New Arrivals.

1700901h

comm. arch. から、新作のシャツの入荷です。

ニットブランドである comm. arch. がシャツ? という疑問が湧くかもしれませんが、これは布帛(織地)ではなく、ニット(編地)です。

1700901b

使われている生地は、いわゆる 『トリコット』 と呼ばれる編地で、シャツにはよく使われる生地ですから、なるほど、そうきたか、というところかと思います。
編地ですからやわらかくて肌触りが好く、当然伸縮性もあり、さらに皺になりにくく、型崩れがしにくいのがこのトリコット生地の特徴です。

1700901e

高級綿として有名なピマコットン+強度UPのためにポリエステル、という素材の、100双の糸を編んでいます。強く、かつ上品な光沢感があり、さらにトリコットゆえの柔らかと伸縮性が備わりますから、たいへん内容の充実した生地だと言えるでしょう。

 

1700901f

シャツとしては、ルーズシルエットのレギュラーカラー、ちょっと特徴的な胸ポケットが付いています。『ビッグシルエットシャツ』 まではいかず、『ゆったりフィットのシャツ』 くらいの認識でいいかと思います。
パチっと着るというのでなく、ユルッと着る、という感じ。僕はこの 『感じ』 という抽象的なニュアンスを大切にしてデザインされたシャツだな、という印象を受けました。着てみると、なんとなくいい感じだな、と感じます。

 

1700901c

かつてヨーロッパ古着を扱っていた時代、ピエール・カルダンやイヴ・サンローランなどで、70年代や80年代のトリコットシャツをよく見かけたものです。
よりカジュアルではあるものの、エレガントさはかえって際立つ、というような一風かわったアイテムなのかもしれません。

 

 

1700901g

comm. arch. – Tricot Shirt
col : Caramel / Deep Ocean
size : 2 / 3 / 4
price : 20,000 (+tax)

 

1700906a

つづいてが Ordinary fits の新型、デニムのスタンドカラージャケット。
まったくの新型で、ゆったりしたシルエットで独特の雰囲気をもっているジャケットです。

 

1700906b

スタンドカラーと言っても、襟が広いつくりですので、かっちりスタンドはしないようです。
襟も含め、全体に緩さをキーワードにしてつくられたような雰囲気。ラグランスリーブで着丈もしっかりあり、適度なゆったり感を出しながらコーディネイトしていただくことになります。

 

1700906d

デニムはミドルオンスのしっかりしたものとなっています。岡山のブランドゆえ、ここは得意なところ。

 

1700906e

Ordinary fits – TOBY *Denim
col : Indigo
size : 1 / 2
price : 23,000 (+tax)

 

1700905i

BASISBROEK からは新型パーカジャケットが入荷しています。
ストレッチコットンをつかったビッグシルエットのフーデッドジャケット。

 

1700905c

ゆったりを超えて、がさっと大きいです。
(着丈や袖丈は標準的です)
ドロップショルダーで、身まわりはたっぷり。フードのネック部分も大きく、襟元もルーズな印象に仕上げています。

 

1700905b

上品な光沢感のある生地に、生地のドレープ感をデザインの一環とした BASIS BROEK のモード系のデザインラインと言えると思います。
BASIS BROEK のえらいところは、モードっぽい雰囲気でデザインしても、尖らず、一線を超えず、バランスのよいところで着地するところでしょう。あくまで一般カジュアルウェアであるということは忘れず、手持ちの服と普通に合わせていけるという部分は大切なことです。

 

1700905e

モッズパーカのイメージで、ジャストやタイトなサイジングのスタイルのハズしにざっくり羽織るのもいいでしょう。
また、前述の Ordinary fits のジャケットなども当てはまりますが、昨今のビッグシルエットのカットソーやシャツなどに対応するアウターとしても貴重ではないかと思います。

 

1700905h

1700905g

BASISBROEK – Amell
col : Navy / Black
size : 1 / 2
price : 23,000 (+tax)

 

1700903e

こちらも BASISBROEK、パンツの定番モデル Senne のワンウォッシュ・デニムver. となります。
イージーパンツでデニムということで、5ポケットのジーンズより緩い印象で穿いていただけるデニムパンツとなり、また違った印象で、違った需要もあるかと思います。

 

