New Arrivals.

151129e

新登場 Fat Moose のアウトドア系ジャケットが入荷しました。

● Fat Moose
2010年スタート、デンマークのウェアブランドです。Luca、Thomas、Simon の3人が自分たちがスノーボードやスキーの際に着るためのジャケットを制作したことをきっかけにブランドがスタートしました。
クライミングをはじめ、エクストリームスポーツ出身の彼らがつくるジャケットは、本格的なスペックやディテールを備えながら、タウンユースでも映えるデザイン性の高さも魅力となっています。

 

151129g

“アーバン・マウンテンパーカ” といった感じでしょうか。
ゴリゴリのアウトドアのマンパ、というイメージからは遠く、どことなく今っぽさがあります。

解釈によっては、街着としてストリートっぽく使うのもイメージに沿うような気がしますし、スペックは素晴らしいので、リアルなアウトドアで使うというのも問題ないでしょう。
まだ僕がスノーボードをしていたなら、間違いなくスノボ用ジャケットとしても使うでしょう。

 

151129h

表地は綿+ポリエステル素材の生地にPUコーティングで水に強い加工が施され、通気性を確保して遮風性、撥水性を高めるという機能素材。

中綿にシンサレートが入り、裏地もやさしい感じのソフトフリースとなっていて、保温性もしっかりです。

ポケットやコードの仕様も念が入っていて、非常に気の利いたディテールワークが見てとれ、機能性と実用性の高いジャケットであることは間違いないと思います。

 

151129d

151129f

151129c

151129a

151129b

実際には、多くの人はそうそうはアウトドアでもないでしょうし、街でのアクティブ向けというイメージがしっくりくるような気がします。
都会でアクティブに動きまわる人が、機能面やタフさに関してストレスを感じずに愛用する、というような、そういう感じです。

 

Fat Moose – Inner City Traveller
col : Olive
size : XS / S
price : 28,000 (+tax)

 

151128d

先日ニットでご紹介した Vincent et Mireille からは、シンプルなウールのコートが届いています。
ウールモッサというメルトンに起毛加工をした暖か素材に、シングルブレストのバランスの好いコートです。

 

151128c

151128b

151128a

ウールモッサに関しては、レディスの方がなじみがあるかもしれません。
表面に毛羽立ちを起こすことで、よりエアリーな質感にして、実際にも見た目にもより暖かく、という生地です。
つるっとしたメルトンに対して、ちょっとしたモコモコ感を出したものとなります。

 

151128e

デザインとしては、非常にオーセンティックといいますか、狙わないことを狙っているような、ベーシックなものとなっています。
ファクトリーブランドということなので、このシンプル・ベーシックは肝になるポイントであり、いろいろなことを限定されない自由さを備えています。

サイズ感とシルエットのバランスが好いので、普通に使いやすいシンプルウールコートです。

 

Vincent et Mireille – Bal Collar Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 24,500 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

151119h

久しぶりに新しい薫りのするバッグをご紹介します。
フランスの Rue De Verneuil という最近スタートしたブランドです。

 

151119d

151119f

151119e

151119a

151119b

ウールフェルトのシンプルなグリップオンリーのトートバッグです。
デザインもつくりもごくごくシンプルで、縫製は美しい。
潔さ、余裕、そしてそこからくる美しさを感じます。

内部にも外部にもポケットが付かず、肩掛け用のショルダーベルトがどうのこうのということもありません。
機能的には気が利いているとは言い難いですが、しかし仮にそれらの配慮があったとしたら、また見え方感じ方は変わってくるのでしょう。

 

151119g

僕も何か説明できない類の魅力を感じ、どうにも心が惹かれ、素通りができませんでした。
フランスのファッション的な感性を称えざるをえないようなプロダクトではないでしょうか。

 

Rue De Verneuil – Wool Tote Bag
col : Black / Grey / Camo
price : 23,000 (+tax)

151120a

つづいて、Yarmo のベレー帽。
ウール素材でシンプルな無地のブラック、ネイビーの2色です。
コットンのライニングがありますので、より立体的なかたちで被ることができます。

 

151120b

151120c

151120e

 

Yarmo – Beret
col : Black / Navy
size : M / L
price : 7,400 (+tax)

 

151121d

Khata のウール+カシミヤの甘編みストール。
見た目リネンようなドライタッチに見えるかもしれませんが、カシミア混ですのでしっかり柔らかく、しっとりと素晴らしい肌触りです。

表と裏でカラーが切り替えになっていますので、巻き方のアレンジによって、色の見せ方をいろいろと変化させることができます。

 

151121e

151121g

151121f

 

Khata – Natural Muffler
col : Grey / Brown
price : 8,000 (+tax)

 

