New Arrivals.

170515a

Ordinary fits の新作パンツ Town パンツ。
ゆったりしたベルト付きパンツです。

 

170515b

生地はコットンオックスでパンツとしてはやや薄地、ゆったりしたシルエットと相まって涼しげな印象です。背面にゴムが入っていて、フロントのベルトで微調整するというイージーパンツの仕様となります。

 

170515c

170515d

全体に同色でペンキが飛び散ったような加工が入ります。悪目立ちするようなものではなく、微妙なさじ加減となっています。

デザイン的な個性があり、なんとなく愛嬌もあり、これにTシャツを合わせるだけというような軽装でも、充分変化があって楽しい着こなしになるパンツではないでしょうか。

Ordinary fits – Town Pants
col : Black
size : 1 / 2
price : 17,000 (+tax)

 

170516h

BASISBROEK からも新作のパンツが届いています。
レギュラーモデルとなる Senne は、やはり定番素材のコットン・シルクで。

 

170516c

尻まわり、股まわりにゆとりをもたせ、股上深く、膝下をキュッと絞った独特のシルエット。
穿いたときに楽な感じでありながら、シルエットはすっきりしています。

 

170516g

ここ数年継続して使われているコットン+シルクのハリ感のあるファブリックも特徴的で、シルクならではのナチュラルな光沢感があり、薄地ながらハリと腰があります。

 

170516b

ゴム+ドローコードのイージーパンツ仕様。ベルトループも付きますので、ベルトをして穿くこともできます。

 

170516f

BASISBROEK – Senne
col : Navy / Olive
size : 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

170517h

Charpentier de Vaisseau のボートネックのポケットTee。
シャルパンティエは、今シーズンから無地のカットソーに真剣に取り組んでいて、非常にいい生地を使っています。

 

170517c

シルエットはメンズの標準的な感じで、2がMサイズ、3がLサイズに相当します。
意外とない普通のTシャツでこういう感じのボートネック。

 

170517e

170517g

シャルパンティエならではの、なんとなくただ者でない感は健在。シンプルな中にもいくばくかのクセがあり、ニュアンスがあります。

 

170517a

Charpentier de Vaisseau – Boat Neck Tee
col : White / Navy / Black
size : 2 / 3
price : 6,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170412c

FUJITO より新作入荷です。
ブランド定番の Tapered Trousers、Fuzz には初登場となります。

 

170412b

コットン80、リネン20の綿麻素材。高級コットンと言われるピマコットンとフランダースリネンが素材として混紡されています。

ピマコットンのやわらかさ、フランダースリネンの腰、光沢、ムラ感、特徴がうまく交じり合い、非常に上品な質感と見た目になっています。
どちらの素材も洗濯に強く、洗い込んで素材の好さが増してくるという性質がありますので、そこも大きな魅力と言えるでしょう。

地厚は春夏シーズン適応の 『やや薄地』 です。

 

170412a

モデルの特徴としては、その名の通り、テーパードシルエットが挙げられますが、これはきついテーパードの特徴的なシルエットを指すわけではありません。
股はゆったりしているものの、裾はそれほど細くありませんので、全体としては、『ゆったり感のあるスリム型』 という感じです。

また、ステッチを極力減らして、よりエレガントなルックスに、ということも大きな特徴となっていて、今回のこの上質なファブリックと相まって、非常に上品な雰囲気での仕上がりとなっています。

 

170412d

FUJITO – Tapared Trousers
col : Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 22,000 (+tax)

 

170410d

BASISBROEK の Bravo は昨年の好評を受けてのアゲイン。
昨年はブラックでしたが、今年はネイビーでのご用意となります。

 

170410a

深い股上に、ゆったりした股まわり、裾をギュッと絞って、アンクル丈、という個性的なシルエット。
ストレッチを利かせた独特のサマーウールの質感と相まって、モードの気配が漂う独特の雰囲気です。

これが、ウエストがゴム+コードのイージーパンツですので、気軽に穿けるタイプのパンツとなります。

 

170410b

てろんとした質感とマットな光沢感で、他にはない雰囲気となっています。

 

170410c

BASISBROEK – Bravo
col : Navy
size : 3
price : 16,000 (+tax)

 

170411a

イタリアのカットソーファクトリー、GICIPI の新作は、鹿の子ハイネックTee というおもしろいアイテムです。

ニットの編み機で編んだのではないかと思えるほど柔らかくて伸縮のある鹿の子生地となり、着心地の方もかなりのものとなっています。

 

170411b

170411d

ハイネックの半袖Tee というのもなんだか新鮮で、ちょっと上品な雰囲気です。
どちらの色も、生成色の糸との2色づかいで編んでいますので、ペッタリした色調でなく、深みのある色合いになっていることも特徴です。

 

