Hackney Union Workhouse.

201108zzz

Hackney Union Workhouse より、新入荷、今季入荷分、全てご紹介します。
4モデルですが、どれも既に店頭で好評を博しており、魅力的な品々となっております。

まずは久しぶりにブランドの紹介文を再掲しましょう。オフィシャルリリースです。

● Hackney Union Workhouse
英国サフォック州にある、さびれ崩れかけた19世紀のスローターハウスからハックニー ユニオン ワークハウスというブランドが生まれました。
ヴィクトリア時代の街並みを思い浮かべながら、職人やミュージシャン達のカジュアルなスナップ写真に興味を持ち、当時の写真の中に見られる独特のジャケットや帽子などの服は手作りでしかも長持ちします。きちっときまる服なのに普段着感覚、古い物の中にある新しさ、ファブリックのコントラスト、織物の手触り、そして粋な着こなし。そのすべてが現れる様な服を作りたいと思いました。
ハックニー ユニオン ワークハウスは、時間と技術を尽くしたパターン製作にあります。工房に来るパタンナーは、ロンドンはサビルロウのハンズマンで長年修業したマスターパタンナーです。どのデザインがどの生地に適するか、古いものと新しいものをどのようにして組み合わせるか、製作のプロセスは一番活気のある楽しい時間です。

 

201108b

毎年好評の Fisherman Long Coat。
今季は上品なツイードファブリックで登場です。

 

201108i

ポルトガルの老舗ミルによるシェットランドウールを素材とするやわらかなツイード生地です。毛羽立ち感もほとんど無く、生地面がきれいに揃っていて非常に上品です。
シェットランドなのでとても軽いと言うことも大きな特徴でしょう。そのためか、だいたい裏なしの一枚地であるところ、今回はコットンの総裏地二重の仕様になっています。この裏地もどうしても凝ってしまって、イタリア製のいいものだそうで、確かに軽くて柔らかいです。

 

201108c

大きな特徴は、大ぶりでおもしろい付き方をしているフードです。ドルマンスリーブ気味で身幅はゆったり、けれどボディはさほどルーズではなく、案外すっきりしたシルエットです。

 

201108g

201108e

201108d

独創的なデザインですが、羽織ってみれば案外と奇抜ではなく、普通のスリムなボトムなどとも好相性です。奇をてらったものでなく、実際、普通に格好いいし、モノがいい、というコートです。
Workhouse 的クラシックアイテム、つまりブランドの代表的なプロダクトとして継続展開されているのですから、さもありなんでしょう。

 

201108v

Hackney Union Workhouse – Fisherman Long Coat
col : Khaki
size : S / M
price : 68,000 (+tax)

 

201108o

同じ生地でベスト。
ベストアイテムも Workhouse 的バランスで、ファンが多いです。

201108l

201108n

トラッドのベスト、アウトドアのベスト、ワークウェアのベスト、どれとも違うオリジナルなバランスで、ややルーズで着丈がしっかり。しっかりした着丈があると、アウターとして着ている時に落ち着いた風情でバランスが好く、そこが人気の秘密だと思います。
アメリカンアウトドアのようなガバッとした身幅ではなく、印象としてはシュッとした感じではある、しかしトラッドのベストのように、キュッとしたコンパクトで窮屈な感じはない、という感じ。

 

201108k

デザイン的にも独特の味付けが為され、総じて他にないベストになっていると思います。このブランドならでは、というオリジナリティがうまく発揮されているグッド・プロダクトです。

 

201108t

Hackney Union Workhouse – Classic Gillet
col : Khaki
size : S / M / L
price : 35,000 (+tax)

 

201108p

初めてのセレクトとなります、パンツアイテム。
デッドストックのウールファブリックを使ったもので、生地惚れです。

 

201108q

Workhouse のデザイナーさんは、常日頃からデッドストックを探し回っていることで有名で、度々魅力的なデッドストックファブリックによるアイテムがリリースされます。
今回のこの生地も年代等不明のようですが、味わいのある色合いがなんとなくヴィンテージを想起させ、何とも形容しがたい魅力を感じさせてくれます。

 

201108r

生地の種類としてはウール100のメルトンで、しっかり地厚の冬向け生地です。

2タックでゆったりのごく緩いテーパードライン、丈はジャストからやや短めという、シルエットもまたあまり他では見かけないようなバランスです。
けっこうなボリューム感があり、ファブリックの魅力と相まって、しっかりと存在感のあるパンツとなっています。

 

