New Arrivals.

161108b

Kei Macdonald の新作ニットが入荷しました。
らしさ満点のきれいな色味に、ほのかに薫るトラッドの味わい。今回も非常に上品で、上質、そして安心して着られるバランスの好いニットに仕上がっています。

 

161108a

実は今回も機能素材を使っています。
『エアリースパン』 という毛糸メーカーが開発した特殊毛糸ということで、ウール・アルパカ混の素材。通常よりかなり多くの空気を含むやわらかい糸らしく、編地にしてみると一触瞭然、ふわふわ感がものすごく、軽くて暖かく、やわらかくて肌触りも好いというたいへんな優れものです。

メリノの好さ、カシミヤの好さと、ウールの好さはそれぞれありますが、この繊細でふわふわ感がすごいというのは案外無かったかもしれません。

 

161108c

そして、女性デザイナーならではの色合いのセンスの好さ、色づかいのやわらかさ、このあたりは是非感じていただきたい Kei Macdonald のニットの確固たる魅力です。
で、意外と男っぽいデザインをベースにするところも Kei さんの特徴だと思います。

Kei Macdonald – Airy Spun Baby Alpaca Pull Over
col : Green
size : S / M / L
price : 24,000 (+tax)

 

161109b

こちらは FUJITO の新作ニット。
スマートなローゲージニットをつくりました。

 

161109a

単色ですが、胴部が畦編み、袖部が普通の編み、切り替え部分には意匠の編みが入り、きちっとデザインされている印象のするセーターとなっています。

素材はシェットランドウール、ローゲージの糸で地厚はなかなかのものになります。
胴部のみ畦編みになっていますので暖かさが一段高く、袖もまあ厚いですが、畦編みにするよりばたつかずにいいと思います。

クラシックなローゲージのセーターというのは往々にしてもっさり、もったりなシルエットが多いと思いますが(それはその好さがあることは置いて)、こちらは全般すっきりしたシルエットになるよう仕上げています。
分かりやすいのはアームホールですが、もたつかずにバチっと細身になっています。
このあたり、せっかくのファッションブランドですから、格好よく着たいというのがインポートものも多く扱いのある Fuzz の考え方です。

 

161109c

ナチュラルな印象のブラウンもいい感じ。濃淡の差がある糸を撚って編んでいるので、自然メランジ調になり、これがクラシックな薫りを出してきます。

FUJITO – Rib Knit Sweater
col : Brown
size : S / M / L
price : 19,000 (+tax)

 

160102h

定番モデルとなるデニムジャケット、ずいぶん遅れましたが無事届きました。
今からの時期なら、この上からアウターをいく、という構えで楽しむがいいと思います。

 

160102g

アイテムの内容については、前回入荷した時の説明文を再掲します。

===================

ベースになっているのは Levi’s の 3rd モデル。
特有の野暮ったさを排して、スタイリッシュに着れるようなアレンジが為されています。

襟を FUJITO風に美しくして、
着丈を気持ち長くしてオリジナルのちと短すぎるかと思わされるバランスを整え、
シルエットを美しくするためアームホールを思いきって細くして、
ジャケットとして機能的に感じるようサイドにポケットを配し、
インナー使いで便利であろうと絞れるアジャスターを備え、、

という感じで、Gジャンの基本的な好ましさをきちっと押さえつつ、よりストレスなく使えるようなファッションアイテムとして昇華しています。

ちょっとしたストレスが少しずつあるせいで、なんとなく全体的にもったいない感じになりがちなGジャンも、安心して着られるようになれば便利この上ないアイテムになるはずです。

===================

 

160102a

FUJITO – Denim Jacket
col : Indigo
size : S / M / L
price : 29,000 (+tax)

 

161107a

Johnstons のマフラー、今年も入荷しました。
今年はカシミヤ100の単色、カシミヤウールのマルチカラーチェックという内容です。

 

161107b

UKトラッドなイメージのジョンストンズ。男女問わず、間違いない系のブランドです。

スカーフ、マフラー、、シンプルなものだったり、トラッド系のものであれば、ジョンストンズから選ぶのはやはりおすすめです。
質感、色味、すべてにおいて確かなものを感じさせてくれる本物です。

 

161107d

こちら、マルチカラーのブロックチェック。カシミヤとウールが半々くらいのやや薄地。
シンプルなコートスタイルなどに、上品なアクセントを。

Johnstons of Elgin – Cashmere Wool Scarf
col : Multi
price : 19,000 (+tax)

 

161107c

こちらはカシミヤ100%の単色。25cm幅のタイプでボリューム感の出ないサイズとなります。
パキっとしたロイヤルブルーと落ち着いたベージュ。攻めと守り。

Johnstons of Elgin – Cashmere Scarf
col : Otter / Blue
price : 23,000 (+tax)

 

エルヴィエのコート、あるいはユニバーサル・ワークスのトップコートにサンダースのチェルシーブーツ、そしてジョンストンズを首に巻いて、ローレールのベレー帽を、、、

フジトのデニムにサンダースのチャッカブーツを履いて、ニットはどれが合いそうか、、、

入荷が進み着合わせが一層楽しくなってきました。
寒さは若干きつくなってきましたが、着れるものは格段に増えた!

 

LINEで送る

Johnstons of Elgin – Wool Cashmere Scarf, Muffler.

151112i

Johnstons of Elgin のスカーフ、マフラー達が届いています。

今年も色合いの美しさ、コーディネイト的な色合わせのしやすさなど、せっかくの Johnstons なら、、という観点でより厳しい目で選んできました。

それぞれ、素晴らしいです。

 

151112a

高品質ウール 『エクストラファインメリノ』 のシリーズで、“らしい” チェック柄スカーフ。
質感と色味の上質さからくる上品なチェック柄は、つかいやすさ抜群です。
多色づかいゆえに、コーディネイトの色合わせ可能域が広く、シンプルスタイル派のアクセント役になってくれるはずです。

 

151112j

こちらもエクストラファインメリノ。
半分でカラー切り替えのボーダー柄で、巻いた時に味わいが出てくるおもしろい柄です。

 

151112k

151112c

感覚的に “スカーフ” という呼びたくなるくらいのやや薄地です。
適度な遊びごころで、より上品な印象です。

 

151112l

こちらはカシミア混の、『マフラー』 と呼びたくなるタイプ。
リバーシブルで同じ色をトーンで違えて、巻き方次第で見え方が変わってくるという、こちらもちょっとした面白味を備えたモデルです。

 

151112e

151112g

151112d

しっかり二つ折りにして単色無地の見え方で2色分楽しみつつ、ねじりながら2色同時のミックスづかいもなかなかです。
『柄よりも色!』 という人は膝を叩いたはず。

 

Johnstons of Elgin – Wool Check Scarf
col : Multi
price : 11,000 (+tax)

Johnstons of Elgin – Wool Border Scarf
col : Red / Yellow
price : 11,000 (+tax)

Johnstons of Elgin – Wool Cashmere Scarf
col : Blue / Red / Beige
price : 13,000 (+tax)

 

マフラーをたくさん持っていても、結局こればかりつかっている、、
ということは多いと思いますが、それがどういうものかと見てみると、単純に、肌触りが好いなどの品質の部分で優れていることが多いと思います。

ジョンストンズのスカーフは、巻き物類の数が増えすぎたと思っている人にほどおすすめしたいアイテムで、このあたりを一つ二つ持っておくと、この次からのセカンド、サードチョイスがしやすくなるのではないかと思います。

そろそろ、スカーフなりマフラーなり、巻きたい季節ですね。

 

LINEで送る