suolo – Barley.

200506a

suolo の新作バッグが入荷しました。
新型、新素材のトートバッグです。

 

200506i

200506j

やや大きめ中型の縦長トートバッグ。ベーシックなスタイルで安心感を感じさせてくれるデザイン、サイズ感となりますが、意外とありそうでない縦横比なのかもしれません。

 

200506e

“ミリタリージュート” と名付けられたジュート麻のツイル織り生地。特に春夏に限定したファブリックではなく、今後年間定番として運用されていくとのことです。

ポイントは、コットンキャンバスではなく、ジュートツイルであるということ。ジュートは頑丈で軽量、コットンよりも繊維が硬いこともあり、糸が節立ってしまうため、織りムラのように見える箇所がところどころに見られます。そのムラも含めて、素材感が際立ち、天然素材特有の風合い、趣を感じられるというものです。
栃木レザーによる縁取りもさりげなく効いていて、ナチュラルな柔らかさだけにならないよう引き締め効果があると思います。

 

200506f

suolo の考え方として、バッグをファッションアイテムとして捉えているということがあります。もちろん実用性をないがしろにするわけではありませんが、機能とお洒落、どちらを優先しますか、という話で、suolo はコーディネイトで映えるということを大切にしたいということです。

ですから、実用性を優先してポケットを機能的に配置するということもせず、デザインの中で無い方がよければ無いでもいいだろうと。むしろデザインを邪魔するくらい必死にポケットや何やらを装備するのはちょっと興ざめしちゃうかな、、みたいなスタンスです。

 

200506d

200506c

このモデルもポケットは左右側面の方に二つ、前後と内部は無しという潔いつくりです。すっきりしたアナログ感、そして素材の風合いが映えるような全体像となっております。

 

200506g

200506h

ハンドルの長さは肩を通すのにぎりぎり足りるくらいです。これは肩から掛けずに、手でグリップして持つスタイルが考慮された結果で、ここがもう少し長いと、手持ちで提げた時に、地面に届いてしまう心配が生じます。
デザイナーさんは、バッグを持っている姿、見え方を大切に考えていて、ブラブラと手で持つということをかなり重視されています。

毎日使うビジネスのバッグに機能を求めるのは当然としても、プライベートの私服用のバッグとして考えた時には、suolo の鷹揚な考え方も魅力的に感じます。
機能性のありがたさと、滋味溢れる天然素材の魅力。バッグとしては、なかなか両立しない2つの要素ですが、場面を選びながらどちらも楽しめるといいですね。

 

200506b

suolo – Barley
col : Beige / Black
price : 13,000 (+tax)

 

*******

■タイムセール&送料無料キャンペーン中!(5月31日まで)
①期間限定、品数限定のタイムセールを実施 → こちら
②送料無料
③新規会員登録で 500ポイント付与

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

 

LINEで送る

suolo – Ibex.

200208a

suolo の新作バッグが入荷しています。
今季新型のリュックサックのモデル Ibex は、キャンバスとレザーパーツのコンビネーション。今回もたいへん suolo らしい雰囲気です。

 

200208b

200208c

200208d

ヴィンテージのミリタリーバッグを彷彿とさせるような、なんとなくレトロな風情。このなんとなくレトロとか素朴とかいう印象から連想するノスタルジーのようなものは、suolo のバッグに共通するニュアンスなのかもしれません。

 

200208e

帆布もこれまでのものと一新して、”ミリタリーキャンバス” と名付けたUS産のものとなっています。非常にしっかりした厚みがあり、これに後加工のバイオウォッシュでアタリをつけています。

レザーはいつも通りの栃木レザー。厚みのある重厚なレザーとなっております。

 

200208o

フラップを開けるとコードで絞る式の本体口。コードを留めるレザーパーツはホールド感がしっかりしていますので、紐を結ばずにキュッと絞るだけでも大丈夫です。

 