201108s

201108u

Hackney Union Workhouse – Top Boy Trouser
col : Mole
size : 32 / 34
price : 34,000 (+tax)

201108y

最後はコットンスカーフ。
コートとベストの裏地で使われているもので、イタリアンコットンのソフトな生地となります。
これを縦長に折りたたんで縫い合わせ、縫った側の端をカットしてほつれさせています。また、両端が斜行したフォルムとなっていて、そこも独特。

 

201108x

巻き方はアズユーライクですが、いずれにしてもスタイルにちょっとしたアクセント、ニュアンス、影、みたいなスパイスを利かせるためのアクセサリーだと思います。

 

201108z

Hackney Union Workhouse – Workhouse Scarf
col : Black
price : 6,000 (+tax)

 

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

New Arrivals.

200406f

Hackney Union Workhouse より、新作のリネンのジャケットが届きました。
ナチュラルかつアーティスティック、らしい雰囲気満載です。

 

200406a

200406g

襟なしジャケットのかたち、同色系のカラーを切り返した独特なデザイン、シルエットはショート丈でルーズなボックス型、Workhouse ならではの唯一無二な存在感です。

麻100%のしっかりした生地で、サマージャケットという風体です。初夏や梅雨時などの羽織りとして最適なウエイト感となっています。

 

200406c

200406b

どう着こなすか、ということよりも、ただ着たら絵になるというタイプだと思います。合わせ方よりも、キャラクターとして着こなすという方が正しいような気がします。これ着たいなぁ、と思ったら、きっとキャラが合っているということでしょう。

 

200406e

Hackney Union Workhouse – The Printmaker Shirt
col : Beige
size : S / M / L
price : 38,000 (+tax)

 

200407a

SAINT JAMES のインラインから、スモックです。ずっとある製品らしいのですが、Fuzz では初登場となります。

 

200407b

一応シャンブレーということですが、太番手の糸が使われて、ウエイト感としてはデニムといった方が分かりやすいです。ムラ糸のデニム。

デザインとしては、ヨーロッパのクラシックなフィッシャーマンスモックのスタイルが継承されていて、本来的にはマリン・ワークウェアのメーカーである SAINT JAMES なので、説得力もしっかりです。モノとしての性格はバスクシャツと同じようなカテゴリーになるはずです。

 

200407d

200407c

200407f

200407g

SAINT JAMES – Smock
size : M / L
col : Lt.Blue
price : 13,000 (+tax)

 

---------------

 

緊急事態宣言が出て、新しい局面に入った感がありますね。みんな、さらに厳しくいきましょう、ということだと思いますので、社会の一員としての自覚をもって日々を送らなくてはなりません。
お店としてはどんなスタンスをとるべきか、非常に難しいところではありますが、ここは責任者として、自分自身の感覚を頼りにするより他はないと思い至っています。情報を得て、状況を見て、目先にとらわれずに判断していきたいと思います。

現段階で、Fuzz は通常営業です。状況的に危険はないだろうという判断がありますが、是非来てくださいとも当然言えません。僕自身は、勘どころをしっかり気をつけていれば可能性としてほとんどゼロにできるのではないか、という考えで、この状況下でご来店されるようなお客さんというのは、やはり同じような考え方で、きちんと気をつけている人であろうと思っています。

しかし何よりですね、通販サバイバルの幕が既に上がっておりまして、この先しばらくの間、我々はこれを避けることができません。きっとこれから大手セレクト勢が大砲をボンボン撃ってくると思いますが、臆することなく堂々と、しかし格好つけながら海に沈んでいくという事態にならないよう、なんとか生き抜かなくてはならないわけです。
そうなると、お客さんが来なくとも仕事の量は変わりませんし、僕はお店に出勤しなくてはなりません。お店に居るので、やむない外出をされた方が寄っていただけるよう開けておくという感覚が正直なところです。

ということで、ひきつづき宜しくお願いいたします。3月、4月、5月、こういう状況でなければさぞかし忙しかったであろう、その忙しさを、無理やりにでも別のかたちでつくり出すことができないと、勝ち残ることはできないような気がしています。
ちょっと今は来店は、、と考えているみなさんにおかれましては、是非このブログやオンラインショップをちょくちょくのぞきに来ていただけますよう、お願いする次第です。

来ないなら
買わせてみせよう
通販で

ご存知の通り、秀吉の句ですね。
この場合、信長と家康ではダメ。

 

*******

■送料無料&ポイントアップキャンペーン中!(4月30日まで)
①送料無料
②会員利用のポイントアップ( 通常3% → 5%)
③新規会員登録で 500ポイント付与

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

Hackney Union Workhouse.