1700903d

緩さがありつつ、シルエットはすっきり型というのが Senne の特徴です。
股上が深く、尻から股にかけてはゆったり、裾に向けてテーパードのシルエットですが、膝下から強めに絞っています。
穿いた感じは緩いけど、鏡を見ると細い、という便利で面白いパンツです。

 

1700903a

1700903b

1700903c

BASISBROEK – Senne *Denim
col : Indigo
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190806b

Ordinary fits の新作パンツが入荷しました。
秋冬新作モデルとなりますが、シーズンスタートからすぐに穿けるよう、やや軽めのコットン生地によるパンツとなります。

 

190806d

ズドンとかなりの太さです。加えてやや丈を短くしていますので、非常に独創的なバランスとなっていて、スタイリングとしても何らかのニュアンスを感じさせてくれる面白いパンツです。

単純に普通の白いTシャツと、あるいは黒いTシャツと、さらりと着合わせてみるだけでも絵になるような、そういうイメージです。

 

190806e

生地は柔らかなコットンツイルで、やや軽め、カラーはスミクロ。
ウエストはベルトレスのコード仕様。
フロントはボタンフライ、前後パッチポケット。

190806a

秋のイメージとしては、オーバーサイズのシャツや丈の長いジャケット、すっきりしたブーツなど、いろいろと合わせたら好さそうなアイテムも浮かびます。

 

190806c

Ordinary fits – Derrick
col : Ink
size : 1 / 2
price : 17,000 (+tax)

 

190804h

Charpentier de Vaisseau のコットンカーディガンも新たに入荷しました。
今春夏からスタートした、ベーシックな天竺コットン生地をつかったシリーズで、ベーシックなVカーディガンをつくりました。
着る人を問わず、またシーズンとしても広い期間にわたり活用できるベーシックアイテムです。

 

190804c

カットソー生地のカーディガンはいろいろなブランドでご用意していますが、シャルパンティエも新たに仲間入りしました。
生地のクオリティもとても良く、“シンプルなアイテムにも宿るシャルパンティエならではのニュアンス” という部分でも推していきたいアイテムです。

新しくブルー(暗めの青)という色が加わり、3色、メンズ2サイズの展開。2がメンズの『SM』、3がメンズ『ML』というイメージとなります。
このブランドは全般ややボックス気味のシルエットが特徴なので、2がSなのかMなのか、3がLの方に近いのか、はっきり言い切るのは難しいです。

 

190804e

190804f

190804g

ものとしては、たいへんシンプルかつベーシックなものですので、特別にクローズアップするところはありません。
ただ、同じシンプルなカットソー地のカーディガンといえども、ポケットの有無、Vの深さ、袖や裾の仕様などは、ブランドによってそれぞれ違ってきますので、思っている以上にきっちりと違いはあります。

Charpentier de Vaisseau – Cotton Cardigan
col : Blue / Navy / Black
size : 2 / 3
price : 9,800 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

本日、合わせて Arrow Footwear の新作もオンラインショップの方に掲載しております。
Blogでは明日か明後日に。

LINEで送る

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim.

190801c

毎度おなじみのお知らせとなりますが、Ordinary fits 定番、5ポケット・アンクルデニムがワンウォッシュ、USEDカラー共に全サイズ揃って入荷してきました。

ルーズフィットの設定(ウエストの実寸も表記に対して1サイズアップくらい)になっていますので、マイサイズ通りに穿けばゆったりシルエット、サイズを下げて穿けばジャストサイズですっきりシルエット、気分やお好みに応じてどうぞ。

どんなスタイルに、こうやって合わせよう、などと気張らずに、いろいろなスタイルで万能的に活用していただけるものだと思います。持っているとやっぱり穿いてしまうという、便利でありがたい、デイリーユースのデニムパンツです。

 

190801d

3 year Used は、3年穿きこんだというイメージで加工を入れています。
加工はほとんどの工程が手作業になるという都合上、入荷の度に色の濃さ(薄さ)にブレがあるのですが、今回分はやや薄口です。

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *3 year Used
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 16,800 (+tax)

 

160702d

One Wash は一度水洗いした状態です。
穿き込んで、洗い込んでいくと青さが出てきます。最初から自分なりの色落ちを楽しめますが、なるべく色落ちさせずに穿くというのもいいと思います。

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *One Wash
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 14,800 (+tax)

 

はじめてリリースされて以降、ずいぶん長い期間にわたって定番として継続展開していますが、やはり定番と謳われるアイテムには、それなりの理由があるものです。
まだの人は、是非!

