New Arrivals.

191002a

FUJITO の新作コート、Hood Coat が入荷しております。

久しぶりの登場となる Hood Coat ですが、毎回どこかしらにマイナーチェンジが加わりつつ、不定期で継続されていて、当初のものと比べるとすっかり別ものにはなっています。
ですが、その時その時の気分をすくうのが国内ブランドのいいところであるのは間違いないところです。(インポートは逆かもしれませんね)

 

191002d

姿は違えど、歴代のフードコートに共通するのは、フードが付いていること、ハーフコート丈であること、撥水性の高い生地を使い、レインコートのニュアンスを持たせている、ということです。

今回はフードが襟と一体型になっていて、襟の裏に折りたたんで収納する仕様です。フードのコードが襟先から垂れる感じが独特です。

 

191002e

191002c

 

191002f

191002b

生地は少しシャリッとした感じのあるポリエステル+コットン。しっかりしていますが、さほどの厚みではありません。
シルエットはややゆったりのミディアム、フロントがスナップボタン、腋の下にベンチレーションがあり、袖の後ろ側にタックをとっているのが特徴的なディテールです。
多少袖をもったりさせて、ミリタリーコートのようなバランスに寄せています。ポケットの付き方といい、ミリタリーのテイストを入れたデザインだと言えるでしょう。

 

191002h

191002i

毎シーズン、仕事でもプライベートでも使えるコートを、という一定のニーズがありますが、これなどはまさに相応しいのではないかと思います。
適度にゆるいのでスーツの上からでも問題なく、あまり気を遣わないタイプの生地なので、取り扱いもそこまで慎重になる必要もなし、です。

 

191002g

FUJITO – Hood Coat
col : Navy
size : 1 / 2
price : 39,000 (+tax)

 

191006a

Yarmo のダスターコート。
ここ数年、秋冬シーズンに発注していますが、今年も継続です。
残念ながら、今年はドライバーズジャケットは見送り、Yarmo はこのコートのみです。

 

191006d

ダスターコートは、ドロップショルダーで、身まわりがたっぷりのオーバーサイズ型コートです。
生地をたっぷり使っているので、ドレープと丸みのあるシルエットが生み出され、独特の雰囲気があるのですが、決して奇抜ではなく、着てみると案外おさまりの好いことに驚きます。

 

191006b

今季の生地は、ミリタリーウェアに使用されていたデニムを再現したものとなっていますが、年代の古いごつい生地をそのまま再現したというものではなく、着やすいところで着地していますのでご安心ください。
グレーのデニム地というのもなかなか珍しいのではないでしょうか。

 

191006c

Yarmo – Duster Coat
col : Grey
size : 38 / 40 / 42
price : 26,000 (+tax)

 

191007d

トータルブランドとして歩みはじめた comm.arch. のコーデュロイシャツ。
これも編地ではなく、織地となり、ニット(編地)専門から、布帛(織地)製品もやりますという広がりを見せています。

 

191007b

6ウェールという太畝のコーデュロイ生地、ブラックです。
通例どおり、素材には上質なもの(インド綿)を用い、素材感の良さは健在。イマドキの気分が適度に入るデザインが軽薄にならないのは、しっかりした素材感のたまものです。

 

191007c

オーバーサイズとかビッグシルエットとかではないですが、『やや緩め』 というところが comm.arch. の基本のシルエットです。
心地好い余裕を感じるサイズ感で無理なく着る、というスタンスです。

191007e

comm. arch. – 6W Corduroy Shirt
col : Black
size : 2 / 3 / 4
price : 22,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190506b

新作いろいろ入荷していまして、まずは comm.arch. から。
リネン素材の半袖シャツをご紹介します。

 

190506a

ある意味で、ブランドの歴史の転換点になるアイテムと言えるかもしれません。というのは、このシャツ、初めての布帛(織り生地)の製品となるからで、『ニット専門』 ブランドとして展開してきた comm.arch. の新境地になるからであります。

