New Arrivals.

161017e

FUJITO から新作入荷です。
ブランド定番モデル Hood Coat の秋冬ver. が登場です。

 

161017j

Fuzz ではたまたま春夏シーズンでの扱いが続きましたが、今シーズンにようやく秋冬シーズンのリリースに当たることができました。
秋冬向けはしっかり裏地が付いて、重厚な、いわゆるコートらしいコートのイメージとなっていて、春夏の軽やかなコートとはひと味違った魅力を感じさせてくれるように思います。

 

161017h

フードの付いたステンカラーコート、それが Hood Coat。
フードが付くことによって、トラッドな印象からかなりカジュアルな方面への幅が広がります。ある程度着るだけカチッと感が出てくるステンカラーコートを、少しだけ脱力させるような効果があるのはないでしょうか。

フードそのものは着脱が可能ですので、トラッドにキメたいときは外せば問題なしで、これはこれでベーシックなハンサムコートとして合わせていただけます。

 

161017d

生地はコットン+ナイロンの高密織り。見え方も美しく、防風性や撥水性もかなりのものとなっています。

 

161017i

今シーズンのマイナーチェンジとして、ポケットを2段構えにしている点が挙げられます。
デザイン的なアクセントとしてもさることながら、Pコートのマフポケットのようなかたちで、肘を張り出してポケットインするという “スタイル” におけるアクセントを狙ったものとなっています。
洋服好きでないと考えつかないようなアイディアがなんとなく嬉しいと感じました。

 

161017a

裏地の仕様もしっかりしていて、この部分も雰囲気をしっかりつくってくるところも服好きポイントでしょう。(Oliver もまさにそう)

 

161017k

FUJITO – Hood Coat
col : Navy
size : S / M / L

 

161018b

日本のニットブランド comm. arch. からも新作が入荷しました。
Tweedy Jumper と名付けられた素材感の妙が楽しめる “らしい” プロダクトです。

 

161018a

こちらはニュージーランド産のメリノウールを素材とし、極限まで度詰めで編んでからお湯で洗って縮みをかけたという生地が使われています。
『圧縮フランネルニット』 というらしいですが、要するに縮絨をかけているということでフラノ(フランネル)だと思っていただければいいでしょう。

この生地がツイードのような素材感になっているところが特殊で、さらにゲージの違う生地を組み合わせて完成させているところがたいへんに面白いポイントとなっています。

 

161018c

161018e

ボディと袖やリブ、エルボーパッチなど、ゲージの違う生地をクレイジーパターンで組み合わせています。
単色ながら、凝りに凝ったデザインであると言って差し支えないと思います。

comm. arch. – Tweedy Jumper
col : Blackout
size : 3 / 4
price : 20,000 (+tax)

 

161019a

suolo からは新型のレザーバッグ SAHARA が入荷しています。
こちら既に店頭に並べていますが、『いいね!』 と気が付いた人全員に声をかけられています。 (気が付かない人も大勢います)

 

161019b

ミニショルダーの kid のレザーver. を先日ご紹介しましたが、その兄弟のようなモデルと考えてください。
大きさ的にはだいだい中型と言えるような感覚の、使いやすいサイズのものとなっています。
ミニショルダーでは用が足りないかもという場合には、こちらが安心ではないでしょうか。

 

161019e

国産のレザーで縫製も国内ということで、質感もいい感じです。
かと言って、あまりジャパニーズな薫りが強くないところが Fuzz が好む suolo のいいところ。

 

161019d

161019c

suolo – SAHARA
col : Black / Dk.Brown
price : 26,000 (+tax)

 

LINEで送る

suolo – Kid Leather.

160903h

suolo から新作のバッグが入荷しました。
ミニショルダーのレザーバッグ。定番展開されている Kid のレザーバージョンです。

バッグの新作入荷が続いていますが、どれもこれも違ったタイプなので楽しんでいただけると思います。
suolo もまたインポートブランドに劣らない面白さがあり、かつ国産ならではの配慮もありと、独特のバランスをもったブランドです。普通のバッグブランドとは違ったアプローチをしていますので、このブランドならではと言えるような雰囲気を持ったプロダクトを生み出しています。

 

160903i

プライスは間違っていない?と確認してしまいそうなのに(16,000円+税)、素材は国産の上質カーフレザーを使っています。
もともと定番型を使っているということで、ゼロからつくったわけでなく、ストラップはレザーでなくキャンバスを使っているということもあり、レザーバッグとしては嬉しい水準のプライスにおさまっていて、この点も立派な魅力と言えるでしょう。

