FUJITO – Denim, Shirt.

190815a

FUJITO の定番、また看板アイテムでもあるデニムパンツ、”Thea” が入荷しました。
昨年の秋冬から一年、めでたく再びの登場となりました。

 

161001i

FUJITO というブランドはデニムからスタートしています。このモデルではない、501をベースとした Acer というモデルがまずはじめにつくられ、その少し後に505をベースにしたこの Thea というモデルが生まれました。
以来、この2つのジーンズはブランドの顔となり、定番アイテムとして継続しています。

“505” タイプの特徴、というより “501” との違いになるポイントは、ボタンフライでなく、ジップフライであること、それからシルエットがストレートではなく、スリムシルエットであることです。

ジャケパンスタイルなども含め、きれいに合わせたいと思い、Fuzz では “505”型の Thea をセレクトしました。

 

161001g

旧式の力織機でゆっくりと織られた 14.5オンスのデニム生地は圧巻です。
旧式の力織機というものは、織るのに時間がかかってしまい、また織りムラなどができやすいなど、一般的な意味でのデメリットのおかげで、近年ではわざわざ使うことが少ない織機ですが、デニムには、これでないと生まれない生地の風合いというものがあります。

不均一で柔らかく織りあがるデニムは、ヴィンテージのデニムの感覚と変わりませんので、無意識にヴィンテージをイメージして求めてしまう、デニムの質感や色落ちを実現するのです。

 

161001c

旧式力織機によって、ヴィンテージデニムと同様なレベルのデニム生地を使い、ステッチワークやリベット打ち等のディテールも含め、Levi’s を筆頭とするヴィンテージデニムを理想とし、それを再現するデニムのことを、属に 『プレミアムデニム』 などと呼ばれますが、このFUJITOのデニムは、半分はプレミアムデニム的であり、半分はデザイナーズアイテム的であるという、独特な立ち位置をとっていることが面白いです。

161001d

例えば Levi’s のヴィンテージデニムが道具(ツール)であるのに対して、やはりデザイナーズのブランドがつくるのですから、FUJITO のデニムはファッションアイテムであると言えます。
ヴィンテージデニムの好さを充分に活用しながら、バランスを微調整して、オリジナリティを組み入れ、、、
無造作なワークウェアの格好好さとは反対側、普通にファッション的に格好いいというところで成立しているアイテムかと思います。

 

161001b

小さなアクセントですが、セルビッヂのミミがピンクというのもオリジナル。

 

161001h

また、バックポケットをわずかに縦長にして、独自のバックスタイルにしている点は、実は大きな特徴となっています。

 

161001k

161001l

というわけで、しっかり風合いのあるヴィンテージのようなデニムを格好よく穿く、というのが FUJITO の Thea です。
ちゃんとした大人のデニムを穿きたい、でもアメリカンルーツのガチガチはどうも、、という感覚の人には特に刺さるのではないでしょうか。

FUJITO – Thea
size : 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / 34
price : 25,000 (+tax)

 

190815c

一年半近く穿いた僕の私物と並べてみるとこのような感じです。
やはり、それなりに洗いこんでいくとインディゴの青さが出てくるのが一目で分かります。

190815d

190815e

洗濯に関しては、僕はあまり洗わないタイプで、だいたいひと月に一度くらいです。
暑い時期には穿く頻度がかなり減るので、洗濯回数もさほど増えません。

 

161001m

藤戸さんはけっこう普通に洗うタイプで、『穿いたら洗う』 という感覚ということです。
そういう感覚で4年穿いたもの。

161001n

インディゴのデニムが使われて色落ちして濃淡をつくることに、どうしてこう惹かれるのでしょう。

 

170812a

さらに、シャツの定番、隠しボタンダウンのモデルで、こちらも再登場があります。
コットンにシルクを3%混ぜたオックス生地による “B.D. Shirt” です。

 

170812d

シルクが入ることで、ややごわつきが出て、独特な風合いになります。
非常に目の詰まったしっかりしたオックスの生地ですので、『透けにくい白シャツ』 という意味でも単独づかいがしやすく、おすすめです。

 

170812b

高すぎず、低すぎないハンサムな襟を隠しボタンダウンでしっかりキープ。ラフに着るなら、ボタンを外して着ればOKです。

佐賀・唐津のシャツ専門ファクトリーの手による、手縫いの袖付けもこのモデルの大きな特徴で、玄人好みするディテールとなっています。

 

170812c

FUJITO – B.D. Shirt *Cotton Silik Ox
col : White
size : S / M / L
price : 19,000 (+tax)

 

男の定番、デニムと白シャツ。
FUJITO さんは正面からがっちり取り組み、オリジナルな答えも提示できているように思います。
是非、お試しになってみてください。

 

LINEで送る

New Arrivals.