200303p

Hackney Union Workhouse の20年春夏、新作ジャケット、ベストの登場です。
今回もオリジナリティ溢れつつ、しっかり格好いいプロダクトが届いております。

 

200303o

Roads Jacket はルーズシルエットのカラーレスジャケット。
流行のオーバーサイズではあるのかもしれませんが、Workhouse では独特の世界観が先に立ち、あまりイマドキな印象にならないように思います。
クラシックな感じとオールドテイストが根本的にあるものですから、今っぽいデザインに近くとも、やはり何かが違うと。

 

200303n

シルエットでアクセントになるからか、デザイン、ディテールはシンプルでミニマム。
に見せかけての、シークレットポケット(左サイド裾)という凝ったディテールは服好きには嬉しいでしょう。

 

200303d

表地はイギリス製のワックスコットンとなります。HALLEY STEVENSON 社製のファブリックで、ワックスコットンを得意とする有名な老舗メーカーです。

ワックスコットンと言えども表面にべたつきはなく、ドライタッチです。それでもワックスコットン特有のマットな質感と発色がしっかりあり、当然撥水性も備わります。
イギリス発祥のクラシックなアナログ機能素材は、もはやそのものだけで魅力的ですし、やはりイギリスの服とのマッチはおさまるべきところにおさまるというような、説得力のようなものを感じさせられて気持ちがいいです。

 

200303k

薄手のコットン地で袖裏までついた総裏仕立て。このブランドはデザインによる雰囲気だけでなく、物理的にも非常にしっかり服をつくります。

 

200303i

アームから袖口にかけてもしっかりワイドで、全体にルーズなつくりとなっています。何を着ていようと、その上からガバッといきますよ、という印象を受けます。

 

200303j

リップクリームでも入りそうなシークレットポケット。ですが、せっかくなので何か気の利いたものを入れておきたい気がします。

 

200303m

Hackney Union Workhouse – Roads Jacket
col : DK.Navy
size : S / M / L
price : 49,000 (+tax)

 

200303f

同素材でベストです。
こちらも一風変わったデザインで、ラウンドネックかと思いきや、折り返してラペルドのかたちでも着れますというもの。

 

200303g

200303h

タイドアップやスカーフ、バンダナなどでネックにアクセントをつける時はこう使うといいでしょう。とにかく印象はガラリと変わります。

 

200303e

こちらもシルエットはルーズです。また、Workhouse のベストは着丈がしっかりあることが特徴で、こちらも例に漏れません。
コンパクトなドレスベストでもなく、ワークベストやアウトドア系のベストとも違う、オリジナルなバランスです。

 

200303b

Hackney Union Workhouse – Woods Gilet
col : DK.Navy
size : S / M / L
price : 42,000 (+tax)

 

200303r

ブランドのルックでは2ピースでの着用もありましたので、よろしければ。

 

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

Hackney Union Workhouse – Coats.

191111q

Hackney Union Workhouse のコートが入荷しました。

ブランドとしては定番の2型、East End Coat は Fuzz 初登場、Fisherman Long Coat はアップデートが入り新しくなりました。
どちらも Workhouse 的クラシックという位置づけされる、”ならではの” 世界観が感じられるプロダクトとなっています。

 

191111b

East End Coat は、スタンドカラーと前合わせが独特の着丈長めのコートです。
デザインと世界観が19世紀的な雰囲気がして、いかにもオールドファッションをベースにする Workhouse のエッセンスを感じさせてくれます。

よく50年代や60年代のミリタリーやワークウェアを再現したプロダクトが何々のブランドから出てきたりしますが、Workhouse が見ているのはもう少しさらに古い年代です。

 

191111a

スタンドカラーに斜めの前合わせ、肩パッドが入って肩のかたちをしっかりつくり、腕の部分にダーツを入れて立体的にして、ウエストにシェイプが入ってシルエットを美しく見せます。
ある種のものものしささえ感じますが、格好いいことは確かでしょう。

 

191111c

 

生地はヘビーウエイトのコットンツイルです。先日ご紹介したジャケットと同じもので、厚地でいながらしなやかな質感、ソフトなタッチ、という上質生地です。
総裏地の仕様で、身頃はコットン、袖部は滑りのいいレーヨンの裏地が付きます。

 

191111d

ルーツとしてはワークウェアということですし、かしこまって着る必要はありません。前をオープンにして、ガサッと羽織るというスタイルで問題なく、渋い経年変化が期待できる厚地のコットンなので、ガシガシ着てくださいということです。

