New Arrivals.

180607a

arbre からリネンのプルオーバーシャツが入荷しました。

端正なボタンダウンカラーのプルオーバーシャツは、アイビーやアメトラスタイルのスポーティなカジュアルスタイルの定番として定着していますが、現代ではさらに広がりを見せ、普遍的なアイテムになりつつあるように思います。

arbre も SOUTIENCOL 同様、やはりアプローチはアイビー方面からですが、特にリネンの無地のものになると、より幅広いスタイル層にしっくりくるアイテムになるのではないでしょうか。

 

180607e

180607g

リネンの無地の白と紺、ボタンダウンでプルオーバー。
『まずこう着ておけば安心』 というイメージがそれぞれ自然と浮かぶのではないでしょうか。それくらい普遍的な性質をもっているアイテムであり、また安心感のあるアイテムであると思います。

 

180607d

通気性が好いので、体温や湿気を外に逃がし、風がよく入ってくるのがリネンシャツの魅力です。日本の梅雨や夏においては特にその威力を体感できるはずで、これからの時期はショーツに腕まくりをして、というバランスが心地好いのではないでしょうか。

 

180607f

arbre – B.D. Pullover Shirt
col : White / Navy
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

180606d

GICIPI のワイドシルエットのボーダーTシャツも入荷しています。
襟元ゆったり、シルエットゆったり、コットンフライス生地のリラックスTシャツです。

 

180606e

180606b

180606c

180606a

やや前ぐりが大きいクルーネックで、肩が軽く落ちて、ルーズなシルエット、という特徴です。

また、このような一般的なフライス生地になりますと、アンダーウェアのファクトリーであることの威力が充分に発揮され、ヨーロッパの製品とは思えないようなプライスが出てくるのも GICIPI の大きな魅力です。(ビッグTシャツとかルーズTシャツなどというものは、使う生地の分量が大きくなるために、特別な意匠が入らなくても、それだけでそれなりのプライスになってしまうものなのです)

 

180606f

GICIPI – Loose Border Tee
col : Ecru*Black / Navy*White
size : 3 / 4 / 5
price : 4,800 (+tax)

 

180514l

こちらもイタリアのブランド、今春に初登場をはたしたスウェットアイテムをメインに展開する VESTI のスウェットショーツです。

イタリアメイドにこだわりながらもバリューなプライスで、というのも嬉しいですね。

 

180514h

180514a

スイムショーツをベースにした細身のショーツです。
ウエストはゴムとコード、裾やポケットの縁が切りっ放しになっていて、デザイン的なアクセントにしています。

 

180514i

180514d

180514g

180514f

180514j

VESTI のスウェットアイテムは、そのまま外出できる部屋着、あるいは外出先の部屋着、などといった使い方をされるかな、というイメージでピックアップしています。
あまり気合いを入れたくない、でも崩れすぎたくもない、着ていてストレスがない、というシーンはけっこうあると思いますので、意外と大車輪の活躍をしてしまったり、、。

VESTI – Sweat Shorts
col : Navy / Navy Melange
size : S / M / L
price : 6,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180427j

Merz b.Schwanen のTシャツが入荷しております。
今シーズンは、普及版のシリーズより、1970s Vネック、1950s クルーネックを2色ずつ選んでみました。

 

180427h

Vネックとなっていますが、実際はVにやや丸みがありますので、Uネックにも見えるような、微妙な形状です。VとUとの中間くらいといった印象です。
こちらはホワイトとブラックの2色。

 

180427d

こちらのシリーズは、素材や編み機などはレギュラー品番とまったく同じものが使われていますが、細い糸にして編まれていることが特徴です。ですから、レギュラーが昔ながらの無骨なカットソーのイメージであるのに対し、このシリーズの方はやや繊細なイメージで、肌触りは柔らかく、薄くてしなやかな質感になっています。

 

180427e

レギュラー品番は20年代とか30年代といったイメージでつくられていますので、より現代に近い年代の品を再現しているということもあり、自然と質感などもしなやかな風合いになっていく、ということでしょう。

また、普及版ということで、外箱を付けず、その分プライスもお求めやすくして、まずは Merz のプロダクトに触れてほしいというのがコンセプトになっています。

 

180427b

Merz b.Schwanen – 1970s V neck Tee
col : White / Black
size : 4 / 5 / 6
price : 7,800 (+tax)

 

180427i

こちらはクルーネック。やや広めの丸首です。
ヘザーグレーと、オリーブの2色です。

 

180427k

180427f

Merz b.Schwanen – 1950s Crew neck Tee
col : Grey / Olive
size : 4 / 5 / 6
price : 7,800 (+tax)

 

180505k

GICIPI の半袖Tシャツも入荷しています。
先にカーディガンが入荷しましたが、同じ鹿の子編みの生地のTシャツとなります。
裾にリブを付けていますので、ニットTシャツのような雰囲気で、上品に着ていただけます。

 

180505g

ゴワゴワした鹿の子ではなく、柔らかで伸縮性のある生地なので、より着やすいです。
白、黒、ネイビー、ベージュ、グレー、5色でご用意しました。

 

180505c

180505e

180505l

180505f

180505i

GICIPI – Pique Crew Neck Tee
col : White / Beige / Grey / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

LINEで送る

GICIPI – Cotton Cardigan.

