Le Laboureur – Work Jacket, Pants.

201102l

遅れていました、Le Laboureur のジャケットとパンツの入荷です。
モールスキンジャケットのブラック、初登場となるストライプ柄のパンツ、2型が届いています。

 

201102m

Fuzz ではずいぶんと長い付き合いになりますラブルール。フレンチワークの一番手という貴重な存在ですが、今季は GALLICE の発注を先にしていたという都合により、少し控えめ。ブラックモールスキンの定番カバーオールと、初見となるヴィンテージ感がすごいブラックストライプのワークパンツ、2種類をセレクトしました。やはり遅れたか、ということもあったので、結果的には間違ってなかったようです。

 

201102i

定番のカバーオール、モールスキン、ブラック。
今季は綿100のモールスキン生地、またかなり久しぶりに胸ポケットにラベル入りです。このラベルは非常にあったりなかったりなのです。

 

201102h

ガリスとはまた違ったクセを持っていますので、身体的な相性や感性的な好みなどによって、ということになります。
ラブルールのジャケットの特徴は、襟は案外普通でけっこう格好いい、肩が小さめ、着丈と袖が長め、という感じです。

 

201102g

ガリスもラブルールもリアルなワークウェアのメーカーですが、ガリスはファッションアイテム向けのプロダクトとしてリアルワークと分けている(古い年代のものを自らリプロダクションしている)のに対し、ラブルールは区分が曖昧です。
ラブルールの製品は本国でリアルワークとしても売られながら、同じものがファッションアイテムとしてイギリスや日本などで扱われています。ただ、ラブルールは生地から生産するメーカーであり、かつワークウェアだけでなく、リアルなハンティング、ゲームウェアも手がけていますので、ハンティングウェアの生地をワークのカバーオールに載せてファッション用に、というようなこともしています。例えば、太畝のコーデュロイなどはハンティング系の生地ですが、ワークジャケットの型で発注できたりするのです。

どちらも現行のフレンチワークウェアも生産しているメーカーですが、我々の手元に届く製品には、このような微妙な違いがあったりします。そうです、知らなくてはいけないことでは、まったくないです。

 

201102k

毎度毎度、きっちり同じものとなりますので、基本的には新しく語るべきことはありません。笑。
ですので、前回入荷時の文章を再掲しておきます。

----------

Fuzz では長い付き合いになるフレンチワークジャケット。ファズスタイルとか制服とか言うつもりはまったくありませんが、このジャケットをどう着るか?というのは、隠れテーマのようなかたちで常に裏側に置いておきたいと思っています。

ポケットがたくさん付いているし、生地も縫製も頑丈だし、汚れても気にならないタイプのジャケットだし、ということで、休日のお父さんジャケットにするのも一つのかたち。もしくは飲みに出かける時に羽織る、『飲んだくれジャケット』。

きれいなシャツやタートルネックにスラックスを穿いて、渋めのブーツなど履いて、最後の外しにこのジャケットを着て、というのもまた一つのかたち。タイドアップしたり、スカーフなど巻いてみたり、あえてコントラストをはっきりさせてみると、ファッションにおける意外性という部分に魅力を感じることができます。

 

201102j

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Black
size : 0 / 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

201102c

さて、今回は変わりダネのお品もお一つ。
久しぶりのパンツアイテムなのですが、生地がモノトーンのストライプ柄というものです。前述の通り、生地からつくるメーカーなので、こちらもオリジナルの生地となり、ワーク屋さんならではのものとなっております。

201102b

どうでしょう、だいたい40年代くらいでしょうか、そこよりも前の年代のもので時々見かける、よく分からないストライプがいろいろあるのですが、おそらくそれです。
実はかなり “フレンチワークの薫り” なるものが強いと言え、ちょっと特殊なヴィンテージのテイストも合わせ持つ面白いアイテムです。

 

