MIDA – Jackets.

180104n

MIDA の春向けジャケットが入荷しました。
昨秋から新しいメンバーとして取り扱いがはじまり2シーズン目。ブランド定番のファブリックをつかった、らしさがしっかり感じられるジャケットをセレクトしてきました。

 

180104l

ドッグイヤー型カラーが特徴のハリントンジャケット。大人対応のアウターとして定番的な位置付けとされ、ブリティッシュなカジュアルだったり、アイビースタイルだったり、きちっとしたカジュアルスタイルにおいて根強く支持されつづけているものかと思います。

 

180104k

MIDA のスタイルは、きちっとしたスマートコーディネイトが基本です。ややコンパクトめなサイジングながらも、タイトすぎない着やすさがあり、堅すぎず、品好く力が抜かれた雰囲気が特徴ではないかと思います。

そんな雰囲気を演出する秘密が、多くのアイテムに共通して使われているオリジナルのファブリックです。こちらは日本のテキスタイルメーカーと協働で開発された特殊なもので、ナイロン+ポリエステルの独自配合、ハリと腰のしっかりした生地に、後加工によって微妙な波打ち感をほどこします。これによって硬そうにも柔らかそうにも見えるような、なんとも言えない不思議な魅力のファブリックに仕上がります。

 

180104i

180104m

さほど厚みもなく、軽いのですが、非常にしっかりしています。この生地に絶妙なパッカリングを起こさせることによって、上品だけどきれいすぎず、またラフだけど品のある、といったギャップのある印象を同居させて、それが魅力になっているように感じます。
この加減が、いい大人が街に出る際に、あまり気張りすぎず、しかし品の好さは失わず、というくらいの絶妙な感覚になっているのではないでしょうか。

 

180104o

しっかりしたディテールで、過度な装飾はなく、生地感の妙がある大人のジャケット、そんな印象です。年を重ねるにつけ、自然とこういった直球型のジャケットがしっくりくるようになるのだと思います。

 

180104j

MIDA – Harrington Jacket
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 37,000 (+tax)

 

180104g

こちらは逆に凝ったディテールが楽しいミリタリージャケット。
イギリスのミリタリージャケットをベースに、細かなディテールを重ねておもしろいジャケットに仕上げています。

 

180104c

目を惹く軍モノ感満載の大ぶりポケット、同様に軍モノらしいフロントジップの仕様、ライダースのように袖にもジップが備えられ、高さのある襟にはフードが収納されています。

 

180104d

180104a

180104b

180104h

展示会ではじめて見た際、ずいぶんと凝ったジャケットだな、、という感じで何気なく羽織ったのですが、これが不思議としっくりきました。
あ、格好いいんだ、これ、と。
男ごころがよく分かっているというか、上手だな、と思わされたジャケットです。シャツ+デニムやスラックス、というようなさっぱりしたスタイルが基本になっている人がシンプルに羽織ると好さが際立つのではないでしょうか。

 

180104f

MIDA – UK Military Jacket
col : Olive
size : 44 / 46 / 48
price : 39,000 (+tax)

 

さて、この MIDA ですが、今シーズンより、林芳亨氏がディレクターに就任しました。
より日本のマーケットにフィットするよう、商品開発に関わり、普及に力添えをするとのことです。

180104p

 

ご存知の方もいると思いますが、林さんは、デニムブランドの RESOLUTE のデザイナーとして有名な方です。元々 MIDA のアウターが好きなことで知られていて、MIDA のジャケットに RESOLUTE のデニムを穿いて、足元は Paraboot シャンボード、というスタイルが林流です。
Fuzz では RESOLUTE のデニムとは縁がありませんが、林さんのようにすっきりしたデニムにMIDAのジャケットを合わせて、シャンボードを履く、というバランスには大賛成です。
試しにこのバランスを真似してみて、徐々に自分流のテッパンコーデを開発する、という感じでいかがでしょう。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

ということで、秋冬ものとして入荷したコートの方も、ここでもう一度注目してみてください。
着脱可能なダウンのライナーが付いていますので、真冬はもちろん、秋と春の3シーズンいけます。
特に梅春期となるまさにこれから先の時期は、実際はしっかり寒いながらも、気分としては真冬全開のコーディネイトがしにくくなってきますので、この加減が重宝すると思います。ルックス的に軽快でありながら、インナーのダウンによってしっかり暖かいという。

さらにもう少し季節が進んで春になれば、ライナーを外して、スプリングコートとしても非常に優秀な仕立てになっています。かたちだけのデタッチャブルではなく、一重(ひとえ)のコートとしてもしっかり使えるバランスですので、是非試してみてください。

 

1701108g

MIDA – Down Liner Soutien Collar Coat

 

1701108r

MIDA – Down Liner Zip Up Coat

 

・ ・ ・ ・ ・

 

寒波襲来で厳しい寒さがつづき、客足もやや寂しい今日この頃。そのおかげで久しぶりにじっくり時間をかけてブログを書いたような気がします。笑。
店頭はまだまだのんびりペースですが、各ブランドの展示会シーズンに入ってきていて、実は営業時間外、いわゆる水面下ではかなり忙しくなってきました。
Montmorency の方も現在いくつか企画を立てていろいろと探っていますので、その中から一つくらいはかたちにできるような気がしています。ので、いつになるかは分かりませんが、お楽しみにしてみてください。

 

LINEで送る

MIDA – Coats.

