New Arrivals.

181104l

Universal Works の新作入荷です。
ワックスコットンのフーデッドのコートとウールフリースのカーディガンジャケット、2型ご紹介します。

 

181104a

ゆったりしたサイズ感とフィッシュテール、これでミリタリーのパーカコートを連想して、さらにモッズコートを連想します。
トレンドを問わず、ブランドで定期的にリバイバルされるモッズコートですが、Fuzz ではこのタイミングで Universal Works で、ということにしました。
トータルで見て、やはり説得力が違う、と思いました。

 

181104e

ファブリックはイギリスのブランドものを使用。スコットランドの老舗メーカーの HALLEY STEVENSON というワックスコットンに特化したファブリックメーカーです。

フードは着脱型ではなく一体型、総裏地の仕様。丁寧に Universal Works 的な味つけが為された極上のモッズコートに仕上がっています。
余計な説明が要らないでしょう、シンプルに格好いいというアウターです。

 

181104f

181104c

181104b

Universal Works – Parka
col : Black
size : XS / S / M
price : 52,000 (+tax)

 

181104k

こちらは継続モデルのウールフリースのカーディガンジャケット。昨年好評につき、ということで、カラーを変えて再登場という運びです。

 

181104h

生地無いに溜まる暖気による保温性、軽さ、、軽くて暖かいウールフリースは、ルックスは違えど、本質的にはダウンに近いかもしれません。
ダウンよりもアナログ的なものを感じますが、使い方なども似ているような気がします。

 

181104g

インにもアウトにも、着丈もさほど長くないので、ちょっと寒い室内では部屋着として、などさまざまなシーンで使いまわそう、というのがコンセプトです。

 

181104j

181104i

Universal Works – Wool Fleece Cardigan
col : Black
size : S / M
price : 24,000 (+tax)

 

181103b

ご紹介が遅れました、ドイツの Merz b.Schwanen、定番のボタン・フェイシングの長袖。
Red Oak という今季のシーズンカラーが好かったので久しぶりに発注しました。

 

 

181103a

紫と赤と茶色と、どう表現していいか分からないような、微妙な中間色です。
また、今回、着丈がいつもより長く仕上がっています。

 

181103c

Merz b.Schwanen – Button Facing Shirt 1/1 Slv.
col : Red Oak
size : 4 / 5 / 6
price : 14,000 (+tax)

 

181102h

イタリアの GICIPI。
継続品番のコットンフライスのタートルネック。

コンパクトなサイズ感ですが、非常に伸縮性に富んだ生地でソフトな着心地です。
ネック、袖口、裾がリブになっているタイプとなります。

 

181102i

181102k

181102j

GICIPI – Turtle Neck Long Slv.
col : Grey / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

181102a

こちらも GICIPI、新登場のウール+シルクの冬のインナーです。

 

181102d

サラサラと繊細な肌触りとなっていますので、おそらくメリノウールを使用しているはずです。さらに滑らかさを出すためでしょう、シルクを加えていますので、ウール特有のチクチクはありません。
アウトドアブランドなどがウールのインナーカットソーを出していますが、GICIPI も品質、プライス共にそれらに負けていないと思います。

 

181102c

ウールのアンダーウェアのいいところは、体熱が生地内に溜まって保温性が高いことと、汗を吸わないということです。特にアウトドアでは、身体を動かして汗をかいて、その汗を吸った肌着がなかなか乾かずに冷えてしまう、というのが怖いのです。
コットンは汗を吸う能力が高いですが、汗を吸って乾きにくい冬には、ウールの方が適しているという場面が少なくありません。

 

181102b

GICIPI – Wool Silk Crew Neck Long Slv.
col : Natural / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 7,800 (+tax)

 

180519i

最後は腕時計の再入荷。
5月頃に入荷して好評だった SEIKO の Kinetic が少数手に入りました。

 

180519d

180519f

長くなりましたので、もう一度詳細を、という場合には、前回の入荷時の投稿 をご一読ください。

SEIKO – Kinetic
col : Gold / Black
price : 30,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180427j

Merz b.Schwanen のTシャツが入荷しております。
今シーズンは、普及版のシリーズより、1970s Vネック、1950s クルーネックを2色ずつ選んでみました。

 

180427h

Vネックとなっていますが、実際はVにやや丸みがありますので、Uネックにも見えるような、微妙な形状です。VとUとの中間くらいといった印象です。
こちらはホワイトとブラックの2色。

 

180427d

こちらのシリーズは、素材や編み機などはレギュラー品番とまったく同じものが使われていますが、細い糸にして編まれていることが特徴です。ですから、レギュラーが昔ながらの無骨なカットソーのイメージであるのに対し、このシリーズの方はやや繊細なイメージで、肌触りは柔らかく、薄くてしなやかな質感になっています。

