FUJITO – Jacket, Shirt.

170107i

FUJITO より、春の新作が届いています。
まずは春に向けて、マウンテンパーカ。

 

170107f

ポリエステルをメインにしたしなやかでマットな質感のグッド・ファブリックを用い、FUJITO流のディテールワークで固めたスタイリッシュなマウンテンパーカです。

いつもの通り、オーセンティックなアイテムをフォーマットにして、生地選定と細やかなディテール、そしてデザイン、シルエットでファッションアイテムに昇華しています。
マウンテンパーカと言っても、あくまでアウトドアブランドではなくファッションブランドでありますから、“山” なのはニュアンスにとどめ、シティ、もしくはストリートなアイテムとしてスタイリッシュに仕上げています。

 

170107a

170107e

170107b

170107c

170107g

生地はゴワッ、ゴリッとしたいかにもアウトドア的なものではなく、しんなりしていながらがっちりしているような質感です。

ポケットがたくさん付いていますので、外出手ぶら派にはポイントが高いはず。ツールアイテムが持つような機能性、実用性も必要充分しっかり備えています。
尚かつ、ファッションアイテムならではと言えるしっかりしていて美しい裏地の仕様があり、実は独特なバランスで成り立っているレベルの高いジャケットであるというのが僕の評価です。

 

170107d

FUJITO – Mountain Parka
col : Beige
size : S / M / L
price : 36,000 (+tax)

 

170106f

春に着たいような雰囲気の新しいシャツも届きました。
こちらは数シーズン定番として継続しているビッグシルエットシャツというモデル、初めてセレクトしてみました。

 

170106b

170106a

ぼわっとボリューム感があり、肩を落としてゆったり着るシルエットとなります。
クラシックなシャツも得意ですが、カジュアルブランドですので、こういうシャツもやっています。

 

170106d

生地は薄めでシャリっとしたコットンのロンドンストライプ。柄としては非常にオーセンティックなもので、メンズ全般好きな雰囲気のものだと思います。

 

170106e

より量感を出していくため、バッグギャザーのつくりになっています。トラッドな印象の柄ですが、ここでグッとカジュアル感が出てきます。

 

170106g

ルックブックではタックインスタイルでした。
リラックス感を演出するというくらいの、適度な着崩しという印象です。

FUJITO – Big Silhouette Shirt
col : Navy Stripe
size : S / M / L
price : 17,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

161119p

FUJITO の新作コートが入荷しています。
いや実に格好いいコートです。

 

161119l

161119k

『Pコートのね、ボタンをシングルにしたとですよ』 とデザイナーの藤戸さんが言っていました。

前の打ち合わせはダブルの仕様ですが、ボタンは掛けるものだけの一列にして、すっきりした印象にしたということです。
これだけで印象は変わるもので、ずいぶんとオリジナリティを感じさせてくれる仕上がりになっています。

 

161119b

161119e

Pコートならではのディテールである大きな襟、ハンドウォーマーポケット(マフポケット)、錨(いかり)のボタン。
ベースは完全にクラシカルなPコートで、本格的であることを示すのは、面(つら)のきれいなウールメルトンと、長めの着丈です。

あまり厚ぼったいメルトンではなく、中くらいの厚さにしてフルライニングにしています。裏地や内ポケットなどもしっかりつくり込みが為されていて、FUJITO服の心地好いテンションを感じられます。

 

161119g

そして、いわゆる普及型の着やすいPコートは着丈を短めに設定することが多いですが、こちらはしっかり派。
さらにアウターとしてはぎりぎりまで細身にして、ウエストにもシェイプが入り、美しいシルエットで仕上げています。

ぎりぎりまで細身にすることで、ダブルのコートでも前をオープンで着てもガバガバせずに着やすく、たいへん雰囲気よく着こなすことができるのです。

僕自身着てみましたが、一番上までしっかりボタンを留めて、下二つを外して自分でAラインをつくって着る感じが気に入りました。襟はうまい具合にちょっと立たせて。
着方の幅も広く、自分なりのアレンジが利くのも嬉しいと思います。

 

161119i

161119o

161119m

161119n

さすがデザイナーズのデザイン、ただのPコートでなく、ただ者ならぬ気配を放ちつつ着るのも楽しいというコートに仕上げました。
Pコートという普遍的なアイテムだからこそ生まれるある種の “スタイル”、“ニュアンス” といった部分も強く感じられ、非常に魅力的なコートではないかと思います。

