spring court – G2 Velcro Canvas.

160512b

今季は久しぶりに spring court のシーズンモデルをセレクトしています。
定番G2をベースに、ベルクロ仕様にしたモデルとなります。

 

160512c

160512e

ベルクロになった以外は同じなので、特記事項はないです。
キャンバススニーカーのベルクロということで、そうそう見ないかもな、と僕は思いました。

特に spring court のスニーカーに思い入れを持っている層には、色違いのような感覚で、定番のちょっとした変形版として持っていてもいいかも、と自然に思っていただけるような気がします。

 

160512a

160512f

spring court – G2 Velcro Canvas
col : White / Navy
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 12,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

5月17日(火)は定休日となります。

店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、5月18日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

spring court – G2 Canvas.

160305k

spring court のキャンバススニーカーが入荷しました。

Fuzz においては春夏シーズンの恒例、いくつかある重要メンバーのひとつです。
入荷時期が不安定で有名ですが、今年はたいへん優秀でした。

●spring court
1936年創業のフランスのシューズブランド。
フランスではじめてテニスシューズというかたちでスニーカーを開発したブランドです。
ブランド名の由来は当時 spring court をはじめて履いてテニスをした人々に 「スプリングのきいた靴でコートの中をピョンピョン飛び跳ねる様だ 」 と言われたことから。
現在ではファッションの分野で幅広い層に支持され、世界中で広く愛されています。
ジョン・レノンやセルジュ・ゲンズブールなど、ファッション感度の高い ミュージシャン、アーティスト達が愛用していたというのも有名なエピソードです。

 

160305a

生産国(製造工場)が変わったり、輸入代理店が変わったり、仕様が変わったり、いろいろありながらもなんだかんだで続いています。
変化を積み重ねてはいるのですが、印象としてはクラシックなコアの部分がしっかり不変であると感じさせてくれていますので、やはりたいしたもんだ、と思います。

今年は昨年と大きく変更点はありませんが、ヒールのプリントが無くなっています。

 

160305c

160305i

160305h

160305j

今シーズンは4色揃えました。
ホワイト、ブラック、ネイビーと3大定番色、プラス、シーズンカラーのスレート(やや濃いグレー)というメンバーとなります。

 

160305e

160305d

インソールの下に小さいフランス人が待機していて、蒸れた空気を息で外に吹き出してくれる仕組みを採用しています。昔ながらのアナログなベンチレーションシステムです。

spring court – G2 Canvas
col : White / Black / Navy / Slate
size : 40 / 41 / 42 / 43 / 44
price : 10,000 (+tax)

 

世の中にキャンバススニーカーはいくらでもありますが、spring cort ほど独自のポジションを確立しているものもそうないような気がします。

converse はバスケットシューズがルーツですが、spring cort はテニスシューズです。他にもデッキシューズをルーツにしていたり、同じキャンバスシューズと言えどもやはり根深い違いはあるもので、デザイン的な違いよりも背景の違いの方が大きいという特別なアイテムであると言えると思うのです。
そういう意味で、ルックス的なファッション観と合わせて、気質的なファッション観も大いに関わらせて選ぶと面白いと思います。

 

LINEで送る