New Arrivals.

161011b

Ordinary fits から新作、フーデッド・カバーオールが届きました。
ありそうでないところをうまく突いたコートに近いようなジャケットです。

 

161011a

ワークからのアプローチではありますが、ヘリンボーンツイルでカーキということもあり、第一印象はミリタリーでしょう。
ワークとミリタリーとの中間くらいのニュアンスをうまく出しつつ、着易いジャケットにまとめたブランドの手腕が光ります。

肩をややドロップさせてゆったりめに着るシルエットも今の気分に合っていると思います。

 

161011d

161011c

161011e

Ordinary fits – Hooded Coverall
col : Khaki
size : 1 / 2
price : 21,000 (+tax)

 

161012f

Yarmo からは新型のベストが入荷しています。
背中にブラックリフレクターが付いているやや風変わりなベストです。

 

161012b

161012a

ソフトでライトなウールメルトン、一重仕立て。
ネックは狭からず広からずで、アウト、イン、どちらでもバランス好く使えると思います。

 

161012c

161012d

おそらく何か警備的な任務のためのウェアか、それとも海の上の何かか、その辺りがベースになっているのでしょう。
これがあると助かる!というものでもないと思いますが、これがないとちょっとつまらなく感じるのかもしれません。洋服というのはそういうものですね。

 

161012e

ちょっとゆったりめで、バランスは好いです。
メンズワンサイズでの展開となります。

Yarmo – Melton Reflective Vest
col : Navy
size : M
price : 22,000 (+tax)

 

161013a

今シーズンよりスタートの GICIPI、遅れていた分が届き、揃いました。
こちらはコットンの針抜きリブのファブリックとなります。

 

161013c

針抜きとは織り柄をつくり出す技術ですが、なんとなく通気性も高まるような気もします。
“凝ったアンダーウェア” という雰囲気が出ていると思いますがいかがでしょう。

 

161013b

Ⅴのヘンリーネック。

GICIPI – Needle Punching Henly Neck Long Slv.
col : Natural / Gringio Melange
size : 3 / 4 / 5
price : 5,300 (+tax)

 

161013d

同じ生地でハイネック。

 

161013g

161013e

GICIPI – Needle Punching High Neck Long Slv.
col : Carbone / Gringio Melange
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

161013h

最後、ボクサーショーツなんかもやっています。
こちらはハイゲージの薄手コットン生地で、タッチも好い感じです。

 

161013i

161013j

GICIPI – Boxer
col : Nero / Blu
size : 3 / 4 / 5
price : 2,500 (+tax)

 

入荷続々、大変ですが楽しい!

 

LINEで送る

GICIPI.

160915h

GICIPI のサーマルシャツが入荷しました。
新登場ブランドとなります、イタリアのカットソー専業ブランドです。

 

160915i

●GICIPI
1948年、ジチピ社はアンダーウェアファクトリーとして、イタリア・パドヴァで設立。ジチピ社では、生地のニッティング、縫製、洗い、出荷まで製造工程を一貫して自社で行っています。設立当時よりジチピ社の商品は生産にこだわり、現在も提供され続けています。

 

日本で流通するようになって、それなりの年月が経っていますので、僕も昔から知っていましたが、Fuzz では初めての登場となります。
これまでベーシックなカットソーといえば Pyjama Clothing にできる限り任せていたのですが、ここ最近になって、ピジャマは進化を進め、スタンダード・ベーシックの品番を減らして、よりデザインの凝ったモデルを増やすような流れとなっているようです。
デザイニングなピジャマも素晴らしいとは思いますが、定番ベーシックを減らされては Fuzz としては困りました。そこで白羽の矢を立てたのが、このイタリアの GICIPI です。

もはやイタリア国内では評価は定まっているようで、派手さはないものの、堅実で信用できるクオリティの製品を展開しています。
とりわけアンダーウェアを専門とするメーカーということなので、実は秋冬のインナー用カットソーで活躍してもらおうと目論んでいます。
実際はインナー向け製品だけを展開しているわけではなく、夏は夏で一枚で着ることができる製品もあります。

 

160915f

160915e

秋冬シーズンということもあり、ファーストチョイスはサーマルの長袖カットソーから。
これだけではないのですが、生産遅れがあったようで、残りは来月中旬くらいに入荷してくる予定です。

 

160915b

アメリカ系カットソーメーカーなら当たり前なのかもしれませんが、ヨーロッパ系を漁っていると実はなかなか目にしないサーマルシャツ。
ワッフル編みの生地は、なんとなく服好きの信頼が厚いような気がするのですが気のせいでしょうか。

 

160915a

立体感のある編み立てにより、生地内の空気の含有量を増やし、その分暖かいというのがサーマルシャツの暖かさの秘密です。当然ながら一般的なカットソーの生地に比べて肉厚となります。

 

160915g

160915c

縫い合わせ部分はフラットシーマで、また裾の始末は折り返しでなくロックをかけて、という感じで余計な部分に厚みがでないようにというアンダーウェアらしい配慮でつくられています。

シルエットも身体にフィットさせて着るタイトなものとなっていますので、使い方としてはやはりインナーづかいがメインになると思います。

 

160915d

GICIPI – Waffle Crew Neck Long slv.
col : Gringio Melange / Blu Melange
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

GICIPI は “アンダーウェア専門のカットソーファクトリー” ということで、他のメーカーでは真似できないこともけっこうあるようです。
今後の展開も是非お楽しみにしていただきたいと思います。

 

LINEで送る