New Arrivals.

191105h

BASISBROEK のウールジャケットが新たに入荷しました。
ショート丈でゆったりシルエット。BASISBROEK らしい独特のデザインが健在です。

 

191105f

大きな特徴は、ダブルのライダースのように斜光するフロントジップ(ダブルブレストではありません)。これが襟を中央から分けずに、襟を開いた時に左右非対称になります。

 

191105a

ゆったりルーズでドルマンスリーブ気味の袖、肩はドロップ。
アシンメトリーの襟と相まって、なにやらモード服のような世界観を感じさせる雰囲気になっています。

 

191105b

デザイン性もさることながら、生地はしっかりウールメルトン、袖までの総裏仕立てでウエイト感もなかなかのものです。
フロントはダブルジップ、背中はヨークが入り、かなり贅沢に生地の分量を使い、凝ったデザインを入れているにもかかわらず、プライスは庶民的です。ここはモード服とは真逆の違い。

 

191105c

ブラックでこのデザインではやや圧があるかなと思い、今回はダークブラウン1色です。
濃いブラウンですので、落ち着きがあり、ここ最近セレクトを増やしているブラックのパンツ群との合わせも考慮しています。
同じ BASIS のパンツはもちろん、Riccardo Metha のウールパンツなども好相性だと思います。

 

191105d

ゆるっとした感じでも、雰囲気はクール。襟はいっぱいに閉めてしまってもいいですが、軽く開いて、というくらいが調子よさそうです。

 

191105e

191105g

BASISBROEK – Hody
col : Dk. Brown
size : 2 / 3
price : 24,000 (+tax)

 

191106a

 

この春から取り扱いをはじめたイタリアのニット Fassina Luca。
秋冬はウールニットです。

 

191106e

 

いかにもヨーロッパのカジュアルニット、という雰囲気です。
編みで立体感のあるちょっと変わったボーダーで、派手すぎず、地味すぎず。
これを細身のパンツとすっきり合わせて、ステンカラーコートだったり、ダッフルコートだったりをシンプルに羽織る、というのがある種のヨーロッパ的カジュアルスタイルのイメージです。盛りすぎないで、気張らずにさらりと、というのが格好いいと思います。

 

191106g

191106c

191106f

Fassina Luca – Border Knit
col : Grey / Red
size : S / M / L
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190911

秋冬新作入荷も本格化してきました。
まずは HARROW TOWN STORES のコートからご紹介します。

 

190911b

厚手コットンのオーバーサイズのコートです。
がばっとかなり大きいサイズで、イマドキのオーバーサイズかと思いきや、着てみるとやはりHTS らしい独特のニュアンスを備え、何か一般とは違う、50年代とか40年代とかの薫りがほんのりと漂っているような、不思議な雰囲気を備えています。

だいぶオーバーなバランスですが、計算し尽してか、偶然なのか、これがえもいわれぬ格好よさを感じさせてくれます。

 

190912a

190911c

生地はコットンダック。厚地のしっかりしたものですが、製品染めによる染色なので、見た目ほどのごわつきはなく、腰はありつつも柔らかさがあります。

 

190911d

デザインそのものはオーソドックスということもあり、なかなかマネキンの写真で伝わりにくいですが、かなり大きいサイズをがさっと着る感じになります。
好き嫌いがはっきり分かれると思いますが、他にはない独自の魅力のあるコートですので、嫌い以外の人には是非試していただきたいです。

 

190911f

HARROW TOWN STORES – Cotton Over Coat
col : Coconut Brown / Black
size : 44 / 46
price : 36,000 (+tax)

 

190914b

BASISBROEK の新作コート。
こちらもならではの独特な世界観をもったブランドですので、他にない感じとなっています。

 

190914a

一見するとオーソドックスなきれいなステンカラーコートですが、ドロップショルダーで、かなりボリュームのあるシルエットです。ゆったりオーバーサイズですが、上品なバランスで仕上げられ、さほどのアクの強さは感じません。

 

190914c

 

190914i

ボタンが少なく、襟まわりも実は独特。袖口にドローコードが仕込んであったりと、実際はカジュアルなコートであることが分かります。

 

190914f

190914j

生地も凝っていて、細糸の高密織りでナチュラルな光沢があり、かつ天然素材ならではのしなやかさを備えたグッドファブリックです。

クラシックでエレガントな雰囲気、でも着てみると気軽なカジュアル感でとっつきやすい、という感じのコートです。いい具合に遊びがあり、オーソドックスなコートではつまらないかな、という方々におすすめです。

 

190914k

190914l

BASISBROEK – Espeler
col : Khaki / Black Brown
size : 2 / 3
price : 30,000 (+tax)

190918g

ブランド定番のパンツ、Bravo。
今シーズンはウール系のきれいめファブリックです。

 

190918b

股上が深くお尻が落ちて、膝下からキュッと細くなっているという独特なシルエットが特徴です。
生地感と相まって、なんとなくモードな雰囲気。

 

