Hawkwood Mercantile.

190407n

久しぶりの登場となりました、イギリスの Hawkwood Mercantile。新作のシャツジャケット、プルオーバーシャツの入荷です。

まだまだ馴染みが薄いと思いますので、どんなブランドかというのを軽くおさらいしておくと、、
デザイナーは Richard Illingworth。ファブリックとディテールワークに愚直なまでにこだわり、ヴィンテージのミリタリーウェア、アウトドアウェアをベースにしたウェアをつくりあげています。
コツコツと細かいディテールを積み上げることでグッドデザインに昇華するといった手法によって、このブランドならではの、唯一無二の世界観をまとうプロダクトを生み出しています。

 

190407a

Peninsula Overshirt はオーバーシャツという名の通り、シャツジャケットです。
ファブリックはホークウッドの定番素材、English Ventile となり、発夏向けの薄手のものが使われています。
English Ventile とは、元祖であるイギリスのVentile社のベンタイルという意味です。高密織りによって撥水性を高めた、元々軍用につくられたコットン素材の生地となります。
撥水性という部分だけでなく、細番手の綿糸を限界まで度詰めて織った生地は、見た目と質感が上品であることも大きな魅力になっています。

 

190407b

ベースはフィッシング系でしょうか、とにかくアウトドアの薫りのするジャケットで、大きなフラップポケットが目を惹きます。
そして、さらに特徴的なのが、ボタンの付き方。ポケットや袖も含めて全てのボタンがナイロンテープで付けられています。いかにもアウトドアらしい雰囲気のディテールです。

 

190407e

 

190407d

やや大きめのシルエットでしたので、今回はサイズ取りを XS、S、M、ということにしています。

 

190407c

Hawkwood Mercantile – Peninsula Overshirt
col : Natural
size : XS / S / M
price : 25,800 (+tax)

 

190407i

プルオーバーシャツの Rigger Shirt。
胸のペン挿しと斜行したフラップポケットが大きな特徴です。

 

190407h

やや肩をドロップさせたゆったりシルエット、生地は上品な雰囲気のシャンブレーです。
ワークウェア的な粗いシャンブレーではなく、ドレス的シャンブレーというのもポイント。

 

190407g

Hawkwood Mercantile – Rigger Shirt *Chambray
col : Blue
size : XS / S / M
price : 21,800 (+tax)

 

190407k

同じモデルで生地違い、English Ventile のネイビー。
こちらも抜群の雰囲気です。

 

190407j

190407l

Hawkwood Mercantile – Rigger Shirt *Ventile
col : Navy
size : XS / S / M
price : 21,800 (+tax)

 

LINEで送る

Hawkwood Mercantile.

180310u

初登場です、Hawkwood Mercantile をご紹介します。
イギリスからやってきたホンモノ感満載のプロダクトです。

●Hawkwood Mercantile
デザイナーの Richard Illingworth は大学でテキスタイルデザインを学んだ後、フリーランスとしてラルフローレンをはじめ様々なブランドのテキスタイルデザインを手掛け、2016年にヴィンテージのミリタリーウェアとアウトドアウェアをベースにした自身のブランドをスタートしました。
イギリス国内では高品質な製品を小ロットでつくることが難しいため、インドに自社工場を設け、熟練したテーラーを招き、イギリスの生地と付属品を持ち込んで全て手作業でつくられています。

 

180310d

かなりの本格派な雰囲気、なかなかの濃さ、なんとなく感じるディープな世界感・・・
“HENTAI” だな、これつくった人、、と自然と思わせるプロダクトは、世の中にそうそうありません。半年前の展示会で見かけて、素通りできなかったジャケットたちです。
(※注:HENTAI とは常に褒め言葉である)

 

180310t

デザイナーのリチャード、今回ご紹介する Tryfan Anorak というモデルを着ています。
ヴィンテージの軍服に魅せられて、そこを本格的に掘っていこうというタイプのデザイナーさんのようです。ファッショナブルに展開するというよりは、一途にこの一本道を進みますといった潔いブランドであると僕の目には映りました。

 

180310q

Tryfan Anorak は現在ブランドを代表するモデルと言えるアノラックジャケットです。
ポケットの数が多く、また付き方が独特で、機能から生まれた美しさを感じることができるデザインではないでしょうか。

 

180310r

180310s

生地はイギリス製のしっかりしたドライワックスコットンです。撥水性と防風性が高く、タフなアウトドア素材といったタイプのファブリックで、非常にデザインにマッチしているように思います。

 

180310n

アナログでレトロな雰囲気の細かいディテールもお見事です。思えば同じイギリスの Universal Works にも似たようなテイストがありますから、同じようなところを見ているのかもしれません。
古くさいようにも見える小さなディテールを丁寧に重ねることで生まれる、なんとも言えない味わいが感じられます。

 

180310o

Hawkwood Mercantile – Tryfan Anorak
col : Navy
size : S / M / L
price : 39,800 (+tax)

 

180310e

こちらは USN のスモックを原型とした Gunners Smock。
はっきりとモチーフのデザインを踏襲していますが、デザインそのものと白いステッチがややポップな雰囲気ですので、ヴィンテージ・ミリタリーのゴツさはやや希薄かと思います。

 

180310f

フードの付き方と胸のフラップポケットが大きな特徴となって、こちらもなんとも言えないような味わいと存在感があります。

 

180310h

180310a

生地はこちらもドライワックスコットンが使われ、質感としてもかなりしっかり感のあるものとなっています。

 

180310c

Hawkwood Mercantile – Gunners Smock
col : Olive
size : S / M / L
price : 30,800 (+tax)

 

イギリスやフランスを中心としたヴィンテージ・ミリタリーの世界に、『スモック』 というジャンルが根強くあり、愛好家も少なくありませんが、そんな愛好家が手がけたプロダクトであることを強く感じます。ああ、好きな人が愛を持ってつくっているなと。

そんな世界なんて知らなかったという人の中にも、どういうわけか心惹かれるという人がいると思うのですが、いかがでしょうか。
もともとこのジャンルが好きだった人はもちろん、そうでない人も、スモックの世界がどんなものか、是非お試しになってみてください。

 

LINEで送る