New Arrivals.

190313a

Arts & Crafts の新作バッグが入荷しております。

かたちとしては Fuzz でも少し前に展開がありました、巾着型のポーチです。新しい素材、グローブレザーのモデルとなります。
こちらは男女問わずにお使いいただけると思います。

 

190313e

190313d

190313b

長材布も入ります、という大きさで、小荷物用のミニショルダーとほとんど変わらない収納力かと思われます。ただスタイル重視のバッグとなりますので、内外にポケットなどは付きません。

バッグ然としたバッグではなく、袋に入れてプラプラしながら、、
なんとなく小粋な感じもあり、新しい小荷物バッグのスタイルと言えるのではないでしょうか。

 

190313i

190313f

190313g

190313c

素材は北米産のカーフを姫路でタニングしたグローブレザーです。やわらかくて手なじみが好く、発色もきれいです。

素材やつくりに関する信頼感は、相変わらず間違いないものがあります。品質とつくりの確かさに対してのプライス設定についても非常に好感が持てるブランドです。

 

190313h

Arts & Crafts – Draw Strings Pouch M *Carlos Glove Leather
col : Black / Tan / Olive
price : 12,000 (+tax)

 

190314b

suolo からも新作です。
新モデルとなるサコシュ型ショルダーバッグ、こちらもレザーのバッグとなります。

 

190314c

薄マチのサコシュはだいぶ一般化して定着してきた感がありますが、suolo からも出てきました。
すごく大きな特徴があるわけでもなく、シンプルではありますが、しっかりと suolo らしさも感じられるのがさすがです。

 

190314g

ボディの素材は姫路レザー。
内部にコットンの内張りが付き、その内張りを利用してポケットを形成するという他モデルでも見られるディテールが継承されています。

 

190314e

190314d

190314f

190314j

もちろんバッグであることは間違いないですが、『ポケットを掛けている』 という感覚がサコシュ特有のものではないでしょうか。身体に近く身に着けて自転車に乗ったり、あるいはお子さんと遊んだり、普通のバッグに比べてアクティブに向いているという特性も一つの魅力ではないかと思います。

 

190314a

suolo – Bell Leather
col : Black
price : 15,000 (+tax)

 

LINEで送る

suolo – Woodpack.

190203q

suolo の新登場モデル、Woodpack が入荷しました。
なんとも suolo らしい、どこか懐かしいような、不思議な魅力をもったバックパックです。

 

190203f

モデルとしては少し前からスタートしていますが、なかなかの好評を博しているとのこと。
Fuzz としては、STANDARD SUPPLY のバックパックたちと対極に位置していて、いいコントラストになると思っております。
対極というのは、常に、互いの好さを引き立てあうのであります。

 

190203b

suolo らしいのは、やはり一番は天然素材を用いていること。どうしたって化繊素材にはないモノとしての温もりを感じます。
またその素材感にマッチするデザインもブランドのテイストがしっかり反映され、機能性に走りすぎず、また盛りすぎず、適度に抑制の利いたものとなっている点に魅力を感じます。

そして最終的には、『使い込んでいきたい』 と思わせる魅力、これに尽きるように思います。使うことで表情が生まれるのが天然素材ならではの魅力でもありますし、しっかりした素材がくたびれるほど使っているという自分なりの満足感を得られます。これが 『道具』 を愛用する楽しさの本質でもあり、suolo はそういう意味合いでバッグを 『道具』 と捉えているのです。

 

190203p

190203e

190203d

本体が9号キャンバスのバイオウォッシュ、ごつくない厚さなので重さはそれほどでもなし。レザーは存在感のあるしっかりした栃木レザー、ハーネスの裏にはフェルトが充てられています。

素材感が前面に感じられ、全体としてどことなく愛嬌のある無垢な雰囲気が非常に suolo らしいと思います。
他で似たようなもののないオリジナリティがありますので、単純にこの雰囲気が好きかどうか、自分の服装に調和するかどうか、というファッションのところで判断できるように思います。今やバッグも膨大な選択肢がある時代ですから、この独自性、またそれを由来とする潔さと分かりやすさはとても貴重ではないでしょうか。

 

190203i

本体はダブルジップ、開閉の範囲が広いです。

 

190203h

本体へのアクセス口が背面側にも備えられています。

 

190203k

190203l

190203o

190203n

suolo – Woodpack
col : Green / Black
price : 19,000 (+tax)

 

LINEで送る

suolo – Crop Middle.

180705

久しぶりの入荷となりました、suolo のクロップ・ミドル。
定番のグレージュ、ブリック、ブラック、3色が入荷してきました!

