GICIPI – Cotton Cardigan.

180209i

GICIPI のコットンカーディガンが入荷しました。
コットンピケのカットソーカーディガンは、実用性の高い “重宝アイテム” です。

 

180209l

180209k

きわめてベーシックなVカーディガンのかたちに、ピケ(鹿の子)生地。
カットソー生地のカーディガンは、ニットのそれと比べて何がどうかというと、洗濯など取り扱いにさほど気を遣わず、イージーケアであることが最大のメリットであると言えるでしょう。

ニットがなめらかで上品なルックスであるのに対して、カットソーは気楽なカジュアル、優劣ではなくやはり使い分けではないかと思います。

 

180209e

180209h

180209c

180209a

表面がスムースではないのがピケの特徴で、これがこのカーディガンの “ウリ” でしょう。
チノパンなどスムースな生地のボトム、ブロードなどのスムースな生地のシャツ、などと素材の切り替えが利いて合わせやすい雰囲気です。

 

180209j

GICIPI – Cotton Cardigan
col : Beige / Grey / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 7,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

1700924p

ARAN の新作パンツが入荷しました。

まずはブランドに敬意を表す意味も込めて、前回、定番のファティーグパンツから展開をスタートしましたが、以降、より ARAN のオリジナリティを感じられるようなアイテムをご紹介していくことになります。

今回は、生地もデザインもとてもよい、ベルトパンツのご紹介です。

 

1700924c

トップ糸(綿の状態から染められた糸)2色をミックスして織られたコットンツイルの表情がとても好く、イージーパンツの延長で穿けてしまうベルテッドのデザインも調子好く、たいへん完成度の高いパンツだ!というのが僕の評価です。

 

1700924q

ごつそうな生地に見えるかもしれませんが、オールシーズンのミドルウエイトで、非常にやわらかく、穿いていて非常に楽ちんです。
何より、2色の微妙に違う色の糸を使うことで生まれる奥行きと、それゆえの独特な色調が大きな魅力になっていると思います。

 

1700924e

1700924h

ディテールとして、もう一つ大きなものがあります。
裾の内側にゴムのアジャスターが備えられていて、これによって裾を絞ってシルエットに変化をつけられる仕様になっています。

 

1700924k

1700924l

1700924m

シルエットはくるぶし丈のテーパード型。
インプリーツの1タックが入り、股まわり、尻まわりがゆったりで、裾に向かって細くなります。

デザイン、ディテール、素材、これらトータルで見て、非常に凝っているな、というのは少し見ただけでも分かっていただけると思います。
デザイン的に適度な変化がありつつ、大人対応の質感の好さがある、という感じでしょうか。

 

1700924i

ARAN – Belted Pants
col : Lt.Grey / Lt.Brown / Charcoal
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

1700925e

GICIPI のサーマルシャツも届いています。
昨年、非常に好評でしたので、リピートです。

 

1700925g

1700925f

今年は杢グレーとシーズンカラーのブラウンの2色。

 

1700925d

通気性が好く、生地に暖気が滞留する組成のサーマルは、秋冬のインナーとしておすすめです。
コンパクトなサイズ感に加え、余分な厚みが出ないフラットシーマ、折り返さずに始末された裾など、しっかりアンダーウェアとしてのつくりをしています。

 

1700925c

GICIPI – Waffle Crew Neck Long slv.
col : Gringio Melange / Brown
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

1700911

Yarmo の Duster Coat が入荷しました。
今季のドライバーズジャケットと同素材のコットンツイルです。

 

1700911b

このダスターコートは、ドロップショルダーのゆったりシルエットが一番の特徴です。
生地がたっぷりした感じで緩く着るものですが、とてもきれいなシルエットになっています。ゆったり系が苦手という人にもこのコートはおすすめできる気がします。
特に食わず嫌い中の人、興味はあるけど自分にはしっくりこないと感じている人、是非お試しください。

 

1700911c

未洗いなので必要以上にきれいに見えますが、洗いざらしにして、がさっと羽織るとしっくりきます。流行のビッグシルエットというよりも、ちょっと大きめの古着を自然に格好よく着ている、というようなイメージで。

 

1700911e

緩めのインナーを着る人にもやはりおすすめです。
ゆったりシルエットのカットソーやシャツを着てしまうと、アウターのシルエットも考えなくてはならないはず。このコートはかなり対応能力が高いと思います。

 

1700911d

Yarmo – Duster Coat
col : Navy
size : 38 / 40
price : 23,000 (+tax)

 

1700913l

GICIPI の新作も届いています。
今回はコットンフライスのカーディガンとタートルネックです。

 

1700913c

シンプルなVカーディガン。
Vの深さは標準的、袖口と裾がリブ仕様でポケットは無し、シルエットもスタンダードなものとなっています。

 

1700913d

1700913b

地厚は薄め、リブ編みなので横方向に柔らかく伸びます。多少タイトに着ても圧迫感は感じず、着てしまえばストレスは皆無です。

GICIPI – Cotton Cardigan
col : Brown / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 6,800 (+tax)

