New Arrivals.

170212e

SOUTIENCOL より、新作のテーラードジャケットが入荷しました。
薄手ウールサキソニーの生地で、サイドベンツのブリティッシュテイストをベースにしたシンプルなジャケットです。

SOUTIENCOL らしい端正なフォルムに、春らしい軽くて爽やかな生地がよくマッチした“ニュー・ベーシック” なアイテムです。

 

170212f

170212i

170212c

170212b

170212a

170212g

170212j

170212d

今作は、“こだわり” を盛り込み過ぎず、あえて簡素なディテールワークにしています。
重々しい雰囲気にならないよう、クセを無くして合わせやすさを備えるよう、プライスが抑えられるよう、などのいくつかの理由で、SOUTIENCOL にもこういうジャケットがあっていいのではないかということでつくられました。

かといっても完全なイージージャケットではなく、テーラードジャケット専門ファクトリーで縫われた立体感のある本格派のジャケットではあります。
ブランドとして得意なことをあえて封印したようなところもありますが、Fuzz としては大歓迎で、勇気ある引き算を高く評価したいと思います。

SOUTIENCOL – Tailored Jacket
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 39,000 (+tax)

170214a

arbre のドッグイヤーカラーのブルゾン、リネン。
昨秋にコーデュロイで好評だったジャケットの素材違い、春版となります。

 

170214b

単色ネイビーとブラックウォッチ。
アイビー風味のトラッド・カジュアルな春ジャケットで、男らしさを感じます。
カットソーの上からラフに羽織るのも様になる雰囲気です。

 

170214k

170214c

170214g

170214l

arbre – Dog Ear Linen Blouson
col : Navy / Black Watch
size : 2 / 3 / 4
price : 21,000 (+tax)

 

170211i

FUJITO からは春ニットが届いています。
コットンとリネンが混じったドライタッチな薄手ニットは、春ニットだけでなく、サマーニットというニュアンスも感じさせ、ややゆったりしたシルエットも相まって、適度なリラックス感をもって爽やかに合わせていただけます。

 

170211f

170211c

170211g

170211d

本当に “さらり” という感じで着る軽やかなニットです。シンプルなボーダー柄ですが、ニットアイテムだからでしょう、さりげなく気が利いているように映ります。

FUJITO – Border Knit Sweater
col : Grey / Navy
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

気の早いアイテムの入荷が続きますが、この時期は入荷とご紹介の順番はごちゃごちゃになりますので、あしからず。

いいかげん春が待ちきれなくなってきて、僕はいよいよ鉢に種を蒔き、庭に苗を植え、園芸を開始してしまいました。
今年はトマトに変わってオクラ、絹さや、スナップえんどうを投入しました。

 

LINEで送る

New Arrivals.

170203f

みんな大好き、謎のブランド!
今回はフランスから招待しています。

 

170203b

●Fils de Butte
パリのセレクトショップが手がけるブランド。フランスらしい、フランス製のローカルなプロダクトを展開しています。

 

簡単な説明になってしまっていますが、あまり詳細が伝わってきていません。
あるインポーターさんが、パリのあるデパートの催事のようなところで見つけて声をかけたというブランドで、どうやらパリのセレクトショップが手がけているということだけを聞いていて、あとはモノを見ての判断と。

 

170203e

本当は、後々にご紹介できるであろう、プリントTシャツが目に留まったブランドなのですが、こんなのもやっていますと見せていただいたのが、我々としてはなじみ深いフレンチワークのモールスキンジャケットでした。

ボタンの部分をアレンジして、何かいい雰囲気だし、つくりも質感もしっかりしていて、すぐに好感を持ちました。
パリの人らしいエスプリ的なアクセントが心地好く、クラシックな野暮ったさとファッションアイテムとしての矜持と、単純に見えて奥行きのある不思議なニュアンスを感じ、この部分こそ、僕の好きなある種のフランス的感覚だと感じた次第です。

 

170203d

170203c

170203a

170203g

ラブルールをお持ちの方に無理にすすめるようなことはしませんが、別枠と考えてもいいような気がします。
また、ラブルールとはまた癖が違うので、シルエットやフォルムが合わずにいた人には試してみる価値があるように思います。

Fils de Butte – Moleskin French Work Jacket
col : Black
size : M / L
price : 23,000 (+tax)

 

170205a

続いて、D. C. White より、コットンピケのトラウザーが入荷しています。

すっきり細身スリムシルエットで、柔らかで穿きやすいピケの生地。薄めのアイボリーカラーも爽やかで、シーズンレスなアイテムではあるものの、やはり淡い色目は春を意識するのではないでしょうか。

 

170205b

170205c

170205d

ある年代の方々にとっては、スティーブ・マックイーン界隈のアイテムとして認識していることもあるかもしれません。
G9ジャケットやマッドガードのスエードチャッカブーツと並ぶ3種の神器という。

しかし今やそんなことも含めての普遍的なアイテムと言えるような気がします。
穿きやすさと合わせやすさ、そしてチノやウール系とは違った独特の雰囲気を備えていますので、幅広いスタイル層におすすめできると思っています。

