New Arrival.

161206h

ドイツの帽子専業ファクトリーが手がける自社ブランド、About Accessories のハット。

僕も初見のブランドで、日本での知名度はほとんどないようなブランドでしょう。ですがこのソフトフェルトのハットはなかなか面白くて魅力的なアイテムです。

 

161206d

161206c

内側に少し折り返し部分をとった形状なのですが、これをさまざまなアレンジでかぶることができます。いろいろと試しながら自分にあったかたちを探すのが楽しい帽子です。

 

161206e

161206f

161206g

About Accessories – Wool Felt Hat
col : Black / Charcoal / Navy
size : Free
price : 6,400 (+tax)

 

161207a

オランダの Bronte Hat、ややつばが広いウールフェルトハットです。
こちらは正統派と言いますか、成型のフェルトハットのタイプです。

 

161207b

161207d

Bronte Hat – Wool Felt Hat
col : Black
size : 59 cm
price : 11,000 (+tax)

 

161209b

フランスのスカーフやストールのファクトリー Guillaumond Creations によるウールニットタイ。
こちらも実は冬らしいアクセサリーと言えると思います。

ファクトリーダイレクトのブランドということで、プライスもまた魅力です。

 

161209d

161209e

Guillaumond Creations – Wool Knit Tie
col : Navy / Grey / Olive
price : 6,300 (+tax)

 

161210f

Khata のカシミヤ・ウールのネックウォーマー。
カシミヤ+ハイゲージで素晴らしい肌触りです。

マフラーを巻きにくいタイプのジャケットやコートに、あるいはアクティブシーンなどで重宝するのではないでしょうか。

 

161210d

161210e

161210b

Khata – Cashmere Wool Neck Tube
col : Grey / Toupe / Red
price : 5,500 (+tax)

 

161203b

やや飛び道具、Cold Breaker のウールボアミトン。
見た目の通り、非常にあたたかいです。

Cold Breaker は生産はポーランドとなりますが、アイルランド発祥の羊毛製品専門のメーカーです。
なかでもこのウールのボアをつかった製品でいろいろなアイテムを展開しています。

 

161203d

僕自身がミトンをよく使うので、見かけるとどうしてもセレクトしたくなります。
着け外しが簡単なので、外にいる間だけさっと着けて、電車に乗ったり建物に入ったらサッと外すという機能性を好みます。

 

161203e

今回、3色はSサイズ、2色はXSサイズでご用意しています。
結果的にほとんど違いを感じないくらいの差なので、XSでも男性が使える大きさです。どうしてXSサイズを混ぜたのかというと、女性もどうぞ、プラス、彼女や奥さまへのちょっとしたプレゼント用としてもいいかなと思ったからです。

彼女さんや奥さまへの 『ごきげんとり用』 のさりげなく系プレゼントです。
どうしても自分の洋服などで出費がかさむ時期ですので、『キミのことだって忘れているわけじゃないアピール』 に使っていただいたり、あるいはお母さんなど身近な人に、あまり大げさにならない程度の気遣いプレゼントとしてもよさそうではないでしょうか。

 

161203a

Cold Breaker – Wool Pile Mittens
col : Charcoal / Blue / Green / Lt.Beige / Dk.Red
size : XS / S
price : 2,900 (+tax)

 

冬の大物アイテムへの最終決断を下す人も増え、不安になるくらいあった在庫も徐々に減ってきています。
最終決断を下した後のなんとも清々しい気分はやはりいいもので、頑張ってきた日々に対する大きな慰めになり、また明日からの励みになります。

コートやニットのお買い物が済んだ方は、是非ともこういった冬小物の方にも目を向けてみてください。
もちろん、クリスマスプレゼントとしても是非!

 

LINEで送る

New Arrivals.

