New Arrivals.

160912b

arbre より、定番のスラックスが入荷してきました。
旧型は惜しまれつつ終了の運びとなり、今回からスリムフィット型のみの展開となります。

 

160912c

ここまで例年、秋冬はウールフラノが定番という位置づけでしたが、今年はやや趣を異にして、目の細かいサージとなりました。
こちらは表面がつるりとしていて、トロピカルウールをもう少し打ち込んで厚くしたような感じ。薄からず厚からずで、春夏とか秋冬でなく、『通年』 というイメージの地厚です。

 

160912e

160912d

色も定番的なミディアムグレーとチャコールグレーの2色となります。
スラックスとしては鉄壁の定番色で、ありきたりとかつまらないとかいう文句を吹き飛ばすほどの間違いなさであると思います。

 

160912f

160912g

男子たるもの、無くてはならないグレースラックス。
ジャケパンはもちろんですが、スニーカー合わせ、バスクシャツ合わせ、フレンチワークジャケット合わせ、ミリタリージャケット合わせ、ヴィンテージジャージ合わせ、等々、カジュアルな使い方も強くおすすめしたい普遍的な、、、

このくだり、前回も言いました。笑

普段からジャケパンをやる人には余計な説明は不要でしょうが、普段そうでもない、カジュアル志向の人にも是非取り入れていただきたいアイテムです。
具体的には、スプリングコートやスタン・スミスなどのテニスシューズ系スニーカーと合わせたり、ラブルールのカバーオールと合わせていただきたい、というのが前々からこっそり奨励している着合わせです。
ベーシックなアイテムを小突きまわして楽しみましょう。

 

160912a

arbre – New Basic Trousers *Serge
col : Grey / Charcoal Grey
size : 44 / 46 / 48
price : 15,800 (+tax)

 

160914b

SOUTIENCOL の新作シャツも1型届いています。

San Francisco のモデルで、Thomas Mason のブロード、ブラウンギンガムです。
ブラウンのギンガムチェックは僕も所有していますが、ネイビー系のジャケットやボトムと色合わせのバランスが好いので重宝しています。
すごく上品なコーディネイトをつくれる色柄ではないでしょうか。

 

160914a

160914c

SOUTIENCOL – San Francisco *Thomas Mason Gingham
col : Brown
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

160913c

Ordinary fits からはこちらも定番、Swing Parka が入荷しています。

コットンタイプライターという軽めの生地によるライトアウターということで、今時分の端境期に活躍してくれる優れものです。
今シーズンはインクとベージュの2色をセレクトしました。

 

160913a

160913b

ややふんわりとしたシルエットで、シャツとそう変わらないくらいのウエイトのジャケットです。
気取らないラフなスタイルで簡単に合わせてしまえるジャケットは、意外と困ったりするポイントだったりするもので、このジャケットが生き残る訳がなるほどと分かります。

Ordinary fits – Swing Parka
col : Beige / Ink
size : 1 / 2
price : 18,000 (+tax)

 

入荷の方も、お客さんたちの方も、だいぶ勢いが出てきて、忙しくなってきました。
そのためオンラインショップへの商品掲載がちょっと遅れてしまっていますが、おっつけやっていきますのでお許しください。

天候の方がなかなかですが、週末、みなさんのご来店をお待ちしています!

LINEで送る

New Arrivals.

160905h

Charpentier de Vaisseau の新作パンツが入荷しました。
今シーズンの新型モデルとなります、シンプルなコットンのチノパンツです。

 

160905b

1タックが入って太めのシルエット。テーパードシルエットではなく、ストレートシルエットに近く、はっきり太いと言えるシルエットです。

股上は深く、お尻もたっぷりめで、ややもするとオールドファッションなバタくさいパンツですが、このブランドは基本的にギリギリのところをウロウロしていますので驚いてはいけません。

また、今回も実はしっかりいい生地を使っていて、質感と色合い、発色はシルエットの野暮ったさに反してたいへん上品です。
こういったアンバランスとかミスマッチは言わば シャルパンティエの肝の部分でもあり、簡単そうで難しく、難しく考えずに簡単に行けよという、つまりはなかなか掴みにくいブランドなのであります。
僕はシャルパンティエのそんなところが好きです。

 

