New Arrivals.

161011b

Ordinary fits から新作、フーデッド・カバーオールが届きました。
ありそうでないところをうまく突いたコートに近いようなジャケットです。

 

161011a

ワークからのアプローチではありますが、ヘリンボーンツイルでカーキということもあり、第一印象はミリタリーでしょう。
ワークとミリタリーとの中間くらいのニュアンスをうまく出しつつ、着易いジャケットにまとめたブランドの手腕が光ります。

肩をややドロップさせてゆったりめに着るシルエットも今の気分に合っていると思います。

 

161011d

161011c

161011e

Ordinary fits – Hooded Coverall
col : Khaki
size : 1 / 2
price : 21,000 (+tax)

 

161012f

Yarmo からは新型のベストが入荷しています。
背中にブラックリフレクターが付いているやや風変わりなベストです。

 

161012b

161012a

ソフトでライトなウールメルトン、一重仕立て。
ネックは狭からず広からずで、アウト、イン、どちらでもバランス好く使えると思います。

 

161012c

161012d

おそらく何か警備的な任務のためのウェアか、それとも海の上の何かか、その辺りがベースになっているのでしょう。
これがあると助かる!というものでもないと思いますが、これがないとちょっとつまらなく感じるのかもしれません。洋服というのはそういうものですね。

 

161012e

ちょっとゆったりめで、バランスは好いです。
メンズワンサイズでの展開となります。

Yarmo – Melton Reflective Vest
col : Navy
size : M
price : 22,000 (+tax)

 

161013a

今シーズンよりスタートの GICIPI、遅れていた分が届き、揃いました。
こちらはコットンの針抜きリブのファブリックとなります。

 

161013c

針抜きとは織り柄をつくり出す技術ですが、なんとなく通気性も高まるような気もします。
“凝ったアンダーウェア” という雰囲気が出ていると思いますがいかがでしょう。

 

161013b

Ⅴのヘンリーネック。

GICIPI – Needle Punching Henly Neck Long Slv.
col : Natural / Gringio Melange
size : 3 / 4 / 5
price : 5,300 (+tax)

 

161013d

同じ生地でハイネック。

 

161013g

161013e

GICIPI – Needle Punching High Neck Long Slv.
col : Carbone / Gringio Melange
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

161013h

最後、ボクサーショーツなんかもやっています。
こちらはハイゲージの薄手コットン生地で、タッチも好い感じです。

 

161013i

161013j

GICIPI – Boxer
col : Nero / Blu
size : 3 / 4 / 5
price : 2,500 (+tax)

 

入荷続々、大変ですが楽しい!

 

LINEで送る

New Arrivals.

160912b

arbre より、定番のスラックスが入荷してきました。
旧型は惜しまれつつ終了の運びとなり、今回からスリムフィット型のみの展開となります。

 

160912c

ここまで例年、秋冬はウールフラノが定番という位置づけでしたが、今年はやや趣を異にして、目の細かいサージとなりました。
こちらは表面がつるりとしていて、トロピカルウールをもう少し打ち込んで厚くしたような感じ。薄からず厚からずで、春夏とか秋冬でなく、『通年』 というイメージの地厚です。

 

160912e

160912d

色も定番的なミディアムグレーとチャコールグレーの2色となります。
スラックスとしては鉄壁の定番色で、ありきたりとかつまらないとかいう文句を吹き飛ばすほどの間違いなさであると思います。

 

160912f

160912g

男子たるもの、無くてはならないグレースラックス。
ジャケパンはもちろんですが、スニーカー合わせ、バスクシャツ合わせ、フレンチワークジャケット合わせ、ミリタリージャケット合わせ、ヴィンテージジャージ合わせ、等々、カジュアルな使い方も強くおすすめしたい普遍的な、、、

このくだり、前回も言いました。笑

普段からジャケパンをやる人には余計な説明は不要でしょうが、普段そうでもない、カジュアル志向の人にも是非取り入れていただきたいアイテムです。
具体的には、スプリングコートやスタン・スミスなどのテニスシューズ系スニーカーと合わせたり、ラブルールのカバーオールと合わせていただきたい、というのが前々からこっそり奨励している着合わせです。
ベーシックなアイテムを小突きまわして楽しみましょう。