201102a

パンツとしては無造作ストレートのワークトラウザー型。
すごく太いわけでもなく、細いわけでもない、少し太いという程度です。尻と腿は意外とスリムで、絞りをほとんど利かせないストレートシルエット。弊店では、無造作だからこそ味がある、と解釈しております。

201102e

ラブルールらしい説得力のあるアイテムと言えるでしょう。ひどくクセのあるアイテムだとは思いますが、モノとしての魅力に溢れているではありませんか。
琴線に触れた方は、是非トライしてみてください。

 

201102d

Le Laboureur – Work Trouser *Stripe
col : Black
size : 40 / 42 / 44
price : 17,800 (+tax)

 

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

Le Laboureur – Classic French Jacket.

191003c

久しぶりになってしまいましたが、Le Laboureur のワークジャケットが入荷しております。
定番のモールスキンで、インクブルーとブラック、クラシックアイテムです。

 

191003a

昨日の Monument by Yarmo と同じく、本来的に非ファッションアイテムです。ラブルールも単純にリアルなワークジャケットとして、同じものをひたすらに、そう、拍手を贈りたくなるほど、ひたすらに同じものを同じようにつくっているメーカーです。

ラブルールは多少の生地のバリエーションを持っていますので、ややファッション性も感じさせはしますが、基本的には、ワークと、実はハンティングなども手がけているのですが、いずれにしても道具としての服を提供するメーカーです。

ですから、まったくのこちらの勝手な意思で、ファッションアイテムと解釈して着てしまうというものです。元来のまず用途や目的ありきで服がつくられ、着ていた時代に思いを馳せ、敬意を払いながら、街でお洒落着に昇華させていこうという試みです。

 

191003b

Fuzz では長い付き合いになるフレンチワークジャケット。ファズスタイルとか制服とか言うつもりはまったくありませんが、このジャケットをどう着るか?というのは、隠れテーマのようなかたちで常に裏側に置いておきたいと思っています。

ポケットがたくさん付いているし、生地も縫製も頑丈だし、汚れても気にならないタイプのジャケットだし、ということで、休日のお父さんジャケットにするのも一つのかたち。もしくは飲みに出かける時に羽織る、『飲んだくれジャケット』。

きれいなシャツやタートルネックにスラックスを穿いて、渋めのブーツなど履いて、最後の外しにこのジャケットを着て、というのもまた一つのかたち。タイドアップしたり、スカーフなど巻いてみたり、あえてコントラストをはっきりさせてみると、ファッションにおける意外性という部分に魅力を感じることができます。

 

161105c

今回、インクブルーの方はコットン100、ブラックの方はポリエステル混紡(コットン67/ポリ33)の現代的モールスキン生地となっています。ブラックの方がわずかに厚みがあり、ポリエステルが入っている分、退色が遅く、さらに頑丈という特性があります。現在のワークウェア的にはこちらがメインに使われているそうですが、見た目や風合いとしてはほとんど違いはないかと思います。

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Navy / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 21,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180311e

ARMEN の定番コートが届きました。
春と秋と、ここ数シーズン継続していますのでおなじみなってきたかと思います。

 

180311b

シンプルなデザインでワークコートのスタイルをとったコットンのハーフコート。
春は薄手のコットンポプリン、秋は厚手のコットンドリルが定番となっていて、いずれも製品染めによる染色ということも大きな特徴となっています。

 

160306e

180311d

コートのスタイルとしてはクラッシックですが、雰囲気として非常にカジュアルです。
ワークだからこそ気さくに羽織れ、でもゴテゴテしたワークではなく、きれいなバランスで着れるステンカラーのコートであることが、このコートの一番のいいところで、所有していれば実際によく着ることになるタイプのデイリーアイテムになるのはないでしょうか。

 

160306f

180311a

何かの分かりやすいスタイルをとったコートでもなく、ディテールを積み上げているわけでもなく、目につく大きな特徴はないけれど、さほど考えずにサッと羽織れるコートである、ということが主な任務になるような気がします。

 

