New Arrivals.

181126f

Ordinary fits の新作パンツが入荷しました。
しっかりウールの冬パンツが登場です。

 

181126a

クラシックな雰囲気のシャドーチェックの厚地ウールの、思いきったボリュームのウールパンツ。非常に Ordinary fits らしいバランス、つまりアンバランスが魅力のプロダクトと言えそうです。

膨らんだような太さに、深い股上でズルッとした感じの独特のシルエットが目を惹きます。
意外とクールに着こなしたくなるおもしろいボトムではないでしょうか。

181126c

生地は厚手のウールツイードとなります。ブリティッシュウールをブレンドして、生地に腰と強度を与えています。

 

181126b

Ordinary fits – Deep Pants
col : Charcoal
size : 1 / 2
price : 22,000 (+tax)

 

181127j

Vincent et Mireille の新作ニットも入荷しました。
シンプルで使いやすいモスステッチのクルーネックです。

 

181127e

181127b

モスステッチ、いわゆる鹿の子編みは生地に表情があるので、単色でもほどよいアクセントになり、ニットらしい雰囲気も強く感じることができます。
安心して着まわしができるタイプ、実用性の高いセーターというジャンルでセレクトしましたが、カラーだけ、ほんのちょっと定番を外しています。

 

181127g

181127d

Vincent et Mireille – Tuck Moss Crew Neck Pullover
col : Lt.Khaki / Mustard
size : 38 / 40 / 42
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180916q

Ordinary fits、新作ジャケットです。

こちらは、原点回帰のハンティングジャケット、往年のオーディナリーらしさを感じられるグッド・プロダクトです。

 

180916g

実は今シーズンで Ordinary fits がブランド創設10周年を迎えることになりました。
ブランドのコンセプトにもなっている 『10年後も着ていたい服』 というフレーズに応えるべく、創立当時のファーストシーズンに並んだモデルをピックアップして、現代風のシルエットに書き換えてよみがえらせたのです。ですから、Ordinary fits を長く見ていた人にとっては、『なんだか懐かしいな』 という印象を持つのは自然のことです。

どちらかというと、ここのところのオーディナリーはややフェミニンなテイストだったり、ユニセックスな雰囲気が強くなってきているのですが、ここの辺りも忘れてないぜ、という意思表示のようにも受け取れると思います。

 

180916i

 

ということで、やや男っぽい雰囲気の、ハンティングジャケット。
古きよきハンティングジャケットのスタイルですが、スタンドカラーにしているところにやられました。これでバタ臭くならず、スタイリッシュに着れるというものです。

 

180916l

生地はコットンのバックサテン。ミドルウエイトで、『秋のジャケット』 といった厚みです。
バックサテンも昔のオーディナリーは多用していました。

 

180916o

180916p

ポケットが多く、実際に機能的でしょう。
さすがにシルエットは10年前と同じとはいかず、今着て安心できるようなやや緩めのバランスで仕上げています。着丈もしっかりあるので、少しだけゆるっとした風情を出すといい感じです。

 

180916h

180916m

Ordinary fits – Hunting Jacket
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 26,000 (+tax)

 

180916d

こちらは新型、コックシャツをベースにしたしっかりめのシャツ、あるいは軽めのジャケットです。

 

180916a

180916b

しっかりしたコットンポプリンで製品染め、肩を落として緩めのシルエット。バランス感が感覚的にしっくりきます。
カットソーの上から羽織るシャツジャケットという感覚が一番相応しいような気がします。

 

180916c

Ordinary fits – Cook Shirt
col : Black
size : 1 / 2
price : 18,000 (+tax)

 

180915d

こちらは BRENA の定番品番である Labor Shirt。
パナマクロスという特殊な生地を使った、男っぽい路線のロングシャツです。

 

180915c

オールドスタイルのシャツという捉え方をして、タックインしてしまうのもいいでしょうし、太めの軍パンにだらりと合わせるのもいいでしょう。
襟も小さめで邪魔に感じにくく、リラックスして着れるデイリーなシャツとして考えられています。

 

180915a

パナマクロスは非常にしっかりした生地で、編目が独特です。しなやかでサラサラした触感となっています。

 

180915e

180915h

BRENA – Labor Shirt
col : Black
size : 44 / 46 / 48
price : 22,000 (+tax)

 

1700914g

こちら継続です、quotidien のクルーネック・カーディガン。
定番のカットソーの生地ではなく、裏起毛の厚地タイプで、スウェットのような感覚です。

 

1700914b

1700914d

シンプル・ベーシックの手堅いアイテムも忘れずに揃えたいところです。

 

1700914a

quotidien – Crew Neck Cardigan
col : Charcoal / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 12,000 (+tax)

 

LINEで送る

Ordinary fits – Day Parka.

