Glacon – Round Collar Polo Shirt.

200419f

Glacon のラウンドカラーポロが入荷しました。
こちら長らくおなじみ、Fuzz の夏の定番。今期は白、紺、黒、テッパン3色をご用意しました。

 

200419e

グラソンのポロシャツのポイントは、『丸襟でかわいいね』 ということではありません。
大きく言えばシャツの方法論でつくられた鹿の子ポロシャツでありまして、元々テニスをルーツとするスポーツアイテムであることから、シャツと違って襟がペタッと平面的であることが特徴であるところを、あえてシャツの方に引き寄せたという性質のものです。

誤解を恐れずに言ってしまうと、鹿の子生地を使ったプルオーバーのシャツと言えましょう。
でもまあ生地は編地だし、着た時のバランス感はやっぱりポロシャツだから、シャツとポロシャツのハーフというような位置づけでどうでしょうか。

 

200419b

190422h

台襟の付いたラウンドカラーというのは、女性のブラウスのようではまったく無くて、むしろトラディショナルです。かわいく着るのではなく、格好よく着るということになります。

 

200419c

190422d

ポロシャツとしては袖もやや長めで、アームホールはシャツと同程度の広さがあり、袖口に向かって細くなっています。スポーティーなポロシャツとはこの部分もかなり違うポイントです。

 

190422l

そういうことですから、ワンポイントのごくシンプルなルックスではありながらも、実は着てみるとたたずまい異なり、まただからこそ、もうカラーは白、紺、黒と、基本的かつ普遍的な色を堂々と着ればいいのかなと思います。

性質としてはコンサバではありながらも、フランスのものらしいニュアンスと品の好さがあり、服好きが気持ちよく着られるポロシャツになっていると思います。

 

200419d

 

今期はサイズ展開を 3、4、5、と大きい方へ一つずらしました。
(ネイビーのみ、2のサイズが一着残っていました)

 

190422c

Glacon – Round Collar Polo Shirt
col : White / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 14,500 (+tax)

 

---------------

 

Belle、たいへん充実してきました。このような状況ですから、小底の作業がはかどっているようで、事前の想定よりもずいぶん早いペースで商品アップが進んでおります。
ただ、このような状況もありますから、事前の想定よりも販売については苦戦しているようなので、まだまだみなさんのお力を借りなくてはなりません。今回は、3人くらいのまったく知らない女性に話しかけて、Belle のことを教えてあげていただきたいのです。
ただ、このような状況ですから、知らない女性に話しかけるにも、外に出る機会が少ないと思いますので、やはりそれは結構です。知っている人におすすめをお願いできたら幸いです。

冗談はさておき、Belle も一つの独立したお店として見て頂けるのに充分なくらい、しっかり商品が並びました。ちょうど今のものと、これからのものと、いいバランスになっていると思います。
いやいや、手前味噌ながらいい店になってきたなと思います。僕は品々をセレクトするところまでで、その後は Fuzz で手一杯になってしまい、一度ブログを書いたという程度の、かなり薄い関わりになってしまっているのですが、ああ、こういう感じになったのかぁ、と感慨深いものがあります。

我々としては順調な仕上がりにつき、早く認知が進まないものかとヤキモキしているというのが正直なところなのです。
ああ、このような状況なんて、早く終わってしまえばいいのに。

ということで、時々、Belle の宣伝も入れさせていただきます。
ひきつづきご協力をお願いいたします。

 

*******

■送料無料&ポイントアップキャンペーン中!(4月30日まで)
①送料無料
②会員利用のポイントアップ( 通常3% → 5%)
③新規会員登録で 500ポイント付与

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

Glacon – Round Collar Polo Shirt.