170524h

SOUTIENCOL より、半袖のリネンシャツが届いています。
“男の定番” 的ベーシック、単色ネイビーとブルーギンガムの Remake Polo です。

 

170524c

単色ネイビーは Canclini 社製のキメ細かなリネン生地の、製品染め Ver. となります。
ポロシャツのように気軽に着れるけど、美しいボタンダウンカラーのシャツである、という半袖リメイクポロ。無地のネイビー間違いないでしょう。

 

170524b

170524a

SOUTIENCOL – Remake Polo – H *Canclini Linen
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

170524g

ブルーギンガムの方は、今シーズンはじめての試みという “袖が長めの半袖” の Remake Polo です。
着こなしとして、袖を軽くまくるという着方をしたいという要望に応えたものです。

 

170524e

SOUTIENCOL – Remake Polo – Long H *Linen
col : Blue Gingham
size : 1 / 2 / 3
price : 15,800 (+tax)

 

 

170523a

Ordinary fits からも新作シャツです。
Vネックでカーディガンのニュアンスがありつつ、プルオーバーのシャツです、という面白いアイテム。

 

170523d

薄手コットンの布帛(シャツ地)ということで、スモックのようなニュアンスもあり、分類しようとすると難しいです。
こういう分類が難しい、でも実際いいとこ取りの実用性の高いアイテムづくりは、最近の Ordinary fits の真骨頂でもあるような気がします。
常にどこかでオリジナリティを求める姿勢というものに拍手を送りたいと思います。

 

170523c

ブランドが示すカラー分類は 『ライトグレー』 となるのですが、実際はオフホワイトというようなかなり薄い色です。

 

170523b

Ordinary fits – Talking Shirt
col : Lt.Grey
size : 1 / 2 / 3
price : 15,800 (+tax)

 

170525a

FUJITO の Explorer Shorts もオリジナリティという意味ではかなりのもの。
ポケットがたくさん付いていることが特徴的で、機能的なショートパンツです。

 

170525c

生地は今季の Mountain Parka と同じもので、ポリエステル+コットン素材の、ショーツとしてはしっかり感のあるものとなっています。
きちっとしたショーツスタイルが好みだけど、トラッド系でなくカジュアルフィールドで、という趣向の人におすすめです。

 

170525b

アウトドアスポーツとワークのテイストをミックスしました、というのがこのショーツの試みで、独特のニュアンスになっていると思います。

シルエットはややコンパクトですっきり型、スマートなスタイルとなりますが、アウトドア仕様の股ガゼットが入り、動きやすさが考慮されています。

 

170525d

すっきりスマートに着こなせて、ポケットが多くて動きやすい、というなかなかない独自のショーツに仕上がっていると思います。

 

170525f

FUJITO – Explorer Shorts
col : Beige
size : 30 / 32 / 34
price : 16,000 (+tax)

 

170526c

Vincent et Mireille からも、Tシャツのような、シャツのような、スモックのような、という面白アイテムが届いています。
昨年の好評を受けてのアゲインですが、今季はブラックのリネンとなります。

 

170526d

半袖のクルーネックのリネンシャツ、襟なしシャツ、リネン素材のシャツ地のTシャツ、、
どういったら一番しっくりくるのか分かりません・・・

とにかくスモックのようなニュアンスがあって、簡単に着れるけど変化はあってつまらなくない、そしてシンプルである、こういうアイテムが今の気分ではないでしょうか。

 

170526a

襟の脇にボタンが二つ、裾サイドにはスリット、トータルのテイストはマリンです。

170526b

Vincent et Mireille – No Collar Pocket Shirt
col : Black
size : 40 / 42
price : 9,500 (+tax)

 

170526j

こちらも Vincent et Mireille で、定番モデルのワンタックのイージーパンツを、CoolMax のシアサッカーで。

170526i

ややゆったり程度の、細からず、太からずのシルエットに、ドライタッチの薄地シアサッカー。
CoolMax で、シアサッカーで、しかもストレッチも利いて、と快適な要素が詰まったイージーパンツです。暑くなってもショートパンツを穿かないという人達におすすめしたいです。

 

170526g

Vincent et Mireille – One Tuck Cotton Easy Pants
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 13,500 (+tax)

 

週末から晴れて暑くなるみたいなので、商品紹介をたくさんにしました。
じっくり物色してください!

 

LINEで送る

New Arrivals.

