New Arrivals.

190410c

先日ご紹介した今季初登場の Lane Foty Five、もう一型が遅れて入荷しました。
既出の2種は好評をいただきましたが、こちらも同型で、今回は涼しげなリネンファブリックとなります。

 

190410b

スタンドカラーのボックスシルエット、SQUARED というモデルで、3種類の生地で発注していたのですが、このブラックリネンもまた非常に雰囲気のある仕上がりになっていると思います。
薄手のリネン生地ということで、シャツジャケットの感が強く、最も軽いウエイトのモデルとなります。

190410a

190410g

なんともいえない独特の世界観が感じられ、奇抜なようでいて意外と普通に格好いい、というのが僕の評価です。レトロな薫りもありつつ、抜け感とでもいうのか、現代的なニュアンスも同時に合わせ持っているように思え、シンプルに 『着てみたい』 と思わせてくれます。

 

190410e

Lane Foty Five – SQUARED *Linen
col : Black
size : 40 / 42
price : 28,000 (+tax)

 

190414d

Universal Works からはパンツが一型届きました。
先日入荷したブルゾン型ジャケットと共生地で、新モデルとなる Track Trouser というイージーパンツタイプとなります。

 

190414b

ジャケットの方は裏地が付いているのでさほど感じませんでしたが、生地そのものは意外と薄く、一重で使うパンツにすると、非常に軽くて楽ちんな感じがします。
ゆったりめのシルエットにウエストはゴムとコードということも相まって、穿いてみると 『リラックスパンツな感じ』 を強く感じます。

 

190414c

裾の部分にダーツを入れて適度なテーパードを利かせ、軽快な印象に。
シンプルな白や黒の無地Tシャツとさらりと合わせられる気の利いたパンツ、という感じでしょうか。

190414a

Universal Works – Track Trouser
Col : Olive Check
size : 30 / 32
price : 22,000 (+tax)

 

190413f

Ordinary fits からも新作、シャツジャケットが新たに入荷です。
昨秋冬もありました、Cook Shirt に軽快なシャンブレー生地を載せたモデルとなります。

 

190413e

元ネタはヨーロッパの調理服で、軍支給のものも見られたのですが、くくりとしてはワークウェアと言っていいでしょう。
丸襟でダブル、ゆったりボックスシルエット、という特徴となっています。

 

190413c

ある程度暑くなって、Tシャツ一枚でも動くようになると、このくらいの軽さのジャケットが重宝すると思います。
シャツくらいの厚さでいいのだけれど、普通のシャツというわけにもいかず、しっかりしたジャケットまでは不要、というシーンはけっこうあるはずです。

 

190413b

ワークウェアらしく、3本レーンステッチが見られます。

 

190413a

ちょうどいい軽さがあって、しっかりしたニュアンスが感じられ、気軽に合わせられる、というきわめて Ordinary fits らしいプロダクトではないでしょうか。

 

190413d

Ordinary fits – Cook Shirt *Chambray
col : Sax
size : 1 / 2
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

Ordinary fits – Day Parka.

190302a

Ordinary fits の定番フーデッドジャケット、Day Parka が入荷しました。
ちょっと春らしいカラーも加わり、3色でご用意しました。

 

190302d

生地がより薄手のものになり、ライトアウターとしてかなり軽いジャケットになっています。
ウエイト感で言えばシャツジャケットといった感じになりますので、春が進み初夏、真夏も出番があったりしつつ、晩夏、まだ暑さの残る初秋、といった時期に重宝するアイテムになるかと思います。

 

190302e

フルジップアップで、ハイネックの襟、袖と裾サイドがギャザー、そしてラグランスリーブ。Ordinary fits らしいややふっくらしたシルエットがちょっとした特徴となっていますが、オーバーサイズというわけでもなく、多少ゆとりを感じる程度です。
総じてたいへんシンプルなデザインの、ベーシックなパーカジャケットと言え、年齢、コーディネイトを問わずに幅広い層に、気軽に、かつ便利に、日々つかっていただけると思います。

 

190302h

190302b

190302f

しかるべき季節が来たら、日々の相棒として身近に置いておくジャケットになるかと思います。ブランドとして標榜する “デイリーウェア” としての魅力を感じていただけるはずです。

 

190302j

Ordinary fits – Day Parka
col : Green / Blue / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 21,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

181126f

Ordinary fits の新作パンツが入荷しました。
しっかりウールの冬パンツが登場です。

 

181126a

クラシックな雰囲気のシャドーチェックの厚地ウールの、思いきったボリュームのウールパンツ。非常に Ordinary fits らしいバランス、つまりアンバランスが魅力のプロダクトと言えそうです。

膨らんだような太さに、深い股上でズルッとした感じの独特のシルエットが目を惹きます。
意外とクールに着こなしたくなるおもしろいボトムではないでしょうか。

181126c

生地は厚手のウールツイードとなります。ブリティッシュウールをブレンドして、生地に腰と強度を与えています。

 

181126b

Ordinary fits – Deep Pants
col : Charcoal
size : 1 / 2
price : 22,000 (+tax)

