Hawkwood Mercantile – Over All Trouser.

200104i

Hawkwood Mercantile のパンツが新たに入荷しました。
先日のバッグに続いて初めてのボトムアイテム、ミリタリーテイストのコットンパンツとなります。

 

200104a

200104h

イギリス軍だったか、ベルギー軍だったか、実存したミリタリーパンツをモチーフにして、ホークウッドらしい本格的なトレースとアレンジによってつくられた、大人向けの軍パンです。
ミディアムウエイトのコットンヘリンボーンツイルという生地も通好みですし、古い軍パンにしか見られない凝ったポケットワークもやはり通好み。はっきり言ってしまうと通にしか刺さらない、腰の据わったパンツということになります。

 

200104b

200104f

どこどこがこうで、ここがいいですね、ということではなく、細かいディテールが積まれていること対する、シンプルな敬意が沸き起こることと思います。実はこういうアイテムこそ、実は理屈よりも感覚的に穿きたいと思わせる力を持っているのかもしれません。

 

200104d

生地はオールシーズンといったウエイト感で、シルエットは太めのストレート、ものすごく太いということではなく、普通に太いという感じです。
トップスにシンプルなものを好むタイプの人には、こういった変化のあるボトムは重宝することと思います。

ワーク・ミリタリーのカテゴリの天然素材のパンツですので、ヘビーユースをして枯れてきてもまた格好いいはずです。白いシャツやTシャツと無造作に合わせて格好よくなってきたら本物でしょう。

 

200104g

Hawkwood Mercantile – Over All Trouser
col : Olive / Navy
size  30 / 32 / 34
price : 22,800 (+tax)

 

LINEで送る

Hawkwood Mercantile – Yeager Bag.

191210c

2020年、初商品紹介は、イギリス Hawkwood Mercantile のヘルメットバッグからとなります。
ファッションアイテムとして定着しているミリタリールーツのバッグをホークウッド・スペックでリプロダクトしました。

 

191210e

ファブリックはイングリッシュ・ベンタイル。コットン素材で高い撥水性を実現したこれもミリタリールーツの素材となります。細く強く撚った糸を密に打ち込むことにより、撥水性を高めるだけでなく、天然素材の味わいと高級感を合わせ持つという、何とも言えない魅力のある質感、素材感がベンタイルの魅力です。

 

191210b

さらに、手持ち、肩掛けだけでなく、背負いを加えて3WAYの仕様にアップデートしました。
リュックとして背負った時のバランスが格好よく、とてもいい感じだと思いました。

 

191210

191210a

191210g

191210f

前面ポケットのベルクロや緩衝のための中わた等、律儀にオリジナルを踏襲することで、ホークウッドらしい本気さが静かに伝わってきます。
オリジナルに忠実でありつつ、ブランドのオリジナル的魂が吹き込まれ、結果的に説得力のある魅力的なプロダクトになっていると思うのですがいかがでしょうか。

 

191210d

191210h

こういったポーチが付属します。裏に小さなベルクロが付いていて、内部に軽く装着できるような感じです。しっかり使えるであろう嬉しい付属品です。

191210j

ヘルメットバッグは、ミリタリーならではのちょっと男くさい感じが魅力なのだと思いますが、ホークウッド的魅力が加算されることで、微妙に印象が変わっているように思います。
無骨さは無骨さとして残るのですが、やはり洗練が加わり、よりスムーズにファッションに溶け込むような気がします。

 

191210i

Hawkwood Mercantile – Yeager Bag
col : Olive
price : 26,800 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

Happy New Year !!
本日より、2020年の営業をスタートしました。
例年、営業初日はだいたい静かな一日であったように記憶していますが、今年は思いの他賑わい、楽しい一日が過ごせました。
今年はいよいよ東京オリンピックの年。いったいどんなことになるのか、期待と不安が入り混じりますが、とにかく頑張っていきたいと思います。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

LINEで送る

New Arrivals.

191205e

Francesco の冬向けスニーカーが入荷しました。
時たま登場するスペインのスニーカー専業メーカー、不意におもしろいプロダクトを生み出してくれます。

 

191205c

なんといっても特徴はインソールがボアになっているということ。厚手のソックスを履いているかのような感覚なので、逆に言うと厚手のソックスを履かなくて済むと。厚地ソックス嫌いにはたまらないことでしょう。

 

191205b

スリッポン型でさっぱりしていて、脱ぎ履きもしやすく、気取らないスニーカーとしてお使いいただけます。
また、アッパーはスエードなので、プライスほどチープではありません。むしろルックスとしてはクールと言えるでしょう。
クールでウォーム、混乱をまねきそうですが、分かりにくいもの好きにもたまらないはずです。

 

191205a

191205d

Francesco – Winter Slipon Sneaker
col : Dk.Brown
size : 41 / 42 / 43 / 44
price : 7,900 (+tax)

 

1701123a

こちら、久しぶりの登場となりますドイツの帽子です。
2年ぶりとなりますが、Kopka というブランド名になっていました。いつから Kopka なのかは不明で、以前、Fuzz では違う名前でご紹介していました。謎系インポートブランドであるため、ブランド名自体はさほど重要ではないと思いますが。。

 

191208a

好き勝手システムを採用し、思い思いのフォルムでトライできるウールフェルトの帽子となります。
なんとなく自分の好きなスタイルが生み出せそうな気がして、ついつい手が伸びてしまいます。プロダクトとしてかなり優秀だと思いますので、是非お試しになってみてください。

 

161206m

161206j

161206e

161206f

161206g

Kopka – Wool Felt Hat
col : Black / Charcoal
price : 6,800 (+tax)

 

191206a

こちら恒例 Hihgland Tweeds のラムウールのマフラーです。
メーカーはウールブランケットのミルなので、単純にブランケットをマフラーサイズにしているということで、安価で供給してくれます。

