New Arrivals.

190506b

新作いろいろ入荷していまして、まずは comm.arch. から。
リネン素材の半袖シャツをご紹介します。

 

190506a

ある意味で、ブランドの歴史の転換点になるアイテムと言えるかもしれません。というのは、このシャツ、初めての布帛(織り生地)の製品となるからで、『ニット専門』 ブランドとして展開してきた comm.arch. の新境地になるからであります。

これまでは、『ニットブランドがつくる編地のシャツ』 というスタンスでしたが、今回のシャツはストレートに 『シャツ』 です。一つ枠組みを外して、トータルなブランドとしてより自由なスタイルに変貌していく予感を感じます。

comm.arch. は、素材や色にこだわる匠的な基本姿勢をみせつつも、しっかりと “今” の空気を感じながらものづくりをするブランドさんです。質感からデザイン、空気感なども含めてのバランス感覚に長けていますので、ニットというアイテムに縛ることなく、是非いろいろなアイテムをリリースしていってほしいと思います。

 

190506c

フレンチリネンを素材としていますが、これはブランドとしては定番の素材で、これまでも春夏のニットに使っているものです。それを織機用に細く紡績して、柔らかさを保ちつつ、透けないよう度詰めで織っていますという生地となります。

 

190506e

シャツとしてはややオーバーサイズ気味にゆったりシルエットでつくられたオープンカラーシャツとなります。
絶妙に渋い色目、かつ涼やかさのある素材感。渋さと開放感が同居した開襟シャツとなっております。

 

190506d

comm. arch. – Linen Open Collar Shirt
col : Mud Brown
size : 2 / 3 / 4
price : 18,000 (+tax)

 

190504k

Oridinary fits のニットポロシャツ。
オーバーサイズのゆったりしたニットポロはなかなかないところで、オーディナリーらしいふんわり感と丸みのあるシルエットが健在です。

 

190504g

190504f

ハイゲージのコットンニットで、肌触りもよく、ルックスも上品。
しかしそれをゆるっと着るというのが、これまでにはあまり無かったのかもしれません。

 

190504c

襟まわりも好印象です。

 

190504i

190504a

 

190504h

Ordinary fits – Polo Knit
col : Beige / Black
size : 2
price : 12,000 (+tax)

 

190505c

最後は FUJITO のニットTシャツ。

 

190505d

クルーネック、ちょっとゆるめのシルエット。やはりニットならではの品の好さと、肌触りの好さが魅力で、色合いやシルエットなど、着た時のしっくりくる感じが国内の信用できるブランドならではのものかと思います。
ちょっとしたアクセントが感覚的に具合が好いと感じられ、何がどう、ここがこう、ということでもなく、感度がいいなという感じでしょう。

 

190505e

190505b

190505

190505a

FUJITO – Crew Neck Knit T-shirt
col : Khaki
size : 1 / 2 / 3
price : 10,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

5月11日(土) 19:30 – 21:00
NKH BSプレミアム
シルクロード・美の回廊Ⅱ 『”微笑み” がきた道』

たしかな筋からの必見情報です。
中宮寺の半跏思惟像は仏像ファンには有名ですが、その微笑みのルーツを辿っていくという番組ということです。

僕が仏像が好きというのを知っている人で、実はこの番組をつくった張本人の方からおすすめされました。
世界のすべては混ざっている、いろいろなものが交わって文化が形成されている、ということがよく分かる内容になっている、みたいなことを言っていたかしら。
多様性に疲れた末、過度なナショナリズムへ走る傾向にある現代への、ある種のアンチテーゼになっているのではないかという、裏テーマも裏話的に教えてもらえました。

本当の意味での教養とは、知性とは、などといったことが、今の時代に改めて必要になっているのではなかろうかと、この不健全になりつつある社会を傍観して思っているところですから、こういった文化度の高い番組こそ、根絶やしにされないようしっかり視聴していかねばなりますまい。

そんなことを書いていたらまた思い出しました。
そうした混沌とした社会のなか、わが国は新しい元号 “令和” で新しい時代の予感を感じているところですが、別のお客さんでこんな本を書いている方がおられます。

『〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか』

社会学者というのか分かりませんが、専門は哲学系というようなことも言っていたか、どちらにせよそういう立場から、平成という時代を総括した内容です。
ややアカデミックな気配が強まりますが、興味のある人も多いと思います。是非読んでみてください!

 

LINEで送る

New Arrivals.

