Kei Macdonald – Special Knitwear.

191107w

Kei Macdonald のニットをご紹介します。
プルオーバーとカーディガンの2型。今回は企画段階から丁寧に希望を伝えてつくっていただいた Fuzz オリジナルの特別製品となります。

 

191107u

まずはプルオーバータイプから。

まず素材はメリノウールをメインとして、ベビーアルパカとキッドモヘヤの混紡糸となり、これは Kei さんが長年信頼して使用しつづけている上質なものです。
これをミドルゲージの中厚地でプルオーバーで、やや低めのモックネックで、そして3色のパネルボーダーで、仕立てていただきました。

 

191107l

191107s

配色はどちらもまったくの Fuzz のオリジナルとなっております。
僕が色の組み合わせを伝えた時、Kei さんはかなり驚き、かつ心配していたのですが、出来上がりの連絡をいただいた際には、『松崎さん、すごい!』 と言っていただけました。
これは Kei Macdonald のオリジナルでは考えつかない配色です、とはっきり言っておられましたので、カラーだけでもスペシャルなものになっています。
どうでしょう、A.P.C. や MARNI なんかがこんなニットをつくっていそうな気がするのですが・・・

 

191107r

191107n

とてもソフトで着心地がいいです。そして、高品質の素材とニッティングですから、着た時の品の好さがしっかり感じ取れるはずです。

 

191107o

191107p

Kei Macdonald – Alpaca Mohair Low Mock Neck Pullover
col : Mustard / Brown
size : S / M / L
price : 29,000 (+tax)

 

191107v

こちらはローゲージの畦編みのヘビーニット。
ヘビーニットと言っても、インバーアランなどの本格派のような無脱脂でごつくて重いものとは違い、厚さ、重さはほどほど、見た目以上に着やすく温かいものになっています。

 

191107k

191107d

素材はカムバックウールという、ブリティッシュウールとメリノウールの交配種となります。ブリティッシュウールの野趣溢れるバルキーな質感と、メリノウールのやわらかさのいいところ取りをしようという野望のもとに生まれた羊の毛です。

クラシックな見た目と着心地の好さを兼ね備え、こちらもブランド定番の糸として、Kei さんが毎年使っているものですので、非常に安心感があります。

 

191107b

これまでメンズではつくっていないということだったので、クルーネックのカーディガンにしていただき、カラーはもちろん、生地の厚さやボタンなどもリクエストに応えていただきました。

クルーネックでラグランスリーブ、というのがたいへん気に入っています。

 

191107j

インバーアランやカウチンセーターをヘビーニットとするなら、厳密に言えばヘビーニットの一歩手前くらいでしょうか。分厚くてケーブルなどの複雑な編みで、というものではなく、やわらかく伸縮する畦編みはしめつけもなく快適です。

 

191107g

191107f

Kei Macdonald – Come Back Wool Crew Ncek Cardigan
col : Beige / Mocha
size : S / M / L
price : 34,000 (+tax)

 

Kei Macdonald のニットは、デザイナーである Kei さん本人の意向で、上質な毛糸だけを使い、ニッターさんが家庭機、手横機で一着一着編むハンドフレームニットのみとなります。
ハンドフレームの製品は糸の風合いを損なわず、柔らかな仕上がりになるため、ニットそのものが上品になることが特徴です。

そして、ハンドフレームニットだからこそ、少数での細かいアレンジに対応することができるのも魅力です。僕としては、Kei Macdonald のニットの良さを、Fuzz の客層とマッチさせるべく、ちょっとアレンジしていただく、つまりはデザイナーとお客さんをつなげる、ということを狙っています。
Kei さんというのは、メンズのデザインではトラッド志向が強く(レディースではけっこうかわいらしいものも多いのですが)、ダンディな雰囲気のものが多い印象で、並んでいて一番映えるのはデパートのはずです。もちろん Fuzz もトラッドやダンディは好きですが、メインフィールドは “カジュアル” です。そこで、Kei さんのニットのセンスを損なうことなく、Fuzz 好みのテイストに近づけていただく、ということで不肖わたくしが暗躍している次第でございます。

やはりニットにはニットにしかない魅力があり、またインポートのニットにはインポートのニットの、またジャパニーズニットならではの好さも当然あります。
まだ朝晩に限られますが、いよいよ寒さを感じることも増えてきましたので、是非とも Kei Macdonald のニットを体感してみてください。

 

LINEで送る

Kei Macdonald.