 

181127j

Vincent et Mireille の新作ニットも入荷しました。
シンプルで使いやすいモスステッチのクルーネックです。

 

181127e

181127b

モスステッチ、いわゆる鹿の子編みは生地に表情があるので、単色でもほどよいアクセントになり、ニットらしい雰囲気も強く感じることができます。
安心して着まわしができるタイプ、実用性の高いセーターというジャンルでセレクトしましたが、カラーだけ、ほんのちょっと定番を外しています。

 

181127g

181127d

Vincent et Mireille – Tuck Moss Crew Neck Pullover
col : Lt.Khaki / Mustard
size : 38 / 40 / 42
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180916q

Ordinary fits、新作ジャケットです。

こちらは、原点回帰のハンティングジャケット、往年のオーディナリーらしさを感じられるグッド・プロダクトです。

 

180916g

実は今シーズンで Ordinary fits がブランド創設10周年を迎えることになりました。
ブランドのコンセプトにもなっている 『10年後も着ていたい服』 というフレーズに応えるべく、創立当時のファーストシーズンに並んだモデルをピックアップして、現代風のシルエットに書き換えてよみがえらせたのです。ですから、Ordinary fits を長く見ていた人にとっては、『なんだか懐かしいな』 という印象を持つのは自然のことです。

どちらかというと、ここのところのオーディナリーはややフェミニンなテイストだったり、ユニセックスな雰囲気が強くなってきているのですが、ここの辺りも忘れてないぜ、という意思表示のようにも受け取れると思います。

 

180916i

 

ということで、やや男っぽい雰囲気の、ハンティングジャケット。
古きよきハンティングジャケットのスタイルですが、スタンドカラーにしているところにやられました。これでバタ臭くならず、スタイリッシュに着れるというものです。

 

180916l

生地はコットンのバックサテン。ミドルウエイトで、『秋のジャケット』 といった厚みです。
バックサテンも昔のオーディナリーは多用していました。

 

180916o

180916p

ポケットが多く、実際に機能的でしょう。
さすがにシルエットは10年前と同じとはいかず、今着て安心できるようなやや緩めのバランスで仕上げています。着丈もしっかりあるので、少しだけゆるっとした風情を出すといい感じです。

 

180916h

180916m

Ordinary fits – Hunting Jacket
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 26,000 (+tax)

 

180916d

こちらは新型、コックシャツをベースにしたしっかりめのシャツ、あるいは軽めのジャケットです。

 

180916a

180916b

しっかりしたコットンポプリンで製品染め、肩を落として緩めのシルエット。バランス感が感覚的にしっくりきます。
カットソーの上から羽織るシャツジャケットという感覚が一番相応しいような気がします。

 

180916c

Ordinary fits – Cook Shirt
col : Black
size : 1 / 2
price : 18,000 (+tax)

 

180915d

こちらは BRENA の定番品番である Labor Shirt。
パナマクロスという特殊な生地を使った、男っぽい路線のロングシャツです。

 

180915c

オールドスタイルのシャツという捉え方をして、タックインしてしまうのもいいでしょうし、太めの軍パンにだらりと合わせるのもいいでしょう。
襟も小さめで邪魔に感じにくく、リラックスして着れるデイリーなシャツとして考えられています。

 

180915a

パナマクロスは非常にしっかりした生地で、編目が独特です。しなやかでサラサラした触感となっています。

 

180915e

180915h

BRENA – Labor Shirt
col : Black
size : 44 / 46 / 48
price : 22,000 (+tax)

 

1700914g

こちら継続です、quotidien のクルーネック・カーディガン。
定番のカットソーの生地ではなく、裏起毛の厚地タイプで、スウェットのような感覚です。

 

1700914b

1700914d

シンプル・ベーシックの手堅いアイテムも忘れずに揃えたいところです。

 

1700914a

quotidien – Crew Neck Cardigan
col : Charcoal / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 12,000 (+tax)

 

LINEで送る

Ordinary fits – Day Parka.

180808a

Ordinary fits から新作ジャケットが届きました。
かつての定番、Swing Parka をベースにした軽めのフーデッドジャケット “Day Parka” が新たに入荷しました。

 

180808d

やや薄手の布帛生地によるジップアップのハイネックパーカ。製品染めで往年のオーディナリーらしい雰囲気です。
裾サイドがギャザー(ゴム入り)になっていて、ふっくらシルエットになるのも特徴です。

 

180808e

タイプライターだと思いますが、まあまあ薄手の生地で、ウエイト感は軽めです。気さくなパーカジャケットで、Tシャツの上からでも、襟付きのシャツの上からでもいい感じでしょう。

熱く語るようなポイントはありませんが、素材感からシルエット、重さ、軽さなど、総合的には Oridinary fits 独自のバランス感をしっかり感じられ、実はしっかりと他にないジャケットとして成立しています。

 

180808c

Ordinary fits – Day Parka
col : Black
size : 1 / 2 / 3
price : 21,000 (+tax)

 

LINEで送る