New Arrivals.

180604o

Charpentier de Vaisseau の新作、コットンワークパンツが入荷しました。
なんともシャルパンティエらしい、フレンチワークの薫り。

 

180604c

180604j

ミドルウエイトのコットンツイルに、太め、股上深めの野暮ったいシルエット。通常ポケットの他にワークパンツらしいポケットが付いています。

無造作だけど、なぜかポップな感じ、というところにシャルパンティエならではのテイストが感じられます。

 

180604b

180604h

180604g

シンプルではありますが、意外にクセは強く、しっかり着こなさないと危ない系のアイテムかもしれません。けれどもその分、楽しいアイテムであるとも言えるでしょう。

 

180604k

Charpentier de Vaisseau – Work Pants
col : Blue / Navy
size : 2
price : 12,800 (+tax)

 

180602d

Ordinary fits の新作シャツも入荷しています。
ヘンリーネックのプルオーバー、薄地で涼しい半袖シャツです。

 

180602e

丸襟でヘンリーネック、肩を落としたゆったりシルエット。ふんわりと着ていただくような、やはりオーディナリーらしい雰囲気です。

 

180602a

生地は非常に薄くて軽いコットン地です。製品染めで生地感、風合い、いい感じです。
ブランドのカラー表記はブラックとなっていますが、実際は抜けたようなグレー調となります。

 

180602c

180602b

Ordinary fits – Henley Neck Short Slv. Shirt
col : Black
size : 1 / 2
price : 14,000 (+tax)

 

180601g

BASISBROEK の新作ショーツ、Nova は、定番素材のコットン・シルクによる軽快なテイストです。

180601e

180601c

例年、このラインでマイナーチェンジをしながら新モデルとして登場していますが、今年もデザインを少し変え、モデル名を変えて出てきました。
ブランドとしてはビッグシルエットのショーツとしてのモデルですが、僕の判断で、まあそこまで大きくなくていいだろうということで、1と2というサイズでご用意しました。

通常 BASISBROEK のサイズ設定では、1はレディースもしくはメンズXS、2がS、3がM、4がL、という感じになりますので、サイズダウンで穿くようなイメージです。
ウエストもゴムとコードですので、あまりサイズを限定するものではなく、一般的なショーツとしての感覚なら、1がS/M、2がM/L、という感覚になるかと思います。

 

180601d

180601b

180601a

 

生地感は上品で、デザインはラフな感じ、という独特なバランスが心地いいのでしょう。なんかいい!という感覚的な褒め言葉がよく聞こえてくるショーツです。

 

180601f

BASISBROEK – Nova
col : Smoky / Navy
size : 1 / 2
price : 14,000 (+tax)

 

LINEで送る

Charpentier de Vaisseau – Shirts.

180503o

Charpentier de Vaisseau の新作シャツが入荷しました。
実はシャルパンティエではシャツアイテムは新登場、非常に新鮮です。

 

180503e

プルオーバーのゆったりシルエットでボタンダウン。ちょっと丸みを感じる小さめのボタンダウンカラーがシャルパンティエらしいアクセントになっています。
かわいらしさがありつつも使っているファブリックはオーセンティック、というアンバランスがこのブランドの独特の味わいになっていると思いますが、このことはアイテムに関わらず、ブランドを通じた個性になっていると言っていいのではないでしょうか。

 

180503b

180503d

180503c

180503a

ゆったりしたシルエットですが、ボリューム感が背中側に出るようなパターンニングでつくられていることも特徴でしょう。
背面のプリーツの取り方も独特です。

 

180503h

こちらは無地のネイビー。
なんだかんだ着まわしが利き、安心して着られます。

 

180503i

180503g

180503f

Charpentier de Vaisseau – Pullover Linen Shirt
col : Navy Stripe / Navy
size : 2
price : 16,800 (+tax)

 

180503j

半袖シャツも1型セレクトしました。
こちらはちょっと一ひねりというより、はっきりひねりを効かせたデザインで、非常に個性を感じます。

 

180503n

生地はハリ感のあるコットンブロード、クルーネックで右前のスナップボタン、サイドにポケットがあって、裾にサイドスリット。
シャツを襟なしにしたというよりは、スモックが原型にあるような気配を感じます。そして同時に、ユニセックスブランドだからこその現象ですが、レディースからやってきたアイテムであるという気配も強く感じとることができるように思います。

 

180503l

レディースを出発点にして設計されデザインされたものが、メンズサイズもつくりましょうということだと思います。それは素材感とデザインの組み合わせからも感じられますし、右前のままのボタンが確たる証拠になっています。
それがメンズアイテムでは感じたことのないような気配の理由になっていて、シャルパンティエというブランドの面白さの秘密にもなっている部分かと思われます。

 

180503k

なんともいえない清潔感と清涼感。メンズブランドをいくら探しまわっても出会わないようなニュアンスであることは間違いないでしょう。
心地好い違和感として受けた取れた人におすすめです。

 

180503m

Charpentier de Vaisseau – Crew Neck Pullover Shirt
col : White
size : 2
price : 15,800 (+tax)

 

 

LINEで送る

Charpentier de Vaisseau – Jackets, Pants.