 

160903g

160903c

160903d

160903e

レザーはシボが見られるものと、スムースなものと個体差はあります。
全体的にだったり、部分的にだったりしますが、これはレザーの特性としてご理解ください。

 

160903j

160903b

内部の仕様など、変更なくまったく同じになっており、ライニングとしてコットンキャンバスが張られていますが、この外側がインナーポケットになる構造になっています。
本体はスナップで口を閉じることができます。

 

160903l

suolo – Kid Leather
col : Black / Dk.Brown
price : 16,000 (+tax)

 

小荷物街歩き用に、また週末居酒屋バッグとして。2シーズン展開していたキャンバスの方の Kid の好評が既にありますので、このレザータイプも間違いないと思います。
どんな格好にもよく合い、気張らずに使えるレザーバッグとして重宝するはずです。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

(世間話)

ネガティブな往年のカープファンは、熱狂をよそに頬をつねりすぎて顔が変形していると聞きます。
こうなったら黒田で決めてほしいですね。

僕はヤクルトを応援する者ですので、これからが熱い時期になります。
ですけども、熱狂的なファンではないので、プロ野球ファンという立場として、今年はカープに日本一になってほしいなぁと思います。
日本シリーズはともかく、どうにかクライマックスシリーズでやられないようにと願います。ましてや巨人にやられないようにと願います。

サッカーもテニスも面白いし、やはり秋は秋で楽しいですね。

しかし秋と言っても、昨日までは熱帯的な暑さが戻ってきていて嫌な暑さでした。今日は暑いながらもさほど不快ではないですね。
この暑さが肌で感じられる程度にやわらいだその瞬間、“着る” 感覚もいよいよ秋モードに入るような気がします。

ひきつづき、秋の準備を進めていきますので、モードに突入したら是非ご来店ください。

LINEで送る

suolo – Mail Pouch.

160610h

suolo の Mail Pouch が新しく入荷しました。

こちらは、バッグ・インで使う小ぶりサイズのポーチです。性質としてよりツール感の強いアイテムということで、suolo の中の 『01(ゼロイチ)シリーズ』 となります。
過去に何度か別のデザインで Fuzz でも登場していますが、デザイン・テイストを変えながら定番モデルとして継続している隠れた人気モデルです。

 

160610g

今回のデザインは、ブランドオリジナルで作成されたファブリックが使われ、より “TOOL” な雰囲気をまとっているように思います。

古着、ヴィンテージ、ミリタリーに心得がある人なら見たことがあるかもしれません、スイス軍のジャケットなどで使われていた杢調のヘビーなキャンバス。
太めの糸を使っているためにゴワゴワしていて、色目としてはライトグレーという感じです。

オリーブのほうはミリタリーテイストなコットンのミニヘリンボーン。こちらはグリーンがやや強いというスウェーデン軍のアーミーカラーです。

 

160610f

160610e

160610b

160610d

ロゴマークのようなクラウンのプリント、これはスウェーデン軍のマークです。

ということで、スイス軍とスウェーデン軍を元ネタにしているということで、このファブリックを使ったアイテムは “SWシリーズ” と名付けられました。
(今回セレクトはしていませんが、このシリーズのバッグもあります)

ややもすると、メンズ的には軟弱なイメージになりやすいポーチというアイテムですが、今回のデザインでは、やや武骨で、男臭いニュアンスが入り、より堂々と使える雰囲気になっているように思います。

 

160610a

160610j

160610i

だいたいの大きさの参考になるでしょうか。
一般的なポーチの大きさと言いますか、おそらく想像通りのサイズ感であるとは思います。

ガジェットケースとして、デジタル製品の付属品を入れたり、今の時期なら汗や匂い対策に関するスプレー的なもの、さらさらシートなどを入れたり、使い方はいろいろとイメージできるはず。
あるいは、実際に手に入れてからいくらでも使い方が見つかりそう、とも言えそうです。

suolo – Mail Pouch
col : Olive / Lt.Grey
price : 2,800 (+tax) / 3,200 (+tax)

LINEで送る

suolo – Fitter.

