New Arrivals.

181115h

昨年の好評につきアゲイン、ARAN の SWD Parka が今年も入荷しました。
昨年もずいぶん遅い入荷でしたが、今年も遅い入荷でした。

 

181115a

スウェーデン軍のミリタリーパーカをベースに構築された ARAN らしい堅実なプロダクト。狙っているようで狙っていないので、着る人の解釈の仕方がさまざまでおもしろいアイテムです。

ある人はモッズパーカ、ある人はマンパ的アウトドア、ある人はバブアー的アウトドア、、

 

181115e

一体型フードで、着丈がしっかりあって、総裏の二重(ふたえ)、ウエストにコード、前ポケットが二重(にじゅう)構造、フロントダブルジップ、などなど、指摘しようと思えばポイントがいくつもあり、丁寧にディテールを積み上げていることが分かります。
細かなところから全体までを誠実につくりあげ、どう着る、ということに関しては完全に着る人に任せている感じが伝わってきて、潔さを感じます。

 

181115c

生地はロクヨンのグログラン。昨年とは微妙に違う生地になっています。
グログランとは、堅く、密に打ち込まれた平織りの生地となりますが、生地そのものはそれほど堅いものではありません。

 

181115f

181115d

181115g

カジュアルに着るもよし、シックに着るもよし。
着る人を選ばないのに個性はしっかりあるという、なかなか稀有なパーカコートではないでしょうか。

 

181115b

ARAN – SWD Parka
col : Black
size : 1 / 2
price : 42,000 (+tax)

 

181114h

comm. arch. の定番モデル Saddle B.B. は Fuzz には初登場です。
いかんせん、こういったシンプルなクルーネックのニットはインポートのものを優先させているので、なかなか出番がありませんでした。

今回はシャギードッグで出てきて、素晴らしい色合いと質感だったので発注しました。

 

181114i

181114f

やわらかなジーロンラムウールを素材とし、カシミヤ専門の紡績機によって通常の羊毛よりも細い繊維のみを集めて紡績した糸を使用。ふんわり感と繊細な肌触りが大きな魅力となるニットとなります。
さらに後加工として、チーゼルの実による起毛加工が施され、より一層のふんわり感が得られ、保温性を高めています。

素材、紡績、ニッティング、後加工、すべてにおいて妥協のない、国内産ニットの粋をきわめたニットウェアとなっています。

 

181114c

181114g

181114d

comm. arch. – Saddle B.B.
col : Alpine SheepSandalwood
size : 2 / 3 / 4
price : 20,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

181115i

SOUTIENCOL の Slip-On コートですが、昨日、ダークブルー(ネイビー)のみ届きました。
もう一色、ベージュの方は今週末になんとかなるか、ならないか、ということです。
ずいぶん前から問い合わせを多くいただき、全ての方に届いたらすぐにブログでご報告すると約束していたので、まずは速報というかたちでお伝えします。

きちんと写真を撮って、オンラインショップに掲載となると、ベージュが届いてから、またさらに少々お時間をいただくことになってしまいます。
それまでに何着残るのか微妙なところですが、季節もだいぶ進んできているので、ひとまず店頭販売を優先させていただきます。
着数が少なく、混乱の原因になりますので、恐れ入りますが取り置きなどはお受けできませんので、その点はご理解をお願い致します。

今シーズンはカラーの変更がありましたので、購入を決めていたという人も、まずは色合いを確認していただかなくてはなりません。ですから予約というかたちも難しく、なかなか難しいシチュエーションになってしまいました。

 

LINEで送る

New Arrivals.

181109j

ARAN より、上品なオリーブカラーのコートが入荷しております。
国産ベンタイル生地によるスプリットラグランのステンカラーコートとなります。

 

181109c

181109g

英国をルーツとするベンタイル生地とは、コットン素材でありながら、特殊な高密織りによる撥水生地です。機能としての撥水性もさることながら、高密コットン生地ならではの上品な生地感も大きな魅力と言えると思います。

 

181109a

スプリットラグランのスリーブとは、前側がセットイン、後側がラグランという袖付けの仕方のことを言います。ラグランの動きやすさとセットインのすっきりさを両立させるための方法で、アームホールの量をとりながらも前からのルックスをシャープに見せる技術です。

 

181109d

181109e

181109i

181109b

渋いダークなグレンチェックのコットンの裏地、袖裏はキュプラという総裏二重仕立て、チンストラップが付くなど、必要充分なディテールで構成され、きわめてシンプルでオーソドックスなつくりで誠実に仕立てられています。

非常に地に足の着いたプロダクトといった印象で、普通に格好いい。僕の側からは、あらゆるスタイル層に、あらゆるシーンに、安心しておすすめできるアイテムであることは間違いないです。