 

LINEで送る

New Arrivals.

170606g

SAINT JAMES より、NAVAL の半袖ver. が入荷しました。
実はかなり久しぶりとなります NAVAL ですが、今季は半袖タイプをセレクトしてみました。

 

170606b

SAINT JAMES のカットソーにおいて、ウェッソンと並ぶ2大定番モデルとなります、ナヴァル。
カラーバリエーションは毎シーズン少なく、よりクラシックな色合いで展開されており、そういう意味においては、マリンウェアとしてよりクラシカルなアイテムと言えると思います。

 

170606e

ウェッソンと比べると、ボートネックがやや広く、やや細身で、裾にスリットが入り、その分やや着丈が長く、生地もやや薄く、なんと言っても上下にブランク(空白)がとられているということが大きな違いです。

生地としては、ナヴァルの方がキメが細かい滑らかなものが使われていて、ウェッソンよりはやや薄地ながらも、やはり普通のTシャツに比べるとかなり厚いです。

170606f

クラシックアイテムは “どう着るか?” を楽しむものだと思います。
ああしてこうしてと工夫した着こなしも、ただただ堂々と着るということでも、人それぞれ、なにがしかの意図が立ち昇る感じが楽しいです。

SAINT JAMES – Naval Short Siv.
col : Neige*Gitan / Neige*Marine
size : T3 / T4 / T5
price : 10,500 (+tax)

 

170607e

 

STANDART AT HAND のプルオーバーシャツ、半袖です。

プルオーバーで、ボタンダウン・カラーで、リネンで、ゆったりシルエットで、という半袖シャツです。シンプルではありますが、実はなかなか味のある、個性的なシャツです。

 

170607b

170607c

ゆったりシルエットのボリュームを背中にもってきて、ふんわりさせたシルエットになるのが特徴です。色合いの妙と合わせて、ありきたりにならないのがこのブランドの不思議な魅力と言えるでしょう。

 

170607f

STANDART AT HAND – Pullover Linen Shirt Short Slv.
col : Cognac / Navy
size : 8 / 10
price : 14,800 (+tax)

 

170608f

Ordinary fits の夏の定番、Travel Shorts。
今季は軽やかなリップストップの生地で登場です。

 

170608g

170608a

170608d

薄地でストレッチが利いていますので、履き心地の面でストレスを感じません。
股上が深くて、やや円やかなシルエットが特徴ですが、意外とやりやすいシルエットです。

 

170608c170608e

Ordinary fits – Travel Shorts *Rip Stop
col : Navy / Black Check
size : 1 / 2
price : 8,800 (+tax)

 

170609c

こちらは新登場です、TRIAAANGLES のプリントTシャツです。
僕も半年前の展示会で初めて知ったフランスのブランドで、少し変わったやり方をしているブランドのようです。

●TRIAAANGLES
テキスタイルマーケットがクリエイティブな方向で進化されることを夢見たフランス人エンジニア Julien Cardillo により、2012年に設立。 700以上ものフリーランスのデザイナーと契約し毎月新しいコレクションを出しているフレンチ・クリエイティブ・ブランドです。
全てのプリントはフランスの南部に位置するプロバンスにて “オンディマンド” にて行われています。
TRIAAANGLES(トライアングルス)は巨大なアーティストコミュニティーを作り上げたのに加え、“プリントオンディマンド” テクノロジーにより、無限のデザイン力を持つ新しいタイプのブランドを誕生させました。

 

170609a

170609d

社外のフリーのデザイナーやクリエイターからデザインの売り込みを受けて、それを製品にしていくということで、一般的な意味合いでの “ブランド” というのとは少し違うかたちで運営されています。

多数のデザイナーによる多数のデザインがひしめいているのですが、総じて見ると “フランス発” という色彩が強いという特徴を持つようで、Fuzz としては、やはりそこに惹かれました。

プリントTシャツは感性で、という意味合いが強いと思いますので、あまり深く考えずに、デザインの雰囲気がいいなと思ってセレクトしましたが、なかなかおもしろいブランドであることは間違いないような気がします。

TRIAAANGLES – Tee
col : Navy / Black
size : S / M
price : 5,500 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170524h

