ARCOPEDICO – LIGHT.

180610a

ARCOPEDICO の新作サンダルが届いています。
毎シーズン一つご用意している楽ちん系サンダル、今年はこれにしました。

 

180610i

元々コンフォートシューズを専門とするポルトガルのブランドです。石畳と坂道が多いポルトガルの街で快適に履けるシューズを、という目的で、科学的なアプローチによって製品開発をしているブランドです。

ビルケンやトリッペン、カンペールなんかもそうだと思いますが、ヨーロッパではコンフォートシューズ系のブランドが数多くあります。ARCOPEDICO はなかでもサンダルをメインとする大衆向けのブランドで、しっかりしたアプローチから生み出されるものの、より気安いデイリーユースなプロダクトであることが魅力になっています。

 

180610h

ARCOPEDICO のサンダルの大きな特徴としては、アッパーがメッシュニットであることがまず挙げられます。通気性が好く、ゴムではないので伸びすぎない伸縮性が快適なフィット感を生み出します。

 

180610c

180610d

180610e

フットベッドはピッグレザーで、汗を吸収します。この部分はアウトドア系ならラバーやウレタンだったりしますが、やはり水には強い反面、汗の行き場を失いますので、これは一長一短でしょう。ARCOPEDICO は街履き用のサンダルであることがうかがえます。

 

180610f

アウトソールは新しいもので、より軽量化されています。土踏まずの2本のアーチが何やら疲れにくくするような科学的な仕組みであるとのことです。

 

180610b

ARCOPEDICO – LIGHT
col : Black / Brown
size : 41 / 42
price : 5,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180609a

Ordinary fits のトラベルショーツ、今年も入荷しました。
毎シーズン、デザインはそのままにファブリックを載せ変えて展開していますが、今季はリネン無地となります。

 

180609b

カーキ、ネイビー、オフブラックの3色展開です。ナチュラルなくすみ調の色合いで、どの色も合わせやすそうな雰囲気。

 

180609g

股上が深く、丈は短め、腰や尻まわりはふんわりとゆとりがありつつ、裾口だけ少しクッと締めて、という独特のフォルムです。
裾口が細まっていることで、ゆったり感がありながらもそれなりにすっきり見えることが特徴です。

 

180609h

ざらっとしたリネンの生地感に、さらりとした質感のカットソーがよく映えることでしょう。

 

180609c

Ordinary fits – Travel Shorts *Linen
col : Khaki / Navy / Black
size : 1 / 2
price : 10,000 (+tax)

 

180608i

さらりとした質感のカットソーが入荷しました。
昨夏に初めてご紹介しました、TRIAAANGLES というフランスのブランドです。

 

180608f

フリーのデザイナーなどからデザインを募ってTシャツ製品にしていくという、コンセプト系ブランドといったようなものでしょうか。
ですからデザインは多岐にわたり、テイストもさまざまなので、ブランドとしての雰囲気やイメージの一貫性はあまりなく、たくさんの中からこれだけをピックアップしてきたということです。

プリントTシャツのセレクトについては、シンプルにデザインのよさ、雰囲気、フィーリング、などで選んでいます。
特に絵柄のものは、何が、どこが、というよりもフィーリングがすべてといってもいいと思います。
なんかいいな、くらいで思考停止して、気分よく着るのが大事でしょう。

 

180608d

180608e

180608b

TRIAAANGLES – Tee*Laissez Moi Pioncer
col : White / Black
size : S / M
price : 6,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180607a

arbre からリネンのプルオーバーシャツが入荷しました。

端正なボタンダウンカラーのプルオーバーシャツは、アイビーやアメトラスタイルのスポーティなカジュアルスタイルの定番として定着していますが、現代ではさらに広がりを見せ、普遍的なアイテムになりつつあるように思います。

arbre も SOUTIENCOL 同様、やはりアプローチはアイビー方面からですが、特にリネンの無地のものになると、より幅広いスタイル層にしっくりくるアイテムになるのではないでしょうか。

 

180607e

180607g

リネンの無地の白と紺、ボタンダウンでプルオーバー。
『まずこう着ておけば安心』 というイメージがそれぞれ自然と浮かぶのではないでしょうか。それくらい普遍的な性質をもっているアイテムであり、また安心感のあるアイテムであると思います。

 

180607d

通気性が好いので、体温や湿気を外に逃がし、風がよく入ってくるのがリネンシャツの魅力です。日本の梅雨や夏においては特にその威力を体感できるはずで、これからの時期はショーツに腕まくりをして、というバランスが心地好いのではないでしょうか。

 

180607f

arbre – B.D. Pullover Shirt
col : White / Navy
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

180606d

GICIPI のワイドシルエットのボーダーTシャツも入荷しています。
襟元ゆったり、シルエットゆったり、コットンフライス生地のリラックスTシャツです。

 

180606e

180606b

180606c

180606a

やや前ぐりが大きいクルーネックで、肩が軽く落ちて、ルーズなシルエット、という特徴です。

また、このような一般的なフライス生地になりますと、アンダーウェアのファクトリーであることの威力が充分に発揮され、ヨーロッパの製品とは思えないようなプライスが出てくるのも GICIPI の大きな魅力です。(ビッグTシャツとかルーズTシャツなどというものは、使う生地の分量が大きくなるために、特別な意匠が入らなくても、それだけでそれなりのプライスになってしまうものなのです)

