SOUTIENCOL – MMMMM Slip On.

161104r

SOUTIENCOL、”MMMMM” の Slop On が今年も入荷してきました。
思っていたより早く、そしてみなさん思ったよりかなり早い反応をしていただいています!

 

161104q

今年もカラーはカーキとネイビーの2色です。
素材、仕様など全て変更なく、したがって申し訳ないですが急ぐので写真も昨年撮ったものを使います。

昨年のブログを見てみると、商品説明としても、言いたいことは全部書いてありました。。

 

161104g

161104i

============

SOUTIENCOL のマスターピースと呼ばれ長年展開されているステンカラーコート “Slip On”。
SOUTIENCOL の別ラインとしてドレスやフォーマルを含む トラッドアイテムをひとくくりにした MMMMM (エムゴ) Black Label のクレジットが付きます。

ファブリックはクラシックなイタリア製バーバリークロス(コットンギャバジン)。 しっかり目が詰まり、滑らかで強靭な生地となります。

Slip On が評価される大きなポイントでもあるラグランスリーブのナチュラルショルダーは、肩から袖にかけて自然な曲線を描き、肩の大きい、小さいを問わずに美しく見せます。ジャケットの上からのオーバーコートとして定義されていますので、アームホールは相応の大きさがございますが、この肩まわりの秀逸なパターンニングによって、ばたつかず、ジャケットを着ても、着ていない状態でも美しいシルエットをつくり出してくれます。
スリーブは一枚袖のつくりで、これもこだわりのディテールとなりますが、シームを最低限にすることでより美しく見せるためのものです。

 

161104c

161104b

161104f

161104a

ボタン留めのデタッチャブルのライナー、袖口のベルトの仕様、クラシックなAラインシルエット、などなど、すべてがクラシックな仕様でつくられており、流行に左右されずに、時代の変化にも揺るがない内容となっており、 20年前からパターンやディテールを変えずにつくりつづけられていることがこれを証明しています。

確かな品質、トラディショナルなディテール、そしてSOUTIENCOL の真骨頂でもあるベストバランスなシルエットと3拍子揃い、間違いなく長く愛用していただけるコートであると言えます。
カーキカラーは、全体に馴染ませ、多少のアタリを出すことを目的に、生地の段階で洗いをかけています。

============

 

161104k

161104l

161104j

161104e

============

一切の妥協を許さず、デザイナー渾身のディテールを詰め込んだという、自他共に認めるブランドのマスターピースと呼ばれるアイテムです。

縫製には高い技術が要求されるため、生産の部分で常にシリアスな問題を抱えざるをえないという事情があり、毎年入荷が遅れます。

つくる方としてはあまり歓迎したくない難しい仕様が多く、工場は泣きます。ブランドの側としてはそんな工場とのやりとりで消耗し、泣いたり怒ったりします。販売する僕らのようなお店は、季節も差し迫ったところへ納品が遅れ、やはり泣いたり怒ったりします。

毎年待っているお客さんがいるために、こういうことが懲りずに毎年繰り返されているわけですが、20年続くアイテムの凄みというのは、実はこういう舞台裏の修羅場を継続してきたことにも一端があるような気がします。

とって付けたような背景やストーリーではなく、リアルな長い歴史があります。
そういったアイテムというのは、少しずつ興味を増しながら、何年かかけて決めるというのも自然なことなのかもしれません。

今季、熟す人、待っています!

============

と、去年の僕は言っています。
今年は入荷遅れがほとんどなく、順調でよかった! と、それ以外は今年もまったく同じことを言いたいです。

 

161104n

161104o

161104m

161104p

SOUTIENCOL – MMMMM – Slip On
col : Khaki / Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 90,000 (+tax)

 

店頭での会話の一端です。

『いち生活人として、この価格は決して安いとは言えないですが、いち服好き人間としては、この価格が間違いなく安いと判断せざるをえません、このギャップをどう捉えたらいいものか!』

 

・ ・ ・ ・ ・

 

いろいろと話し、悩み、そして、決す。
行くと決した者も、退くと決した者も、皆、真剣な戦いでござった。

秋深まり、戦いはつづく・・・。

 

LINEで送る

New Arrivals.

