New Arrivals.

191117g

comm. arch. のニットが入荷しました。

ブランド定番の Saddle B.B. というクルーネックのミドルゲージニットです。昨年はシャギーしたものでしたが、今年はシャギーなしのスムースなタッチのものとなります。

 

191117h

191117a

やわらかなジーロンラムウールを素材とし、カシミヤ専門の紡績機によって通常の羊毛よりも細い繊維のみを集めて紡績した糸を使用。ふんわり感と繊細な肌触りが大きな魅力となるニットとなります。

ラムウールの最高峰、こだわりの紡績、そしてハンドフレーム。およそウール素材のミドルゲージニットとしては最高峰と言えるものになっていると思います。
Kei Macdonald の混紡毛糸での贅沢さとはまた違ったかたちで素晴らしいニットをつくりあげていると言えるでしょう。シンプルな単色無地で、まさしく内容勝負で挑む極上のベーシックニットとなっております。

191117d

191117b

質感もやわらかで素晴らしい肌触り、そして同じように色味もやわらか。comm.arch. のニットも分かりやすくハンドフレームならではの編みの上質さを感じていただけます。

 

191117f

comm. arch. – Saddle B.B.
col : Sandalwood / Deep Forest
size : 2 / 3 / 4
price : 19,000 (+tax)

 

191118a

こちらはおなじみ SAINT JAMES のマリンニット、CANCALE II。
クラシックアイテムの部類に入るであろう永久定番品です。

 

191118c

伝統的なヨーロピアン海のニット、そのフランスのスタイルです。詳しくは過去の記事を再掲します。

=================

フランスにおいて、海の人間が冬に着るニットとして、非常にトラディショナルなアイテムとなります。古くから漁師が着ていましたし、フランス海軍のユニフォームとしても使われています。

油分を残したピュアウールが素材となっていますので、質感としてはふんわりではなく、どっしりです。ふかふかで暖めるというよりは、もっと実用的な機能を求めたワークウェアな性格が強いというのが本質でしょう。風から守る、飛沫から守る、という船上などで実用的な性能を求められているということです。

そういうものをファッションに取り入れる という、ある種の 『スタイルで着る』 というアイテムであると言えるでしょう。ファッション的な細かいバランスよりも、自分のスタイルで着るということが大切であり、またそれが格好いい!と思えるニットウェアなのだと思います。

=================

 

191118d

僕も所有しておりますが、なんだかんだで毎年よく着るニットになっています。やはりスタイルがある、ニュアンスがある、というところが一番だと思っていて、どう着る、というところを楽しめるのがクラシックなアイテムならではなのでしょう。
アウトドア的アイテムだからこそ、ウールのスラックスと合わせたりというのが格好いいのだ、とずっと思っていて、そういうなんとなく上級者になれたような気がするという、ファッション的な楽しさを感じさせてくれる気がします。

 

191118f

SAINT JAMES – CANCALE II
col : Navy
size : S / M
price : 21,800 (+tax)

 

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT Melange.

191022h

SAINT JAMES の OUESSANT Melange が入荷しました。

Fuzz では常にではないものの、準レギュラーとして時々セレクトしています。今季からメランジの生地そのものがリニューアルされ、これまでと少々テイストが変わっております。

 

191022g

Gris Clair (ライトグレー)、Noir (ブラック)をベースにした2色をピックアップしています。いずれも表情豊かな杢の編地となっていますので、単色プレーンなパンツとも安心して合わせられる気安さが魅力です。

レギュラーの単色やボーダーとはまた違った魅力、使い方になるかと思いますので、おひとついかがでしょうか?

 

191022b

191022e

191022a

191022d

とても表情豊かです。
なんとなく秋冬な感じがするのは気のせいでしょうか。

 

191022c

191022f

 

SAINT JAMES – OUESSANT Melange
col : Gris CL Chine / Noir Chine
size : T4 / T5 / T6
price : 12,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

今週末の3連休は全日営業致します。
(11月4日が月曜日ですが営業します)

ここまで週末や祭日に荒天になることが多かったこともあり、新作商品がかなり充実してきたこともあり、という理由で、3連休は月曜日も営業することにしました。
秋も深まりつつあり、いい季節になってきましたからね。

 

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT.