180808a

Ordinary fits から新作ジャケットが届きました。
かつての定番、Swing Parka をベースにした軽めのフーデッドジャケット “Day Parka” が新たに入荷しました。

 

180808d

やや薄手の布帛生地によるジップアップのハイネックパーカ。製品染めで往年のオーディナリーらしい雰囲気です。
裾サイドがギャザー(ゴム入り)になっていて、ふっくらシルエットになるのも特徴です。

 

180808e

タイプライターだと思いますが、まあまあ薄手の生地で、ウエイト感は軽めです。気さくなパーカジャケットで、Tシャツの上からでも、襟付きのシャツの上からでもいい感じでしょう。

熱く語るようなポイントはありませんが、素材感からシルエット、重さ、軽さなど、総合的には Oridinary fits 独自のバランス感をしっかり感じられ、実はしっかりと他にないジャケットとして成立しています。

 

180808c

Ordinary fits – Day Parka
col : Black
size : 1 / 2 / 3
price : 21,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180609a

Ordinary fits のトラベルショーツ、今年も入荷しました。
毎シーズン、デザインはそのままにファブリックを載せ変えて展開していますが、今季はリネン無地となります。

 

180609b

カーキ、ネイビー、オフブラックの3色展開です。ナチュラルなくすみ調の色合いで、どの色も合わせやすそうな雰囲気。

 

180609g

股上が深く、丈は短め、腰や尻まわりはふんわりとゆとりがありつつ、裾口だけ少しクッと締めて、という独特のフォルムです。
裾口が細まっていることで、ゆったり感がありながらもそれなりにすっきり見えることが特徴です。

 

180609h

ざらっとしたリネンの生地感に、さらりとした質感のカットソーがよく映えることでしょう。

 

180609c

Ordinary fits – Travel Shorts *Linen
col : Khaki / Navy / Black
size : 1 / 2
price : 10,000 (+tax)

 

180608i

さらりとした質感のカットソーが入荷しました。
昨夏に初めてご紹介しました、TRIAAANGLES というフランスのブランドです。

 

180608f

フリーのデザイナーなどからデザインを募ってTシャツ製品にしていくという、コンセプト系ブランドといったようなものでしょうか。
ですからデザインは多岐にわたり、テイストもさまざまなので、ブランドとしての雰囲気やイメージの一貫性はあまりなく、たくさんの中からこれだけをピックアップしてきたということです。

プリントTシャツのセレクトについては、シンプルにデザインのよさ、雰囲気、フィーリング、などで選んでいます。
特に絵柄のものは、何が、どこが、というよりもフィーリングがすべてといってもいいと思います。
なんかいいな、くらいで思考停止して、気分よく着るのが大事でしょう。

 

180608d

180608e

180608b

TRIAAANGLES – Tee*Laissez Moi Pioncer
col : White / Black
size : S / M
price : 6,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180604o

Charpentier de Vaisseau の新作、コットンワークパンツが入荷しました。
なんともシャルパンティエらしい、フレンチワークの薫り。

 

180604c

180604j

ミドルウエイトのコットンツイルに、太め、股上深めの野暮ったいシルエット。通常ポケットの他にワークパンツらしいポケットが付いています。

無造作だけど、なぜかポップな感じ、というところにシャルパンティエならではのテイストが感じられます。

 

180604b

180604h

180604g

シンプルではありますが、意外にクセは強く、しっかり着こなさないと危ない系のアイテムかもしれません。けれどもその分、楽しいアイテムであるとも言えるでしょう。

 

180604k

Charpentier de Vaisseau – Work Pants
col : Blue / Navy
size : 2
price : 12,800 (+tax)

 

180602d

Ordinary fits の新作シャツも入荷しています。
ヘンリーネックのプルオーバー、薄地で涼しい半袖シャツです。

 

180602e

丸襟でヘンリーネック、肩を落としたゆったりシルエット。ふんわりと着ていただくような、やはりオーディナリーらしい雰囲気です。

 

180602a

生地は非常に薄くて軽いコットン地です。製品染めで生地感、風合い、いい感じです。
ブランドのカラー表記はブラックとなっていますが、実際は抜けたようなグレー調となります。

 

180602c

180602b

Ordinary fits – Henley Neck Short Slv. Shirt
col : Black
size : 1 / 2
price : 14,000 (+tax)

 

180601g

BASISBROEK の新作ショーツ、Nova は、定番素材のコットン・シルクによる軽快なテイストです。

180601e

180601c

例年、このラインでマイナーチェンジをしながら新モデルとして登場していますが、今年もデザインを少し変え、モデル名を変えて出てきました。
ブランドとしてはビッグシルエットのショーツとしてのモデルですが、僕の判断で、まあそこまで大きくなくていいだろうということで、1と2というサイズでご用意しました。

通常 BASISBROEK のサイズ設定では、1はレディースもしくはメンズXS、2がS、3がM、4がL、という感じになりますので、サイズダウンで穿くようなイメージです。
ウエストもゴムとコードですので、あまりサイズを限定するものではなく、一般的なショーツとしての感覚なら、1がS/M、2がM/L、という感覚になるかと思います。

 

180601d

180601b

180601a

 

生地感は上品で、デザインはラフな感じ、という独特なバランスが心地いいのでしょう。なんかいい!という感覚的な褒め言葉がよく聞こえてくるショーツです。

 

180601f

BASISBROEK – Nova
col : Smoky / Navy
size : 1 / 2
price : 14,000 (+tax)

 

LINEで送る