New Arrivals.

180806g

おなじみになってきたでしょうか、Vas-y Lentement のシャツが新作で届いています。
今シーズンも好評のバンドカラーシャツをご用意しました。

 

180806h

よく 『フランスのブランドですか?』 と訊かれますが、実は日本のブランドです。
ヨーロッパ系インポートの商社さんが手がけるブランドということで、どうしてもインポートブランドのような雰囲気になるのですが、これはヨーロッパのブランドの生産背景になっているインドの工場をつかって、さらに現地のファブリックをつかって、製品にしているという事情があります。
だからこそ生み出される雰囲気、風合いがありつつ、ファブリックの現地調達によるコストダウンの工夫にもなっています。

 

180806c

180806d

スモールギンガムチェック、ブラック。

 

180806f

180806e

ブラウン×ブラックのギンガムチェック。
どちらも新しい色柄です。

Vas-y Lentement – Band Collar Shirt
col : Black Small Gingham / Brown Black Gingham
size : S / M
price : 14,000 (+tax)

 

180804c

SOUTIENCOL からも新作シャツが届きました。
丸襟の Abbey Road で canclini のインポート生地です。

 

180804e

細番手の糸を緊密に織っているというのが、この “ミリタリーオックス” という生地となります。
2本の糸を揃えて織るという、カジュアルシャツの代表選手のようなオックスフォード生地ですが、細い糸を強く打ち込んでいるということでオックスならではの地の厚みが出ず、織り目も詰まって美しく揃い、非常に上品に映ります。

ですが、目詰まり生地は洗いじわが残りやすいという特徴がありますので、そこをうまく利用しての、洗いざらしで映えるオックス、しかしエレガント、というファブリックになっています。

 

180804a

デザイン、生地感含め、あえてラフに着ると上品に映えるというタイプのシャツではないでしょうか。

 

180804d

SOUTIENCOL – Abbey Road *Military OX
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 18,000 (+tax)

 

180807b

FUJITO からは Big Silhouette Work Shirt という新作シャツです。
定番のビッグシルエットシャツのワークシャツ版。よりラフにいけますが、やはり上品。

 

180807c

両胸ポケットのデザインを採用しているのでワークシャツとくくられますが、ドレスシャツの工場でつくられているので、運針は細かく、繊細なシームで上品です。
実際のワークシャツ的な、良くも悪くもな粗雑感はありません。

 

180807a

インディゴシャンブレーの生地も、いわゆるワークウェア的なシャンブレーではなく、品のある大人風情な表情をしたものとなっています。
とても安心感のある生地の雰囲気で、シンプルにスタイリングできる味わい、奥行きを感じさせてくれるように思います。

 

180807f

バックがプリーツでなくギャザーになっていて、やわらかな雰囲気です。

180807g

FUJITO – Big Silhouette Work Shirt
col : Indigo Blue
size : 1 / 2
price : 17,000 (+tax)

 

お盆が過ぎたので、いよいよ新しいシーズンの開幕、といこうと思います。
今年は6月のうちに梅雨が終わっているので、真夏がとんでもなく長く感じます。やはり、そろそろ新作を拝んで、あれこれ新しい妄想をふくらませたい、というのが自然な流れでしょう。

商品紹介の頻度も徐々に増えていくと思いますので、どうぞお見逃しなく!
秋冬シーズンも楽しくいきましょう!

LINEで送る

NOVESTA – Sneakers.

180805t

スロバキアのスニーカー、NOVESTA が入荷してきました。
新しいシーズン用として、新たにブラックで2型をピックアップして、既出の Matathon ベージュも好評につき再入荷しています。

 

180805q

まず Star Dribble は、キャンバススニーカーのハイカットモデル。
こちら、ブランドの定番ラインで色数も豊富ですが、あえてフルブラックのみでのご用意です。

 

180805p

クラシックなキャンバススニーカーの範疇ではありますが、東欧系ミリタリーの古きよきトレーニングシューズ然とした佇まいが特徴でしょう。
厚底に見えるアウトソールにちょっとした重厚感があり、独自のバランスとなっています。

 

180805l

180805o

180805n

Fuzz ではハイカットのキャンバススニーカー自体が久しぶりなので、なんだかやけに格好よく見えてしまいます。
さりげなくて渋い、ブラックのハイカットスニーカー。使いみちのイメージが自然と湧くのではないでしょうか?

 

180805k

NOVESTA – Star Dribble
col : Black
size : 41 / 42 / 43
price : 11,500 (+tax)

 

180805a

好評でした Marathon もブラックをチョイスしました。
グレーのアクセントがたいへんいい感じで、展示会で見たときよりはるかにグッときました。

 

180805b

ナイロンとスエードレザーのアッパーに、ウレタンとラバーのアウトソール。マラソンシューズをベースにしたモデルのため、軽量なのが特徴です。

 

180805d

180805f

180805e

こちらもキャンバスシューズ以後の軍用トレーニングシューズの薫りが感じられるデザインで、少し古い、ヨーロピアン・ミリタリーの雰囲気が見られます。
と、同時に、ブラックに限っては、なんとなくクールなストリート感もあって、イマドキな解釈もしやすいのが特殊だと思います。

 

180805j

スペアとして付属するライトグレーのシューレースに付け替えるとまた表情を一変します。

 

180805c

今季はブラックで攻めようと思っていたのですが、ベージュの要望も多く、急きょ継続することにしました。

180805x

ブラックとは別ベクトルの、また違った格好よさがありますので、迷ってしまう人も多いかもしれません。

NOVESTA – Marathon
col : Black / Beige
size : 41 / 42 / 43
price : 20,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

次の定休日(14日/火)に加え、翌15日(水)を夏休みの休暇とさせていただき、14日(火)と15日(水)と連休させていただきます。
いわゆるお盆期間中ですが、お休みしてしまいます。休業以外に営業時間の変更などはありません。

8月14日(火) 定休日
8月15日(水) 夏休み

 

LINEで送る

TUFFA.

