BRENA – Coats.

190913s

BRENA の新作コートが入荷しました。
オーセンティックな薫りのする BRENA らしい雰囲気のコート2型。ワークテイストとミリタリーテイストで、男らしい無骨さをベースに、メンズ服的エレガントなニュアンスがひとさじ。

 

190913a

SHOP COAT というモデルは、典型的なワークコートをベースにしたコットン一重のハーフ丈コートとなります。
カジュアルなスタイルに気軽に羽織れる雰囲気と、たくさんのポケットが備わる実用性から、使い勝手の良さがひしひしと伝わってくるではありませんか。

 

190913b

ワークコートにメタルのドーナツボタンという無骨なテイストが基本にありますが、トラッドやドレスの服づくりをルーツとする BRENA の服にはなんとなく品があります。
羽織ってみるとなんとなく普通のバランスと違う感じがするのだけど、それが格好いい、というのが、BRENA の服に共通してある特徴だと思います。

 

190913c

生地はイタリア製のインポートもの(CERRUTI)が採用され、これがまた独特です。ベンタイルのように強い打ち込みによる撥水性を持ち、パラフィンでもコーティングしてあるかのようなハリ感があります。
決して厚地ではありませんが、『しっかりしている』 感じがすごく感じられます。

 

190913f

190913e

ポケットが外側に3つ、内側に1つ、両サイドに貫通ポケットがあり、万全です。

 

190913d

ボリュームのある軍パンにも合いますし、細身のチノにも合うという間口の広さもあり、さまざまなスタイル層におすすめできるような気がしています。

 

190913h

BRENA – SHOP COAT
col : Black
size : 44 / 46 / 48
price : 28,000 (+tax)

 

190913j

MODS というモデルは、その名の通り、モッズパーカをベースにしたミリタリーのパーカコートタイプです。
バサッとオーバー気味に羽織って好バランスなクラシックなアウターですが、しっかりバランスが整えられ、モッズパーカならではの無骨さと、モッズパーカならではのエレガントを兼ね備え、しっかりスマートに着れるコートに仕立てられています。

 

190913p

フードは取り外しが可能。取り去るとスタンドカラーもなく丸襟になります。
さっぱりさせて羽織るのも寒さの緩い時期にはいいと思います。

 

190913l

ファブリックはナイロンタフタ。撥水性が高く、非常に軽いのが特徴です。
総裏二重の仕立てながら非常に軽い着心地となっています。

 

190913q

190913o

190913k

肩を落とし、ゆったりオーバーサイズの設定でつくられていますが、最終的にスマートな印象で着地するバランスで整えられています。
一線を超えて太いアームや、フィッシュテールなど、ならではのディテールを一部排して、ニュアンスをしっかり感じさせながらも気構えずに羽織っていけるというスタンスです。モッズパーカの強いニュアンスは独特の格好よさがある反面、着合わせにはそれなりに気を遣いますので。

実質的にも印象的にも良い意味での軽さがあり、いろいろな意味でスマートです。デニムスタイルはもちろん、スラックスのスタイルにも取り入れられるような、コーディネイト面での万能さが大きな魅力だと思います。

 

190913i

BRENA – MODS
col : Dk.Green
size : 44 / 46 / 48
price : 33,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190417e

BRENA より、リネンのジャケットが入荷しました。
スタンドカラースタイルで、生地はフレンチリネンシャンブレー、今回も格好いいです。

 

190417b

やや肩が落ちて、緩いシルエットです。着た時に、少しぶかっとした感じが出るような微妙なところでサイズ感を設定しています。ヴィンテージライクな生地の雰囲気と相まって、このシルエットがしっくりくるのだと思います。

 

190417a

“フレンチリネンシャンブレー” と名前が付けられた生地は、実際にフランスのヴィンテージのリネンシャンブレーの生地を解体して、糸の撚りや打ち込みを調べ、精密に再現したものということです。
現行の生地でありながらヴィンテージの風情が出ているのはそのせいで、着込んでいくとより一層風合いが出てくることでしょう。そして、むしろ着古した方がより格好よくなっていくのかもしれません。

 

190417g

190417f

190417d

裏地の無い一重ですが、身返しがあって内ポケットが両側二つあり、やはりベースはテーラードジャケットの方法論でつくられています。
先日ご紹介した ROUND JACKET もそうなのですが、BRENA のしっかりしたジャケットのラインは、生産ラインをつくっての縫製ではなく、一人の職人がすべて縫うという丸縫いのスタイルで丁寧につくられているのです。

ですから着る側としても、なんとなく丁寧に着たくなるような雰囲気になっているように感じます。せっかくですから、スカーフや帽子など、アクセサリーを駆使してしっかり楽しむのがいいと思います。

 

190417c

BRENA – STAND
col : Ink Black
size : 44 / 46 / 48
price : 32,000 (+tax)

 

190415e

SOUTIENCOL からも新作入荷です。
プルオーバーのバンドカラーシャツ “Band Collar Shirt” が canclini のブラックリネンで登場です。

 

190415c

毎シーズン多くはないですがずっと続いているモデルで、ヴィンテージのテイストが入った SOUTIENCOL の中ではやや珍しいモデルです。

胸のビブの仕様、腹部のタック、デタッチャブルのカラーを外した状態という設定のバンドカラー、ボタンの数の多さ、、非常に雰囲気のあるシャツです。

 

190415b

190415d

SOUTIENCOL – Band Collar Shirt
col : Black
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

190418a

Charpentier de Vaisseau からは新作のカットソー、ビッグシルエットのヘヴィーTシャツが入荷です。

 

190418b

190418f

襟のリブがかなり特徴的になっていて、ベーシックな無地Tシャツにアクセントを利かせています。

生地は白でも透けない厚さのしっかりしたものとなっていますが、太い糸によるガシガシな質感ではなく、面(つら)は美しくスムースな肌触りです。

シルエットはゆったりで、全体的に大きめのビッグシルエットという感じです。

 

190418h

190418i

Charpentier de Vaisseau – Heavy Tee
col : White / DkGrey
size : 2
price : 9,000 (+tax)

 

季節は進み、新作も続々です。
お見落としのないよう、お願いします!