FUJITO – Single Pea Coat
col : Navy / Khaki
size : S / M / L
price : 55,000 (+tax)

 

求めている人は同じ感触だと思いますが、Pコートは毎シーズン探していて、なかなか KORE というのに出くわさないアイテムです。
今回はやったぞと思いました。

 

161118n

comm. arch. からもニットの新作が届いています。
ちょっと、いやだいぶ珍しいニットのジップアップベスト、着脱式のライニング付き、さらに、素材にこだわり極上の着心地を実現したケーブルのタートルネックセーター、2型です。

 

161118d

ダブルジップの仕様でフロントジップのニットベスト。
ブリティッシュウールとオーストラリアンウールを半々の割合でブレンドしたウールを素材としています。これは柔らかさと腰の強さという両方の特徴を生かした毛糸となっていて、腰の強さは空気の入る余地をつくり、柔らかさはゴワゴワ感を緩和します。

 

161118b

うっすらとボーダー柄のように見えるのは、キルティングのようなイメージで、大部分、生地が二重になっているのです。(太い畝の部分が二重です)

 

161118f

ファスナーは WALDERS という日本のものを使用。comm. arch. の別注です。

 

161118a

161118e

ふわふわのライニングは、アルパカを混ぜて柔らかくしています。
ボタンで付け外しができるのは、気温に応じて着脱して、できるだけ長い期間使えるようにという考えです。

 

161118g

161118h

アウトで、インで。
かなり手の込んだスペシャルなアイテムですが、意外と何でもアリで使うのが一番よく映るような気がします。

comm. arch. – Zipped Downy Vest
col : Night Ocean
size : 3 / 4
price : 29,000 (+tax)

 

161118i

こちらは見た目はシンプルなケーブル編みのタートルネック。
ですが、ごわごわでなく、ふわふわです。

 

161118j

ウールの繊維を厳選し、特別な紡績によってつくられたふんわり感を特徴とする毛糸を使っています。
Kei Macdonald でも同じような素材がありましたが、こちらも毛糸中に含まれる空気の量をできる限り多くできるようつくられたものです。この毛糸で編みたてると、軽くて柔らかく、肌触りも繊細というニットウェアに仕上がるのです。

 

161118l

トラッドでクラシックなケーブルニットを、上質な素材と高い技術によって現代版の内容に置き換えたようなセーターです。

しっかりあたたかくて、チクチクのないウールニットのセーターをお求めの方におすすめします。

comm. arch. – High Neck Fisherman’s Jumper
col : Coalmine
size : 2 / 3 / 4
price : 25,000 (+tax)

 

入荷が混み、連日ブログが長くて恐縮です。
ついついめんどくさくなって途中で読むのをやめたりなどあると思いますので、新作入荷の見落としなどご注意ください!
だいぶ前に紹介したものがちょうど今時分にちょうどよいなど、新しい発見もあるはずですので、いい頃合でさかのぼりチェックをお願いできたらと思います。

 

LINEで送る

New Arrivals.

161108b

Kei Macdonald の新作ニットが入荷しました。
らしさ満点のきれいな色味に、ほのかに薫るトラッドの味わい。今回も非常に上品で、上質、そして安心して着られるバランスの好いニットに仕上がっています。

 

161108a

実は今回も機能素材を使っています。
『エアリースパン』 という毛糸メーカーが開発した特殊毛糸ということで、ウール・アルパカ混の素材。通常よりかなり多くの空気を含むやわらかい糸らしく、編地にしてみると一触瞭然、ふわふわ感がものすごく、軽くて暖かく、やわらかくて肌触りも好いというたいへんな優れものです。

メリノの好さ、カシミヤの好さと、ウールの好さはそれぞれありますが、この繊細でふわふわ感がすごいというのは案外無かったかもしれません。

 

161108c

そして、女性デザイナーならではの色合いのセンスの好さ、色づかいのやわらかさ、このあたりは是非感じていただきたい Kei Macdonald のニットの確固たる魅力です。
で、意外と男っぽいデザインをベースにするところも Kei さんの特徴だと思います。

Kei Macdonald – Airy Spun Baby Alpaca Pull Over
col : Green
size : S / M / L
price : 24,000 (+tax)

 

161109b

こちらは FUJITO の新作ニット。
スマートなローゲージニットをつくりました。

 

161109a

単色ですが、胴部が畦編み、袖部が普通の編み、切り替え部分には意匠の編みが入り、きちっとデザインされている印象のするセーターとなっています。

素材はシェットランドウール、ローゲージの糸で地厚はなかなかのものになります。
胴部のみ畦編みになっていますので暖かさが一段高く、袖もまあ厚いですが、畦編みにするよりばたつかずにいいと思います。

