New Arrivals.

170515a

Ordinary fits の新作パンツ Town パンツ。
ゆったりしたベルト付きパンツです。

 

170515b

生地はコットンオックスでパンツとしてはやや薄地、ゆったりしたシルエットと相まって涼しげな印象です。背面にゴムが入っていて、フロントのベルトで微調整するというイージーパンツの仕様となります。

 

170515c

170515d

全体に同色でペンキが飛び散ったような加工が入ります。悪目立ちするようなものではなく、微妙なさじ加減となっています。

デザイン的な個性があり、なんとなく愛嬌もあり、これにTシャツを合わせるだけというような軽装でも、充分変化があって楽しい着こなしになるパンツではないでしょうか。

Ordinary fits – Town Pants
col : Black
size : 1 / 2
price : 17,000 (+tax)

 

170516h

BASISBROEK からも新作のパンツが届いています。
レギュラーモデルとなる Senne は、やはり定番素材のコットン・シルクで。

 

170516c

尻まわり、股まわりにゆとりをもたせ、股上深く、膝下をキュッと絞った独特のシルエット。
穿いたときに楽な感じでありながら、シルエットはすっきりしています。

 

170516g

ここ数年継続して使われているコットン+シルクのハリ感のあるファブリックも特徴的で、シルクならではのナチュラルな光沢感があり、薄地ながらハリと腰があります。

 

170516b

ゴム+ドローコードのイージーパンツ仕様。ベルトループも付きますので、ベルトをして穿くこともできます。

 

170516f

BASISBROEK – Senne
col : Navy / Olive
size : 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

170517h

Charpentier de Vaisseau のボートネックのポケットTee。
シャルパンティエは、今シーズンから無地のカットソーに真剣に取り組んでいて、非常にいい生地を使っています。

 

170517c

シルエットはメンズの標準的な感じで、2がMサイズ、3がLサイズに相当します。
意外とない普通のTシャツでこういう感じのボートネック。

 

170517e

170517g

シャルパンティエならではの、なんとなくただ者でない感は健在。シンプルな中にもいくばくかのクセがあり、ニュアンスがあります。

 

170517a

Charpentier de Vaisseau – Boat Neck Tee
col : White / Navy / Black
size : 2 / 3
price : 6,800 (+tax)

 

LINEで送る

Ordinary fits – Wind Shirt, Ragby Pants.

170418q

Ordinary fits より新作入荷です。

まずはふんわりシルエットの Wind Shirt は今季の新型。リゾート地で風除けのために軽く羽織るようなイメージでつくられました。

 

170418a

170418f

シャツにほんのわずか、ジャケットのニュアンスを込めたようなアイテムです。
シャツジャケットとまでは言わないけれど、シャツとして着るというよりはTシャツなどの上から羽織る、というような微妙なニュアンス。

 

170418c

生地はやわらかいコットンオックスです。
オックス地にしてこういったソフトタッチになるのは質の良いコットンを使っている証拠で、ごわごわ感のない、滑らかな肌触りです。

 

170418e

Black の方は製品染めとなり、真っ黒ではなくやや緑がかった色合いになっています。黒が褪せてきた時の色調をイメージしたものでしょう。

 

170418b

肩が落ちて、身まわりはゆったりのルーズシルエットです。
生地のパッカリングを故意に起こすことで、ふわり感を自然な雰囲気にしています。この辺り、Ordinary fits が得意とする感じではないでしょうか。

 

170418d

Ordinary fits – Wind Shirt
col : White / Black
size : 1 / 2
price : 15,800 (+tax)

 

170418p

もう一つ、定番モデルの Ragby Pants となりますが、こちらはデザインのみ踏襲されて、素材もシルエットも更新されていく珍しいモデルです。
今季のラグビーパンツは、コットンの太めシルエット。

 

170418m

170418j

サイドにゴムが入り、さらにコードで絞れる仕様のイージーパンツです。フロントがタブのようになっていて、ベイカーパンツのポケットのようなかたちで、でもパッチポケット(外貼り)ではないというのがデザイン的な特徴となります。

170418i

170418n

やや薄地の平織りコットン、ゆったりめの太さに、丈が中途半端に少しだけ短め。
心地好く感じるくらいの緩さではないでしょうか。

 

170418o

Ordinary fits – Ragby Pants
col : White / Black
size : 1 / 2
price : 14,800 (+tax)

 

 

LINEで送る

New Arrivals.

170324c

SOUTIENCOL のリネンシャツが届いています。
ここ数年、SOUTIENCOL の春夏といえば欠かせない存在となっているリネンの Remake Polo (プルオーバーシャツ) ですが、定番のホワイト無地と合わせて、スペシャル・バージョンをご紹介します。

 

170324e

2017年、SOUTIENCOL はブランド創設25年を迎えました。
そこで25周年を記念して、デザイナーの三浦氏が絶大な信頼を寄せ、また長年にわたって慣れ親しんでいるイタリアの生地メーカー CANCLINI に生地を特注し、おなじみのプルオーバーシャツ Remake Polo をつくりました。

 

170324d

当然のことながら、あまりにも SOUTIENCOL らしい色柄のチェック。ブラックを基調としている点がポイントでしょう。

 

170324a

170324b

それにしても、25周年とは恐れ入りました。
三浦さんはじめ、SOUTIENCOL スタッフの皆様には、心よりお祝い申し上げつつ、このブログをご覧のみなさんには、この商品を心よりおすすめ申し上げます。

SOUTIENCOL – Remake Polo *CancliniLinen
col :  Anniversary Check
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

