New Arrivals.

170512a

初登場です、Ouessant 半袖。
Saint James の取り扱いはもう長くなりますが、意外と初めてでした。

 

170512b

生地、ボディのサイズ感、ウェッソンに準じます。袖の長さだけが半袖になったというもので、半袖と言っても四分丈とでも言うような、半袖としては気持ち長めとなります。

 

170512c

170512d

デザインはおとなしくとも、Tシャツに比べてやや存在感が強いような気がするバスクシャツ。
ゴワゴワした生地感がウェッソンならではの独特の魅力であり、これでないと出ない雰囲気というものがあるように思います。

SAINT JAMES – OUESSANT Short Siv.
col : Navy / Noir
size : T3 / T4 / T5
price : 8,500 (+tax)

 

 

170513d

Charpentier de Vaisseau からは、スウェット地のビッグTeeが入荷しています。
裏パイルのややライトなスウェット生地によるワイドシルエットのTシャツです。

 

170513f

170513a

丸いネック、ドロップショルダー、ゆったり身まわり、胸ポケット、裾サイドスリット、、、
シャルパンティエだからか、なんとなくかわいく見えるのは気のせいでしょうか。

 

170513e

170513b

Charpentier de Vaisseau – Crew Neck Pile Short Slv.
col : White / Black
size : 2
price : 7,800 (+tax)

 

170506b

唯一の “SHINJUKU ROCK” 枠のセレクト、Worn Free のアーティストTeeです。

いわゆるバンド名やオリジナルのロゴなどがプリントされているロックTシャツというものではなく、ある時ある場所でミュージシャンが身につけていたTシャツをそのまま再現するという面白いアプローチのTシャツです。

デザインの版権はしっかりとって、ボディもオリジナルでつくるという、実はしっかりしたブランドなので、安心して着られるのもいいです。

新宿という土地柄からのつながりと言いますか、いわばローカルな感覚で、けっこう長く続けているアイテムです。

 

170506a

170506d

新しいデザインとしては、新登場のジョン・レノンものをセレクト。
もう一つはアゲインとなりますカート・コバーンのイラストプリント。
今年は値下がりがありましたので、このタイミングで過去のお品もプライスを合わせています。

デザインによって(というか生産ロットによってなのでしょうが)サイズ感に違いがありますので充分ご注意ください。

 

WORN FREE – John Lennon *FLY
col : Black
size : S / M

WORN FREE / Kurt Cobain *Flipper
col : Black
size : S / M

 

ちょっと暑さが度を越えたりするのも今の時期ならではですね。
湿気が少ないのでかわいいものです。

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT.

170110a

SAINT JAMES の Ouessant、春夏シーズンの分が入荷しました!

 

170110c

定番色と新色を織り交ぜて、このタイミングでは6色追加となります。

===================

OUESSANT (ウェッソン)は、SAINT JAMES の定番バスクシャツです。

バスクシャツとは、漁師や海兵隊など海の上での仕事に従事する人々がある種のユニフォームとして古くから愛した伝統的なアイテムです。

洗ってくたびれても味のある肉厚のコットン地、バスクシャツの象徴であるボートネックに、9分丈くらいの袖。大昔から今に至るまで、質感やかたちをほとんど変えずに多くの人々に愛用されています。

ファッションアイテムとしての楽しみも幅広く、用意された豊富なカラーバリエーションも手伝って、本当にさまざまな着こなしが、年齢性別を問わず、またスタイル層を問わずに楽しまれています。

自分の好きな色を、好きなように着る、そしてボロボロになっても着る、というのがウェッソンの正しい楽しみ方です。

===================

基本的にはシーズン性のないアイテムですと定義していますが、春こそウェッソンが輝く季節ではないかと思います。

 

170110b

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

寒い日々が続いていますが、風邪などひかないよう気をつけていきましょう。
まだ遠い春を夢見つつ、2017年春夏シーズンの展開を進めていきたいと思います。

 

LINEで送る

New Arrivals.

