New Arrivals.

180916q

Ordinary fits、新作ジャケットです。

こちらは、原点回帰のハンティングジャケット、往年のオーディナリーらしさを感じられるグッド・プロダクトです。

 

180916g

実は今シーズンで Ordinary fits がブランド創設10周年を迎えることになりました。
ブランドのコンセプトにもなっている 『10年後も着ていたい服』 というフレーズに応えるべく、創立当時のファーストシーズンに並んだモデルをピックアップして、現代風のシルエットに書き換えてよみがえらせたのです。ですから、Ordinary fits を長く見ていた人にとっては、『なんだか懐かしいな』 という印象を持つのは自然のことです。

どちらかというと、ここのところのオーディナリーはややフェミニンなテイストだったり、ユニセックスな雰囲気が強くなってきているのですが、ここの辺りも忘れてないぜ、という意思表示のようにも受け取れると思います。

 

180916i

 

ということで、やや男っぽい雰囲気の、ハンティングジャケット。
古きよきハンティングジャケットのスタイルですが、スタンドカラーにしているところにやられました。これでバタ臭くならず、スタイリッシュに着れるというものです。

 

180916l

生地はコットンのバックサテン。ミドルウエイトで、『秋のジャケット』 といった厚みです。
バックサテンも昔のオーディナリーは多用していました。

 

180916o

180916p

ポケットが多く、実際に機能的でしょう。
さすがにシルエットは10年前と同じとはいかず、今着て安心できるようなやや緩めのバランスで仕上げています。着丈もしっかりあるので、少しだけゆるっとした風情を出すといい感じです。

 

180916h

180916m

Ordinary fits – Hunting Jacket
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 26,000 (+tax)

 

180916d

こちらは新型、コックシャツをベースにしたしっかりめのシャツ、あるいは軽めのジャケットです。

 

180916a

180916b

しっかりしたコットンポプリンで製品染め、肩を落として緩めのシルエット。バランス感が感覚的にしっくりきます。
カットソーの上から羽織るシャツジャケットという感覚が一番相応しいような気がします。

 

180916c

Ordinary fits – Cook Shirt
col : Black
size : 1 / 2
price : 18,000 (+tax)

 

180915d

こちらは BRENA の定番品番である Labor Shirt。
パナマクロスという特殊な生地を使った、男っぽい路線のロングシャツです。

 

180915c

オールドスタイルのシャツという捉え方をして、タックインしてしまうのもいいでしょうし、太めの軍パンにだらりと合わせるのもいいでしょう。
襟も小さめで邪魔に感じにくく、リラックスして着れるデイリーなシャツとして考えられています。

 

180915a

パナマクロスは非常にしっかりした生地で、編目が独特です。しなやかでサラサラした触感となっています。

 

180915e

180915h

BRENA – Labor Shirt
col : Black
size : 44 / 46 / 48
price : 22,000 (+tax)

 

1700914g

こちら継続です、quotidien のクルーネック・カーディガン。
定番のカットソーの生地ではなく、裏起毛の厚地タイプで、スウェットのような感覚です。

 

1700914b

1700914d

シンプル・ベーシックの手堅いアイテムも忘れずに揃えたいところです。

 

1700914a

quotidien – Crew Neck Cardigan
col : Charcoal / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 12,000 (+tax)

 

LINEで送る

BRENA.

180910zz

新たに仲間していただく新登場ブランド、BRENA をご紹介します。

● BRENA
何気ない日常着の中にテーラリング技術を組み込んだ、繊細かつ上質なものづくりを信条とするトータルウェアブランドです。

関西発のブランドさんで、地に足の着いた、デザインにも素材にもニュアンスを感じさせてくれる本当にいい服をつくっています。
ドレス系のジャケット畑にいたデザイナーさんがカジュアルなアイテムをつくっているのですが、基本的にワークやミリタリーベースのアイテムにテーラードのアプローチでうまく味つけしているような印象です。普遍性とイマドキが融合し、アプローチはけっこう骨太、という独自のバランス感をもっているなと思いました。

 

180910zzz

元々僕も気にしていたブランドでしたし、さらに数シーズンにわたって展示会にお誘いいただいてもいて、あとは予算の都合がつけばなぁという状況でした。そんな折、今秋冬から Oliver Spencer の終了という事態で枠ができたということで展開に至りました。

初めて展示会にうかがって、もっと早く来るべきだったと思わされました。これは僕も好きだし、みなさんも好きだ、と。
いいものが詰まった、いいところを突いてくるブランドだなというのが僕の個人的な印象です。

 

180910h

まずはブランドの代表的な品番であるカバーオールタイプのジャケットから。
フレンチワークのジャケットをベースに、テーラードジャケットのニュアンスを加えてオリジナルな雰囲気ができあがっています。

 

180910f

ぺったりした襟が特徴のフレンチワークのカバーオールですが、そこは立体感を持たせ、存在感のあるものに。襟裏にフェイクスエードの生地を貼って、雰囲気に少し堅さを出しています。

 

180910g

オリジナルファブリックであるウエストポイントデニムも魅力的です。
粗い目のラフなデニムではなく、繊細な織地のデニム生地ですので、見え方が上品です。インディゴデニムを品よく着れて、かつデニムならではの着こなしやすさを備えた素晴らしいファブリックだと思います。

 

180910i

BRENA – ENVE 02 *West Point Denim
col : Indigo
size : 44 / 46 / 48
price : 34,000 (+tax)

180910s

同型で生地違い、こちらはバックサテンのブラック。
バックサテンの生地もしっかりした質感です。

 

180910r

ディテールやシルエットは共通ですので、細かいところをもう少し突っ込みます。

シルエットは、ほどよくゆったりしていることが特徴です。少々肩を落とす設定で、硬派な素材とつくりに反して、シルエットには緩さと曲線的なラインを備えているというのが面白く、また魅力になっている部分だと思います。

 

180910l

細かなディテールもしっかりです。
裏のパイピング、エルボーには内側から充てられ、襟裏と内ポケットにはブラウンのフェイクスエード、またポケットの数も多くて機能的です。

 

180910k

180910j

180910o

180910m

硬派でエレガントといいますか、ブランドの個性がしっかり備わりつつ、着やすさ、合わせやすさなどの使い勝手のよさもしっかりあるのではないでしょうか。

 

180910n

BRENA – ENVE 02 *Back Satin
col : Black
size : 44 / 46 / 48
price : 29,800 (+tax)

 

180910y

パンツはさらにニュアンス系。
フレンチマリンのワークパンツの気配を感じる、ワイドシルエットのトラウザーです。

 

180910w

180910v

タックなしの太めシルエットで、かなり股上を深くとって、あえて股まわりにもたつきをつくり、裾に向かって緩いテーパードがかかります。

 

180910u

ウエストポイントデニムの素材感がやはり光ります。というより、この生地ありきのモデルでしょう。
素材感、シルエットでかなりただものではない感がありますので、あえてシンプルに着て味が出るような気がします。必要なら、シンプルに着つつ、合わせるアイテムを思いきってその筋のものにしていけば、かなり強いニュアンスが出てくるのではないかと思います。例えば、ヴィンテージのバンダナやスカーフ、ベレー帽、サボ、サスペンダー、、フランスという解釈になってしまいますが。

 

180910z

180910x

180910t

BRENA – Panta 02 *West Point Denim
col : Indigo
size : 44 / 46 / 48
price : 21,000 (+tax)

 

ということで、BRENA、これから宜しくお願いします。
初めてという人もいらっしゃると思いますので、是非じっくりと見てやってください。

LINEで送る