SAINT JAMES – OUESSANT Sweat.

190213h

SAINT JAMES のシーズンモデルが入荷しました。
OUESSANT の生地をスウェットにした春らしいアイテムです。

 

190213g

190213a

裏パイルのスウェット地で、通常のウェッソンに比べて肉厚感があります。
ボートネック、ボーダーのスウェット、というのもありそうでなかなかないものではないでしょうか。

 

190213e

型紙は共通ですので、未洗い時のフォルム、サイズ感は変わりありません。生地が肉厚の分、着た感じは気持ち小さいような感覚で、且つやはり縮みもそれなりに出そうということで、サイズは4と5ということにしました。

ボーダーのピッチには違いがありますので、実は雰囲気が多少違っています。

 

190213b

多くを語る必要はございますまい。
感覚的に、あ、着るなこれ、と感じた人は、是非お試しになってみてください。

 

190213d

190213f

SAINT JAMES – OUESSANT Sweat
col : Ecru*Marine / Marine*Tulipe
size : T4 / T5
price : 12,000 +tax

 

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT.

190109e

SAINT JAMES のウェッソン、新しいシーズンの分が届きました。
新しい季節の訪れを予感させてくれる毎度おなじみの定番アイテムです。

===================

OUESSANT (ウェッソン)は、SAINT JAMES の定番バスクシャツです。
バスクシャツとは、漁師や海兵隊など海の上での仕事に従事する人々がある種のユニフォームとして古くから愛した伝統的なアイテムです。洗ってくたびれても味のある肉厚のコットン地、バスクシャツの象徴であるボートネックに、9分丈くらいの袖。大昔から今に至るまで、質感やかたちをほとんど変えずに多くの人々に愛用されています。

ファッションアイテムとしての楽しみも幅広く、用意された豊富なカラーバリエーションも手伝って、本当にさまざまな着こなしが、年齢性別を問わず、またスタイル層を問わずに楽しまれています。
自分の好きな色を、好きなように着る、そしてボロボロになっても着る、というのがウェッソンの正しい楽しみ方です。

===================

ということで、フレンチアイテムの代表格ともいえるボートネックのカットソー、ただ着るだけでもコーディネイトにちょっとしたニュアンスが生まれます。

 

190109a

まったくの新色、”Natural” は生成りという意味ではないようで、実際は薄ベージュ、しかも杢調です。生成りは元々 “Ecru” という色がありますが、これとは違った色合いとなります。

もう一つが “Aber” というカラーで、湖面の色合いと言ったらいいのか、グリーンがかったブルーというような色合いです。暗めの色ではありますが、不思議ときれいな感じ、爽やかな感じがあります。

白や黒など、再登場カラーと合わせてそれなりの入荷数となりますが、今回もボーダーではなく、無地で攻めております。

 

190109d

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
col : various
price : 10,800 (+tax)

 

今シーズンより、新価格となります。
久しぶりの値上げとなりますが、折からの原料高、人件費高が背景ということです。ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

 

LINEで送る

New Arrivals.

181009f

ARMEN の定番のコートが入荷しました。
秋冬はしっかりした厚手のコットンドリルの生地です。

 

1701008h

181009e

特に際立つ特徴を備えているわけではなく、ワークコートの体裁をとりながらもクラシックなハーフコートとして仕立てられ、実は絶妙なバランスのコートになっています。

コットン生地の気さくなコートでバランスが整ったものというのは、意外とありそうでないところだったようで、継続的な人気を博しています。
きれいなスタイルから野暮ったさを取り入れたラフなスタイルまで、細いパンツから太いパンツまで、幅広くこなすオールラウンドなコートと言っていいでしょう。ワークウェアが切り口になっているからこそ、ルール無用、さまざまなスタイルに自由に取り入れていけます。

 

1701008g

181009b

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Khaki / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 32,000 (+tax)

 

181008f

この春に初登場したオランダのレインジャケット専門ブランド、Pack Mack。
意外な人気で今秋冬も再登場です。

 

181008c

前回はプルオーバー型でしたが、今回はフルジップ型でご用意しました。
どちらもそれぞれの好さがあると思いますが、フルジップの好さは、着たり脱いだりがしやすいことが一番でしょう。
スタイルとしてはプルオーバーがかわいい感じがして洒落ているように思えますが、フルジップの実用性も捨てがたし。リアルに対雨を考え、通勤の自転車やアウトドアシーンで使おうかな、と考えるとなおさらではないでしょうか。

 

181008e

色合いもなかなかいいところを突いてくるのがこのブランドの魅力です。

 

