Montmorency – Basic Chino.

190813m

Montmorency のベーシックなコットンパンツが出来上がりました。
夏の終わりから穿けるオールシーズンのウエイト感です。

 

190813n

一番初めのプロダクトである Basic Chino がなかなかのご好評をいただき、欠品が増えてきましたので、まったく同じ仕様で生地を変えてご用意した次第です。
ありがたいことに、生地違いで欲しいと言ってくれる人が2人か8人、いや6人だったか、とにかくいらっしゃいました。

 

190813d

190813h

190813j

前回は Brisbane Moss のコットンツイルを使用しましたが、今回は国産のコットンツイルとなります。一定水準を満たした綿100%のツイル生地をできる限り取り寄せて、求めている色合いの用意があったのがこの生地でした。

前回の生地より、ほんのわずかにウエイトがありますが、やはり通年生地と言えるミディアムな厚さです。薄い(真夏)と厚い(真冬)を両端とするゲージがあるとすると、ちょうど中央にくるであろう、そのくらいミディアムです。

ですがやはり生地感は異なり、Brisbane Moss の不思議な柔らかさとはまた違い、もう少し詰まった感じがしてハリ感があります。
また、暗めの色をつくりたかったというのがあったのですが、ダークトーンの色味となると、国産らしいはっきりした色調が映えが好く感じられました。

 

190813a

190813g

190813l

このパンツの特徴を挙げてみましょう。

①余計なことはしない。
デザイン、ディテールで足し算をしないことが、この界隈ではかえって貴重なのだ、という考え方が出発点になっています。
あるブランドがそのブランドらしさを発揮するためのプラスアルファを排し、きわめてシンプルなつくりのパンツにしようということです。いい生地を使うとプライスもそれなりになりますから、さらに満足感を高めるために、もう少しだけコストをかけてスペシャルを付加したくなりますが、そこを我慢するのです。

②シルエット、フォルムはイマドキではない。
全体はやや細めのシルエットで、裾の絞りはごく弱く、腿とお尻はウエストサイズに対しては微妙にゆったり、という感じになります。
流行はまったく意識せず、タイトな細パンツのような格好いい系でもなく、ワークパンツをルーツにするような緩いチノパンでもなく、実はきわめて微妙なところを狙っています。
ニュアンスになるよう、野暮ったさを少しだけ残しつつ、でもジャストサイズで穿いた時にきちっとすっきりした見え方になるように、という考えでこのバランスになりました。

③質感と色味はしっかりと。
質感と色合い、ここが肝であると考えています。きわめてシンプルである以上は、もうここはしっかりするしかありません。
基準としては、Fuzz の店頭に並んでいる他の商品と着合せた時に、ファブリックや縫製などのクオリティの部分と、色調、色映えの好さが見劣りしないこと、です。

 

190813c

190813f

190813i

語れば語るだけ野暮だよ、という意識も持ち合わせていますが、なにぶん本当にシンプルなものなので、語らないわけにもいきませんでした。

ということで、デイリーなベーシックパンツをお求めの方は、是非チェックをして相性をたしかめていただけたら幸いです。

 

190813o

Montmorency – Basic Chino *Cotton Twill
col : Beige / Dk.Green / Charcoal
size : 2 / 3 / 4
price : 14,000 (+tax)

 

LINEで送る

Montmorency – Classic Easy.

190409r

Montmorency の第3弾、春夏のパンツが出来上がりました。
リネン・コットンの夏向け素材によるアジャスター仕様のイージーパンツとなります。

 

190409q

『ショートパンツはちょっと、、』 というお客さんは意外なほど多く、真夏にも履けるパンツは毎年の課題となっていましたが、今回、Montmorency で切り込むことにしました。

涼しげな素材となると、やはりリネンまっしぐらということになるのですが、パンツでリネンというのは少し気を遣います。
リネン素材の特性上、コットンのような詰まった生地にはなりにくいので(だから通気性が高まるのですが)、本気で涼しいリネンファブリックとなると、どうしても透けが生じてしまい、それを避けようとして厚い生地にしてしまうと、全体的に重たくなってしまう、という問題が生じ、なかなか難しいのです。

