New Arrivals.

191122k

この時期の恒例、巻きもの類をご紹介します。
まずは初登場となりますが、あまり初めてという気もしないイギリスのメリノウールのマフラー。ツイードで名高い MOON社のブランドです。今回はあえて大判サイズを選んでおります。

●Bronte by Moon
1837年創業のイギリスの老舗生地メーカー Abraham Moon 社が展開するブランドです。
毛織物専業として長い歴史を持ち、紡績から染色、織りまでを一貫してイギリス国内にある自社工場でとり行うことができます。

 

191122e

単純に、いい感じの色味があったという理由でのセレクトです。
大判、小判と用意があり、小判の方は恒例の Highland Tweeds というブランドで今年も発注していますので、このブランドでは大判サイズということにしました。

大判サイズはマフラーに限らず、膝掛けや女性ならショールのように肩からかけてという使い方もできます。
僕も別のブランドではありますが、ドレスゴードンのチェック柄のこういったウールのブランケットを膝掛けとしてリビングで使っています。この季節になるとソファに掛けておいて、ちょっと寒いなという時や、うたた寝の際など、意外としっかり使います。これが普通の毛布やタオルケットになってしまうと、リビングの景観が崩れますので、やはりタータンチェックのウールブランケットである必要は大いにあると思います。

 

191122g

普通にボリューミーなマフラーとしてもいいでしょう。
膝掛けとしては、前述のようにリビングに、またはマイカーの車内用にもいいです。また、サッカーやラグビーなどの冬の屋外スポーツ観戦、その他アウトドア関係に。
レディスは肩からマントのように羽織っていい感じですので、そう、レディへのギフト、あるいは奥さまのご機嫌とりなどにもよろしいのではないでしょうか。

 

191122c

191122b

191122a

191122d

191122j

191122i

191122h

191122f

Bronte by Moon – Wool Muffer Large
col : Camel / Natural Check / Orange Check / Black Watch
price : 11,000 (+tax)

 

191123e

Khata のカシミヤ50、ウール50の薄手大判のストール。ここ数年続けているので、もはや定番アイテムといえるかもしれません。
ナチュラルなやわらかい色合いに加え、とても肌触りがいいです。

 

191123b

191123a

191123d

191123c

こちらも男女問わずといった雰囲気。そう、レディへのギフト、あるいは奥さまへの献上物としてもいいかもしれません。

もちろん基本はメンズ用として考えていますので、安心して使ってください。通勤用にしている人もいらっしゃり、普通にクラシックな風情でも合わせられます。キュッと巻くとさほどのボリュームになるわけでもなく、おさまりもいいです。
とろける系のやわらかくて滑らかな肌触りですので、チクチクが苦手な人も気持ちよく使っていただけます。

 

191123f

Khata – Cashmere Wool Scarf
col : Taupe / Dk.Brown
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

SHU – Bomber.

191121k

ロシアからの刺客が入荷しました。

● SHU
2012年、Andrew Kravtsov により、モスクワにて創業。アウターウェアを専門とするロシアのブランドです。
テクノロジー、デザイン、ピープル、この3つをブランドにとっての最重要事項と捉えています。
シンプルなカットラインを特徴として、ミニマルなデザインに機能的な素材を用い、ウォータープルーフと保温性に優れたウェアを展開しています。

 

191121i

寒冷地ロシアが生み出したファッションアイテムとしての中わたジャケット。どうやら今シーズン初上陸ということです。ロシアブランドというのはここまで Fuzz では初めてで、それだけでも珍しく感じますが、内容もルックスも充実しております。

 

191121c

シェルはUS製、メンブレン生地という防水透湿素材を使用。撥水ではなく防水ということで、通気性のある防水生地となります。インサレーションはこれもUS製でデュポンの素材です。水洗いして乾きやすいという化繊素材が使用されています。
外側は防水で、水洗いができる、というテクニカルなジャケットです。

 

191121d

フードは取り外しが可能です。
これが変わった仕様で、フードと前身頃のファスナー周辺部分がひとつづきになっていて、フード装着時はフロントジップ部分が二重構造となります。

 

191121b

 

