FUJITO – Shirts.

180903r

FUJITO の新作入荷、シャツが2型届いています。
デザイナーズならではの、ちょっとひねりの利いた、一筋縄でないデザイン・ディテールのシャツたちです。

 

180903t

今季新型のレースアップシャツ。
ベースは先シーズンに出てきたジップアップシャツのボディをつかっていて、ネックまわりをアレンジして別モデルとして生み出されました。

 

180903d

 

なんとなくヴィンテージとかアンティークなどといった色彩をもつレースアップというディテールですが、絶妙な力加減で取り入れられ、アクセントとしてしっかり映えているように思います。
クセの強さをうまく消化して、すっと着れるバランスになっているのではないでしょうか。

 

180903l

肩を少し落として、ゆったりしたシルエットが絶妙です。オーバーサイズとかビッグシルエットまではいかないところで設定されています。

 

180903b

生地はコットンのオックスでしっかりです。
他のディテールとしては、サイドにポケットが、バックにボックスプリーツが備えられて、より着やすくなるような配慮が為されています。

 

180903i

 

地味にインパクトはありますが、古い服を連想させるからでしょうか、奇抜な感じはまったくないと思います。
ある筋の人に向けたというわけでなく、普通の感覚で楽しめると思いますので、是非トライしてみてください。

 

180903e

FUJITO – Lace Up Shirt
col : Khaki / Navy
size : 1 / 2
price : 19,000 (+tax)

 

180903s

こちらは定番のビッグシルエットシャツ。
先日、これをアレンジした後発モデルのビッグシルエットワークシャツをご紹介しましたが、『ワーク』のないさっぱりした味付けが特徴の先行オリジナルモデルがこちらです。

 

180903p

キリッとしたレギュラーカラーに、前立てなし(裏側にある)のフレンチフロントという、クリーンなテイストでの味つけとなり、クールな印象が際立ちます。
さっぱり、シンプルな分だけ、オーバーサイズのビッグシルエットの特徴のみがクローズアップされ、かえって味のある、独特な雰囲気をただよわせることになっています。

 

180903o

生地はハリのあるコットンブロード。クリアなグレーカラーもクリーンなイメージにひと役かって、さらっと着流すだけで、何か引き算の上手なスマートなスタイルが出来上がるような印象を与えます。

 

180903q

180903m

特徴的なシルエットですから一枚で充分主役になりえますが、うまくレイヤードして、脇役として働かせることで、さらにセンスの好さが浮かび上がるような気がします。

 

180903n

FUJITO – Big Silhouette Work Shirt
col : Indigo Blue
size : 1 / 2
price : 17,000 (+tax)

 

LINEで送る

FUJITO – Pants, Jacket.

180809v

FUJITO の秋冬新作が続けて入荷しています。
まずは、どっしりとしたブラックのワークジャケット、Cruiser Jacket。

 

180809r

あえてワークジャケットというニュアンスを強めに打ち出しつつ、男らしく、無骨な雰囲気で仕上げました。
やはり有名どころ、フィルソンのクルーザージャケットを意識しているようで、デザインは違えど、連想させるものはあります。

 

180809p

ファブリックは、綾目のはっきりした中厚のコットンサージ。
非常にしっかり質感で、コットン素材としてはどっしり感のある生地です。

 

180809o

フロントはスナップボタンを採用。FUJITO のジャケットでは好んで多用されていますが、これを喜ぶ層も多く、デザインと実用性を兼ね備えたディテールとなっています。

 

180809n

180809t

180809s

バックのプリーツが深めにたっぷりとられるというディテールも FUJITO らしいポイントです。玄人好みのポイントですが、着た時の見え方をきちんと意識している証でもあります。

 

180809q

FUJITO – Cruiser Jacket
col : Black
size : 1 / 2
price : 34,000 (+tax)

 

180809m

同じ生地による、ワイドスラックス。
こちら先シーズンに初登場し、好評を博しました。今シーズンはブラックとカーキで、やはり渋めの落ち着いた雰囲気です。

 

180809k

180809e

インプリーツのタックが入ったワイドなシルエットに、裾ダブルが特徴。
ミリタリーのトラウザーのような雰囲気で、軍パンのようにはありふれていないために、穿いてみると非常に新鮮です。

 

180809g

適度に太く、裾をやや短くしてばたつかせず、スマートに。センタークリースでいい具合にパリっとした感じがありますが、ウールのトラウザーよりは気安くカジュアル。
なるほど、着合わせするにあたって、心地好いバランスです。

 

