New Arrivals.

180418i

春夏もの、本日も続々入荷中。
まずは comm. arch. の新作シャツ、半袖です。

 

180418c

ややビッグシルエット気味の開襟シャツです。
こちら、一番の特徴はやはり生地となっていて、非常に軽く、独特な質感となっています。素材はコットンとポリエステルの混紡で、ブランドの性格上、織り地でなく編み地のトリコット生地となるのですが、何かペーパーのような気配のするサラサラしたタッチで、見た目も着た感じもひと味違ったものとなっているのです。

 

180418e

180418d

デザイナーさんのお話では、着こんでいくことで生地がくったりしてくるということで、その風合いが魅力的になるはずです、とのこと。たしかにこの時点でもぼんやりと想像できるような気がします。

180418f

多少肩をドロップさせてのリラックスシルエットとなります。適度にゆるく、でもスタイリッシュに、という印象です。

comm. arch. – Knited Airy Open Collar Shirt
col : Burnt Caramel / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 19,000 (+tax)

 

180417c

Oliver Spencer のボタンダウンシャツ、コットン・リネンの涼しい生地です。

Aston Shirt というモデルで、小さめの襟でボタンダウン、秋冬は比翼でしたが今回は普通の前ボタンです。

 

180417a

モノトーンチェックですが、地味そうで地味でもありません。ですが、ジャケットやコートを羽織った時、やや脇役な見え方をした時にも、いい仕事をすると思います。

 

180417b

Oliver Spencer – Aston Shirt
col : Grey
size : 14H / 15 / 15H
price : 16,000 (+tax)

 

180419l

Vincent et Mireille の素材切り替えのビックTee。
こちらは昨年好評につき、ですが、今年は袖が半袖五分袖になります(昨年は九部袖)。

 

180419d

180419j

180419e

クルーネックで、ものだけ見ると半袖に見えますが、着るとだいたい五分程度の袖になり、裾にはスリット、オーバーサイジングのシルエットとなります。

 

180419g

なんといっても特徴的なのは、前身頃と後身頃の生地を違えていること。前がシャツ地(織地)、後がカットソー地(編地)、それを同色で、ということになっています。
しっかり面白さがあって、やりすぎず、やらなさすぎずのいい具合の力加減だと思います。

 

180419c

Vincent et Mireille – Combination Half Slv.
col : Beige / Black
size : 38 / 40 / 42
price : 6,400 (+tax)

 

LINEで送る

Oliver Spencer – Pants.

180321p

Oliver Spencer の新作パンツをご紹介します。
春夏シーズン、特に初夏あたりから夏にかけてのシーズン性の強い素材によるパンツです。

 

180321q

Oliver Spencer ならではの素材感、色柄、、
しっかりとデザインされたファブリックであるために、やはりファクトリーブランドでは出せないファッション性の高さ、華やかさが感じられると思いますがいかがでしょう。

いつも感じてしまい、毎度ここで言ってしまいますが、やはり Oliver の服には、純粋な 『格好いい』 が詰まっていて、それがどうにも嫌味にならないという美点があるように思います。

 

180321a

180321b

180321d

パンツアイテムとしては一番の定番モデル、Fishtail Trouser はチャコールのコードレーン生地。地味な色目なのに、どう見ても地味ではありません。

昨年もシアサッカーの生地で同モデルをセレクトしていますが、昨年とはシルエットやサイズ感が微妙に異なります。モデル名はデザインについて設定されているようで、シーズンごとにサイズ感などはしっかり調整されるのがすごいです。

この手のブランドは、細かな縫製がどうとかいうよりも、こういった細かなシルエットやサイズ感の方に重きを置いていて、文化の違いを違いを感じさせてくれます。

 

180321c

Oliver Spencer – Fishtail Trouser
col : Portman Charcoal
size : 28 / 30 / 32
price : 26,000 (+tax)

 

180321i

180321g

180321j

初登場となるイージーパンツ型、Drawstrings Trouser。
こちらは前述の Fishtail Trouser と同じ生地の色違い(ネイビー)となります。

 

 

180321h

全体にたっぷりゆったりのシルエットですが、上品さは保たれ、上質なリラックスパンツといった様相です。夏にショートパンツを穿かない人などには特におすすめしたいモデルです。

 

180321e

Oliver Spencer – Drawstrings Trouser
col : Portman Navy
size : S / M
price : 24,000 (+tax)

 

180321l

同モデル、別素材。こちらはコットン・リネンのストライプ柄です。
スマートなストライプ柄ですが、よく見ると非常に凝ったファブリックであることが分かります。

 

