Hervier Production S.A. – Bag.

160411a

Hervier Production × Arts & Crafts の2WAYバッグが入荷しました。
昨年も同じものを展開しましたが、なかなかの好評でした。
ブランドとしても手応えがあったのか、定番品番として毎期の展開ということになったようです。

 

160411b

生地はエルヴィエのオリジナル生産である “フレンチ・モールスキン”。
ややハードな後加工が為されていますが、ジャケットに使われているものと同じ生地です。
フランスの古いワークウェアに見られるようなヴィンテージの生地を再現したもので、毛足が短く、腰があり、非常に頑丈です。

 

160411c

デザインから縫製までのパッケージは日本のバッグ専門ブランド Arts & Crafts。
もともとブランドで展開していたモデルにエルヴィエの生地を充てました。

 

160411d

160411e

160411f

ハンドルと肩掛けとの2ウェイ仕様です。
ベルトはたすき掛けもぎりぎりいけるくらいの長さです。

 

160411g

モールスキンならではの風合いが見てとれるレベルまで、かなり強めのバイオ・ウォッシュをかけています。
部分的にアタリが出て、生地の腰もずいぶんソフトになっている状態です。

 

160411h

内部は完全に二重になっていて、全方面にポケットが配されています。
内側ポケットのみ、微妙な違いですが昨年との相違が見られます。これは実際の使い勝手をみての改良でしょう。

 

160411i

特に季節性の強いバッグではなく、年間通して使っていけるアイテムではないかと思います。

Hervier Production S.A. + Arts and Crafts – 2 Way Carry All Tote
col : Navy / Black / Brown
price : 19,500 (+tax)

 

僕自身、昨年に手に入れて充分使いましたが、使い勝手はとてもよかったです。
僕の場合は仕事用ということになるのですが、容量が大きく、頑丈であるというベースになる部分が◎で、荷物が多くなって重くなってくると、斜めに掛けて使えるという仕様が便利でした。
キャンバスバッグとも違う、レザーとも違う、意外なオリジナリティも好感を持てます。

一つ問題は、同じような生地のジャケットを着たときは、ちょっと濃いからやめておこうとなるのですが、その機会が僕の場合はまあまあ多いということです。(ジャケットの方をやめることが多かったです)

 

Arts and Crafts のプロダクトの素晴らしさについては、秋くらいにまた本格的に分かっていただけると思います。(ニヤリ)

 

LINEで送る

Hervier Production S.A. – French Stain Coverall Jacket.

160317n

Hervier Production の “フレンチワークジャケット” が入荷しました。
フランスのヴィンテージを模したオリジナルのモールスキン生地による、最強の現代版フレンチワークジャケットと言える逸品です。

 

160317d

デザインとしては、古い年代でないと目にしないタイプのラウンドカラーのカバーオールをベースにしています。
ポケットの付き方やパターンニング、そして何よりシルエットなどに現代的なアレンジが加えられ、ヴィンテージの重々しさをさりげなく排し、かつ本格感を残して仕上げています。
野暮ったさはないけど、ニュアンスは残す、ということを、嫌味なく上手にやりとげたジャケットであると言えるでしょう。

『雰囲気あるけど着にくい、、着やすくはなったけど何か雰囲気がない、、』
これはファッションの世界では難しい命題でありますから。

どこがどうだからとは説明しずらいですが、これはフランスで生地がつくられ、そして縫製までしているからこそ成功した稀有な例だと思います。

 

160317j

160317c

160317l

160317b

160317a

大切なポイントになりますが、春向けの製品だからか今回は裏地無しの一重で、仕上げに洗いをかけています。
着て洗ってを繰り返してのエイジングを楽しみたい派にとっては、この方がいいと感じていただけると思います。

 

160317f

160317h

ドットのシャツやスカーフなど、ちょっとフレンチとかヨーロッパな感じのするアクセントをつけて着るのがおすすめです。

Hervier Production S.A. – French Stain Coverall Jacket
col : Blue Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 39,000 (+tax)

 

予定よりかなり遅れての入荷でしたので、定休日前夜ですが慌ててのご紹介となりました。
もはやすぐに着れるような季節になってきましたね。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

3月22日(火)は定休日となります。

店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、3月23日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

Hervier Production S.A. – Soutien Collar Coat.

