John Smedley.

191015l

John Smedley の新作ニットが入荷しました。
秋冬のスメドレーは極上メリノウールのプロダクトです。

 

191015k

あえてシンプルかつベーシックなデザインを着たいと思わせる、素材の好さと色の好さ。これが John Smedley の魅力のすべてと言っていいかもしれません。この素材、この色合いならば、よけいな飾りは要らないぞと。

今シーズンは、昨年好評だった襟付きのカーディガン PARWISH と、クルーネックのプルオーバー FARHILL という2型をご用意しました。昨年、店頭で PARWISH の24ゲージが好印象という声が多く、今回は2型ともに24ゲージのタイプとなります。
超ハイゲージの30ゲージの好さはもちろんありますが、24ゲージになると、わずかに光沢感が抑えられ、地厚となって、印象としてはよりカジュアルになります。30ゲージのパリッとした美しさが緩和されはしますが、同時に緊張感のようなものも緩和され、より一層身近で気軽な雰囲気になるような気がします。
もちろん、素材は共通ですので、ものの好さは少しも失われません。

また、カラーはどちらも今季新色の Hepburn Smoke という色をピンポイントです。判りやすい言葉にしてみると、インディゴなチャコール、暗いインディゴネイビー、などといった感じになるでしょうか。
これだけダークカラーなのに、他ではお目にかかれそうもない感がありありとあって、はっきりと 『いい色だ』 と思える、絶妙な色味でございます。

 

191015e

小ぶりの襟が付いたシャツカーディガン型 PARWISH 。襟まわりがエレガントです。
着こなし方によってはジャケットのような印象もあり、しかしシャツカーディガンとしてアウターのインに入れても少しも不自然でなく、、といういいところを突いたモデルです。

タイドアップして、襟を少し開いてVゾーンをつくっても格好よさそうですね。

 

191015a

191015f

John Smedley – PARWISH
col : Hepburn Smoke
size : S / M / L
Price : 35,000 (+tax)

 

191015j

こちらきわめてシンプルかつベーシック、クルーネックのプルオーバー、FARHILL。
あまりにベーシックゆえに、言葉もありません。
上等な質感、絶妙なカラーが際立ちます。

 

191015i

John Smedley – FARHILL
col : Hepburn Smoke
size : S / M / L
Price : 30,000 (+tax)

 

LINEで送る

John Smedley – Henley Neck Short Sleeve.

190406b

今シーズンの John Smedley はヘンリーネックの半袖をセレクトしました。
春夏はおなじみのシーアイランドコットンを素材とするハイゲージコットンニットになり、直接素肌に着るアイテムもおすすめです。

 

190406a

Vカーディガンやポロシャツなどの基本的な線を外して、ヘンリーネックのニットTシャツをセレクトしたわけですが、なにか新鮮なものを感じます。

そろそろジャケットのインにTシャツを、という感覚も少しずつ見え出したので、まずは最高峰からおすすめしたいと思った次第です。
単体で着るのも当然いいですし、ジャケットからのぞくインナーとしての活用もよさそうだというのはひと目で PIN とくるかと思います。

 

190406c

ヘンリーネックとひと口で言っても、やはり John Smedley はニットですから、一般的なカットソーのヘンリーネックと比べて、ネックのリブと前立てが格段に上品であることが大きな魅力になるかと思います。

このヘンリーネックが適度なアクセントになって、よりシンプルに着れる雰囲気に。コーディネイトの面でも非常に使いやすいポイントになってくれるのではないかと思います。

 

190406g

シンプルでエレガントなスタイルにも、はたまたあえて軍パンなどと合わせてコントラストを効かせるようなコーディネイトもイメージが湧きます。

もちろん、着心地は極上で、着心地が極上だろうなと、見ている方にもよく分かるほどです。

 

190406h

John Smedley – BENNETT
col : Sepal Green / Dark Leather / Black
size : S / M / L
price : 24,000 (+tax)

LINEで送る

John Smedley.