151121a

こちらも Khata のアイテムで、チューブ型のネックウォーマーです。
同じくウール+カシミヤ素材ですが、こちらはハイゲージ編みで、肌触りがたいへん素晴らしいです。

 

151121b

151121c

 

Khata – Neck Tube
col : Grey / Toupe / Red
price : 5,500 (+tax)

 

151122a

恒例の Quiock。
色合いが素敵なフランスのマフラーです。

 

151122b

 

Quiock – Muffler
col : Red / Olive
price : 3,900 (+tax)

 

151123a

イタリアの Italguanto のレザーグローブも昨年と同じ揃えで入荷しています。
カシミヤのライニングで快適です。

 

Italguanto – Leather Gloves
col : Black / Bordeaux
size : 8
price : 11,000 (+tax)

Italguanto – Suede Gloves
col : Dk. Brown / Navy
size : 8
price : 12,000 (+tax)

 

明日から3連休ということなので、少し多めにご紹介しました。
オンラインショップの方はまだなので、頑張ります。

店頭ではウールニットやアウター類の物色も増えて、ずいぶん熱気を帯びてまいりました。
大きな買いものはやはり昂ぶりますね。

それでは3連休、みなさまのご来店をお待ちしています!

 

LINEで送る

New Arrivals.

151116e

初登場となります、Vincent et Mireille のニットが新入荷。
何かと使い勝手のよいシンプルなミドルゲージのタートルネックセーターです。

 

151116d

●Vincent et Mireille
1950年創業、フランス・ブルゴーニュ地方のワークウェアのメーカーです。
メーカーとしてさまざまなウェアを自社生産していますが、ファクトリーレーベルとしてのファッションアイテムは日本のインポート商社によるライセンス生産で展開されています。
フランスの薫りとトレンドを上手にミックスしつつもシンプルなアイテムが基調になっています。

 

151116b

オーストラリア産ウールを素材に、いかにもセーターらしい、畔編みの基本的なニットです。
いろいろあるけどこういうのもやっぱり必要だよね的ベーシックアイテム。

 

151116a

151116c

もともとアパレルのインポート商社が手掛けるブランドであるため、基本的には海外の、しかもファクトリーブランドの態を大切にしています。
そのために、ファッションブランド的でなく、ファクトリーブランド的なアプローチでものづくりがなされており、シンプル、ベーシック、クオリティ、バリューというような部分に焦点が当てられています。

Fuzz としては、こういったシンプルベーシック系アイテムで、意外と揃わなかったな、というアイテムをこのブランドに埋めてもらいたいと考えていて、いい仕事するブランドとして期待しています。

 

Vincent et Mireille – Turtle Neck Sweater
col : White / Grey / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 13,500 (+tax)

 

151114c

意外とはじめてです、Jamieson’s のニットカーディガン。
Jamieson’s の代名詞であるシェットランドウールを素材として、クルーネック、胡桃のボタンという仕様です。

過去に何度もオーダーしていたのですが、納品が遅くてシーズン内に間に合わずという事態がつづいたものでした。

151114d

151114e

151114b

かなり暗めのグリーンをベースに、多色の糸が散りばめられています。
さすがの質感に、色合いも非常に魅力的だと思います。

 

Jamieson’s – Crew Neck Cardigan
col : Green
size : 36 / 38 / 40
price : 19,000 (+tax)

 

151115j

SAINT JAMES からは大定番のマリンセーターが届いています。
クラシックアイテムといえる肩ボタン仕様のフレンチ・マリンのニットウェアです。

ボーダーの BINIC II、無地のCANCALE II と久しぶりに揃って発注してみました。

 

151115c

151115d

151115h

151115i

海上で飛沫や雨を浴びるために、脱脂を極力抑えたピュアウールを素材として、防寒の意味合いでの狭いネック、またその狭さゆえのボタンの仕様です。

古くから使われている伝統的なアイテムであり、それゆえに性別年代スタイルを問わずに取り入れていただける普遍性の高いアイテムです。

 

SAINT JAMES – BINIC II
col : Navy
size : XS / S / M
price : 19,000 (+tax)

SAINT JAMES – CANCALE II
col : Navy
size : XS / S / M
price : 19,000 (+tax)

 

ニットの入荷も本格化してきました!

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

Ordinary fits の定番モデルが少々再入荷しました。
先月に発注していたと勘違いしておりまして、店頭でアナウンスしていたタイミングよりかなり遅くなってしまいました。大変失礼致しました。

5 Pocket Ankle Denim – Used
5 Pocket Ankle Denim – One Wash

 

LINEで送る

New Arrivals.

