New Arrivals.

170301k

Le Laboureur のフレンチ・ワークジャケットが入荷しました。
春夏シーズン向けということで、綿麻素材のダック地のモデルとなります。

 

170301a

クラシックなカバーオールタイプのワークジャケットの生地違い。デザインやディテール、おおよそのサイズ感はいつも通りとなります。

サイズ感は基本的には同じはずですが、やはり生産ロットによって差異が出ますので、多少の違いは出ていますのでご注意ください。

 

170301g

やや目が粗めのダック地で、春夏期向けの華奢な生地かと思いきや、それなりに厚みもあり、しっかりした生地です。
温暖な時期に涼しく着るというよりは、モールスキンとさほど変わらないような使い方でいいような気もしますが、しかし素材感、風合いはそれなりに季節感を感じさせてくれます。
特にナチュラル、ブラウンという淡い色合いは、しっかりシーズン性をもったスタイリングができると思いますし、やはりそれは 『ならでは』 の特殊な雰囲気をもったコーディネイトになっていくのではないでしょうか。

 

170301e

170301i

未洗いの状態ですので、一度水を通すとグッと風合いが出てくると思います。

Le Laboureur – Work Jacket *Cotton Linen
col : Natural / Brown / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 20,800 (+tax)

 

170221a

Pyjama Clothing の久々の新作入荷、Kimono Cardigan です。
着物の雰囲気をベースにしたボタンレスカーディガンとなります。

 

170221b

今シーズンは、これまで Pyjama Clothing の代名詞であった SZ編みではなく、普通の編地になっています。
SZ編みとは、糸の撚りの方向を互い違いの順番になるように編み立てたものですが、これの最大の弱点は、型崩れはしないものの、縮みが出やすいというものでした。
今回、以前より縮みが出にくくなり、また僅かにですが厚みが出ています。

 

170221g

ゆったりしたシルエットで肩が落ち、やや長めの着丈。
ちょっと独特の雰囲気です。

 

170221f

170221e

前立ての裾部分を開いて縫いつけてしまっているのは、着た時のバランスを考えてでしょう。
ボタンの無い羽織りなので気を使う部分です。

 

170221i

Pyjama Clothing – Kimono Cardigan
col : Navy / Black
size : S / M / L
price : 9,000 (+tax)

 

170302b

Charpentier de Vaisseau のきわめてシンプルなカットソー、長袖クルーネックです。
今シーズンより新シリーズとして、高級インド綿を使ったシンプルな無地カットソーのモデルを展開しています。

 

170302f

襟にも袖にも意匠がなく、ポケットも無いという、潔さに妙に惹かれました。
インド産の超長綿(繊維の長い上級綿)による生地は、見て、触って、すぐに良さが解かるのですが、それだけでないシャルパンティエならではの世界感を微かに感じ取ることができるように思います。
やはりこのブランドは不思議だなぁと思うわけです。

 

170302c

170302e

170302a

170302g

Charpentier de Vaisseau – Crew Neck Long slv.
col : Navy / Black
size : 2 / 3
price : 7,500 (+tax)

 

Jリーグが開幕し、WBSが目前に迫り、花粉が舞い散る3月です。
さあ、本格的に春に向かいましょう!

 

LINEで送る

Le Laboureur.

161105i

Le Laboureur、今シーズン分がようやく届きました。
モールスキンのインクブルー、ブラック、コーデュロイのブラック、コーデュロイのみパンツも、という内容です。

 

161105b

161105e

定番的なコットンモールスキンのタイプはいつもどおりと思いきや、実は生地がアップグレードしました。
これまでの生地では、どういうわけかブラックのみポリエステルが少しだけ入っていたために、なんとなくネイビーだけのセレクトにしていたのですが、綿100のモールスキンが別で用意できるということだったので、そちらの生地に乗り換え、2色での展開にすることにしました。

 

