Ordinary fits – Jacket, Pants.

170215o

Ordinary fits の新作ジャケットが入荷しました。

コットンの軽めの素材でノーカラージャケット。いろいろな使い方ができて、使う時期も広い優れものです。

 

170215f

170215b

軽さ的にはシャツジャケットという感じですが、デザイン的にはカーディガンのようなニュアンスもあり、アウタージャケットとしてもインナージャケットとしても使えそうなデザインになっています。

機能的に着たり脱いだりがしやすく、デザイン的にも着合わせがしやすく、非常にユーティリティの高い、勝手のよいジャケットであると思います。

 

170215d

生地はちょっとしたしわ感と微かな起毛感のある独特の風合いがあります。
この変化のある生地面が、かえってインに着るものを選ばないような働きをしていると思います。
あまり同じような素材感のものを重ねて着るより~、、という意味合いです。

 

170215a

得意の製品染めアイテムなのですが、このブラックと名付けられた色はちょっと注意が必要です。普通の黒ではなく、緑味を加えていますので、明るいところで見るとかなり緑を感じる色合いとなっています。

Ordinary fits – Tramp Blouson
col : Khaki / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 18,000 (+tax)

 

170215k

新作のパンツは定番型の Bare Foot Trouser というモデルです。
ブランド定番の 5 Pocket Ankle Denim と同じパターンを使い、生地やポケットなどのディテールを違えて展開しているモデルです。

今シーズンは、わりと普通なコットンツイル生地、クリーム色。

 

170215n

股上は深め、尻から腿に多めにゆとりをとって、裾は絞ってというテーパードシルエット。股下は、だいたいひと折りしてアンクル丈という設定です。

 

170215j

いかにも春夏用の軽やかな生地、というものでなく、通年ウエイトのハリ感のあるツイル生地です。デニム同様、広い季節でつかっていただけると思います。

Ordinary fits – Bare Foot Trouser
col : Cream
size : 30 / 32 / 34
price : 16,200 (+tax)

 

170215i

ジャケット+パンツ。
いいバランスです。

着用は卒業旅行から帰ったばかり(帰国翌日)の村田さん。
旅行の所持金に余りが出たということで、すぐに服を買いに来るその服好きかげんに敬意を表したいと思います。

 

LINEで送る

Ordinary fits – Riders 5 Pocket Denim.

170103a

Ordinary fits の新定番デニム、Riders 5 Pocket Denim をご紹介します。
今シーズン、新たに登場したベーシックデニムパンツです。

 

170103e

目指すのは、ブランドの定番として継続している 5 Pocket Ankle Denim と肩を並べるレギュラー品番になること。

通年生産している 5 Pocket Ankle Denim とは別のセルビッヂデニムを使っていますが、こちらもオリジナルのデニム生地となります。
アンクルデニムで使っている生地は、工場の織機が動き通しの状態でアンクルデニムだけしかまかなえない状況だそうで、新たに別のデニム品番をつくるには、別の織機で生地から開発しなくてはならないということだったそうです。
ということで、生地からオリジナル生産された、まったくの新作となります。

 

170103k

ミドルオンスのセルビッヂデニムで、ワンウォッシュとユーズド加工の2色です。
定番を目指すデニムだけあって、ベースはシンプルな5ポケットパンツタイプの基本的なジーンズとなっていて、すっきりと細身のストレートに近いシルエットが特徴です。

昨今、意外とこのシルエットない! というところを狙ってきた “普通のかたち” ではないかと思います。

 

170103f

170103l

170103c

170103j

フロントはジップフライ、唯一目を惹くようなポイントとして、バックポケットがやや外を向いていることが挙げられます。
ポケットのバンダナはフラッシャーのイメージでしょう。Ordinary fits らしい遊びごころです。

 

170103g

170103i

170103h

あくまでデイリーウェアであることを是とするブランドですので、日々気軽に穿けるというイメージでつくられています。こだわりを詰め込むというよりも、肩の力を抜いてどんなスタイルにも取り入れられるということを大切にしていて、スタイリング的な観点で便利なアイテムであるということが魅力と言えるでしょう。
毎日ついつい手にとってしまうようなアイテムになるのではないでしょうか。

Ordinary fits – Riders 5 Pocket Denim
col : One Wash / Used
size : 28 / 30 / 32
price : 14,800 / 16,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