161110a

Gloverall のダッフルコートが今年も入荷してきました。
今年もネイビー、ブラックの2色展開となります。

 

151105j

151105f

ダッフルコートと言えば、グローバーオール、グローバーオールと言えば、ダッフルコート。
詳しい説明は昨年の記事から引用します。

======================

ダッフルコートならでは仕様がしっかり備わります。
裏チェックのダブルフェイス・ウールメルトン生地が使われ、一体のフードが付いて、チンストラップが付いて、水牛のトッグル、胸ヨーク、袖のストラップ、、
きわめてオーソドックで、基本通りのディテールです。

そして、もう一点指摘しておくポイントが、シルエットの美しさです。
ダッフルコートというアイテム自体が、本来はオーバーコートという種類のアイテムであるため、身まわりもアームホールも袖も、それなりにゆったりしているのが常でした。
このモデルは、もうずいぶん前になりますが、Gloverall のそういったクラシックモデルとは別ラインとして、アパレルファッション向けにパターンが引かれ、すっきりと着れるフォルムとなっています。

その分、ジャケットの上から羽織るとなるとちょっときつい、、という現象が多くなりますのでお気を付けください。
このモデルを長年展開していますが、はっきりサイズを上げて、ジャケット対応にするという人もけっこういらっしゃいます。

======================

特に袖筒はすっきり細いので、思いのほかタイトなシルエットですので注意してください。
野暮ったく着るタイプのダッフルコートも好いですが、Fuzz ではすっきり型を選んでいます。

 

151105b

151105d

151105g

151105i

なんとなくのイメージですが、ダッフルコートのコーディネイトはヨーロッパ的なる印象を持っています。このモデルなどは特に細身のパンツとすっきり合わせて品の好いヨーロピアン・スタイルの合わせ方がまずはしっくりくるのではないでしょうか。
デニム+スニーカー、デニム+ブーツ、スラックス+スニーカー、スラックス+革靴、、
シンプルだけど妙に味わいのあるスタイルがつくれると思います。

 

151105l

メジャーシーンでは勝手に流行ったり廃ったりしていますが、グローバーオールとその他数ブランドのダッフルコートに関しては、間違いなく流行り廃りの外にありますのでいつでも安心して着てください。
年齢層から性別、スタイル層まで問わずに取り入れられる、文字通りの定番アイテムです。

Gloverall – Duffle Coat
col : Black / Navy
size : S / M / L
price : 62,000 (+tax)

 

161112a

こちらも永久定番系アイテム、SAINT JAMES のマリンセーターです。
肩ボタンが特徴のフランスのマリンニットは信頼の SAINT JAMES でいかがでしょう。

 

161112b

SAINT JAMES は、実はニットメーカーとして端を発していますので、ニットアイテムは実際に説得力のある背景を持っていると言えます。
軍に供給していた実績がこれを物語り、質実剛健なつくりの確かさを備えているのです。

 

151115c

151115d

ボーダータイプの Binic と、単色無地の Cancale、どちらもフランスではクラシックアイテムとされているデザイン・仕様の典型的なマリンセーターです。

海上で飛沫や雨を浴びるために、脱脂を極力抑えたピュアウールを素材として、防寒の意味合いでの狭いネック、またその狭さゆえのネックから肩にかけてのボタンの仕様。古くから変わらずに続く伝統的なディテールです。

 

151115h

151115i

こちらも男女問わず、年齢問わずの普遍的なアイテムと言える名品です。

SAINT JAMES – BINIC II
col : Navy
size : XS / S / M
price : 19,800 (+tax)

SAINT JAMES – CANCALE II
col : Navy
size : XS / S / M
price : 19,800 (+tax)

 

161111a

こちらも継続、Jamieson’s のクルーネック・ニットカーディガン。
Jamieson’s のニットアイテムも、もはや普遍的な定番アイテムと言えるような類のもので、シェットランドウールによるニットウェアを得意としています。

なかでも特に有名なのがフェアアイルのセーターですが、こちらはかなり深いグリーンの準単色のタイプとなります。

 