170411e

トータルでは、なんとも品の好い、ヨーロッパの雰囲気かと思います。

GICIPI – Pique High Neck Short Slv.
col : Beige / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 5,500 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

160406k

Ordinary fits の新作パンツが入荷しています。

長らく定番展開している 5 pocket Ankle Denim シリーズの好評を受けて、同じ型紙を使っての別品番として新作登場です。
同じ型紙とは、かたち(シルエット)、サイズ感がまったく同じということを指し、生地、またポケットの付き方などのデザインを違ったものにしています。

 

160406e

160406c

160406d

春夏向けというニュアンスをそれなりに強く感じる薄地コットン生地、インク(スミクロ)とライトグレーの2色展開です。
製品染めによって Ordinary fits らしい絶妙の色合いを出しています。

 

160406g

160406j

5 Pocket Ankle Denim を愛用しているみなさんには嬉しい新作ではないでしょうか。
このシルエットの好さは、確固たる評価を得ている感がありますので、安心しておすすめできる気がします。

Ordinary fits – Bare Foot Trouser
col : Ink / Lt.Grey
size : 28 / 30 / 32
price : 14,800 (+tax)

 

160408e

つづいてが BASISBROEK の新作パンツ、Pipe。
細身のアンクル丈薄手ストレッチデニム後染めブリーチ加工、のパンツです。

 

160408j

160408f

160408i

こちらもはっきり春夏向けという感覚の、薄地ライトオンスの生地となっています。
製品にしてから染色して、その後ブリーチをかけることで、あえて無造作な色褪せ感を演出しています。

 

160408a

160408d

ほとんどゆとりをとらずに、バチっと細身ですが、伸縮性のあるソフトなストレッチデニムなので、タイトでもストレスは少ないはずです。
Tシャツがよく似合いそう。

BASISBROEK – Pipe
col : Ink / Lt. Grey
size : 2 / 3 / 4
price : 14,000 (+tax)

 

160407c

こちらも BASISBROEK の新作で、Bravo というレギュラーモデルです。
ストレッチの利いたトロピカルウールという面白い素材で、アンクル丈でペグトップ型シルエット、総じてモードの世界からやってきたような独特の雰囲気をもっています。

 

160407b

160407e

160407d

BASISBROEK には昔から脈々と続いている モードっぽい薫りというものがあるのですが、久しぶりにけっこう強いのが出てきたなという印象です。
一つ前の Pipe のような後加工も得意だったりするので、なかなか幅の広いブランドです。

BASISBROEK – Bravo
col : Black
size : 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

160409a

カットソーは quotidien から、鹿の子のクルーネック五分袖。
鹿の子生地を使っている以外はきわめてシンプルなデザインとなっていて、共地ですが袖口がリブのような仕様になっていて、適度な変化になっています。
五分袖というのがいいですね。

 

160409b

160409c

ポロシャツではおなじみの鹿の子ですが、ここ最近になってTシャツでもよく見かけるようになっていて、うらやましいなと思っていたところでした。
Tシャツのバリエーションとして、けっこういいと思うのですがいかがでしょうか。

160409d

quotidien – Pique Crew Neck Half Sleeve
col : Grey / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 7,300 (+tax)

 

新入荷、続々です!

 

 

LINEで送る

New Arrivals.

160402d

Yarmo の新作ジャケットが入荷しました。
ベーシックなコットンツイルで昨年からスタートした Short Blouson というモデルとなります。

 

160402b

スタンドカラーで、ショート丈、なで肩気味のフォルムが特徴的な、シンプルながらも意外な存在感のあるジャケットです。

 

160402g

特に今回は何の変哲もないコットン100%のツイル生地で、しかもネイビーという定番カラーで、ファブリック的には非常に普通なのですが、それでもやはり、いやだからかえってなのか、独特のニュアンスが感じられます。

 

160402e

160402c

160402f

160402a

ワークっぽい感じもありつつ、ゴツゴツせず爽やかに着れるのが Yarmo の魅力だと思います。
今まさに欲しいウエイトのジャケットではないでしょうか。

Yarmo – Short Blouson
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 24,000 (+tax)

 

160401i

Oliver Spencer からは爽やかなヘアラインストライプのバンドカラーシャツが届いています。
とても春らしい、爽やかな雰囲気です。

 

160401c

160401e

160401b

160401f

前立てを開けるとこうなっているのが特徴です。
気分を表す、感じさせるのが抜群にうまいと感じます。

Grandad Shirt – Grandad Shirt
col : Lancaster Blue / Lancaster Charcoal
size : 14H / 15 / 15H / 16
price : 19,000 (+tax)

 

160403e

BASISBROEK からは先日ご紹介したミリタリータイプのジャケットと同じファブリックによるカラーレス・ジャケットが入荷しています。

 

160403d160403a

独特のハリ感と発色で素材として魅力を感じる生地なのですが、ここ数年、ブランドの定番としていろいろなアイテムに使われ、それぞれ面白さを感じさせてくれる仕上がりになっているように思います。

