spring court.

190214e

Fuzz の春の恒例です、spring court のキャンバススニーカー。
今年も定番の G2 Canvas が入荷しました。

 

190214f

お店としていくつかある定番、重要アイテムのうちの一つ、spring court のスニーカーは、SAINT JAMES のバスクシャツ、Le Laboureur のワークウェアと合わせて、”フランスのクラシックアイテム” という並びで定番的な位置づけをしています。

それらはフランスという濃いお国柄のエッセンスが詰まった歴史のあるアイテムであり、合わせやすいとか、見た目が格好いいとかというよりは、こいつを身に着けたい、乗りこなしてみたい、と思わせるような類いの品々であると思っています。

 

190214d

spring court のスニーカーは、テニスシューズをルーツとし、『スプリングのきいた靴でコートの中をピョンピョン飛び跳ねる様だ』 というのがブランド名の起源となっています。

テニスシューズベースのスニーカーはその出自からしてヨーロッパ的であり、イメージとしてもなんとなくスマートなヨーロピアンなスタイルで映える、と僕は勝手に思っています。
adidas のスタン・スミスなど名作も多く、一般化はされているのですが、ここは譲らずにクラシックな解釈、つまり各々が描く “スマートなヨーロピアンスタイル” として合わせたり、スマートでなくても、フランス軍のミリタリーやフレンチワークなどと合わせてみたり、といったことをすると、たいへん気持ちがよいのであります。

 

170305h

極端な例ですが、ジョン・レノンがセットアップのスーツスタイルの足元に spring court を穿いたことは有名で、まさにこういうことです。
フレンチワークのパンツに、SAINT JAMES のバスクシャツを着て、足元 spring court で全身フランスまみれ、というのも狙いが感じられていいと思いますし、要は単調なキャンバススニーカーというアイテムに、なにがしかのカルチャーを感じさせてしまおうという運動です。

 

170305l

もちろん、常にそんなことばかり考えてしまうと難しくしてしまうだけなので、実際にはほどほどにしていただくのが健全です。ですが、自らの胸のうちには、ぼんやりとでもカルチャー的な何かが灯り、コーディネイト云々を超えた、スタンスのような意味合いでの “スタイル” を一本建てられるという稀有なアイテムではないかと思うのです。

例えば、まったくの無地の白いTシャツに、まったくのつるっとしたチノパン、その足元がボロボロの spring court だとしたら、なにがしかの思想を感じる、みたいな。

 

170305f

170305i

多分に大げさな論調ではありますし、詳しくつっこみすぎるのも野暮、ということも分かってはいますが、定番とうたっている以上、たまには力説しなくてはと思いました。

ご清聴ありがとうございました。

 

170305j

spring court – G2 Canvas
col : White / Black / Slate
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 10,000 (+tax)

 

LINEで送る

spring court.

180303p

春の恒例です、spring court の入荷です。
例年春に入荷している我らが定番 spring court のテニスシューズ。今年は初めてのレザーモデルもご用意しています。

定番のコットンキャンバス、昨年好評だったベビーツイル、そしてレザー。今季はカラーバリエーションは少ないですが、素材バリエーションを豊富にご用意しました。

 

180303q

レザーのモデルも定番のG2です。素材のみの違いで、デザイン、フォルム、サイズ感、すべてキャンバスのG2と同じです。
ですが、やはりコットンキャンバスとレザーの違いは大きく、モノとしての違いはかなり感じられると思います。同じテニスシューズ系のレザースニーカーである adidas のスタン・スミスと比べても、またぜんぜん違う風情となっていますし、ヨーロッパのテニスシューズベースのファッション系スニーカーに近い感じがありますが、それはもう少しシュッとシャープなフォルムになっているかと思います。
やはりここでも spring court の独自性は際立っているのではないでしょうか。

 

180303f

180303l

やはりキャンバスより重厚感があって存在感があります。より秋冬も含めたオールシーズンでの活用が見込めるはずです。

spring court – G2 Leather
col : White / Black
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 18,000 (+tax)

 