180809d

180809l

180809f

FUJITO – Wide Slacks
col : Black / Khaki
size : 30 / 32 / 34
price : 20,000 (+tax)

 

今シーズンの FUJITO は、やや男くさい雰囲気をベースにしながらも、エレガントなニュアンスをひとつまみ、といった感じでしょうか。
アメリカンな古着も好きだし、イタリアのちょっと色気がある感じも好きという、藤戸さん独自の雑食のバランス感覚がしっかり反映されているように思います。このあたりは、いろいろなところを通ってきたからこそ自然に出てくるバランス感であり、これが自分の身にやけにはまる時があるのが FUJITO の魅力でしょう。

 

LINEで送る

New Arrivals.

180806g

おなじみになってきたでしょうか、Vas-y Lentement のシャツが新作で届いています。
今シーズンも好評のバンドカラーシャツをご用意しました。

 

180806h

よく 『フランスのブランドですか?』 と訊かれますが、実は日本のブランドです。
ヨーロッパ系インポートの商社さんが手がけるブランドということで、どうしてもインポートブランドのような雰囲気になるのですが、これはヨーロッパのブランドの生産背景になっているインドの工場をつかって、さらに現地のファブリックをつかって、製品にしているという事情があります。
だからこそ生み出される雰囲気、風合いがありつつ、ファブリックの現地調達によるコストダウンの工夫にもなっています。

 

180806c

180806d

スモールギンガムチェック、ブラック。

 

180806f

180806e

ブラウン×ブラックのギンガムチェック。
どちらも新しい色柄です。

Vas-y Lentement – Band Collar Shirt
col : Black Small Gingham / Brown Black Gingham
size : S / M
price : 14,000 (+tax)

 

180804c

SOUTIENCOL からも新作シャツが届きました。
丸襟の Abbey Road で canclini のインポート生地です。

 

180804e

細番手の糸を緊密に織っているというのが、この “ミリタリーオックス” という生地となります。
2本の糸を揃えて織るという、カジュアルシャツの代表選手のようなオックスフォード生地ですが、細い糸を強く打ち込んでいるということでオックスならではの地の厚みが出ず、織り目も詰まって美しく揃い、非常に上品に映ります。

ですが、目詰まり生地は洗いじわが残りやすいという特徴がありますので、そこをうまく利用しての、洗いざらしで映えるオックス、しかしエレガント、というファブリックになっています。

 

180804a

デザイン、生地感含め、あえてラフに着ると上品に映えるというタイプのシャツではないでしょうか。

 

180804d

SOUTIENCOL – Abbey Road *Military OX
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 18,000 (+tax)

 

180807b

FUJITO からは Big Silhouette Work Shirt という新作シャツです。
定番のビッグシルエットシャツのワークシャツ版。よりラフにいけますが、やはり上品。

 

180807c

両胸ポケットのデザインを採用しているのでワークシャツとくくられますが、ドレスシャツの工場でつくられているので、運針は細かく、繊細なシームで上品です。
実際のワークシャツ的な、良くも悪くもな粗雑感はありません。

 

180807a

インディゴシャンブレーの生地も、いわゆるワークウェア的なシャンブレーではなく、品のある大人風情な表情をしたものとなっています。
とても安心感のある生地の雰囲気で、シンプルにスタイリングできる味わい、奥行きを感じさせてくれるように思います。

 

180807f

バックがプリーツでなくギャザーになっていて、やわらかな雰囲気です。

180807g

FUJITO – Big Silhouette Work Shirt
col : Indigo Blue
size : 1 / 2
price : 17,000 (+tax)

 

お盆が過ぎたので、いよいよ新しいシーズンの開幕、といこうと思います。
今年は6月のうちに梅雨が終わっているので、真夏がとんでもなく長く感じます。やはり、そろそろ新作を拝んで、あれこれ新しい妄想をふくらませたい、というのが自然な流れでしょう。

商品紹介の頻度も徐々に増えていくと思いますので、どうぞお見逃しなく!
秋冬シーズンも楽しくいきましょう!

LINEで送る

New Arrivals.