そこで出した答えが麻と綿の混紡生地です。
麻の素材感が充分に感じられるよう、そして、ある程度詰まった織りで、薄地になるよう、だいたい半々くらいの混率の生地を集めて精査し、今回のこの生地に決まりました。

 

190409p

シルエットは細からず、太からずの中途半端に、弱めのテーパード。あまり世に無いということで、もっとも需要が無さそうだけど、きっと探している人は居て、強いニーズがあるファズ。

涼しげパンツなのであまりピタピタしていてはうまくない、しかし、あまりダボっとはしたくない、細くないけど美しい、というラインを目指した答えがこれです。
『一見無造作』 という感じが出したい、でも洒落っ気がある、というところがポイントです。

 

190409k

190409l

190409i

190409j

190409f

190409o

トップのボタンを2つにして、股上はやや深め、前はジップフライ、サイドアジャスターのベルトレス仕様、といったディテールで、適度なアクセントがあり、素材感もありますので、簡単に無地Tシャツとも合わせられるような雰囲気になっていると思います。

クラシックなディテールを採用することで、ある種のニュアンスが生まれ、かえってシンプルで無造作なコーディネイトの方が洒落た雰囲気になってくれる、というパンツになったかと思います。

 

190409b

インチサイズで30か31くらいの村田さんに穿いてもらったところ、2でも3でもいけました。
ネイビーが3、ブラックが2を穿いています。
ご本人としても、実際買うとなったらどちらのサイズにするか迷う、とのことです。

 

190409a

大ざっぱなイメージですが、ネイビーは白いシャツやTシャツと、黒はオリーブやブラウンのトップスと、といった感じでいかがでしょう。
夏に関しては、コーディネイトが単調になりがちだから、いかに変化や足し算をしていくか、ではなく、いかに単調なまま微妙なニュアンスをつけてさりげない洒落っ気を出していけるか、というような考え方をしていますので、そんな哲学に則って生み出されたパンツであると言えます。

 

190409c

Montmorency – Classic Easy *Linen Cotton
col : Navy / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 15,000 (+tax)

 

ということで、今回も入魂のプロダクトです。イメージ通りに仕上がり、出来栄えにも充分満足していますので、自信をもっておすすめしたいと思います。
是非お試しください。

 

LINEで送る

Montmorency – Basic Shirt.

181006

お待ちかね(だったと信じてる)、Montmorency の第2弾アイテム、レギュラーカラーのシャツが出来上がりました。

第1弾のパンツから少し時間が経ってしまいましたが、じっくり時間をかけてつくりあげた納得のプロダクトです。サンプルアップを3回もして(1回は工場のミスですが)、練って練ってたどり着いた現段階での着地点です。

 

181006d

元々、Fuzz のシャツのラインナップは充実していますので、つくるとなると非常に気を遣うのですが、Oliver Spencer を失ったことが大きく、よりシャツを充実させるため、現状の展開ブランドで無いところを埋めるため、という考え方でスタートしました。

カチっとしたシャツは他にいいブランドがありますので、スタイルとしてはカジュアル路線で、でもゆるっとしたカジュアル路線は他にありますので、わりあいきちっとしたカジュアル路線で、でも気軽に、デイリーに着れるものがいいなと考えました。
『デイリーなアイテム』 というと、どうしても着心地が楽だからシルエットは緩く、着こなしはラフに、といった方面に向かいがちですが、そのデイリーよりもう少し外向きなデイリーを、という感覚です。街を行くためのデイリー、街着としてのデイリー。

 

