STANDARD SUPPLY – Backpack, Card Case.

170218a

STANDARD SUPPLY の定番バックパック Commute Daypack が入荷しました。

定番色のブラックネイビー、シーズンカラーのライトグレー、今シーズンの限定カラーのライトベージュ、4色での展開となります。

170218c

定番色のダークカラー、ブラックとネイビー。

 

170218b

春夏シーズンらしいライトカラー、ライトグレーとライトベージュ。

 

170218d

ロクヨンクロスをメインの素材とし、質感から耐久性、使い勝手についてまで、トータルで充分考えられた素晴らしいバックパックです。
シンプルでミニマルなデザインは、合わせる洋服を選ばず、飽きずに長く使えるはず。
機能重視ではあるものの、あくまでシティユースの範囲で考えられていますので、デザインから仕様まで、スマートでクリーンな印象のプロダクトとなっています。

機能を重視すると、どうしてもアウトドアやミリタリーの方面に行ってしまいがちですが、オーバースペックに陥ることなく、標準的な街での普段づかいに必要と思われる機能を、納得するかたちで備えていることに好感が持てます。

 

170218f

細かな仕様の説明は以前に詳細に触れていますので、是非そちらの記事をご一読いただけたらと思います。 → KOCHIRA
これ以上ないシンプルなデザインの中に、どれだけの気遣いが隠されているかが分かっていただけると思います。

STANDARD SUPPLY – Commute Daypack
col : Black / Navy / Lt.Grey / Lt.Beige
price : 18,000 (+tax)

 

170217g

もう一つ、STANDARD SUPPLY にもレザーのシリーズがありまして、カードケースをセレクトしてきました。

Arts & Crafts が “レザークラフト” という観点でレザーアイテムを展開しているのに対し、STANDARD SUPPLY のレザーアイテムは、素材とデザインに透明感があり、上品でクリーンな印象に仕上げていることが特徴です。

 

170217a

レザーはイタリア産のナッパレザーと呼ばれるソフトなものが使われています。イタリア最大手のタンナーが供給する上質な原皮のみを厳選してなめしたキメの細かい美しいレザーです。
硬質な男らしいレザーではなく、やわらかく手馴染みの好い質感が特徴です。

 

170217f

170217d

170217e

170217h

スナップボタンのフラップ式で、内部が3室、外側の後にもポケットが付き、便利に小分けできる機能的な構造となっています。
単にカード入れに限らず、やはり定期入れ+小銭入れ、休日用の財布、第2の財布、など思い思いの使い方をしていただけるアイテムです。

STANDARD SUPPLY / Leather Card Case
col : Black / Navy / Grey
price : 9,000 (+tax)

 

今日も変な天気でしたが、それも春の気配であることは間違いないでしょう。今年は2月のうちから春の気配を感じることが多いですね。

 

LINEで送る

STANDARD SUPPLY – Weekend Soulder.

170210j

STANDARD SUPPLY より、ミニショルダーの定番モデル Weekend Soulder が入荷しました。
その名の通り、週末のちょっとした荷物でのお出かけ用というコンセプトでつくられた非常に使い勝手のよいバッグです。

 

160802k

必要充分のサイズに、適度なスペック。盛り過ぎないことに気をつけながら、しかし気配りは行き届き、たいへん好感の持てる完成度になっていると思います。

小さくとも、外ポケット、内ポケット共にしっかり備えられ、本体がダブルジップ、さらにベルトにはパッドが付き、また取り外すことも可能なので、外してバッグインのポーチにもできると。
そして、このベルトの調節も STANDARD SUPPLY ならではの気の利いた仕様になっています。

バッグ専業のメーカーでないとできない気の利いた仕様は、コーディネイトから実使用までトータルで 『使いやすい!』 と言えるものであり、勇気を持ってミニマルなデザインに着地したことに対して、我々はもっと多くの拍手を送らなくてはならないと思います。
(メーカーとしては、安価で大量生産のプロダクトと見分けがつくようなデザインにしたいはずですから)

 