 

180427e

レギュラー品番は20年代とか30年代といったイメージでつくられていますので、より現代に近い年代の品を再現しているということもあり、自然と質感などもしなやかな風合いになっていく、ということでしょう。

また、普及版ということで、外箱を付けず、その分プライスもお求めやすくして、まずは Merz のプロダクトに触れてほしいというのがコンセプトになっています。

 

180427b

Merz b.Schwanen – 1970s V neck Tee
col : White / Black
size : 4 / 5 / 6
price : 7,800 (+tax)

 

180427i

こちらはクルーネック。やや広めの丸首です。
ヘザーグレーと、オリーブの2色です。

 

180427k

180427f

Merz b.Schwanen – 1950s Crew neck Tee
col : Grey / Olive
size : 4 / 5 / 6
price : 7,800 (+tax)

 

180505k

GICIPI の半袖Tシャツも入荷しています。
先にカーディガンが入荷しましたが、同じ鹿の子編みの生地のTシャツとなります。
裾にリブを付けていますので、ニットTシャツのような雰囲気で、上品に着ていただけます。

 

180505g

ゴワゴワした鹿の子ではなく、柔らかで伸縮性のある生地なので、より着やすいです。
白、黒、ネイビー、ベージュ、グレー、5色でご用意しました。

 

180505c

180505e

180505l

180505f

180505i

GICIPI – Pique Crew Neck Tee
col : White / Beige / Grey / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

LINEで送る

Merz b.Schwanen.

170514v

Merz b.Schwanen の半袖カットソーが届きました。
定番の Button Facing (ヘンリーネック)、Army Shirt (丸襟)の2型が新たに入荷してきました。

170514t

今季はヘンリーネックのタイプは袖リブ仕様のみの展開でしたので、自然そうなりました。昨年、一昨年と “Open” という普通の袖の方をセレクトしていましたので、Fuzz では初となります。

 

170514l

リブそのものがやはり凝っていて、グッとくるものがあります。
Open 袖に対して、よりミリタリーのテイストやアンダーウェア的テイストが強くなり、Merz らしい雰囲気というのはこちらの方が強いのかもしれません。

 

170514h

170514p

先日ご紹介した 101 と違って、こちらは200番台のモデルとなり厚さがしっかりあるコットン100%の生地となります。

素材となるコットンはオーガニックコットン、それを糸にして、旧式の丸編み機で時間をかけて編まれます。
ふんわりというよりは、ギュッという感じの度詰め生地となり、脇の縫い合わせシームは存在しない丸胴です。

 

 

170514r

170514o

今回は Deep Black という普通のブラックが登場し、これまでスミクロのような色合いは Charcola と呼ばれるようになりました。外箱は Charcoal だったり Black だったりします。

170514s

この 204 という品番は、101 と並ぶブランドを代表するモデルと言っていいでしょう。
何がどうということではありませんが、この雰囲気を出すのは国内のブランドではちょっと難しいでしょう。
いろいろな要素が積み重なって、他にはない独特の世界感を感じさせるカットソーであることは間違いありません。

Merz b.Schwanen – Button Facing Shirt 1/4 Slv.
col : Charcoal / Navy / Army / Black
size : 4 / 5 / 6
price : 11,000 (+tax)

 

170514g

170514e

Army Shirt。
こちらも毎シーズンラインナップされるモデルで、Merz で普通のTシャツといったらこれになります。
ミリタリーのアンダーウェアがベースになったもので、やはり袖がリブの仕様になります。

170514a

170514c

生地は Button Facing とまったく同じもので、シルエットも同様です。
こちらもアンダーウェア的なテイストがありますが、もちろん単独で着てまったく問題なく、無地Teeとは思えないオリジナルな格好よさがあります。

Merz b.Schwanen – Army Shirt 1/4 Slv.
col : Charcoal / Navy
size : 4 / 5 / 6
price : 9,500 (+tax)

 

いい大人が格好よくTシャツを着たいとなると、選択肢はさほど多くはないでしょう。
手持ちの洋服もそれなりに揃ってきて、じっくり服選びができるようになってきたら、是非気にしてみてほしいアイテムです。

170514w

170514x

170514y

170514z

170514zz

こちらデザイナーの Peter Plotnicki 氏。

どう着る?などと難しく考えるのも楽しいかもしれませんが、実は考えなしの自然な着こなしが最も映えるのが Merz のアイテムだと思います。自分らしく、自然な雰囲気で着られているかの方が大事で、多少、違和感があったり、ぎこちなかったりするようなコーディネイトの方が格好よく見えたりするような気がします。

 

LINEで送る

New Arrivals.