200208h

200208j

内部ポケットが備えられ、背側のファスナー口からこのポケット内部にアクセスする構造になっています。

 

200208f

ハーネスの打ち込み方は何やらものものしさがあり、かわいさの裏にある頑強さというギャップがいいです。

裏には緩衝のためのウールフェルトがしっかりです。

 

200208k

200208g

200208r

suolo のバッグは、ファッションからのアプローチです。
コーディネイトした時の見え方という部分を優先してデザインしていて、化繊素材の機能性重視のバッグでは表現できないものを目指しています。天然素材ならではの、素材そのものの魅力を上手に駆使し、ぬくもりやら愛嬌やら、アナログな美観が引き立っていることが魅力のように思います。

シティでアーバンなスタイリッシュ・ユーティリティバッグの魅力も当然分かりますが、リネンだったり、ウールのツイードだったり、天然素材の質感が引き立つ洋服を着たときには、やはりバッグのテイストもこっち側に振れるとまた一層、というものではないでしょうか。

 

200208n

200208p

200208m

200208l

suolo – Ibex
col : White / Beige / Night Black
price : 23,000 (+tax)

 

LINEで送る

suolo – Nomad.

191201p

suolo のバッグをご紹介します。

Fuzz では初登場となりますが、ブランドとしては定番モデルとなります、Nomad。キャンバス×レザーのしっかりした素材感の中型サイズです。

 

191201e

191201f

素材としては、ボディが6号キャンバス、レザーが栃木レザー。
厚地でがっちりしたキャンバス生地は、表面にパラフィン加工が為され、その後にバイオウォッシュをかけるという方法で、独特のアタリのある表情と質感になっています。

栃木レザーのパーツの部分も、サドルレザーのような厚みがあってしっかりです。
全体として重厚感があり、タフな仕上がり。多少どこかにぶつけてしまっても、ぶつかってこられても、ほとんと意に介さないですむようなタフネスを感じさせてくれます。

 

191201g

191201h

ワンショルダー、斜め掛け、手持ち、使い方としては3通りです。
ベルトの調節穴が15個ありますので、短めにして片肩掛け、長めにして斜め掛け、口の内側にグリップできるベルトがありますので、そこを掴んで手持ち、という具合です。

 

191201a

191201c

191201b

191201k

内装のつくりは suolo ならでの仕様です。
厚地キャンバスがライニングとされていて、本体がスナップボタンで閉じられます。そのライニングとボディのキャンバスとの間に生まれる空間が内ポケットという扱いになります。

小さなストラップも付きますので、これで本体の口が開かないようある程度固定することもできます。不要であれば取り外せます。

 

191201i

191201l

191201j

結構前からあるモデルなので、店頭では既にお使いの方もちらほらと目にします。
ここのところ、意外とこの大きさのバッグのラインナップが手薄な気がして、ずっと機をうかがっていたこの Nomad をご用意した次第です。

機能重視のバッグには期待できない類いの、素材感を生かしたファッション性を suolo は意識しています。どちらがいいということではなく、使い分けだと思いますので、最近ちょっとナイロンものばかりだな、というみなさんは是非チェックしてみてください。

『やっぱり使い勝手だけしか求めないのは寂しいじゃない』
suoloデザイナーの水野さんはいつも笑ってそう言っています。

 

191201m

191201n

191201o

suolo – Nomad
col : Khaki / Black
price : 19,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190313a

Arts & Crafts の新作バッグが入荷しております。

かたちとしては Fuzz でも少し前に展開がありました、巾着型のポーチです。新しい素材、グローブレザーのモデルとなります。
こちらは男女問わずにお使いいただけると思います。

 

190313e

190313d

190313b

長材布も入ります、という大きさで、小荷物用のミニショルダーとほとんど変わらない収納力かと思われます。ただスタイル重視のバッグとなりますので、内外にポケットなどは付きません。