190412k

comm.arch. から新作のカットソーが入荷です。
いつものように、独自の素材やデザインによって構成される唯一無二のプロダクトです。

 

190412d

190412i

ワイドシルエット、クルーネックのカットソーですが、やはりひとひねり有り。
薄地の生地が2枚重ねにしてあり、通常折り返して縫う縁の部分のステッチがことごとく見えないというつくりになっています。

 

190412b

素材は高級インド綿、これを極細番手の強撚糸にして、度詰めの天竺で編みました、という生地が使われています。

そして、これがただものではありません。
まず気が付くのは色の好さ。素材がいいと色もいい。
続いてシャリっとしたドライなタッチ。これは暑い季節にありがたい肌離れの良さにつながります。
次に美しいドレープ。きめ細かい生地ゆえに波打ちがきれいです。

自然、薄地となりますので、透けの心配がないよう、もう二重にしてしまおうということになり、さらにその際にステッチが表に出ないような仕様にしています。

 

190412c

袖と裾の縁の部分にシームが見られないことにより、ルックスはミニマルでシック、上品な雰囲気がさらに増します。

やや肩を落とし、ゆったりシルエットで、サイドに小さなスリットが入ります。デザイン的にも一枚で着やすいバランスになっていて、透けを心配しての重ね着いらずと相まり、迷いなくさらりと着れる気楽さが嬉しいです。

 

190412l

comm. arch. – Double Layered S/S Tee
col : SandMud Brown
size : 2 / 3 / 4
price : 12,000 (+tax)

 

190411j

FUJITO からもカットソーの入荷です。
こちらはヴィンテージのTシャツをモチーフにして再現した、ベーシックなポケットTシャツとなります。

 

190411a

190411i

シルエットはスタンダード、目を惹くのは斜行した胸ポケット。
生地は表情豊かなスラブ調の厚地生地で、こちらも透けの心配がほとんど無いでしょう。通常は厚地にすると重たくなりますが、化繊が混紡された生地となりますので、見た目より軽いのが大きな特徴になっています。

 

190411b

190411h

以前は FUJITO のカットソーは Filmelange に依頼したものでラインナップされていたのですが、それも数シーズンお休みがあり、今シーズンから新たにオリジナルの新仕様で再開されたアイテムとなります。

男っぽさを感じる骨太なTシャツというイメージがありつつも、実は適度に力が抜けている、という印象を受け、自然というか、しっくりくるというか、実質的な、トータルな意味合いでの着やすさがあるように思います。
その辺のバランスの好さが FUJITO らしさなのだろうと思っています。

 

190411c

190411e

FUJITO – Crew Neck Pocket Tee
col : White / Top Grey
size : 1 / 2 / 3
price : 9,000 (+tax)

 

LINEで送る

FUJITO – Shirts.

190209q

FUJITO の新作シャツをご紹介します。
ちょっと季節的に先取り感が否めませんが、感覚的に着たい!と思わせてくれるシャツたちです。

 

190209b

昨年新たに加わったジップアップシャツというモデルを、今季はコードレーンで。
ハーフジップでゆったりしたシルエットが特徴となります。

 

190209c

190209d

凹凸感のある生地なので、肌当たりが爽やかで、春夏の素材と言われています。さほど地薄でもないので、わずかながらジャケット的なニュアンスもあるような気がします。

ありそうでないバランスのシャツではないかと思います。

 

190209a

FUJITO – Half Zip Shirt
col : Charcoal Stripe
size : 1 / 2
price : 19,000 (+tax)

 

190209e

ブランド定番のビッグシルエットシャツ。
このビッグシルエットシャツは、しっかりビッグシルエットなので、今シーズンはサイズ展開を一つ下げて、0と1ということにしました。いや実は0というサイズがこのモデルにだけあったことを今回知ったのでした。

 

190209i

生地は薄手の綿麻素材、グレーのヘアラインストライプです。
デザイニングなシャツにクラシックな風情の生地をあてこむことで、良さが引き立ちます。

 

190209h

190209j

FUJITO – Big Silhouette Shirt
col : Grey Stripe
size : 0 / 1
price : 19,000 (+tax)

 

190209o

こちらも薄手綿麻のグレーチェック、やはりトラッドな薫りのする色柄です。

ビッグシルエットシャツの特徴は、レギュラーカラー、フレンチフロント(裏前立て)、背面がプリーツではなくギャザーの仕様になっている、といったところ。清潔感と軽さが強調されるようなディテールワークになっていて、ゆるいシルエットを上品に着ることができるよう配慮されています。

 

190209n

190209k

FUJITO – Big Silhouette Shirt
col : Grey Check
size : 0 / 1
price : 19,000 (+tax)

 

春夏らしい季節感のあるシャツなので、もう少し暖かくなってからご紹介しようと思ったのですが、早耳のお客さんからの問い合わせが多く、早めに投入という運びとなりました。
今日あたりは寒さが和らいだ日になりましたので、今後はリネン素材のアイテムなどもどんどんご紹介していこうと思います。

新シーズンの盛り上がりが、いよいよ、という段階になってきました。

 

LINEで送る

New Arrivals.