181010k

John Smedley のニットが入荷しました。
今年は少し趣向を変えたセレクトにしております。

 

181010d

 

シーズンモデルのバイ・カラーニット。
地味な2色によるツートーンですが、John Smedley の手にかかると非常に鮮やかな印象に。シンプルかつ大胆なデザインで、奇抜さではない華やかさを備えます。

 

181010c

最高級ウール素材、”ジョンスメドレーズ・メリノウール” による30ゲージのハイゲージニットは、他では真似できない老舗ならではの蓄積された技術のたまものです。
素材へのこだわり、ニッティングへのこだわり、という両輪によって生み出される極上の肌触りが、John Smedley ニットの一番の特徴と言えます。

 

181010a

2番目の魅力は、何といっても色彩でしょう。これは素材の良さと密接に関係しますが、この絶妙な色合いも他では味わえない大きなポイントであることは間違いないと思います。

 

181010b

John Smedley – CHARDON
col : Khaki*Orion Green
size : S / M / L
Price : 32,000 (+tax)

 

181010j

シャツと言ったらいいのか、ジャケットと言ったらいいのか、あるいは襟付きのカーディガンと言ったらいいのか、という24ゲージニットのモデルです。
小さな襟が上品に開き、気品のあるたたずまいに惹かれます。

 

181010g

24ゲージニットは、定番の30ゲージに比べると、明らかに厚さを感じます。といってもニットとして『厚手』 というところまではなく、30ゲージのハイゲージニットならではの光沢が希薄になることで、多少カジュアルな雰囲気になるという感じです。

 

181010f

絶妙なウエイト感で、インでもアウトでも使いやすいのが最大の魅力でしょう。
きちっと着れば絵になるし、オープンで少々ラフに着ても上品さは損なわれません。

 

181010i

John Smedley – PARWISH
col : Black
size : S / M / L
Price : 35,000 (+tax)

 

 

・ ・ ・ ・ ・

 

SANDERS、Cap Toe Chelsea Boots の今季の分が入荷しました。
SANDERS から、もう一型、新しいモデルが届いていますので、ここでは後で一緒に触れたいと思います。

Candidum のジャケットとパンツ 、チャコールのみ少数再入荷しました。
再入荷を待っている間にさらに販売が進んでしまったので、ネイビーの方も検討したいと思います。

 

LINEで送る

John Smedley – Sea Island Cotton Knit Cardigan.

180204f

John Smedley の新作カーディガンが入荷しました。
春夏シーズンのスメドレーは、シーアイランドコットンのハイゲージニットと相場が決まっていて、冬のメリノウールと並ぶブランドの看板と言える素材となっております。

 

180204b

今季も直球ど真ん中、Vカーディガンを選んできました。
春夏なのにダークカラー2色のチョイスですが、Navy はどちらかと言えば春夏の色ではないかと思っているし(どちらかと言えばですが)、新色の Flannel Black にどうしても惹かれてしまうし、ということでそうなってしまいました。

毎シーズンたくさんの色が用意されているのですが、何色を選んでも好い色なので困ってしまいます。ですがやはりメンズの基本はコンサバであろうと、昨今僕の中で固まってきていますので、こういったベーシックなアイテムでかつハイグレードなものは、奇をてらわないのが一番と思っている次第です。

 

180204c

春夏シーズンの定番素材、シーアイランドコットンについて、ブランドオフィシャルの文章を転載しておきましょう。

・・・・・

JOHN SMEDLEY’S SEA ISLAND COTTONは、栽培がとても難しく、相応しい気候、適度な土壌、正しい農芸技術とこれらの条件が揃った所だけに生育します。

その綿から取れる繊維1本の長さは35mm以上ある「超長繊維綿」であり、細さも1/100mmほどとシルクに次ぐため、コットンの中でも最上級な天然素材として珍重されています。
16世紀後半に西インド諸島を領有していた英国エリザベス1世が、その品質を高く評価し、長年にわたり門外不出にしてしまった歴史があるほどです。

 

