Ordinary fits – Yard Vest.

191005n

Ordinary fits より、今季新型のベストが入荷しました。
同型でコットンとウールの2素材、ウールは2色でのご用意となります。

 

191005o

Vネックでなく、ジャケット的なニュアンスもある小さなスタンド襟付き。シルエットもタイトではなく、ほどよくゆとりのあるミディアムで、着丈も短すぎないミディアム。ということで、アウターで様になるバランスです。

かといってボタンは小ぶりで数も多めにして、インでもおさまりの好いように、うまくつくられていますので、とても幅広く使っていけそうです。
ワーク系のベストを土台にしていますので、気取らないカジュアルスタイルがメインとなりますが、しっかり格好よくも着れそうな雰囲気ではないかと思います。

 

191005a

コットンサージは、先日紹介したパンツと同じ素材です。
しっかり厚みがあり、どっしり感のあるコットン生地は、ワーク系の素材感。この生地でカラーがブラックというのが渋いです。

 

191005b

191005c

191005e

Ordinary fits – Yard Vest *Cotton
col : Black
size : 1 / 2 / 3
price : 21,000 (+tax)

 

191005h

ウォッシュドのウールは、ソフトでさほどの厚みはありません。ウールの温かみがあって、軽い着心地です。
この厚さならアウターのインでも充分使える感じです。

 

191005k

191005i

191005j

素材感や色目でアクセントや奥行きがつけられるベストは、コーディネイトの幅をググッと広げてくれるはずです。あまり難しく考えず、意外とただ着れば絵になってしまうアイテムですので、気負わずにまずは着てしまうことか大事なことだと思います。

 

191005f

191005m

Ordinary fits – Yard Vest *Wool
col : Greige / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 24,000 (+tax)

 

ここのところ各ブランドからベストのリリースは減り気味のようで、探している人が見つけにくい状況になっているように見受けられます。コットンの方もウールの方もとても着やすいバランスになっていますので、是非是非お試しになってみてください。

 

LINEで送る

Ordinary fits – Jacket, Pants.

190908o

Ordinary fits からも秋冬新作が届きました。
なんとなく懐かしいような、往年の Ordinary fits を彷彿とさせるようなワークなアイテムが入荷してきました。

 

190908m

USED 加工のデニムカバーオール。
やや Fuzz らしくないかもしれませんが、とても Ordinary fits らしいというもの。重々しさはなく、ふわりと気楽に着れる気軽さがあり、自然な格好よさがあるジャケットです。

 

190908n

スタンドカラーのスタイルで、デニムはさほど厚くなく、重くありません。得意の加工が入ることで質感もよりソフトになり、ゆったりめのシルエットと相まって、着心地も非常にナチュラルです。
オーバーサイズシルエットではなく、多少ボックスシルエットに近い、やや緩いシルエットとなります。

 

190908h

190908i

ヴィンテージアメリカンな雰囲気も失わず、しかしデイリーカジュアルを標榜する Ordinary fits らしい軽快さがまさる好バランスなデニムジャケットです。

年齢を重ねるにつけ、理屈でなくデニムやリネンなどの素材感のある生地に目が行くようになりますね、という会話が増えてきた昨今、年齢を重ねてきている組にとっては “イマドキ” なアイテムではないでしょうか。
もちろん、年齢をさほど重ねていない組の人にもおすすめです。いない組のみなさんには、いる組にはできない、いい意味でのかわいらしさの出る着方ができるはずです。

 

190908l

Ordinary fits – Denim Coverall
col : Used
size : 36/ 38/ 40
price : 28,000 (+tax)

 

190908p

190908g

 

新作モデルとなる Yard Trouser は、ワークトラウザー型のコットンパンツです。
いかにもメンズならではのしっかりした重厚感があります。

 

190908a

190908e

 

真冬でもいけるどっしりした厚地のコットンサージに、少し太いという無造作なシルエットが男らしく、ベーシックにワークのテイストが入ることで、取り入れやすさ、コーディネイトしやすさが増します。
“かっこいい” が苦手で、多少の野暮ったさを必要とするときには、このバランスがしっくりくるはずです。

 

190908c

Ordinary fits – Denim Coverall
col : Beige / Black
size : 30 / 32
price : 17,000 (+tax)

 

LINEで送る

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim.