161127l

GRAMICCI のフリースパンツ。
グラミチのパンツに関しては、Fuzz としては “ツール” としての位置づけとして考えているのですが、けっこういけてしまう気配です。

 

161127e

素材は裏起毛の軽くてあたたかなフリース生地となります。
冬向けのイージーパンツとして、かなり心強いアイテムではないでしょうか。

 

161127c

161127b

ウエストはゴム+コードのグラミチ仕様、物理的に楽ちんなイージーパンツのつくりとなります。
そしてここ数年、細身のスリムシルエットの強化が進み、すっきり穿ける楽ちんパンツとしていろいろなバリエーションを増やしていて、コーディネイト的にも気楽に構えられるものとなっています。

近所のちょっとした買い物や愛犬との散歩、子どもさんとの公園遊び、さらにルームウェアとしても、なかなか幅広い活躍の場が想像できます。
こう言ってしまうと 『街着としてはダメなの?』 という意見もありましょうが、もちろんそう使えるならそれが一番です。

 

161127k

GRAMICCI – Fleece Slim Pants
col : Charcoal / Navy
size : S / M / L
price : 10,800 (+tax)

 

161125b

ドイツの LEUCHTFEUER のニットベレー帽。
Fuzz では初めて登場するモデルですが、人気らしいと聞いてとってきました。

いつものピュアウールでなく、このモデルにはジーロンという最高級ラムウールの毛糸が使われていますので、たいへんやわらかく、質感には高級感が感じられます。

 

161125a

161125f

161125d

LEUCHTFEUER – Wool Knit Beret
col : Black / Dk.Grey / Truffe / Bordeaux
price : 5,800 (+tax)

 

161124b

こちらはイギリスの老舗、Highland 2000 のニットキャップ。
オーソドックスな折り返しのボブキャップですが、ネップ入りでミックス調の毛糸が使われていることが特徴になっています。

 

161124c

ダークでプレーンなコーディネイトになってしまった時のアクセントというイメージです。

 

161124a

HIGHLAND 2000 – Nep Knit Cap
col : Lt.Grey / Brown
price : 4,800 (+tax)

 

161123a

おなじみ、ベルギーの LOCAL ROOTS のソックス。
秋冬シーズンはウールソックスとなります。

LOCAL ROOTS – Wool Rib Sock
col : 8 colours
price : 1,800 (+tax)

 

LINEで送る

Vincent et Mireille – Coat, Cardigan.

161120f

Vincent et Mireille よりニットカーディガンとコートの新作が入荷しています。

まずは畦編みニットのクルーネックカーディガン。
ローゲージニットとは言えないミドルゲージのニットですが、畦編みの分、なかなかの厚みとウエイトになっています。冬ニットとして充分の保温性がありますので、シャツやハイネックのカットソーなどと合わせてヘビーユースをしていただきたいと思います。

 

161120a

161120c

161120b

161120d

ハイネック気味に襟が立ち上がるのが特徴です。シンプルですが意外と独特の雰囲気になり、いいくらいのアクセントになるのではないかと思います。

このウエイトがあれば、このカーディガンを着た状態でダウンベストなどのアウター系ベストを合わせるのもいいかもしれません。

Vincent et Mireille – Crew Neck Knit Cardigan
col : Grey / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 15,000 (+tax)

 

161121c

コートは今年もウール素材のしっかり系。
昨年のモデルと素材はまったく同じとなりますが、シルエットのバランスは改良され、目に見える部分では、丈がかなり長くなっています。

 

161121b

161121a

ウールモッサという生地は、メルトンの表面を掻いて起毛させたものです。
より多くの空気をまとわせるためのものであり、同時に見た目のあたたかさを演出するという効果もあります。

一重(ひとえ)ですが地厚はしっかりあり、全体としてはしっかりヘビーな質感がありますので、インにそう厚着をせずにコートに地厚を求めるタイプの人には特におすすめです。

 

161121d

161121e

非常にオーソドックスなスタイルで、暖かさと使いやすさが第一に考えられたような印象です。
ニットのカーディガンもそうですが、これは持っていると安心だろうなと思わせてくれる内容で、門戸が広いアイテムであろうと思います。

Vincent et Mireille – Wool Soutien Collar Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 27,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

シーズン前に 『今年はコート類が充実します』 と言っていましたが、一応ここまででコートというカテゴリでは全て出揃いました。

ここ数年は、たまたま魅力的なコートに出会ったからということだけでなく、コートというアイテムがシティスタイルには欠かせなものであり、お店の立地もあって、ご来店されるみなさんもそこは常に求めているなと感じて充実させるよう心がけています。

もちろんそれだけでなく、ワークやアウトドアのアウターも手を抜くことはしませんが、そのセレクトも視点の中心は同じところにあり、普段シャツを着てジャケットやコートを着ている人がワークやアウトドアを着るとしたら・・・という観点で考えるようにしています。

ということで、店内、コートが充実しています。
じっくりと向き合い、マイ・コートスタイルを確立してみてください!