 

181109h

ARAN – Sprit Raglan Coat *Ventile
col : Olive
size : 1 / 2 / 3
price : 38,000 (+tax)

 

181110c

comm. arch. の新作は、ウールシャツというか、シャツジャケットいうか、という Knited Lamb’s Shirt。
素晴らしい素材感と、ひとひねりのあるプロダクトは、comm. arch. ならではです。

 

181110d

圧縮ウールの毛足を長めに刈って、見た目にも暖かそうな表地とし、裏側に同じ素材で織地をボンディングしているということです。
編地+織地のコラボレーションで、柔らかさと耐久性を備えるのも大きなポイントになっています。

 

181110a

何とも言えない生地のルックスが独特で、不思議な高級感を感じます。

スタイルとしては、シャツとしてはもちろん、CPOシャツのようにアウターとして羽織ることもできるはずで、着こなしの自由さもこのアイテムの売りになっている部分かと思います。

 

181110e

comm. arch. – Knited Lamb’s Shirt
col : Sandalwood
size : 2 / 3 / 4
price : 23,000 (+tax)

 

 

181108a

ARMEN 定番のコットンネルの後染めスカーフも入荷しました。
ウールはチクチクして嫌だという敏感肌の人には特におすすめです。

 

181108c

181108e

チェックとストライプのコットンフランネル生地を後染めしてカットしたものです。
柄の生地を上から染めることで、色彩に微妙なニュアンスが生まれるのがポイント。なんとなくトーンに統一感が出て、よりコーディネイトに取り入れやすい色調になっています。

ウールマフラーほど熱がこもらないので、暖かさでは負けるが、暑くなりすぎないでは勝ちます。

 

181108d

181108g

ARMEN – Cotton Flannel Scarf
col : Check / Stripe
price : 7,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180418i

春夏もの、本日も続々入荷中。
まずは comm. arch. の新作シャツ、半袖です。

 

180418c

ややビッグシルエット気味の開襟シャツです。
こちら、一番の特徴はやはり生地となっていて、非常に軽く、独特な質感となっています。素材はコットンとポリエステルの混紡で、ブランドの性格上、織り地でなく編み地のトリコット生地となるのですが、何かペーパーのような気配のするサラサラしたタッチで、見た目も着た感じもひと味違ったものとなっているのです。

 

180418e

180418d

デザイナーさんのお話では、着こんでいくことで生地がくったりしてくるということで、その風合いが魅力的になるはずです、とのこと。たしかにこの時点でもぼんやりと想像できるような気がします。

180418f

多少肩をドロップさせてのリラックスシルエットとなります。適度にゆるく、でもスタイリッシュに、という印象です。

comm. arch. – Knited Airy Open Collar Shirt
col : Burnt Caramel / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 19,000 (+tax)

 

180417c

Oliver Spencer のボタンダウンシャツ、コットン・リネンの涼しい生地です。

Aston Shirt というモデルで、小さめの襟でボタンダウン、秋冬は比翼でしたが今回は普通の前ボタンです。

 

180417a

モノトーンチェックですが、地味そうで地味でもありません。ですが、ジャケットやコートを羽織った時、やや脇役な見え方をした時にも、いい仕事をすると思います。

 

180417b

Oliver Spencer – Aston Shirt
col : Grey
size : 14H / 15 / 15H
price : 16,000 (+tax)

 

180419l

Vincent et Mireille の素材切り替えのビックTee。
こちらは昨年好評につき、ですが、今年は袖が半袖五分袖になります(昨年は九部袖)。

 

180419d

180419j

180419e

クルーネックで、ものだけ見ると半袖に見えますが、着るとだいたい五分程度の袖になり、裾にはスリット、オーバーサイジングのシルエットとなります。

 

180419g

なんといっても特徴的なのは、前身頃と後身頃の生地を違えていること。前がシャツ地(織地)、後がカットソー地(編地)、それを同色で、ということになっています。
しっかり面白さがあって、やりすぎず、やらなさすぎずのいい具合の力加減だと思います。

 

180419c

Vincent et Mireille – Combination Half Slv.
col : Beige / Black
size : 38 / 40 / 42
price : 6,400 (+tax)

 

LINEで送る

comm. arch. – Milan Rib Selvedge Pullover.