クラシックなローゲージのセーターというのは往々にしてもっさり、もったりなシルエットが多いと思いますが(それはその好さがあることは置いて)、こちらは全般すっきりしたシルエットになるよう仕上げています。
分かりやすいのはアームホールですが、もたつかずにバチっと細身になっています。
このあたり、せっかくのファッションブランドですから、格好よく着たいというのがインポートものも多く扱いのある Fuzz の考え方です。

 

161109c

ナチュラルな印象のブラウンもいい感じ。濃淡の差がある糸を撚って編んでいるので、自然メランジ調になり、これがクラシックな薫りを出してきます。

FUJITO – Rib Knit Sweater
col : Brown
size : S / M / L
price : 19,000 (+tax)

 

160102h

定番モデルとなるデニムジャケット、ずいぶん遅れましたが無事届きました。
今からの時期なら、この上からアウターをいく、という構えで楽しむがいいと思います。

 

160102g

アイテムの内容については、前回入荷した時の説明文を再掲します。

===================

ベースになっているのは Levi’s の 3rd モデル。
特有の野暮ったさを排して、スタイリッシュに着れるようなアレンジが為されています。

襟を FUJITO風に美しくして、
着丈を気持ち長くしてオリジナルのちと短すぎるかと思わされるバランスを整え、
シルエットを美しくするためアームホールを思いきって細くして、
ジャケットとして機能的に感じるようサイドにポケットを配し、
インナー使いで便利であろうと絞れるアジャスターを備え、、

という感じで、Gジャンの基本的な好ましさをきちっと押さえつつ、よりストレスなく使えるようなファッションアイテムとして昇華しています。

ちょっとしたストレスが少しずつあるせいで、なんとなく全体的にもったいない感じになりがちなGジャンも、安心して着られるようになれば便利この上ないアイテムになるはずです。

===================

 

160102a

FUJITO – Denim Jacket
col : Indigo
size : S / M / L
price : 29,000 (+tax)

 

161107a

Johnstons のマフラー、今年も入荷しました。
今年はカシミヤ100の単色、カシミヤウールのマルチカラーチェックという内容です。

 

161107b

UKトラッドなイメージのジョンストンズ。男女問わず、間違いない系のブランドです。

スカーフ、マフラー、、シンプルなものだったり、トラッド系のものであれば、ジョンストンズから選ぶのはやはりおすすめです。
質感、色味、すべてにおいて確かなものを感じさせてくれる本物です。

 

161107d

こちら、マルチカラーのブロックチェック。カシミヤとウールが半々くらいのやや薄地。
シンプルなコートスタイルなどに、上品なアクセントを。

Johnstons of Elgin – Cashmere Wool Scarf
col : Multi
price : 19,000 (+tax)

 

161107c

こちらはカシミヤ100%の単色。25cm幅のタイプでボリューム感の出ないサイズとなります。
パキっとしたロイヤルブルーと落ち着いたベージュ。攻めと守り。

Johnstons of Elgin – Cashmere Scarf
col : Otter / Blue
price : 23,000 (+tax)

 

エルヴィエのコート、あるいはユニバーサル・ワークスのトップコートにサンダースのチェルシーブーツ、そしてジョンストンズを首に巻いて、ローレールのベレー帽を、、、

フジトのデニムにサンダースのチャッカブーツを履いて、ニットはどれが合いそうか、、、

入荷が進み着合わせが一層楽しくなってきました。
寒さは若干きつくなってきましたが、着れるものは格段に増えた!

 

LINEで送る

New Arrivals.

161017e

FUJITO から新作入荷です。
ブランド定番モデル Hood Coat の秋冬ver. が登場です。

 

161017j

Fuzz ではたまたま春夏シーズンでの扱いが続きましたが、今シーズンにようやく秋冬シーズンのリリースに当たることができました。
秋冬向けはしっかり裏地が付いて、重厚な、いわゆるコートらしいコートのイメージとなっていて、春夏の軽やかなコートとはひと味違った魅力を感じさせてくれるように思います。

 

161017h

フードの付いたステンカラーコート、それが Hood Coat。
フードが付くことによって、トラッドな印象からかなりカジュアルな方面への幅が広がります。ある程度着るだけカチッと感が出てくるステンカラーコートを、少しだけ脱力させるような効果があるのはないでしょうか。