181006h

縫製はドレスシャツを縫っているいわゆるシャツ屋さんにお願いし、カジュアルなシャツではありますが、しっかりと高い水準のクオリティで仕上げています。店頭に並んでいる他ブランドのグッドプロダクトと一緒に合わせた時に、質感としてつり合いがとれないということがないよう、生地の質と縫製の質はきちんと保証しています。ジャケットもそうですが、シャツ屋さん縫ったシャツは、やはりカジュアルなデザインでも仕上がってのたたずまいが違います。
安心して着合せてください。

 

181006b

今回、シャツのスタイルとしては、いろいろと考えた挙句、『小さい襟のレギュラーカラーで、タックアウトがしやすいかたち』 ということに決めました。
ボタンダウンでかちっと高さがある襟ではなく、もう少し気安い、着やすい襟で、軽快な雰囲気に、ノーカラーやバンドカラーよりは、きちっと感があって、というところ。

デイリー、実用シャツということで、レギュラーカラーですが胸ポケットを付けることにしました。僕自身はそうでもないですが、胸ポケットを実用的に使っている人はよく見かけますから。
当たり前ですが、柄合わせもきっちり正確です。

 

181006a

生地は表面起毛のコットンツイル、ネルと言っても差し支えないでしょうが、ゴワゴワした粗いネルではありません。やわらかく、上品な生地感で、当然のことながら、色合いには最も気を遣いました。

 

181006e

用意したのは2種類で、チャコールグレー系とブラウン系のチェックですが、同じ生地の柄違いではなく、別ものです。ですので、洗いざらしでの仕上げとなっていますが縮率が若干違っています。

今季はブラックのアウターのセレクトが多かったので、黒にも合わせられる色柄のシャツを、ということを心がけました。

 

181006g

僕としては、Oliver Spencer のシャツの魅力は、英国人が日本人にはない感覚でつくっているというところに秘密があるのかなと思っています。ですから、ここではそういったところを意識して、ちょっと日本的でない感覚をもって色柄をチョイスしよう、ということにしてみました。

 

181006i

もちろん単体でも着てほしいですが、ジャケットなどアウターと合わせて脇役になったときに威力を発揮してくれるのではないかと思っています。

やわらかい着心地で、肩もあまり小さくならないようにつくっているので、窮屈な感じも出にくいと思います。是非、お試しになってみてください。

 

181006j

Montmorency – Basic Shirt *Brushed Twill
col : Grey Check / Brown Check
size : 2 / 3 / 4
price : 15,000 (+tax)

・ ・ ・ ・ ・

本当は移転再オープンのタイミングにばっちり間に合わせたかったのですが、ちょっと遅れてしまいました。季節としては、ようやくこのあたりのシャツも着れる時期になってきて、ここ数日でぐっと進んだような気がしますね。

店頭にはご紹介していない商品も並べていますので、ご来店の際には、是非隅々まで物色していただけたらと思います。

 

LINEで送る

Montmorency – Basic Chino.

170220v

新登場、Montmorency のコットンパンツをご紹介します。

見たことも聞いたこともないと思います。
それもそのはず、これは Fuzz の新しい試みです。

 

170220u

●Montmorency
2017年春スタート、東京・新宿 Fuzz を拠点とするブランドです。
Fuzz の店頭から自然と浮かび上がってくるイメージをさまざまな手法でかたちにし、Fuzz のお客さまにお届けすることを命題とします。
店頭に並ぶ名だたるブランドに敬意を表しつつ、それらと並びたつ確固たるクオリティ・デザイン性を備えることを義務とし、真摯なものづくりに励みます。
ブランド名はあるイギリスの小説に登場する犬の名前です。深い意味よりも、この犬のように自由に、そして愉快に、品々と人々と向き合っていくことを大切にしていきます。

 

170220e

非常にシンプルな、チノパンをつくりました。

もう何年も前から思っていたのは、各ブランドがなかなか 『ふつうの』 パンツをつくらなくなったということ。ブランドの存在感を示すには、やはりそのブランド独自のデザインやディテールが組み込まれ、より個性的であることが求められるのだと思います。
お客さんから 『普通のチノパンみたいのってないですか?』 と求められたときに、『これです』 という商品が用意できない状態が続いていたのです。