このクルーネックのノーカラージャケットも、この素材だからこその、ならではの魅力がプラスされ、トレンド的なアイテムにしっかり BASISBROEK らしさを刻み込んでいるように感じます。

 

160403c

160403b

160403f

夏前、夏終わりはアウターに、冬前、冬終わりはインナーで、と言う感じで、柔軟な発想で使いこなすのが MISO です。
ユーティリティ・アイテムとして、上手に使いこなし、着こなしてください。

BASISBROEK – Bist
col : Navy / Dk. Ink
size : 2 / 3
price : 20,000 (+tax)

 

入荷もお客さんも多く、分かりやすく忙しいです。
ご紹介が駆け足になることもありますが、みなさんの方はじっくりと吟味してください。

 

LINEで送る

New Arrivals.

160310c

FUJITO から春夏ジャケットの新作です。
スナップボタンでシンプルなデザインが特徴のコーチジャケットを FUJITO 流アレンジで。

 

160310b

リネン+コットンのデニム生地という春夏らしいファブリックに、華やかなジャガード織りの柄裏地が目を惹きます。 袖裏も付いて総裏仕立てとなり、質感としてはとてもしっかりしたジャケットになっていますので、着た時に落ち着いた印象でおさまります。

 

160310a

160310e

一般的なコーチジャケットは、ペタッと平面的な襟になっていますが、FUJITO では襟まわりの美しさにこだわりますので台襟を備えています。 これで立体感が出て、襟を立てた時にもバランスよく立って広がります。

欲しかったのはコーチジャケットの軽快でイージーな要素であり、そのコアな部分にファッション的な味付けが為されているという感じでしょうか。

 

160310d

Fuzz とすれば新鮮で、これまでこういうのは無かったなと思えるタイプのジャケットです。
“ファッションブランド” ならではのアプローチでつくられているなと強く感じられ、羽織るだけでバランス好く、格好いい、というのが真骨頂でしょう。

FUJITO – Linen Cotton Coach Jacket
Col : Blue
size : S / M / L
price : 30,000 (+tax)

 

160310g

つづいても FUJITO から、バンドカラーシャツ。
色合いも相まってですが、ディテールも含めてミリタリーの薫りがする、ちょっと他にない雰囲気のシャツとなっています。

 

160310h

160310i

バンドカラーには芯が入り、ナチュラルな印象を抑えて、多少のキリッと感があります。
また、ファブリックはテンセルがメイン素材のてろりんとした質感の独特なものとなっていて、これが身体にひんやり感じさせるという面白い生地ということです。
この生地の性質を生かすためだと思いますが、背面のアクションプリーツが深めに入り、見た目以上にゆったりした感覚で着ることができます。

160310f

猫目ボタンを使うあたりも FUJITO らしいポイント。 ミリタリーやヴィンテージの気配が好きなんだなぁと嬉しくなります。

FUJITO – Band Collar Shirt
Col : Khaki
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

160312l

BASISBROEK からも新作のジャケットが届いています。

ここ数年定番素材となっているコットン+シルク素材のファブリックをつかったミリタリーテイストのジャケットとなります。

 

160312b

USミリタリー、通称 “ジャングルファティーグジャケット” と呼ばれるトロピカル系のジャケットがモチーフにされています。

マチが付いて立体感のあるポケットが4つ、胸は斜めに付いて、襟はスタンドカラー、というのがデザイン的な特徴です。

 

160312g
160312e

160312h160312i

やや細身で着丈がそれなりにあり、ウエストに多少の絞りがあるという特徴も、そのまま採用されていて、本質的な特徴がしっかり備えられています。

デザインもそうなのですが、このシルエットのバランスがこのジャケットが古着・軍モノ界で評価される由縁で、着てみると 『ざっくり羽織るけど何かバランスがいい』 という結果をもたらします。
特にこの手のジャケットは、前をしっかり閉めてというような着方よりも、ざっと羽織る感じを出したいがためにボタンをかけずにオープンで着たくなると思うのですが、その時のバランスが秀逸なのです。

その時に肩がきれいに落ちるように、パターンニングにアレンジがあり、ああよく分かっているなと感じました。

 

160312j

160312k

ベトナム戦で支給されたトロピカルジャケットなので、春夏シーズン向けというのは理にかなっています。ジャケットとしてシャツの上から羽織ってもいいですし、シャツに近い感覚でカットソーの上から羽織ってもいい感じです。

Tシャツ一枚で動けるような時期になると、よりこういったシャツジャケットに近いアイテムが重宝しますので、サマージャケットとしてまで見てください。

BASISBROEK – Perk
col : Olive / Dk. Ink
size : 2 / 3 / 4
price : 25,000 (+tax)

 

LINEで送る