SOUTIENCOL より、半袖のリネンシャツが届いています。
“男の定番” 的ベーシック、単色ネイビーとブルーギンガムの Remake Polo です。

 

170524c

単色ネイビーは Canclini 社製のキメ細かなリネン生地の、製品染め Ver. となります。
ポロシャツのように気軽に着れるけど、美しいボタンダウンカラーのシャツである、という半袖リメイクポロ。無地のネイビー間違いないでしょう。

 

170524b

170524a

SOUTIENCOL – Remake Polo – H *Canclini Linen
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

170524g

ブルーギンガムの方は、今シーズンはじめての試みという “袖が長めの半袖” の Remake Polo です。
着こなしとして、袖を軽くまくるという着方をしたいという要望に応えたものです。

 

170524e

SOUTIENCOL – Remake Polo – Long H *Linen
col : Blue Gingham
size : 1 / 2 / 3
price : 15,800 (+tax)

 

 

170523a

Ordinary fits からも新作シャツです。
Vネックでカーディガンのニュアンスがありつつ、プルオーバーのシャツです、という面白いアイテム。

 

170523d

薄手コットンの布帛(シャツ地)ということで、スモックのようなニュアンスもあり、分類しようとすると難しいです。
こういう分類が難しい、でも実際いいとこ取りの実用性の高いアイテムづくりは、最近の Ordinary fits の真骨頂でもあるような気がします。
常にどこかでオリジナリティを求める姿勢というものに拍手を送りたいと思います。

 

170523c

ブランドが示すカラー分類は 『ライトグレー』 となるのですが、実際はオフホワイトというようなかなり薄い色です。

 

170523b

Ordinary fits – Talking Shirt
col : Lt.Grey
size : 1 / 2 / 3
price : 15,800 (+tax)

 

170525a

FUJITO の Explorer Shorts もオリジナリティという意味ではかなりのもの。
ポケットがたくさん付いていることが特徴的で、機能的なショートパンツです。

 

170525c

生地は今季の Mountain Parka と同じもので、ポリエステル+コットン素材の、ショーツとしてはしっかり感のあるものとなっています。
きちっとしたショーツスタイルが好みだけど、トラッド系でなくカジュアルフィールドで、という趣向の人におすすめです。

 

170525b

アウトドアスポーツとワークのテイストをミックスしました、というのがこのショーツの試みで、独特のニュアンスになっていると思います。

シルエットはややコンパクトですっきり型、スマートなスタイルとなりますが、アウトドア仕様の股ガゼットが入り、動きやすさが考慮されています。

 

170525d

すっきりスマートに着こなせて、ポケットが多くて動きやすい、というなかなかない独自のショーツに仕上がっていると思います。

 

170525f

FUJITO – Explorer Shorts
col : Beige
size : 30 / 32 / 34
price : 16,000 (+tax)

 

170526c

Vincent et Mireille からも、Tシャツのような、シャツのような、スモックのような、という面白アイテムが届いています。
昨年の好評を受けてのアゲインですが、今季はブラックのリネンとなります。

 

170526d

半袖のクルーネックのリネンシャツ、襟なしシャツ、リネン素材のシャツ地のTシャツ、、
どういったら一番しっくりくるのか分かりません・・・

とにかくスモックのようなニュアンスがあって、簡単に着れるけど変化はあってつまらなくない、そしてシンプルである、こういうアイテムが今の気分ではないでしょうか。

 

170526a

襟の脇にボタンが二つ、裾サイドにはスリット、トータルのテイストはマリンです。

170526b

Vincent et Mireille – No Collar Pocket Shirt
col : Black
size : 40 / 42
price : 9,500 (+tax)

 

170526j

こちらも Vincent et Mireille で、定番モデルのワンタックのイージーパンツを、CoolMax のシアサッカーで。

170526i

ややゆったり程度の、細からず、太からずのシルエットに、ドライタッチの薄地シアサッカー。
CoolMax で、シアサッカーで、しかもストレッチも利いて、と快適な要素が詰まったイージーパンツです。暑くなってもショートパンツを穿かないという人達におすすめしたいです。

 

170526g

Vincent et Mireille – One Tuck Cotton Easy Pants
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 13,500 (+tax)

 

週末から晴れて暑くなるみたいなので、商品紹介をたくさんにしました。
じっくり物色してください!

 

LINEで送る