160905c

160905a

160905d

160905f

160905g

シンプルが基本ですが、そこにひと味、ならではのスパイスを加えるのがシャルパンティエ流。
簡単に着るだけでスタイルにニュアンスが生まれます。

しかし、簡単に着るだけとは言いつつも、やはり “どう着る?” がポイントになると思います。
簡単に着ただけですという態でありながら、実は簡単には真似できないようなスタイルに持ちこみましょう。

 

160905e

Charpentier de Vaisseau – Chino Pants
col : Khaki
size :  1 / 2
price : 13,800 (+tax)

 

160904c

Ordinary fits からは、定番の Barista Shirt、ギンガムチェックが届いています。

 

160904d

ワイドでショートポイントのカラーと、胸の三角フラップが特徴のワークシャツベースのシャツです。
Fuzz ではどちらかと言うとパキッとしたシャツが多い中、Ordinary fits のラフに着れるシャツは貴重な存在です。小さな襟で邪魔に感じにくく、レーンステッチなどのワークディテールでタフなつくりということで、気張らずに着てしまえるシャツと言っていいでしょう。

ギンガム柄なのできれいな感じでも着れて、軍パンなどとのラフな合わせも◎です。

 

160904e

Ordinary fits – Barista Shirt *Gingham Check
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

160904f

それから、先日ご紹介した Ordinary fits のダックのパンツが好評です。
Bare Foot Duck Trouser のサイズ欠けが出ましたので、在庫の問い合わせをしたところ、カーキ色もありますよとのことだったので、ついでにこちらも追加しました。

 

160904b

これからの時期、このパンツに合わせてブーツが履きたくなるような気分でしょうか。

Ordinary fits – Bare Foot Duck Trouser
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

160817c

arbre の新作ジャケット、らしさ満点のドッグイヤーカラーブルゾンが届いています。
シンプルで大人っぽい短丈ジャケットです。

 

160817j

『ドッグイヤーカラー』 とは、襟を開くと犬の耳のような形状をしていることから名付けられたジャケットの襟型です。
欧米などで “ゴルフジャケット”、日本では “スウィングトップ” とか呼ばれるジャケットにこの襟は多いですが、ゴルフ的なジャケットではラグランスリーブが基本ですので、ちょっと外れます。
外れますが、やや欧米的で大人っぽいジャケットという本質は同じであると言えるでしょう。

 

160817h

160817b

160817a

生地は秋冬らしくコーデュロイです。
ただでさえ大人っぽいジャケットが、よりアダルトな気配が濃くなります。
トラディショナルな風情の生地を使うことで、普遍的な印象が強まり、メンズらしい、男っぽい雰囲気のジャケットに仕上がっていると思います。

 

160817d

160817f

160817e

もしかしたら、簡単そうで難しいジャケットなのかもしれません。
ですが逆に言えば、つまらなそうに見えて、実は面白いジャケットである、とも言えるのではないでしょうか。

arbre – Dog Ear Corduroy Blouson *Corduroy
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 23,000 (+tax)

 

160818a

Yarmo からはドライバーズジャケットと同じく、“CC41” コレクションより、新型の “ダスターコート” というコットンのコートが入荷しました。

 

160818i

160818j160818k

生地も同じコットンサージで、素朴な風合いがいい感じです。
これをドロップショルダー、ゆったりシルエットのシングルコートに仕立て、独特な雰囲気で仕上がっています。
なんとなく、立ち姿よりも歩く姿に魅力を感じるシルエットのように思えます。

 

160818b

160818c

カラーリングやディテールよりもシルエットを重視した、雰囲気のあるコートです。
コットンの一枚地というのも扱いやすく、また着る時期の幅も広くていいと思います。

Yarmo – Duster Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 23,000 (+tax)

 

160816c

2年ぶりの入荷となります、quotidien のタートルネックのカットソー。
今年はチャコールとナチュラルの2色をセレクトしました。

 

160816e

伸縮性に優れたコットンフライス地による、きわめてシンプルなカットソーです。
肌触りの好さ、伸縮による着心地の好さ、間違いないものがありますので、秋冬のインナーにおすすめです。

quotidien – Turtle Neck Long slv.
col : Ecru / Charcoal
size : 1 / 2 / 3
price : 7,800 (+tax)

 

 

LINEで送る

New Arrivals.