D. C. White – Pique Pants
col : Ivory
size : 44 / 46 / 48
price : 14,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

本日夕方前、突然 Universal Works. のデザイナーのデイヴィッドが Fuzz を訪ねてくれました。(→instagram

つい先日に展示会で会っていたのですが、ゆっくり話ができなかったと言って改めて来てくれました。
ロンドンは寒いか、ロンドンの若いやつは服を買っているか、ロンドンでは Universal Works. をどんな人が買っているか、ユーロ離脱が決まった後、イギリスの国内は何か雰囲気が変わっているのか、そうかもう帰るのか、よし写真を撮ろう、、

せっかく来てくれたものだから、僕も嬉しくていろいろと話しかけましたが、明らかによく考えながら一つひとつの質問に丁寧に答えてくれました。

僕は改めて思いました、デイヴィッドはいい人間だ。
やっぱりここは最終的に大事になるところではないかと思います。信用できる人間がつくっているというのは、それを売る僕にとっても、気に入って買って、身に着けるみなさんにとっても、すごくいいことだと思うのです。ディテールがどうということも大切ですが、これからの時代は特に、こういう漠然としたことが案外大事になってきているような気がしています。

『やっぱりいい人と付き合いたいじゃない』

 

LINEで送る

New Arrival.

161206h

ドイツの帽子専業ファクトリーが手がける自社ブランド、About Accessories のハット。

僕も初見のブランドで、日本での知名度はほとんどないようなブランドでしょう。ですがこのソフトフェルトのハットはなかなか面白くて魅力的なアイテムです。

 

161206d

161206c

内側に少し折り返し部分をとった形状なのですが、これをさまざまなアレンジでかぶることができます。いろいろと試しながら自分にあったかたちを探すのが楽しい帽子です。

 

161206e

161206f

161206g

About Accessories – Wool Felt Hat
col : Black / Charcoal / Navy
size : Free
price : 6,400 (+tax)

 

161207a

オランダの Bronte Hat、ややつばが広いウールフェルトハットです。
こちらは正統派と言いますか、成型のフェルトハットのタイプです。

 

161207b

161207d

Bronte Hat – Wool Felt Hat
col : Black
size : 59 cm
price : 11,000 (+tax)

 

161209b

フランスのスカーフやストールのファクトリー Guillaumond Creations によるウールニットタイ。
こちらも実は冬らしいアクセサリーと言えると思います。

ファクトリーダイレクトのブランドということで、プライスもまた魅力です。

 

161209d

161209e

Guillaumond Creations – Wool Knit Tie
col : Navy / Grey / Olive
price : 6,300 (+tax)

 

161210f

Khata のカシミヤ・ウールのネックウォーマー。
カシミヤ+ハイゲージで素晴らしい肌触りです。

マフラーを巻きにくいタイプのジャケットやコートに、あるいはアクティブシーンなどで重宝するのではないでしょうか。

 

161210d

161210e

161210b

Khata – Cashmere Wool Neck Tube
col : Grey / Toupe / Red
price : 5,500 (+tax)

 

161203b

やや飛び道具、Cold Breaker のウールボアミトン。
見た目の通り、非常にあたたかいです。

Cold Breaker は生産はポーランドとなりますが、アイルランド発祥の羊毛製品専門のメーカーです。
なかでもこのウールのボアをつかった製品でいろいろなアイテムを展開しています。

 

161203d

僕自身がミトンをよく使うので、見かけるとどうしてもセレクトしたくなります。
着け外しが簡単なので、外にいる間だけさっと着けて、電車に乗ったり建物に入ったらサッと外すという機能性を好みます。

 

161203e

今回、3色はSサイズ、2色はXSサイズでご用意しています。
結果的にほとんど違いを感じないくらいの差なので、XSでも男性が使える大きさです。どうしてXSサイズを混ぜたのかというと、女性もどうぞ、プラス、彼女や奥さまへのちょっとしたプレゼント用としてもいいかなと思ったからです。

彼女さんや奥さまへの 『ごきげんとり用』 のさりげなく系プレゼントです。
どうしても自分の洋服などで出費がかさむ時期ですので、『キミのことだって忘れているわけじゃないアピール』 に使っていただいたり、あるいはお母さんなど身近な人に、あまり大げさにならない程度の気遣いプレゼントとしてもよさそうではないでしょうか。

 

161203a

Cold Breaker – Wool Pile Mittens
col : Charcoal / Blue / Green / Lt.Beige / Dk.Red
size : XS / S
price : 2,900 (+tax)

 

冬の大物アイテムへの最終決断を下す人も増え、不安になるくらいあった在庫も徐々に減ってきています。
最終決断を下した後のなんとも清々しい気分はやはりいいもので、頑張ってきた日々に対する大きな慰めになり、また明日からの励みになります。

コートやニットのお買い物が済んだ方は、是非ともこういった冬小物の方にも目を向けてみてください。
もちろん、クリスマスプレゼントとしても是非!