180307m

omm. arch. より、新作のコットンニットが届いています。
ギザコットンによるミラノリブ、クルーネックの9分袖プルオーバーです。

 

180307g

さらっと自然体で着たい、リラックスな春のコットンニットという印象。
クルーネックの9分丈で、裾にサイドスリットが入り、ドロップショルダーのやや緩めのシルエット。完全なオーバーサイズではなく、『いいくらいにゆったり』 という具合で非常にしっくりきます。

 

180307d

さすがの肌触りは健在で、やはり素材へのこだわりはしっかりしています。エジプトコットンのギザ45という高級綿を糸にして、これをミラノリブで編みたてています。
ミラノリブはニットとしてはがちっとしたもので、ゆるく伸びるというイメージではないものです。これは、ゆったりシルエットのニットということで、だらんとした印象にならないような配慮でもあり、目の詰まった感じのニット地は、目の緩さで涼しさを演出するサマーニットの逆のアプローチをとっていると言え、ニットでありながらのカットソーというニュアンスを強めたということになると思います。

 

180307i

もう一つ、重要な特徴は、生地の縁の部分をセルビッジのようにきれいに始末しているということです。袖口と裾の部分をカットソーのようにたたいて(折り返して縫い付けて)いないことはもちろん、リブにもなっていません。これはやはりニットならではの仕様で、きれいに断裁したままのような印象で、さっぱりと始末しています。

 

180307b

180307a

素材、シルエット、ディテールが一体となって、トータルでのデザイン性の高さを感じさせてくれます。ゆったり感とミラノリブ、すっきりした縁どり、それぞれ、意味をもって関連しているということでしょう。

 

180307k

180307l

180307j

omm. arch. – Milan Rib Selvedge Pullover
col : Beach SandDeep Forest
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

 

春が来すぎていて、このあたりも既に反応よろしのため予定よりご紹介を早めました。
昨日今日は春を越えて初夏?というくらいでしたが、このあとはまた戻るようで。3月というのは暑かったり寒かったり、雨が降ったりするものですから、何を着るか難しい時期ですよね。

 

LINEで送る

New Arrivals.

1701016j

スコットランドのアウトドアウェアメーカー、Keela のジャケットが入荷しました。

今回はミリタリー的なブルゾン型中綿ジャケット。軽くて柔らかく、そしてあたたかい、Primaloft (プリマロフト)のジャケットとなります。

 

1701016l

シェルはリップストップのナイロン、中綿に機能的なプリマロフトということで、内容的にはミリタリーな気配が強いです。
正式に確認をとっていませんが、おそらくこれもミリタリー納入品がそのままモデルとして残っているものだと思います。ですので、サイジングもシルエットもファッション的な配慮は見られません。
概ね、XSのサイズでJP感覚のMサイズ、SサイズでJPのLサイズ、という具合です。

 

1701016h

1701016m

1701016i

1701016f

1701016g

1701016b

1701016c

媚びていないデザイン、迷いの無いディテールワーク。はっきりした目的のためにつくられたプロダクトならではの不思議な自信のようなものを感じるのは気のせいではないはず。無味乾燥で無骨なように見えるのもまた本質で、ファッションアイテムとはひと味違った感覚の楽しさがあるのがこういったアイテムの特性ではないでしょうか。

なんとなくの僕の感覚ですが、イギリス版のMA-1ジャケット的なイメージで着るのも面白いかな、などとも思います。いずれにせよミリタリーアイテムのような感覚で、無造作に羽織る的なニュアンスがしっくりくるように思います。

 

1701016a

どちらかというとローカルな、実用着をつくっている地味で堅実なメーカーという印象の keela ですが、『だからこそ』 の部分で光るものがあるように思っています。

その狙い通り、実用的に非ファッションで使うのもおおいにアリだと思います。

Keela – Belay Pro Jacket
col : Olive
size : XS / S
price : 25,000 (+tax)

 

1701015m

comm. arch. からは、新感覚ニットが届いています。

ゆったりしたシルエットでスウェットのような感覚でコーディネイトができ、けれど本質はウール主体のニットなので、ウールニットのあたたかさを備える、というアイテムです。

 

1701015k

1701015l

度詰めのニットをブラッシングで毛羽立たせ、スムースな生地との切り替えで変化をつけています。デザイン目を惹く胸の大き目のポケットと相まって、デザイン的にも面白さが感じられ、やはりクラシックなニットブランドにはない目線でつくられていると感じます。

また、裏側はスムースな別生地がボンディングされ、生地としてはダブルフェイスとなりますので、着たり脱いだりがしやすく、下に薄手のカットソーだけで着たときも、チクチクなどなく快適です。

 

1701015i

1701015a

1701015d

1701015f

素材そのものの面白さ、デザインの面白さ、そして着心地の好さ。ニットとしての可能性をとことん突き詰めようとする専業ブランドゆえに生み出せるプロダクトでしょう。
とてもレベルが高い!

comm. arch. – Brushed Jumper
col : BlackoutClouds
size : 3 / 4
price : 22,000 (+tax)

 

LINEで送る