190901f

毎度おなじみ、Ordinary fits の 5 Pocket Ankle Denim の入荷案内ですが、今回はトピックがあります。
この度、3year Used の仕様が変更になりました。

 

190901e

仕様、というより、加工による仕上がりが変わったということになるでしょう。これまでとは異なる表情となり、リフレッシュされました。

どう変わったかというと、全体のインディゴの色味が若干濃く残り、ヒゲ、アタリのメリハリがわずかに強くなり、という感じです。やはり自然な仕上がりですが、ちょっと違うタイプの色味になりました。

 

190901d

なんとなくヴィンテージ的な色落ちの雰囲気です。これまでは鮮やかさが残り、色合いの軽さが魅力でしたが、今回からのものは渋味の方を加えたといったところでしょう。

 

190901a

多少雰囲気は変わりますが、コーディネイトのしやすさ、使いやすさという部分では違いはないかと思います。季節を問わず、デイリーカジュアルな気安いデニムスタイルを楽しめるグッドプロダクトであることは変わりません。
もちろん、ロマン系ヴィンテージデニムも素晴らしいですが、その重たさを排し、より気軽に取り入れ、より気軽に穿いてほしい、というのがこのデニムのコンセプトです。

 

190901b

190901g

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *3 year Used
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 16,800 (+tax)

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *One Wash
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 14,800 (+tax)

 

LINEで送る

Ordinary fits – Tee, Pants.

190512r

Ordinary fits より新作入荷。
新しいモデルのカットソー、パンツが新登場です。

 

190512c

ようやく出会った7分袖Tシャツのモデル、Flex Tee。
4色展開です。

 

190512f

190512h

 

190512g

極端なオーバーサイズではありませんが、肩をドロップさせたルーズなシルエットが特徴です。
クルーネックはやや広め、裾に小さめのスリットが入り、生地はスラブ調で後染め、といった仕様。全体に気持ちのよいところでバランスがとられ、着やすく、合わせやすく、使いやすいカットソーという印象です。

意外と少ない7分袖のカットソーは、店頭での印象では常に探している人が多く、ご要望を頂きつつもなかなか揃えられていないアイテムでした。
今季は運よくこのアイテムに行き当たりました。

 

190512a

190512b

190512d

190512e

Ordinary fits – Flex Tee
col : White / Beige / Khaki / Camel
size : 1 / 2 / 3
price : 7,500 (+tax)

 

190512q

こちらは今季新型となる Twist Pants は、一風変わったデザインのイージーパンツです。

 

190512k

190512n

斜めに大きくタックが入り、あたかも全体をひねったかのように見えるということで、ツイストパンツと名付けられました。
どちらかというと、レディースで見かけるラップスカートやラップパンツのニュアンスに近いような印象です。

 

 

190512o

190512p

なんとなくさらっとシンプルですが、しっかりアクセントが入っているので、存在感のあるものになっています。シンプルスタイルのなかでしっかり映える、適度なクセがいい感じではないでしょうか。

 

190512m

生地は軽めでハリのある平織りコットン。春夏向けの軽い生地にはなりますが、夏専用的な薄地というわけでもありませんので、広い時期にわたって使えそうなウエイトです。

シルエットはややサルエルに近いようなテーパード型で、股にややもたつきをつけつつ、膝下から細くしているというフォルムです。腰から腿まではかなりゆったりしていますので、楽ちんな穿き心地。ウエストがゴムとコードのベルトレス仕様なので、さらに楽ちんです。

 

190512j

Ordinary fits – Twist Pants
col : Moca / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190506b

新作いろいろ入荷していまして、まずは comm.arch. から。
リネン素材の半袖シャツをご紹介します。

 

190506a

ある意味で、ブランドの歴史の転換点になるアイテムと言えるかもしれません。というのは、このシャツ、初めての布帛(織り生地)の製品となるからで、『ニット専門』 ブランドとして展開してきた comm.arch. の新境地になるからであります。