 

LINEで送る

New Arrivals.

161127l

GRAMICCI のフリースパンツ。
グラミチのパンツに関しては、Fuzz としては “ツール” としての位置づけとして考えているのですが、けっこういけてしまう気配です。

 

161127e

素材は裏起毛の軽くてあたたかなフリース生地となります。
冬向けのイージーパンツとして、かなり心強いアイテムではないでしょうか。

 

161127c

161127b

ウエストはゴム+コードのグラミチ仕様、物理的に楽ちんなイージーパンツのつくりとなります。
そしてここ数年、細身のスリムシルエットの強化が進み、すっきり穿ける楽ちんパンツとしていろいろなバリエーションを増やしていて、コーディネイト的にも気楽に構えられるものとなっています。

近所のちょっとした買い物や愛犬との散歩、子どもさんとの公園遊び、さらにルームウェアとしても、なかなか幅広い活躍の場が想像できます。
こう言ってしまうと 『街着としてはダメなの?』 という意見もありましょうが、もちろんそう使えるならそれが一番です。

 

161127k

GRAMICCI – Fleece Slim Pants
col : Charcoal / Navy
size : S / M / L
price : 10,800 (+tax)

 

161125b

ドイツの LEUCHTFEUER のニットベレー帽。
Fuzz では初めて登場するモデルですが、人気らしいと聞いてとってきました。

いつものピュアウールでなく、このモデルにはジーロンという最高級ラムウールの毛糸が使われていますので、たいへんやわらかく、質感には高級感が感じられます。

 

161125a

161125f

161125d

LEUCHTFEUER – Wool Knit Beret
col : Black / Dk.Grey / Truffe / Bordeaux
price : 5,800 (+tax)

 

161124b

こちらはイギリスの老舗、Highland 2000 のニットキャップ。
オーソドックスな折り返しのボブキャップですが、ネップ入りでミックス調の毛糸が使われていることが特徴になっています。

 

161124c

ダークでプレーンなコーディネイトになってしまった時のアクセントというイメージです。

 

161124a

HIGHLAND 2000 – Nep Knit Cap
col : Lt.Grey / Brown
price : 4,800 (+tax)

 

161123a

おなじみ、ベルギーの LOCAL ROOTS のソックス。
秋冬シーズンはウールソックスとなります。

LOCAL ROOTS – Wool Rib Sock
col : 8 colours
price : 1,800 (+tax)

 

LINEで送る

Vincent et Mireille – Coat, Cardigan.

161120f

Vincent et Mireille よりニットカーディガンとコートの新作が入荷しています。

まずは畦編みニットのクルーネックカーディガン。
ローゲージニットとは言えないミドルゲージのニットですが、畦編みの分、なかなかの厚みとウエイトになっています。冬ニットとして充分の保温性がありますので、シャツやハイネックのカットソーなどと合わせてヘビーユースをしていただきたいと思います。

 

161120a

161120c

161120b

161120d

ハイネック気味に襟が立ち上がるのが特徴です。シンプルですが意外と独特の雰囲気になり、いいくらいのアクセントになるのではないかと思います。

このウエイトがあれば、このカーディガンを着た状態でダウンベストなどのアウター系ベストを合わせるのもいいかもしれません。

Vincent et Mireille – Crew Neck Knit Cardigan
col : Grey / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 15,000 (+tax)

 

161121c

コートは今年もウール素材のしっかり系。
昨年のモデルと素材はまったく同じとなりますが、シルエットのバランスは改良され、目に見える部分では、丈がかなり長くなっています。

 

161121b

161121a

ウールモッサという生地は、メルトンの表面を掻いて起毛させたものです。
より多くの空気をまとわせるためのものであり、同時に見た目のあたたかさを演出するという効果もあります。

一重(ひとえ)ですが地厚はしっかりあり、全体としてはしっかりヘビーな質感がありますので、インにそう厚着をせずにコートに地厚を求めるタイプの人には特におすすめです。

 

161121d

161121e

非常にオーソドックスなスタイルで、暖かさと使いやすさが第一に考えられたような印象です。
ニットのカーディガンもそうですが、これは持っていると安心だろうなと思わせてくれる内容で、門戸が広いアイテムであろうと思います。

Vincent et Mireille – Wool Soutien Collar Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 27,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

シーズン前に 『今年はコート類が充実します』 と言っていましたが、一応ここまででコートというカテゴリでは全て出揃いました。

ここ数年は、たまたま魅力的なコートに出会ったからということだけでなく、コートというアイテムがシティスタイルには欠かせなものであり、お店の立地もあって、ご来店されるみなさんもそこは常に求めているなと感じて充実させるよう心がけています。

もちろんそれだけでなく、ワークやアウトドアのアウターも手を抜くことはしませんが、そのセレクトも視点の中心は同じところにあり、普段シャツを着てジャケットやコートを着ている人がワークやアウトドアを着るとしたら・・・という観点で考えるようにしています。

ということで、店内、コートが充実しています。
じっくりと向き合い、マイ・コートスタイルを確立してみてください!

LINEで送る