160802c

170210g

170210i

160802a

160802b

ボディの素材はロクヨンクロス(綿60%ナイロン40%)、ほのかな光沢感がありますが、ナイロン100の素材よりはマットな表面で、より上品な雰囲気です。

ファスナーやベルトといった他の部材もしっかりした質感で、ちょっとしたバッグとは言っても 『いい大人が使うもの』 という意識でものづくりがされていることがよく分かります。

 

170210f

170210a

170210e

160802g

160802h

STANDARD SUPPLY – Weekend Soulder
col : Black / Lt.Beige / Lt.Olive / Blue / Green
price : 11,000 (+tax)

 

Fuzz では、春前はバッグを強化する時期です。他モデルも到着しているものがありますので、また追々ご紹介していきます。

 

LINEで送る

STANDARD SUPPLY – Day Pack.

160801zzzz

使ってます、STANDARD SUPPLY のバックパック。
軽く悩んだ結果、Commute Daypack のグレーに決めました。

実際に使ってそれなりの期間が経ちましたが、使って納得、納得しておすすめ。やはり良品でした。
店頭でもたくさんの人に興味を持っていただき、僕もそれなりに細かな説明をしておすすめしているので、ここでもそれをやっておこうと思います。

 

160801b

まず、素材について。

こちらはロクヨンクロス(コットン60/ナイロン40)ということで、この時点で 『ナイロンデイパック』 というくくりからは外れます。
ナイロンやポリエステルより光らず、表面はマットで上品。 この質感と洋服との相性がたいへん好みなのですが、まずルックスにおいてもアウトドア系のナイロンバッグと一線を画しています。

生地に腰を加えることを目的に、裏側にアクリルコーティングがしてあり、生地そのものの硬さがいい感じに調整されている点も “グッドジョブポイント” (以下”GJP”)です。

ロクヨンクロスの特徴として、撥水性を高めるための “緊密織り” がありますが、これはファブリックの強度においても理にかなっています。
コットンが混じることで、化繊より強さと軽さが劣るかもしれないと思っていましたが、実際に使ってみて、ファブリックの弱さはまったく感じません。

 

160801k

つづいてパーツの話、ファスナーです。
YKK の高級ラインである 『エクセラ』 というものを使用しており、滑りも好く、ルックスもたいへん上品です。

このファスナーのクオリティが高いことで、これだけストレスは減るのか(エルベ・シャプリエとの対比)と思った次第で、これは非常に大切なポイントであると言えます。

 

160801j

外側のポケットにも同じファスナーが使われていて、注目すべきはここもダブルジップの仕様になっている点です。
片方の肩からさっと外して、片肩掛けの状態(バッグそのものは横や斜めになっている状態)で開閉する機会が多いという、実使用に則した観点から 『こうした方が絶対に便利』 ということで実現しました。使ってみると納得するポイントです。
ここに財布を入れることもあるであろうということで、丁寧に考えられています。

 

160801l

ついでなのでこの外ポケットに触れますと、この内部にもポケットが備えられ、小さなものを小分けにできるよう配慮されています。
スマホとキーを一つところにしまって歩き走れば、スマホのディスプレイはどうなるか?という観点。満を持すなら、このクリップにキーを固定した状態でポケットにインして、スマホは隣のポケットにインしておけば、まったく安心です。そうしたら手帳か財布はここに収まります。

僕のこのポケットの使い方は、小さいポケットにスマホとカードケースを入れ、外ポケット本体に財布を入れて使っています。

 

160801e

サイドのポケットは、両側についていますが、片側のみベルクロ仕様になっています。
ベルクロ側には、定期入れやキーなど、大切なものを入れることを考慮されていて、ベルクロでない方には、ペットボトルを、というイメージということです。

 

160801d

ベルクロですが、真ん中に指一本が差し込める空白をつくっているところが GJP です。
ベルクロを剥がして開けることくらいでストレスを感じたくはない、という非常に細やかな配慮。この部分は日本のブランドならではの気配りではないでしょうか。

僕はベルクロ側にキーを入れ、ベルクロでない側にランドレスのファブリックフレッシュを入れています。

 

