Charpentier de Vaisseau – Sweat Zip Jacket.

181003f

Charpentier de Vaisseau の新作モデル、スウェット素材のブルゾンが届いています。
時期的に 『今まさに』 というアイテムですので、急いでご紹介です。

 

181003c

181003d

裏毛のスウェットで、ジップアップで襟も裾もリブ。特筆するべきポイントが見あたらないような、非常にノーマルなアイテムです。ありそうでなかった、ありそうだからやらなかった、いやどこかにあるか?、的ポジションのベーシックな便利アイテムです。

 

181003e

シャルパンティエのベーシックアイテムは実はかなり狙い目なのは、Fuzz 内ではだんだん認知されてきました。こちらもシンプルですが、どことなく味わいがありつつ、気さくに使っていけそうな良品であろうと思います。

しっかりした上質な素材を使っていながら、メンズブランドの常識である素材ウンチクを語らないので、どうもスマートに感じてしまい、レディースメインのブランドだからか、アクセントというかニュアンスの付け方がなんとなくメンズのルールから外れていて独特であり、総じて何がどうだからと説明するのは難しいけれど、なんとなくお洒落だ、というブランドが狙っているのかいないのかさえ分からない効果を僕の中で発揮している稀有なブランドです。
ややこしい説明でわかりにくいとは思いますが、、、みなさんにも是非味わっていただきたいと思っております。

 

181003a

Charpentier de Vaisseau – Sweat Zip Jacket
col : Navy / Black
size : 2
price : 13,000 (+tax)

LINEで送る

New Arrivals.

180906h

HARROW TOWN STORES のスウェットが入荷しました。
ベーシックなタイプではなく、“ニュアンス” のあるスウェットです。

 

180906a

裏パイルのふんわりしたスウェット生地は、柔らかく、厚みもそれなりにあります。
さらに製品染めによる染色ということもあり、絶妙な色合いと独特の質感になっていて、ひと目見て、普通ではない気配を感じます。

 

180906e

180906b

ややゆったりしたシルエットになっていて、肩をドロップして着ることになります。
オーバー気味に着ることにはなるのですが、90s的、ストリート的なゆるいスウェットとは別ものになっているのはさすがで、こういった独自のニュアンスを出せるのがこのブランドの大きな魅力です。

 

180906f

180906d

イギリスのワークウェアの工場を使うことをコンセプトにしていたブランドですが、数年前にブランドのリニューアルがあり、現在ではファッションブランドとしての姿勢を強く打ち出しています。生産地もイギリスに限定せず、このスウェットに関しても日本で縫われ、染色されています。

 

180906g

HARROW TOWN STORES – Sweat
col : KangarooCinnamon
size : 44 / 46
price : 15,000 (+tax)

 

180907j

Charpentier de Vaisseau からは、メリノウールのクルーネックニットが届きました。
“ニュアンスのある服” という観点では、 シャルパンティエも負けてないと思います。

 

180907i

ベーシックな薄手のハイゲージニットは、老若男女問わず、定番的なアイテムであると言えるでしょう。実はシャルパンティエは根本的にこういうシンプルなベーシックアイテムを好み、得意としています。

 

180907g

メリノウールのハイゲージニットは肌触りが素晴らしく、見え方もきわめて上品であることが一番の特徴です。

 

180907f

薄いカットソーのインナーを着て、さらりときれいに着るのが気分でしょうか。
もちろん、襟つきのシャツの上から着てもよし、その上からジャケットを羽織ってもよし。

シルエットはミディアムフィットで、特別に変化をつけたところもなく、潔い一着であると言っていいでしょう。

 

180907e

180907a

それでも詰まり気味のネックやあまり絞りを利かせないウエストといった、ブランドなりの特徴というものはあり、それがそのままなんとなくのニュアンスになって雰囲気として現れます。
そんなニュアンスをいったん感じ取ってしまうと、シャルパンティエの不思議な魅力に徐々に引き込まれていくことになるのだと思います。

 

180907c

Charpentier de Vaisseau – Crew Neck Knit
col : Grey / Navy / Black
size : 2
price : 15,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180604o

Charpentier de Vaisseau の新作、コットンワークパンツが入荷しました。
なんともシャルパンティエらしい、フレンチワークの薫り。

 

180604c

180604j

ミドルウエイトのコットンツイルに、太め、股上深めの野暮ったいシルエット。通常ポケットの他にワークパンツらしいポケットが付いています。

無造作だけど、なぜかポップな感じ、というところにシャルパンティエならではのテイストが感じられます。

 

180604b

180604h

180604g

シンプルではありますが、意外にクセは強く、しっかり着こなさないと危ない系のアイテムかもしれません。けれどもその分、楽しいアイテムであるとも言えるでしょう。

 

180604k

Charpentier de Vaisseau – Work Pants
col : Blue / Navy
size : 2
price : 12,800 (+tax)

 

180602d

Ordinary fits の新作シャツも入荷しています。
ヘンリーネックのプルオーバー、薄地で涼しい半袖シャツです。

 

180602e

丸襟でヘンリーネック、肩を落としたゆったりシルエット。ふんわりと着ていただくような、やはりオーディナリーらしい雰囲気です。

 

180602a

生地は非常に薄くて軽いコットン地です。製品染めで生地感、風合い、いい感じです。
ブランドのカラー表記はブラックとなっていますが、実際は抜けたようなグレー調となります。

 

180602c

180602b

Ordinary fits – Henley Neck Short Slv. Shirt
col : Black
size : 1 / 2
price : 14,000 (+tax)

 