161111c

準と言うのは、まったくの単色ではなく、よく見るといろいろな色の繊維が混ぜられた糸が使用されています。カラーネップほどのインパクトがあるものではなく、遠目には 『何かありそうな単色』 に見えます。

 

161111b

狭めのクルーネックに胡桃のボタン。非常にいい雰囲気です。

Jamieson’s – Crew Neck Cardigan
col : Dk.Green
size : 38 / 40
price : 19,000 (+tax)

 

ここ連日、重要アイテムのご紹介がつづいています。
もちろん重要でないアイテムは仕入れていませんが、ここ数日にわたっては、お店として特に根幹の部分のアイテムを連日ご紹介しているなと感じています。

ラブルールのジャケットにしても、エルヴィエのコートにしても、いよいよ着頃を迎えていますね。

秋深し、着ごろ合わせごろ、重ねごろ、字余り。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●営業日程変更のお知らせ

都合により、来週の定休日を14日(月)に変更させていただきます。
月曜日→休業、火曜日→営業、というかたちに入れ替えさせていただきます。

11月14日(月) 休業
11月15日(火) 通常営業 *平日時間

大変恐縮ですが、ご来店やご注文の際にはご注意いただけますよう宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT.

160906a

SAINT JAMES の定番バスクシャツ、Ouessant (ウェッソン)が入荷しました。
今シーズンは好評がつづいているワイドボーダーのタイプと単色無地という組み合わせでオーダーしました。

定番カラーとシーズンカラー、個人的な気分や都合でそれぞれ楽しんでください!

 

===================

OUESSANT (ウェッソン)は、SAINT JAMES の定番バスクシャツです。

バスクシャツとは、漁師や海兵隊など海の上での仕事に従事する人々がある種のユニフォームとして古くから愛した伝統的なアイテムです。

洗ってくたびれても味のある肉厚のコットン地、バスクシャツの象徴であるボートネックに、9分丈くらいの袖。大昔から今に至るまで、質感やかたちをほとんど変えずに多くの人々に愛用されています。

ファッションアイテムとしての楽しみも幅広く、用意された豊富なカラーバリエーションも手伝って、本当にさまざまな着こなしが、年齢性別を問わず、またスタイル層を問わずに楽しまれています。

自分の好きな色を、好きなように着る、そしてボロボロになっても着る、というのがウェッソンの正しい楽しみ方です。

===================

 

160906b

160906c

160906d

160906e

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

SAINT JAMES – OUESSANT Wide Border
size : T3 / T4 / T5
price : 11,800 (+tax)

 

ワイドボーダーもソリッドも、今季新色が非常にいいところを突いているように思います。
暑さがゆるみはじめて、ぼちぼち雰囲気を変えないとと思った時に、ウェッソンはもってこいのアイテムではないでしょうか。
まだ秋支度の買い物に手を出していない人には、第一歩のアイテムとしてもおすすめです!

 

LINEで送る

SAINT JAMES – PIRIAC.

160601a

SAINT JAMES の 半袖Tee、PIRIAC が今年も入荷しました。
Fuzz では数年来の夏の恒例、定番のボートネックTシャツです。

 

160601c

薄地コットンのサラサラ生地に、半袖としてはやや長い袖(四分くらい)、そして何と言ってもボートネック、これが特徴です。

 

160601d

160601e

今季も定番からシーズンカラーまで、それなりのボリュームで揃えています。
ありきたり?という心配を吹き飛ばすくらいの力がある定番色、そしてまた定番色あってのシーズンカラー、各々の都合、気分に応じて手を伸ばしていただけたらと思います。

 

160601b

ボーダーに限らず、単色無地もなんとも言えない別の魅力があります。
無地のボートネックは実は意外とないので存在としても貴重ですね。

SAINT JAMES – PIRIAC
col : Many
size : T3 / T4 / T5
price : 6,300 (+tax)

 

白地にネイビーとかブルーとか、逆にまったくの定番カラーなどが特に、存在感がすごいような気がします。こちら側の見方なのでしょうが。。

 

LINEで送る