LINEで送る

New Arrivals.

161119p

FUJITO の新作コートが入荷しています。
いや実に格好いいコートです。

 

161119l

161119k

『Pコートのね、ボタンをシングルにしたとですよ』 とデザイナーの藤戸さんが言っていました。

前の打ち合わせはダブルの仕様ですが、ボタンは掛けるものだけの一列にして、すっきりした印象にしたということです。
これだけで印象は変わるもので、ずいぶんとオリジナリティを感じさせてくれる仕上がりになっています。

 

161119b

161119e

Pコートならではのディテールである大きな襟、ハンドウォーマーポケット(マフポケット)、錨(いかり)のボタン。
ベースは完全にクラシカルなPコートで、本格的であることを示すのは、面(つら)のきれいなウールメルトンと、長めの着丈です。

あまり厚ぼったいメルトンではなく、中くらいの厚さにしてフルライニングにしています。裏地や内ポケットなどもしっかりつくり込みが為されていて、FUJITO服の心地好いテンションを感じられます。

 

161119g

そして、いわゆる普及型の着やすいPコートは着丈を短めに設定することが多いですが、こちらはしっかり派。
さらにアウターとしてはぎりぎりまで細身にして、ウエストにもシェイプが入り、美しいシルエットで仕上げています。

ぎりぎりまで細身にすることで、ダブルのコートでも前をオープンで着てもガバガバせずに着やすく、たいへん雰囲気よく着こなすことができるのです。

僕自身着てみましたが、一番上までしっかりボタンを留めて、下二つを外して自分でAラインをつくって着る感じが気に入りました。襟はうまい具合にちょっと立たせて。
着方の幅も広く、自分なりのアレンジが利くのも嬉しいと思います。

 

161119i

161119o

161119m

161119n

さすがデザイナーズのデザイン、ただのPコートでなく、ただ者ならぬ気配を放ちつつ着るのも楽しいというコートに仕上げました。
Pコートという普遍的なアイテムだからこそ生まれるある種の “スタイル”、“ニュアンス” といった部分も強く感じられ、非常に魅力的なコートではないかと思います。

FUJITO – Single Pea Coat
col : Navy / Khaki
size : S / M / L
price : 55,000 (+tax)

 

求めている人は同じ感触だと思いますが、Pコートは毎シーズン探していて、なかなか KORE というのに出くわさないアイテムです。
今回はやったぞと思いました。

 

161118n

comm. arch. からもニットの新作が届いています。
ちょっと、いやだいぶ珍しいニットのジップアップベスト、着脱式のライニング付き、さらに、素材にこだわり極上の着心地を実現したケーブルのタートルネックセーター、2型です。

 

161118d

ダブルジップの仕様でフロントジップのニットベスト。
ブリティッシュウールとオーストラリアンウールを半々の割合でブレンドしたウールを素材としています。これは柔らかさと腰の強さという両方の特徴を生かした毛糸となっていて、腰の強さは空気の入る余地をつくり、柔らかさはゴワゴワ感を緩和します。

 

161118b

うっすらとボーダー柄のように見えるのは、キルティングのようなイメージで、大部分、生地が二重になっているのです。(太い畝の部分が二重です)

 

161118f

ファスナーは WALDERS という日本のものを使用。comm. arch. の別注です。

 

161118a

161118e

ふわふわのライニングは、アルパカを混ぜて柔らかくしています。
ボタンで付け外しができるのは、気温に応じて着脱して、できるだけ長い期間使えるようにという考えです。

 

161118g

161118h

アウトで、インで。
かなり手の込んだスペシャルなアイテムですが、意外と何でもアリで使うのが一番よく映るような気がします。

comm. arch. – Zipped Downy Vest
col : Night Ocean
size : 3 / 4
price : 29,000 (+tax)

 

161118i

こちらは見た目はシンプルなケーブル編みのタートルネック。
ですが、ごわごわでなく、ふわふわです。

 