160801o

つづいてはメイン内部にいきましょう。

背面に当たる部分に仕切りのポケットが付き、書類などは分けて入れることができるようなつくりになっています。特に電子機器用のパッドは入っていませんが、ノートパソコンも入れるならここになるでしょう。
ストラップで口を留められるのも気が利いています。

それから、Commute Daypack の方だけの仕様ですが、底面にウレタンパッドが付属していて、衝撃緩衝が必要ならこれを敷いた状態で使い、不要ならタテにした状態で使うということができる仕様になっています。
底面をきれいなまっすぐな面にしたいか、したくないか、という判断にもなるでしょう。

 

160801p

また、内部にブランドラベルがレザーで付いている点も、なかなかの気概ではないでしょうか。
内部で見えない部分にレザーを使うというブランドとしてのこだわり。外部の目立つ部分にブランドのラベルが付いてしまうのはちょっと、、、というユーザーの憂鬱もしっかり理解しつつのナイスプレーです。

 

160801h

頭に付くフックというのか、持ち手というのか、この部分にはグローブレザーを巻いています。
電車などでここを握らざるをえない状況は多く、この配慮も実際に使ってみると非常にありがたいと思えるポイントです。

エルベ・シャプリエ対比になりますが、エルベのここを重たい状態で持つのは実はけっこう辛いので、これはありがたかったです。

160801g

ショルダーストラップには、10ミリ厚のウレタンパッドが入ります。ベルトの幅と厚さ、大げさになりすぎずにいい感じです。

 

160801i

そしてこのショルダーストラップですが、ナイロンのテープ部分とパッドの入っている部分とは、縫製による接合ではなく、ナイロンテープがウレタンパッドの中を貫通して、上部のベルトの縫い付け部分まで繋がっています。
ステッチがほどけることでストラップが切れる、という事態は起こりえないようなつくりになっています。

ベルトの下側の結合部分、ここにリングが使われていますが、僕はここにひょろりと垂れるナイロンテープの余った部分を差し込んでいます。
垂らした状態であると、夏は腕に当たるのが多少気にかかるのですが、こうするとノーストレスです。

 

160802p

160802o

ということで、ちょっと長くなりましたがいかがでしょうか?
荷物がさほど多くない人は、Daily Daypack を、多い人は、Commute Daypack をおすすめします。

バックパック、リュックサック、世に様々ありますが、シンプルなローテクタイプというジャンルでは最高峰の部類に入るのではないかと思います。
いや、あえて言うなら、エルベ・シャプリエとの双璧でありましょう。

仕事でとか、毎日とかになると、物理的な使いやすさと、ヘビーユースでへこたれない品質の確かさ、そして服装に合わせやすいデザイン的な使いやすさと、大きな意味での使い勝手の好さが必要になってくると思います。
STANDARD SUPPLY のバックパックは、あらゆる服装にそっと寄り添う地味なルックスと、淡白な見た目には思いもよらない細やかな配慮の行き届いたディテールで、日々の相棒として活躍してくれるはずです。

細やかな配慮、使い勝手の好さ、これらを気持ちいいくらい無視しているのが エルベ・シャプリエのリュックサックでしょう。
(それなのに、お値段まあまあ!)
こちらはファッションとしての気分とか、スタイルみたいなことを大切にするタイプのアイテムであり、ルックスはそれほど遠くないですが、またまるで違ったものと言っていいでしょう。

“エルベの価値は死なない” みたいなことがファッションの面白い部分でもあり、僕は両方大事にしていきたいと思っています。
実用面、機能面は大切ではありますが、それオンリーでは楽しさが減るだろうと。

エルベ・シャプリエの持つ何だか分からない魅力については、語りすぎると面白くなくなるので、これ以上は語りますまい。

 

話は変わりますが、実はわたくし、個人的にバックパックを愛するようになったのはこの一年くらいなもので、それまではユーザーとしては縁遠いアイテムでした。
昨年、引っ越しをして駅まで歩く距離が増えたこと、寄る年波で腰痛の方が笑えなくなってきたこと、いくつか事情が重なって、必要に迫られました。

使ってみたら手放せなくなるもので、今では10のうち8はバックパックを使う日々となってしまいました。
同じように、これまで身近でなかった人にこそ、是非試していただきたいと思います。

ではでは、長くなりましたのでこの辺で。
STANDARD SUPPLY のバックたち、是非お試しになってみてください!

