James Lock – Muirfield.

161202p

James Lock の今シーズンが届きました。
今季もおなじみのキャスケットタイプ Muirfield です。冬らしく、ブリティッシュな、抜群のファブリックで5種類ご用意しました。

 

161202c

161202b

161202f

161202d

161202i

161202g

161202l

161202j

161202o

161202n

 

印象としては地味かもしれませんが、その分それぞれ渋いと言えるセレクトではないでしょうか。
僕は個人的に全て気に入っています。

キャスケットは着合わせ的には存外幅広いもので、まだの人には是非とも可能性を探っていただきたいアイテムです。James Lock くらい本物感がありますと、実はなおさら合わせる服装を限定しなかったりします。
伝統と格式だけでなく、しっかり内容も素晴らしいので多くのみなさんに楽しんでいただけたら幸いです。

 

James Lock – Muirfield *Wool
col : Black / Dk. Grey / Brown …
size : 57cm / 59cm / 61 cm *each
price : 17,000 (+tax) *each

 

LINEで送る

James Lock – Muirfield.

160515n

James Lock のキャスケット、今季分が入荷してきました。

今回はちょっとトラブルがありまして、発注していた分と内容が違って入荷してきました。
店頭やメールでのお問い合わせの際にご説明した内容と違ってしまった部分がありますので、恐縮ですが実際に入荷した商品をご覧になって改めて内容をご確認ください。

 

160515a

今季分も Muirfield というキャスケットのモデルです。
春夏向けの製品は、内側がメッシュの仕様になっています。

 

160515d

160515b

シルクヘリンボーン。
シルク100%でヘリンボーンツイードのファブリックとなります。

ウールツイードのようなふんわり感や毛羽立ちが無く、シルク特有のドライな質感にネップ感のある素材。さらに実際にネップも散りばめられていて、変化のあるネップツイードになっています。
ブリティッシュ・トラッドな風情を春夏期にも楽しめるグレイトなファブリックです。

James Lock – Muirfield *Silk Herringbone
col : Lt.Grey
size : 57cm / 58cm / 59cm
price : 18,000 (+tax)

実はこのモデルを色違いで発注していたのですが、生産段階でのトラブルがあったということで、この1色だけになってしまいました。

 

160515g

160515f

こちらはリネン100%のストライプ柄ファブリック。
ヒッコリーのような雰囲気ですが、こちらもイギリス的な薫りがしっかりあると思います。

“Masters of Linen” という品質の保証をする商標の付いた上質のリネンファブリックとなります。

James Lock – Muirfield *Linen Stripe
col : Navy*Beige
size : 57cm / 58cm / 59cm
price : 18,000 (+tax)

 

160515j

160515i

こちらも初登場の生地で、素材はコットン。バーズアイのような編み柄があって、これが織地でなく編地となり、柔らかな生地感となります。

地味だけどしっかり雰囲気があり、コーディネイトに取り入れやすい感じではないでしょうか。

James Lock – Muirfield *Cotton
col : Black
size : 57cm / 58cm / 59cm
price : 17,000 (+tax)

 

160515l

160515m

Fuzz では定番扱いということにしようと思います、継続のコットンブラック。実際はインクとかスミクロという感じの色合いです。

ハリ感のある生地で、味わいのある質感です。クセがなく、コーディネイトへの取り入れやすさはかなりのものです。
これは僕も所有していますが、既に何度も水洗いをしています。水を通すとまた表層が波を打って使用感が増し、独特の風合いがいい感じで出てきます。

定番と言うことで、サイズ展開も幅広くご用意しました。

James Lock – Muirfield *Cotton
col : Black
size : 56cm / 57cm / 58cm / 59cm / 60cm / 61cm
price : 17,000 (+tax)

 

それから、もう一つトラブルがありまして、サイズ展開に関してです。
6サイズご用意した最後の定番コットンのモデル以外、いつものように 57cm、59cm、61cm の3サイズで指定したのですが、届いたのは 57cm、58cm、59cm、という3サイズ。
小さい方から詰められていました。
今シーズンはこれまでと異なり、やや小さめの展開となってしまっています。

 

ということで James Lock。
今回はより渋めのセレクトにしたつもりです。
ここまでお問い合わせも多くいただいており、注目度も高いと思いますので、いくと決めていた方は多少急いでいただいた方がいいかもしれません。

 

 

LINEで送る

New Arrivals.