161105c

161105d

風合いはこれまでとはっきり違います。エルヴィエのモールスキンに近い感じになっていて、より毛足が無く、硬くなり、色合いも質感も古着で出てくるような雰囲気になっています。

これまでのネイビーは青味は強いものの、ネイビーの範囲に入っていたように思いますが、今回はいわゆるフレンチワークの “インクブルー” という色合いです。

目が詰まっていて硬さが出て、その分逆に厚みが減って、経年変化はこちらの生地の方がより魅力的なかたちで出てくるのではないかと思います。

 

161105a

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Navy / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 21,800 (+tax)

 

161105o

それから新しくブラックのコーデュロイを選んできました。
僕が欲しかったのですが、パンツもいいなと思って。。

 

161105j

161105h

161105l

161105n

パンツは狙っていない無造作です。ですから穿く側で狙いましょう。
太くも細くもする気がない、そういうのはどうだっていいという気持ちがはっきり伝わってくるから不思議です。

 

Le Laboureur – Work Jacket *Corduroy
col : Black
size : 0 / 1 / 2
price : 22,800 (+tax)

Le Laboureur – Work Pant *Corduroy
col : Black
size : 40 / 42
price : 21,800 (+tax)

 

Fuzz の重要アイテム指定を受けているラブルールのカバーオールジャケット。どんなふうに魅力を感じているのかは、今後もじっくりお伝えしていきたいと思います。
初見の人は、よろしければ過去の記事などを
KOCHILLA

昨日(土曜)の夕方に届いたばかりで、急いでご紹介しました。
オンラインショップには後日すぐにアップします。

 

LINEで送る

Le Laboureur – Classic French Jacket.

160319a

Le Laboureur のフレンチワークジャケット、春向けの軽い素材で入荷です。
今回は、ポリ・コットン素材のさらっと軽いドリル生地、同じくポリ・コットンのライトデニム生地でご用意しました。
ラブルール所有の生地なので、ワークフィールドのファブリックであると思いますが、これからの時期の気楽なジャケットとして充分使えるのではないかと思います。

 

160319b

デザインや仕様、サイズ感などは前回のモールスキンのものとまったく同じです。
どういう意図か、着丈だけほんのわずか、今回の方が短かったです。

 

160319e

160319c

生地そのものが軽く、さらりとした触感です。
ネイビーに関しては、モールスキンより青味が少なく、普通のネイビーに近い色合いとなっています。

 

160319h

160319f

160319g

カーキもなかなか新鮮です。

Le Laboureur – Work Jacket *Poly Cotton Drill
col : Navy / Khaki
size : 0 / 1 / 2
price : 16,800 (+tax)

 

160319l

160319k

こちらがデニム。
中厚でウエイトも普通ですが、色味、質感としてライトです。
意外と春っぽい雰囲気のファブリックではないかと思います。

 

160319m

160319j

デニムということもあり、一般的なイメージの “カバーオール” という印象もあります。
コーディネイト的なやりやすさを感じます。

Le Laboureur – Work Jacket *Poly Cotton Denim
col : Indigo
size : 0 / 1 / 2
price : 17,800 (+tax)

 

普段からおすすめしている “フレンチ・ワーク” のジャケットです。
より本格的なファッションとしては、先日ご紹介した Hervier Production を、あるいはより本格的な気分を求めるなら、リアルなヴィンテージを、ということで、各種それなりに揃っています。

ラブルールはファッション的に頑張るということでなく、本格派ヴィンテージということでもなく、もう少し “デイリー” という性格で親しんでもらうべきものであろうと考えています。
本格的なフランスの薫りという部分は色濃くありますので、各自のイメージで、いろいろな用途で、思い思いに着倒してもらえたらと思います。

もちろん、基本はファッションとして格好いいと思って仕入れています。
さりげなく羽織ったら、なんとも言えない味が出るジャケットです。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

祝! プロ野球開幕!

 

LINEで送る

Le Laboureur – Classic French Jacket.

