New Arrivals.

190417e

BRENA より、リネンのジャケットが入荷しました。
スタンドカラースタイルで、生地はフレンチリネンシャンブレー、今回も格好いいです。

 

190417b

やや肩が落ちて、緩いシルエットです。着た時に、少しぶかっとした感じが出るような微妙なところでサイズ感を設定しています。ヴィンテージライクな生地の雰囲気と相まって、このシルエットがしっくりくるのだと思います。

 

190417a

“フレンチリネンシャンブレー” と名前が付けられた生地は、実際にフランスのヴィンテージのリネンシャンブレーの生地を解体して、糸の撚りや打ち込みを調べ、精密に再現したものということです。
現行の生地でありながらヴィンテージの風情が出ているのはそのせいで、着込んでいくとより一層風合いが出てくることでしょう。そして、むしろ着古した方がより格好よくなっていくのかもしれません。

 

190417g

190417f

190417d

裏地の無い一重ですが、身返しがあって内ポケットが両側二つあり、やはりベースはテーラードジャケットの方法論でつくられています。
先日ご紹介した ROUND JACKET もそうなのですが、BRENA のしっかりしたジャケットのラインは、生産ラインをつくっての縫製ではなく、一人の職人がすべて縫うという丸縫いのスタイルで丁寧につくられているのです。

ですから着る側としても、なんとなく丁寧に着たくなるような雰囲気になっているように感じます。せっかくですから、スカーフや帽子など、アクセサリーを駆使してしっかり楽しむのがいいと思います。

 

190417c

BRENA – STAND
col : Ink Black
size : 44 / 46 / 48
price : 32,000 (+tax)

 

190415e

SOUTIENCOL からも新作入荷です。
プルオーバーのバンドカラーシャツ “Band Collar Shirt” が canclini のブラックリネンで登場です。

 

190415c

毎シーズン多くはないですがずっと続いているモデルで、ヴィンテージのテイストが入った SOUTIENCOL の中ではやや珍しいモデルです。

胸のビブの仕様、腹部のタック、デタッチャブルのカラーを外した状態という設定のバンドカラー、ボタンの数の多さ、、非常に雰囲気のあるシャツです。

 

190415b

190415d

SOUTIENCOL – Band Collar Shirt
col : Black
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

190418a

Charpentier de Vaisseau からは新作のカットソー、ビッグシルエットのヘヴィーTシャツが入荷です。

 

190418b

190418f

襟のリブがかなり特徴的になっていて、ベーシックな無地Tシャツにアクセントを利かせています。

生地は白でも透けない厚さのしっかりしたものとなっていますが、太い糸によるガシガシな質感ではなく、面(つら)は美しくスムースな肌触りです。

シルエットはゆったりで、全体的に大きめのビッグシルエットという感じです。

 

190418h

190418i

Charpentier de Vaisseau – Heavy Tee
col : White / DkGrey
size : 2
price : 9,000 (+tax)

 

季節は進み、新作も続々です。
お見落としのないよう、お願いします!

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – Remake Polo.

190312a

SOUTIENCOL の春夏の定番、Remake Polo に新色が加わりました。
ホワイト同様、デザイナー三浦さんが絶大な信頼を寄せる canclini リネンを使用し、後加工で染色したモデルとなります。

 

190312f

Straw という色は文字通り、麦色。ベージュ系だけど黄緑色の方向にやや寄っていったような色合いです。有名な色で何色と当てはめるのが難しく、麦といったっていつの時期の麦なんだというのもありますが、しかし麦色というのが一番伝わるような気がします。

 

190312h

Navy はネイビー。間違いないネイビーです。

後染めの最大の利点は、色合いをほとんど完全にコントロールできることだと思います。生地メーカーが用意したありものの色でなく、我々には今この色が必要だ、というときに後染め加工が発動するのです。

 

190312d

190312j

190312c

涼しげでいて、しかし美しい襟によっての凛とした佇まい。
大人のシーズンアイテムとして、いろいろなスタイル層におすすめできるアイテムです。

 

190312g

190312e

SOUTIENCOL – Remake Polo
col : Straw / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

本日(16日)、営業時間の変更がありご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
息子2の卒園式に参列してきまして、慌しい一日となりました。

これで行事の多い幼稚園が終わり一安心と思いきや、4月から息子1が6年生になり、今度は少年野球の行事が増えます。。
正確に言うと、行事は毎年同じなのですが、やはり6年生がチームの中心になる都合上、6年生の保護者が中心になって様々なサポートをしなくてはなりません。今では僕の仕事は完全に他の保護者のみなさんに理解され、みなさんの好意に甘えてばかりいるのですが、さすがに最終学年ではもう少し貢献しなくては、という気でいるのです。
もちろん、単純にたまには試合の応援に行きたいというのもあります。

ということで、今後もご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご理解賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

チビスケの卒業文集的なものを見ると、将来の夢が 『パパとふゎずをする』 となっていました。
たいへんなBAKAなので継がせませんが、正直、嬉しかったです。笑。

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – Shirts.