190918d

ウエストはゴムとコードのベルトレスです。完全にイージーパンツの仕様で、楽ちんであることも魅力です。

 

190918a

生地は厚手のウールではなく、普通の厚さなので、真冬だけという感じではなく、広いシーズンで使っていただけます。

190918e

BASISBROEK – Bravo
col : Black / Black Check
size : 3
price : 18,000 (+tax)

 

190912k

最後は FUJITO の Half Zip Shirt。
生地を変えてここ数シーズンたてつづけに登場していますが、今季はコーデュロイとなります。その手があったか、という感じです。

 

190912i

190912c

一応シャツとしてつくられたモデルですが、中厚のコーデュロイを使うと、ゆったりシルエットと相まって、かぶりのジャケットのような様相を呈します。
なので、シャツの上から着たり、タートルネックのカットソーと合わせたり、着合わせの幅はかなり広がるのではないかと思います。

 

190912d

無造作とも思えるボックスシルエットは、極端にオーバーサイズというわけではなく、『微妙に大きい』 くらいの設定です。80年代頃のシャツのように、アームホールもゆるめにつくられています。

着てみると、すごく品のあるスモック、というような印象も受けました。

 

190912f

FUJITO – Half Zip Shirt
col : Brown / Navy
size : 1 / 2
price : 26,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190520j

SOUTIENCOL の半袖シャツ群が入荷しました。
今季の半袖シャツは Remake Polo Long H という、ボタンダウン・プルオーバー、袖を折り返して着るタイプのモデルでラインナップされていました。

 

190520k

コットン、リネン、リネン、全てヨーロッパのインポートファブリックによる間違いないものとなっています。

 

190520a

190520b

何やら楽しげな総柄は、Leggiuno という柄ものが得意のイタリアの生地メーカーのもの。コットン100%のしなやかなブロード生地です。
上品な賑やかさは SOUTIENCOL らしいリゾートテイストでもあり、かえって大人っぽいというものです。柄だけでなく、生地そのもののモノの良さもしっかり感じられるいい生地です。

 

190520c

SOUTIENCOL – Remake Polo Long H *Leggiuno Print
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

190520e

190520f

こちら、いかにも SOUTIENCOL のど真ん中なイメージの canclini のリネンチェック。
薄地で涼しい素晴らしい生地です。

 

190520d

SOUTIENCOL – Remake Polo Long H *canclini Linen
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

190520i

190520h

ここ数シーズン目にするようになったポルトガルの SOMELOS のリネンチェック。これを上から染め上げて独特の色合いにリメイクしています。SOUTIENCOL ではよく行われる手法です。

 

190520g

SOUTIENCOL – Remake Polo Long H *Somelos Linen Overdyed
col : Blue Grey
size : 1 / 2 / 3
price : 16,800 (+tax)

 

190519h

Charpentier de Vaisseau のカットソーも新たに届いています。
インド産の超長綿によるブランドのレギュラー生地による新しいモデル、クルーネックTシャツ。

 

190519i

ポケットも付かず、ごくごくシンプルで、シルエットがゆったり、というものです。
大げさなビッグシルエットではなく、微妙に大きめ、というくらいで着やすいです。

4色展開となります。

 

190519j

190519l

190519n

190519p

Charpentier de Vaisseau – Loose Fit Tee
col : White / Lt.Grey / Khaki / Black
size : 2 / 3
price : 6,500 (+tax)

 

190519a

こちらは定番展開されていたラグランのボーダーTシャツをリニューアル。1×1ボーダーとラグランスリーブはそのままに、これまでストレッチコットンであった生地をレギュラーのものに、またサイズ感も見直されています。

 

190519b

シャルパンティエのボーダーは、襟のトリムがホワイトで、やはりどことなく他のブランドとは違う薫りを持っています。シンプルかつベーシックながらも不思議とニュアンスを感じさせてくれるのがシャルパンティエの真骨頂です。

 

190519e

190519d

Charpentier de Vaisseau – Border Tee
col : Lt.Grey / Navy
size : 2 / 3
price : 6,500 (+tax)

 

190521d

BASISBROEK のショートパンツは毎年の恒例です。
コットン・シルクのワイドでショートなショートパンツです。

 

190521b

コットン・シルクの生地は継続されている定番生地ですが、今季は例年より腰のあるしっかりしたものになっています。
シルクがもたらす天然の光沢と、ハリのある独特な質感が特徴である、というのは変わりません。

 

190521a

ウエストはゴム+コードで、ポケットの付き方が前後同じというおもしろいデザインが採用されています。

ワイドで膝上ショートな丈感のバランスは、意外とやりやすいシルエットで、ややアクティブ寄りではあるものの、生地感の上品さと相殺されて、結果的にけっこう普通ですという位置に着地します。

 

190521c

BASISBROEK – Iggy
col : Ink
size : size 2
price : 15,000 (+tax)

 

LINEで送る

BASISBROEK – Call, Senne.

