New Arrivals.

151008h

秋冬アクセサリー類も続々と届いています。

インドの S. K. Overseas は、色柄のセンスが好く、薄手大判のストールタイプという巻き物です。
Fuzz ではここ数年継続して展開していますが、今シーズンは大きさに変更があり、今までよりさらに大判になりました。
襟元に思いきったボリュームをつけるのもなかなか面白そうです。

 

151008a

151008b

151008g

151008c

 

S. K. Overseas – Wool Stole
col : Black / Beige
price : 5,800 (+tax)

 

151006b

つづいて LEUCHTFEUER のニットキャップ。
春はコットンニット、冬はウールニットでの展開で、おなじみとなっている定番アイテムです。

 

151006a

畔編みで定番的なタイプのニット帽です。
見た目はコンパクトですが、まったくきつくないので安心してください。

プレーンな無地と、2色の糸をミックスしたタイプと2種類、それぞれカラーバリエーションもそれなりにご用意しています。

 

LEUCHTFEUER – Wool Knit Cap
col : Black / Charcoal / Grey / Brown / Bordeaux / Green / Olive / Orange
price : 2,800 (+tax)

 

151006d

151006c

 

LEUCHTFEUER – Wool Knit Cap
col : Charcoal Mix / Brown Mix / Navy Mix / Bordeaux Mix
price : 2,800 (+tax)

 

151007b

こちらもおなじみ、ベルギーの LOCAL ROOTS。
単色でシンプルなウールソックスをセレクトしました。

 

151007a

 

LOCAL ROOTS – Wool Rib Sock
col : White / Natural / Curry / Loden / Blue
price : 1,800 (+tax)

 

そろそろ冬の寒さもイメージできるくらいになってきたでしょうか。
少しずつ、ウール素材のアイテムも店頭に並べていこうと思います。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

SANDERS の今季新作について、『こんなのが入荷する予定です』 という話を店頭でしていましたが、先日連絡が入り、生産中止になっていたという事実が伝えられました。

通常はシーズン前に知らせてくれるのですが、何かアクシデントがあったようで、連絡がずいぶんと遅くなって届きました。

ボツになったのは、グレインレザー、リッジウェイソールでチャッカブーツをブラックとブラウン。
お伝えしてそれは楽しみだという人が少なからずいらっしゃったので残念でなりません。

可能なら、また懲りずに発注しますので、気長にお待ちいただけたら幸いです。

 

LINEで送る

New Arrivals.

151003a

いろいろと新作入荷が続いています。
FUJITO からはシャツジャケットが新しく入荷しました。

コットン+ウールの起毛の生地の一重仕立て。
軽く羽織れるフランネルのシャツジャケットという感じで、見るからに実用性の高さを思わせる、これからの時期におすすめの秋ジャケットです。

 

151003c

色合いのおかげもあって、ミリタリージャケット然とした男っぽい雰囲気も今の気分ですし、FUJITOの得意なテイストでもあるので安心感もしっかりです。

胸の立体ポケットは容量もそれなりなので、手ぶら外出派には嬉しく、プラス、手を突っ込みやすいハンドウォーマータイプの横向きポケットの仕様も実用的だと思います。

さらっと羽織って絵になるし、ソフトな一枚仕立てで着ていて楽だし、けっこう厚みがあるのでけっこう暖かいし、ジップやポケットが実際機能的だし、とそういうジャケットです。
着て楽なソフトなジャケットは、その上からさらにコートを、という考え方もしやすいと思います。

 

FUJITO – Zip Up Shirt Jacket
col : Khaki
size : S / M / L
price : 26,000 (+tax)

 

151004e

Oliver Spencer からはスウェット系プルオーバー。

スウェットのデザイン、形態をベースにして、ファブリックで魅せてくれる Oliver 得意のアイテムです。
サッと着てしまえばこれ一枚で決まってしまう感じはさすがで、シンプルなアイテムとシンプルな着合わせをした時に一層映えるような気がします。
普段からそういうスタンスでコーディネイトしている方々には特におすすめしたいカテゴリです。

 

151004a

Cali Crew というこのモデルは、コットン、シルク、ウール、レーヨンと多用な素材をミックスしてつくられた魅惑のファブリックがポイントです。
適度に感じる遊びごころのニュアンスが、かえって品の好さを感じさせてくれます。