180208l

謎のインポートブランド、Pack Mack のナイロンジャケットが入荷しました。
パッカブル・レインウェアを得意とするオランダのブランドです。

 

180208c

ヨーロッパでは昔から親しまれているスタイルのプルオーバーのフーデッドタイプをセレクト。アナログでレトロなアイテムですので、なんとなく “かぶり” タイプの方が趣があるような気がします。

 

180208h

180208e

180208k

180208a

180208b

フロントのポケットの中に全てを仕舞い込んでパックできることがまず大きな特徴です。
次に止水ジップ、シームテープといった防水系ディテール、撥水加工の入った高密織りのしっかりナイロン、
ということで “ For 雨” の意識が高く、かなりしっかりめのレインウェアになっています。

僕も自転車に乗ることが増え、こういったアイテムを注意深く見るようになっているのですが、このジャケットはなかなかの本気度ではないかと思います。
チープでイージーなレインウェアというカテゴリがありますが、その中で、という意味ではありますが。

 

180208j

180208i

遠足に行くときには是非バッグにしのばせておきたいですね。

Pack Mack – Pullover Rain Jacket
col : BlackTimothy Straw
size : S / M
price : 11,000 (+tax)

 

180207d

FUJITO からもプルオーバー、こちらは綿麻素材のハーフジップアップシャツとなります。
ミリタリーシャツを FUJITO らしく味つけした面白いアイテムです。

 

180207e

シルエットはゆったりめ、少し肩をドロップして緩く着るタイプのシャツとなります。
素材は目の詰まった綿麻のツイルで、シャツとしてはしっかりしたものとなっており、襟のあるスマートのスモックといったニュアンスも感じられる気がします。

 

180207c

180207a

ハーフジップでサイドにポケットが備わり、背中にはインプリーツのボックスプリーツが縦断するなど、シャツとしては一筋縄でないディテールが詰め込まれ、一見シンプルながらも実は不思議なバランスで成立している、FUJITO らしい面白さを感じさせてくれます。

 

180207b

FUJITO – Half Zip Shirt
col : Navy
size : 1 / 2
price : 19,000 (+tax)

 

180206e

Vincent et Mireille の新作となります、デニムパンツ。
いわゆる5ポケットパンツスタイルの “ジーンズ” で、ストレッチの入った細身シルエットです。

 

180206c

180206b

かなりタイトフィットのワンウォッシュデニムです。
色落ちがどう、縫製がどう、というようなタイプのものではなく、『かなりタイトフィットのワンウォッシュデニム』 がコーディネイト的に必要なんだよね、という人が1本持っておこう、というものです。
もちろん人によりますが、かなりタイトフィットのワンウォッシュデニムというものは、ちょっと今日は考えたくないしこれ穿いておけばいいかとか、何かと重宝するものです。

 

180206a

Vincent et Mireille – 5 Pocket Denim Pants
col : Indigo
size : 38 / 40 / 42
price : 12,800 (+tax)

 

あいかわらず春の立ち上がりの遅い Fuzz ですが、ようやく頑張りどころに入ったようです。
冬のオリンピック真っ最中ではありますが、新シーズンの入荷が増えてくると、俄然春が待ち遠しくなりますね。
今のような時期は、寒いのが嫌だから春ものを買う、みたいな感覚もなくはないかもしれないですね~

 

LINEで送る

FUJITO – Wide Slacks.

180103a

FUJITO より、つづけて新作パンツも入荷してきました。
通年使えるウエイトのコットン素材のワイドスラックスです。

 

180103k

180103l

インプリーツのワンタックが入ってたっぷりめ。裾も太めのワイドシルエットとなり、裾の始末が4.5cm ダブル。ボタンフライはスナップボタンを採用して、ちょっとひねったような印象がFUJITO らしくて心地いいです。

 

180103e

180103i

生地は先日ご紹介した 2nd Type Jacket で使われているものと同じコットンサージとなります。通年生地のウエイトで、ややしっかりめの部類ですので、今時期すぐに穿いてもまったく問題ないような生地厚です。

 

180103n

トラッドな雰囲気を残しつつ、ブランドとしてのアレンジを細心の注意を払って 『適度に』 加えていくのが FUJITO流です。
素直な格好よさと、昔からあるような普遍的で素朴な雰囲気が同居していることが FUJITO アイテムの共通する魅力かと思います。
誰が見ても、、という分かりやすい魅力でないため、着てみると思っていたよりしっくりくるということが多いので、なんとなくでもいいので手にとってご試着してみていただけたらと思います。

もちろん、素材感も優れているので服そのもののクオリティは高いですが、それだけでない、それなりに目の肥えた大人を満足させるような感覚的な魅力を感じていただけると思います。

 

180103o

FUJITO – Wide Slacks
col : Brown / Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 20,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

190801c

おなじみ、Ordinary fits の定番デニムも再入荷しています!

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *One Wash
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 14,800 (+tax)

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *3 year Used
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 16,800 (+tax)

 

LINEで送る