161011b

Ordinary fits から新作、フーデッド・カバーオールが届きました。
ありそうでないところをうまく突いたコートに近いようなジャケットです。

 

161011a

ワークからのアプローチではありますが、ヘリンボーンツイルでカーキということもあり、第一印象はミリタリーでしょう。
ワークとミリタリーとの中間くらいのニュアンスをうまく出しつつ、着易いジャケットにまとめたブランドの手腕が光ります。

肩をややドロップさせてゆったりめに着るシルエットも今の気分に合っていると思います。

 

161011d

161011c

161011e

Ordinary fits – Hooded Coverall
col : Khaki
size : 1 / 2
price : 21,000 (+tax)

 

161012f

Yarmo からは新型のベストが入荷しています。
背中にブラックリフレクターが付いているやや風変わりなベストです。

 

161012b

161012a

ソフトでライトなウールメルトン、一重仕立て。
ネックは狭からず広からずで、アウト、イン、どちらでもバランス好く使えると思います。

 

161012c

161012d

おそらく何か警備的な任務のためのウェアか、それとも海の上の何かか、その辺りがベースになっているのでしょう。
これがあると助かる!というものでもないと思いますが、これがないとちょっとつまらなく感じるのかもしれません。洋服というのはそういうものですね。

 

161012e

ちょっとゆったりめで、バランスは好いです。
メンズワンサイズでの展開となります。

Yarmo – Melton Reflective Vest
col : Navy
size : M
price : 22,000 (+tax)

 

161013a

今シーズンよりスタートの GICIPI、遅れていた分が届き、揃いました。
こちらはコットンの針抜きリブのファブリックとなります。

 

161013c

針抜きとは織り柄をつくり出す技術ですが、なんとなく通気性も高まるような気もします。
“凝ったアンダーウェア” という雰囲気が出ていると思いますがいかがでしょう。

 

161013b

Ⅴのヘンリーネック。

GICIPI – Needle Punching Henly Neck Long Slv.
col : Natural / Gringio Melange
size : 3 / 4 / 5
price : 5,300 (+tax)

 

161013d

同じ生地でハイネック。

 

161013g

161013e

GICIPI – Needle Punching High Neck Long Slv.
col : Carbone / Gringio Melange
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

161013h

最後、ボクサーショーツなんかもやっています。
こちらはハイゲージの薄手コットン生地で、タッチも好い感じです。

 

161013i

161013j

GICIPI – Boxer
col : Nero / Blu
size : 3 / 4 / 5
price : 2,500 (+tax)

 

入荷続々、大変ですが楽しい!

 

LINEで送る

New Arrivals.

160912b

arbre より、定番のスラックスが入荷してきました。
旧型は惜しまれつつ終了の運びとなり、今回からスリムフィット型のみの展開となります。

 

160912c

ここまで例年、秋冬はウールフラノが定番という位置づけでしたが、今年はやや趣を異にして、目の細かいサージとなりました。
こちらは表面がつるりとしていて、トロピカルウールをもう少し打ち込んで厚くしたような感じ。薄からず厚からずで、春夏とか秋冬でなく、『通年』 というイメージの地厚です。

 

160912e

160912d

色も定番的なミディアムグレーとチャコールグレーの2色となります。
スラックスとしては鉄壁の定番色で、ありきたりとかつまらないとかいう文句を吹き飛ばすほどの間違いなさであると思います。

 

160912f

160912g

男子たるもの、無くてはならないグレースラックス。
ジャケパンはもちろんですが、スニーカー合わせ、バスクシャツ合わせ、フレンチワークジャケット合わせ、ミリタリージャケット合わせ、ヴィンテージジャージ合わせ、等々、カジュアルな使い方も強くおすすめしたい普遍的な、、、

このくだり、前回も言いました。笑

普段からジャケパンをやる人には余計な説明は不要でしょうが、普段そうでもない、カジュアル志向の人にも是非取り入れていただきたいアイテムです。
具体的には、スプリングコートやスタン・スミスなどのテニスシューズ系スニーカーと合わせたり、ラブルールのカバーオールと合わせていただきたい、というのが前々からこっそり奨励している着合わせです。
ベーシックなアイテムを小突きまわして楽しみましょう。

 