170503b

Yarmo のオフィサーショーツが入荷しました。
ブロードアローマークが目印の “ADMILAL” ラインのアイテムとなります。

 

 

170503a

“ADMILAL” ラインとは、実際にメーカーとしてミリタリーウェアの納入も行っていたという背景を生かし、ブロードアロー(英国官有品を示す国防省のオフィシャルのマーク)のラベルを付けて、ミリタリーテイストの強いアイテムを展開するシリーズです。

このオフィサーショーツというモデルも、グルカショーツやロイヤルネイビーのショーツなどと同じ系譜のショートパンツと言っていいでしょう。
知っている人から見ればイギリス軍の薫りが強く、また知らない人から見ても、なんとなく他と違うミリタリーテイストがありながらもやけにポップ、という魅力的なアイテムではないかと思います。

 

170503e

タックが2つ入り、シルエットはたっぷりです。
股上もしっかり、裾も絞りはなし、という独特のミリタリーショーツ的なバランスです。
前留めはタブのかたちになっていて、深めのボタンフライ、サイドにアジャスターが付いていますので、これを絞ればベルト無しでも穿くことができる仕様になっています。

素材は 『やや薄め』 くらいのミドルウエイトのコットンツイル、ヴィンテージのロイヤルアーミーのウェアを想起させるキャメルブラウンのタンカラーがまた絶妙です。

 

170503f

170503d

170503c

Yarmo – Officer Shorts
col : Tan
size : 44 / 46 / 48
price : 23,000 (+tax)

170504c

FUJITO からは新作の半袖シャツが入荷しています。
襟がポロシャツの襟のようにニットリブになっている、シンプルながらもちょっとだけひねりを加えた “らしい” 雰囲気のシャツです。

 

170504b

ボディの方は、まあまあ厚みがあって、ザラザラとネップ感のあるしっかりした生地です。襟の素材と色がそれなりに印象的なアクセントになっていて、シックな雰囲気のままデザインの強さを感じます。

 

170504a

170504d

背中をインプリーツのボックスプリーツが縦断しています。身体を動かす際に窮屈にならないよう、ゆとりをとっておくというシャツのディテールです。

170504e

FUJITO – Rib Collar Shirt Short Slv.
col : Navy
size : S / M / L
price : 16,000 (+tax)

 

170505f

Vincent et Mireille のスウェットTee、なんとなく気分のアイテムです。

 

170505b

裏パイルの一般的なスウェット地に、襟のVガゼット、裾のリブ、基本的にはわりあい標準的なスウェットTee と言っていいと思いますが、昔からあるゴリゴリのそれではなく、ほんの少しだけゆったり感があるようです。
さらに、サイドの部分にもリブ生地を使っていますので、着やすさがアップしていると思います。

 

170505e

170505d

170505a

170505c

Vincent et Mireille – Crew Neck Sweat Short Slv.
col : Grey / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 8,500 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

ゴールデンウィークは満喫できているでしょうか?
Fuzz は例年通り、GW直前と前半が賑わい、後半に入ってきて徐々に落ち着いてきて、今日などは普段の平日かと思うほど静かなものでした。

明日6日・土曜が普通の営業(12:00-20:00)となり、7日・日曜が休業となりますのでご注意ください。

ご来店もそうですが、通販のご注文における日時指定に関しましても、ご留意いただけますよう重ねてお願い申し上げます。

陽気が好くて、本当に気持ちの好い季節ですね~

 

LINEで送る

New Arrivals.

170412c

FUJITO より新作入荷です。
ブランド定番の Tapered Trousers、Fuzz には初登場となります。

 

170412b

コットン80、リネン20の綿麻素材。高級コットンと言われるピマコットンとフランダースリネンが素材として混紡されています。

ピマコットンのやわらかさ、フランダースリネンの腰、光沢、ムラ感、特徴がうまく交じり合い、非常に上品な質感と見た目になっています。
どちらの素材も洗濯に強く、洗い込んで素材の好さが増してくるという性質がありますので、そこも大きな魅力と言えるでしょう。

地厚は春夏シーズン適応の 『やや薄地』 です。

 

170412a

モデルの特徴としては、その名の通り、テーパードシルエットが挙げられますが、これはきついテーパードの特徴的なシルエットを指すわけではありません。
股はゆったりしているものの、裾はそれほど細くありませんので、全体としては、『ゆったり感のあるスリム型』 という感じです。

また、ステッチを極力減らして、よりエレガントなルックスに、ということも大きな特徴となっていて、今回のこの上質なファブリックと相まって、非常に上品な雰囲気での仕上がりとなっています。

 

170412d

FUJITO – Tapared Trousers
col : Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 22,000 (+tax)

 

170410d

BASISBROEK の Bravo は昨年の好評を受けてのアゲイン。
昨年はブラックでしたが、今年はネイビーでのご用意となります。

 