何か年代ものの古着を着たときと同じような、唯一無二の、他では味わえないような魅力を感じていただけるような気がします。

 

191111r

Hackney Union Workhouse – East End Coat *Cotton
col : Black
size : S / M
price : 54,000 (+tax)

 

191111g

同型の生地違い。コットンツイルはデイリーウェアとして、こちらはウールで週末用としていかがでしょう、とデザイナーさんがコメントしています。

生地はウールツイードとなっており、こちらはヨークシャーで手に入れたデッドストックの生地だということです。このブランドのデザイナー氏は、常にデッドストックの生地を探しまわっていて、毎シーズン、その成果がコレクションに反映されます。

 

191111i

191111h

適度な厚さでやわらかさもあるいい生地です。
チャコールの色合いもシックで、色味、質感共にコートのデザインと調子よくマッチしているように思えます。
ウールになると、自然、よりダンディな雰囲気で着ていただけるのではないでしょうか。

 

191111e

Hackney Union Workhouse – East End Coat *Wool
col : Charcoal
size : S / M
price : 56,000 (+tax)

 

191111m

こちら、New Fisherman Long Coat。
“New” がつくのはフードの付き方が新しくなった新バージョンであることを表します。以前も独特でしたが、今回もしっかりしたタブが付いてインパクトがあります。

 

191111k

ダブルブレストでややゆったりしたシルエット、ドルマンスリーブ気味に袖が付いて、着用感はゆったりしていますが、裾広がりでないため見え方は意外とスマートであるという特徴があります。

こちらもデザインが色濃く入って独特ではあるものの、不思議と外国的なクラシックさが感じられます。

 

191111o

厚地のウールメルトンですが、いわゆる海軍メルトンのような重たくて厚いというものではなく、適度です。こちらもデッドストックの生地となります。

 

191111n

もしかしたら、ヨーロッパ的Pコートとダッフルコートが合わさったような性質を持つがゆえ、なにがしかの普遍性を感じるのかもしれません。
Workhouse 的クラシック、格好いいです。

 

191111l

Hackney Union Workhouse – New Fisherman Long Coat
col : Black
size : S / M
price : 58,000 (+tax)

 

LINEで送る

Hackney Union Workhouse – Chinwest Jacket.

191010h

Hackney Union Workhouse の今季新作ジャケットが入荷しました。
スタンドカラーでやはり何か独特の雰囲気を持っている “Chinwest Jacket” というモデルです。

 

191010i

『100年前、イギリス、インド、中国の間で貿易が盛んであり、リバプールには多くの船が物資を運び入れていました。その時代の西洋と東洋が織り交ざったデザインとなっています』(デザイナー談)

ということで、何か特定のジャケットをモチーフにしたわけでなく、オリジナルのミックスデザインです。トータルで湧き出てくるこのブランドらしい雰囲気は確かに感じられ、古い年代にあった格好よさを上手に蘇らせてくれています。
イギリスをベースにするブランドだからこそ、こういう解釈になり、こういう着地点になります。ここはやはりそういうもので、日本のブランドにこれと同じ種類の格好よさを期待することはできません。Hackney Union Workhouse というブランドにしか生み出せないプロダクトであることは確かでしょう。

 

191010j

何よりファブリックが素晴らしいです。
ヘヴィーウェイトのコットンツイルは、綾目が際立って美しく、どっしりして厚みがありつつもソフトな質感で肌触りも抜群です。なかなか日本ではお目にかかれないような生地ではないかと思います。

 

191010g

特徴的なフロント裾のカッティングが目を惹きますが、他にも大きめの襟、大きめの比翼、スリットの入った袖口、ポケットのイヤーフラップ、等々、大小さまざまなディテールが贅沢に集められています。

 

191010e

191010b

191010f

一般的には、古い軍モノやワークウェアを原型にして、多少のアレンジをして、異素材をあてこんで、というつくり方が多いと思います。しかし Workhouse が見ている古い年代、古いモノ、というのは、一般的なブランドが見ている場所よりもさらに奥の古い時代であり、さらにそこから焼き増しではなく、独創的なアイディアでオリジナルのプロダクトを生み出します。

それだけ強いオリジナリティを持ちながら、そこで酔ってしまうことなく、立ち位置として現代のカジュアルファッションのフィールドに居るということが、またすごいなぁと思います。

 

191010a

Hackney Union Workhouse – Chinwest Jacket
col : Khaki
size : S / M / L
price : 54,000 (+tax)

 

LINEで送る