180107o

Charpentier de Vaisseau より、春向けのジャケットとパンツが入荷しています。
まだまだ寒いですが、2月に入りましたので、そろそろ春の準備を本格化していきます!

 

180107h

綿麻素材、襟なしのゆったりシルエットで仕上げられたスナップボタンのジャケットです。
おそらくコーチジャケットがベースになっていると思いますが、シャルパンティエらしいアレンジがされて、なんとも不思議な感覚のジャケットとなっています。

 

180107k

コットン+リネンのツイル生地は、軽くて素材感も現れ、非常に爽やかな印象です。
フロントはスナップボタンでなんとなくかわいらしく、また、ゆったりシルエットに加え、わざと袖丈を短くしているという点も、かわいらしさと軽快さを助長しているように感じます。

 

180107f

180107l

袖口はスナップボタンで絞れ、裾にはドローコードが入り、とことんアナログなディテールもまたしかり。最終的に、どういうわけかポップな印象になるのは、このブランドならではのアレンジ力であり、同時に独自の味わいでしょう。

 

180107d

Charpentier de Vaisseau – No Collar Jacket
col : Lt.Grey / Beige / Black
size 2
price : 18,000 (+tax)

 

180107s

パンツは秋冬にブリスベン・モスのコーデュロイで出てきた型に素材換えです。
ライトなグレーデニムが採用され、こちらも軽快、爽やか。

 

180107p

しっかり太いシルエットのクロップ丈パンツです。
股上ががっちり深く、股下を控えめにして、というちょっと不思議なバランスが肝になっていて、股まわりにもたつきを出しつつも、裾を短くしてズルズルした印象にはしないという特殊なかたちをしています。

 

180107r

ディテールワークなどの味つけになる部分で、ユニセックスブランドならではの雰囲気が感じられます。やはり完全にメンズに向けてつくられた服とは別種の雰囲気が宿りますので、新鮮で面白味を感じられるのだと思います。

 

180107t

180107w

180107v

Charpentier de Vaisseau – Denim Pants
col : Lt.Grey
size 2
price : 15,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

1701019k

Fils de Butte のフレンチワークジャケットが入荷しました。
本場のフランスのファッションブランドによるフランスのワークジャケット。クラシックを尊重しつつ、少しの遊びごころを利かせています。

 

1701019m

この春にはじめて登場しましたが、秋の分として再登場です。
同じくコットンモールスキンのカバーオールジャケットですが、生地とサイズ感が変更されています。

いずれにしても、ベースはクラシックな “French Work Jacket” であることは変わらず、ワークの服ならではの野暮ったさがありつつ、木のボタンでちょっとしたアクセントをつけて、というところも継続されています。

 

1701019c

前回はブラックのみでしたが、今回はインクブルーも入荷しています。実は春も発注していたのですが、実際届かず、でした。
やはり “フレンチワーク” といえば、モールスキンでこのカラーは外せません。

 

1701019f

1701019b

ボタンの縫い付け糸が一番上のみ赤になっています。ここもアクセント。

 

1701019h

1701019e

1701019j

今年はラブルールは無しで、この FDB に専念しました。
来春はこのジャケットが大幅値上げとなるので、ラブルールに戻ります。

両者でシルエットの癖が違うので、体型で合う合わないが分かれると思います。デザインの違いはもちろんありますが、シルエットの相性で決めるのも好いのではないかと思います。

 

1701019l

フランス人による、フランスのファッションのための、フランスのワークジャケット。“今” のフランス人もファッションでこのジャケットを着るんだなぁ、とちょっと感心したりしています。

すごく凝っていたり、ファッショナブルだったりするわけではないのですが、まったくの “あちらの空気” がしっかり薫っているアイテムです。スタイルにそういった薫りをただよわせるというのも、お洒落の一つの要素ではないでしょうか。

Fils de Butte – Moleskin French Work Jacket
col : Ink Blue / Black
size : S / M
price : 23,000 (+tax)

 

