New Arrivals.

191119c

Charpentier de Vaisseau のダッフルコートをご紹介します。
こちら、イギリスの LONDON TRADITION の手によるイングランド製となります。

 

191119h

LONDON TRADITION はインポートブランドの世界ではなかなか有名で、自社工場を持つファクトリーブランドです。主にウールメルトンのPコートやダッフルコートをつくっていて、毎シーズン、いろいろなインポーターや大手セレクトなどがデザインや生地を持ち込んで生産を依頼しています。
僕もインポートの展示会では毎度毎度目にしていたのですが、ずっと Gloverall を続けていたため、ほとんど興味を持ちませんでした。インポーターさんが用意する純ファクトリーブランドとしての LONDON TRADITION は、Gloverall よりお手頃に本場のダッフルコートが、という立ち位置でした。そのため、目にするもののほとんどが、オーソドックスな直球のダッフルコートだったのです。

ところが、シャルパンティエ。

 

191119d

しっかり “らしい” 雰囲気でつくらせてしまいました。
普通、一般的なダッフルコートはフーデッドですが、こちらはラウンドカラー。やや長い着丈でラグランスリーブ、そして素晴らしい色味も魅力的です。
総合的に見て、代えの効かないオリジナリティがしっかり感じられ、しかもそれが変な癖系のものでもなく、同時にクラシックアイテムなればこその普遍性も失われていないという。

 

191119g

191119e

191119a

ハーフコート丈よりやや長め、ダッフルなので裏地のない一枚仕立て、トッグルは上の方に3つ。
羽織って歩く姿が絵になります。

 

191119b

Charpentier de Vaisseau – Duffle Coat
col : Greige
size : 2
price : 47,000 (+tax)

 

191120c

変型ダッフルにつづいて、変型Pコートは ARMEN です。
ボタンを小さく、少なくして、すっきりした雰囲気に、そして着丈はハーフコート丈でしっかり、全体になんとなくエレガントな風情です。

 

191120g

191120d

生地は化繊多めの厚地で軽い、エアリーなダブルフェイスのメルトン。表面起毛をさせているので、ウールモッサということになるでしょうか。ふんわりしていてソフトな質感です。

 

191120f

191120e

バランスが取りやすく、コーディネイトしやすいというPコートのいいところを備えつつ、オーソドックスなPコートスタイルにファッション的なスパイスをちょっと利かせているといった感じでしょうか。
ありきたりな感覚が無く、しっかり格好いいです。

 

191120a

191120b

ARMEN – Double Face Mid Length Pea Coat
col : Black
size : 1 / 2
price : 32,000 (+tax)

 

LINEで送る

Charpentier de Vaisseau – Pants, Knit.

191021m

Charpentier de Vaisseau の新作ニット、パンツが入荷しています。
まずは定番素材としてのハイゲージニット、今季はタールネック型をセレクトしております。

 

191021j

191021d

191021f

メリノウールのハイゲージニットは、それだけで高級品の部類に入ります。
細番手の柔らかな毛糸を細かいゲージで編みたてるため、サラサラとストレスのない肌触りが大きな特徴です。シャルパンティエのハイゲージニットは、非常になめらかで、発色も美しいです。ということは、素材が上質である、ということをシンプルに表しています。

ジャンルとして最高峰の John Smedley にはかなわないですが、かなりのレベルであることは確かです。プライス面を考え、普段着としての用途を考えると、とてもいい着地点になっていると思います。

 

191021k

191021e

クルーネックのタイプより、ほんのわずかにゆったりしていて着丈が長いです。
単体で着てもよし、当然ジャケットのインでも映えます。

 

191021i

Charpentier de Vaisseau – Turtle Neck Knit
col : Grey / Cognac / Black
size : 2
price : 16,000 (+tax)

 

191009c

こちらはコットンツイルのイージーパンツ、ブラックです。
パンツとしてはなんてことないものかもしれませんが、生地が惚れぼれするほどいいものが使われています。

 

191009b

イタリアンファブリックということですが、綾目がはっきりしていてよく詰まった感じ、天然素材の上品な光沢、さすが生地どころの上ものといった風体です。
感覚的な雰囲気としても、やはりインポートならではのものがあり、国産カジュアルのフィールドではほとんど見ることができないレベルではないかと思います。

 

191009a

ウエストがゴム+ドローコード、太いけど太すぎないという中途半端な太さで、ゆるいテーパードシルエット。
上品なインポートファブリックを使って、力の抜けたようなイージーパンツをつくるというのは、まさにシャルパンティエの真骨頂みたいなところでしょう。こういう意外性が着こなしそのものに何とも言えない魅力をもたらしてくれると思うのです。

Charpentier de Vaisseau – Cotton Easy Pants
col : Black
size : 2
price : 22,000 (+tax)

 

LINEで送る

Charpentier de Vaisseau – Sweat Parka, Sweat Pullover.