150918k

Hervier Production S.A. よりコートの新入荷です。

『こんなコートを、エルヴィエで・・・』 というこみあげてくる嬉しさがあります。
ヨーロッパのクラシックなスタイル、上質な素材と縫製、、、
過不足なく、非常に出来のいい、シンプルなステンカラーコートです。

 

150918j

150918i


トラッドな匂いのするコートでも、イギリスのそれとは趣が異なり、微妙にとっつきやすさが感じられるのが不思議なところでしょう。
トラッドの本場としてのブリティッシュの硬い、男らしさ、
モードの影響を受けてきたフランスの洗練されたエレガンス、
微妙なニュアンスですが、半ば無理やりにでも感じ取っていくと、お洒落が5倍楽しくなるはずです。

 

150918h

基本的に、オーソドックスなつくりに徹しているので、声を大にして指摘するポイントは少ないです。 襟の雰囲気もやりすぎず、かといってしっかり立体感があり、フロントは比翼、背のアクションプリーツもしっかりしていて、すべて安心して見ていられます。

ファブリックは打ち込みがっちりのコットンギャバジン、裏地に滑りの好いキュプラ。
セットイン・スリーブですが、肩は多少大きめにとっていますので、ジャケットの上から羽織ることも意識されたつくりになっています。
アームホールはオーバーコートとは言えないくらいの大きさで、要するに、どちらにも(普通にきれいに着れて、ジャケットのオーバーでも)使えるようにギリギリの設定になっているという印象です。

『ジャケットの上から着れますか?』
『ビジネス使用はできそうですか?』

この質問には、基本的には 『イエス』 とさせていただきます。
クラシカルなオーバーコートとしてつくられているわけではないですし、窮屈に感じる度合いや着込み方にもよりますので、完璧なイエスではなく、ケース・バイ・ケースであることはご理解ください。

150918g

150918a

150918e

150918d

150918c

150918f

150918b

 

Hervier Production S.A. – Soutien Collar Coat
col : Beige / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 44,000 (+tax)

 

“本格的なシンプルなコート” で納得のいくものを探すのは、なかなか難しいことと思います。
いろいろ割り切って探せば簡単ですが、ファッション的な観点でいくつかのチェックポイントを設定した途端、同じように見えて実は千差万別であることに気付くはずです。

薫りと陰影を持ちつつ、クオリティを満たすエルヴィエのコートは、Fuzz を利用してくれるようなそういう趣味のみなさんには自信をもっておすすめできる逸品です。

トラッドからカジュアルまで、幅広い着こなしを楽しんでいただけること間違いなしです!

 

LINEで送る

Hervier Production S.A. – Jacket.

150907l

Hervier Production S.A. のモールスキンジャケットが入荷しました。
“French Work” の雰囲気満載の本格派ジャケットです。

 

150907a

150907b

昨年好評をいただいたラウンドカラーのカバーオールタイプのジャケット。
ポケットの付き方など、アクセント的なデザインが少々入り、重たくなりすぎないような配慮を感じます。

ラウンドカラーは立体的で美しく、“フレンチカジュアル” な印象を強めているような気がします。
フランスらしいクラシックな風情と、同じようにフランスらしい小気味よさが同居して、不思議と強く訴えてくる魅力になっています。

 

150907h

150907k

今シーズンは、同素材の同じシリーズで、3ボタンジャケットもセレクトしてきました。
ワークテーラードのモデルも独特の使い勝手のよさがありますので、同様におすすめです。

あえてシンプルに着合わせることで、トータルのスタイルとしてただ者ではない気配が現れるのがこの種のジャケットです。
グレーのスラックスと合わせて、足元は spring court と Paraboot を気分で使い分けて、
(あ、さっそく MaTeS もいいですね、、)
というのが、一つの必勝法です。
そして、軍パンとのコンビでくだけたスタイルにも対応するという幅広さが、もう一つ非常に大きな魅力となっています。

 

150907e

ヴィンテージで見られるモールスキンの質感を再現するために、フランス国内でオリジナル生産した生地、本格仕立てのジャケットのようなキュプラ素材の裏地、国内外で高い評価を受けている美しい縫製。
単なる雰囲気だけでなく、こだわりのクオリティ、ディテールワークがしっかりと備わっています。

 

150907g

150907f

 

Hervier Production S.A. – French Stain Coverall Jacket
col : Blue Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 37,000 (+tax)

Hervier Production S.A. – French Stain 3 Button Jacket
col : Blue Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 36,000 (+tax)

 

毎シーズン、展開する品番数がさほど多くないこともあり、巷で目にする機会もそう多くないですし、派手なものをつくっているというわけでもないため、ブランドとしては地味に映るかもしれません。ですが、少数ながらも内容の濃い、通好みのプロダクトをつくるので、僕としては密かにおすすめしたい気持ちが強いブランドです。

こういうブランドこそ、騒がず、流行らず、本当に好きな人が胸を張って満足を得るという感じで続いていってほしいなと思います。
(我々には正当に騒ぐ権利があるような気がしますが!)

LINEで送る