170324f

こちらが長年つづく定番中の定番、CANCLINI リネンのホワイト無地。

James Mortimer で採用されているアイリッシュリネンに比べて、薄地で繊細な印象です。ぶりんとした生地でなく、ふわっとした感じ。

 

170324g

170324h

SOUTIENCOL – Remake Polo *CancliniLinen
col :  White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

170325b

Ordinary fits からも新作入荷です。
新定番になるか、2年目の One Mile Cardigan は、昨年とは生地が変わり、今季はコットンダブルガーゼで登場。
通気性が好く、ふんわり質感で肌触りがやさしい春夏らしいファブリックとなります。

 

170325a

ニットのカーディガンとは違い、布帛のカーディガンとなります。
ですから、シャツを着る感覚で羽織るカーディガンという意味合いになり、どちらかというと、Tシャツの上に羽織ることがしっくりくるような印象です。

 

170325c

シルエットはゆったりめで、裾のカットもシャツのようにラウンドしています。
シャツを着てキリッと着るVカーディガンはニット系生地に任せて、このカーディガンはゆるっと着るようなイメージです。

ちょっとそこまで、などの着飾るまではいかないお出かけ着としてのワンマイルウェア。こういう感覚で揃える洋服もあっていいと思います。

Ordinary fits – New One Mile Cardigan
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

Ordinary fits – Jacket, Pants.

170215o

Ordinary fits の新作ジャケットが入荷しました。

コットンの軽めの素材でノーカラージャケット。いろいろな使い方ができて、使う時期も広い優れものです。

 

170215f

170215b

軽さ的にはシャツジャケットという感じですが、デザイン的にはカーディガンのようなニュアンスもあり、アウタージャケットとしてもインナージャケットとしても使えそうなデザインになっています。

機能的に着たり脱いだりがしやすく、デザイン的にも着合わせがしやすく、非常にユーティリティの高い、勝手のよいジャケットであると思います。

 

170215d

生地はちょっとしたしわ感と微かな起毛感のある独特の風合いがあります。
この変化のある生地面が、かえってインに着るものを選ばないような働きをしていると思います。
あまり同じような素材感のものを重ねて着るより~、、という意味合いです。

 

170215a

得意の製品染めアイテムなのですが、このブラックと名付けられた色はちょっと注意が必要です。普通の黒ではなく、緑味を加えていますので、明るいところで見るとかなり緑を感じる色合いとなっています。

Ordinary fits – Tramp Blouson
col : Khaki / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 18,000 (+tax)

 

170215k

新作のパンツは定番型の Bare Foot Trouser というモデルです。
ブランド定番の 5 Pocket Ankle Denim と同じパターンを使い、生地やポケットなどのディテールを違えて展開しているモデルです。

今シーズンは、わりと普通なコットンツイル生地、クリーム色。

 

170215n

股上は深め、尻から腿に多めにゆとりをとって、裾は絞ってというテーパードシルエット。股下は、だいたいひと折りしてアンクル丈という設定です。

 

170215j

いかにも春夏用の軽やかな生地、というものでなく、通年ウエイトのハリ感のあるツイル生地です。デニム同様、広い季節でつかっていただけると思います。

Ordinary fits – Bare Foot Trouser
col : Cream
size : 30 / 32 / 34
price : 16,200 (+tax)

 

170215i

ジャケット+パンツ。
いいバランスです。

着用は卒業旅行から帰ったばかり(帰国翌日)の村田さん。
旅行の所持金に余りが出たということで、すぐに服を買いに来るその服好きかげんに敬意を表したいと思います。

 

LINEで送る

Ordinary fits – Riders 5 Pocket Denim.

170103a

Ordinary fits の新定番デニム、Riders 5 Pocket Denim をご紹介します。
今シーズン、新たに登場したベーシックデニムパンツです。

 

170103e

目指すのは、ブランドの定番として継続している 5 Pocket Ankle Denim と肩を並べるレギュラー品番になること。

通年生産している 5 Pocket Ankle Denim とは別のセルビッヂデニムを使っていますが、こちらもオリジナルのデニム生地となります。
アンクルデニムで使っている生地は、工場の織機が動き通しの状態でアンクルデニムだけしかまかなえない状況だそうで、新たに別のデニム品番をつくるには、別の織機で生地から開発しなくてはならないということだったそうです。
ということで、生地からオリジナル生産された、まったくの新作となります。

 

170103k

ミドルオンスのセルビッヂデニムで、ワンウォッシュとユーズド加工の2色です。
定番を目指すデニムだけあって、ベースはシンプルな5ポケットパンツタイプの基本的なジーンズとなっていて、すっきりと細身のストレートに近いシルエットが特徴です。

昨今、意外とこのシルエットない! というところを狙ってきた “普通のかたち” ではないかと思います。

 

170103f

170103l

170103c

170103j

フロントはジップフライ、唯一目を惹くようなポイントとして、バックポケットがやや外を向いていることが挙げられます。
ポケットのバンダナはフラッシャーのイメージでしょう。Ordinary fits らしい遊びごころです。

 

170103g

170103i

170103h

あくまでデイリーウェアであることを是とするブランドですので、日々気軽に穿けるというイメージでつくられています。こだわりを詰め込むというよりも、肩の力を抜いてどんなスタイルにも取り入れられるということを大切にしていて、スタイリング的な観点で便利なアイテムであるということが魅力と言えるでしょう。
毎日ついつい手にとってしまうようなアイテムになるのではないでしょうか。

Ordinary fits – Riders 5 Pocket Denim
col : One Wash / Used
size : 28 / 30 / 32
price : 14,800 / 16,800 (+tax)

 

LINEで送る