180311f

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Beige / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 29,000 (+tax)

 

180312e

こちらもフランスのワーク、我らが定番、Le Laboureur のフレンチ・ワークジャケットです。
今シーズンは定番のモールスキンのネイビー、ブラック、コットンドリルのネイビー、というラインナップとなります。

 

180312b

こちらコットン100%のコットンドリルは初登場。以前ポリエステル混紡の軽い生地がありましたが、その時とはまた別の生地となります。

 

180312a

ドリルというのは、綾目がしっかり出るツイル生地の一つということで、要するに普通の生地です。古着でもよく見かけるクラシックなワークウェアの生地となりますので、特筆することもないといえばないです。色合いもザ・フレンチワークの青味がかったネイビーで、モノとしてまったくのど真ん中、そのものです。

生地としては普通のウエイト感ですが、モールスキンよりは一段軽く、経年変化もまた違った感じになります。

 

180312c

Le Laboureur – Work Jacket *Cotton Drill
col : Navy
size : 0 / 1 / 2
price : 17,800 (+tax)

 

 

 

 

180312d

 

こちらは定番的に揃えているモールスキン、ブラック&ネイビーです。
モールスキンの生地にも何種類かあるのですが、やはりコットン100%がいいかなと思い、今回も綿100モールスキンとなっております。

 

161105e

着こんで着こんで、かなり経ってから着やすくなってきて、その頃になって着方もマイ・オリジナルが出来上がるのではないか、というようなジャケットです。

リアルなワークウェアですので、これそのものが格好いいというアイテムではありません。どう着るか、という部分を楽しむようなジャケットですので、しっかり楽しんでいただくのが一番だと思います。
リアルな分、羽織れば勝手に強めのニュアンスが出てきますので、そこを無造作に、あるいは積極的に、活用しつつ自分のスタイルで楽しむのがいいと思います。実は着てみると意外と難しくないということが分かっていただけるはずです。

 

161105b

161105d

161105a

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Navy / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 21,800 (+tax)

 

春が来すぎたと思ったら、寒が戻りすぎて、なんなんだという今日この頃ですね。
ですがいよいよ花見シーズンが間近であることは間違いないようで、なんとなく気分は浮かれます。
桜が咲いて、春、という気分ですが、それまでの、春を待ちわびる寒いけど冬でもないような期間が長くて、それがやっと終わるという嬉しさが大きいような気がしますなぁ。

 

LINEで送る

New Arrivals.

170301k

Le Laboureur のフレンチ・ワークジャケットが入荷しました。
春夏シーズン向けということで、綿麻素材のダック地のモデルとなります。

 

170301a

クラシックなカバーオールタイプのワークジャケットの生地違い。デザインやディテール、おおよそのサイズ感はいつも通りとなります。

サイズ感は基本的には同じはずですが、やはり生産ロットによって差異が出ますので、多少の違いは出ていますのでご注意ください。

 

170301g

やや目が粗めのダック地で、春夏期向けの華奢な生地かと思いきや、それなりに厚みもあり、しっかりした生地です。
温暖な時期に涼しく着るというよりは、モールスキンとさほど変わらないような使い方でいいような気もしますが、しかし素材感、風合いはそれなりに季節感を感じさせてくれます。
特にナチュラル、ブラウンという淡い色合いは、しっかりシーズン性をもったスタイリングができると思いますし、やはりそれは 『ならでは』 の特殊な雰囲気をもったコーディネイトになっていくのではないでしょうか。

 

170301e

170301i

未洗いの状態ですので、一度水を通すとグッと風合いが出てくると思います。

Le Laboureur – Work Jacket *Cotton Linen
col : Natural / Brown / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 20,800 (+tax)

 

170221a

Pyjama Clothing の久々の新作入荷、Kimono Cardigan です。
着物の雰囲気をベースにしたボタンレスカーディガンとなります。

 