 

Oliver Spencer – Cali Crew
col : Charcoal
size : S / M
price : 20,000 (+tax)

 

151004b

151004d

こちらは継続となる Highgrove Crew というモデル。
リブに仕様変更があります。

こちらはニットの雰囲気をもっていて、実際に柔らかな編地という感触です。
ですがやはり着こなしはスウェット的な雰囲気になりますし、同じくシンプルでスマートなコーディネイトで威力を発揮しそうなグッド・プロダクトです。

 

Oliver Spencer – Highgrove Crew
col : Navy / Charcoal
size : S / M
price : 17,000 (+tax)

 

151001d

Charpentier de Vaisseau の定番、スクールパンツ、コーデュロイ。
このコーデュロイがイギリスの Brisbane Moss の生地なのですが、さりげなく本格志向なところがこのブランドの隠れた魅力でもあります。

 

151001g

すとんとまっすぐ落ちるストレートシルエット、バックギャザーのイージーパンツ仕様、というのがスクールパンツの大きな特徴。
『奇抜なわけではないですが、不思議と個性的なパンツです』 とは僕のいつものコメントで、シンプルでさっぱりしているのですが、穿いてみると何か普通でない感じがすごくするのです。

 

151001c

151001f

 

Charpentier de Vaisseau / School Pants
col : Navy / Grey / Brown
size : 2 / 3
price : 11,800 (+tax)

 

年齢的、性別的な垣根はまったくないと言っていいでしょう。
“ニュアンスを感じたら是非” というおすすめの仕方が最もしっくりくるように思います。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

朝の風に冷たさを感じ、空にははっきりと秋の色が浮かび、ああ、来たなという感じですね。
小学生のような季節の分け方をするなら、9・10・11月が秋で、10月は秋の真ん中。
夏寄りの秋が終わり、10月に本番を迎え、11月が冬寄りの秋という感じでしょうか。

スポーツ、食欲、読書、芸術、そして服飾。
『秋だから・・・』 を合い言葉に、いろいろと楽しんでいけたらと思います。

サッカー頑張れ、ラグビー頑張れ、ヤクルト頑張れ、、
そして、山本昌に乾杯。

 

LINEで送る

New Arrivals.

150911a

Glacon のタートルネックシャツが入荷しました。
昨シーズンから人気のタートルネックのカットソーですが、喜ばしいことに、Glacon が参戦してくれました。

今季は Pyjama Clothing でもタイプの違う同アイテムを展開していますので、かなり豊富な品揃えになっています。
いろいろと悩んでみてはいかがでしょうか?

 

150911b

Glacon の方はいつものリブ編みコットン地(フライス生地)がボディとなっていて、Pyjama の天竺コットンとは生地の種類から異なります。
リブ編みの方がより左右方向への伸縮性が高く、身体にフィットさせて着ても窮屈な感じがしないために、インナーでの使用でより効果を発揮します。
タイトめにサイジングして、ソフトなタッチでやわらかな着心地です。

デザイン的な特徴として、ネックの長さがタートルネックとしてはやや短めに設定されています。
折り返さずにそのまま着てもいいバランスでいけますし、折り返すとやや低めのロールネックになります。

 

Glacon – Turtle Neck Long Slv.
col : White / Lt.Grey / Charcoal / Black
size : 2 / 3
price : 7,000 (+tax)

昨秋冬に展開していた quotidien のタートルネックシャツのお問い合わせをたくさんいただいていますが、今年はこのモデルがあったために発注をしませんでした。
狙っていた場合には、是非この製品をお試しになってみてください。
ネックの感じはちょっと違っていて、quotidien の方が一般的なバランスだったように思います。

 

150912a

Knitchy からも新作入荷です。
おなじみになってきた、ブランド定番の “Waffle P/O” 。
ワッフル編みニットでつくったニットスウェットです。

 

150912b

今季は素材が麻、綿、ポリエステルという組み合わせになっていて、より通年アイテムとしての感覚にしていく方向のようです。
“編み物” ならではのデザイン、ディテールを備えつつ、季節性からやや距離を置いているという意味で、性質的には体裁どおりにスウェットのような万能性を持っていると思うのです。

