New Arrivals.

200205h

国内ブランドからの入荷が順調です。
まずは comm.arch. の新作パンツ。

 

200205j

オーガニックコットン素材、生地感抜群のワンタックパンツです。
ブランド定番のワイドゆるめテーパード型、ベルトレスでも穿ける仕様になっています。

 

200205a

全体にルーズなシルエットで、裾に向かってゆるめのテーパードを利かせた comm.arch.的定番シルエット。ワンタックをとっていることもあり、腰、尻、股まわりはかなりのゆとりがありますが、実際に感じるゆとりよりも、見た目のシルエットとしてはすごく太いという印象にはなりません。
太いパンツという範囲で、穿きやすい、合わせやすいというバランスがいい具合に着地しているように思います。

 

 

200205f

旧式の織機であえて遅いスピードで織り上げた生地は、通常より柔らかく、しなやかな質感に仕上がります。さらに表面加工によって微かに起毛感を持たせ、しっとりとヌメリ感を感じるような肌触りに仕上げています。

生地のウエイトはやや軽めといった程度で、オールシーズンより一段春夏側の生地厚です。

200205g

ベルトループは付いていますが、バックギャザーにサイドタブが備えられ、ベルトなしでウエストをフィットさせることも可能です。ポケットはすっきりデザインの仕様で、裾はダブルで仕上げられています。

 

200205b

200205i

comm. arch. – Organic Cotton Chino
col : Black
size : 2 / 3 / 4
price : 22,000 (+tax)

 

200206a

Ordinary fits からも新作パンツが入荷しています。
どうやらブランド的定番モデルの座を勝ち取った、Twist Pants が今季も登場です。

 

200206d

ラップパンツに近いかたちで、フロントに大きく斜めに入ったタックが特徴の、ゆったり急テーパード型イージーパンツ。
股上がかなり深く、サルエルパンツにも近いようなイメージです。

 

200206f

200206c

今季はデニム調の平織りコットン生地です。
だいたいオールシーズンと言えるウエイトで、多少軽いかな、と思える程度です。

 

200206g

特徴的なデザインとシルエットで、アクセントの利いたコーディネイトが楽しめるはず。
ここのところ、我々が関係するようなフィールドでは、目を惹くような鮮やかなカラーや模様などでのアクセントではなく、シルエットでのアクセントが主流になっているように思います。
ちょっとスパイスが欲しいかなという時などは、遊び心のあるこんなパンツがちょうどいいのではないでしょうか。

 

200206h

Ordinary fits – Twist Pants
col : Indigo / Black
size : 1 / 2
price : 14,000 (+tax)

 

LINEで送る

comm. arch. – Li Co Sweat P/O.

200202k

comm. arch. の新作のスウェットが届いています。
麻混じりの素材によるシンプルなスウェットです。

200202j

リネン+コットン素材で、裏パイルのスウェットをつくりました、というものです。
春夏らしいドライで通気性の好いスウェットを、というところから、なるべくリネンの配分の多い素材で試行錯誤が為され、麻60・綿40の割合で着地しました。
麻が多すぎると肌当たりが硬くなりすぎるため、綿を少しずつ増やして試してたどり着いた答えということです。
素肌で着ることも想定し、タッチはドライでも生地として柔らかくしたいということで、吊り編み機でゆっくりと編んでつくられた特別なスウェット生地となります。

コットンによるふんわり感ではなく、ドライタッチで涼やかな肌当たりが特徴となり、繊維に腰があるリネンならではの質感、そして発色の感じもまた新鮮です。

 

200202c

200202f

200202i

シルエットはゆったりで、ややオーバーサイズで着る設定となっています。分かりやすいビッグシルエットではなく、ひとまわり大きめに着るような感覚で、リラックスした雰囲気です。
見た目がシンプルなものはシルエットに変化をつけて、というのが今の感覚でしょう。

 

200202b

200202g

comm. arch. – Li Co Sweat Pullover
col : ChinoDeep Ocean
size : 2 / 3 / 4
price : 18,000 (+tax)

 

LINEで送る

comm.arch. – Densely Woven Poplin Coat.