190422m

今年も届きました、Glacon のラウンドカラーのポロシャツです。

昨年はストレッチ鹿の子という少し違った生地をセレクトしましたが、今年は戻ってベーシックな鹿の子生地で、ネイビーとブラックをご用意しました。
(昨年のストレッチ鹿の子は今年はラインナップされていませんでした)

 

190422c

190422i

 

シャツの仕立てで構成される “フレンチ” な鹿の子ポロシャツ。 信頼できるメーカーによるしっかり大人対応の定番アイテムです。

特徴としては、丸型の襟、そしてそれが襟腰(台襟)の付いた立体感のある “シャツの襟” であること、そして袖が先すぼみのかたちになっていること、などが挙げられます。

ワンポイントのシンプルなポロシャツですが、実は普通のポロシャツと意外と違う、というのがポイントです。
良し悪しでなく、いわゆる一般的なポロシャツというのは立体的でない襟が特徴で、これはテニスウェアをルーツとしているためです。
Glacon のこのポロシャツは、素材やおおまかなデザインはオーソドックスなポロシャツの態をなしていながら、半分くらいはシャツの要素が込められているのです。

 

190422e

190422g

190422b

 

190422l

『ちょっといいポロシャツ』 として、LACOSTE などと併用していただけたらと思います。
余談ですが、ポロシャツには3大派閥がありまして、ラコステ、フレッドペリー、ラルフローレンです。Fuzz に来られるお客さんだけの割合でいうと、どうでしょう、7:3:0 という感じでしょうか。
いやいや、最近は無所属の人が一番多いかもしれないです。

 

190422h

Glacon – Round Collar Polo Shirt
col : Navy / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180423d

今年も届きました、Glacon のポロシャツです。
例年、春夏シーズンの定番アイテムとして展開を続けていますが、今年は生地違いになりますので、ご注意ください。

 

180423e

いつもの鹿の子生地ではなく、ハイグレード版として今シーズンからラインナップされたストレッチ鹿の子となります。定番として使われている生地よりも目の細かい鹿の子編みとなり、よりタッチに繊細さを感じ、ややきれいめ指向の雰囲気かもしれません。
定番素材も選べたのですが、定番のプライスアップがありましたので、どうせならさらにいい方をやってしまおうと考えました。

 

180423b

Glacon のポロシャツはただのポロシャツではありません。要素として、半分くらいがシャツであるといっていいと思います。考えようによっては、プルオーバーのシャツに鹿の子生地を使って、ポロシャツのようにサイジングした、という言い方もあながち間違いではないように思います。

 

180423a

目を惹くラウンドカラーを筆頭に、台襟があるということ、袖がポロシャツにしては長く、袖口をやや絞っている、という大きな特徴があります。
一般的なポロシャツは、テニスウェアをルーツとするスポーツ系のアイテムであることも関係し、襟がぺったりと平面的であることが特徴ですから、アイテムとしての基本的な部分で違いがあるのです。

 

180423c

Glacon – Round Collar Polo Shirt
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 17,000 (+tax)

 

180424b

こちらも継続展開となります、Fileuse d’Arvor の半袖ニットTシャツ。
がちっと襟の詰まったボートネックが特徴で、本格的な French Marine の風を感じます。

 

170415e

170415f

ニット地ならではのエレガントさと、詰まり襟のボートネックのクラシック感、ということでしょう。
奇抜なわけでもなく、落ち着いた雰囲気ですが、ただものではない感じはそれなりに強く感じさせます。

 

180424a

Fileuse d’Arvor – Coton Knit Boat Neck Short Slv.
col : Navy
size : S / M / L
price : 11,000 (+tax)

 

170512a

SAINT JAMES の半袖ウェッソン。昨年の好評を受けて、こちらも継続です。

『デザインはおとなしくとも、Tシャツに比べてやや存在感が強いような気がするバスクシャツ。
ゴワゴワした生地感がウェッソンならではの独特の魅力であり、これでないと出ない雰囲気というものがあるように思います』
と去年のブログに書いてありましたが、今年もまったくその通りだと思います。

 