1701006j

SOUTIENCOL のコート、arbre のウールのテーラードが入荷しています。
そろそろ本格的な秋にさしかかり、ちょっと羽織るジャケットから、しっかり羽織るジャケットも気になるところかと思います。

 

1701005n

まずは SOUTIENCOL より、得意のステンカラーコート。
ステンカラーコートといえば、長年 MMMMM名義で定番展開しているマスターピース、Slip On がありますが、また違った感じで、SOUTIENCOL のクレジットで出てくると嬉しいなあ、という話をしていたのですが、どうやらよそのお店さんからも同じような要望が出たらしく、では、こんな感じでいかが?と提案してくれたのがこのコートです。

 

1701005c

しかし、Slip On の出来があまりにも好いということもあり、まったく別ものでいう感じでもないようで、似た感じにはなっています。

デザイナー三浦氏の言うところでは、いろいろ試したけど、やっぱり Slip On の丈感が一番つかいやすいみたいね、ということで、さらにAラインシルエット、ナチュラルショルダー、一枚袖、といったこだわりも盛り込まれるため、全体のバランス的にはかなり似かよります。

着てすぐに分かる違いとしては、袖筒がすっきりさせてあって、インでジャケットを着ずに使うケースにやや重きを置いたような印象です。

※ナチュラルショルダーとは、いわゆる 『なで肩』 で肩の型を決めること。バランスを取るのが難しいです。
※一枚袖とは、袖筒を一枚の生地でくるりとしてつくり、シームを最低限(1本)にしてエレガントにみせることです。こちらも技術的に難しいということです。

 

1701005e

ちょうど Olmetex のデッドストックのいい生地を手に入れたというタイミングに恵まれ、生地もバーバリークロスとなりました。
Slip On の生地よりは一段落ちるのかもしれませんが、なんとなく素朴な印象で、もちろんしっかりした質感です。(Slip On のバーバリーは BAKEMONO なので、比べたらかわいそうですが、、)

 

1701005f

1701005a

付けたり外したりが可能な起毛ウールのライナーが付き、3シーズンつかえます。
裏地やライナーが、三浦さんが大好きなタッターソール柄というのも愛情が注がれた証でしょう。

 

1701005o

1701005i

1701005j

1701005k

貫通マガジンポケットもこだわりのディテール。インに着ているジャケットやパンツのポケットにアクセスでき、さらに内側に大きめのポケットが付くというつくりです。

 

1701005m

やはり最終的には SOUTIENCOL らしいステンカラーコートです。
よりクラシック、よりダンディ、を求めるなら、この後入荷予定の本家 Slip On をおすすめしますが、このコートも充分な内容で、SOUTIENCOL コートの醍醐味はしっかりと詰まっています。

結果的に、Slip On を少々やわらかくして、若い人にもとっつきやすくしたような SOUTIENCOL コートになったのかなという印象をうけました。

SOUTIENCOL – Soutien Collar Coat
col : Beige
size : 1 / 2
price : 69,000 (+tax)

 

1701006f

arbre の定番テーラードジャケットも秋冬仕様のものが届きました。
まずはおなじみの素材となる圧縮ウール。

 

1701006i

単色でネイビーのきれいなジャケット。
いい大人になると持っていたいなと思うのも自然なことだと思います。

 

1701006h

ニットジャージ(編地)なので伸縮性があって着やすいというのが大きな特徴です。
細かく起毛しているため、なんとも秋冬らしい雰囲気です。

 

1701006g

細身でウエストの絞りも利いて、エレガントなシルエットです。
タイトなシルエットでも日本のメーカーが日本人向けにつくったジャケットですので、かなりの安心感があります。

arbre – Tailored Jacket *Boiled Wool
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 36,000 (+tax)

 

1701006c

同じ型でウール・ヘリンボーン・ツイード。
クラシックな風情ですが、シルエットが野暮ったくないのでスマートに着こなせるはず。

 

1701006d

1701006a

定番的な色目のツイードも、ザ・メンズアイテム、といった態でやはり所有欲をそそられますね。
少し野暮く着こなした金八yなスタイルも、いい大人になってくるとやってみたくなるはず。
そうでもないか。

 

1701006e

arbre – Tailored Jacket *Wool Tweed
col : Grey
size : 2 / 3 / 4
price : 38,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

10月8日(日) 臨時休業

都合により 8日(日曜日)を臨時休業とさせていただきます。
大変恐縮ですが、ご来店やご注文の際(特に日付指定など)にはご注意いただけますようお願い致します。

 

LINEで送る

New Arrivals.

1701001g

D.C. White のベーシックなトラウザーが入荷しています。
ファインウール素材の美しいチャコールグレー、間違いないです。

 

1701001e

こちらは昨年からブランドの定番として新しくラインナップされたモデルですが、Fuzz では初登場となります。そのため、フォルム、サイズ感は、これまでのベーシック・トラウザーと微妙ですが少し違ってきます。

 

1701001d

違ってきますというのは、数値上の話で、基本的なシルエットはほとんど変わりません。
arbre のスラックスをお持ちの人にはどこが違うの?ということになると思いますが、arbre の方が全体的にピチっとしており、こちらの方が尻・股周辺に若干のゆとりを持たせています。
印象の違いというより、穿いた感覚の違いになるかと思います。

 