1701017l

Charpentier de Vaisseau からもフレンチワークの薫りのするジャケット、パンツが届いています。
シャルパンティエは日本のブランドではありますが、どこか日本ブランドばなれした不思議な薫りをもったアイテムを展開することでおなじみです。

 

1701017c

ボックスシルエットのモールスキンジャケット、黒。
ドロップショルダー気味で、身幅ゆったり、着丈短め、というバランスです。
やはり着てみると 『ニュアンスがある』 と感じさせてくれるジャケットで、シンプルでありながら、しっかり個性をもっているように思います。
メンズワンサイズというところも独特。

 

1701017b

1701017a

1701017d

Charpentier de Vaisseau – Box Jacket *Moleskin
col : Black
size : 2
price : 19,000 (+tax)

 

1701017h

同じかたちでコーデュロイ、ネイビー。
ここで Brisbane Moss の生地をつかうところがまたシャルパンティエの不思議なところ。
なんというか、かわいらしいようなデザインが多いわりには、まあ普通にいい生地使いますよ、という実は骨太なスピリットを持っているというギャップにも男ごころをくすぐられます。

 

1701017g

1701017f

コーデュロイも定評がある Brisbane Moss ですので、やはり生地感は素晴らしいです。
起毛感がしっかりあって、いい具合にやわらかい。

 

1701017e

Charpentier de Vaisseau – Box Jacket *Corduroy
col : Navy
size : 2
price : 19,000 (+tax)

 

 

1701017j

同じ Brisbane Moss コーデュロイの4ポケットパンツ。
ゆったりシルエットで、股上が GATSUN と深い、おもしろいかたちをしたパンツです。
ちょっとズルズルしたような雰囲気を出しつつ、裾は上げてさっぱりと。やはり独特の薫りがただよいます。

 

1701017k

1701017i

1701017m

Charpentier de Vaisseau – Corduroy Pants
col : Brown
size : 2
price : 17,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190806b

Ordinary fits の新作パンツが入荷しました。
秋冬新作モデルとなりますが、シーズンスタートからすぐに穿けるよう、やや軽めのコットン生地によるパンツとなります。

 

190806d

ズドンとかなりの太さです。加えてやや丈を短くしていますので、非常に独創的なバランスとなっていて、スタイリングとしても何らかのニュアンスを感じさせてくれる面白いパンツです。

単純に普通の白いTシャツと、あるいは黒いTシャツと、さらりと着合わせてみるだけでも絵になるような、そういうイメージです。

 

190806e

生地は柔らかなコットンツイルで、やや軽め、カラーはスミクロ。
ウエストはベルトレスのコード仕様。
フロントはボタンフライ、前後パッチポケット。

190806a

秋のイメージとしては、オーバーサイズのシャツや丈の長いジャケット、すっきりしたブーツなど、いろいろと合わせたら好さそうなアイテムも浮かびます。

 

190806c

Ordinary fits – Derrick
col : Ink
size : 1 / 2
price : 17,000 (+tax)

 

190804h

Charpentier de Vaisseau のコットンカーディガンも新たに入荷しました。
今春夏からスタートした、ベーシックな天竺コットン生地をつかったシリーズで、ベーシックなVカーディガンをつくりました。
着る人を問わず、またシーズンとしても広い期間にわたり活用できるベーシックアイテムです。

 

190804c

カットソー生地のカーディガンはいろいろなブランドでご用意していますが、シャルパンティエも新たに仲間入りしました。
生地のクオリティもとても良く、“シンプルなアイテムにも宿るシャルパンティエならではのニュアンス” という部分でも推していきたいアイテムです。

新しくブルー(暗めの青)という色が加わり、3色、メンズ2サイズの展開。2がメンズの『SM』、3がメンズ『ML』というイメージとなります。
このブランドは全般ややボックス気味のシルエットが特徴なので、2がSなのかMなのか、3がLの方に近いのか、はっきり言い切るのは難しいです。

 

190804e

190804f

190804g

ものとしては、たいへんシンプルかつベーシックなものですので、特別にクローズアップするところはありません。
ただ、同じシンプルなカットソー地のカーディガンといえども、ポケットの有無、Vの深さ、袖や裾の仕様などは、ブランドによってそれぞれ違ってきますので、思っている以上にきっちりと違いはあります。

Charpentier de Vaisseau – Cotton Cardigan
col : Blue / Navy / Black
size : 2 / 3
price : 9,800 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

本日、合わせて Arrow Footwear の新作もオンラインショップの方に掲載しております。
Blogでは明日か明後日に。

LINEで送る