160218a

suolo の Fitter が入荷しました。

ボディバッグ、ウエストバッグというタイプの小ぶりバック Fitter は、“01(ゼロイチ)シリーズ” と呼ばれる別ラインとなります。
ゼロイチシリーズは、キャンバスやレザー素材をメインとするメインのラインとやや趣を異にし、より道具として機能的であることを求めています。
メインラインが 『何かのツール・道具的なバッグというプロダクト』 であるのに対し、ゼロイチシリーズは、『(バッグという)道具としての機能性を求めたプロダクト』 と解釈できます。

 

160218e

160218d

160218f

ボディの素材はコーディラナイロン。
そして suolo のアイコン的なディテールでもあるレザーのパーツが付きます。
このベルトの部分、デザイン的なアクセントということはもちろんですが、何かキーホルダーのようなものを付けたりすることもできそうです。

 

160218b

160218c

容量としては最低限と言えるもので、財布やスマホ、文庫本1冊、くらいでしょうか。
ちょっとした外出や、そもそも可能な限り小さな荷物にしたいタイプの人にはうってつけですが、考えてみればいろいろと活用できると思います。

サイクリング、キャンプ、フェスなどのアウトドア全般には、こういった身に付けていても動きの邪魔をしないようなタイプのバッグは重宝するはずです。
また、旅行、逆に近所へのちょっとした外出、エトセトラ、、、

 

160218h

160218g

数年前、キャンバス素材で展開された時には好評で、以後、復活を望む声も多かったモデルです。
僕もその時に手に入れて、ずいぶん便利に使ったのですが、実はウエストポーチとして腰に巻いて使うことがほとんどでした。
かなり使いこみ、目に見えて色褪せてきたので、今回また確保しようと思います。個人的な意見では、ナイロンになったのはすごく賛成で、より機能的になると確信しています。

suolo – Fitter
col : Khaki / Black
price : 8,500 (+tax)

 

Crop Middle のお問い合わせを多くいただきますが、3月に1度、ゴールデンウィーク前頃に1度、再入荷を予定しています。
継続して生産されているのですが、月産数は少ないため、少数ずつに分かれての再入荷になってしまいます。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

2月23日(火)は定休日となります。

店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、2月24日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

suolo.

151216u

suolo の Crop Middle が4色で入荷してきました。

Fuzz では、かなり長い期間にわたって、定番的に揃えていた suolo の Crop ですが、リクエストの声多数により、今回から “Middle” という一まわり小さいサイズのものに変更してみました。
素材やディテールなどはまったく同じ、サイズのみ少し小さくなるというモデルです。

 

151216a

151216l

151216j

151216i

151216f

151216m

151216n

Crop の大きな特徴は、肩掛けとハンドルの2WAY仕様であることだと思います。
肩掛けといっても、片肩掛けと斜めショルダーのどちらもいけますので、3WAYと言っても間違いではないでしょう。

コーディネイト面も含めた使いやすさは、これまで多くの人が実証し、また中型サイズにおさまるこのサイズ感になったことで、より使い勝手のよさがアップするのではないかと思います。

 

suolo – Crop Middle
col : Greige / Brick / Khaki / Black
size : 14,000 (+tax)

 

151216r

つづいて、こちらは再登場となるミニショルダータイプの “Kid”。

Crop シリーズよりヘビーウェイトのキャンバスが使われ、加工によって多少クラッキングさせ、より馴染みのよい感じで仕上げられています。

小荷物派や、“ちょっとそこまで” の外出用に重宝するサイズかと思います。

 

151216q

151216s

151216t

151216p

公的な忘年会もだいたい終わり、ここからは友人などとの気さくな飲み会が増えると思います。
楽な恰好で夕方からひょいと出掛ける用のバッグとしては完璧ですね、という話をお客さんとしたことを思い出します。
“地元で野暮用バッグ”、“飲み会バッグ” のようなイメージでもおすすめです。

 

suolo – Kid
col : Black / Green / Khaki
price : 11,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

昨日、依頼した任務をやり遂げてくれたみなさん、お疲れさまでした。
そして改めて、ご協力ありがとうございました。
とりあえずはドッキリではなかったという確証をとりましたので安心してください。

高橋さんをキャプテンとするこのチームは非常に素晴らしかったです。
僕は最大級の敬意を込めて、このチームに 『曇り空で輝く憂鬱な野郎たち』 という名称を捧げることにします。(僕を知る人ならどれだけ褒めているか分かると思います)

曇り空チームのみなさん、機会さえあれば次回もアサインすることがあると思いますが、堀さんをキャプテンとする 『プレイボーイ!』 というチームが結成を噂されています。リストアップされる名前は大物ぞろいであったので、どうか精進怠りなく。

 

『何を言っているんだ??』 と思っているみなさん、来月16日発売の雑誌 『2nd』 を是非ご覧になってみてください!

 

LINEで送る