161118j

ウールの繊維を厳選し、特別な紡績によってつくられたふんわり感を特徴とする毛糸を使っています。
Kei Macdonald でも同じような素材がありましたが、こちらも毛糸中に含まれる空気の量をできる限り多くできるようつくられたものです。この毛糸で編みたてると、軽くて柔らかく、肌触りも繊細というニットウェアに仕上がるのです。

 

161118l

トラッドでクラシックなケーブルニットを、上質な素材と高い技術によって現代版の内容に置き換えたようなセーターです。

しっかりあたたかくて、チクチクのないウールニットのセーターをお求めの方におすすめします。

comm. arch. – High Neck Fisherman’s Jumper
col : Coalmine
size : 2 / 3 / 4
price : 25,000 (+tax)

 

入荷が混み、連日ブログが長くて恐縮です。
ついついめんどくさくなって途中で読むのをやめたりなどあると思いますので、新作入荷の見落としなどご注意ください!
だいぶ前に紹介したものがちょうど今時分にちょうどよいなど、新しい発見もあるはずですので、いい頃合でさかのぼりチェックをお願いできたらと思います。

 

LINEで送る

New Arrivals.

161117b

Oliver Spencer の新作コートが入荷しました。
3年連続の登場、ウールの Grandpa’s Coat です。

 

161117c

161117a

161117d

正面から、しっかり、格好よく、いいコートをつくりました、という印象。
ウールの素材感の素晴らしさ、すっきり落ちていく美しいシルエット、きちんとした裏地の仕様、etc …

トラッドな男らしさと微かな色気、Oliver Spencer のバランス感は間違いないです。

 

161117e

161117f

カジュアルはもちろん、ビジネス、フォーマルでの活用もまったく問題ないでしょう。
非常に信用できるデザインとクオリティです。

Oliver Spencer – Grandpa’s Coat
col : Barrow Charcoal
size : 36 / 38
price : 64,000 (+tax)

 

161116b

つづいては Hervier Production のあったかウールコート。

あれ?と思った方は、この辺に詳しい。
実は、同じフランスブランドの Honnete で展開していたモデルが、内容そのままに Hervier Production に移行するという事態が起こりました。
同じコートが違うブランドで・・・ということなったのです。

Honnete も Hervier Production もどちらもフランスのファクトリーブランドです。そして日本のある代理店がどちらも手がけているという都合でこのようなことが起こりました。
これはファクトリーブランドならではとも言えることで、代理店の意向によって、今後 Honnete はレディースのブランドに特化していこう、逆に Hervier Production はメンズの方に重心をしっかり置いて展開していこうということになったようです。

僕個人の意見としては、どちらも信用しているいいブランドなので、まったく問題ないであろう、むしろとてもいい考えではないだろうか、と思っています。

 

161116a

ということで、こちら。
Honnete のネームで4年前からセレクトしている “ステンカラーコート” です。
もはやけっこうおなじみではないでしょうか。

 

161116c

斜行した前合わせ、立体感のある襟、防寒のためであろう袖口のリブ仕様、シンプルに見えて意外と個性的なコートです。

 

161116d

161116e

ThermoLite による中綿仕様も変わりなく、デザインだけでなく、非常に防寒性の高いコートにもなっています。

 

161116f

161116g

Hervier Production S.A. – Wool Soutien Collar Coat
col : Navy
size : 2 / 3
price : 44,000 (+tax)

 

161116h

こちらは Fuzz では初登場、Mackinaw Coat。
Pコートに近いかたちですが、リブのショールカラーが大きな特徴になっています。

 

161116i

ダブルのアウターはちょっと気になっていまして、タイミングよく、という感じでした。
トラッドな、、という感じもありますが、着てみると細身でスタイリッシュです。ダブルのジャケットなりコートは、クラシカルな風情といったこともいいのですが、なんとなくカジュアルな立ち位置でスタイル重視で着たいというのが気分ではないでしょうか。

素材や ThermoLite の仕様は前述のステンカラーコートと同様のスペックとなりますので、こちらも暖かいコートです。

 

161116l

161116k

Hervier Production S.A. – Wool Soutien Collar Coat
col : Navy
size : 2 / 3
price : 44,000 (+tax)

 

LINEで送る