180601g

BASISBROEK の新作ショーツ、Nova は、定番素材のコットン・シルクによる軽快なテイストです。

180601e

180601c

例年、このラインでマイナーチェンジをしながら新モデルとして登場していますが、今年もデザインを少し変え、モデル名を変えて出てきました。
ブランドとしてはビッグシルエットのショーツとしてのモデルですが、僕の判断で、まあそこまで大きくなくていいだろうということで、1と2というサイズでご用意しました。

通常 BASISBROEK のサイズ設定では、1はレディースもしくはメンズXS、2がS、3がM、4がL、という感じになりますので、サイズダウンで穿くようなイメージです。
ウエストもゴムとコードですので、あまりサイズを限定するものではなく、一般的なショーツとしての感覚なら、1がS/M、2がM/L、という感覚になるかと思います。

 

180601d

180601b

180601a

 

生地感は上品で、デザインはラフな感じ、という独特なバランスが心地いいのでしょう。なんかいい!という感覚的な褒め言葉がよく聞こえてくるショーツです。

 

180601f

BASISBROEK – Nova
col : Smoky / Navy
size : 1 / 2
price : 14,000 (+tax)

 

LINEで送る

Charpentier de Vaisseau – Shirts.

180503o

Charpentier de Vaisseau の新作シャツが入荷しました。
実はシャルパンティエではシャツアイテムは新登場、非常に新鮮です。

 

180503e

プルオーバーのゆったりシルエットでボタンダウン。ちょっと丸みを感じる小さめのボタンダウンカラーがシャルパンティエらしいアクセントになっています。
かわいらしさがありつつも使っているファブリックはオーセンティック、というアンバランスがこのブランドの独特の味わいになっていると思いますが、このことはアイテムに関わらず、ブランドを通じた個性になっていると言っていいのではないでしょうか。

 

180503b

180503d

180503c

180503a

ゆったりしたシルエットですが、ボリューム感が背中側に出るようなパターンニングでつくられていることも特徴でしょう。
背面のプリーツの取り方も独特です。

 

180503h

こちらは無地のネイビー。
なんだかんだ着まわしが利き、安心して着られます。

 

180503i

180503g

180503f

Charpentier de Vaisseau – Pullover Linen Shirt
col : Navy Stripe / Navy
size : 2
price : 16,800 (+tax)

 

180503j

半袖シャツも1型セレクトしました。
こちらはちょっと一ひねりというより、はっきりひねりを効かせたデザインで、非常に個性を感じます。

 

180503n

生地はハリ感のあるコットンブロード、クルーネックで右前のスナップボタン、サイドにポケットがあって、裾にサイドスリット。
シャツを襟なしにしたというよりは、スモックが原型にあるような気配を感じます。そして同時に、ユニセックスブランドだからこその現象ですが、レディースからやってきたアイテムであるという気配も強く感じとることができるように思います。

 

180503l

レディースを出発点にして設計されデザインされたものが、メンズサイズもつくりましょうということだと思います。それは素材感とデザインの組み合わせからも感じられますし、右前のままのボタンが確たる証拠になっています。
それがメンズアイテムでは感じたことのないような気配の理由になっていて、シャルパンティエというブランドの面白さの秘密にもなっている部分かと思われます。

 

180503k

なんともいえない清潔感と清涼感。メンズブランドをいくら探しまわっても出会わないようなニュアンスであることは間違いないでしょう。
心地好い違和感として受けた取れた人におすすめです。

 

180503m

Charpentier de Vaisseau – Crew Neck Pullover Shirt
col : White
size : 2
price : 15,800 (+tax)

 

 

LINEで送る

Charpentier de Vaisseau – Jackets, Pants.

180107o

Charpentier de Vaisseau より、春向けのジャケットとパンツが入荷しています。
まだまだ寒いですが、2月に入りましたので、そろそろ春の準備を本格化していきます!

 

180107h

綿麻素材、襟なしのゆったりシルエットで仕上げられたスナップボタンのジャケットです。
おそらくコーチジャケットがベースになっていると思いますが、シャルパンティエらしいアレンジがされて、なんとも不思議な感覚のジャケットとなっています。

 

180107k

コットン+リネンのツイル生地は、軽くて素材感も現れ、非常に爽やかな印象です。
フロントはスナップボタンでなんとなくかわいらしく、また、ゆったりシルエットに加え、わざと袖丈を短くしているという点も、かわいらしさと軽快さを助長しているように感じます。

 

180107f

180107l

袖口はスナップボタンで絞れ、裾にはドローコードが入り、とことんアナログなディテールもまたしかり。最終的に、どういうわけかポップな印象になるのは、このブランドならではのアレンジ力であり、同時に独自の味わいでしょう。

 

180107d

Charpentier de Vaisseau – No Collar Jacket
col : Lt.Grey / Beige / Black
size 2
price : 18,000 (+tax)

 

180107s

パンツは秋冬にブリスベン・モスのコーデュロイで出てきた型に素材換えです。
ライトなグレーデニムが採用され、こちらも軽快、爽やか。

 

180107p

しっかり太いシルエットのクロップ丈パンツです。
股上ががっちり深く、股下を控えめにして、というちょっと不思議なバランスが肝になっていて、股まわりにもたつきを出しつつも、裾を短くしてズルズルした印象にはしないという特殊なかたちをしています。

 

180107r

ディテールワークなどの味つけになる部分で、ユニセックスブランドならではの雰囲気が感じられます。やはり完全にメンズに向けてつくられた服とは別種の雰囲気が宿りますので、新鮮で面白味を感じられるのだと思います。

 

180107t

180107w

180107v

Charpentier de Vaisseau – Denim Pants
col : Lt.Grey
size 2
price : 15,800 (+tax)

 

LINEで送る