200109b

comm.arch. の新作コートが届きました。

既にお知らせしていますが、ニット専業ブランドの看板を降ろし、トータルブランドとして展開を広げることになった comm.arch. ですが、では完全にニットから離れたアイテムとなると、どんなものをつくるんだろう?という期待は当然湧き上がります。
そんな期待にしっかり応えてくれるコートが、今季新型としてリリースされました。

 

200109e

200109d

シンプルです。
ニット同様、インポートブランドのような芯の太さがありつつ、国内的ムード、トレンドをきちんと感じながらつくっているといった印象です。芯が太いというのは、ベースになっているのがシンプルとベーシックであり、オリジナリティを求めるあまりの分かりやすいデザインやギミックに頼らないという意味で言っております。

 

200109j

文字通りシンプルかつベーシックなルックスですが、サイジング、シルエット、素材感、この調和によって、しっかりと 『comm.arch. のコートはこうです』 という主張が感じられます。

トラディショナルとトレンドの間の、このくらい位置ですよ、というのが心地好く、キメすぎず、でも今な感じの脱力感ありというバランスとなっています。

 

200109a

生地は国産の高密織りのコットンポプリン。2度のワッシャー加工によってあえて生地を波打たせ、着古したようなナチュラルな風合いで仕上げています。

 

200109g

ラグランスリーブで、裏なしの一枚仕立て、ややオーバーサイズ気味に設定して、ゆったりシルエット、ハーフコートとしてはわずかに長めと言える着丈。カジュアルなコートとしては、このバランスが心地好い、と思わせてくれるような雰囲気に仕上げられていると思います。

 

200109h

200109f

200109c

こういった 『がっちり着たいシンプルなコットンのコート』 というのは、どこにでもありそうで、実はなかなかしっくりくるものが見つけられないアイテムの典型なような気がします。普遍的なアイテムだからこそ幅が広く、つくり手やブランドのニュアンスがつきやすいのかもしれません。

ということで、秋冬のパンツもそうでしたが、comm.arch. のニット以外のアイテムも、力加減やバランス感覚がとてもいいぞ、という感触です。

 

200109i

comm. arch. – Densely Woven Poplin Coat
col : Beige
size : 2 / 3 / 4
price : 35,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

191203a

BRENA のウールのベストが入荷してきました。
丸襟、ジップアップのシンプルなデザインですが、意外と独特な存在感。玄人好みの渋いアイテムです。

 

191203k

しっかりしたウールメルトンにコットンの総裏地ですので、まず重厚感があります。そこへデザインは重過ぎずにさっぱりと。そのバランスが何かしらニュアンスを感じさせ、不思議な魅力をたたえています。

 

191203e

特徴的なディテールとして、丸襟ながらもチンストラップが付いていることが挙げられます。特別に実用性を向上させるものではないと思いますが、これがあることで不思議とクラシックな雰囲気に見えるから不思議です。
Barbour などのオイルのハンティングジャケットのインで着たいな、とか、急に妄想が広がります。

 

191203j

フロントはダブルジップ、サイドにさりげなく入るスリットもいい感じ。
ポケットは前の左右、内ポケット1つ。

 

191203b

191203g

191203l

さっぱりしているけど、なんとなく味があって、着こなしの幅も、奥行きも広げてくれるような気がしました。
こう着たいな、これと合わせたいな、などと自然と思わせてくれる面白さを感じさせてくれるのではないでしょうか。

 

191203c

BRENA – GILET CHAUD
col : Charcoal / Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 26,800 (+tax)

 

191202h

comm.arch. からはウールのあったかパンツが入荷しています。

 