これまでは、『ニットブランドがつくる編地のシャツ』 というスタンスでしたが、今回のシャツはストレートに 『シャツ』 です。一つ枠組みを外して、トータルなブランドとしてより自由なスタイルに変貌していく予感を感じます。

comm.arch. は、素材や色にこだわる匠的な基本姿勢をみせつつも、しっかりと “今” の空気を感じながらものづくりをするブランドさんです。質感からデザイン、空気感なども含めてのバランス感覚に長けていますので、ニットというアイテムに縛ることなく、是非いろいろなアイテムをリリースしていってほしいと思います。

 

190506c

フレンチリネンを素材としていますが、これはブランドとしては定番の素材で、これまでも春夏のニットに使っているものです。それを織機用に細く紡績して、柔らかさを保ちつつ、透けないよう度詰めで織っていますという生地となります。

 

190506e

シャツとしてはややオーバーサイズ気味にゆったりシルエットでつくられたオープンカラーシャツとなります。
絶妙に渋い色目、かつ涼やかさのある素材感。渋さと開放感が同居した開襟シャツとなっております。

 

190506d

comm. arch. – Linen Open Collar Shirt
col : Mud Brown
size : 2 / 3 / 4
price : 18,000 (+tax)

 

190504k

Oridinary fits のニットポロシャツ。
オーバーサイズのゆったりしたニットポロはなかなかないところで、オーディナリーらしいふんわり感と丸みのあるシルエットが健在です。

 

190504g

190504f

ハイゲージのコットンニットで、肌触りもよく、ルックスも上品。
しかしそれをゆるっと着るというのが、これまでにはあまり無かったのかもしれません。

 

190504c

襟まわりも好印象です。

 

190504i

190504a

 

190504h

Ordinary fits – Polo Knit
col : Beige / Black
size : 2
price : 12,000 (+tax)

 

190505c

最後は FUJITO のニットTシャツ。

 

190505d

クルーネック、ちょっとゆるめのシルエット。やはりニットならではの品の好さと、肌触りの好さが魅力で、色合いやシルエットなど、着た時のしっくりくる感じが国内の信用できるブランドならではのものかと思います。
ちょっとしたアクセントが感覚的に具合が好いと感じられ、何がどう、ここがこう、ということでもなく、感度がいいなという感じでしょう。

 

190505e

190505b

190505

190505a

FUJITO – Crew Neck Knit T-shirt
col : Khaki
size : 1 / 2 / 3
price : 10,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

5月11日(土) 19:30 – 21:00
NKH BSプレミアム
シルクロード・美の回廊Ⅱ 『”微笑み” がきた道』

たしかな筋からの必見情報です。
中宮寺の半跏思惟像は仏像ファンには有名ですが、その微笑みのルーツを辿っていくという番組ということです。

僕が仏像が好きというのを知っている人で、実はこの番組をつくった張本人の方からおすすめされました。
世界のすべては混ざっている、いろいろなものが交わって文化が形成されている、ということがよく分かる内容になっている、みたいなことを言っていたかしら。
多様性に疲れた末、過度なナショナリズムへ走る傾向にある現代への、ある種のアンチテーゼになっているのではないかという、裏テーマも裏話的に教えてもらえました。

本当の意味での教養とは、知性とは、などといったことが、今の時代に改めて必要になっているのではなかろうかと、この不健全になりつつある社会を傍観して思っているところですから、こういった文化度の高い番組こそ、根絶やしにされないようしっかり視聴していかねばなりますまい。

そんなことを書いていたらまた思い出しました。
そうした混沌とした社会のなか、わが国は新しい元号 “令和” で新しい時代の予感を感じているところですが、別のお客さんでこんな本を書いている方がおられます。

『〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか』

社会学者というのか分かりませんが、専門は哲学系というようなことも言っていたか、どちらにせよそういう立場から、平成という時代を総括した内容です。
ややアカデミックな気配が強まりますが、興味のある人も多いと思います。是非読んでみてください!

 

LINEで送る

comm. arch. – Knit Polo, Pants.