バッグ然としたバッグではなく、袋に入れてプラプラしながら、、
なんとなく小粋な感じもあり、新しい小荷物バッグのスタイルと言えるのではないでしょうか。

 

190313i

190313f

190313g

190313c

素材は北米産のカーフを姫路でタニングしたグローブレザーです。やわらかくて手なじみが好く、発色もきれいです。

素材やつくりに関する信頼感は、相変わらず間違いないものがあります。品質とつくりの確かさに対してのプライス設定についても非常に好感が持てるブランドです。

 

190313h

Arts & Crafts – Draw Strings Pouch M *Carlos Glove Leather
col : Black / Tan / Olive
price : 12,000 (+tax)

 

190314b

suolo からも新作です。
新モデルとなるサコシュ型ショルダーバッグ、こちらもレザーのバッグとなります。

 

190314c

薄マチのサコシュはだいぶ一般化して定着してきた感がありますが、suolo からも出てきました。
すごく大きな特徴があるわけでもなく、シンプルではありますが、しっかりと suolo らしさも感じられるのがさすがです。

 

190314g

ボディの素材は姫路レザー。
内部にコットンの内張りが付き、その内張りを利用してポケットを形成するという他モデルでも見られるディテールが継承されています。

 

190314e

190314d

190314f

190314j

もちろんバッグであることは間違いないですが、『ポケットを掛けている』 という感覚がサコシュ特有のものではないでしょうか。身体に近く身に着けて自転車に乗ったり、あるいはお子さんと遊んだり、普通のバッグに比べてアクティブに向いているという特性も一つの魅力ではないかと思います。

 

190314a

suolo – Bell Leather
col : Black
price : 15,000 (+tax)

 

LINEで送る

suolo – Woodpack.

190203q

suolo の新登場モデル、Woodpack が入荷しました。
なんとも suolo らしい、どこか懐かしいような、不思議な魅力をもったバックパックです。

 

190203f

モデルとしては少し前からスタートしていますが、なかなかの好評を博しているとのこと。
Fuzz としては、STANDARD SUPPLY のバックパックたちと対極に位置していて、いいコントラストになると思っております。
対極というのは、常に、互いの好さを引き立てあうのであります。

 

190203b

suolo らしいのは、やはり一番は天然素材を用いていること。どうしたって化繊素材にはないモノとしての温もりを感じます。
またその素材感にマッチするデザインもブランドのテイストがしっかり反映され、機能性に走りすぎず、また盛りすぎず、適度に抑制の利いたものとなっている点に魅力を感じます。

そして最終的には、『使い込んでいきたい』 と思わせる魅力、これに尽きるように思います。使うことで表情が生まれるのが天然素材ならではの魅力でもありますし、しっかりした素材がくたびれるほど使っているという自分なりの満足感を得られます。これが 『道具』 を愛用する楽しさの本質でもあり、suolo はそういう意味合いでバッグを 『道具』 と捉えているのです。

 

190203p

190203e

190203d

本体が9号キャンバスのバイオウォッシュ、ごつくない厚さなので重さはそれほどでもなし。レザーは存在感のあるしっかりした栃木レザー、ハーネスの裏にはフェルトが充てられています。

素材感が前面に感じられ、全体としてどことなく愛嬌のある無垢な雰囲気が非常に suolo らしいと思います。
他で似たようなもののないオリジナリティがありますので、単純にこの雰囲気が好きかどうか、自分の服装に調和するかどうか、というファッションのところで判断できるように思います。今やバッグも膨大な選択肢がある時代ですから、この独自性、またそれを由来とする潔さと分かりやすさはとても貴重ではないでしょうか。

 

190203i

本体はダブルジップ、開閉の範囲が広いです。

 

190203h

本体へのアクセス口が背面側にも備えられています。

 

190203k

190203l

190203o

190203n

suolo – Woodpack
col : Green / Black
price : 19,000 (+tax)

 

LINEで送る