ニット製品特有の品の好さとスウェット的な利便性を兼ね備えたグッド・プロダクトと言っていいでしょう。 端境の時期を中心に、いつ来てもOKな質感と雰囲気がうれしいです。

 

Knitchy – Waffle P/O
col : Grey
size : S / M
price : 19,000 (+tax)

 

150913a

Ordinary fits の新作パンツ。
今季新型の “5 Pocket Moderns Pants” というモデルです。

久しぶりにすらりと細めのシルエットで、ここ最近では意外と希少になっているスリムシルエットの5ポケットパンツとなっています。

 

150913b

ラインとしては細いのですが、スキニーパンツのように全体的にタイトということにはしていないようです。尻の深さがそれなりにあって、楽に穿けることも重要視している点が Ordinary fits らしさと言えるかもしれません。

 

150913c

同じモデルで、インディゴデニムとツイルのブラックの2種類をご用意しています。
デニムの方は、あえて赤ミミの仕様にせず、堅苦しくない立ち位置でスタイリッシュに穿いてほしいという考え方がベースになっています。

ブラックの方は、生地の段階で乳化染めという染色法をとっていて、アタリや退色が出やすいという性質を備えています。
穿きこんだ古着っぽい状態で格好よく穿いてほしいということです。

 

Ordinary fits – 5 Pocket Moderns Denim
col : Indigo
size : 28 / 30 / 32
price : 13,800 (+tax)

Ordinary fits – 5 Pocket Moderns Pants
col : Black
size : 28 / 30 / 32
price : 13,800 (+tax)

 

いよいよ明日からシルバーウィークですね。
季節が進み、新作入荷も進んでいますので、お時間ありましたら、是非お店の方にもお立ち寄りください。
また、恐縮ではありますが、店休日・営業時間の変更にお気をつけください。

 

LINEで送る

New Arrivals.

150909a

150909b

Glacon のモックネックの厚手バスクシャツ。
フランスの高級テキスタイルメーカー Jules Tournier のファブリックを使ったシリーズです。

裏を微かに掻いて起毛させていますので、スウェットに近い感覚かもしれません。バスクシャツと言っていいのか分かりませんが、ボーダーの感じや生地面はバスクシャツのニュアンスがあり、Glacon らしい雰囲気に落ち着いています。

ブラック地に生成色のラインというカラーリングも非常にグッドではないでしょうか。

Glacon – Mock Neck Basque Shirt
col : Black*Ecru
size : 2 / 3 / 4
price : 15,000 (+tax)

 

150908a

150908b

STANDART AT HAND からは新型のチノパン。
ブランドとしては定番モデルがほとんどのなか、シーズンで数少ない新作です。

と言ってもやはりベーシックな色合いが強いアイテムで、新鮮というよりは安心という感じです。
生地厚は、やや秋冬寄りと思えるような、しっかりした感じの標準厚。
適度にゆったり気味でのテーパードシルエットとなります。

地味だけど堅実、しっくりくる人は多いと思います。

STANDART AT HAND – Chino Pants
col : Beige
size : 30 / 32
price : 14,000 (+tax)

 

150903a

150903c

150903b

SOUTIENCOL からも新作シャツが届いています。

インポートファブリックのシリーズで、Albini のブロードストライプ。
定番アイテムになるのか、生地としては継続での登場となりますが、新しくなった San Francisco にアップデートされています。

“間違いない” シリーズの安心アイテムです。

SOUTIENCOL – SAN FRANCISCO Albini Stripe
col : Navy / Lt.Blue
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

魅力的な商品の入荷が増えてきたせいか、店頭でのちょっとした話も盛り上がってしまったり、なんとなくの高揚感を感じる今日この頃です。

天気もよさそうな週末、みなさんのご来店をお待ちしています!

LINEで送る

FUJITO – Shirt, Wool Long Tee.