 

LINEで送る

STANDARD SUPPLY.

160801c

新登場、STANDARD SUPPLY のバッグです。
シンプルなデザインに機能性の高さが秀逸、日本のバッグ専門ブランドです。

 

●STANDARD SUPPLY
『LEAN, LESS AND LEAVE』
僕らが日々、本当に必要とするモノとは?
使う人のコトをイメージし、ただシンプルに本質を見極める。
そこから生まれたモノは使う人によってまた育てられていく。より多くの気持ちをより少ないデザインで。
STANDARD SUPPLYは余白美を感じさせるクリーンなデザインで長く愛されるプロダクツを目指します。

 

160802o

まずはブランドを代表するモデルとなる Daily Daypack、中型サイズのシンプルなバックパックです。
ブラック、ベージュ、ブラウンの3色でご用意しました。

いわゆる “ナイロンバックパック” ではなく、素材はコットン60・ナイロン40の “ロクヨンクロス” 。 シンプルなルックスながら、素材、ファスナー、内外ポケット、ストラップなどの質と仕様に妥協のないつくり込みが為されており、究極の実用性能を備えたシンプル・バックパックと言っていいと思います。

 

160802p

こちらが Daily Daypack をひとまわり大きくした Commute Daypack というモデル。
ディテールや仕様などはそのままに、容量が大きくなって、より男性の通勤・通学を意識したものとなっています。

ブラック、ネイビー、グレーの3色展開です。

 


160802d

ミニショルダーの Weekend Shoulder は、その名の通り、週末のちょっとした外出の際の便利が考えられた、これも実用的なシンプルバッグです。

財布やケータイ・スマホ、文庫本、などといった小さな荷物を最低限という容量で、『そうそう、この大きさ!』 というサイズ感が秀逸。内外のポケットも豊富で、またストラップを取り外してバッグ・インのポーチとしても活用できる優れものです。

目立ちにくいところですが、ストラップの長さ調節の仕様が非常に気が利いていて、ブランドに対する信用度とか好感度が上がるポイントになっています。
こういう細かな点で、『ああ、しっかり研究して、真摯に取り組んでいるブランドなんだな、、』 と僕は感じました。

 

STANDARD SUPPLY – Daily Daypack
col : Black / Beige / Brown
price : 16,000 (+tax)

STANDARD SUPPLY – Commute Daypack
col : Black / Navy / Steel Grey
price : 16,000 (+tax)

STANDARD SUPPLY – Weekend Shoulder
col : Black / Brown / Green
price : 11,000 (+tax)

 

ご存知の方もいるかと思いますが、現在 Hervier Production との協働アイテムとして展開中の Arts and Crafts と兄弟ブランドのような関係です。
このバッグは僕も個人的に使っており、Arts and Crafts のバッグに対して好印象をもつきっかけになりました。(Arts and Crafts でもバッグや財布などの展開を予定しています)

そしてこの STANDARD SUPPLY のバックパックも一足先に愛用しているのですが、『なるほど、すごくいい!』 という感想ですので、確信をもっておすすめできる品々であります。

Arts and Crafts にしても、この STANDARD SUPPLY にしても言えることですが、①しっかりした意識で身だしなみをしている大人に対応する信用できる素材感とクオリティである、②それらの人々が実使用の面でできる限りストレスを感じないような機能性を備えている、
ということをプロダクトから感じます。

ブランドに関わっている人たちが実際に使用して、改良を加えながら一つのモデルを育てていくということらしいので、一朝一夕ではないという部分で信用できると思うのです。
バッグというのは用途によって求められる機能性・実用性も変わってきますが、仕事用などでデイリーに使うとなると、こういった姿勢でつくられる日本のブランドに大きな分があるように感じます。

それぞれ、細かい気配りポイントがありまして、また後日、時間のあるときに説明したいと思います。
まずは入荷案内、ブランド紹介ということで。
以後、よろしくお願いいたします!

 

LINEで送る