190907j

Charpentier de Vaisseau のスウェットアイテムが入荷しました。
裏起毛のベーシックなスウェットは、年代やスタイル層を問わずにおすすめです。

 

190907c

ジップアップのスウェットパーカ。
定番的なヘザーグレーの色味にきわめてシンプルな仕様となります。素材やディテールのウンチクを語らないブランドですが、こういったシンプルなアイテムほど、当たり前のように上質な素材を使っているところに格好よさを感じます。

例によってメンズはワンサイズとなり、だいたい普通のMサイズという印象です。

 

190907k

190907a

190907b

Charpentier de Vaisseau – Sweat Parka
col : Grey
size : 2
price : 15,000 (+tax)

 

190907f

同じ素材でクルーネックのスウェットです。こちらもごくごくシンプル。
シルエットはタイトでなく、ほんのり緩め。クルーネックはキュッと締まった感じです。

190907h

こういったベーシックアイテムであっても、さらりとシンプルに着て、どことなく違いがあるのがシャルパンティエの不思議です。
本当に微妙なニュアンスなのですが、根気よく展開を継続しているうちに、理解者が少しずつ増えてきている実感があります。

 

190907g

Charpentier de Vaisseau – Sweat Pullover
col : Navy / Black
size : 2
price : 11,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190520j

SOUTIENCOL の半袖シャツ群が入荷しました。
今季の半袖シャツは Remake Polo Long H という、ボタンダウン・プルオーバー、袖を折り返して着るタイプのモデルでラインナップされていました。

 

190520k

コットン、リネン、リネン、全てヨーロッパのインポートファブリックによる間違いないものとなっています。

 

190520a

190520b

何やら楽しげな総柄は、Leggiuno という柄ものが得意のイタリアの生地メーカーのもの。コットン100%のしなやかなブロード生地です。
上品な賑やかさは SOUTIENCOL らしいリゾートテイストでもあり、かえって大人っぽいというものです。柄だけでなく、生地そのもののモノの良さもしっかり感じられるいい生地です。

 

190520c

SOUTIENCOL – Remake Polo Long H *Leggiuno Print
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

190520e

190520f

こちら、いかにも SOUTIENCOL のど真ん中なイメージの canclini のリネンチェック。
薄地で涼しい素晴らしい生地です。

 

190520d

SOUTIENCOL – Remake Polo Long H *canclini Linen
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

190520i

190520h

ここ数シーズン目にするようになったポルトガルの SOMELOS のリネンチェック。これを上から染め上げて独特の色合いにリメイクしています。SOUTIENCOL ではよく行われる手法です。

 

190520g

SOUTIENCOL – Remake Polo Long H *Somelos Linen Overdyed
col : Blue Grey
size : 1 / 2 / 3
price : 16,800 (+tax)

 

190519h

Charpentier de Vaisseau のカットソーも新たに届いています。
インド産の超長綿によるブランドのレギュラー生地による新しいモデル、クルーネックTシャツ。

 

190519i

ポケットも付かず、ごくごくシンプルで、シルエットがゆったり、というものです。
大げさなビッグシルエットではなく、微妙に大きめ、というくらいで着やすいです。

4色展開となります。

 

190519j

190519l

190519n

190519p

Charpentier de Vaisseau – Loose Fit Tee
col : White / Lt.Grey / Khaki / Black
size : 2 / 3
price : 6,500 (+tax)

 

190519a

こちらは定番展開されていたラグランのボーダーTシャツをリニューアル。1×1ボーダーとラグランスリーブはそのままに、これまでストレッチコットンであった生地をレギュラーのものに、またサイズ感も見直されています。

 

190519b

シャルパンティエのボーダーは、襟のトリムがホワイトで、やはりどことなく他のブランドとは違う薫りを持っています。シンプルかつベーシックながらも不思議とニュアンスを感じさせてくれるのがシャルパンティエの真骨頂です。

 

190519e

190519d

Charpentier de Vaisseau – Border Tee
col : Lt.Grey / Navy
size : 2 / 3
price : 6,500 (+tax)

 

190521d

BASISBROEK のショートパンツは毎年の恒例です。
コットン・シルクのワイドでショートなショートパンツです。

 

190521b

コットン・シルクの生地は継続されている定番生地ですが、今季は例年より腰のあるしっかりしたものになっています。
シルクがもたらす天然の光沢と、ハリのある独特な質感が特徴である、というのは変わりません。

 

190521a

ウエストはゴム+コードで、ポケットの付き方が前後同じというおもしろいデザインが採用されています。

ワイドで膝上ショートな丈感のバランスは、意外とやりやすいシルエットで、ややアクティブ寄りではあるものの、生地感の上品さと相殺されて、結果的にけっこう普通ですという位置に着地します。

 

190521c

BASISBROEK – Iggy
col : Ink
size : size 2
price : 15,000 (+tax)

 

LINEで送る

Charpentier de Vaisseau – Pullover Linen Shirt.

190516a

Charpentier de Vaisseau のリネンシャツが入荷しました。
チビ襟ボタンダウンの定番シャツ、プルオーバー、半袖、リネン。

 

190516f

190516e

190516c

190516b

個性的なボタンダウンカラーとゆったりシルエット、なんとなく流行のルーズシルエットというより、往年の普通にゆったりしたシルエットを表現しているように思えるのは気のせいでしょうか。
そしてクラシックな薫りのする服地づかい、一見するとどこにでもあるようなシャツかと思いきや、よくよく見てみると、実にシャルパンティエらしい個性が感じられます。

 

190516g

190516h

肩は落とさず、身まわりをゆったり、ゆったり感は背中側にボリュームをもたせて、というバランスです。

また急に暑くなってきましたので、リネン素材が気になるところではないでしょうか。

 

190516i

190516j

Charpentier de Vaisseau – Pullover Linen Shirt Short Slv.
col : Navy Stripe / Khaki
size : 2
price : 16,800 (+tax)

 

LINEで送る