New Arrivals.

161119p

FUJITO の新作コートが入荷しています。
いや実に格好いいコートです。

 

161119l

161119k

『Pコートのね、ボタンをシングルにしたとですよ』 とデザイナーの藤戸さんが言っていました。

前の打ち合わせはダブルの仕様ですが、ボタンは掛けるものだけの一列にして、すっきりした印象にしたということです。
これだけで印象は変わるもので、ずいぶんとオリジナリティを感じさせてくれる仕上がりになっています。

 

161119b

161119e

Pコートならではのディテールである大きな襟、ハンドウォーマーポケット(マフポケット)、錨(いかり)のボタン。
ベースは完全にクラシカルなPコートで、本格的であることを示すのは、面(つら)のきれいなウールメルトンと、長めの着丈です。

あまり厚ぼったいメルトンではなく、中くらいの厚さにしてフルライニングにしています。裏地や内ポケットなどもしっかりつくり込みが為されていて、FUJITO服の心地好いテンションを感じられます。

 

161119g

そして、いわゆる普及型の着やすいPコートは着丈を短めに設定することが多いですが、こちらはしっかり派。
さらにアウターとしてはぎりぎりまで細身にして、ウエストにもシェイプが入り、美しいシルエットで仕上げています。

ぎりぎりまで細身にすることで、ダブルのコートでも前をオープンで着てもガバガバせずに着やすく、たいへん雰囲気よく着こなすことができるのです。

僕自身着てみましたが、一番上までしっかりボタンを留めて、下二つを外して自分でAラインをつくって着る感じが気に入りました。襟はうまい具合にちょっと立たせて。
着方の幅も広く、自分なりのアレンジが利くのも嬉しいと思います。

 

161119i

161119o

161119m

161119n

さすがデザイナーズのデザイン、ただのPコートでなく、ただ者ならぬ気配を放ちつつ着るのも楽しいというコートに仕上げました。
Pコートという普遍的なアイテムだからこそ生まれるある種の “スタイル”、“ニュアンス” といった部分も強く感じられ、非常に魅力的なコートではないかと思います。

FUJITO – Single Pea Coat
col : Navy / Khaki
size : S / M / L
price : 55,000 (+tax)

 

求めている人は同じ感触だと思いますが、Pコートは毎シーズン探していて、なかなか KORE というのに出くわさないアイテムです。
今回はやったぞと思いました。

 

161118n

comm. arch. からもニットの新作が届いています。
ちょっと、いやだいぶ珍しいニットのジップアップベスト、着脱式のライニング付き、さらに、素材にこだわり極上の着心地を実現したケーブルのタートルネックセーター、2型です。

 

161118d

ダブルジップの仕様でフロントジップのニットベスト。
ブリティッシュウールとオーストラリアンウールを半々の割合でブレンドしたウールを素材としています。これは柔らかさと腰の強さという両方の特徴を生かした毛糸となっていて、腰の強さは空気の入る余地をつくり、柔らかさはゴワゴワ感を緩和します。

 

161118b

うっすらとボーダー柄のように見えるのは、キルティングのようなイメージで、大部分、生地が二重になっているのです。(太い畝の部分が二重です)

 

161118f

ファスナーは WALDERS という日本のものを使用。comm. arch. の別注です。

 

161118a

161118e

ふわふわのライニングは、アルパカを混ぜて柔らかくしています。
ボタンで付け外しができるのは、気温に応じて着脱して、できるだけ長い期間使えるようにという考えです。

 

161118g

161118h

アウトで、インで。
かなり手の込んだスペシャルなアイテムですが、意外と何でもアリで使うのが一番よく映るような気がします。

comm. arch. – Zipped Downy Vest
col : Night Ocean
size : 3 / 4
price : 29,000 (+tax)

 

161118i

こちらは見た目はシンプルなケーブル編みのタートルネック。
ですが、ごわごわでなく、ふわふわです。

 

161118j

ウールの繊維を厳選し、特別な紡績によってつくられたふんわり感を特徴とする毛糸を使っています。
Kei Macdonald でも同じような素材がありましたが、こちらも毛糸中に含まれる空気の量をできる限り多くできるようつくられたものです。この毛糸で編みたてると、軽くて柔らかく、肌触りも繊細というニットウェアに仕上がるのです。

 

161118l

トラッドでクラシックなケーブルニットを、上質な素材と高い技術によって現代版の内容に置き換えたようなセーターです。

しっかりあたたかくて、チクチクのないウールニットのセーターをお求めの方におすすめします。

comm. arch. – High Neck Fisherman’s Jumper
col : Coalmine
size : 2 / 3 / 4
price : 25,000 (+tax)

 

入荷が混み、連日ブログが長くて恐縮です。
ついついめんどくさくなって途中で読むのをやめたりなどあると思いますので、新作入荷の見落としなどご注意ください!
だいぶ前に紹介したものがちょうど今時分にちょうどよいなど、新しい発見もあるはずですので、いい頃合でさかのぼりチェックをお願いできたらと思います。

 

LINEで送る

New Arrivals.