181116x

Kei Macdonald のジップアップのニットジャケットが入荷しました。
こちら、Fuzz の別注というかたちで特別につくっていただいたもので、今冬の重要アイテムの一つと言える、スペシャルなプロダクトとなっております。

 

181116w

もちろんデザインは Kei さんのもので、素材、糸からカラーまで僕の方で選ばせていただきました。
数ある毛糸から、極上のシェットランドを選び、長く着れる大人カラー3色をピックアップしました。

 

181116f

まずはこのジップアップのスタンドカラーのスタイルが、着ると脱ぐのしやすさという実際的な使いやすさに加え、着こなしの面での使いやすさを備え、総合的に非常に優れものであると思っています。
ジャケット然とした佇まいも、キリッとしていてスマートな印象が強く、メンズらしい端正な雰囲気があるように思います。

 

181116n

181116t

襟を開くと具合よく立ち上がり、いっぱいまで閉じればハイネックの態をなします。
インナーにはタートルネックのカットソーもよし、シャツとの相性は抜群。ジップを閉じてさらにアウターを羽織れるのもこのスタイルならではでしょう。

 

181116k

181116c

181116o

しっかりときつめにニッティングされ、それなりの腰と厚みもありますが、着てみるとシェットランドウールゆえに見た目ほどの重さはありません。
ローゲージのオイリーなウールにあるどっしりとした重さにもクラシックな好さがもちろんありますが、実際に着るとなると、こちらの方が軽くて暖かいのではないかと思います。

 

181116c

単色ではありますが、編地の切り替えによるアクセントが入り、上品な雰囲気が加えられています。こういったデザインはニットならではのもので、ニットゆえの魅力になる部分でしょう。

 

181116g

フロントはダブルジップになっているのも嬉しいポイントです。

 

181116q

Kei Macdonald – Shetland Zip Jacket
col : Black / Dk.Brown / Khaki
size : S / M / L
price : 29,000 (+tax)

 

Kei Macdonald のニットには、元々トラッドな薫りがあり、落ち着いた上品さが感じ取れます。それは必ず上質な素材を使い、品のあるカラーを選び、さらにそれをハンドフレームによってニットならではの柔らかさを損なわないよう編みたてるからです。
流行に左右されず、シンプルで落ち着いたスタイルを志向している方々には安心しておすすめできる品々です。是非お試しになってみてください。

 

LINEで送る

New Arrivals.

161108b

Kei Macdonald の新作ニットが入荷しました。
らしさ満点のきれいな色味に、ほのかに薫るトラッドの味わい。今回も非常に上品で、上質、そして安心して着られるバランスの好いニットに仕上がっています。

 

161108a

実は今回も機能素材を使っています。
『エアリースパン』 という毛糸メーカーが開発した特殊毛糸ということで、ウール・アルパカ混の素材。通常よりかなり多くの空気を含むやわらかい糸らしく、編地にしてみると一触瞭然、ふわふわ感がものすごく、軽くて暖かく、やわらかくて肌触りも好いというたいへんな優れものです。

メリノの好さ、カシミヤの好さと、ウールの好さはそれぞれありますが、この繊細でふわふわ感がすごいというのは案外無かったかもしれません。

 

161108c

そして、女性デザイナーならではの色合いのセンスの好さ、色づかいのやわらかさ、このあたりは是非感じていただきたい Kei Macdonald のニットの確固たる魅力です。
で、意外と男っぽいデザインをベースにするところも Kei さんの特徴だと思います。

Kei Macdonald – Airy Spun Baby Alpaca Pull Over
col : Green
size : S / M / L
price : 24,000 (+tax)

 

161109b

こちらは FUJITO の新作ニット。
スマートなローゲージニットをつくりました。

 

161109a

単色ですが、胴部が畦編み、袖部が普通の編み、切り替え部分には意匠の編みが入り、きちっとデザインされている印象のするセーターとなっています。

素材はシェットランドウール、ローゲージの糸で地厚はなかなかのものになります。
胴部のみ畦編みになっていますので暖かさが一段高く、袖もまあ厚いですが、畦編みにするよりばたつかずにいいと思います。