190215f

SOUTIENCOL のシャツが新たに入荷しました。

新作として国産の綿麻生地のバンドカラーシャツと、定番のcanclini リネン、ホワイトの Remake Polo、春夏シーズンらしい2型の入荷です。

涼しそうな素材感で季節の先取り感は否めませんが、いよいよそんなことはお構いなし、入荷して準備ができたものからどんどんご紹介していくような時期になってまいりました。

 

190215a

New Band Collar というモデルは、前開きのバンドカラーシャツです。もともとブランドとしてはプルオーバーのバンドカラーが先にあったために、”New” がついたといういきさつです。

 

190215b

ナロウなロンスト柄で、薄地綿麻素材。
かなり薄くて軽い、涼しげな生地となっております。

 

190215e

190215d

手堅いクラシックな感じがありつつ、爽やかさもしっかりです。

 

190215g

SOUTIENCOL – New Band Collar *Cotton Linen
col : Lt.Blue Stripe
size : 1 / 2 / 3
price : 16,800 (+tax)

 

170324f

毎期定番の Remake Polo、canclini の麻100ホワイトです。
こちらはブランドとしても春夏シーズンの大定番という位置づけで、生地値が上がってもプライスを堅守している砦のようなモデルです。

ハンサムなボタンダウンカラーのプルオーバーシャツに、素材感豊かなリネン生地をのせることで、アイビー派のみならずあらゆるスタイル層に支持されています。

 

170324g

170324h

SOUTIENCOL – Remake Polo *CancliniLinen
col :  White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

暖かくなったり、冷え込んだりしながら、ひと雨ごとに、、という季節となってきました。
1月というのはどうしてこう長く感じるのだと思っていると、2月はあっという間に終わってしまい、ああ、もう3月かと、そうか、もうすぐ春か、という感じでなんとなくウキウキしてくるのが、この三寒四温、不安定な気候になるような時期でしょう。

ウキウキする反面、あらゆる業界で年度末的な繁忙期になっていくと思いますので、体調管理にはお互い気をつけていこうではありませんか。

 

LINEで送る

New Arrivals.

190108m

FUJITO の新シーズンもスタートです。
まずはお問い合わせも多かったワイドスラックス、3シーズン目の入荷です。

 

190108n

ちょうどいい太いパンツ、やりやすい太いパンツ、店頭でもさまざまな意見をいただきつつ、しっかり評価が定まってきた感があります。
普段細いパンツをメインに穿いている層からも評価が高く、そういう状況を踏まえれば、『ワイドシルエットの一つのスタンダードになりうるのではないか?』 というところまで言えるような気さえします。

 

190108i

インプリーツのワンタックにやや短丈の裾 5 cm ダブル、スナップボタンのボタンフライはミリタリールーツか。ファブリックは中厚地でウエイトしっかりめのコットンサージ、強めの洗いをかけて部分的な小さなアタリも見られます。

―― というのがアイテムのディテールで、総合的には、適度にパリッとしていて、でも堅苦しくなく、という着地点になっており、気軽に気持ちよく着合わせができる雰囲気です。

 

190108f

190108g

190108a

今シーズンは先々シーズンから再登場のネイビーと、新色のチャコールの2色展開です。チャコールはアイアングレーといった雰囲気の色味で、やはりこれも使いやすそうです。
通年定番のアイテムとして位置づけられていますが、生地はしっかりめですので、どちらかというと夏以外の3シーズンという印象です。もちろん、今時期も問題なく穿けてしまいます。

 

190108j

FUJITO – Wide Slacks
col : Charcoal / Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 20,000 (+tax)

 

190107r

つづいて新作のシャツコート。
スタンドカラーでゆったりワイドなシルエットが特徴の、FUJITO らしい雰囲気のアイテムです。

 

190107m

190107d

肩がドロップして、身まわりもたっぷりめとなりますので、ゆるい雰囲気で羽織っていただくイメージです。

 

190107q

生地はしっかりしたシャツ地となり、軽やかな印象ではありますが、ふわふわしたものではありません。
トータルで見ると、なんとなくラウンジコートのような使い方もできそうで、かえって季節感のないアイテムと捉えてもいいと思います。
解釈を限定せず、使い方によってさまざまな可能性があると思いますがいかがでしょうか。

 

190107h

190107o

190107i

FUJITO – Shirt Coat
col : Khaki / Navy
size : 1 / 2
price : 24,000 (+tax)

 

190802j

そしてこちら、久しぶりとなってしまいましたが、SOUTIENCOL の定番の白オックスも入荷しております。

SOUTIENCOL – San Francisco *Ox
col : White
size : 1 / 2 / 3
size : 15,000 (+tax)

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – Slip On.