191121e

取り外すとこうなります。
この部分にもわたが入っていますので、防寒の意味合いになるのでしょう。

 

191121g

フードの無い状態では、ボンバージャケットのスタイルです。
淡色ということも手伝って、印象としては軽くなりますから、春先のまだ寒い時期などには気分的に使いやすいのではないかと思います。

 

191121j

191121f

あえてロゴを付けず、シンプルでミニマルなデザインを信条としているとのことです。
ミニマルデザイン+ハイテク素材、というのがこのブランドの特徴になるでしょう。

ダウン(中わた)スタイルのジャケットは興味はあってもなかなか、、という人が多い(Fuzzでは)という話を以前にしましたが、そういう感覚でもいっちょ本格的なものを、となったら P.H.Designs がおすすめになりますが、いやいや、実際それほどは着ないだろうし、本当に寒い時に着るための何かいいくらいのがあれば、、いやぁ、それでも街でよく目にする○○はちょっと着れないしなぁ、、という、そこまで本気じゃないけど求めちゃうよね系のみなさん、要チェックです。

 

191121h

SHU – Bomber
col : Lt.Beige
size : S / M
price : 33,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

191119c

Charpentier de Vaisseau のダッフルコートをご紹介します。
こちら、イギリスの LONDON TRADITION の手によるイングランド製となります。

 

191119h

LONDON TRADITION はインポートブランドの世界ではなかなか有名で、自社工場を持つファクトリーブランドです。主にウールメルトンのPコートやダッフルコートをつくっていて、毎シーズン、いろいろなインポーターや大手セレクトなどがデザインや生地を持ち込んで生産を依頼しています。
僕もインポートの展示会では毎度毎度目にしていたのですが、ずっと Gloverall を続けていたため、ほとんど興味を持ちませんでした。インポーターさんが用意する純ファクトリーブランドとしての LONDON TRADITION は、Gloverall よりお手頃に本場のダッフルコートが、という立ち位置でした。そのため、目にするもののほとんどが、オーソドックスな直球のダッフルコートだったのです。

ところが、シャルパンティエ。

 

191119d

しっかり “らしい” 雰囲気でつくらせてしまいました。
普通、一般的なダッフルコートはフーデッドですが、こちらはラウンドカラー。やや長い着丈でラグランスリーブ、そして素晴らしい色味も魅力的です。
総合的に見て、代えの効かないオリジナリティがしっかり感じられ、しかもそれが変な癖系のものでもなく、同時にクラシックアイテムなればこその普遍性も失われていないという。

 

191119g

191119e

191119a

ハーフコート丈よりやや長め、ダッフルなので裏地のない一枚仕立て、トッグルは上の方に3つ。
羽織って歩く姿が絵になります。

 

191119b

Charpentier de Vaisseau – Duffle Coat
col : Greige
size : 2
price : 47,000 (+tax)

 

191120c

変型ダッフルにつづいて、変型Pコートは ARMEN です。
ボタンを小さく、少なくして、すっきりした雰囲気に、そして着丈はハーフコート丈でしっかり、全体になんとなくエレガントな風情です。

 

191120g

191120d

生地は化繊多めの厚地で軽い、エアリーなダブルフェイスのメルトン。表面起毛をさせているので、ウールモッサということになるでしょうか。ふんわりしていてソフトな質感です。

 

191120f

191120e

バランスが取りやすく、コーディネイトしやすいというPコートのいいところを備えつつ、オーソドックスなPコートスタイルにファッション的なスパイスをちょっと利かせているといった感じでしょうか。
ありきたりな感覚が無く、しっかり格好いいです。

 

191120a

191120b

ARMEN – Double Face Mid Length Pea Coat
col : Black
size : 1 / 2
price : 32,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

191105h

BASISBROEK のウールジャケットが新たに入荷しました。
ショート丈でゆったりシルエット。BASISBROEK らしい独特のデザインが健在です。

 

191105f

大きな特徴は、ダブルのライダースのように斜光するフロントジップ(ダブルブレストではありません)。これが襟を中央から分けずに、襟を開いた時に左右非対称になります。

 