170512c

170512d

半袖とは言っても、SAINT JAMES の半袖は、微妙に長めです。

 

170512b

SAINT JAMES – OUESSANT Short Siv.
col : Navy / Noir
size : T3 / T4 / T5
price : 8,500 (+tax)

 

170416b

最後は Moulin Neuf の2枚組パックTシャツ。
こちらも定番で継続でフランスもの。2枚組が4種類、デザイン、プライス等変更なしです。

Moulin Neuf はフランスのカットソー専門メーカーで、いわゆるフランスらしいフライス時のTシャツを得意としています。フライス生地とは、もう一つTシャツでよく使われる天竺編みの生地と比べて、伸縮性が高く、身体にフィットさせて着ても動きやすいことが特徴です。

 

160420b

160420a

160420d

170416a

Moulin Neuf – 2 Pack Tee
col : Pin Border Pack / Marine Border Pack / Basic Pack / Tricolor Pack
size : S / M / L
price : 7,400 (+tax)

 

ということで、今日はおれたちの定番ばかり、さらにフランス攻めになりました。
デザインものでなく、クラシックであったり定番的なアイテムは、なるべく説得力があったり、なんとなくでもいいので独特の薫りがあったりというものを選びたいですね。

 

LINEで送る

New Arrivals.

170426a

毎シーズンおなじみとなっています、Glacon のラウンドカラーポロシャツが今年も入荷しました。

スポーツルーツではなく、シャツの仕立てで構成される “フレンチ” な鹿の子ポロシャツ。 信頼できるメーカーによるしっかり大人対応の定番アイテムです。

 

170426d

170426g

170426c

毎回の説明になってしまいますが、特徴としては、丸型の襟、そしてそれが襟腰(台襟)の付いた “シャツの襟” であること、そして袖が先すぼみのかたちになっていること、などが挙げられます。

ワンポイントのシンプルなポロシャツですが、実は普通のポロシャツと意外と違う、というのがポイントです。
良し悪しでなく、いわゆる一般的なポロシャツというのは立体的でない襟が特徴で、これはテニスウェアをルーツとしているためです。
Glacon のこのポロシャツは、素材やおおまかなデザインはオーソドックスなポロシャツの態をなしていながら、半分くらいはシャツの要素が込められているのです。

 

170426e

170426f

170426b

Glacon – Round Collar Polo Shirt
col : Navy / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 14,500 (+tax)

 

170422e

久しぶりとなります、STANDART AT HAND のシャツが入荷しています。
今回はリネンのプルオーバーのボタンダウンシャツを、クラシックな色柄で。

 

170422c

170422d

柄としてはトラッドゾーンで、メンズ好みのするものですが、シャツそのもののシルエットはゆったりのボックスシルエットとなっていて、なんとなくミスマッチを感じます。
カジュアルなリラックスウェアの根底にトラッド趣味みたいなニュアンスが潜んでいるという気がします。この味つけがこのブランドならではで、好き嫌いがはっきり分かれるでしょうが、好きな人にはがちっと感覚的に好きになるように思います。

 

170422a

170422b

ネイビー系のストライプとミニギンガム。
間違いない色柄は、どのようなスタイルにも必要とされるのです。

 

170422f

STANDART AT HAND – Pullover Linen Shirt
col : Navy Stripe / Dk.Blue Gingham
size : 8 / 10
price : 16,800 (+tax)

 

170425c

Pantherella の春夏向けコットンソックス。

高級エジプトコットンを素材とする薄地で上品なソックスとなります。
トラッドな雰囲気で、なんとなく格式高い雰囲気を感じさせる Pantherella のソックスは、ドレスからカジュアルまで幅広くですが、いずれにしてもきちっと本気のスタイルでどうぞ。
色柄から肌触りまで、すべてが上品です。

 

170425d

170425a

170425b

Pantherella – Egyptian Cotton Socks
col : Grey / Olive
size : Small
price : 3,200 (+tax)