 

LINEで送る

BRENA – ROUND JACKET.

190404a

BRENA の春夏向け新作ジャケットが入荷しました。

昨秋冬シーズンから Fuzz での展開がはじまった BRENA ですが、店頭での評価は日を追うごとに高まっているように感じます。
芯の通った正統派のプロダクトでありつつ、堅すぎずに使いやすいという独特のバランスが心地好い、というのがここまでの僕の印象。今回のジャケットも、オリジナリティをしっかり感じさせてくれつつ、感覚的に、そうそう、この軽さ、この感じ、といった安心感も与えてくれるグッドプロダクトです。

 

190404d

190404l

ややゆったりシルエット、薄地の綿麻カルゼ生地による一重のテーラードジャケットです。
3つボタンで、身返しがついて内ポケットが2つ、カフスは本切羽、センターベント、といったしっかりしたディテール。目を惹くのが腹部の胴身を絞るためのボタンで、あまり目にしない珍しいディテールです。飾りのディテールという意味合いが強いと思いますが、上からレインコートを羽織ったりする時などにリアルに役立つはずです。

 

190404g

綿麻カルゼとは目の詰まった綾織生地で、薄地ながらしっかりしています。リネンのドライなタッチとコットンのしなやかさが感じられ、さりげない高級感を感じさせます。

 

190404k

190404h

190404i

190404f

 

テーラーリング畑出身のデザイナーだからこその重厚感が芯にあり、だからこそかえって出せる軽さがあります。このあたりがメンズ服の面白さかもしれません。
誠実でシリアスなメンズ服の本質を持ちながら、全面的にカジュアルに使えるような味つけをしていくというのが BRENA の特異なバランスであり、魅力なのだと思います。

 

190404c

190404o

BRENA – ROUND JACKET
col : Desert Khaki / Dk.Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 33,000 (+tax)

LINEで送る

New Arrivals.

190309a

BRENA の新作シャツが入荷しました。
チビ襟でオーバーサイズシルエット、キュプラ・コットンの生地。

 

190309b

しっかり地厚のある生地はキュプラ60、コットン40です。素材の特性によってほんのりと光沢感があり、ゆったりシルエットと相まって美しいドレープが生まれます。発色も品が好く、この上品さが最大の魅力でしょう。

 

190309c

190309e

190309d

BRENA – Frais
col : Navy
size : 39 / 40
price : 18,800 (+tax)

 

190310d

Universal Works. からは定番モデルの MW Chore Overshirt が入荷しました。
薄手ポプリンの生地で、爽やかなスカイブルー。

 

190310e

190310b

定番のコットンツイルより一段薄手となりますので、はっきり 『シャツジャケット』 と言っていいと思います。リネンのシャツやカットソーなどの上から軽く羽織る、という感じが素材同士の相性も好い気がします。

 

190310c

Universal Works – MW Chore Overshirt
Col : Sky Blue
size : XS / S / M
price : 20,000 (+tax)

 

190310f

Universal Works. で、New Era キャップ。
らしい雰囲気の、コーディネイトで役立つベースボールキャップです。

 

190310k

こちらイギリスにある New Era から手配し、刺繍の加工がイギリスなのか、『メイドインUKだよ』 と言われました。
ボディそのものには Made in CHINA のラベルが付いていますが、、、

 

190310j

190310g

190310i

Universal Works – New Era Cap
Col : Beige / Navy
price : 7,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

今週末の土曜日(16日)に営業時間の変更がございます。

3月16日(土) 14:00 – 21:00

14時オープン、クローズを1時間延ばして21時までとさせていただきます。
たいへん恐縮ですが宜しくお願いいたします。

 

LINEで送る

BRENA – Coq.

190106o

BRENA のパンツが新たに入荷してきました。

こちら、”coq” というブランド定番のコットンパンツとなります。
お店の定番としても位置づけたい非常におすすめのアイテムです。

 

190106

生地はコットン素材のバックサテン。表面に適度に表情が出るのが特徴で、生地厚としてはしっかりめの中厚地となります。
オールシーズンアイテムとして設定されていますが、生地はウエイト感がありますので、真冬といえるような今時期でも普通に穿ける感じです。

 

190106d

シルエットは、はっきり太め、ずどんとストレートに近いラインになっています。
また、ウエストはギャザーとドローコードで、ベルトレスで穿く仕様になっています。

 

190106m

190106e

190106h

名前が示すとおり、ヨーロッパのワークウェアであるコックパンツをたたき台にしてつくられたモデルです。
ルーズシルエットのカジュアルパンツというと、どうしてもアメリカンワークやミリタリーに分があるのが世の常ですから、そのあたりとはまた違ったニュアンスになっていることに大きな意味があると思っています。

Fuzz としては、品揃えとして非常に整合性がとれる嬉しいバックボーンでありますから、今後、ラフでカジュアルでイージーな太めのパンツという枠は、このモデルに一任したいと考えています。(もちろんみなさんの反応にもよりますが、、)
これまでは定番的な太めのコットンパンツというところは常に用意があるというわけではありませんでしたので、これはお店としてたいへんに歓迎したいアイテムなのです。

 

190106j

BRENA – Coq
col : Milk / Beige / Navy / Black
size : 44 / 46 / 48
price : 14,800 (+tax)

 

LINEで送る