 

191206k

ごく一般的なマフラーのサイズで、伝統的なタータンチェック柄でさまざま、というスタイルです。この色目持っていないな、このアウターだけ合う色柄がないんだよな、値段の割にはきちんとしたプレゼントになるな、等々、細かいニーズで気軽にどうぞ。

191206h

191206j

191206m

191206c

191206f

Highland Tweeds – Wool Muffler
col : various
price : 4,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

191122k

この時期の恒例、巻きもの類をご紹介します。
まずは初登場となりますが、あまり初めてという気もしないイギリスのメリノウールのマフラー。ツイードで名高い MOON社のブランドです。今回はあえて大判サイズを選んでおります。

●Bronte by Moon
1837年創業のイギリスの老舗生地メーカー Abraham Moon 社が展開するブランドです。
毛織物専業として長い歴史を持ち、紡績から染色、織りまでを一貫してイギリス国内にある自社工場でとり行うことができます。

 

191122e

単純に、いい感じの色味があったという理由でのセレクトです。
大判、小判と用意があり、小判の方は恒例の Highland Tweeds というブランドで今年も発注していますので、このブランドでは大判サイズということにしました。

大判サイズはマフラーに限らず、膝掛けや女性ならショールのように肩からかけてという使い方もできます。
僕も別のブランドではありますが、ドレスゴードンのチェック柄のこういったウールのブランケットを膝掛けとしてリビングで使っています。この季節になるとソファに掛けておいて、ちょっと寒いなという時や、うたた寝の際など、意外としっかり使います。これが普通の毛布やタオルケットになってしまうと、リビングの景観が崩れますので、やはりタータンチェックのウールブランケットである必要は大いにあると思います。

 

191122g

普通にボリューミーなマフラーとしてもいいでしょう。
膝掛けとしては、前述のようにリビングに、またはマイカーの車内用にもいいです。また、サッカーやラグビーなどの冬の屋外スポーツ観戦、その他アウトドア関係に。
レディスは肩からマントのように羽織っていい感じですので、そう、レディへのギフト、あるいは奥さまのご機嫌とりなどにもよろしいのではないでしょうか。

 

191122c

191122b

191122a

191122d

191122j

191122i

191122h

191122f

Bronte by Moon – Wool Muffer Large
col : Camel / Natural Check / Orange Check / Black Watch
price : 11,000 (+tax)

 

191123e

Khata のカシミヤ50、ウール50の薄手大判のストール。ここ数年続けているので、もはや定番アイテムといえるかもしれません。
ナチュラルなやわらかい色合いに加え、とても肌触りがいいです。

 

191123b

191123a

191123d

191123c

こちらも男女問わずといった雰囲気。そう、レディへのギフト、あるいは奥さまへの献上物としてもいいかもしれません。

もちろん基本はメンズ用として考えていますので、安心して使ってください。通勤用にしている人もいらっしゃり、普通にクラシックな風情でも合わせられます。キュッと巻くとさほどのボリュームになるわけでもなく、おさまりもいいです。
とろける系のやわらかくて滑らかな肌触りですので、チクチクが苦手な人も気持ちよく使っていただけます。

 

191123f

Khata – Cashmere Wool Scarf
col : Taupe / Dk.Brown
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

SHU – Bomber.

191121k

ロシアからの刺客が入荷しました。

● SHU
2012年、Andrew Kravtsov により、モスクワにて創業。アウターウェアを専門とするロシアのブランドです。
テクノロジー、デザイン、ピープル、この3つをブランドにとっての最重要事項と捉えています。
シンプルなカットラインを特徴として、ミニマルなデザインに機能的な素材を用い、ウォータープルーフと保温性に優れたウェアを展開しています。

 

191121i

寒冷地ロシアが生み出したファッションアイテムとしての中わたジャケット。どうやら今シーズン初上陸ということです。ロシアブランドというのはここまで Fuzz では初めてで、それだけでも珍しく感じますが、内容もルックスも充実しております。

 

191121c

シェルはUS製、メンブレン生地という防水透湿素材を使用。撥水ではなく防水ということで、通気性のある防水生地となります。インサレーションはこれもUS製でデュポンの素材です。水洗いして乾きやすいという化繊素材が使用されています。
外側は防水で、水洗いができる、というテクニカルなジャケットです。

 

191121d

フードは取り外しが可能です。
これが変わった仕様で、フードと前身頃のファスナー周辺部分がひとつづきになっていて、フード装着時はフロントジップ部分が二重構造となります。

 

191121b

 

191121e

取り外すとこうなります。
この部分にもわたが入っていますので、防寒の意味合いになるのでしょう。

 

191121g

フードの無い状態では、ボンバージャケットのスタイルです。
淡色ということも手伝って、印象としては軽くなりますから、春先のまだ寒い時期などには気分的に使いやすいのではないかと思います。

 

191121j

191121f

あえてロゴを付けず、シンプルでミニマルなデザインを信条としているとのことです。
ミニマルデザイン+ハイテク素材、というのがこのブランドの特徴になるでしょう。

ダウン(中わた)スタイルのジャケットは興味はあってもなかなか、、という人が多い(Fuzzでは)という話を以前にしましたが、そういう感覚でもいっちょ本格的なものを、となったら P.H.Designs がおすすめになりますが、いやいや、実際それほどは着ないだろうし、本当に寒い時に着るための何かいいくらいのがあれば、、いやぁ、それでも街でよく目にする○○はちょっと着れないしなぁ、、という、そこまで本気じゃないけど求めちゃうよね系のみなさん、要チェックです。

 

191121h

SHU – Bomber
col : Lt.Beige
size : S / M
price : 33,000 (+tax)

 

LINEで送る