180803a

初登場、TUFFA のレザークロッグをご紹介します。
謎のブランド感、飛び道具感、充分に備えており、妙なワクワク感を堪能していただけるのではないでしょうか。

● TUFFA
1997年イギリス・ノーフォークにおいて Michelle Girling が創業。主なユーザーは、ジョッキー、調教師、獣医などの乗馬関係者です。
独自のデザインで着脱しやすい仕様であり、 プロフェッショナルな道具として愛用されています。

 

180803d

こちらは乗馬界隈のリアルなワークシューズをつくっているイギリスのメーカーで、実用靴そのものと言っていいプロダクトとなります。
高級感とか存在感ということよりは、使いやすさ、買いやすさ、といった部分が優先され、正面から 『おしゃれですね』 と言って欲しくてつくられるものではありません。
つまり、道具です。

 

180803m

イギリスのものなのでクロッグというくくりになるでしょう、つまりはサンダルのつくりです。
なにぶん作業用の道具なので底付けはセメントですが、しっかりレザーが使われ、アウトソールは実用重視のラバーでグリップのしっかりしたものが付けられています。

 

180803c

180803h

180803g

180803k

かかとをホールドできるつくりになっていますので、機動力を要する時にも対応できます。フックの付根にゴムが入っているので、しっかり固定してくれます。

 

180803n

180803l

180803b

インソールもレザーですので、今のような暑い時期も素足で履けると思いますし、特にどの季節ということでもなく、オールシーズン使えるシューズです。
サンダルなので、夏!と誤解される恐れもありそうなので、『秋冬にもいけるサンダル』 という部分は強調したいと思います。

 

180803f

TUFFA – CARLOW
col : Brown
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 21,000 (+tax)

 

どうにも放っておけなくて発注し、僕自身も購入してしまいました。なんとなく、やりそうだなと思わせる魅力があると思うのですが、僕だけでしょうか??
結果的に 『使えるアイテム』 になるような気がしてしかたないのですが、みなさんの判断はいかに。

 

LINEで送る

AUBEREY CROFT – Wash Bag.

180704c

初登場、AUBEREY CROFT のポーチが入荷しました。
僕も初めて耳にしたイギリスの雑貨系ブランドですが、こちらはリバティプリントの生地を使ったペイズリー柄のウォッシュバッグということです。

 

180704a

●AUBEREY CROFT
Alice Caroline 社のオーナー、アリス・ギャレットが2009年からスタートしたメンズ向けの雑貨ブランドです。彼女はパッチワークやキルティングなど、現在では手づくりされることの少なくなった技能を自ら伝えています。

 

180704d

本家のリバティ・ロンドン社のリバティプリントは、世界中でとても有名です。シャツや女性のワンピースなど、服地として度々目にすることがありますが、今回のこのポーチは、表面にPVCコーティングを施して、ちょっと趣を変えて使われています。

イギリスのものらしいクラシックなペイズリー柄で、繊細で美しい発色はリバティプリントならではのものです。

 

180704f

手がけているのが女性ということで、Wash Bag、つまり洗面具などを入れるようなエチケットポーチという位置付けがされていますが、使い方としてはアズユーライクで問題ありません。

ガジェット類やちょっとしたノートや筆記用具を入れるためのポーチ、あるいはハンドバッグ、クラッチバッグとして。何か物を入れて、デスクや戸棚に置いておくための収納ポーチとしても悪くないと思います。

 

180704e

180704b

180704h

180704g

仕事で、プライベートで、旅行で、いかがでしょう、使い方のイメージが湧いたでしょうか?

デザイン的に本格的に気の利いた小物という印象です。北欧系のデザイン雑貨などとはまた違った雰囲気で、実際なかなかないところかなと思いました。

 

 

180704i

AUBEREY CROFT – Wash Bag
col : Multi
price : 6,000 (+tax)

 

LINEで送る

ARCOPEDICO – LIGHT.

180610a

ARCOPEDICO の新作サンダルが届いています。
毎シーズン一つご用意している楽ちん系サンダル、今年はこれにしました。

 

180610i

元々コンフォートシューズを専門とするポルトガルのブランドです。石畳と坂道が多いポルトガルの街で快適に履けるシューズを、という目的で、科学的なアプローチによって製品開発をしているブランドです。

ビルケンやトリッペン、カンペールなんかもそうだと思いますが、ヨーロッパではコンフォートシューズ系のブランドが数多くあります。ARCOPEDICO はなかでもサンダルをメインとする大衆向けのブランドで、しっかりしたアプローチから生み出されるものの、より気安いデイリーユースなプロダクトであることが魅力になっています。

 

180610h

ARCOPEDICO のサンダルの大きな特徴としては、アッパーがメッシュニットであることがまず挙げられます。通気性が好く、ゴムではないので伸びすぎない伸縮性が快適なフィット感を生み出します。

 

180610c

180610d

180610e

フットベッドはピッグレザーで、汗を吸収します。この部分はアウトドア系ならラバーやウレタンだったりしますが、やはり水には強い反面、汗の行き場を失いますので、これは一長一短でしょう。ARCOPEDICO は街履き用のサンダルであることがうかがえます。

 

180610f

アウトソールは新しいもので、より軽量化されています。土踏まずの2本のアーチが何やら疲れにくくするような科学的な仕組みであるとのことです。

 

180610b

ARCOPEDICO – LIGHT
col : Black / Brown
size : 41 / 42
price : 5,800 (+tax)

 

LINEで送る