 

160912a

arbre – New Basic Trousers *Serge
col : Grey / Charcoal Grey
size : 44 / 46 / 48
price : 15,800 (+tax)

 

160914b

SOUTIENCOL の新作シャツも1型届いています。

San Francisco のモデルで、Thomas Mason のブロード、ブラウンギンガムです。
ブラウンのギンガムチェックは僕も所有していますが、ネイビー系のジャケットやボトムと色合わせのバランスが好いので重宝しています。
すごく上品なコーディネイトをつくれる色柄ではないでしょうか。

 

160914a

160914c

SOUTIENCOL – San Francisco *Thomas Mason Gingham
col : Brown
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

160913c

Ordinary fits からはこちらも定番、Swing Parka が入荷しています。

コットンタイプライターという軽めの生地によるライトアウターということで、今時分の端境期に活躍してくれる優れものです。
今シーズンはインクとベージュの2色をセレクトしました。

 

160913a

160913b

ややふんわりとしたシルエットで、シャツとそう変わらないくらいのウエイトのジャケットです。
気取らないラフなスタイルで簡単に合わせてしまえるジャケットは、意外と困ったりするポイントだったりするもので、このジャケットが生き残る訳がなるほどと分かります。

Ordinary fits – Swing Parka
col : Beige / Ink
size : 1 / 2
price : 18,000 (+tax)

 

入荷の方も、お客さんたちの方も、だいぶ勢いが出てきて、忙しくなってきました。
そのためオンラインショップへの商品掲載がちょっと遅れてしまっていますが、おっつけやっていきますのでお許しください。

天候の方がなかなかですが、週末、みなさんのご来店をお待ちしています!

LINEで送る

New Arrivals.

160905h

Charpentier de Vaisseau の新作パンツが入荷しました。
今シーズンの新型モデルとなります、シンプルなコットンのチノパンツです。

 

160905b

1タックが入って太めのシルエット。テーパードシルエットではなく、ストレートシルエットに近く、はっきり太いと言えるシルエットです。

股上は深く、お尻もたっぷりめで、ややもするとオールドファッションなバタくさいパンツですが、このブランドは基本的にギリギリのところをウロウロしていますので驚いてはいけません。

また、今回も実はしっかりいい生地を使っていて、質感と色合い、発色はシルエットの野暮ったさに反してたいへん上品です。
こういったアンバランスとかミスマッチは言わば シャルパンティエの肝の部分でもあり、簡単そうで難しく、難しく考えずに簡単に行けよという、つまりはなかなか掴みにくいブランドなのであります。
僕はシャルパンティエのそんなところが好きです。

 

160905c

160905a

160905d

160905f

160905g

シンプルが基本ですが、そこにひと味、ならではのスパイスを加えるのがシャルパンティエ流。
簡単に着るだけでスタイルにニュアンスが生まれます。

しかし、簡単に着るだけとは言いつつも、やはり “どう着る?” がポイントになると思います。
簡単に着ただけですという態でありながら、実は簡単には真似できないようなスタイルに持ちこみましょう。

 

160905e

Charpentier de Vaisseau – Chino Pants
col : Khaki
size :  1 / 2
price : 13,800 (+tax)

 

160904c

Ordinary fits からは、定番の Barista Shirt、ギンガムチェックが届いています。

 

160904d

ワイドでショートポイントのカラーと、胸の三角フラップが特徴のワークシャツベースのシャツです。
Fuzz ではどちらかと言うとパキッとしたシャツが多い中、Ordinary fits のラフに着れるシャツは貴重な存在です。小さな襟で邪魔に感じにくく、レーンステッチなどのワークディテールでタフなつくりということで、気張らずに着てしまえるシャツと言っていいでしょう。

ギンガム柄なのできれいな感じでも着れて、軍パンなどとのラフな合わせも◎です。

 

160904e

Ordinary fits – Barista Shirt *Gingham Check
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

160904f

それから、先日ご紹介した Ordinary fits のダックのパンツが好評です。
Bare Foot Duck Trouser のサイズ欠けが出ましたので、在庫の問い合わせをしたところ、カーキ色もありますよとのことだったので、ついでにこちらも追加しました。

 

160904b

これからの時期、このパンツに合わせてブーツが履きたくなるような気分でしょうか。

Ordinary fits – Bare Foot Duck Trouser
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

Ordinary fits – Pants.