1701108b

今季より新登場、MIDA のコートをご紹介します。

●MIDA
Firenze 郊外、calenzano。遠くトスカーナの景色を一望できる小高い丘の上にひっそりとその景観を構えたアトリエ “MIDA design office”。そこで生み出されるものは世代や国籍を超え、本物を知る大人だけのために贈られる上質なアイテムです。自己主張し過ぎず機能美を追及するが故の普遍的なファッションをコンセプトに Firenze で誕生した MIDA は物づくりを通して、トスカーナの心とライフスタイルをお伝えして行きます。

 

1701108a

もう少しつっこみましょう。
中心となるのがイタリア人の Filippo Michelacci という人物。彼はデザインはもちろん、テキスタイルデザインやファッションマーケティングまでこなし、自身のオフィス “MIDA” をフィレンツェでスタートさせました。
ファッションブランド “MIDA” は、インターナショナルなブランドとして、日本の繊維会社をパートナーにしてスタートしたものです。イタリアで練られたデザインに、日本の技術を生かしたテキスタイル開発、これが MIDA の真髄となるようです。

カジュアルウェアの原点であるミリタリーのデザインやディテールを研究し、“トスカーナリラックス” (素材感、カラーリング、フィットにイタリアのテイストをプラスして都会的でありながらリラックスしたテイスト)を、というコンセプトでコレクションを展開しています。

 

1701108g

まずはじめにセレクトしたのはコートアイテム。
こちらは、ブランドの代名詞的定番素材であるポリナイロンの特殊加工生地のステンカラーコートとなります。

 

1701108h

1701108f

マイクロファイバー糸を使用し、高収縮加工と撥水加工を施したブランドオリジナルの生地です。特殊加工によってハリ感のある生地にパッカリングとナチュラルなしわ感を表現した独特の風合いとなっています。

 

1701108e

化繊ならではの軽さと光沢がありつつ、ナチュラルな波打ち感が独特です。
取り外し可能な袖まであるダウンのライナーが付き、非常に実用的な仕様でつくられている印象です。春にもよく似合いそうな質感ですので、ライナー無しでもきっちり着ていきたいと思わせてくれます。

 

1701108j

1701108d

1701108i

シルエットはしっかり細身です。特にアームが細いなという印象を受けますので、基本的にはオーバーコートとしては少しタイトかもしれません。
肩パッドの無いコンパクトなジャケットならいけることもありますし、またライナーを外した時だけオーバーコートにしよう、ということは充分考えられるでしょう。そのあたりは各自の思惑で。

 

1701108k

MIDA – Down Liner Soutien Collar Coat
col : Navy
size : 44 / 46
price : 55,000 (+tax)

 

1701108r

こちらも特殊な生地によるコートです。
日本が世界に誇るテキスタイルメーカー、小松精練と共同開発したブランドオリジナルの特殊なファブリックによる比翼ジップアップのハーフコートとなります。

 

1701108n

小松精練はアパレル業界では世界的に有名な会社で、ヨーロッパの多くの有名ブランドに生地が提供されています。

 

1701108q

特徴としては、コットンに見えて、素材はナイロン、というもの。
ルックスとしてはコットンギャバジンですが、ナイロン100%の素材なので、コットンよりはるかに軽く、撥水性にも優れます。
このシェルにやはりデタッチャブルのダウンのライナー(袖が七分くらいの長さ)が付きますので、非常に実用性に優れたコートだと言えるのではないでしょうか。

 

1701108p

色味も手伝って、ミリタリーコートのニュアンスもありつつ、シルエットは細身スマートです。
やはりアームが細くすっきりしていますので、オーバーコートには難しいかもしれません。

 

1701108m

防風性と撥水性が高く、軽さがあり、あたたかい。
そして、スマートで格好いい、というコートです。

 

1701108l

MIDA – Down Liner Zip Up Coat
col : Olive
size : 44 / 46
price : 55,000 (+tax)

 

MIDAのプロダクトには、非常に都会的実用性を感じます。
イタリア的なスマートさをまず感じるには感じるのですが、よく見ると、よく考えられていてしっかりつくってあるな、と内容の良さが分かります。
格好いいし、これ絶対つかえるよなぁ。という感想が素直に出てきたので、今季、セレクトに至りました。

ということで、MIDA、是非お試しになってみてください!

 

LINEで送る