181117a

SOUTIENCOL の ステンカラーコート、”Slip-On” がようやく届きました。
予定より丸々ひと月遅れの入荷となりました。お問い合わせも多数いただいていましたのでひと安心です。

昨晩、営業の田窪さんがベージュの方を直接お店の方に届けてくれ、2色揃いました。
納品遅れでだいぶ苦労した様子で、たいへんひきつった表情でコート数着を担いできたのでした。

 

181117u

事前にお伝えしていた通り、今年はカラーが変更になりました。使われている生地はこれまでと変わらないのですが、カラーのチョイスを変えたということです。
やや緑方向のベージュ系色だった 『カーキ』 が 『ベージュ』 に、黒に近いくらい暗い紺の 『ダークネイビー』 が標準的なネイビー色となる 『ダークブルー』 に、それぞれ変更となりました。

また、もう一つ小さな変更があって、これまで 『MMMMM』(エムゴ) のクレジットが付いていたのが 『SOUTIENCOL』 のラベルになりました。これは内容にはまったく関係ない、ブランドラベルだけの話です。分かりやすくなって良いと思います。

ということで、今年は長年続いたカラーに見直しが入った年となり、記念すべきシーズンになるのではないでしょうか。

 

181117n

181117b

例によって商品説明になりますが、これまた例によって、昔の記事から再掲します。
部分的に改定をしていますが、伝えるべきことはまったく変わりません。

============

SOUTIENCOL のマスターピースと呼ばれ長年展開されているステンカラーコート “Slip On”。

ファブリックはクラシックなOlmetex 社のイタリア製バーバリークロス(コットンギャバジン)。 しっかり目が詰まり、滑らかで強靭な生地となります。

Slip On が評価される大きなポイントでもあるラグランスリーブのナチュラルショルダーは、肩から袖にかけて自然な曲線を描き、肩の大きい、小さいを問わずに美しく見せます。ジャケットの上からのオーバーコートとして定義されていますので、アームホールは相応の大きさがございますが、この肩まわりの秀逸なパターンニングによって、ばたつかず、ジャケットを着ても、着ていない状態でも美しいシルエットをつくり出してくれます。
スリーブは一枚袖のつくりで、これもこだわりのディテールとなりますが、シームを最低限にすることでより美しく見せるためのものです。

 

181117t

181117e

181117r

ボタン留めのデタッチャブルのライナー、袖口のベルトの仕様、クラシックなAラインシルエット、などなど、すべてがクラシックな仕様でつくられており、流行に左右されずに、時代の変化にも揺るがない内容となっており、 20年前からパターンやディテールを変えずにつくりつづけられていることがこれを証明しています。

確かな品質、トラディショナルなディテール、そしてSOUTIENCOL の真骨頂でもあるベストバランスなシルエットと3拍子揃い、間違いなく長く愛用していただけるコートであると言えます。

 

181117g

181117f

一切の妥協を許さず、デザイナー渾身のディテールを詰め込んだという、自他共に認めるブランドのマスターピースと呼ばれるアイテムです。

縫製には高い技術が要求されるため、生産の部分で常にシリアスな問題を抱えざるをえないという事情があり、毎年入荷が遅れます。

つくる方としてはあまり歓迎したくない難しい仕様が多く、工場は泣きます。ブランドの側としてはそんな工場とのやりとりで消耗し、泣いたり怒ったりします。販売する僕らのようなお店は、季節も差し迫ったところへ納品が遅れ、やはり泣いたり怒ったりします。

毎年待っているお客さんがいるために、こういうことが懲りずに毎年繰り返されているわけですが、20年続くアイテムの凄みというのは、実はこういう舞台裏の修羅場を継続してきたことにも一端があるような気がします。

とって付けたような背景やストーリーではなく、リアルな長い歴史があります。
そういったアイテムというのは、少しずつ興味を増しながら、何年かかけて決めるというのも自然なことなのかもしれません。

今季、熟す人、待っています!

 

181117l

181117m

店頭での会話の一端です。

『いち生活人として、この価格は決して安いとは言えないですが、いち服好き人間としては、この価格が間違いなく安いと判断せざるをえません、このギャップをどう捉えたらいいものか!』

 

=================

 

と、ここまでが昨年からの抜粋です。
デザイナーの心意気から工場の苦労まで、あらゆる要素が長い時間をかけて熟成され、物語の一部になっていくわけです。

今年の遅れの原因は、、、
工場の高齢の職人さんが、倒れてしまったとのことです。。。

 

181117j

181117o

SOUTIENCOL – Slip On
col : Beige / Dk Blue
size : 44 / 46 / 48
price : 95,000 (+tax)

 

秋も深まり、遅れてきた役者もやっと揃いました。
冬もの入荷にも徐々に追いついてきたので、店頭も充実してきております。
ようやく秋冬シーズンの本番です、と言える状態になったと思います!

 

LINEで送る