そうした事情から、ずっと考えていて、ちょうど1年前から実際に制作にかかりはじめ、ようやっとここまで辿り着きました。

 

170220p

商品説明です。

=====================

ワードローブに必須のシンプルなコットンパンツを 『極力シンプルなディテールとデザインで、上質な素材をつかう』 というコンセプトでつくりました。
確かな生地の質感、感度のよい色味、安心して穿き続けられる質のよい縫製、シンプルだからこそ大切になる基本的なポイントをしっかり意識して仕上げています。

Brisbane Moss 製のコットンファブリックは、中厚で軽量のオールシーズン・ファブリックです。綾目がしっかり立ち、目が詰まっていながらも穿き感の軽いツイル生地となります。
シルエットは標準的な太さのストレートに近い微スリム型。『細いパンツのカテゴリだけど、そこまで細くない』 というイメージを基本とし、ヒップと太腿に張りが出ず、また裾を絞りすぎずに無造作な風情を適度に残す、ということを意識したラインとなります。

いつまでも飽きずに、しぶとく穿き続けられるベーシックパンツになることを願います。

=====================

いろいろなシーンで、いろいろなスタイルで、きちんとしたデイリースタイルのパンツとして使ってもらえたらというイメージです。

 

170220g

こだわったのは、ディテールよりもファブリックとシルエットです。
とにかくいい生地で、いい色でつくろうと思って動いたら、自然と Brisbane Moss という選択肢になりました。

Brisbane Moss の中でもいろいろな生地があるのですが、グレーのチノパンがつくりたい、オリーブはやや暗めがいい、ネイビーは青さ抑えめの暗いものがいい、生地のウエイトは通年使えるものがいい、という具体的な希望を満たしてくれたのが今回のこの生地でした。

厚からず薄からずの生地でオールシーズン使えると思いますが、どちらかというと春夏寄りのウエイト感だと思います。

 

170220f

シルエットで気をつけたことは、良くも悪くも 『かっこよく』 なりすぎないことと、細身の範疇で尻と腿に適度なゆとりがあること、この2点です。

格好いいシルエットのパンツは他にたくさんあるので、少し野暮ったさを感じるくらいのストレートシルエットをベースにして、それから少しだけ裾を狭めて調整しました。

 

170220k

いまどきシンプルを売りにする○○や○○などでもつくらないくらいシンプルなディテールなので、質感、色合い、シルエットはごまかしが利かない部分です。

 

170220o

4色を別々に4人の人に穿いてもらいました。
華奢な木本さん(Beige)と標準体型の村田さん(Navy)、陸上短距離をつづけている小川さん(Grey)は痩せてはいるものの筋肉質、細かった関さん(Olive)は不摂生がたたって太ってきて、どういうわけか下半身ばかり太る体質。
いろいろな体型の人に穿いていただきましたが、うまくフィットしてくれていました。

 

170220x

Montmorency – Basic Chino *Brisbane Moss Cotton
col : Khaki / Grey / Olive / Dk.Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 15,000 (+tax)

 

苦労してつくった甲斐がありました。僕としては満足の出来栄えです。
この1本のパンツをつくるために考えるべきこと、やるべきこと、思っていた以上にたくさんあって勉強にもなりました。

大手さんのオリジナルブランドとは意味合いがまったく異なり、Fuzz のような小さなお店が自分でものをつくることは、ただただリスクが大きく、踏み出すにはそれ相当の覚悟が必要です。
僕としては覚悟の裏づけになるのは 『Fuzzの店頭』 ということしかなく、ここだけを見て誠実に取り組むしかないと思い定めることとなりました。
その辺りの思いや考え、また裏話などもまた別の機会で語らせてください。

ということで、Fuzz としてひとまずこの春おすすめのパンツです。
シンプルなベーシックアイテムに、さりげなくマニアックなブランドはいかがでしょうか(笑)

 

LINEで送る