150822o

FUJITO の2シーズン目(on Fuzz)、新作入荷です。
秋冬のアイテムはどんなだろうと楽しみにしていたという人も多いと思います。

今回は、『シャツ』 と 『ウールコットン素材のニットのようなスウェットのようなカットソー』、2アイテムのご紹介です。

 

150822c

ブランドの確固たる定番として設定しているシャツ型がありまして、それを使って今の気分に沿う生地を載せたシーズンアイテムとなります。

グレーのワントーンのチェックがなんとも言えない深い味わいがあり、透明感のあるクリーンな印象もあわせ持つというような、とても魅力的な雰囲気をたずさえているように思います。

特に季節的な属性を持たないグレーなのに、何か秋の静けさのような色彩をたたえているのが不思議な印象です。
実際には、同色系のニットやジャケット、パンツを駆使して、トーン&トーンのモノクロコーディネイトが決まると恰好よいこと間違いなしではないでしょうか。

 

150822e

襟はそれなりに高さがあり、男前仕様。
隠しボタンダウンのディテールが このモデルのお決まりのディテールです。

 

150822a

アイビーとかトラッド的ではなく、あくまでカジュアルな立ち位置でいながらも、襟の美しさはしっかりキメていきたいという感じでしょう。
Fuzz 基準で示すなら、カジュアル~トラッドの力加減のゲージは James Mortimer・SOUTIENCOL と Oliver Spencer の中間点ではないかと思います。

 

150822b

もう一つ、袖付けがハンドメイドという大きなポイントがあります。

150822f

縫い目から波を打っている部分があるのが分かると思いますが、これがその証です。
部分的ではあるものの、ビスポークのような、手縫いのやわらかさを感じられるという本格指向のシャツなのです。

僕も既に自分の分を確保していますので、どういう感触なのか非常に楽しみにしています。
派手さはないものの、着心地から着合わせの部分まで、かなり実用性が高いであろうと確信しています。
みなさんも是非。

 

150822n

つづいてが、 『ウールコットン素材のニットのようなスウェットのようなカットソー』。
モデル名としては 『Long Sleeve T shirt』 というのですが、これでは誤解が生まれそうです。

150822h

もともと展開していた長袖のカットソーのモデルに、秋冬らしい素材を当て込んだというアイテムです。
ウール+コットン素材の、編み柄に見える表情豊かなファブリックなので、ルックスとしては、『スウェット的なデザインを採用したニット』 のように見えますが、実際には 『スウェット的なデザインを採用したニットのようなカットソー』 なのです。

 

150822l

Tシャツとは言えない肉厚感なので、ロンTeeとは言えません。
かといって、スウェットでもなく、ニットでもないという少々特殊なアイテムです。

基がロンTeeのために起こした型なので、アーム全体がすっきり細いという特徴があり、また9.5分くらいの丈で、カットソーらしいニュアンスもしっかり残っていて、いろいろな成分が混ざった面白さを感じさせてくれるアイテムなのです。

150822i

結局、トータルで魅力的に映っているために面白さを感じるのでしょう。
あたたかそうな雰囲気で、さらっとスマートに着こなせそう、そして、生地感の上品さがそのままコーディネイトの上品さにつながりそう、、

このあたりは、“By・デザイナー”、“From・デザイナー”  のデザインであり、デザイナー’s デザインの楽しいところです。
シンプルではあっても、さりげなく気の利いているこういった雰囲気は、FUJITO服の一番の魅力であろうと思います。

FUJITO – B.D. Shirt
col : Grey
size : S / M / L
price : 20,000 (+tax)

FUJITO – Long Sleeve T shirt
col : Charcoal / Navy
size : S / M / L
price : 12,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

(世間話)

意外と順調に夏を終え、9月となりました。
ここずっと雨が多いですが、この時期の雨や台風は季節を進ませるので、秋の深まりは早いような気がしますが果たしてどうなるでしょうか。

先日、仲良くしてもらっているお客さんが遅い夏休みとって、郷里のカステラに里帰りし、お土産に長崎を買ってきてくれました。
その翌々日(昨日です)、ここで紹介した FUJITO の来年春の展示会に伺って、デザイナーの藤戸さんと話したところ、藤戸さんがそのお客さんと同じ出身地で驚きました。
藤戸さんからは 『九十九島せんぺい』 という郷土のお土産をいただきました。

僕は先々週の夏休みに突撃で伊香保温泉に行ってきたのですが、誰にもお土産を買わずに帰ってきました。
だって誰がいつくるか分からないんだもの。

夏休みは楽しめましたか?
意外とこれから9月に夏休みをとるという人も多いようですね。

次のターゲットは、あの連休。
何かと忙しくなってくる9月ですが、何より、楽しんでいきましょう。

 

LINEで送る