Hackney Union Workhouse – Coats.

191111q

Hackney Union Workhouse のコートが入荷しました。

ブランドとしては定番の2型、East End Coat は Fuzz 初登場、Fisherman Long Coat はアップデートが入り新しくなりました。
どちらも Workhouse 的クラシックという位置づけされる、”ならではの” 世界観が感じられるプロダクトとなっています。

 

191111b

East End Coat は、スタンドカラーと前合わせが独特の着丈長めのコートです。
デザインと世界観が19世紀的な雰囲気がして、いかにもオールドファッションをベースにする Workhouse のエッセンスを感じさせてくれます。

よく50年代や60年代のミリタリーやワークウェアを再現したプロダクトが何々のブランドから出てきたりしますが、Workhouse が見ているのはもう少しさらに古い年代です。

 

191111a

スタンドカラーに斜めの前合わせ、肩パッドが入って肩のかたちをしっかりつくり、腕の部分にダーツを入れて立体的にして、ウエストにシェイプが入ってシルエットを美しく見せます。
ある種のものものしささえ感じますが、格好いいことは確かでしょう。

 

191111c

 

生地はヘビーウエイトのコットンツイルです。先日ご紹介したジャケットと同じもので、厚地でいながらしなやかな質感、ソフトなタッチ、という上質生地です。
総裏地の仕様で、身頃はコットン、袖部は滑りのいいレーヨンの裏地が付きます。

 

191111d

ルーツとしてはワークウェアということですし、かしこまって着る必要はありません。前をオープンにして、ガサッと羽織るというスタイルで問題なく、渋い経年変化が期待できる厚地のコットンなので、ガシガシ着てくださいということです。

何か年代ものの古着を着たときと同じような、唯一無二の、他では味わえないような魅力を感じていただけるような気がします。

 

191111r

Hackney Union Workhouse – East End Coat *Cotton
col : Black
size : S / M
price : 54,000 (+tax)

 

191111g

同型の生地違い。コットンツイルはデイリーウェアとして、こちらはウールで週末用としていかがでしょう、とデザイナーさんがコメントしています。

生地はウールツイードとなっており、こちらはヨークシャーで手に入れたデッドストックの生地だということです。このブランドのデザイナー氏は、常にデッドストックの生地を探しまわっていて、毎シーズン、その成果がコレクションに反映されます。

 

191111i

191111h

適度な厚さでやわらかさもあるいい生地です。
チャコールの色合いもシックで、色味、質感共にコートのデザインと調子よくマッチしているように思えます。
ウールになると、自然、よりダンディな雰囲気で着ていただけるのではないでしょうか。

 

191111e

Hackney Union Workhouse – East End Coat *Wool
col : Charcoal
size : S / M
price : 56,000 (+tax)

 

191111m

こちら、New Fisherman Long Coat。
“New” がつくのはフードの付き方が新しくなった新バージョンであることを表します。以前も独特でしたが、今回もしっかりしたタブが付いてインパクトがあります。

 

191111k

ダブルブレストでややゆったりしたシルエット、ドルマンスリーブ気味に袖が付いて、着用感はゆったりしていますが、裾広がりでないため見え方は意外とスマートであるという特徴があります。

こちらもデザインが色濃く入って独特ではあるものの、不思議と外国的なクラシックさが感じられます。

 

191111o

厚地のウールメルトンですが、いわゆる海軍メルトンのような重たくて厚いというものではなく、適度です。こちらもデッドストックの生地となります。

 

191111n

もしかしたら、ヨーロッパ的Pコートとダッフルコートが合わさったような性質を持つがゆえ、なにがしかの普遍性を感じるのかもしれません。
Workhouse 的クラシック、格好いいです。

 

191111l

Hackney Union Workhouse – New Fisherman Long Coat
col : Black
size : S / M
price : 58,000 (+tax)

 

LINEで送る

Hackney Union Workhouse – Chinwest Jacket.

191010h

Hackney Union Workhouse の今季新作ジャケットが入荷しました。
スタンドカラーでやはり何か独特の雰囲気を持っている “Chinwest Jacket” というモデルです。

 

191010i

『100年前、イギリス、インド、中国の間で貿易が盛んであり、リバプールには多くの船が物資を運び入れていました。その時代の西洋と東洋が織り交ざったデザインとなっています』(デザイナー談)

ということで、何か特定のジャケットをモチーフにしたわけでなく、オリジナルのミックスデザインです。トータルで湧き出てくるこのブランドらしい雰囲気は確かに感じられ、古い年代にあった格好よさを上手に蘇らせてくれています。
イギリスをベースにするブランドだからこそ、こういう解釈になり、こういう着地点になります。ここはやはりそういうもので、日本のブランドにこれと同じ種類の格好よさを期待することはできません。Hackney Union Workhouse というブランドにしか生み出せないプロダクトであることは確かでしょう。

 