160813f

Ordinary fits より、新作パンツが届いています。

おなじみの “5 Pocket Ankle Denim” シリーズと同じ型紙をつかったモデル、Bare Foot Trouser。 コットンダック生地で秋冬仕様となります。

 

160813c

160813i

実はこのダック地も過去に登場したことのあるブランドとしてはオリジナルで定番的な素材です。
しっかりした地厚のコットン100%のダック(キャンバス)生地は、ワークテイストを感じさせるタフなファブリックです。

 

160813g

評価の定まった実績のあるかたちに、これまた実績があり信用できるオリジナルのファブリックが乗って、Ordinary fits らしさ満点の間違いない一本に仕上がりました。

股、尻まわりがゆったりして、テーパードシルエットのくるぶし丈。
秋口はソックスを見せながら、冬にはブーツで、といった着こなしを楽しんでください。

 

160813b

160813e

デイリーでレギュラーな Ordinary fits ならではの感覚です。
平熱で、しっかり活躍できる日々のパンツとして、ローテーションの一員に入れていただけたら幸いです。

Ordinary fits – Bare Foot Duck Trouser
col : Beige / Black
size : 28 / 30 / 32
price : 14,800 (+tax)

 

160813j

もうひとつ、こちらは 久しぶりの入荷となります、5 Pocket Moderns Denim。

細身寄りのスリムシルエット、フルレングス、セルビッヂではないレギュラージーンズ。
すっきりシルエットでありつつも、なるべく穿き感がタイトにならないようにした “細身デイリージーンズ” という感じのデニムパンツです。

 

150913b

5 Pocket Ankle Denim の陰に隠れる定番モデルです。
けっこう普通なのですが、やっぱり穿いてみるとリーバイスとは全然違います。どこがというのでもないですが、Ordinary fits らしいニュアンスがしっかり入っています。

Ordinary fits – 5 Pocket Moderns Denim
col : Beige / Black
size : 28 / 30 / 32
price : 13,800 (+tax)

 

LINEで送る

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim, Used 5 years.

160602b

Ordinary fits の定番モデル、5 Pocket Ankle Denim の新しい Version が登場です。
これまであった Used 加工ver. をもう一歩進めて細分化するという新しい試みが始まり、その中でもっとも穿き古した設定となる 『5年ユーズド』 をセレクトしました。

 

160602f

160602j

ベースはこれまでと同じ、アンクル丈テーパードシルエットのセルビッヂデニムのジーンズとなります。

 

160602a

継続して展開中の 『Used Colour』 からさらに長い年月穿きこんだというイメージで、色落ちのメリハリが逆に薄れてきて全体的な色褪せが進み、部分的なアタリ、ダメージが増えてきて、、という感じでつくり込みが為されています。

“古着” と言えるほど長い年月が経過しないとこういった水色ベースにはならないです。

 

160602d

160602e

160602g

160602h

160602i

各部の縁部分には丁寧にダメージ加工が為され、しっかりトータルで説得力のある加工になっています。
このあたりは Ordinary fits のブランドとしての長年の取り組み、プラス岡山と言う生産背景が為せる信頼感でしょう。

 

160602l

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *Used 5 years
col : Used
size : 28 / 30 / 32
price : 17,800 (+tax)

 

より古着な感じが強まり、普遍的な印象さえするような気がします。
この色味のジーンズでないとできないコーディネイトやテイストも多いはずで、この時期ならばトップスやシューズに白を合わせて、王道的な爽やかコーディネイトをしてみたいところでしょう。

やはりどんな時期でもジーンズは手放せません!

 

LINEで送る