170305c

昨年の好評につきアゲインのヘビーツイルです。
キャンバス織りのコットンではなく、ガチッとしたツイル織りのコットンがボディとして採用されています。ですので厳密には 『キャンバススニーカー』 というくくりには入らないものとなります。

綾目が立っているのがよく分かりますが、このモデルの好いところは色合いなのだと思います。

 

170305b

もう一点、このモデルのみの好いところがあります。現状、このモデルだけが変更前のスペインの工場でつくられていて、底付けがバルカナイズド製法(ゴムの圧着)となっていますので、返りがやわらかいという特徴があります。

今のG2になる一つ前のG2ですので、フォルム自体も微妙に違い、ベンチレーションの仕様も変更前のままです。

 

170305e

170305a

spring court – G2 Heavy Twill
col : Off White
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 13,000 (+tax)

 

170305q

そしておなじみ定番のコットンキャンバスのレギュラー組。
穿きつぶして2足目3足目、『俺の定番』 として穿き続けている人も多いです。

昔よりボテッとした感じは減っていますが、コロッとした丸みのあるフォルムは健在。ハマった人にとっては代えのきかないスニーカーになるのではないかと思います。

 

170305j

spring court – G2 Canvas
col : White / Black / Pastel Grey
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 10,000 (+tax)

 

LINEで送る

spring court.

170305q

春夏シーズンの恒例、spring court のキャンバススニーカーが入荷しました。
いくつかある Fuzz の重要アイテムの一つでもある spring court のスニーカーは、テニスシューズをルーツとするヨーロピアンなバックボーンが感じられ、コーディネイトを超えた、大きな意味での “スタイル” という部分でおすすめしています。

 

170305j

●spring court
1936年創業のフランスのシューズブランド。
フランスではじめてテニスシューズというかたちでスニーカーを開発したブランドです。
ブランド名の由来は当時 spring court をはじめて履いてテニスをした人々に 「スプリングのきいた靴でコートの中をピョンピョン飛び跳ねる様だ 」 と言われたことから。
現在ではファッションの分野で幅広い層に支持され、世界中で広く愛されています。
ジョン・レノンやセルジュ・ゲンズブールなど、ファッション感度の高い ミュージシャン、アーティスト達が愛用していたというのも有名なエピソードです。

 

170305r

今年もレギュラーモデルのG2キャンバスをしっかり展開します。
実は意外とマイナーチェンジが多い意欲的なブランドであることが、長年付き合っていると分かるのですが、『ずっと変わらないね』 と言いたいけど、実際はけっこうな頻度で変化が見られます。

今年は、つま先の形状がやや丸みを帯びました。
比較すると分かりますが、並べてみないと案外気づかないかもしれません。

 

170305i

170305g

170305k

spring court の最大の特徴であるクッション性の高いインソールも健在。
2年前、セメンテッド製法に変更されてから、インソールの奥に小さいフランス人が待機して、蒸れた空気を外に吹き出すというベンチレーションの仕様になっています。

 

170305h

170305l

170305n

今回入荷したのはホワイト、ブラック、パステルグレー。
パステルグレーは今季のシーズンカラーとなります。

spring court – G2 Canvas
col : White / Black / Pastel Grey
size : 40 / 41 / 42 / 43 / 44
price : 10,000 (+tax)

 

170305c

もうひとつ、G2 Heavy Twill というモデルもセレクトしました。
イレギュラーモデルですが、昨年の好評を受けて継続されたということです。

 

170305a

太めの綾目がはっきり立ったツイル織りの生地とナチュラルカラーが、なにやらヴィンテージを彷彿とするようなレトロな雰囲気をかもし出しています。
シンプルですが不思議な存在感です。

 

170305e

もう一つの大きな特徴が、スペインの工場でバルカナイズド製法で底付けが行われているということ。
インソール裏に空間をつくり、それをサイドの孔から抜くという従来のベンチレーションシステムが復活しています。

バルカナイズド製法のスニーカーは、セメント製法よりソールの返りがやわらかいことが特徴です。

 