180321k

横方向に織りの切り替えがありつつ、織りのストライプ柄。
織りの切り替えによって微妙な凹凸ができ、サラサラとした触感になっています。

 

180321m

180321n

Oliver Spencer – Drawstrings Trouser
col : Hooper Navy
size : S / M
price : 24,000 (+tax)

 

お洒落感があるのに大人っぽい、大人っぽいけどギラギラとかゴリゴリとかではなく、ちょうどいいのにジャパナイズも一切入っていない、、
Oliver Spencer というブランドは、実は日本人にとって相当稀有な存在だと思います。

 

LINEで送る

New Arrivals.

180306m

フランスのシルクスカーフ、A PIECE OF CHIC、とてもいい感じです。

● A PIECE OF CHIC
2012年スタート、フランス・リヨンのスカーフブランドです。
リヨンはルネサンス時代からシルクスカーフの産地として有名であり、地元の伝統や技術、人の繋がりを大切に支えるために、全ての工程をリヨン周辺で行っています。
スカーフは 1930年 ~ 60年代のヴィンテージ・テキスタイルからインスパイアされたデザインに現代的なアレンジを加え、歴史・文化・乗り物等を表現しています。素材は高密度の綾織シルク100%のため、態急性もあり、季節を問わず使用していただけます。

 

180306l

180306e

180306i

トラッドな感じも適度にありながら、何ともいえない自由で爽やかな雰囲気があるのは、やはりフランスのものならではの美点でしょう。
長い歴史で成熟していったそういうバランス感覚は、完全には真似のできないものではないかと思います。

 

180306k

180306f

180306h

イギリス的トラッドなスカーフは型にはまった様式美が楽しかったりしますが、フランスのスカーフは自由にいきましょう。

 

180306j

A PIECE OF CHIC – Silk Scarf
col : Black / Multi
price : 18,000 (+tax)

180305e

Yarmo のコットンのベレー帽。
ここのところ継続していますのでおなじみになってきたかと思います。今季はジャケット類でも使われています、インクブルーのコットンツイルの生地となります。

 

180305d

180305a

コットンの裏地のついた二重構造で、8枚接ぎでより立体感がある、という特徴があります。
予めワンウォッシュされていますが、これまでのものと比べると少し縮みが大きいようです。

 

180305c

Yarmo – Cotton Beret
col : Navy
size : M / L
price : 6,000 (+tax)

 

180309c

Pantherella はブリティッシュ・トラッド系ソックス。薄地のコットンソックスですが、素材よし、縫製よし、色合いよし、間違いありません。

 

180309d

春夏はエジプト綿を素材とするハイゲージで繊細なソックスです。ここのところ、”Vintage Collection” という過去のアーカイブをベースにしたデザインのシリーズからのセレクトが続いているのですが、よりこちらで勝手にイメージしている Pantherella の雰囲気が濃いように思います。

 

180309b

180309a

Pantherella – Egyptian Cotton Socks *Boeder
col : Dk.Yellow / Black
size : S
price : 3,200 (+tax)

 

180308d

Oliver Spencer、ソックスは初めてのセレクトです。オリバーは雑貨も何かしら好いものがありますが、今シーズンはこのソックスでした。

単純に我らの好みにピッタリです。

 

180308a

180308b

180308c

Oliver Spencer – Miller Socks
col : Navy Border / Multi Border
size : Free
price : 2,900 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

3月15日(木)はオープンの時間を15時とさせていただきます。
恐縮ですがご注意いただけますよう宜しくお願いいたします。

3月15日(木) 15時開店 *15:00 – 21:00

LINEで送る

Oliver Spencer – Buck Jacket.

180304a

Oliver Spencer の新作ジャケットが届きました。
今季のジャケットもシンプルでスマート、一見地味なように見えて華やかという Oliver Spencer らしい雰囲気となっています。

 

180304l

実は昨年も別の生地で同じモデルを展開していました。シンプルなジップアップのショート丈ジャケットの Buck Jacket。
配色デザインが意外と効いていて、派手さはないけど存在感はある、といった印象です。

また、ネイビーとオリーブの生地は、実は同じ生地の色違いではなく、微妙に違うものとなっています。どちらもコットン+ナイロンの撥水生地ですが、表面の質感が多少異なります。

 

180304e

180304j

どちらの生地もしっかり重厚感があり、春夏製品とは言っても軽く薄くではありません。総裏地のつくりですのでなおさらですが、全体に非常にしっかりした質感となっています。