1701001f

生地はファインウール・ツイル。ウールならではの天然の光沢がしっとりと感じられ、若干の起毛感が感じられます。
ウールフラノのような肉厚起毛というところまではいかず、生地厚も一般的な中厚というくらいのものです。ですから時期的にも、もうぼちぼち穿けるようなウエイト感です。

 

1701001i

1701001h

ジャケパンやビジネスに限らず、積極的にカジュアルづかいもしていただきたい良品です。
グレー調のウールスラックスは、ジーンズ、チノ、軍パンなどと並びたつような男の定番アイテムだと言っても過言ではないでしょう。
ひきつづき、あらゆるスタイル層におすすめしていきたいと思います。

D.C. White – Basic Trousers – Fine Wool
col : Charcoal
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 17,000 (+tax)

 

1701002b

SOUTIENCOL の新作、秋冬らしいネルシャツが届きました。
モデルは IVY LEAGUE、起毛感と厚みのある国産のコットンフランネル生地となります。

 

1701002c

“らしい” 感じもするし、なんとなく懐かしい感じもするような、、
いずれにせよ、チェック柄のネルシャツは安心感が抜群。きっちり着るネルシャツスタイルは SOUTIENCOL シャツで、というところ。

 

1701002a

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE *Cotton Flannel
col : Navy Check
size :  1 / 2 / 3
price : 14,800 (+tax)

 

1701003f

久しぶりに登場の EASY KNIT。
アクリルニットのクルーネックベストです。

 

1701003a

1701003c

スクールニットが主なプロダクトという EASY KNIT ですから、ウールでなく、イージーケアのアクリルということになり、“ハイスクールな感じ” といいますか、やはりどことなく懐かしい感じのする質感です。

素材やデザインをどうこう掘り下げるようなものでもなく、コーディネイトのアクセントとしていかがでしょう、という意味でのセレクトとなります。
変化をつけるアイテムとしてなかなか面白いものを感じました。

 

1701003e

Easy Knit – Crew Neck Knit Vest
col : Grey / Navy
size : M
price : 11,000 (+tax)

 

今朝、外に出て、『おっ、今日からか』 と思いました。
かすかに残っていた夏の延長みたいな意識もいよいよ消えて、本腰を入れて秋を楽しむ時期にきましたね。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

大変恐縮ですが、次の日曜日(8日)を臨時休業とさせていただきます。
用事がいくつか重なってしまい、やむを得ず、、
その一つはチビスケの運動会でございまして、これが天候に左右されます。なるべくご迷惑をかけないよう心がけますが、さらにやむを得ず変更、という可能性もございます。その際はまたご連絡させていただきます。

恐れ入ります、宜しくお願いいたします。

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – Shirts.

190802i

SOUTIENCOL より、新作シャツの登場です。

今季から新たに定番品番となる白オックスの San Francisco、ポルトガルの生地メーカーによるロンドンストライプの、これもオックス生地の IVY LEAGUE、2型が入荷しました。

 

190802j

無地ホワイトの国産オックス生地、San Francisco型。
これまで長きにわたって定番品番として展開されていた Ivy League の Thomas Mason 製白オックスに代わり、新たにブランドの白オックスシャツの定番となります。

いくつか細かい理由があるようですが、最も分かりやすい理由は、①輸入生地値の高騰、②国産で良い生地が見つかる。

付随の説明として、定番のシャツという位置付けをしている以上、洗い替えや買い替え需要を無視するわけにはいかず、ある程度は経済的でなければならないという配慮があります。
品質とプライスのバランスをどこでとるかということになりますが、ブランドとしての答えはここです、ということになるのだと思います。

 

190802d

これまで定番白オックスは Ivy League型でしたが。今回からSan Francisco型になります。
San Francisco の方が多少ロングポイントの襟となり、肩が少し大きくて着やすくなっているといった違いがありますが、いずれも多少の違いではあります。
注意してみるとけっこうな違いに感じますが、注意しないとあまり違いが分からない、というようなものではないでしょうか。

 

190802a

生地は度詰めで非常にしっかりしているという印象です。きちっと詰まっているために、生地厚もしっかりとあって、洗いざらしの単独づかいもしやすいのではないかと思います。
Thomas Masonのより若干太番手の糸のようですが、スーピマコットンを使っていますので、やはり微かな光沢感が見てとれ、清潔感や上品さといった部分は間違いなく継承されています。

SOUTIENCOL – San Francisco *Ox
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 15,000 (+tax)

 

190802k

Ivy League、ロンドンストライプのオックス。
こちらはポルトガルの SOMELOS という生地メーカーのものが使われています。
特筆することはありませんが、しっかり質感の好さを感じられる良心的なインポート生地屋さんといったところでしょうか。

 

190802h

ジャケットとの着合わせを考えた時に外せないのがストライプかと思います。
ブロードよりカジュアルに使えて、まさにSOUTIENCOL らしいアイビーのテイスト。SOUTIENCOL が好きな人にとっては、そのままイコールで好きなフィールドであるはずです。

 

190802g

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE *SOMELOS London Stripe
col : Lt.Blue
size : 1 / 2 / 3
price : 16,500 (+tax)

 

手堅い柄の定番シャツは、これからの季節の変わり目の時期に是非ご注目ください!