190318r

BASISBROEK の新作パンツが2型、入荷しました。
まだ少々季節先取りな感は否めませんが、薄手の爽やかパンツたちです。

 

190318u

今季新型の Call は、ちょっとレトロテイストな絶妙スラックス。
細かな千鳥柄で、細身ストレートのシルエット、今、実は探して見つからないタイプです。

 

190318h

190318e

トラウザースタイルですが、ポケットは前向きなのでやや変則、膝下を絞らずにストンと落とすことで、妙に新鮮なフォルムに感じさせてくれます。

基本的に、パンツのシルエットは細い太いに限らず、テーパード型が主流となり、ストレートシルエットがあるとすれば太め、それも多くはかなり太め、という全体傾向があるなか、実はこのフォルムは目立ちにくい異端ではないかと思います。
だからこそ、きわめて分かりにくいタイプの、他にない洒落た雰囲気があるように感じるのですがいかがでしょうか。

 

190318i

生地もまたクラシックで絶妙。このかたちに、この生地がくるというのがとてもいいです。
質感としては、サラサラの薄手サマーウール、ストレッチ有り、というものです。

 

190318f

ヨーロッパの古着から端を発している Fuzz としては非常に好きなゾーンです。
テニス系スニーカーにシンプルなニットTシャツ、もちろんポケットTでもリネンシャツでも。

 

190318a

BASISBROEK – Call
col : Lt.Grey / Dk.Grey
size : 2 / 3 / 4
price : 18,000 (+tax)

 

190318t

定番の Senne は既出のフードジャケットと同じ生地が使われたものとなります。
スポーツ、アウトドアとはちょっと毛色の違う、街着としてアクティブな雰囲気のイージーパンツです。

 

190318l

190318p

ギャザー+ドローコードのベルトレス仕様、腿まわりが太く、股上が深く、膝下からやや強めの絞り、裾はやや短め。
あえて股まわりをもたつかせつつ、尻、股にノーストレス、でもルックスは案外すっきりしている、というのがこのモデルの特徴です。

 

190318k

やはりこちらもファブリックの妙が大きな魅力であると言えるでしょう。
ナイロン+ポリウレタンで、薄地で軽く、パッカリングとシワ感で独特の表情です。ストレッチもしっかり利いていて、フォルムと生地そのものの軽さがあいまって、非常に快適な穿き感です。

 

190318o

BASISBROEK – Senne
col : Dust / Midnight
size : 2 / 3 / 4
price : 18,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190211d

Universal Works. の定番ジャケットが入荷しました。
ブランド創設以来のモデル “Baker Jacket”、カバーオールタイプのコットンジャケットです。

 

190211b

ファブリックも定番のコットンツイルということで、ブランドとしては春夏にも秋冬にもラインナップするシーズンレスの大定番というものになります。
Fuzz では毎シーズンではありませんが、忘れた頃にセレクトしてます。

 

190211a

中厚のしっかりしたコットンツイルは、実際に着る期間が長く、なんだかんだで重宝することになると思います。
このウエイトのジャケットは、インに薄いものを着ても、それなりに厚いものを着ても、バランス的におかしくならず、または上からコートなどを羽織っても自然に映るという、本当に使い勝手のよい生地の厚さです。

 

 

190211f

落ち着いた雰囲気で、合わせやすくて、扱いが易しくて、さらにポケットがたくさん備わっていますので、機能性も良し。
あらゆる面でユーティリティの高いジャケットであると言えるでしょう。

 

190211e

Universal Works – Digey Bomber Jacket
col : Navy
size : XS / S / M
price : 29,000 (+tax)

 

190212q

 

BASISBROEK のジャケットも新作モデルで入荷しています。
こちらはライトウエイトのはっきり春夏向けジャケット、フーデッドタイプです。

 

 

 

 

 

 

190212g

190212b

 

ゆったりで着丈は長くない、いわゆるボックスシルエット、フロントの大きなポケットが特徴的で、さらにフード部分だけでなく裾と袖口にゴムのコードが備えられるなど、ディテールも一風変わったものになっています。

 

190212c

 

そして最も変わっている部分というのがファブリックで、見た目ではペーパーとかちりめんのような雰囲気で、全体にシワ感があり、非常に軽く、ストレッチが利いています。ナイロンとポリウレタン素材ということです。

もともと独特の世界観をもっているブランドではありましたが、ここのところ素材への興味が強まっている印象で、他ではあまり見られないような素材づかいを見せるようになっているように思います。

190212m

190212n

190212l

ならではのデザインに、ならではの素材感で、さぞかし強いクセだろうと思いきや、着てみると意外とおさまりがよく、意外なほど着やすい、というジャケットになっています。
オーバーサイズのバランスが程好く、タッチの好さ、生地の軽さなどとも相まって、感覚的にもストレスなく着やすさを感じられます。

 

190212i

BASISBROEK – Meux
scol : Dust / Black
size : 2 / 3
price : 25,000 (+tax)

 

LINEで送る