160807g

久しぶりの登場となります、Aeshane のシルクストール。
インドの手織り、手刷りのテキスタイルメーカーです。

 

160807h

インドの民族衣装のサリーを連想する独特な発色と色づかいのセンス。
実際にサリーをつくっている職人が手がけているとのことで、ファブリックとしてはほとんど同じようなものでしょう。

 

160807a

160807d

160807b

160807c

160807f

色味と発色、また色の組み合わせに日本のものではない、“異” な薫りがすると思います。
その異なニュアンスを、アクセントとして楽しんでみましょうというアイテムです。

もともと異物が好物の人には大きなお世話かもしれませんが、コーディネイトのバランスが好すぎてかえってつまらなくなってしまったりという時などに、違う薫りの風を入れるという感覚で混入してみてはいかがでしょうと思う次第です。

Aeshane – Silk Scarf
col : Black / Multi Color
price : 11,000 (+tax)

 

160806e

Vas-y Lentement のバンドカラーシャツは秋冬も継続です。
オーガニックコットンのブロード生地で、今回はホワイトに加えてネイビーとブラックの3色展開となります。

 

160806d

160806c

160806b

こちらは日本のブランドとなりますが、生産拠点はインドです。
フランスやイギリスのメーカーをハンドリングしているインポート系の商社の手による運営ですので、海外メーカーの生産背景を利用しつつ、どちらかというと日本というよりも洋の薫りの強いプロダクトになっていると思います。
シンプルだけど、どことなく雰囲気が “ドメスティック” ではないなという。

インド製の生地をそのまま現地で縫えるという利点によって、プライスの面でも好感が持てます。

Vas-y Lentement – Organic Cotton Band Collar Shirt
col : White / Navy / Black
size : S / M
price : 12,000 (+tax)

 

160805g

Charpentier de Vaisseau からは長袖(九分袖)のボートネックTeeが新入荷。

いわゆる SAINT JAMES のウェッソンのような厚手のガシガシコットンではなく、普通のTシャツの地厚です。半袖のボーダーTee同様、ストレッチを利かせたコットン生地となります。

ちょっとゆったりめのシルエットなので、リラックスシルエットで腕まくりなどして、というイメージ。

 

160805h

160805e

160805b

160805d

探してみると意外と無かったボートネックのロンTee です。ウェッソンではちょっと暑いという時期にいかがでしょう。

Charpentier de Vaisseau – Boat Neck 9/10 slv.
col : Black*White / Navy*Beige
size : 1 / 2 / 3
price : 7,800 (+tax)

 

160809d

SOUTIENCOL からは間違いないタイプのシャツ2型。

おなじみの定番、Thomas Mason OX のホワイト、同じく Thomas Mason のコットンブロードのスモールギンガム、どちらも IVY LEAGUE のかたちです。

 

160809f

160809g

160809e

微かに光沢する品の好いオックスフォード生地は、洋服なんて興味なしの人が見ても 『いい生地』 と判るレベルのいい生地です。

特にシンプルスタイル派のみなさんには絶対的におすすめです。
普通の恰好で普通に着て、しっかり良さが味わえ、現れるからであります。

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE *Thomas Mason OX
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

160809c

ブロード生地でスモールギンガムのネイビー。これも定番とかベーシックとかという括りに入れていいと思います。

 

160809a

160809b

無地のジャケットやニット、果てはウェッソンまで、単色チェックと無地アイテムとの組み合わせは上品にまとまるので外せません。

地味かもしれませんが、持っていて絶対に損はしないというタイプのアイテムですね。

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE *Thomas Mason Small Gingham 
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Season Start.

160811

Fuzz、というより僕の、3日間の夏休みを終え、本日より新しいシーズンのスタートとさせていただきます。2016年秋冬シーズンです。

まだまだ暑いですが、次々と新作商品が届く時期となりました。来たる秋に向けたお店づくりを進めていこうと思います。

新作のいくつかはオンラインショップへアップしています。
ここでの個別の紹介は、明日以降順次。

この秋冬もしっかり仕込んでいますので、どうかお楽しみに!

 

・ ・ ・ ・ ・

 

連休ということで通販の方でご迷惑をおかけすることになり、ご理解とご協力をいただきました皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

LINEで送る