170420h

ドイツのカットソーブランド Merz b.Schwanen のアイテムが入荷しています。

久しぶりとなる 101 という品番の、やはりヘンリーネックシャツですが、100番台はレーヨンを混ぜ、とろんとした質感の生地によるブランドのフラッグシップとなるラインです。

 

170420a

1920年代頃にヨーロッパ全般で見られたようなアンダーシャツをモデルにしてつくられたもので、デザインはもちろん、生地の質感や見え方まで再現してみせたスペシャルなプロダクトとなります。

 

170420g

生地は薄く、アンダーシャツなので身体にフィットする細身のシルエットとなります。
では本当に下着かということになると、これは基本的には 『見せる下着』 であり、また見せてもいい下着なら一枚で着ていてもおかしくはないという話になります。
シャツやジャケットのインナーとして着ることで、スタイル全体にグッと雰囲気が出てくるであろうことは想像できると思いますし、ジーンズの上にさりげなくこれ一枚着ていたら格好いいだろうなとイメージが湧くのではないでしょうか。

 

170420c

前立て部分は布帛(シャツ地)になっていて、ボタンは包みボタン。ただのカットソーではないなと見た目から分かる凝ったディテールです。

 

170420f

お腹が出てきて気になる方も、このカットソーなら割り切れると思いますし、かえって風情が出るように思います。むしろ若者には出せない味わいでしょう。

Merz b.Schwanen – Button Facing Shirt 7/8 Slv.
col : Natural / Black
size : 4 / 5 / 6
price : 15,000 (+tax)

 

170421g

Pyjama Clothing のシーズンモデル、Britain Smock はいつもの生地ではなく、一段しっかりした生地をつかったハイエンドモデルです。

 

170421d

デザインとしては、スモックを布帛でなく、ニットジャージ(Tシャツの生地)でつくりました、というもので、ちょっと立ち上がったネックやポケットに特徴が現れています。
ビッグシルエットのTシャツとも言えますが、ニットジャージのスモックとも言えるわけです。

 

170421c

生地は度詰めのしっかりしたものとなっていて、標準生地よりヘビーウエイトになり、また微かな光沢感が出てきています。

 

170421b

170421a

170421f

生地感から、なんとも上品な風情です。既出の American Lax Tee に比べて、よりモードなニュアンスが強いように思います。

170421e

Pyjama Clothing – Britain Smock
col : Navy / Black
size : S / M / L
price : 9,000 (+tax)

 

どのモデルにも言えるのですが、今シーズンの Pyjama のネイビーの色目が久しぶりに変わっていまして、ダークなトーンで上品でいい感じだと思います。

 

LINEで送る

Merz b.Schwanen – Button Facing Shirt.

160908d

Merz b.Schwanen の定番ボタンフェイシングシャツが入荷しました。
リクエストを受けての秋冬入荷。今回は長袖でのご用意です。

 

160908e

こちらもブランドとしては通年展開している定番モデルとなります。
Fuzz では春夏期に半袖の展開をしていますが、これが単純に長袖になったというもので、生地やサイズスペックなどに違いはありません。
当然ながら雰囲気、薫りに関してもそのままでございます。

 

160908c

160908f

160908g

インナーでの活用はもちろんですが、単体でさらりと着こなすのも今の時期には好いのではないでしょうか。暑さがやわらげば、こいつの上からジャケットを羽織って、ジャケットスタイルを一つ増やしてみるのもおすすめです。

特に、ヴィンテージのジャケットを持っているけれど、インナーに何を着たら・・・という人にはこのシャツをおすすめします。ワークジャケットにしても、ミリタリージャケットにしても、Merz のシャツの風合いと世界観はヴィンテージの雰囲気とベストマッチするはずです。

 

160908h

Merz のシャツ全てに言えますが、『服をシンプルに着たい』 というタイプの人々によりおすすめです。
さらりとシンプルに着ることで、Merz の凝った世界観は強調され、簡単に見えても足し算でつくりあげたスタイリングを凌駕してしまう恰好よさが立ち現れるような気がします。

 

Merz b.Schwanen – Button Facing Shirt 1/1 Slv.
col : Natural / Grey mel. / Charcoal / Carmine Red
size : 4 / 5 / 6
price : 14,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●営業時間変更のおしらせ

今週末の営業時間に変更がございます。恐縮ですがご注意いただきますようお願い致します。

9月17日(土) 16:00 – 21:00 *短縮営業
9月18日(日) 13:00 – 21:00   *平日時間
9月19日(祝) 12:00 – 20:00  *土日時間

17日(土)の16時オープンというのは、実は息子君の運動会という事情ですので、天候によっては変更させていただくことがあるかもしれません。

日曜日が平日時間、月曜祝日が土日時間とさせていただきます。
毎度ご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願いいたします。

 

 

LINEで送る