160912a

arbre – New Basic Trousers *Serge
col : Grey / Charcoal Grey
size : 44 / 46 / 48
price : 15,800 (+tax)

 

160914b

SOUTIENCOL の新作シャツも1型届いています。

San Francisco のモデルで、Thomas Mason のブロード、ブラウンギンガムです。
ブラウンのギンガムチェックは僕も所有していますが、ネイビー系のジャケットやボトムと色合わせのバランスが好いので重宝しています。
すごく上品なコーディネイトをつくれる色柄ではないでしょうか。

 

160914a

160914c

SOUTIENCOL – San Francisco *Thomas Mason Gingham
col : Brown
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

160913c

Ordinary fits からはこちらも定番、Swing Parka が入荷しています。

コットンタイプライターという軽めの生地によるライトアウターということで、今時分の端境期に活躍してくれる優れものです。
今シーズンはインクとベージュの2色をセレクトしました。

 

160913a

160913b

ややふんわりとしたシルエットで、シャツとそう変わらないくらいのウエイトのジャケットです。
気取らないラフなスタイルで簡単に合わせてしまえるジャケットは、意外と困ったりするポイントだったりするもので、このジャケットが生き残る訳がなるほどと分かります。

Ordinary fits – Swing Parka
col : Beige / Ink
size : 1 / 2
price : 18,000 (+tax)

 

入荷の方も、お客さんたちの方も、だいぶ勢いが出てきて、忙しくなってきました。
そのためオンラインショップへの商品掲載がちょっと遅れてしまっていますが、おっつけやっていきますのでお許しください。

天候の方がなかなかですが、週末、みなさんのご来店をお待ちしています!

LINEで送る

New Arrivals.

160905h

Charpentier de Vaisseau の新作パンツが入荷しました。
今シーズンの新型モデルとなります、シンプルなコットンのチノパンツです。

 

160905b

1タックが入って太めのシルエット。テーパードシルエットではなく、ストレートシルエットに近く、はっきり太いと言えるシルエットです。

股上は深く、お尻もたっぷりめで、ややもするとオールドファッションなバタくさいパンツですが、このブランドは基本的にギリギリのところをウロウロしていますので驚いてはいけません。

また、今回も実はしっかりいい生地を使っていて、質感と色合い、発色はシルエットの野暮ったさに反してたいへん上品です。
こういったアンバランスとかミスマッチは言わば シャルパンティエの肝の部分でもあり、簡単そうで難しく、難しく考えずに簡単に行けよという、つまりはなかなか掴みにくいブランドなのであります。
僕はシャルパンティエのそんなところが好きです。

 

160905c

160905a

160905d

160905f

160905g

シンプルが基本ですが、そこにひと味、ならではのスパイスを加えるのがシャルパンティエ流。
簡単に着るだけでスタイルにニュアンスが生まれます。

しかし、簡単に着るだけとは言いつつも、やはり “どう着る?” がポイントになると思います。
簡単に着ただけですという態でありながら、実は簡単には真似できないようなスタイルに持ちこみましょう。

 

160905e

Charpentier de Vaisseau – Chino Pants
col : Khaki
size :  1 / 2
price : 13,800 (+tax)

 

160904c

Ordinary fits からは、定番の Barista Shirt、ギンガムチェックが届いています。

 

160904d

ワイドでショートポイントのカラーと、胸の三角フラップが特徴のワークシャツベースのシャツです。
Fuzz ではどちらかと言うとパキッとしたシャツが多い中、Ordinary fits のラフに着れるシャツは貴重な存在です。小さな襟で邪魔に感じにくく、レーンステッチなどのワークディテールでタフなつくりということで、気張らずに着てしまえるシャツと言っていいでしょう。

ギンガム柄なのできれいな感じでも着れて、軍パンなどとのラフな合わせも◎です。

 

160904e

Ordinary fits – Barista Shirt *Gingham Check
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

160904f

それから、先日ご紹介した Ordinary fits のダックのパンツが好評です。
Bare Foot Duck Trouser のサイズ欠けが出ましたので、在庫の問い合わせをしたところ、カーキ色もありますよとのことだったので、ついでにこちらも追加しました。

 

160904b

これからの時期、このパンツに合わせてブーツが履きたくなるような気分でしょうか。

Ordinary fits – Bare Foot Duck Trouser
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る