170221b

今シーズンは、これまで Pyjama Clothing の代名詞であった SZ編みではなく、普通の編地になっています。
SZ編みとは、糸の撚りの方向を互い違いの順番になるように編み立てたものですが、これの最大の弱点は、型崩れはしないものの、縮みが出やすいというものでした。
今回、以前より縮みが出にくくなり、また僅かにですが厚みが出ています。

 

170221g

ゆったりしたシルエットで肩が落ち、やや長めの着丈。
ちょっと独特の雰囲気です。

 

170221f

170221e

前立ての裾部分を開いて縫いつけてしまっているのは、着た時のバランスを考えてでしょう。
ボタンの無い羽織りなので気を使う部分です。

 

170221i

Pyjama Clothing – Kimono Cardigan
col : Navy / Black
size : S / M / L
price : 9,000 (+tax)

 

170302b

Charpentier de Vaisseau のきわめてシンプルなカットソー、長袖クルーネックです。
今シーズンより新シリーズとして、高級インド綿を使ったシンプルな無地カットソーのモデルを展開しています。

 

170302f

襟にも袖にも意匠がなく、ポケットも無いという、潔さに妙に惹かれました。
インド産の超長綿(繊維の長い上級綿)による生地は、見て、触って、すぐに良さが解かるのですが、それだけでないシャルパンティエならではの世界感を微かに感じ取ることができるように思います。
やはりこのブランドは不思議だなぁと思うわけです。

 

170302c

170302e

170302a

170302g

Charpentier de Vaisseau – Crew Neck Long slv.
col : Navy / Black
size : 2 / 3
price : 7,500 (+tax)

 

Jリーグが開幕し、WBSが目前に迫り、花粉が舞い散る3月です。
さあ、本格的に春に向かいましょう!

 

LINEで送る

Le Laboureur.

161105i

Le Laboureur、今シーズン分がようやく届きました。
モールスキンのインクブルー、ブラック、コーデュロイのブラック、コーデュロイのみパンツも、という内容です。

 

161105b

161105e

定番的なコットンモールスキンのタイプはいつもどおりと思いきや、実は生地がアップグレードしました。
これまでの生地では、どういうわけかブラックのみポリエステルが少しだけ入っていたために、なんとなくネイビーだけのセレクトにしていたのですが、綿100のモールスキンが別で用意できるということだったので、そちらの生地に乗り換え、2色での展開にすることにしました。

 

161105c

161105d

風合いはこれまでとはっきり違います。エルヴィエのモールスキンに近い感じになっていて、より毛足が無く、硬くなり、色合いも質感も古着で出てくるような雰囲気になっています。

これまでのネイビーは青味は強いものの、ネイビーの範囲に入っていたように思いますが、今回はいわゆるフレンチワークの “インクブルー” という色合いです。

目が詰まっていて硬さが出て、その分逆に厚みが減って、経年変化はこちらの生地の方がより魅力的なかたちで出てくるのではないかと思います。

 

161105a

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Navy / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 21,800 (+tax)

 

161105o

それから新しくブラックのコーデュロイを選んできました。
僕が欲しかったのですが、パンツもいいなと思って。。

 

161105j

161105h

161105l

161105n

パンツは狙っていない無造作です。ですから穿く側で狙いましょう。
太くも細くもする気がない、そういうのはどうだっていいという気持ちがはっきり伝わってくるから不思議です。

 

Le Laboureur – Work Jacket *Corduroy
col : Black
size : 0 / 1 / 2
price : 22,800 (+tax)

Le Laboureur – Work Pant *Corduroy
col : Black
size : 40 / 42
price : 21,800 (+tax)

 

Fuzz の重要アイテム指定を受けているラブルールのカバーオールジャケット。どんなふうに魅力を感じているのかは、今後もじっくりお伝えしていきたいと思います。
初見の人は、よろしければ過去の記事などを
KOCHILLA

昨日(土曜)の夕方に届いたばかりで、急いでご紹介しました。
オンラインショップには後日すぐにアップします。

 

LINEで送る