190108m

FUJITO の新シーズンもスタートです。
まずはお問い合わせも多かったワイドスラックス、3シーズン目の入荷です。

 

190108n

ちょうどいい太いパンツ、やりやすい太いパンツ、店頭でもさまざまな意見をいただきつつ、しっかり評価が定まってきた感があります。
普段細いパンツをメインに穿いている層からも評価が高く、そういう状況を踏まえれば、『ワイドシルエットの一つのスタンダードになりうるのではないか?』 というところまで言えるような気さえします。

 

190108i

インプリーツのワンタックにやや短丈の裾 5 cm ダブル、スナップボタンのボタンフライはミリタリールーツか。ファブリックは中厚地でウエイトしっかりめのコットンサージ、強めの洗いをかけて部分的な小さなアタリも見られます。

―― というのがアイテムのディテールで、総合的には、適度にパリッとしていて、でも堅苦しくなく、という着地点になっており、気軽に気持ちよく着合わせができる雰囲気です。

 

190108f

190108g

190108a

今シーズンは先々シーズンから再登場のネイビーと、新色のチャコールの2色展開です。チャコールはアイアングレーといった雰囲気の色味で、やはりこれも使いやすそうです。
通年定番のアイテムとして位置づけられていますが、生地はしっかりめですので、どちらかというと夏以外の3シーズンという印象です。もちろん、今時期も問題なく穿けてしまいます。

 

190108j

FUJITO – Wide Slacks
col : Charcoal / Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 20,000 (+tax)

 

190107r

つづいて新作のシャツコート。
スタンドカラーでゆったりワイドなシルエットが特徴の、FUJITO らしい雰囲気のアイテムです。

 

190107m

190107d

肩がドロップして、身まわりもたっぷりめとなりますので、ゆるい雰囲気で羽織っていただくイメージです。

 

190107q

生地はしっかりしたシャツ地となり、軽やかな印象ではありますが、ふわふわしたものではありません。
トータルで見ると、なんとなくラウンジコートのような使い方もできそうで、かえって季節感のないアイテムと捉えてもいいと思います。
解釈を限定せず、使い方によってさまざまな可能性があると思いますがいかがでしょうか。

 

190107h

190107o

190107i

FUJITO – Shirt Coat
col : Khaki / Navy
size : 1 / 2
price : 24,000 (+tax)

 

190802j

そしてこちら、久しぶりとなってしまいましたが、SOUTIENCOL の定番の白オックスも入荷しております。

SOUTIENCOL – San Francisco *Ox
col : White
size : 1 / 2 / 3
size : 15,000 (+tax)

 

LINEで送る

FUJITO – Shirts.

180903r

FUJITO の新作入荷、シャツが2型届いています。
デザイナーズならではの、ちょっとひねりの利いた、一筋縄でないデザイン・ディテールのシャツたちです。

 

180903t

今季新型のレースアップシャツ。
ベースは先シーズンに出てきたジップアップシャツのボディをつかっていて、ネックまわりをアレンジして別モデルとして生み出されました。

 

180903d

 

なんとなくヴィンテージとかアンティークなどといった色彩をもつレースアップというディテールですが、絶妙な力加減で取り入れられ、アクセントとしてしっかり映えているように思います。
クセの強さをうまく消化して、すっと着れるバランスになっているのではないでしょうか。

 

180903l

肩を少し落として、ゆったりしたシルエットが絶妙です。オーバーサイズとかビッグシルエットまではいかないところで設定されています。

 

180903b

生地はコットンのオックスでしっかりです。
他のディテールとしては、サイドにポケットが、バックにボックスプリーツが備えられて、より着やすくなるような配慮が為されています。

 

180903i

 

地味にインパクトはありますが、古い服を連想させるからでしょうか、奇抜な感じはまったくないと思います。
ある筋の人に向けたというわけでなく、普通の感覚で楽しめると思いますので、是非トライしてみてください。

 

180903e

FUJITO – Lace Up Shirt
col : Khaki / Navy
size : 1 / 2
price : 19,000 (+tax)

 

180903s

こちらは定番のビッグシルエットシャツ。
先日、これをアレンジした後発モデルのビッグシルエットワークシャツをご紹介しましたが、『ワーク』のないさっぱりした味付けが特徴の先行オリジナルモデルがこちらです。

 

180903p

キリッとしたレギュラーカラーに、前立てなし(裏側にある)のフレンチフロントという、クリーンなテイストでの味つけとなり、クールな印象が際立ちます。
さっぱり、シンプルな分だけ、オーバーサイズのビッグシルエットの特徴のみがクローズアップされ、かえって味のある、独特な雰囲気をただよわせることになっています。

 

180903o

生地はハリのあるコットンブロード。クリアなグレーカラーもクリーンなイメージにひと役かって、さらっと着流すだけで、何か引き算の上手なスマートなスタイルが出来上がるような印象を与えます。

 

180903q

180903m

特徴的なシルエットですから一枚で充分主役になりえますが、うまくレイヤードして、脇役として働かせることで、さらにセンスの好さが浮かび上がるような気がします。

 

180903n

FUJITO – Big Silhouette Work Shirt
col : Indigo Blue
size : 1 / 2
price : 17,000 (+tax)

 

LINEで送る