New Arrivals.

170407c

今季新登場となります、Portuguese Flannel のシャツをご紹介します。

●Portuguese Flannel
2014年に Antonio と Manuel の兄弟によって立ち上げられたブランドです。
ポルトガルで4代続く生地メーカーという確固たる背景をもとに、さまざまな生地のヴァリエーションを生かしたシャツ専門ブランドとなります。

 

170407d

要するに、老舗生地屋さんの子息がスタートしたシャツのブランドです。
まず生地ありきで始まるシャツとなりまして、その生地がさまざまでおもしろく、非常に興味をそそられました。

シンプルなものから遊びごころ満載のものまで、ずらりといろいろな生地があり、ピックアップするのが楽しいものの、かなり大変でした。
基本的にはヨーロッパの生地メーカーということで、生地の雰囲気とか薫りというようなものが日本のものとはっきり違い、もはやはるか昔となってしまいましたが、かつて僕らがフランスを中心とするヨーロッパ古着を扱っている時分、よく目にしていたようなシャツを思い出させる色柄や質感、雰囲気のものが多く見られました。

 

170407b

正直、お店としてはシャツのラインナップは間に合っているのですが、それでも我慢ができずに展開を決めてしまったブランドです。
もうこうなったら、腹をくくって 『シャツなら任せろ』 というスタンスをより確固たるものとして突き進んで行きたいと思います。

 

170407e

まず最初のこのモデルは、ややおとなしめの色柄ですが、織りでのストライプ柄で、あまり見ないような生地です。
おとなしくないものもオーダーしていたのですが、これが受注集まらず、残念ながら生産不可ということになってしまっております。

この他を半袖でオーダーしていましたので、まずはこの1型からのご紹介となりますが、半袖シャツの方も期待していただいて大丈夫です。近いうちにご紹介できると思います。

 

170407a

Portuguese Flannel – Band Collar Shirt
col : Blue Grey
size : XS / S / M
price : 16,000 (+tax)

 

170406g

SOUTIENCOL の Remake Polo が2型。
綿麻のオリーブギンガムチェックと、麻100のドビーチェック、どちらも canclini の上質ファブリックとなります。

 

170406c

涼しげで上品なドビーチェックのリネンプルオーバーシャツ。
ショートパンツなどとも合わせたくなるような雰囲気です。

 

170406a

170406b

SOUTIENCOL – Remake Polo *canclini Linen Dobby Check
col : White*Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

170406e

コットンとリネン混紡素材、爽やかなギンガムチェック柄。
既にネイビーやブラックのギンガムをお持ちの方はこの辺りはいかがでしょう。

 

170406f

170406d

SOUTIENCOL – Remake Polo *canclini Cotton Linen
col : Olive Gingham
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

170405a

Vincent et Mireille からは変化球カットソーが入荷しています。

前がシャツ地、後がTシャツ地という生地コンビネーションのゆったりシルエットの七分袖カットソーです。

 

170405c

170405b

型をドロップさせて、オーバーサイズ感をもって着るタイプのシルエットとなります。
シャツ地によってスモックのような雰囲気も感じられると思います。

 

170405d

170405e

Vincent et Mireille – Combination Quarter Slv.
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 6,500 (+tax)

春物の中に夏物も混じりはじめ、いよいよ入荷が混み混みになってきました。
ちょうど着るものに迷う時期かもしれませんが、しっかり季節を感じつつ、あれこれ考えながら買い物を楽しもうではありませんか!

 

LINEで送る

New Arrivals.