151110f

BASISBROEK の新型コート、Vilton はすっきりシンプルなチェスターコートです。
ラグランスリーブというポイントが BASISBROEK らしいアレンジです。

 

151110d

151110c

151110b

151110e

しっかりと着丈があって、ラグランで、シンプル。
シルエットも標準的なものなので、バランスも好く、いろいろな意味で着やすさがあると思います。
さっぱりすっきりのコーディネイトはもちろん、個性的なアレンジを利かせたスタイリングでも威力を発揮するコートではないでしょうか。

 

BASISBROEK – Vilton
col : Navy / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 26,000 (+tax)

 

151111d

つづいてが、3年連続3度目の出場、Honnete の Soutien Collar Coat。
一見シンプルですが、斜行する前合わせ、リブ仕様の袖口、襟まわりの雰囲気など、実はけっこう個性的なコートです。

 

151111b

151111c

151111a

151111e

151111f

なんとなく感覚を刺激するような感じがして、かっこよさとおもしろさを兼ね備えているような印象を受けます。
意外と一般的でないバランスがまた心地好く、フランスのメーカーがつくることで自然と湧き出るようなニュアンスも感じるとることができると思います。

当初からネイビーをセレクトし続けているのですが、昨年は青味の強いネイビーだったところが今年は逆に青味の希薄な濃紺になっています。
機能素材の ThermoLite が入るので、防寒性能も上々です。

 

Honnete – Soutien Collar Coat
col : Navy
size : 2 / 3
price : 42,000 (+tax)

 

LINEで送る

comm. arch. – Wool Knitwear.

151102a

新登場ブランド、comm. arch. をご紹介します。

●comm. arch.
2014秋冬から Joe Mc のディレクションによりスタートしたメンズニットウェアブランドです。日本国内紡績の糸を厳選し、現存する貴重なニットデザイナーや職人の連携(communication)によりニットウェア(architecture)が製作されています。素材、作り、プロセスにこだわり、全てが “Fully Fashioned” (成型編み) された、心地よく長く着られるニットウェアを作っています。comm.arch. のニットウェアコレクションは、いわば日本の “BORN KNITTERS” の集大成ともいえます。

ということで、国内のニットブランドです。
デザイナーの Joe Mc 氏は実は日本人で高橋さんと言いますが、セントラル・セントマーチンズ美術大学でニットの勉強をしていたという経歴の人物です。 そのイギリス留学時代のニックネームが 『ジョー・マック』 だったということです。
ヨーロッパで某ブランドのニット部門でデザインを担当したり、日本に戻ってセールスの仕事に方にまわったりと、いろいろな職歴を経て自らのブランドをスタートしました。

流行をほどよく取り入れつつ、基本的な立ち位置はベーシック系のクオリティ重視です。
素材やデザインの、日本のブランドならではの気の利き方に注目していただきたいと思います。

 

151102b

ワッフル編みのヘンリーネックセーター。

ワッフルなのでそれなりに厚みが出て、かなり暖かそうです。
ネックのスタイルがセーターでヘンリーというのも非常に新鮮です。

 

151102c

151102d

151102e

素材がバルキーで軽いのが特徴という南米ウール。
写真では伝わりにくいですが、これが軽くてソフトな編地になっています。
実際に暖かいということと、編地やヘンリーネックというちょっとしたひねりが利いていて、シンプルのなかでの面白さをもったアイテムではないかと思います。

 

comm. arch. – Waffle Knit Henry Neck Pullover
col : Coalmine
size : 2 / 3 / 4
price : 23,000 (+tax)

 

151102g

つづいてが Middle Neck Pullover。
メリノウールを素材とした肌触り抜群のやわらかな畔編みニットです。

ニュージーランドの山岳地帯で飼育されている高品質メリノウール、いわゆる “スーパーファインメリノウール” を素材とする、ごわつきのない、なめらかな肌触りのセーターとなります。

151102i

『ミドルネック』 となっていますが、着てみるとそれなりの高さがありますので、ハイネックと言っても間違いではないと思います。

タートルネックのロールして折り返す仕様でなく、はじめから二重のつくりにしていて、着込んでいっても伸び、ヨレを最小限にしたいということを意図しています。

 

151102l

151102f

素材がメリノなので繊細でやわらかい、ネックが二重のつくりである。
シンプルなデザインのベーシックなアイテムなので、ポイントがはっきりしています。
シンプルでいいモノ派のすべてのみなさんにおすすめです。

comm. arch. / Middle Neck Pullover
col : Blackout / Navy Jack
size : 2 / 3 / 4
price : 22,000 (+tax)

 

Fuzz では Knitchy、kei Macdonald につづく第3の国内ニットブランドです。
歴史を感じるようなトラッド系、クラシック系セーターはイギリス、フランスに任せ、国内ブランドに期待するのは、ちょっとした気配りや洋服としての新鮮さです。
どちらにも触れることで、双方の良さが引き立てば、というのが狙いなので、是非いろいろと物色してみてください。

 

LINEで送る