さらに、裏地だけでなく、細やかなディテールが丁寧に備えられていて、『きちんとしたジャケットである』 という見え方をするのも Oliver のジャケットの特徴でしょう。

裏地の感じや内ポケットの配置などを褒める人は多く、ジップアップのジャケットにはだいたい風除けのフラップが付いていますし、アジャスターなどの細かい仕様もよく目にします。
デザイナーズデザインながら、意外なほど地道なディテールワークを見せてくれ、その姿勢の正しさに好感が持てます。
シンプルでもやるべきことを省かずにしっかりやっていれば、最終的に格好いいものになる、というところでしょうか。

 

180304c

180304i

180304g

180304f

180304h

Oliver Spencer – Buck Jacket
col : Lingen Green / Reed Navy
size : 36 / 38
price : 42,000 (+tax)

店頭ではアナウンスをしているのですが、Oliver Spence の日本での代理店が離れまして、現状、後継が決まっていません。少なくとも現段階で決まっていないということは、次の秋冬シーズンでの展開は難しく、場合によってはこのまま取り扱いができなくなってしまう可能性もあります。
Oliver Spence のブランド自体は本国やアメリカ市場で絶好調ということですが、だからこそ、かえって日本を重要視していないということもあるのかもしれません。
海外ブランドはこういったことがつきものですから、しかたがないと言うしかありません。Fuzz がもっと大きな規模のお店なら、本国に赴いて発注してくるのですが・・・。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

spring court も今季の分が入荷しています。
ブログでのご紹介は明日か明後日にでも。

 

LINEで送る

Oliver Spencer.

1701014p

Oliver Spencer 2017 秋冬、後半のアイテムが入荷しました。
アウター、ジャケット、パンツ、ニット、ストール、これで今季の Oliver Spencer はすべて出揃うことになります。

今シーズンも、しっかり格好いいアイテムが揃ったと思いますが、いかがでしょうか?

 

1701014a

1701014c

1701014m

1701014b

1701014f

1701014h

1701014i

1701014l

1701014k

1701014j

どっしり重いというウエイトではありませんが、しっかりしたアウターです。
モーターサイクルジャケット的な、イギリスらしい雰囲気のデザインに、ならではのアレンジが加わり、グッと着やすくなっています。

Oliver Spencer – Correspondant Jacket
col : Mrriot Midnight
size : 36 / 38 / 40
price : 58,000 (+tax)

 

1701014q

ウールのツイード生地によるジャケットとパンツです。
同じ生地でどちらも既存のレギュラーモデルですが、合わせてセットアップにできるバランスでつくられています。

 

1701012e

1701012b

1701012d

1701012a

独特な表情のウールツイードが素晴らしい。生地からデザインされているという、デザイナーズでないと味わえない洒落っ気を感じさせてくれます。

Oliver Spencer – Coram Jacket
col : Dexter Brown
size : 36 / 38 / 40
price : 49,000 (+tax)

 

1701012m

1701012h

パンツは定番モデルの Fishtail Trouser。
ゆったりとすっきりが同居するテーパードシルエットです。

Oliver Spencer – Fishtail Trouser
col : Dexter Brown
size : 30 / 32
price : 26,000 (+tax)

 

 

1701012g

1701012f

どちらも単体でしっかり使えそうですが、セットアップで着ると、やはりパッと華やぐ感じがします。
なんとも秋冬な雰囲気で、かつ Oliver Spencer らしいスマートな印象です。

 

1701014o

クルーネックのニット。
グリーン系の色目で、無地のようで無地でない、ミックス編みの味わいがあります。

 

1701014n

Oliver Spencer – Blenheim Crew
col : Hereford Green
size : S / M
price : 25,000 (+tax)

 

1701013h

ストールもらしさを感じられるものを選んでいます。
デザインだけでなく、アルパカが入ってやわらかな肌触りの生地の良さもしっかり感じられます。

 

1701013f

1701013a

1701013d

1701013c

Oliver Spencer – Kirk Scarf
col : Red Multi / Green Multi
price : 11,000 (+tax)

 

Oliver の服は、より “FEEL” の部分で向き合うべし、です。
デザインは凝っているかもしれませんが、受け取る側としては、ただシンプルに “格好いい!” とテンションが揚がるのが好ましい付き合い方ではないでしょうか。
もちろん、クオリティの方はしっかり僕が見ていて、すべて保証できますので安心してください。

やっぱり気持ちよかったり、楽しくないと!
と毎シーズン思わせてくれますね。

 

LINEで送る