181008b

Pack Mack – Zip Up Rain Jacket
col : Omaha Oranege
size : S / M
price : 12,000 (+tax)

 

181007l

久しぶりの入荷となりました、SAINT JAMES の OUESSANT Melange。
2色の糸を杢編みしたシリーズです。

 

181007b

181007e

見ての通りですが、表情が豊かになるのが最大の特徴であり、魅力です。
ボーダーはもちろんですが、プレーンな単色とは印象が一変しますので、新鮮に感じるのではないでしょうか。

逆にプレーンな単色のパンツと合わせるのに重宝するウェッソン、という位置付けでもいいと思います。

 

181007c

181007f

メランジの生地は、普通のウェッソンに比べて、若干縮みが大きく出るということで、今回は初の試みとして、4、5、6、というサイズ展開としました。
3というサイズが着丈が短めになるのでこうしましたが、4からはしっかりあるので、さほど心配はないかと思います。

SAINT JAMES – OUESSANT Melange
Col : Noir / Gringo Nero
size : T4 / T5 / T6
price : 11,000 (+tax)

 

181007h

それからレギュラーのウェッソンの遅れていたもう一色、インディゴが同じタイミングで届いております。準定番カラーといった立場のカラーなので、たまに登場してくる色です。

 

181007j

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT.

180912e

SAINT JAMES の定番バスクシャツ、OUESSANT(ウェッソン)が入荷しております。
みなさんのニーズから、今年も秋冬はボーダーではなく無地一本です。
4色オーダーしていましたが、1色遅れていて、そろそろ待ちきれない時期になってきたので先に3色を出していきます。

 

180912f

Fuzz オフィシャルの説明文を再掲します。

===================

OUESSANT (ウェッソン)は、SAINT JAMES の定番バスクシャツです。

バスクシャツとは、漁師や海兵隊など海の上での仕事に従事する人々がある種のユニフォームとして古くから愛した伝統的なアイテムです。

洗ってくたびれても味のある肉厚のコットン地、バスクシャツの象徴であるボートネックに、9分丈くらいの袖。大昔から今に至るまで、質感やかたちをほとんど変えずに多くの人々に愛用されています。

ファッションアイテムとしての楽しみも幅広く、用意された豊富なカラーバリエーションも手伝って、本当にさまざまな着こなしが、年齢性別を問わず、またスタイル層を問わずに楽しまれています。

自分の好きな色を、好きなように着る、そしてボロボロになっても着る、というのがウェッソンの正しい楽しみ方です。

===================

ということで、不変のクラシックアイテムです。
“どう着るか” を楽しむのもよし、正面からtただストレートに着るのもよし、です。

 

180912b

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

LINEで送る

SAINT JAMES – PIRIAC.

180517d

SAINT JAMES、ピリアックが入荷しました。
毎年の恒例となりますが、今年は例年よりやや早く、発注していたカラーが揃いました。
とはいえ、個人的な思いですが、今年もそういう時期かぁ、という感慨は変わらず、例年と同じように、梅雨が近い、夏が近い、といったことを連想してしまいます。

 

180517a

今季も新色が加わって、定番色も補充して、しっかりしたボリュームで展開していきます。
基本的な商品説明は再掲します。

=========================

クラシックなバスクシャツの厚めの生地とは異なり、ピリアックは普通のTシャツと同じ、薄手の生地のカットソーとなります。

トレードマークのボートネックと左腕部分のブランドラベル、半袖としてはほんの少し長い袖、といったところが特徴です。
シルエットは細からず、太からず、ほどよく普通です。

定番的なカラーリング、独特のフランスなカラーリング、どちらも SAINT JAMES らしいと言えますので、純粋にお好きな色を手にとっていただきたいと思います。

白地に紺のボーダーではつまらないかしら、という心配はまったく必要ないのがクラシックアイテムたる由縁。定番を堂々と着てしまうことで、かえってさまになり、そういうものだという説得力が滲み出すように思います。

=========================

ディテール、サイジングやシルエット、今年も変更は見られません。

 

180517c

色そのものの話になりますが、色調や色合いのセンスの好さは、やはりフランスのものには一日どころか数日の長があるでしょう。
『色がいい』 というのは、残念ながら日本のものではなかなか目にするのは難しく、色そのものを感覚で楽しむのであれば、ヨーロッパのもの、とりわけフランスものを見渡してみる方が得策ではないかと思います。

 

180517b

SAINT JAMES – PIRIAC
col : Many
size : T3 / T4 / T5
price : 6,300 (+tax)

 

LINEで送る