180204a

ジョン スメドレーは、長年に渡りこの貴重なコットンの長い繊維部分のみを厳選して使用し続けており、通常のニットよりも数段きめ細かく編み上げ、JOHN SMEDLEY’S SEA ISLAND COTTON特有の感触をより繊細なものにしています。 その肌触りは軽く、柔らかく、シルクのような光沢と滑らかを持ち、肌にしっくりと馴染みます。通常の綿に比べて天然の撚りが抜きんでて多いため、空洞が多く、汗などの湿気をたくさん吸いとります。また繊維が長く撚り同士が絡み合っているため丈夫です。

JOHN SMEDLEY’S SEA ISLAND COTTONは、シルクのような光沢とカシミアのような肌触りを併せ持つ最高級天然素材です。
触れていただければすぐにそのすばらしさを実感できることでしょう。

・・・・・

ということです。

たしかに高級品の部類に入るものですし、これをお求めやすいとは言えませんが、内容とプライスがしっかり釣り合っていることは間違いないと僕は思っています。
感覚的に同じレベルの品質かなと思えるニットに出会った時に、John Smedley より低いプライスが付いているものは、これまでの経験上、ほぼ無かったのではないでしょうか。

そういう意味で世の中で価値のある製品でありつづけ、だからこそ、これだけ長きにわたって市場で生き残っているのだと思います。

 

180204e

今回のこのモデルは、『スタンダードフィット』 というもので、標準タイプのフィットとなります。インターナショナルのモデルなので、着丈がしっかりあります。ここまでいろいろと試しましたが、どうやらこのスタンダードフィットが一番バランスがいいようです。

 

180204d

John Smedley – WHITCHURCH
col : Navy / Flannel Grey
size : S / M / L
price : 32,000 (+tax)

 

何かしらの場面で何かしらの経験があると思いますが、基本的で単純なものほど、モノとしての良し悪しは現れやすいです。これはこと服に限らず、いろいろな面における真理なのかもしれませんね。

 

LINEで送る

John Smedley – 30g Merino Wool Knitwear.

1700923g

John Smedley のニットが入荷しております。

春夏はシーアイランドコットン、秋冬はジョンスメドレーズ・メリノウールがブランドのお決まり。今回は秋・冬に向けた、最高級のメリノウールによる極上のシンプルアイテムです。
シンプルかつベーシックの極みでありながら、代えの利かないオリジナリティを誇るのが John Smedley ではないでしょうか。

 

1700923f

最高級のメリノウールを素材とし、30ゲージのごく繊細なニット地、これにつきます。
素材が好いからこその、発色の好さ、色調の好さ、そして肌触りの好さ、とすべてつながってきて、単調なベーシックアイテムながら誰も真似のできないものとなります。

数あるモデル、数あるカラーから、実使用を見据え、末永くつかっていける2品を選んできました。

 

1700923d

クルーネックのオリーブグリーン。
オリーブとかカーキという色調は範囲が広く、明るさ暗さ、緑味黄味、によってかなり幅があります。さすがの John Smedley はうっとりするような上品なオリーブグリーンを提示してきました。
ずっと付き合っていけそうなオリーブではないでしょうか。

 

1700923c

1700923e

シャツの上から着て襟を出して、というのも当然いいですが、インをカットソーにして、丸襟のままさっぱりとカジュアルに、というのも気分ではないでしょうか。

John Smedley – LUNDY
col : Kielder Green
size : S / M / L
Price : 30,000 (+tax)

 

1700923b

問答無用のネイビーのVカーディガン。
これに関しては特に言うことはありません。要か、不要か、あとは各自のタイミングのみ、という感じでしょう。

 

1700923a

John Smedley – PETWORTH
col : Midnight
size : S / M / L
price : 34,000 (+tax)

 

John Smedley はベーシックアイテムだけでなく、実は毎回シーズンアイテムも充実しているのですが、やはり目が行くのは一生付き合えるシンプルベーシックの分野になってしまいます。

ですがその方が Oliver Spencer などと好い対比になってちょうどいいような気がします。
今の気分を上手にすくいながら独自なデザインを展開する オリバーの服と、いつまでも変わらない極上のベーシックであるスメドレーを着合わせる、ということで両者の好さを引き立てあうように思います。

 

LINEで送る