと特徴的な胸ポケットが付いています。『ビッグシルエットシャツ』 まではいかず、『ゆったりフィットのシャツ』 くらいの認識でいいかと思います。
パチっと着るというのでなく、ユルッと着る、という感じ。僕はこの 『感じ』 という抽象的なニュアンスを大切にしてデザインされたシャツだな、という印象を受けました。着てみると、なんとなくいい感じだな、と感じます。

 

1700901c

かつてヨーロッパ古着を扱っていた時代、ピエール・カルダンやイヴ・サンローランなどで、70年代や80年代のトリコットシャツをよく見かけたものです。
よりカジュアルではあるものの、エレガントさはかえって際立つ、というような一風かわったアイテムなのかもしれません。

 

 

1700901g

comm. arch. – Tricot Shirt
col : Caramel / Deep Ocean
size : 2 / 3 / 4
price : 20,000 (+tax)

 

1700906a

つづいてが Ordinary fits の新型、デニムのスタンドカラージャケット。
まったくの新型で、ゆったりしたシルエットで独特の雰囲気をもっているジャケットです。

 

1700906b

スタンドカラーと言っても、襟が広いつくりですので、かっちりスタンドはしないようです。
襟も含め、全体に緩さをキーワードにしてつくられたような雰囲気。ラグランスリーブで着丈もしっかりあり、適度なゆったり感を出しながらコーディネイトしていただくことになります。

 

1700906d

デニムはミドルオンスのしっかりしたものとなっています。岡山のブランドゆえ、ここは得意なところ。

 

1700906e

Ordinary fits – TOBY *Denim
col : Indigo
size : 1 / 2
price : 23,000 (+tax)

 

1700905i

BASISBROEK からは新型パーカジャケットが入荷しています。
ストレッチコットンをつかったビッグシルエットのフーデッドジャケット。

 

1700905c

ゆったりを超えて、がさっと大きいです。
(着丈や袖丈は標準的です)
ドロップショルダーで、身まわりはたっぷり。フードのネック部分も大きく、襟元もルーズな印象に仕上げています。

 

1700905b

上品な光沢感のある生地に、生地のドレープ感をデザインの一環とした BASIS BROEK のモード系のデザインラインと言えると思います。
BASIS BROEK のえらいところは、モードっぽい雰囲気でデザインしても、尖らず、一線を超えず、バランスのよいところで着地するところでしょう。あくまで一般カジュアルウェアであるということは忘れず、手持ちの服と普通に合わせていけるという部分は大切なことです。

 

1700905e

モッズパーカのイメージで、ジャストやタイトなサイジングのスタイルのハズしにざっくり羽織るのもいいでしょう。
また、前述の Ordinary fits のジャケットなども当てはまりますが、昨今のビッグシルエットのカットソーやシャツなどに対応するアウターとしても貴重ではないかと思います。

 

1700905h

1700905g

BASISBROEK – Amell
col : Navy / Black
size : 1 / 2
price : 23,000 (+tax)

 

1700903e

こちらも BASISBROEK、パンツの定番モデル Senne のワンウォッシュ・デニムver. となります。
イージーパンツでデニムということで、5ポケットのジーンズより緩い印象で穿いていただけるデニムパンツとなり、また違った印象で、違った需要もあるかと思います。

 

1700903d

緩さがありつつ、シルエットはすっきり型というのが Senne の特徴です。
股上が深く、尻から股にかけてはゆったり、裾に向けてテーパードのシルエットですが、膝下から強めに絞っています。
穿いた感じは緩いけど、鏡を見ると細い、という便利で面白いパンツです。

 

1700903a

1700903b

1700903c

BASISBROEK – Senne *Denim
col : Indigo
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170604a

BASISBROEK のショーツが入荷しました。

おなじみのコットン・シルクの生地で、今シーズンはビッグシルエット型のショートパンツとなります。

 

170604i

薄地で独特のハリ感とほのかな光沢感のあるこの生地は、非常にオリジナリティを感じる素材感となっています。
この生地が使われているモデルは、この生地の特性を生かすため、デザインとディテールは比較的シンプルにして、シルエットにこだわったものが多いように思います。

 

170604b

170604c

170604f

170604g

ウエストがゴム+コードのイージーパンツ仕様。
股上は深く、股下は短め、ふっくらするよう裾口はやや絞り、全般的なサイズ感を大ぶりなものにしています。

 

170604j

170604k

シルエットと素材感がキーワードです。
合わせるトップスも、シルエットと素材感に注意してみると、このパンツでしかできないスタイリングができるかと思います。

BASISBROEK – Anny
col : Safari / Olive / Navy
size : 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

170603i

フランスのファクトリーブランド、quotidien からはビッグシルエットTシャツが入荷です。
今季はビッグシルエットのカットソーをいくつか揃えていますが、このモデルが一番ベーシックなビッグTeeではないかと思います。

普通のTシャツ地で、半袖。意外となかったアイテムです。
quotidien と言えば、リブ編み(フライス)生地のモデルが多いですが、このモデルは天竺編みの一般的なTシャツの生地となります。

 

 

170603h

170603b

170603f

170603c

4色で1サイズの展開となります。
1サイズしかとらなかった訳ではなく、今回は元々1サイズだけで展開しているアイテムです。

 

170603j

quotidien – Big Tee
col : Beige / Charbon / Navy / Black
size : 1
size : 6,800 (+tax)

 

LINEで送る