クラシックなローゲージのセーターというのは往々にしてもっさり、もったりなシルエットが多いと思いますが(それはその好さがあることは置いて)、こちらは全般すっきりしたシルエットになるよう仕上げています。
分かりやすいのはアームホールですが、もたつかずにバチっと細身になっています。
このあたり、せっかくのファッションブランドですから、格好よく着たいというのがインポートものも多く扱いのある Fuzz の考え方です。

 

161109c

ナチュラルな印象のブラウンもいい感じ。濃淡の差がある糸を撚って編んでいるので、自然メランジ調になり、これがクラシックな薫りを出してきます。

FUJITO – Rib Knit Sweater
col : Brown
size : S / M / L
price : 19,000 (+tax)

 

160102h

定番モデルとなるデニムジャケット、ずいぶん遅れましたが無事届きました。
今からの時期なら、この上からアウターをいく、という構えで楽しむがいいと思います。

 

160102g

アイテムの内容については、前回入荷した時の説明文を再掲します。

===================

ベースになっているのは Levi’s の 3rd モデル。
特有の野暮ったさを排して、スタイリッシュに着れるようなアレンジが為されています。

襟を FUJITO風に美しくして、
着丈を気持ち長くしてオリジナルのちと短すぎるかと思わされるバランスを整え、
シルエットを美しくするためアームホールを思いきって細くして、
ジャケットとして機能的に感じるようサイドにポケットを配し、
インナー使いで便利であろうと絞れるアジャスターを備え、、

という感じで、Gジャンの基本的な好ましさをきちっと押さえつつ、よりストレスなく使えるようなファッションアイテムとして昇華しています。

ちょっとしたストレスが少しずつあるせいで、なんとなく全体的にもったいない感じになりがちなGジャンも、安心して着られるようになれば便利この上ないアイテムになるはずです。

===================

 

160102a

FUJITO – Denim Jacket
col : Indigo
size : S / M / L
price : 29,000 (+tax)

 

161107a

Johnstons のマフラー、今年も入荷しました。
今年はカシミヤ100の単色、カシミヤウールのマルチカラーチェックという内容です。

 

161107b

UKトラッドなイメージのジョンストンズ。男女問わず、間違いない系のブランドです。

スカーフ、マフラー、、シンプルなものだったり、トラッド系のものであれば、ジョンストンズから選ぶのはやはりおすすめです。
質感、色味、すべてにおいて確かなものを感じさせてくれる本物です。

 

161107d

こちら、マルチカラーのブロックチェック。カシミヤとウールが半々くらいのやや薄地。
シンプルなコートスタイルなどに、上品なアクセントを。

Johnstons of Elgin – Cashmere Wool Scarf
col : Multi
price : 19,000 (+tax)

 

161107c

こちらはカシミヤ100%の単色。25cm幅のタイプでボリューム感の出ないサイズとなります。
パキっとしたロイヤルブルーと落ち着いたベージュ。攻めと守り。

Johnstons of Elgin – Cashmere Scarf
col : Otter / Blue
price : 23,000 (+tax)

 

エルヴィエのコート、あるいはユニバーサル・ワークスのトップコートにサンダースのチェルシーブーツ、そしてジョンストンズを首に巻いて、ローレールのベレー帽を、、、

フジトのデニムにサンダースのチャッカブーツを履いて、ニットはどれが合いそうか、、、

入荷が進み着合わせが一層楽しくなってきました。
寒さは若干きつくなってきましたが、着れるものは格段に増えた!

 

LINEで送る

New Arrivals.

161005j

Kei Macdonald の新作ニットが届いております。
いよいよウールニットも登場する時期になってきました。

 

161005c

エクストラファインメリノウールによるクルーネックニット。
おとなしめのデザインが、かえってただ者でない雰囲気をただよわせているかと思います。
ああ、クオリティで勝負しているなと。

 

161005b

襟のラインを裏側にしてみたり、編地を部分的に切り替えてみたり、目立ちはしませんがさりげない意匠は入っています。
ですが濃いデザインを入れすぎずに、さっぱりめに仕上げているのが今回のこのモデル。さらりと品好く着こなすタイプの上質ニットと言えるのではないでしょうか。

 