170305b

生成というかアイボリーというか、明るいナチュラルカラーは色合わせがしやすく、コーディネイトに取り入れやすいと思いますし、ヘビーツイルの質感がナイスなアクセントになってくれると思います。

spring court – G2 Heavy Twill
col : Off White
size : 40 / 41 / 42 / 43 / 44
price : 13,000 (+tax)

 

世に数多あるキャンバススニーカー、考え出すと迷ってしまいそうです。
特に Fuzz に来ていただくお客さんに多いと思いますが、そんなにはスニーカーを履かないという人こそ、何がいい、何が悪いということでなく、『俺はこれ!』 というスタンスで spring court を選ぶのが格好いいのではないか?と僕は考えています。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●営業時間変更のお知らせ

3月5日(日) 11:00 – 18:30

恐れ入りますがご来店の際には充分ご注意ください。

 

LINEで送る

spring court – G2 Velcro Canvas.

160512b

今季は久しぶりに spring court のシーズンモデルをセレクトしています。
定番G2をベースに、ベルクロ仕様にしたモデルとなります。

 

160512c

160512e

ベルクロになった以外は同じなので、特記事項はないです。
キャンバススニーカーのベルクロということで、そうそう見ないかもな、と僕は思いました。

特に spring court のスニーカーに思い入れを持っている層には、色違いのような感覚で、定番のちょっとした変形版として持っていてもいいかも、と自然に思っていただけるような気がします。

 

160512a

160512f

spring court – G2 Velcro Canvas
col : White / Navy
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 12,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

5月17日(火)は定休日となります。

店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、5月18日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

spring court – G2 Canvas.

160305k

spring court のキャンバススニーカーが入荷しました。

Fuzz においては春夏シーズンの恒例、いくつかある重要メンバーのひとつです。
入荷時期が不安定で有名ですが、今年はたいへん優秀でした。

●spring court
1936年創業のフランスのシューズブランド。
フランスではじめてテニスシューズというかたちでスニーカーを開発したブランドです。
ブランド名の由来は当時 spring court をはじめて履いてテニスをした人々に 「スプリングのきいた靴でコートの中をピョンピョン飛び跳ねる様だ 」 と言われたことから。
現在ではファッションの分野で幅広い層に支持され、世界中で広く愛されています。
ジョン・レノンやセルジュ・ゲンズブールなど、ファッション感度の高い ミュージシャン、アーティスト達が愛用していたというのも有名なエピソードです。

 

160305a

生産国(製造工場)が変わったり、輸入代理店が変わったり、仕様が変わったり、いろいろありながらもなんだかんだで続いています。
変化を積み重ねてはいるのですが、印象としてはクラシックなコアの部分がしっかり不変であると感じさせてくれていますので、やはりたいしたもんだ、と思います。

今年は昨年と大きく変更点はありませんが、ヒールのプリントが無くなっています。

 

160305c

160305i

160305h

160305j

今シーズンは4色揃えました。
ホワイト、ブラック、ネイビーと3大定番色、プラス、シーズンカラーのスレート(やや濃いグレー)というメンバーとなります。

 

160305e

160305d

インソールの下に小さいフランス人が待機していて、蒸れた空気を息で外に吹き出してくれる仕組みを採用しています。昔ながらのアナログなベンチレーションシステムです。

spring court – G2 Canvas
col : White / Black / Navy / Slate
size : 40 / 41 / 42 / 43 / 44
price : 10,000 (+tax)

 

世の中にキャンバススニーカーはいくらでもありますが、spring cort ほど独自のポジションを確立しているものもそうないような気がします。

converse はバスケットシューズがルーツですが、spring cort はテニスシューズです。他にもデッキシューズをルーツにしていたり、同じキャンバスシューズと言えどもやはり根深い違いはあるもので、デザイン的な違いよりも背景の違いの方が大きいという特別なアイテムであると言えると思うのです。
そういう意味で、ルックス的なファッション観と合わせて、気質的なファッション観も大いに関わらせて選ぶと面白いと思います。

 

LINEで送る