フードそのものは着脱が可能ですので、トラッドにキメたいときは外せば問題なしで、これはこれでベーシックなハンサムコートとして合わせていただけます。

 

161017d

生地はコットン+ナイロンの高密織り。見え方も美しく、防風性や撥水性もかなりのものとなっています。

 

161017i

今シーズンのマイナーチェンジとして、ポケットを2段構えにしている点が挙げられます。
デザイン的なアクセントとしてもさることながら、Pコートのマフポケットのようなかたちで、肘を張り出してポケットインするという “スタイル” におけるアクセントを狙ったものとなっています。
洋服好きでないと考えつかないようなアイディアがなんとなく嬉しいと感じました。

 

161017a

裏地の仕様もしっかりしていて、この部分も雰囲気をしっかりつくってくるところも服好きポイントでしょう。(Oliver もまさにそう)

 

161017k

FUJITO – Hood Coat
col : Navy
size : S / M / L

 

161018b

日本のニットブランド comm. arch. からも新作が入荷しました。
Tweedy Jumper と名付けられた素材感の妙が楽しめる “らしい” プロダクトです。

 

161018a

こちらはニュージーランド産のメリノウールを素材とし、極限まで度詰めで編んでからお湯で洗って縮みをかけたという生地が使われています。
『圧縮フランネルニット』 というらしいですが、要するに縮絨をかけているということでフラノ(フランネル)だと思っていただければいいでしょう。

この生地がツイードのような素材感になっているところが特殊で、さらにゲージの違う生地を組み合わせて完成させているところがたいへんに面白いポイントとなっています。

 

161018c

161018e

ボディと袖やリブ、エルボーパッチなど、ゲージの違う生地をクレイジーパターンで組み合わせています。
単色ながら、凝りに凝ったデザインであると言って差し支えないと思います。

comm. arch. – Tweedy Jumper
col : Blackout
size : 3 / 4
price : 20,000 (+tax)

 

161019a

suolo からは新型のレザーバッグ SAHARA が入荷しています。
こちら既に店頭に並べていますが、『いいね!』 と気が付いた人全員に声をかけられています。 (気が付かない人も大勢います)

 

161019b

ミニショルダーの kid のレザーver. を先日ご紹介しましたが、その兄弟のようなモデルと考えてください。
大きさ的にはだいだい中型と言えるような感覚の、使いやすいサイズのものとなっています。
ミニショルダーでは用が足りないかもという場合には、こちらが安心ではないでしょうか。

 

161019e

国産のレザーで縫製も国内ということで、質感もいい感じです。
かと言って、あまりジャパニーズな薫りが強くないところが Fuzz が好む suolo のいいところ。

 

161019d

161019c

suolo – SAHARA
col : Black / Dk.Brown
price : 26,000 (+tax)

 

LINEで送る

FUJITO – Thea.

161001i

FUJITO の定番デニム、Thea が入荷しました。
こちら、ブランドを代表する定番アイテム。
Fuzz には初登場です。

 

161001c

実は、FUJITO というブランドはデニムからスタートしています。このモデルではない、501をベースとした Acer というモデルなのですが、その少し後に505をベースにしたこの Thea というモデルが生まれました。
以来、この2つのジーンズはブランドの顔となり、定番アイテムとして継続しています。

とても単純な話で、これまで長い期間にわたって、僕が個人的に本格的なデニムとは距離を置いていたために、興味に引っかからなかったのですが、FUJITO の取り扱いを始めて以来、定期的にお問い合わせをいただいたり、店頭で 『デニムはないの?』 と尋ねられたりしているうちに、徐々に興味を持ち始めたというのが実際です。

それだけ言われるなら、、と発注し、実は半年前のこの発注のタイミングで在庫さんから個人的に1本買わせていただき、穿きつづけていました。
昔ながらの力織機で織られる14.5オンスの本格的なデニムを1から穿くのは、もはや何年ぶりだろうという感じでした。

 

161001f

こういうデニムはきちんと向き合うとたまらない魅力があります。
手間ひまかけてつくられた、不均一な感じのデニム生地のこの感じ。ああ、やっぱり違うなと。

Fuzz では、Ordinary fits などのスタイリング重視の、いいくらいのデニムをおすすめしていますが、こちらはジャンルが違い、本気系です。
質感が本気なので身が引き締まり、コーディネイトにも1本筋が通るような気がします。

 

161001d

505 ベースの Thea を選んだのは、単純にこちらの方が格好いいと思ったからです。
僕も昔は505ばかり穿いていた時期があるのですが、501ばかり穿くようになった今でも、基本的には501よりも505の方が好きだと言えるでしょう。