これまでは、『ニットブランドがつくる編地のシャツ』 というスタンスでしたが、今回のシャツはストレートに 『シャツ』 です。一つ枠組みを外して、トータルなブランドとしてより自由なスタイルに変貌していく予感を感じます。

comm.arch. は、素材や色にこだわる匠的な基本姿勢をみせつつも、しっかりと “今” の空気を感じながらものづくりをするブランドさんです。質感からデザイン、空気感なども含めてのバランス感覚に長けていますので、ニットというアイテムに縛ることなく、是非いろいろなアイテムをリリースしていってほしいと思います。

 

190506c

フレンチリネンを素材としていますが、これはブランドとしては定番の素材で、これまでも春夏のニットに使っているものです。それを織機用に細く紡績して、柔らかさを保ちつつ、透けないよう度詰めで織っていますという生地となります。

 

190506e

シャツとしてはややオーバーサイズ気味にゆったりシルエットでつくられたオープンカラーシャツとなります。
絶妙に渋い色目、かつ涼やかさのある素材感。渋さと開放感が同居した開襟シャツとなっております。

 

190506d

comm. arch. – Linen Open Collar Shirt
col : Mud Brown
size : 2 / 3 / 4
price : 18,000 (+tax)

 

190504k

Oridinary fits のニットポロシャツ。
オーバーサイズのゆったりしたニットポロはなかなかないところで、オーディナリーらしいふんわり感と丸みのあるシルエットが健在です。

 

190504g

190504f

ハイゲージのコットンニットで、肌触りもよく、ルックスも上品。
しかしそれをゆるっと着るというのが、これまでにはあまり無かったのかもしれません。

 

190504c

襟まわりも好印象です。

 

190504i

190504a

 

190504h

Ordinary fits – Polo Knit
col : Beige / Black
size : 2
price : 12,000 (+tax)

 

190505c

最後は FUJITO のニットTシャツ。

 

190505d

クルーネック、ちょっとゆるめのシルエット。やはりニットならではの品の好さと、肌触りの好さが魅力で、色合いやシルエットなど、着た時のしっくりくる感じが国内の信用できるブランドならではのものかと思います。
ちょっとしたアクセントが感覚的に具合が好いと感じられ、何がどう、ここがこう、ということでもなく、感度がいいなという感じでしょう。

 

190505e

190505b

190505

190505a

FUJITO – Crew Neck Knit T-shirt
col : Khaki
size : 1 / 2 / 3
price : 10,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

5月11日(土) 19:30 – 21:00
NKH BSプレミアム
シルクロード・美の回廊Ⅱ 『”微笑み” がきた道』

たしかな筋からの必見情報です。
中宮寺の半跏思惟像は仏像ファンには有名ですが、その微笑みのルーツを辿っていくという番組ということです。

僕が仏像が好きというのを知っている人で、実はこの番組をつくった張本人の方からおすすめされました。
世界のすべては混ざっている、いろいろなものが交わって文化が形成されている、ということがよく分かる内容になっている、みたいなことを言っていたかしら。
多様性に疲れた末、過度なナショナリズムへ走る傾向にある現代への、ある種のアンチテーゼになっているのではないかという、裏テーマも裏話的に教えてもらえました。

本当の意味での教養とは、知性とは、などといったことが、今の時代に改めて必要になっているのではなかろうかと、この不健全になりつつある社会を傍観して思っているところですから、こういった文化度の高い番組こそ、根絶やしにされないようしっかり視聴していかねばなりますまい。

そんなことを書いていたらまた思い出しました。
そうした混沌とした社会のなか、わが国は新しい元号 “令和” で新しい時代の予感を感じているところですが、別のお客さんでこんな本を書いている方がおられます。

『〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか』

社会学者というのか分かりませんが、専門は哲学系というようなことも言っていたか、どちらにせよそういう立場から、平成という時代を総括した内容です。
ややアカデミックな気配が強まりますが、興味のある人も多いと思います。是非読んでみてください!

 

LINEで送る