190915i

ようやく揃いました、今シーズンの SAINT JAMES 、ウェッソンです。
季節感を感じさせるとても素晴らしい色合いが揃いました。

今季もボーダーはお休みして、単色無地のみでのご用意となります。
また、今回の入荷分は、サイズを T4、T5、T6、という展開とさせていただきました。

 

190915k

毎シーズン、おなじみの入荷のご案内となりますが、季節の終わり、あるいは新しい季節のはじまり、というタイミングになるのが恒例です。ちょうど何を着たらいいか迷う時期にもなるかと思いますので、秋冬の手はじめという意味でもいいところではないでしょうか。

色合いに季節感はあるかもしれませんが、アイテムとしてはシーズンレスだと思います。クラシックな定番アイテムとして、うまく取り入れ、気持ちよく着ていただけたら幸いです。

===================

OUESSANT (ウェッソン)は、SAINT JAMES の定番バスクシャツです。
バスクシャツとは、漁師や海兵隊など海の上での仕事に従事する人々がある種のユニフォームとして古くから愛した伝統的なアイテムです。洗ってくたびれても味のある肉厚のコットン地、バスクシャツの象徴であるボートネックに、9分丈くらいの袖。大昔から今に至るまで、質感やかたちをほとんど変えずに多くの人々に愛用されています。

ファッションアイテムとしての楽しみも幅広く、用意された豊富なカラーバリエーションも手伝って、本当にさまざまな着こなしが、年齢性別を問わず、またスタイル層を問わずに楽しまれています。
自分の好きな色を、好きなように着る、そしてボロボロになっても着る、というのがウェッソンの正しい楽しみ方です。

===================

 

190915j

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T4 / T5 / T6
col : various
price : 10,800 (+tax)

 

LINEで送る

SAINT JAMES – PIRIAC, OUESSANT Light Short Slv.

190605w

SAINT JAMES の定番ピリアック、また同じタイミングでウェッソン・ライトウェイトの半袖というモデルも入荷しました。

 

190605h

恒例のピリアック、今年は遅れ気味でようやく揃いました。
ピリアックが店頭に並ぶと、いよいよ店頭は春夏シーズンの最終形態ということになり、夏の到来を意識するようになります。実際はこれからが梅雨本番ではありますが…

 

190605x

基本的な商品説明を再掲します。

=========================

クラシックなバスクシャツの厚めの生地とは異なり、ピリアックは普通のTシャツと同じ、薄手の生地のカットソーとなります。

トレードマークのボートネックと左腕部分のブランドラベル、半袖としてはほんの少し長い袖、といったところが特徴です。
シルエットは細からず、太からず、ほどよく普通です。

定番的なカラーリング、独特のフランスなカラーリング、どちらも SAINT JAMES らしいと言えますので、純粋にお好きな色を手にとっていただきたいと思います。

白地に紺のボーダーではつまらないかしら、という心配はまったく必要ないのがクラシックアイテムたる由縁。定番を堂々と着てしまうことで、かえってさまになり、そういうものだという説得力が滲み出すように思います。

=========================

ということで、今年も新色が加わり、それなりのボリュームとなっております。

 

190605j

190605k

190605n

190605o

190605p

190605r

190605t

190605u

SAINT JAMES – PIRIAC
col : Many
size : T3 / T4 / T5
price : 6,800 (+tax)

 

 

190605g

こちら、ウェッソン・ライトウェイトの半袖。
従来のウェッソンの生地をやや軽くしたものが使われ、これまでより暑い時期にも着やすくなりました。

 

190605a

190605d

どうしても厚地のTシャツというとアメリカものが連想されますが、そこをヨーロッパものに置き換えるとどうなるか、というのが Fuzz でのこのアイテムの立ち位置です。
透けがなく、ガシガシな感じの半袖Tシャツの魅力としては同様でありつつも、ボートネックのフランスもの、というところで土台がまったく異なります。

ピリアックとはまた少し違った雰囲気で着ることになると思いますが、こちらの魅力もなかなかのものではないでしょうか。

 

190605b

SAINT JAMES – OUESSANT Light Short Slv.
col : Neige / Lichen
size : T4 / T5 / T5
price : 9,000 (+tax)

 

 

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT Parka.

190308g

SAINT JAMES より、またまたイレギュラーモデルの入荷です。
今回はフード付きウェッソンです。

 

190308h

190308i

シルエットは変わらず、生地はやや薄地のタイプで、フードが付いてかぶりのパーカになりました。
かつて展開があったのですが、復活ということです。

 

190308d

なんとなく、洗いこんでクタクタになったこのパーカを一枚で着ていると洒落ているような気がする、、というイメージが自然と湧きました。クラシックなブランドだからできる荒技なような気がしますが、SAINT JAMES だからできるシンプルかっこいいの技は間違いないような気がします。

実際にはインナーで活躍することも多そうですね。

 

190308c

SAINT JAMES – OUESSANT Parka
col : Ecru*Marine / Marine
size : T4 / T5
price : 11,000 (+tax)

 

LINEで送る