151022i

Le Laboureur のジャケットが久しぶりに入荷しました。

モールスキンのインクブルー、おなじみの “フレンチワークジャケット”。
Fuzz としては最も付き合いが古く、最もなじみのあるメーカーである Le Laboureur (以下ラブルール)を久しぶりに店頭に並べることができて、僕個人としても感慨深いものがあります。
ずっと機会を探っていたのですが大人の事情で叶わず、4年近くが経った今季、ようやく念願が叶いました。
また今後は Fuzz 的超重要アイテムに指定していきたいと思っておる次第です。

 

151022d

カバーオール型、内ポケット1つを含む4つのポケット、コットンモールスキン。
ハードな環境にも耐えうるようにと、ワークウェアでよく見られる2本ステッチ、3本ステッチが多用され、生地の頑丈さと合わせて、途方もないタフさを誇るのがこのジャケットの特徴の一つです。

 

151022f

151022g

このタフネスがあるからこそ、長い年月にわたって着ることができて、着た人がつくりだすエイジングという魅力が後からついてきます。
モールスキン+レーンステッチは、本当にタフです。

 

151022e

基本的にはリアルなワークジャケットのまんまをインポートしています。
アームがぼってりしていたり、一般的にはファッショナブルなアイテムとはなかなか言いにくいようなジャケットですが、それでもフランスのクラシックなアイテムとして、『ファッション的に』 一定の評価を受けていることは周知の事実です。

サイジングやクオリティを厳しく追及せず、半分はカルチャー目線の視点で楽しんでいくようなアイテムと言えるでしょう。

 

151022b

実用的な観点から言えば、コットンの一重(ひとえ)のジャケットは、実用的にも使い勝手がよいです。
シャツの上からひょいと羽織るのもいいですし、生地にこのウエイトがあれば、インにニットを着ても釣り合い的に不自然ではないです。またインナーに薄いダウンを着たり、この上からオーバーコートを羽織ったりして、冬に入ってもけっこう活躍できるのです。

 

151022c

妙に仰々しいこのラベルも昔から変わっていませんね。

 

151022a

どう着るというルールはありませんし、どう着ても 『なんかアリ?』 と思えてしまうので、果敢にいってくださいというのが僕からのアドバイスです。

どうしてもと言うなら、昔から僕はこういうイメージで見ています。
~グレーのスラックス+スプリングコートのスニーカー、あるいはパラブーツの革靴。
~アースカラーのタートルネックセーター+イングランドのゲームバッグ。
~オリーブの軍パン+ブラックのどっしりした革靴。

まあ、なんだっていいんです。
結局僕は普通にデニム穿いてシャツ着てこいつを羽織ることがほとんどです。

 

Le Laboureur – Moleskin Work Jacket
col : Navy
size : 0 / 1 / 2
price : 17,800 (+tax)

 

151022h

何年の付き合いになるか、My ラブルールです。
数えきれないほど水洗いしているので、生地はずいぶんと柔らかくなっており、アタリもそれなりに見られます。
この時は胸ポケットにラベルが付いていました。

ラブルールのジャケットを羽織るようになると、文庫本はポケットに入ったままになることが多く、『文庫事故』(※) がしばしば起こります。

※文庫事故
読みかけの本を家で読んで置き忘れたり、また使うバッグを替えた際などに、通勤時の電車内で手元になく読めないという本読みには深刻な事故。

例えば、この世にリップクリームが無くなってしまったら、僕は数日後にオバQみたいな唇になって死んでしまうでしょう。
同じようにラブルールのジャケットが無くなってしまったら、今からの時期、僕は頭の中が真っ白になって死んでしまうでしょう。

リップクリーム、文庫本、ラブルールのジャケットは、僕にとって生死にかかわるほどの重要アイテムです。

ということで、ラブルールのジャケット、興味のある人は是非是非お手にとってみてください。

 

LINEで送る