170324c

SOUTIENCOL のリネンシャツが届いています。
ここ数年、SOUTIENCOL の春夏といえば欠かせない存在となっているリネンの Remake Polo (プルオーバーシャツ) ですが、定番のホワイト無地と合わせて、スペシャル・バージョンをご紹介します。

 

170324e

2017年、SOUTIENCOL はブランド創設25年を迎えました。
そこで25周年を記念して、デザイナーの三浦氏が絶大な信頼を寄せ、また長年にわたって慣れ親しんでいるイタリアの生地メーカー CANCLINI に生地を特注し、おなじみのプルオーバーシャツ Remake Polo をつくりました。

 

170324d

当然のことながら、あまりにも SOUTIENCOL らしい色柄のチェック。ブラックを基調としている点がポイントでしょう。

 

170324a

170324b

それにしても、25周年とは恐れ入りました。
三浦さんはじめ、SOUTIENCOL スタッフの皆様には、心よりお祝い申し上げつつ、このブログをご覧のみなさんには、この商品を心よりおすすめ申し上げます。

SOUTIENCOL – Remake Polo *CancliniLinen
col :  Anniversary Check
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

170324f

こちらが長年つづく定番中の定番、CANCLINI リネンのホワイト無地。

James Mortimer で採用されているアイリッシュリネンに比べて、薄地で繊細な印象です。ぶりんとした生地でなく、ふわっとした感じ。

 

170324g

170324h

SOUTIENCOL – Remake Polo *CancliniLinen
col :  White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

170325b

Ordinary fits からも新作入荷です。
新定番になるか、2年目の One Mile Cardigan は、昨年とは生地が変わり、今季はコットンダブルガーゼで登場。
通気性が好く、ふんわり質感で肌触りがやさしい春夏らしいファブリックとなります。

 

170325a

ニットのカーディガンとは違い、布帛のカーディガンとなります。
ですから、シャツを着る感覚で羽織るカーディガンという意味合いになり、どちらかというと、Tシャツの上に羽織ることがしっくりくるような印象です。

 

170325c

シルエットはゆったりめで、裾のカットもシャツのようにラウンドしています。
シャツを着てキリッと着るVカーディガンはニット系生地に任せて、このカーディガンはゆるっと着るようなイメージです。

ちょっとそこまで、などの着飾るまではいかないお出かけ着としてのワンマイルウェア。こういう感覚で揃える洋服もあっていいと思います。

Ordinary fits – New One Mile Cardigan
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170212e

SOUTIENCOL より、新作のテーラードジャケットが入荷しました。
薄手ウールサキソニーの生地で、サイドベンツのブリティッシュテイストをベースにしたシンプルなジャケットです。

SOUTIENCOL らしい端正なフォルムに、春らしい軽くて爽やかな生地がよくマッチした“ニュー・ベーシック” なアイテムです。

 

170212f

170212i

170212c

170212b

170212a

170212g

170212j

170212d

今作は、“こだわり” を盛り込み過ぎず、あえて簡素なディテールワークにしています。
重々しい雰囲気にならないよう、クセを無くして合わせやすさを備えるよう、プライスが抑えられるよう、などのいくつかの理由で、SOUTIENCOL にもこういうジャケットがあっていいのではないかということでつくられました。

かといっても完全なイージージャケットではなく、テーラードジャケット専門ファクトリーで縫われた立体感のある本格派のジャケットではあります。
ブランドとして得意なことをあえて封印したようなところもありますが、Fuzz としては大歓迎で、勇気ある引き算を高く評価したいと思います。

SOUTIENCOL – Tailored Jacket
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 39,000 (+tax)

 

170214a

arbre のドッグイヤーカラーのブルゾン、リネン。
昨秋にコーデュロイで好評だったジャケットの素材違い、春版となります。

 

170214b

単色ネイビーとブラックウォッチ。
アイビー風味のトラッド・カジュアルな春ジャケットで、男らしさを感じます。
カットソーの上からラフに羽織るのも様になる雰囲気です。

 

170214k

170214c

170214g

170214l

arbre – Dog Ear Linen Blouson
col : Navy / Black Watch
size : 2 / 3 / 4
price : 21,000 (+tax)

 