いわゆる 505 の特徴は、スリムシルエット(微テーパードでストレートではない)、フロントのジップフライ。この Thea も同じ仕様になっています。

 

161001g

FUJITO ではステッチに黄色とオレンジの糸を使っています。これはブランドの特徴。

 

161001a

161001b

そしてセルビッヂのミミ、いわゆる赤ミミのステッチには、ピンクの糸が使われています。これも FUJITO オリジナルの特徴。

 

161001h

そして一番大きな FUJITO 流アレンジは、バックポケットをほんの少し、縦に長くしたことです。
ここは美脚効果を狙ったファッションブランドならではのポイント。

 

161001j

革パッチはヌメ革なので、アメ色に変色してくることでしょう。
刻印はブランドロゴのスワン。

 

161001k

161001l

大きな意味合いで、ヴィンテージのリーバイスをリスペクトして、なぞるようにつくられるのがプレミアムデニムですが、こちらはあくまでファッションブランドがつくるデニムです。
ですから ファッション的に 『格好いい』 を目指していて、リアル・ワークウェア時代のリーバイスを再現しているデニムの 『道具(ツール)』 的ニュアンスとは異なると言えるでしょう。
良し悪しではもちろんないですが、今穿きたいのはこちらではないでしょうか。

 

FUJITO – Thea
size : 29 / 30 / 31 / 32 / 33
price : 25,000 (+tax)

 

水洗いと乾燥を済ませた状態で店頭に並んでいます。
生地はがっちり詰まった状態となっていますので、このまま丈を合わせてOKで、ウエストも最も締まった状態ですので、ボタンがとまれば問題ありません。少々きついくらいでも穿いているうちに伸びてきます。

デザイナーの藤戸さんに言わせると、『気にせず洗うべし』 という姿勢でいいでしょうとのこと。
ご本人は、穿いたら洗いを繰り返しているとのことです。
もちろん、このあたりの考え方は各々好き好きにということでいいと思います。

 

161001p

半年選手の僕の Thea は今こんな感じ。少しインディゴの青さが出てきたかなというくらいです。
真夏はほとんど穿かなかったので、実質は半年もないかもしれません。
僕は洗濯は控えめで、洗うのは平均すると月1回くらいでしょうか。

 

161001o

新品と比べると青さが出てきたのがぼんやり分かります。
このくらいの状態で僕は充分好きな感じです。

 

そして4年選手がこちら。

161001m

161001n

スタッフの草薙さんにお願いして写真を撮って送ってもらいました。
藤戸さんのものか草薙さんのものか訊くのを忘れましたが、4年以上穿いたもので、週2、3回穿いて、だいたい穿く度に洗濯して、という調教方法は訊いておきました。

 

藤戸さん自身、ブランド立ち上げ前のキャリアの中で、某有名デニムブランドに勤務されていた経緯があり、デニムのイロハは熟知しています。この手腕は海外にも高く評価され、イタリアのサルト Liverano & Liverano のデニムを手がけていることは一部の界隈では有名な話です。

プレミアムなデニムを、今、フルに使えるファッションアイテムとしてつくりこむ、というのが FUJITO デニムであると言えるのはないでしょうか。

ついでに言うと、藤戸さんは某有名古着店でも勤務経験があり、無類の古着好きでもあります。服作りのベースに古着に触れてきた人特有の妙な癖、妙なこだわり(笑)があるのは分かる人には分かるはずです。

 

また長くなりました。
とりあえず、みなさんにあまりにも見向きもされないことにならない限りは継続していこうと思ってはじめますので、はじめが肝心ということで思いついたことすべて書きました。

僕と同様に、しっかり系デニムとご無沙汰していた、という人は知っている限りでも多いので、よっしゃ、一丁、、となってくれることを願います。
どうせなら今さらコテコテのものではなく、まあ格好いいのを穿こうよ、というのが僕のスタンスです。
是非お試しになってみてください!

 

・ ・ ・ ・ ・

 

Fuzz ではこのFUJITO のデニムと対をなすような存在となるでしょう、Ordinary fits の定番デニムが再入荷してサイズが揃いました。今回は久しぶりに34サイズも入っています。
こちらも変わらずおすすめです。

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *One Wash
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 14,800 (+tax)

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *3 Year Used
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 16,800 (+tax)

 

やっとストレスなくデニムが穿ける季節になりましたね。

 

LINEで送る