161005i

『エクストラファイン』 とは、メリノウールの中でも一定基準を超えた細い繊維だけを使ったものです。ですから、毛糸にしたときにやわらかく、編み地にしたときには素晴らしい肌触りになるということです。

さらに今回のこの毛糸は、防虫と防縮加工が施してあるという機能素材となります。最近では毛糸の世界でもいろいろなハイテクが導入されるようになっていて、素材的な部分でもより魅力的になってきたし、面白くもなってきているように思います。

 

161005g

Kei Macdonald らしい色合いの好さ、質の好さ、そして品の好さ、健在です。

Kei Macdonald – Extra Fine Merino Wool Pull Over
col : Navy / Wine
size : S / M / L
price : 24,000 (+tax)

 

161006f

arbre からはツイードのテーラードジャケットが入荷しています。
ヘリンボーンツイードの落ち着いた風情の大人ジャケット。グッとくる人、多いと思います。

 

161006g

161006c

161006h

161006b

161006d

161006e

多くを語る必要のないタイプのアイテムでしょう。
基本を押さえたベーシックなつくりの3ボタンジャケットです。

この色味を抑えた、赤さや黄色さを最小限にした濃いブラウンが非常に素晴らしいと思います。
クラシックで落ち着いているのだけど、OYAJI ニュアンスよりお洒落ニュアンスが勝るという。

そしてヘリンボーンツイードという素材は、妙に男ごころをくすぐりますね。

arbre – Tailored Jacket *Herringbone Tweed
col : Brown
size : 2 / 3 / 4
price : 38,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

160211a

Kei Macdonald のコットンリネンの春ニットです。
上品な色づかい、素材づかいは Kei Macdonald ならではの魅力。爽やかな気分で身につけたい春のニットは、爽快な雰囲気が大事です。

 

160211c

160211b

160211d

コットンのしっとり感とリネンのさっぱり感を適度に備え、アクリルを加えることによって強度と軽さをアップしています。見た目では分かりにくいですが、洗濯しやすいなど素材としては非常に気が利いています。
毛羽立ちがなく、しっとりさっぱり、清潔感のある着こなしが映えること間違いなしでしょう。

Kei Macdonald / Cotton Linen Crew Neck Knit
col : Ecru*Grey
size : S / M / L
price : 24,000 (+tax)

 

160210h

160210e

Universal Works からも新作入荷です。
ブランド発足当初から継続して展開されている Baker Jacket のモデルを久しぶりにセレクトしてみました。

カバーオールタイプで、素材はスタンダードなコットンツイル。
春と秋にこのコットン一重のジャケットは重宝します。

 

160210b

160210g

肩の部分のみ、裏地が付く仕様で、着やすくなっています。

 

160210a

何も気にせずラフに着てもよし、また、タイドアップのワークテーラード的なテイストも恰好いいです。Universal Works のジャケットは、なにげない感じで着て様になります。

Universal Works – Baker Jacket
col : Navy
size : XS / S / M
price : 27,000 (+tax)

 

160209i

FUJITO のシャツの定番モデル、”B. D. Shirt”、シルク混オックスで2色です。
隠しボタンダウン、ハンドでの袖付けが大きな特徴となっていて、シンプルなればこそ、できる限りハイレベルの品質を備えたいという考え方で展開されています。

 

160209h

160209b

160209a

僕自身も秋冬のチェックのものを買ってよく着ましたが、たいへん調子がよかったです。
袖付けが手縫い、またけっこう前に振って付けられているので、背中にダーツやプリーツの必要がありません。着る前、若干の心配があったのですが、まったく大丈夫でした。

アクションプリーツが無い分、シルエットにもすっきり感が増し、かといって絞りのきついシルエットではなく、クラシックなバランスを保っている点が好感が持てます。

 

160209f

毎シーズン、コットンオックスで展開するのが恒例のようですが、今季はこのシルク混の生地を見つけて 『これはいい!』 となったということです。

シルクが混じることによるネップ感というか毛羽立ち感というか、少々ザラッとした感じが入るのがいいです。素材の風合いを感じやすく、ベーシックアイテムにちょうどいい捻りになって、シンプルにこれ一枚で着るということもしやすくなっているのではないかと思います。

FUJITO – B.D. Shirt
col : White / Sax
size : S / M / L
price : 19,000 (+tax)

 

LINEで送る