 

1700913j

同素材で同色展開、タートルネックの長袖。
こちらもシルエットはややコンパクトめの標準タイプです。

 

1700913k

1700913g

GICIPI – Turtle Neck Long Slv.
col : Brown / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 6,800 (+tax)

 

 

1700914g

quotidien からもカーディガンが届いています。
こちらはいつものカットソー生地ではなく、裏が起毛した、少し厚手のタイプ、しかもクルーネックとなります。

 

1700914a

裏パイルでの起毛ではないので、スウェットとは若干違うのかもしれませんが、生地厚としてはそんな感じです。掻いて起毛させていますので、スウェット地より軽く、着心地がふんわりしてあたたかいです。

1700914e

1700914c

quotidien – Crew Neck Cardigan
col : Charcoal / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 12,000 (+tax)

 

派手さのない脇役的なアイテムも、いい感じで揃えられていると思います!

 

LINEで送る

GICIPI – V Neck Tee, Tank Top.

170521d

GICIPI のカットソーが入荷しました。
ベーシックな半袖Tシャツとタンクトップの2型となります。

 

170521f

やや深めのVネックに、シルケット加工され薄めのコットン地。表面に光沢感があることが特徴です。

薄手なのでインナーとして使うのもいいと思いますが、シルエットとしてはさほどぴったりではなく、Tシャツとしてだいたい標準的なバランスになっていますので、一枚単独で着るためのものになっています。ポケットも付いていますから。

 

170521h

白と黒はプレーン、他3色はヘザー調となっています。
Carbone は黒に近いヘザーのチャコール、Black は光沢感のあるベタ黒ですのでご注意ください。

 

170521j

170521b

170521k

GICIPI – V Neck Pocket Tee
col : White / Gringio Melange / Blu Melange / Carbone / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 3,900 (+tax)

 

170521n

タンクトップも光沢感のある薄手生地で、VネックTeeよりもう少し薄い感じです。
こちらはやや細めのシルエットになっていますので、インナーでというイメージとなりますが、サイズを上げて一枚で着るということも無しではないと思います。

 

170521q

170521r

170521o

タンクトップにはオリジナルの刺繍が入ります。

170521p

GICIPI – Tank Top
col : White / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 3,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170412c

FUJITO より新作入荷です。
ブランド定番の Tapered Trousers、Fuzz には初登場となります。

 

170412b

コットン80、リネン20の綿麻素材。高級コットンと言われるピマコットンとフランダースリネンが素材として混紡されています。

ピマコットンのやわらかさ、フランダースリネンの腰、光沢、ムラ感、特徴がうまく交じり合い、非常に上品な質感と見た目になっています。
どちらの素材も洗濯に強く、洗い込んで素材の好さが増してくるという性質がありますので、そこも大きな魅力と言えるでしょう。

地厚は春夏シーズン適応の 『やや薄地』 です。

 

170412a

モデルの特徴としては、その名の通り、テーパードシルエットが挙げられますが、これはきついテーパードの特徴的なシルエットを指すわけではありません。
股はゆったりしているものの、裾はそれほど細くありませんので、全体としては、『ゆったり感のあるスリム型』 という感じです。

また、ステッチを極力減らして、よりエレガントなルックスに、ということも大きな特徴となっていて、今回のこの上質なファブリックと相まって、非常に上品な雰囲気での仕上がりとなっています。

 

170412d

FUJITO – Tapared Trousers
col : Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 22,000 (+tax)

 

170410d

BASISBROEK の Bravo は昨年の好評を受けてのアゲイン。
昨年はブラックでしたが、今年はネイビーでのご用意となります。

 

170410a

深い股上に、ゆったりした股まわり、裾をギュッと絞って、アンクル丈、という個性的なシルエット。
ストレッチを利かせた独特のサマーウールの質感と相まって、モードの気配が漂う独特の雰囲気です。

これが、ウエストがゴム+コードのイージーパンツですので、気軽に穿けるタイプのパンツとなります。

 

170410b

てろんとした質感とマットな光沢感で、他にはない雰囲気となっています。

 

170410c

BASISBROEK – Bravo
col : Navy
size : 3
price : 16,000 (+tax)

 

170411a

イタリアのカットソーファクトリー、GICIPI の新作は、鹿の子ハイネックTee というおもしろいアイテムです。

ニットの編み機で編んだのではないかと思えるほど柔らかくて伸縮のある鹿の子生地となり、着心地の方もかなりのものとなっています。

 

170411b

170411d

ハイネックの半袖Tee というのもなんだか新鮮で、ちょっと上品な雰囲気です。
どちらの色も、生成色の糸との2色づかいで編んでいますので、ペッタリした色調でなく、深みのある色合いになっていることも特徴です。

 

170411e

トータルでは、なんとも品の好い、ヨーロッパの雰囲気かと思います。

GICIPI – Pique High Neck Short Slv.
col : Beige / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 5,500 (+tax)

 

LINEで送る