191010j

何よりファブリックが素晴らしいです。
ヘヴィーウェイトのコットンツイルは、綾目が際立って美しく、どっしりして厚みがありつつもソフトな質感で肌触りも抜群です。なかなか日本ではお目にかかれないような生地ではないかと思います。

 

191010g

特徴的なフロント裾のカッティングが目を惹きますが、他にも大きめの襟、大きめの比翼、スリットの入った袖口、ポケットのイヤーフラップ、等々、大小さまざまなディテールが贅沢に集められています。

 

191010e

191010b

191010f

一般的には、古い軍モノやワークウェアを原型にして、多少のアレンジをして、異素材をあてこんで、というつくり方が多いと思います。しかし Workhouse が見ている古い年代、古いモノ、というのは、一般的なブランドが見ている場所よりもさらに奥の古い時代であり、さらにそこから焼き増しではなく、独創的なアイディアでオリジナルのプロダクトを生み出します。

それだけ強いオリジナリティを持ちながら、そこで酔ってしまうことなく、立ち位置として現代のカジュアルファッションのフィールドに居るということが、またすごいなぁと思います。

 

191010a

Hackney Union Workhouse – Chinwest Jacket
col : Khaki
size : S / M / L
price : 54,000 (+tax)

 

LINEで送る

Hackney Union Workhouse.

190315v

Hackney Union Workhouse の新作ジャケット、ベスト、届きました。

もう一型ジャケットをオーダーしていたのですが、残念ながらボツになってしまい、今季分はこの3型で全てとなります。

ブランドの今季のシーズンテーマがゴッホということで、その名にちなんだり、本人が着てそうだったり、というコレクションということです。
僕自身はコレクションのテーマにはあまり関心はなく、個々のプロダクトを判断してピックアップしてくるので多くを語れないのですが、それぞれがなんとなくゴッホが着そうだな、似合いそうだな、というのは感じています。

 

190315e

今季新型、スタンドカラーのコットンジャケット。
新しいタイプのオーバーサイズシルエットと言えるかもしれません。

 

190315f

190315d

広めの襟、落ちる肩、ゆったりした身幅、着丈はしっかり。全体的にゆるく、大ぶりなサイジングになっているのが大きな特徴ですが、現行トレンド的なシルエットとはやはりニュアンスが異なり、あくまで Workhouse らしいオールドスタイルでの緩いシルエットです。

 

190315c

生地はしっかりしたコットンツイルで、実はかなり高価なファブリックです。どこがどうというのではないですが、実に味わいがあります。

 

190315g

190315a

デザイン、シルエット、質感、どこをとっても独特で、ブランドのオリジナリティを感じさせてくれます。

 

190315b

Hackney Union Workhouse – Arles Jacket
col : Dk.Navy
size : S / M
price : 49,000 (+tax)

 

190315n

同じ素材で、ベストです。
こちらもややゆるめにつくられており、これ単体でしっかりジャケットとして絵になるようなものになっています。
もちろん、前のジャケットも緩いので、対で着てしまうと最強感はいや増すでしょう。

 

190315i

Workhouse のベストの特徴は、着丈がしっかりあって、『ジャケットを上から着るためのベスト』 としてつくられているわけではなさそうです。
いわば 『袖なしのジャケット』 とでもいうような感覚で、アウターな感じが宿っているように思います。

 

190315k

190315l

着丈がしっかりあるベストは、太いパンツにもきれいに調和し、独特なバランスのコーディネイトが楽しめるはずです。

 

190315m

Hackney Union Workhouse – Arles Gillet
col : Dk.Navy
size : S / M
price : 36,000 (+tax)

 

190315o

こちらは麻のジャケット。やはり着丈がしっかりあって、アウターとしても映えます。
ですが、インで着ても映えそうです。

 

190315t

190315r

190315u

デザインと素材感から、何か 『本格的な感じ』 が伝わってきます。負けずにしっかり着ると、他では出てこない格好よさが浮かび上がるのではないかと思います。

 

190315s

190315p

Hackney Union Workhouse – Vincent Gillet
col : Indigo
size : S / M
price : 36,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

D.C. White のジャケット、パンツで、ご要望があって50というサイズを取り寄せました。ひとまずネイビーのみですが、様子を見て、必要がありそうでしたらグレーや Candidum の方も考えたいと思います。

いやいや、春が来ましたね~。

 

LINEで送る

New Arrivals.