191202f

191202a

ブランドとしては定番素材となるジーロンラムによるウールモッサ生地を使用。やわらかなジーロンラムを贅沢に使用し、表面を長い毛足で起毛させています。
このプロダクトも編地ではなく織地となっています。やはりボトムについては、基本的には織地の方がふさわしいと思います。

 

191202e

シルエットはゆったり太めで、裾に向かって緩やかにテーパードしています。ウエストはバックギャザーにドローコードのベルトレス仕様となります。

191202c

comm.arch. のボトムは、現状このシルエットのバランスが定型となっていて、適度なゆるさが心地好く、合わせやすさもあると好評を博しているということです。
なるほど、穿いてみるとゆったりでもなんとなく品のある太さで、なおかつ使いやすいバランスです。

寒い日用のエースとして、こういうパンツがあると心強いことでしょう。

 

191202i

comm. arch. – Geelong Lamb’s Easy Trouser
col : Deep ForestBlack Out
size : 2 / 3 / 4
price : 25,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

191117g

comm. arch. のニットが入荷しました。

ブランド定番の Saddle B.B. というクルーネックのミドルゲージニットです。昨年はシャギーしたものでしたが、今年はシャギーなしのスムースなタッチのものとなります。

 

191117h

191117a

やわらかなジーロンラムウールを素材とし、カシミヤ専門の紡績機によって通常の羊毛よりも細い繊維のみを集めて紡績した糸を使用。ふんわり感と繊細な肌触りが大きな魅力となるニットとなります。

ラムウールの最高峰、こだわりの紡績、そしてハンドフレーム。およそウール素材のミドルゲージニットとしては最高峰と言えるものになっていると思います。
Kei Macdonald の混紡毛糸での贅沢さとはまた違ったかたちで素晴らしいニットをつくりあげていると言えるでしょう。シンプルな単色無地で、まさしく内容勝負で挑む極上のベーシックニットとなっております。

191117d

191117b

質感もやわらかで素晴らしい肌触り、そして同じように色味もやわらか。comm.arch. のニットも分かりやすくハンドフレームならではの編みの上質さを感じていただけます。

 

191117f

comm. arch. – Saddle B.B.
col : Sandalwood / Deep Forest
size : 2 / 3 / 4
price : 19,000 (+tax)

 

191118a

こちらはおなじみ SAINT JAMES のマリンニット、CANCALE II。
クラシックアイテムの部類に入るであろう永久定番品です。

 

191118c

伝統的なヨーロピアン海のニット、そのフランスのスタイルです。詳しくは過去の記事を再掲します。

=================

フランスにおいて、海の人間が冬に着るニットとして、非常にトラディショナルなアイテムとなります。古くから漁師が着ていましたし、フランス海軍のユニフォームとしても使われています。

油分を残したピュアウールが素材となっていますので、質感としてはふんわりではなく、どっしりです。ふかふかで暖めるというよりは、もっと実用的な機能を求めたワークウェアな性格が強いというのが本質でしょう。風から守る、飛沫から守る、という船上などで実用的な性能を求められているということです。

そういうものをファッションに取り入れる という、ある種の 『スタイルで着る』 というアイテムであると言えるでしょう。ファッション的な細かいバランスよりも、自分のスタイルで着るということが大切であり、またそれが格好いい!と思えるニットウェアなのだと思います。

=================

 

191118d

僕も所有しておりますが、なんだかんだで毎年よく着るニットになっています。やはりスタイルがある、ニュアンスがある、というところが一番だと思っていて、どう着る、というところを楽しめるのがクラシックなアイテムならではなのでしょう。
アウトドア的アイテムだからこそ、ウールのスラックスと合わせたりというのが格好いいのだ、とずっと思っていて、そういうなんとなく上級者になれたような気がするという、ファッション的な楽しさを感じさせてくれる気がします。

 

191118f

SAINT JAMES – CANCALE II
col : Navy
size : S / M
price : 21,800 (+tax)

 

LINEで送る