191105a

ゆったりルーズでドルマンスリーブ気味の袖、肩はドロップ。
アシンメトリーの襟と相まって、なにやらモード服のような世界観を感じさせる雰囲気になっています。

 

191105b

デザイン性もさることながら、生地はしっかりウールメルトン、袖までの総裏仕立てでウエイト感もなかなかのものです。
フロントはダブルジップ、背中はヨークが入り、かなり贅沢に生地の分量を使い、凝ったデザインを入れているにもかかわらず、プライスは庶民的です。ここはモード服とは真逆の違い。

 

191105c

ブラックでこのデザインではやや圧があるかなと思い、今回はダークブラウン1色です。
濃いブラウンですので、落ち着きがあり、ここ最近セレクトを増やしているブラックのパンツ群との合わせも考慮しています。
同じ BASIS のパンツはもちろん、Riccardo Metha のウールパンツなども好相性だと思います。

 

191105d

ゆるっとした感じでも、雰囲気はクール。襟はいっぱいに閉めてしまってもいいですが、軽く開いて、というくらいが調子よさそうです。

 

191105e

191105g

BASISBROEK – Hody
col : Dk. Brown
size : 2 / 3
price : 24,000 (+tax)

 

191106a

 

この春から取り扱いをはじめたイタリアのニット Fassina Luca。
秋冬はウールニットです。

 

191106e

 

いかにもヨーロッパのカジュアルニット、という雰囲気です。
編みで立体感のあるちょっと変わったボーダーで、派手すぎず、地味すぎず。
これを細身のパンツとすっきり合わせて、ステンカラーコートだったり、ダッフルコートだったりをシンプルに羽織る、というのがある種のヨーロッパ的カジュアルスタイルのイメージです。盛りすぎないで、気張らずにさらりと、というのが格好いいと思います。

 

191106g

191106c

191106f

Fassina Luca – Border Knit
col : Grey / Red
size : S / M / L
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

S.K.Overseas – Wool Stole.

191104b

S.K.Overseas のウールストールが入荷しました。
3年ぶり5度目の出場。ここ2年は予選敗退が続きましたが、今年はいいメンバーを揃えて勝ち抜いてきました。

薄手大判、一般的なマフラーとはひと味違ったスタイルで、アレンジしながら巻いていただけます。

 

191104e

191104d

191104c

インドの伝統的な織物産業と、ヨーロッパ的ファッション性が融合したとてもいいブランドです。
もちろんメンズ用としてご用意しているわけですが、レディも、いやきっとレディの方がうまく使うのでしょう。
このあたり、メンズとレディスの明確な線はありません。感性での判断です。

女性への贈り物としてもいいと思いますし、夫婦で共用しようと思って、という言い訳も使えるのではないでしょうか。

 

191104h

191104i

191104g

191104f

191104l

191104k

S.K.Overseas – Wool Stole
col : Grey Check / Black Check / Navy Check
size : 100cm × 180cm
price : 8,500 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

明日(火曜日)は振替休業ではなく、通常営業です。
ちょっと後日に臨時休業が出るかもしれないので、ここは休まずにいきます。

 

191104m

インスタグラムでも触れましたが、映画の宣伝です。

『だってしょうがないじゃない』
@ポレポレ東中野 (上映中)

つい先日から上映開始ということで、僕もまだ観ていないですし、内容としても一般的なエンターテイメントではないので、みなさんどうぞ!と言いにくいタイプかもしれません。
だからこそ、まずは多くの人に知ってもらうことが必要なタイプの映画だと思いますので、できるだけ拡散できたらなと思いました。
新宿の裏片隅のあやしい洋服屋に出没するようなみなさんにとっては、そういうものこそ興味ある、ということも少なくないと思っていますが。

発達障害と診断をうけた映画監督が、発達障害の叔父の日常を、3年間追いかけたドキュメンタリー映画、ということです。この映画で編集を担当した和島さんに直接ご案内していただきました。近くにある編集スタジオをよく使うということで、ちょくちょく買いものに来ていただいています。

興味のありそうな方は是非観てください。そして、興味のない人は、観る代わりに5人の人にこんな映画がやっているよと教えてください。笑。

 

LINEで送る