161017e

FUJITO から新作入荷です。
ブランド定番モデル Hood Coat の秋冬ver. が登場です。

 

161017j

Fuzz ではたまたま春夏シーズンでの扱いが続きましたが、今シーズンにようやく秋冬シーズンのリリースに当たることができました。
秋冬向けはしっかり裏地が付いて、重厚な、いわゆるコートらしいコートのイメージとなっていて、春夏の軽やかなコートとはひと味違った魅力を感じさせてくれるように思います。

 

161017h

フードの付いたステンカラーコート、それが Hood Coat。
フードが付くことによって、トラッドな印象からかなりカジュアルな方面への幅が広がります。ある程度着るだけカチッと感が出てくるステンカラーコートを、少しだけ脱力させるような効果があるのはないでしょうか。

フードそのものは着脱が可能ですので、トラッドにキメたいときは外せば問題なしで、これはこれでベーシックなハンサムコートとして合わせていただけます。

 

161017d

生地はコットン+ナイロンの高密織り。見え方も美しく、防風性や撥水性もかなりのものとなっています。

 

161017i

今シーズンのマイナーチェンジとして、ポケットを2段構えにしている点が挙げられます。
デザイン的なアクセントとしてもさることながら、Pコートのマフポケットのようなかたちで、肘を張り出してポケットインするという “スタイル” におけるアクセントを狙ったものとなっています。
洋服好きでないと考えつかないようなアイディアがなんとなく嬉しいと感じました。

 

161017a

裏地の仕様もしっかりしていて、この部分も雰囲気をしっかりつくってくるところも服好きポイントでしょう。(Oliver もまさにそう)

 

161017k

FUJITO – Hood Coat
col : Navy
size : S / M / L

 

161018b

日本のニットブランド comm. arch. からも新作が入荷しました。
Tweedy Jumper と名付けられた素材感の妙が楽しめる “らしい” プロダクトです。

 

161018a

こちらはニュージーランド産のメリノウールを素材とし、極限まで度詰めで編んでからお湯で洗って縮みをかけたという生地が使われています。
『圧縮フランネルニット』 というらしいですが、要するに縮絨をかけているということでフラノ(フランネル)だと思っていただければいいでしょう。

この生地がツイードのような素材感になっているところが特殊で、さらにゲージの違う生地を組み合わせて完成させているところがたいへんに面白いポイントとなっています。

 

161018c

161018e

ボディと袖やリブ、エルボーパッチなど、ゲージの違う生地をクレイジーパターンで組み合わせています。
単色ながら、凝りに凝ったデザインであると言って差し支えないと思います。

comm. arch. – Tweedy Jumper
col : Blackout
size : 3 / 4
price : 20,000 (+tax)

 

161019a

suolo からは新型のレザーバッグ SAHARA が入荷しています。
こちら既に店頭に並べていますが、『いいね!』 と気が付いた人全員に声をかけられています。 (気が付かない人も大勢います)

 

161019b

ミニショルダーの kid のレザーver. を先日ご紹介しましたが、その兄弟のようなモデルと考えてください。
大きさ的にはだいだい中型と言えるような感覚の、使いやすいサイズのものとなっています。
ミニショルダーでは用が足りないかもという場合には、こちらが安心ではないでしょうか。

 

161019e

国産のレザーで縫製も国内ということで、質感もいい感じです。
かと言って、あまりジャパニーズな薫りが強くないところが Fuzz が好む suolo のいいところ。

 

161019d

161019c

suolo – SAHARA
col : Black / Dk.Brown
price : 26,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

160302d

comm. arch. より、春夏シーズン向けのコットンニットが入荷してきました。

真正面からのシンプルカーディガンは、新彊綿の14ゲージニット。
アメリカのスーピマコットン、エジプトのギザコットンと並んで世界三大コットンに挙げられる中国・ウイグル地区の新彊綿は、高級コットンと呼ばれるたまの資格としての繊維の長さと軽さを備えた超長綿です。
肌にはりつくようなしっとり感は、触ればすぐに分かっていただける素晴らしさです。

 

160302c

160302b

160302e

デザイン的には特に変わったことをしていない、完全に内容勝負のアイテムです。
ベーシックなコットンニットのカーディガンは、夏場の室内ニットとしても重宝する、今や普遍的なアイテムと言えるでしょう。

comm. arch. – Knit Side Up Cardigan
col : Cloud / Royal Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 17,000 (+tax)

 

160302h

こちらはワイドボーダー、ワッフルニットのクルーネック。
スリットが入って、ややカットソーライクといった印象です。

 