 

LINEで送る

New Arrivals.

170524h

SOUTIENCOL より、半袖のリネンシャツが届いています。
“男の定番” 的ベーシック、単色ネイビーとブルーギンガムの Remake Polo です。

 

170524c

単色ネイビーは Canclini 社製のキメ細かなリネン生地の、製品染め Ver. となります。
ポロシャツのように気軽に着れるけど、美しいボタンダウンカラーのシャツである、という半袖リメイクポロ。無地のネイビー間違いないでしょう。

 

170524b

170524a

SOUTIENCOL – Remake Polo – H *Canclini Linen
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

170524g

ブルーギンガムの方は、今シーズンはじめての試みという “袖が長めの半袖” の Remake Polo です。
着こなしとして、袖を軽くまくるという着方をしたいという要望に応えたものです。

 

170524e

SOUTIENCOL – Remake Polo – Long H *Linen
col : Blue Gingham
size : 1 / 2 / 3
price : 15,800 (+tax)

 

 

170523a

Ordinary fits からも新作シャツです。
Vネックでカーディガンのニュアンスがありつつ、プルオーバーのシャツです、という面白いアイテム。

 

170523d

薄手コットンの布帛(シャツ地)ということで、スモックのようなニュアンスもあり、分類しようとすると難しいです。
こういう分類が難しい、でも実際いいとこ取りの実用性の高いアイテムづくりは、最近の Ordinary fits の真骨頂でもあるような気がします。
常にどこかでオリジナリティを求める姿勢というものに拍手を送りたいと思います。

 

170523c

ブランドが示すカラー分類は 『ライトグレー』 となるのですが、実際はオフホワイトというようなかなり薄い色です。

 

170523b

Ordinary fits – Talking Shirt
col : Lt.Grey
size : 1 / 2 / 3
price : 15,800 (+tax)

 

170525a

FUJITO の Explorer Shorts もオリジナリティという意味ではかなりのもの。
ポケットがたくさん付いていることが特徴的で、機能的なショートパンツです。

 

170525c

生地は今季の Mountain Parka と同じもので、ポリエステル+コットン素材の、ショーツとしてはしっかり感のあるものとなっています。
きちっとしたショーツスタイルが好みだけど、トラッド系でなくカジュアルフィールドで、という趣向の人におすすめです。

 

170525b

アウトドアスポーツとワークのテイストをミックスしました、というのがこのショーツの試みで、独特のニュアンスになっていると思います。

シルエットはややコンパクトですっきり型、スマートなスタイルとなりますが、アウトドア仕様の股ガゼットが入り、動きやすさが考慮されています。

 

170525d

すっきりスマートに着こなせて、ポケットが多くて動きやすい、というなかなかない独自のショーツに仕上がっていると思います。

 

170525f

FUJITO – Explorer Shorts
col : Beige
size : 30 / 32 / 34
price : 16,000 (+tax)

 

170526c

Vincent et Mireille からも、Tシャツのような、シャツのような、スモックのような、という面白アイテムが届いています。
昨年の好評を受けてのアゲインですが、今季はブラックのリネンとなります。

 

170526d

半袖のクルーネックのリネンシャツ、襟なしシャツ、リネン素材のシャツ地のTシャツ、、
どういったら一番しっくりくるのか分かりません・・・

とにかくスモックのようなニュアンスがあって、簡単に着れるけど変化はあってつまらなくない、そしてシンプルである、こういうアイテムが今の気分ではないでしょうか。

 

170526a

襟の脇にボタンが二つ、裾サイドにはスリット、トータルのテイストはマリンです。

170526b

Vincent et Mireille – No Collar Pocket Shirt
col : Black
size : 40 / 42
price : 9,500 (+tax)

 

170526j

こちらも Vincent et Mireille で、定番モデルのワンタックのイージーパンツを、CoolMax のシアサッカーで。

170526i

ややゆったり程度の、細からず、太からずのシルエットに、ドライタッチの薄地シアサッカー。
CoolMax で、シアサッカーで、しかもストレッチも利いて、と快適な要素が詰まったイージーパンツです。暑くなってもショートパンツを穿かないという人達におすすめしたいです。

 

170526g

Vincent et Mireille – One Tuck Cotton Easy Pants
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 13,500 (+tax)

 

週末から晴れて暑くなるみたいなので、商品紹介をたくさんにしました。
じっくり物色してください!

 

LINEで送る