180209i

GICIPI のコットンカーディガンが入荷しました。
コットンピケのカットソーカーディガンは、実用性の高い “重宝アイテム” です。

 

180209l

180209k

きわめてベーシックなVカーディガンのかたちに、ピケ(鹿の子)生地。
カットソー生地のカーディガンは、ニットのそれと比べて何がどうかというと、洗濯など取り扱いにさほど気を遣わず、イージーケアであることが最大のメリットであると言えるでしょう。

ニットがなめらかで上品なルックスであるのに対して、カットソーは気楽なカジュアル、優劣ではなくやはり使い分けではないかと思います。

 

180209e

180209h

180209c

180209a

表面がスムースではないのがピケの特徴で、これがこのカーディガンの “ウリ” でしょう。
チノパンなどスムースな生地のボトム、ブロードなどのスムースな生地のシャツ、などと素材の切り替えが利いて合わせやすい雰囲気です。

 

180209j

GICIPI – Cotton Cardigan
col : Beige / Grey / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 7,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

1700924p

ARAN の新作パンツが入荷しました。

まずはブランドに敬意を表す意味も込めて、前回、定番のファティーグパンツから展開をスタートしましたが、以降、より ARAN のオリジナリティを感じられるようなアイテムをご紹介していくことになります。

今回は、生地もデザインもとてもよい、ベルトパンツのご紹介です。

 

1700924c

トップ糸(綿の状態から染められた糸)2色をミックスして織られたコットンツイルの表情がとても好く、イージーパンツの延長で穿けてしまうベルテッドのデザインも調子好く、たいへん完成度の高いパンツだ!というのが僕の評価です。

 

1700924q

ごつそうな生地に見えるかもしれませんが、オールシーズンのミドルウエイトで、非常にやわらかく、穿いていて非常に楽ちんです。
何より、2色の微妙に違う色の糸を使うことで生まれる奥行きと、それゆえの独特な色調が大きな魅力になっていると思います。

 

1700924e

1700924h

ディテールとして、もう一つ大きなものがあります。
裾の内側にゴムのアジャスターが備えられていて、これによって裾を絞ってシルエットに変化をつけられる仕様になっています。

 

1700924k

1700924l

1700924m

シルエットはくるぶし丈のテーパード型。
インプリーツの1タックが入り、股まわり、尻まわりがゆったりで、裾に向かって細くなります。

デザイン、ディテール、素材、これらトータルで見て、非常に凝っているな、というのは少し見ただけでも分かっていただけると思います。
デザイン的に適度な変化がありつつ、大人対応の質感の好さがある、という感じでしょうか。

 

1700924i

ARAN – Belted Pants
col : Lt.Grey / Lt.Brown / Charcoal
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

1700925e

GICIPI のサーマルシャツも届いています。
昨年、非常に好評でしたので、リピートです。

 

1700925g

1700925f

今年は杢グレーとシーズンカラーのブラウンの2色。

 

1700925d

通気性が好く、生地に暖気が滞留する組成のサーマルは、秋冬のインナーとしておすすめです。
コンパクトなサイズ感に加え、余分な厚みが出ないフラットシーマ、折り返さずに始末された裾など、しっかりアンダーウェアとしてのつくりをしています。

 

1700925c

GICIPI – Waffle Crew Neck Long slv.
col : Gringio Melange / Brown
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

1700911

Yarmo の Duster Coat が入荷しました。
今季のドライバーズジャケットと同素材のコットンツイルです。

 

1700911b

このダスターコートは、ドロップショルダーのゆったりシルエットが一番の特徴です。
生地がたっぷりした感じで緩く着るものですが、とてもきれいなシルエットになっています。ゆったり系が苦手という人にもこのコートはおすすめできる気がします。
特に食わず嫌い中の人、興味はあるけど自分にはしっくりこないと感じている人、是非お試しください。

 

1700911c

未洗いなので必要以上にきれいに見えますが、洗いざらしにして、がさっと羽織るとしっくりきます。流行のビッグシルエットというよりも、ちょっと大きめの古着を自然に格好よく着ている、というようなイメージで。

 

1700911e

緩めのインナーを着る人にもやはりおすすめです。
ゆったりシルエットのカットソーやシャツを着てしまうと、アウターのシルエットも考えなくてはならないはず。このコートはかなり対応能力が高いと思います。

 

1700911d

Yarmo – Duster Coat
col : Navy
size : 38 / 40
price : 23,000 (+tax)

 

1700913l

GICIPI の新作も届いています。
今回はコットンフライスのカーディガンとタートルネックです。

 

1700913c

シンプルなVカーディガン。
Vの深さは標準的、袖口と裾がリブ仕様でポケットは無し、シルエットもスタンダードなものとなっています。

 

1700913d

1700913b

地厚は薄め、リブ編みなので横方向に柔らかく伸びます。多少タイトに着ても圧迫感は感じず、着てしまえばストレスは皆無です。

GICIPI – Cotton Cardigan
col : Brown / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 6,800 (+tax)

 

1700913j

同素材で同色展開、タートルネックの長袖。
こちらもシルエットはややコンパクトめの標準タイプです。

 

1700913k

1700913g

GICIPI – Turtle Neck Long Slv.
col : Brown / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 6,800 (+tax)

 

 

1700914g

quotidien からもカーディガンが届いています。
こちらはいつものカットソー生地ではなく、裏が起毛した、少し厚手のタイプ、しかもクルーネックとなります。

 

1700914a

裏パイルでの起毛ではないので、スウェットとは若干違うのかもしれませんが、生地厚としてはそんな感じです。掻いて起毛させていますので、スウェット地より軽く、着心地がふんわりしてあたたかいです。

1700914e

1700914c

quotidien – Crew Neck Cardigan
col : Charcoal / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 12,000 (+tax)

 

派手さのない脇役的なアイテムも、いい感じで揃えられていると思います!

 

LINEで送る