190416i

comm. arch. より新作のニットポロシャツが入荷しました。
上質な素材と、素材やニッティングを生かした独自のデザイン性が光ります。

 

190416h

モスステッチ、いわゆる鹿の子編みのニット生地でのポロシャツです。
ニットの編み機で編まれていますので、一般的な鹿の子ポロとは別もので、しなやかな伸縮性が抜群の着心地を生みます。

 

190416b

シーツなどにも使われる繊細なインド綿を素材として、キュッと強撚糸にした糸が使われています。強撚糸による生地にはシャリ感と光沢感が生まれ、ドライタッチになることが特徴です。加えてニット地ならではのやわらかな伸縮性も兼ね備えるわけです。

 

190416c

素材の良さはもちろんなのですが、ここのところ、comm. arch. のデザイン感の好さといったらいいのか、感度、バランス、みたいなものがとても素晴らしいと感じています。
このニットポロも襟や前立て部分のコンパクトな感じや雰囲気が、非常に今の気分にあっているように思います。

190416g

標準的なフィットで、全体的にはコンパクトなシルエットです。見ると小さく感じますが、実際に着てみると自然と伸縮しますので、まったくストレスがなく、小さいという感覚もないと思います。

 

190416j

comm. arch. – Knitted Polo Moss Stetch
col : Yellow Dust / Black Out
size : 2 / 4 / 5
price : 20,000 (+tax)

 

190419b

こちらはトリコット生地(要は編地)によるシアサッカーのパンツです。
布帛(織地)でなく編地ですので、当然伸縮性が段違いであり、加えてドライタッチで肌当たりが良く、さらに抜群に軽い、という特徴があります。

 

190419c

アウトプリーツの1タックで、テーパードシルエット。ゆったりはしていますが、穿いてみると太さとしては 『少し太め』 というくらいでしょうか。

 

190419d

ウエストはバックギャザーで、ドローコードのベルトレス仕様。軽くて柔らかい生地、ストレスのないゆったりシルエット、ベルトの手間なし、というスペシャルなコンフォートパンツです。
穿いてみると、とにかく軽さが快適です。

生地に表情があり、適度なデザインが入りますので、イージーでも凝っている雰囲気はしっかりあり、コーディネイトもしやすいです。

 

190419e

comm. arch. – Knitted Seersucker Trousers
col : Black Out
size : 2 / 4 / 5
price : 20,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

SOUTIENCOL のシャツ、Ordinary fits の定番デニム、再入荷しています。

190215e

SOUTIENCOL – New Band Collar *Cotton Linen

 

190420a

5 Pocket Ankle Denim *One Wash
5 Pocket Ankle Denim *3Year Used

 

LINEで送る

New Arrivals.

190412k

comm.arch. から新作のカットソーが入荷です。
いつものように、独自の素材やデザインによって構成される唯一無二のプロダクトです。

 

190412d

190412i

ワイドシルエット、クルーネックのカットソーですが、やはりひとひねり有り。
薄地の生地が2枚重ねにしてあり、通常折り返して縫う縁の部分のステッチがことごとく見えないというつくりになっています。

 

190412b

素材は高級インド綿、これを極細番手の強撚糸にして、度詰めの天竺で編みました、という生地が使われています。

そして、これがただものではありません。
まず気が付くのは色の好さ。素材がいいと色もいい。
続いてシャリっとしたドライなタッチ。これは暑い季節にありがたい肌離れの良さにつながります。
次に美しいドレープ。きめ細かい生地ゆえに波打ちがきれいです。

自然、薄地となりますので、透けの心配がないよう、もう二重にしてしまおうということになり、さらにその際にステッチが表に出ないような仕様にしています。

 

190412c

袖と裾の縁の部分にシームが見られないことにより、ルックスはミニマルでシック、上品な雰囲気がさらに増します。

やや肩を落とし、ゆったりシルエットで、サイドに小さなスリットが入ります。デザイン的にも一枚で着やすいバランスになっていて、透けを心配しての重ね着いらずと相まり、迷いなくさらりと着れる気楽さが嬉しいです。

 

190412l

comm. arch. – Double Layered S/S Tee
col : SandMud Brown
size : 2 / 3 / 4
price : 12,000 (+tax)

 

190411j

FUJITO からもカットソーの入荷です。
こちらはヴィンテージのTシャツをモチーフにして再現した、ベーシックなポケットTシャツとなります。

 

190411a

190411i

シルエットはスタンダード、目を惹くのは斜行した胸ポケット。
生地は表情豊かなスラブ調の厚地生地で、こちらも透けの心配がほとんど無いでしょう。通常は厚地にすると重たくなりますが、化繊が混紡された生地となりますので、見た目より軽いのが大きな特徴になっています。