170211i

FUJITO からは春ニットが届いています。
コットンとリネンが混じったドライタッチな薄手ニットは、春ニットだけでなく、サマーニットというニュアンスも感じさせ、ややゆったりしたシルエットも相まって、適度なリラックス感をもって爽やかに合わせていただけます。

 

170211f

170211c

170211g

170211d

本当に “さらり” という感じで着る軽やかなニットです。シンプルなボーダー柄ですが、ニットアイテムだからでしょう、さりげなく気が利いているように映ります。

FUJITO – Border Knit Sweater
col : Grey / Navy
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

気の早いアイテムの入荷が続きますが、この時期は入荷とご紹介の順番はごちゃごちゃになりますので、あしからず。

いいかげん春が待ちきれなくなってきて、僕はいよいよ鉢に種を蒔き、庭に苗を植え、園芸を開始してしまいました。
今年はトマトに変わってオクラ、絹さや、スナップえんどうを投入しました。

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – Shirts.

170104g

SOUTIENCOL の定番と新作のシャツが入荷しました。

新しいシーズンの幕開けにはやや早いかもしれませんが、春を意識した時点でまず意識するであろう定番的なクラシック・シャツの品々です。

 

170104b

まず偉大な定番、Ivy League の Thomas Mason Ox のホワイト。
Fuzz では白シャツの一番手という存在で、シャツ愛好家が満足を感じられるクオリティの絶対的な存在です。

 

170104a

微かに光沢感があり、見た目にも高級感の感じられるトーマス・メイソンのコットンオックスの生地は、洗濯を重ねてもなかなかヤレず、質感の好さを長い期間にわたってキープします。
ラフなスタイル向けのごわごわしたコットンオックスでなく、しなやかなタッチのオックス地ですので、ある程度のドレススタイルまで問題なくこなします。

“シャツはきちっと着る” というスタイルの人には特におすすめできる美しいシャツです。

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE *Thomas Mason OX
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

170104h

同じく Ivy League、Thomas Mason ファブリックの、こちらはコットンブロードのスモールギンガムチェック。
しばらくの期間、ブランドとして定番展開していく方針になったようで嬉しい限りです。

 

170104j

170104i

前述のオックス同様、年間通して活躍するブロード生地で、しかもギンガムチェックのシャツ。
着まわしの幅は広く、清潔感のあるコーディネイトには欠かせない類のシャツではないでしょうか。
特にこのスモールギンガム柄は、無地のシャツと似たような感覚で使えてしまう、メンズには無くてはならないと言えるような万能柄であると思います。

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE *Thomas Mason Small Gingham 
col : Navy / Lt.Blue
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

170104e

こちらはラウンドカラーがおなじみの Abbey Road 、タイプライタークロス。
細番手の糸を緊密に織ってつくられるタイプライタークロスは、シャリ感、ハリ感のある質感に、生地のウエイトが軽いことから生まれるふわり感が特徴です。

まったくのシーズンレスと言っていい生地ですが、どちらかというと春に着たいなぁと思わせる質感です。

 

170104f

ジャケットやコートと軽やかに合わせたい、そして暖かくなったら、一枚で。
丸襟シャツの着こなしの幅をさらに広げてくれる予感です。

SOUTIENCOL – Abbey Road *Typewriter
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 15,000 (+tax)

 

170104c

おなじタイプライターの生地で、バンドカラーシャツ。
これまで Band Collar という名前のモデルがあり、これはプルオーバーシャツでしたが、こちらは今シーズンに生まれた新しいモデルとして、前開きのバンドカラーシャツとなります。

こちらもプルオーバータイプのモデルの性質を継承し、ややリラックス感のあるテイストで仕上げています。

170104d

SOUTIENCOL のバンドカラーは、“付け襟を外した状態のバンドカラー” というルーツに則って本格的につくられています。
一概にバンドカラーと言っても、スタンドカラーやマオカラーなど、ルーツや文脈を異にして微妙にニュアンスの違いがあったりするので面白いです。