 

170424c

オランダの Bonnie Doon のソックスは、カジュアルスタイルに。
面白いブランドで、奇抜なデザインもあるのですが、実用的な色柄をチョイスしています。

 

170424e

170424b

170424a

170424d

堅実なつくりで、かなりタフです。
僕も多数所有しているのですが、何がいいと言って、長持ちするのがいいです。耐久性の部分でもおすすめできるソックスなのです。

Bonnie Doon – Cotton Socks
col :Border Grey / Border Navy / Jacquard Grey / JacquardDenim
size : Men’s One (40-46)
price : 1,700 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170403d

ARMEN のリネンのジャケットが入荷しました。

ベントなしのワークジャケット系のテーラードジャケットに、製品染めによる “らしい” 質感、トータルでもやはり ARMEN 特有の雰囲気をまとったサマージャケットです。

 

170403e

170403b

170403a

シンプルなアイテムなので多くを語ることもありますまい。
しかしながら、カジュアルなテーラード型のジャケットということで気軽に羽織れそうだと感じるかもしれませんが、あえてブラックを選んでいますので、実は意外と簡単じゃなかったり。
少々気をつかってうまく雰囲気を出せると、他のどの色よりも格好良く着れるのがブラックのリネンではないかと思います。

いやいや、考えすぎるのもよくないかもしれません。

 

170403c

ARMEN – Linen Tailored Jacket
col : Black
size : 1 / 2
price : 25,000 (+tax)

 

今回、元々3のサイズがラインナップされておらず、染めの縮みの影響もあるのか、メンズの感覚ではXSとSというようなサイズ感覚となっています。

 

170402a

Yarmo の CC41シリーズより、ストライプのプルオーバーシャツが新モデルとして登場です。

ものとしては、ヨーロピアン・クラシックの海のワークウェア系のシャツとなり、生地からオリジナル生産され、しっかり雰囲気を出しています。
元々 Yarmo はワーク、マリンのウェアを専門に縫っているメーカーなので、非常に説得力のあるプロダクトであるとも言えます。

 

170402b

170402d

襟はバンドカラー、プルオーバー仕様で、シルエットはややゆったりめ。
ビッグシルエットとかオーバーサイズとかというよりも、身まわりだけゆったりしているというシルエットです。

 

170402c

しっかりした生地で、シャツとしてはやや厚地の部類に入るでしょう。
ヨーロッパのワークウェアをイメージした生地ですが、品が好く、クラシカルでありながら、カジュアルスタイルに取り入れやすい気安さもあります。

Yarmo – Pullover Shirt
col : Stripe
size : 38 / 40 / 42
price : 19,000 (+tax)

 

170326b

Glacon の半袖バスクシャツはフランスのテキスタイルメーカー Jules Tournier の生地をつかったシリーズ。

Tournier の生地は、品質もさることながら、やはりその上品なデザインが目を惹きます。トラッドやクラシック界隈のブランドよりも、高級メゾン系に生地を供給しているメーカーですので、ある種の “フランス的な華” のようなものを感じます。

 

170326c

モックネック半袖。
立ち襟はどちらかというとスモック系やガンジーネック的なニュアンスです。
トータルで見て、ただ者ではない独特な洒落感を感じていただけると思います。

 

170326d

Glacon – Jules Tournier Mock Neck Basque Shirt
col : Ecru*Black
size : 2 / 3 / 4
price : 15,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

kearny の眼鏡が各モデル再入荷して揃いました。
これから軽装シーズンになってくると、よりアクセサリーとしての眼鏡が輝きを増してくるはずです。シンプルでも華があり、味がある kearny の眼鏡に是非ご注目ください。

Pyjama Clothin も若干ですが再入荷をしています。
欠品サイズをすべて埋められてはいませんが、カーディガンとTシャツを少々補充できました。

 

LINEで送る