DEFY BAGS – Cargo Hold.

170207m

久しぶりの入荷となりました、DEFY BAGS のトートバッグです。

Fuzz では少々珍しいと言えるアメリカのブランド DEFY BAGS。シカゴを拠点とする骨太のバッグブランドであり、素材から生産まで、こだわり抜いてつくられたタフで機能的なプロダクトは、なんとも言えない独特の魅力を備えます。

 

170207c

今シーズン選んだのは、大きめサイズのトートバッグです。
最もタフな素材と言えるであろうターポリンと、コーデュラのバリスティックナイロンのブラックカモ。どちらもちょっと他にない DEFY BAGS ならではの雰囲気で、工業的な薫りがしつつもやはり街に似合うような風情です。

 

170207j

ターポリンもブラックカモも、どちらも軍に納入するものと同じ資材です。ベルトの部分も軍仕様のシートベルトが使われていて、いかにも玄人な材料をハンドメイドで丁寧に組み合わせています。

 

170207a

170207i

170207g

170207f

このモデルに関しては、つくりとしてはシンプルで、構造的には凝ったところはありません。
特徴として、大ぶりサイズであること、口がスナップで閉じることができる、内部にポケットが一つ、着脱可能のショルダーバッグ用のベルトが付属する、といったところでしょうか。

 

 

170207e

ターポリンは軍用トラックの幌などに使われる資材で、耐久性、耐水性は最上級と言えるでしょう。ならではのマットな表面が洋服とうまく溶け込み、コットンやナイロンのキャンバス、あるいはレザーのバッグなどとはまた違った魅力があるように思います。

 

170207k

ブラックカモも実際に軍用に使われている素材ということで、そう言われないとファッション向けにつくられたものだと思うくらい、ファッショナブルに映ります。

軽量で耐久性に優れるコーデュラ社のバリスティックナイロンということで、ナイロンキャンバスの最高峰と言っていいような素材です。軍の特殊部隊用ということなので、やっぱりいいモノを使うのでしょう。

ブラックカモと言っても完全なモノトーンではなく、カモ柄に黒ずみをかけたような、深いダークトーンのカモフラージュという感じです。これがカモなのにワイルド系ではなく、むしろシティな雰囲気になっていて、ストリートだけでなく、モードな気配さえ感じとることができる気がします。

 

170207l

DEFY BAGS – Cargo Hold
col : Tarpaulin / Black Camo
price : 33,800 (+tax)

 

LINEで送る