170410a

深い股上に、ゆったりした股まわり、裾をギュッと絞って、アンクル丈、という個性的なシルエット。
ストレッチを利かせた独特のサマーウールの質感と相まって、モードの気配が漂う独特の雰囲気です。

これが、ウエストがゴム+コードのイージーパンツですので、気軽に穿けるタイプのパンツとなります。

 

170410b

てろんとした質感とマットな光沢感で、他にはない雰囲気となっています。

 

170410c

BASISBROEK – Bravo
col : Navy
size : 3
price : 16,000 (+tax)

 

170411a

イタリアのカットソーファクトリー、GICIPI の新作は、鹿の子ハイネックTee というおもしろいアイテムです。

ニットの編み機で編んだのではないかと思えるほど柔らかくて伸縮のある鹿の子生地となり、着心地の方もかなりのものとなっています。

 

170411b

170411d

ハイネックの半袖Tee というのもなんだか新鮮で、ちょっと上品な雰囲気です。
どちらの色も、生成色の糸との2色づかいで編んでいますので、ペッタリした色調でなく、深みのある色合いになっていることも特徴です。

 

170411e

トータルでは、なんとも品の好い、ヨーロッパの雰囲気かと思います。

GICIPI – Pique High Neck Short Slv.
col : Beige / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 5,500 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170312g

みんな大好き、謎のブランド、フロムUK。
First Standard のスウェットアイテムをご紹介します。

 

170312d

●First Standard
デイリーに着ることができあるアウトドアウェアをテーマに、2016年、イギリス北部のエジンバラで立ち上げられたブランドです。
オーセンティックなデザインにモダンなエッセンスを加えたコレクションは、現代のイギリスの空気を感じさせます。素材選びから生産に至るまで、それぞれのアイテムをイギリス国内の適した生産地及び工場とコラボレーションしてつくられています。

 

今シーズンよりスタートしたイギリスのブランドなので知るはずもなく、かなり小さなブランドですので得体の知れない部分もあります。
そういう意味では先入観なく、純粋にプロダクトを見ての判断となります。
意外性あり、面白味あり、とてもいいと思いました。

 

170312a

見る人が見れば、イギリス系のフィッシャーマンのスモックシャツを彷彿とさせると思いますが、これがスウェットです。

そんなことなどどうでもいいという人が見れば、けっこうかわいらしいスウェットで、これがイギリスもの?という感覚ではないでしょうか。

いずれにしても、何かを感じさせてくれるプロダクトではあると思います。
もちろん、意外性などだけでなく、着てみるとけっこういけます。

 

170312c

フロントのポケットだけでなく、襟の両脇に付くガゼットがさりげなくフィッシャーマンシャツのディテールです。

裏パイルの薄からず、厚からず、やや軽めと言える標準的なスウェット生地となります。

First Standard – Fisher
col : Navy
size : S / M / L
price : 10,800 (+tax)

 

170312e

同じ生地でもう一つありまして、こちらはヘンリーネック。
スウェットでヘンリーネックということだけでも珍しいところですが、シルエットがゆったりめ、プラスかなり着丈を短くしてあり、独特のバランスです。

 

170312f

着丈はけっこう短いのでお気をつけください。
Sサイズは女性の方が合うかもしれません。

First Standard – Henley
col : Navy
size : S / M / L
price : 9,800 (+tax)

 

170315d

イタリアのトラウザー専門ファクトリー、Riccardo Metha のパンツが入荷しました。

昨秋に1型展開していますが、好評につき継続です。
今回は、ブラックで2タックのテーパードパンツとなります。

 

 

170315c

タックが入ることで股まわりがそれなりにゆったりして、裾に向けてゆっくり細くなるテーパードシルエット。
それなりにすっきり見えるシルエットですが、細身とまでは言えないような微妙な太さです。

 

170315e

生地は前回とまったく同じで、ミドルウエイトのコットンツイルです。
どんな季節と言えないような、まったくのオールシーズンファブリックと言っていいでしょう。

 

170315b

170315a

トラウザーのファクトリーということで、生地もつくりも良く、何より上品な仕上がりです。
普通とはちょっと違ったニュアンスのチノパンという狙いで、かなり面白いのではないかと思います。

Riccardo Metha – Two Tuck Cotton Trouser
col : Black
size : 44 / 46 / 48
price : 18,000 (+tax)

170316b

FUJITO の Record Shop Bag はキャンバスで2色、ブラックとオリーブです。

ちょうどレコードサイズの簡単なバッグで、グリップができて、折りたたんでクラッチでも使いましょうというものです。

 

170316d

170316f

170316e

シンプルで簡単なつくりですが、何となく好ましさを感じるグッド・プロダクトです。

FUJITO – Record Shop Bag
col : Black / Olive
price : 6,500 (+tax)

 

 

LINEで送る