 

190411b

190411h

以前は FUJITO のカットソーは Filmelange に依頼したものでラインナップされていたのですが、それも数シーズンお休みがあり、今シーズンから新たにオリジナルの新仕様で再開されたアイテムとなります。

男っぽさを感じる骨太なTシャツというイメージがありつつも、実は適度に力が抜けている、という印象を受け、自然というか、しっくりくるというか、実質的な、トータルな意味合いでの着やすさがあるように思います。
その辺のバランスの好さが FUJITO らしさなのだろうと思っています。

 

190411c

190411e

FUJITO – Crew Neck Pocket Tee
col : White / Top Grey
size : 1 / 2 / 3
price : 9,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

181115h

昨年の好評につきアゲイン、ARAN の SWD Parka が今年も入荷しました。
昨年もずいぶん遅い入荷でしたが、今年も遅い入荷でした。

 

181115a

スウェーデン軍のミリタリーパーカをベースに構築された ARAN らしい堅実なプロダクト。狙っているようで狙っていないので、着る人の解釈の仕方がさまざまでおもしろいアイテムです。

ある人はモッズパーカ、ある人はマンパ的アウトドア、ある人はバブアー的アウトドア、、

 

181115e

一体型フードで、着丈がしっかりあって、総裏の二重(ふたえ)、ウエストにコード、前ポケットが二重(にじゅう)構造、フロントダブルジップ、などなど、指摘しようと思えばポイントがいくつもあり、丁寧にディテールを積み上げていることが分かります。
細かなところから全体までを誠実につくりあげ、どう着る、ということに関しては完全に着る人に任せている感じが伝わってきて、潔さを感じます。

 

181115c

生地はロクヨンのグログラン。昨年とは微妙に違う生地になっています。
グログランとは、堅く、密に打ち込まれた平織りの生地となりますが、生地そのものはそれほど堅いものではありません。

 

181115f

181115d

181115g

カジュアルに着るもよし、シックに着るもよし。
着る人を選ばないのに個性はしっかりあるという、なかなか稀有なパーカコートではないでしょうか。

 

181115b

ARAN – SWD Parka
col : Black
size : 1 / 2
price : 42,000 (+tax)

 

181114h

comm. arch. の定番モデル Saddle B.B. は Fuzz には初登場です。
いかんせん、こういったシンプルなクルーネックのニットはインポートのものを優先させているので、なかなか出番がありませんでした。

今回はシャギードッグで出てきて、素晴らしい色合いと質感だったので発注しました。

 

181114i

181114f

やわらかなジーロンラムウールを素材とし、カシミヤ専門の紡績機によって通常の羊毛よりも細い繊維のみを集めて紡績した糸を使用。ふんわり感と繊細な肌触りが大きな魅力となるニットとなります。
さらに後加工として、チーゼルの実による起毛加工が施され、より一層のふんわり感が得られ、保温性を高めています。

素材、紡績、ニッティング、後加工、すべてにおいて妥協のない、国内産ニットの粋をきわめたニットウェアとなっています。

 

181114c

181114g

181114d

comm. arch. – Saddle B.B.
col : Alpine SheepSandalwood
size : 2 / 3 / 4
price : 20,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

181115i

SOUTIENCOL の Slip-On コートですが、昨日、ダークブルー(ネイビー)のみ届きました。
もう一色、ベージュの方は今週末になんとかなるか、ならないか、ということです。
ずいぶん前から問い合わせを多くいただき、全ての方に届いたらすぐにブログでご報告すると約束していたので、まずは速報というかたちでお伝えします。

きちんと写真を撮って、オンラインショップに掲載となると、ベージュが届いてから、またさらに少々お時間をいただくことになってしまいます。
それまでに何着残るのか微妙なところですが、季節もだいぶ進んできているので、ひとまず店頭販売を優先させていただきます。
着数が少なく、混乱の原因になりますので、恐れ入りますが取り置きなどはお受けできませんので、その点はご理解をお願い致します。

今シーズンはカラーの変更がありましたので、購入を決めていたという人も、まずは色合いを確認していただかなくてはなりません。ですから予約というかたちも難しく、なかなか難しいシチュエーションになってしまいました。

 

LINEで送る