181120a

Hackney Union Workhouse の定番コート、Fisherman Long Coat が今年もやってきました。

 

181120b

Fisherman Long Coat は、大ぶりなフードとダブルブレスト、ドルマンスリーブなどが特徴の、昔の漁師たちが着ていたコートをモチーフにしたコートです。

ゆったりしていますが、着丈がしっかりあるせいか、立ち姿は思いのほかすっきりしていて、不思議な感覚を味わっていただけます。
独特の存在感がありながらも奇抜ではなく、しっかり格好いいコートです。

 

181120d

181120c

181120h

181120e

181120g

着用サンプルとして昨年の写真を。恐縮です。

181120i

181120j

 

Hackney Union Workhouse – Fisherman Long Coat
col : Black
size : S / M
price : 58,000 (+tax)

 

181122c

Yarmo のドンキーコートも入荷しています。
今季はネイビーとオリーブの2色展開です。

 

181122h

181122a

大きくカールしたリブの襟が目を惹く独創的なデザイン、すっきりしたアームで、実はスタイリッシュなシルエット、なんとなくイギリスのカルチャーを感じさせてくれるルーツのあるアイテムである、というのがこのドンキーコートです。

クセが強い、アクが強い、と思うのは誤解で、着てみるとそのおさまりの好さに驚くはずです。

 

181122e

181122f

Yarmo – Donkey Coat
col : Navy / Dk.Holly
size : 38 / 40 / 42
price : 43,000 (+tax)

 

181118g

MIDA の新作ジャケット。
ダウンのライニングであたたかい仕様の冬ジャケットです。

 

181118f

ハリントンジャケットをベースにして、襟をニットリブのミニショールカラーにアレンジ。
男らしい系のジャケットであることには変わりませんが、少々チャーミングな雰囲気を加えたような印象です。

 

181118e

シェルは新開発の生地で、ピーチスキンのような極微起毛。スエードのような表層を持ちつつ、高い撥水性能と、なにより軽さを誇ります。

 

181118c

裏はダウンのキルティングになっていて、保温性も充分です。シルエットが膨らんでしまうほどの量ではなく、その加減も絶妙です。
ファッション性の高い、スタイリッシュなダウンジャケットとしておすすめです。

 

181118b

181118a

MIDA – Down Padding Rubber Shawl Collar Jkt
col : Beige
size : 46 / 48
price : 49,000 (+tax)

 

181121b

こちらは BASISBROEK の新入荷。
ゆるく着るタイプのウールジャケットです。

 

181121d

181121j

中厚のウールメルトンに総裏の二重仕立て、独特のポケットの付き方がデザイン的なアクセントになり、ドロップショルダーのボックスシルエットであることが一番の特徴です。

ここのところ、ゆったりしたトップスも扱いが少しずつ増えてきたので、対応するジャケットも用意せねば、と考えている次第です。
ゆるく着るカットソーや、厚手のスウェットやニットなど、インに多少ボリュームがあるものを着たいときに重宝すると思います。

 

181121c

181121h

どう着るか?を楽しめそうな、ちょっと新しい感覚のウールジャケットではないかと思いますので、是非トライしてみてください。

 

181121f

181121g

BASISBROEK – Vries
scol : Black / Dk.Green
size : 2 / 3
price : 22,000 (+tax)

 

LINEで送る

Hackney Union Workhouse.

 

181106a

Hackney Union Workhouse の新作ジャケットが入荷しました。
今回も個性溢れる魅力的なプロダクトが届いております。

 

181106o

Throw Shirt は、ラップフロントとでも言ったらいいでしょうか、特徴的なディテールを備えるウールツイードのジャケットです。
奇をてらったようなデザインに見えますが、着るときちんとバランスよく、そしてもちろん格好いいのがさすがです。

 

181106n

181106p 181106b

181106m

181106k

181106l

一重(ひとえ)なので 『Shirt』 とネーミングされ、シャツジャケットという態になっていますが、生地はしっかりしたウールツイードとなっています。ウールなので軽いは軽いですが。

肩を落としたボックスシルエットで、極端なオーバーサイズではなく、ゆるっとした感じがあるというバランスに留まります。

重厚でいながら不思議な雰囲気がありつつ、はじめ格好いいのか分からないけど、着てみるとなんともいえない格好よさに驚く、というのがこのブランドの真骨頂ではないでしょうか。

 

181106h

181106i

Hackney Union Workhouse – Throw Shirt
col : Charcoal
size : S / M
price : 39,000 (+tax)

 

181106d

Moor Gilet はツイードのベストジャケット。
素材は前述の Throw Shirt と同じウールツイードで、こちらはコットンの裏地が貼ってあります。

Workhouse のベストに共通するのは、どことなくヴィンテージの薫りがして、なんとなく重たさがあるということでしょう。
はじめからインナーで着ることを想定されたベストではなく、その素材づかいやデザインから、アウターでもしっかり着れるベストとして考えられているような気がします。
アウトドアスタイルのベストでは珍しくないでしょうが、こういったトラディショナルなデザインをベースにしながらのこのバランスは実は珍しいのではないでしょうか。

 

181106e

181106c

重たい軍パンや、太いコーデュロイパンツなどともよく合いそうです。
強い雰囲気があって、クセも強いはずですが、気合わせはしやすいのではないかと思います。

 

181106f

Hackney Union Workhouse – Moor Gilet
col : Charcoal
size : S / M / L
price : 28,000 (+tax)

 

独特の世界観、存在感をもち、服の格好よさが他では真似できない類いのものであるということが、Hackney Union Workhouse の魅力でしょう。
昨年好評だった Fisherman Coat も入荷しますので、後日ご紹介します。

LINEで送る