SOUTIENCOL – New Band Collar *Typewriter
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 15,800 (+tax)

 

ついに本格的な冬になったという感じで、これからが長く厳しい本当の冬です。
ですから、まだもう少しの間、コートやニットを気にしていただきたいと思います。

もう少し先、もうさすがに寒いのは勘弁してくれ、という寒さ真っ盛り、冬のど真ん中くらいのタイミングが実は本格的な春シーズンのスタートではないかと思います。
そのタイミングでしっかり新しい季節の品々が並んでいるよう、今のうちからご紹介を進めていきます。

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – MMMMM Slip On.

161104r

SOUTIENCOL より届きました、MMMMM Slip On ステンカラーコートです。

今年はやります、スリップ・オン。
ブランドを代表する本格派コートです。

 

161104q

まずは詳細を。
オンラインショップのところで書いた商品説明の文章を転載します。

============

SOUTIENCOL のマスターピースと呼ばれ長年展開されているステンカラーコート “Slip On”。
SOUTIENCOL の別ラインとしてドレスやフォーマルを含む トラッドアイテムをひとくくりにした MMMMM (エムゴ) Black Label のクレジットが付きます。

ファブリックはクラシックなイタリア製バーバリークロス(コットンギャバジン)。 しっかり目が詰まり、滑らかで強靭な生地となります。

Slip On が評価される大きなポイントでもあるラグランスリーブのナチュラルショルダーは、肩から袖にかけて自然な曲線を描き、肩の大きい、小さいを問わずに美しく見せます。ジャケットの上からのオーバーコートとして定義されていますので、アームホールは相応の大きさがございますが、この肩まわりの秀逸なパターンニングによって、ばたつかず、ジャケットを着ても、着ていない状態でも美しいシルエットをつくり出してくれます。
スリーブは一枚袖のつくりで、これもこだわりのディテールとなりますが、シームを最低限にすることでより美しく見せるためのものです。

 

161104g

161104i

ボタン留めのデタッチャブルのライナー、袖口のベルトの仕様、クラシックなAラインシルエット、などなど、すべてがクラシックな仕様でつくられており、流行に左右されずに、時代の変化にも揺るがない内容となっており、 20年前からパターンやディテールを変えずにつくりつづけられていることがこれを証明しています。

確かな品質、トラディショナルなディテール、そしてSOUTIENCOL の真骨頂でもあるベストバランスなシルエットと3拍子揃い、間違いなく長く愛用していただけるコートであると言えます。
カーキカラーは、全体に馴染ませ、多少のアタリを出すことを目的に、生地の段階で洗いをかけています。

============

 

161104b

161104h

161104a

161104k

161104j

一切の妥協を許さず、デザイナー渾身のディテールを詰め込んだという、自他共に認めるブランドのマスターピースと呼ばれるアイテムです。

縫製には高い技術が要求されるため、生産の部分で常にシリアスな問題を抱えざるをえないという事情があり、毎年入荷が遅れます。

つくる方としてはあまり歓迎したくない難しい仕様が多く、工場は泣きます。ブランドの側としてはそんな工場とのやりとりで消耗し、泣いたり怒ったりします。販売する僕らのようなお店は、季節も差し迫ったところへ納品が遅れ、やはり泣いたり怒ったりします。

毎年待っているお客さんがいるために、こういうことが懲りずに毎年繰り返されているわけですが、20年続くアイテムの凄みというのは、実はこういう舞台裏の修羅場を継続してきたことにも一端があるような気がします。

 

161104n

161104o

161104m

161104p

SOUTIENCOL – MMMMM – Slip On
col : Khaki / Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 89,000 (+tax)

 

とって付けたような背景やストーリーではなく、リアルな長い歴史があります。
そういったアイテムというのは、少しずつ興味を増しながら、何年かかけて決めるというのも自然なことなのかもしれません。

今季、熟す人、待っています!

 

LINEで送る