 

180606f

GICIPI – Loose Border Tee
col : Ecru*Black / Navy*White
size : 3 / 4 / 5
price : 4,800 (+tax)

 

180514l

こちらもイタリアのブランド、今春に初登場をはたしたスウェットアイテムをメインに展開する VESTI のスウェットショーツです。

イタリアメイドにこだわりながらもバリューなプライスで、というのも嬉しいですね。

 

180514h

180514a

スイムショーツをベースにした細身のショーツです。
ウエストはゴムとコード、裾やポケットの縁が切りっ放しになっていて、デザイン的なアクセントにしています。

 

180514i

180514d

180514g

180514f

180514j

VESTI のスウェットアイテムは、そのまま外出できる部屋着、あるいは外出先の部屋着、などといった使い方をされるかな、というイメージでピックアップしています。
あまり気合いを入れたくない、でも崩れすぎたくもない、着ていてストレスがない、というシーンはけっこうあると思いますので、意外と大車輪の活躍をしてしまったり、、。

VESTI – Sweat Shorts
col : Navy / Navy Melange
size : S / M / L
price : 6,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180604o

Charpentier de Vaisseau の新作、コットンワークパンツが入荷しました。
なんともシャルパンティエらしい、フレンチワークの薫り。

 

180604c

180604j

ミドルウエイトのコットンツイルに、太め、股上深めの野暮ったいシルエット。通常ポケットの他にワークパンツらしいポケットが付いています。

無造作だけど、なぜかポップな感じ、というところにシャルパンティエならではのテイストが感じられます。

 

180604b

180604h

180604g

シンプルではありますが、意外にクセは強く、しっかり着こなさないと危ない系のアイテムかもしれません。けれどもその分、楽しいアイテムであるとも言えるでしょう。

 

180604k

Charpentier de Vaisseau – Work Pants
col : Blue / Navy
size : 2
price : 12,800 (+tax)

 

180602d

Ordinary fits の新作シャツも入荷しています。
ヘンリーネックのプルオーバー、薄地で涼しい半袖シャツです。

 

180602e

丸襟でヘンリーネック、肩を落としたゆったりシルエット。ふんわりと着ていただくような、やはりオーディナリーらしい雰囲気です。

 

180602a

生地は非常に薄くて軽いコットン地です。製品染めで生地感、風合い、いい感じです。
ブランドのカラー表記はブラックとなっていますが、実際は抜けたようなグレー調となります。

 

180602c

180602b

Ordinary fits – Henley Neck Short Slv. Shirt
col : Black
size : 1 / 2
price : 14,000 (+tax)

 

180601g

BASISBROEK の新作ショーツ、Nova は、定番素材のコットン・シルクによる軽快なテイストです。

180601e

180601c

例年、このラインでマイナーチェンジをしながら新モデルとして登場していますが、今年もデザインを少し変え、モデル名を変えて出てきました。
ブランドとしてはビッグシルエットのショーツとしてのモデルですが、僕の判断で、まあそこまで大きくなくていいだろうということで、1と2というサイズでご用意しました。

通常 BASISBROEK のサイズ設定では、1はレディースもしくはメンズXS、2がS、3がM、4がL、という感じになりますので、サイズダウンで穿くようなイメージです。
ウエストもゴムとコードですので、あまりサイズを限定するものではなく、一般的なショーツとしての感覚なら、1がS/M、2がM/L、という感覚になるかと思います。

 

180601d

180601b

180601a

 

生地感は上品で、デザインはラフな感じ、という独特なバランスが心地いいのでしょう。なんかいい!という感覚的な褒め言葉がよく聞こえてくるショーツです。

 

180601f

BASISBROEK – Nova
col : Smoky / Navy
size : 1 / 2
price : 14,000 (+tax)

 

LINEで送る

quotidien – Big Tee.

180520g

quotidien のビッグシルエットTシャツが入荷しました。
好評につき、カラーを増やして6色展開です!

170603j

天竺コットン生地、やや広めのクルーネック、そしてワイド、ビッグなシルエットの半袖Tシャツです。
袖はフレンチスリーブのように感じますが、ドロップショルダーですので、着てみると普通の半袖の位置くらいにおさまり、非常にバランスの好いビッグTシャツではないかと思っています。

 

180520h

昨年はじめてセレクトしましたが、ビックTシャツを着たことなかった人がトライしてみようかなと手に取ることが多かった印象です。
また、実際に購入して着た人から 『来年もやりますか?よかったので色違いがあってもいいかなと思って、、』 というようなことも訊ねていただきました。

 

180520a

180520d

170603h

170603b

170603f

170603c

目を惹くための見せ色は無しの、すべて実用的なカラーで6色のご用意です。
どれも使い勝手がよく、品の好さも感じさせるいい色ではないでしょうか。

と、それから昨年は元々の展開が1サイズでしたが、今シーズンはサイズ展開が増えて、2サイズとなっています。
1というサイズは昨年とまったく同様で、単純にその上のサイズがラインナップされたということになります。

 

180520f

quotidien – Big Tee
col : White / Beige / Grey / Charbon / Navy / Black
size : 1 / 2
size : 6,900 (+tax)

 

LINEで送る