160302g

こちらも素材となっているコットンにはこだわり、たいへん質感のよいものになっています。
エジプト綿とアメリカ綿を掛け合わせてつくった特別な超長綿によるワッフルニットは、カットソーでは感じられない、ニットならではのやわらかでやさしいタッチを実現しています。

 

160302f

サーフニットのようなニュアンスもありつつ、さらりと軽快に着こなしたい雰囲気です。
ごわごわコットンのバスクシャツではちょっとラフかな、という人には、このニットをおすすめしたいと思います。

comm. arch. – Summer Belgium Waffle Long Sleeve
col : Cloud*Misty Morning
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

 

160301e

Ordinary fits からは、昨秋にひきつづき、Swing Parka が届いています。
コットンのタイプライター生地を製品染めしたシンプルでライトなパーカジャケットです。

 

160301b

160301c

ネイビーが継続で、新色としてベージュとカーキ。
絶妙なふんわり感が Ordinary fits らしいテイストです。
普段のカジュアルスタイルに気軽に羽織ることができるデイリーアイテムとしておすすめです。

Ordinary fits – Swing Parka
col : Navy / Beige / Khaki
size : 1 / 2 / 3
price : 18,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

明日3日(木)は、都合により、14時営業開始とさせていただきます。

3月3日(木) 14:00 – 21:00

ご来店の際にはご注意いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

LINEで送る

comm. arch. – Wool Knitwear.

151102a

新登場ブランド、comm. arch. をご紹介します。

●comm. arch.
2014秋冬から Joe Mc のディレクションによりスタートしたメンズニットウェアブランドです。日本国内紡績の糸を厳選し、現存する貴重なニットデザイナーや職人の連携(communication)によりニットウェア(architecture)が製作されています。素材、作り、プロセスにこだわり、全てが “Fully Fashioned” (成型編み) された、心地よく長く着られるニットウェアを作っています。comm.arch. のニットウェアコレクションは、いわば日本の “BORN KNITTERS” の集大成ともいえます。

ということで、国内のニットブランドです。
デザイナーの Joe Mc 氏は実は日本人で高橋さんと言いますが、セントラル・セントマーチンズ美術大学でニットの勉強をしていたという経歴の人物です。 そのイギリス留学時代のニックネームが 『ジョー・マック』 だったということです。
ヨーロッパで某ブランドのニット部門でデザインを担当したり、日本に戻ってセールスの仕事に方にまわったりと、いろいろな職歴を経て自らのブランドをスタートしました。

流行をほどよく取り入れつつ、基本的な立ち位置はベーシック系のクオリティ重視です。
素材やデザインの、日本のブランドならではの気の利き方に注目していただきたいと思います。

 

151102b

ワッフル編みのヘンリーネックセーター。

ワッフルなのでそれなりに厚みが出て、かなり暖かそうです。
ネックのスタイルがセーターでヘンリーというのも非常に新鮮です。

 

151102c

151102d

151102e

素材がバルキーで軽いのが特徴という南米ウール。
写真では伝わりにくいですが、これが軽くてソフトな編地になっています。
実際に暖かいということと、編地やヘンリーネックというちょっとしたひねりが利いていて、シンプルのなかでの面白さをもったアイテムではないかと思います。

 

comm. arch. – Waffle Knit Henry Neck Pullover
col : Coalmine
size : 2 / 3 / 4
price : 23,000 (+tax)

 

151102g

つづいてが Middle Neck Pullover。
メリノウールを素材とした肌触り抜群のやわらかな畔編みニットです。

ニュージーランドの山岳地帯で飼育されている高品質メリノウール、いわゆる “スーパーファインメリノウール” を素材とする、ごわつきのない、なめらかな肌触りのセーターとなります。

151102i

『ミドルネック』 となっていますが、着てみるとそれなりの高さがありますので、ハイネックと言っても間違いではないと思います。

タートルネックのロールして折り返す仕様でなく、はじめから二重のつくりにしていて、着込んでいっても伸び、ヨレを最小限にしたいということを意図しています。

 

151102l

151102f

素材がメリノなので繊細でやわらかい、ネックが二重のつくりである。
シンプルなデザインのベーシックなアイテムなので、ポイントがはっきりしています。
シンプルでいいモノ派のすべてのみなさんにおすすめです。

comm. arch. / Middle Neck Pullover
col : Blackout / Navy Jack
size : 2 / 3 / 4
price : 22,000 (+tax)

 

Fuzz では Knitchy、kei Macdonald につづく第3の国内ニットブランドです。
歴史を感じるようなトラッド系、クラシック系セーターはイギリス、フランスに任せ、国内ブランドに期待するのは、ちょっとした気配りや洋服としての新鮮さです。
どちらにも触れることで、双方の良さが引き立てば、というのが狙いなので、是非いろいろと物色してみてください。

 

LINEで送る