151201j

James Lock の帽子が入荷しました。

我らが重要アイテムであるキャスケット型の Murfield、初登場となるフェルトハットの Rambler という内容です。

 

151201k

1676年創業、我が国で言えば延宝4年、徳川4代将軍・家綱の知世。 今年で創業339年を迎える老舗中の老舗です。
イギリス王室御用達の伝統と格式あるメーカーであり、今なお健在で世界に知られるところとなっています。

 

151201l

お店的に定番指定をしている Murfield は昨年同様ウール+カシミア素材の単色無地と、新たにモノトーンのウールツイードでご用意しました。
シンプルかつベーシック、間違いないところかと思います。

 

151201c

151201b

ネップ感のあるドネガルツイード。
こういったクラシック風情は構えてしまいがちですが、意外と何にでも合わせられるので気楽に手を伸ばしてほしいと思います。
メルトンのコート、ギャバジンのコート、フラノのジャケット、Barbour のオイルドジャケット、、、

本来ならもう少しツイードで発注していたのですが、発注が遅かったせいで生地が終わってしまっているものが多く、今回はこの1種類のみとなりました。

 

151201f

初めてのセレクト、Rambler はクラッシャブルのソフトウールフェルトを用いた定番のトリルビーハットです。
少々ブリムが高めのクラシックなフォルムが James Lock ならではでありますが、よりカジュアルフィールドで使いやすいように、ソフトでライトな素材にして、丸めてもOK、テフロン加工で撥水性能も充分という仕様になっています。

 

151201g

151201e

図らずも少々今っぽさを感じるモデルとなっていますが、そういうことではありません。
トレンド関係なしに長く使えるのが James Lock の製品であり、そういう部分こそがブランドの由緒の正しさと格式の高さなのだと思います。

今っぽくとか関係ないところでハットかぶって長いコート着たいじゃない、という人も多いと思いますので、そういう層には特に強くおすすめしたいモデルです。

 

James Lock – Murfield *Wool Cashmer
col : Black / Charcoal
size : 57 / 59 / 61
price : 18,000 (+tax)

James Lock – Murfield *Wool Tweed
col : Black
size : 57 / 59 / 61
price : 18,000 (+tax)

James Lock – Rambler
col : Brown
size : 57 / 59 / 61
price : 22,000 (+tax)

 

151202c

151202b

151202a

一年お休みをしていましたが、リクエストの声が多く、復活。
一昨年と同じモデル、ヘアシープでカシミヤライニング、シームが表に出ないタイプですっきり感があり、僕が一番恰好良いと思っているモデルです。

 

Burfield – Leather Gloves
col : Black
size : 7H
price : 22,000 (+tax)

 

151203a

Pantherella のソックス。
“VINTAGE COLLECTION” というラインのなかからよさそうなアーガイル柄を見つけました。
間違いないと思います。

 

151203b

 

Pantherella – Merino Wool Socks *Argyle
col : Brown / Grey / Olive
size : M (7H-9H)
price : 3,200 (+tax)

 

今日はブリティッシュでトラッドな薫りが豊かな品々が揃いましたね。
ある堀さんが 『どうしたって冬はブリティッシュだ』 とよく言ってるのですが、これは冬のアイテムでは他のものより輝きが一つ違うぞという意味で、僕もまったくの同感です。
このあたりの魅力についてはこれからも変わらないでしょうし、我々もずっと逃れられないところだと思います。

LINEで送る