 

180705d

コットンキャンバスとレザーのパーツという天然素材ということで、ナイロンやPUのハイテク系バッグとは趣が異なります。

やはり忘れてはいけない天然素材。使い勝手を追求するハイテクバッグもいいですが、あるタイミングでカウンター的にコットンのキャンバスバッグが使いたくなるのは自然なことのように思います。
どちらの良さもありますので、行ったり来たり、両方使うことで、よりそれぞれの魅力も感じられるのではないでしょうか。

 

180705c

ブランドの定番としてロングセラーのモデルとなっているクロップの魅力は、グリップして使える、レザーパーツによって口を絞ることで、かたちを変えて使える、といった、自分なりの使い方をいろいろと試せる懐の深さではないかと思います。

 

180705b

ガチッとグリップして手提げバッグというスタイルは、やはり男っぽさがあり、口を狭めて台形型にすれば、女性っぽい印象にもなります。
肩掛けとしてなら、斜め掛けでもいい感じですし、ベルトを短めに調節してトートバッグのように片方の肩に掛けて使うのもバランスがよろしいです。

 

 

151216j

生地は、中厚、ミドルウエイトの9号帆布に表面パラフィン加工が施されています。基本的には撥水のための後加工で、はじめパリパリした質感ですが、使い始めるとすぐにやわらかくなってきます。

頑丈さを求めると、単純にキャンバス生地を厚いものにしなくてはならず、するとバッグそのものが重くなってしまいます。9号キャンバスは厚からず、薄からずで、タウンユースバッグとしての必要充分と言えるようなウエイトで、厚地のゴリゴリした雰囲気のキャンバスバッグとは違い、スマートな着合わせにもすんなりと溶けこみます。

パラフィンでの撥水性能はさほど高くなく、どちらかというと独特の質感にするための後加工なのでしょう。やわらかくなってきたころにはパラフィンも効き目が終了していると認識してください。

 

151216i

コットンキャンバスならではの気安い雰囲気はしっかりありつつ、定番的なL.L.ビーンをルーツとするようなキャンバストートとは別の、オリジナルな切り口でデザインされているのが suolo のクロップというバッグです。

スタイル層や年齢層、はたまたメンズ・レディースさえも問わず、みなさんにおすすめですので、是非チェックしてみてください。

 

180705e

suolo – Crop Middle
col : Greige / Brick / Black
size : 14,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

先日、22日(日)が短縮営業とお知らせさせていただきましたが、諸事情が重なってしまい、臨時休業とさせていただきます。
大変恐縮ですが、宜しくお願いいたします。

7月22日(日) 臨時休業

 

LINEで送る

suolo – Cruse.

180318o

suolo の今季新モデル、Cruse が入荷しました。
トラッドな薫りが心地好い、ボストンバッグ型の2WAYバッグです。

 

180318c

シンプルでクラシックなたたずまいのボストンバッグは、suolo にしてはやや意外性があるような気がします。
しかし、コットン+レザーという天然素材で、なんとなく懐かしいような気配がただようところに suolo らしさを見ます。

 

180318a

バッグとしては大型、ただ、ボストンバッグとしては中型の部類に入るかと思います。
容量としては、1泊か2泊、夏季のメンズなら3泊くらいはいけるであろうくらい、しっかりしたものはありますが、かたちの特徴として、やや薄めというか、奥行きを小さめにとっていることで、GATSUN とくるボリューム感が希薄で、このボリューム感ならばデイリーユースでも使うであろうという程度の大きさとなっています。

 

180318d

メインの素材は9号帆布。これは定番の crop と同じコットンキャンバス地となりますが、裏地がしっかり付くために crop よりがっちりしている感じがあります。
これにパラフィン加工をしたうえにバイオウォッシュをかけて、はじめからアタリを出しています。

 

180318b

ハンドルなどのレザー部分も、他のモデルで使われているものと同様、栃木レザーとなっていますので、素材構成はブランドでずっと使いつづけているものということなります。これまでになかった雰囲気でも、suolo らしさが自然と感じられるのは素材づかいのせいでもあるでしょう。

 

180318f

180318e

表裏、両側面、同じデザインで、側面の方にファスナー付きのポケットが付きます。

 

180318j

180318g

本体の口はダブルジップ、ベルトは取り外しが可能。

 

180318h

内部の吊りポケットは二重構造で、しっかり小分けも利きます。

 

180318i

180318k

目先の話では、ゴールデンウィークに向けた、春の旅行用にどうでしょう、という感じですが、デイリーユースも普通におすすめできると思っていますし、また、小旅行に使えるボストンタイプのバッグというものも、一つ揃えておいて損はないのではないか、というところがセレクトの理由です。

容量のある旅行用のバッグというと、最近はどうしてもアウトドア勢におされがちですが、それなりにきちんとした格好で、電車などで出かける旅には、やはりこういったタイプが使いたいと僕は思いました。

 

180318m

180318n

suolo – Cruse M
col : Green / Black
price : 24,000

 

LINEで送る

suolo – Grab.

180213o

suolo の新作バッグが入荷しました。
今シーズンの新型モデルとなります Grab は、ハンティング系のニュアンスで仕上げた小型ショルダーバッグです。

 

180213k

180213c

180213f

suolo の定番素材となります、パラフィン加工+ウォッシュ加工の6号キャンバスと、栃木レザーが使われていて、非常にしっかりした質感になっています。
Crop に使われているのが8号なので、目がもう少し粗く、一段分厚いキャンバス地となりますので、より頑丈な生地と言えます。

 

180213i

180213d

180213e

大きさとしてはミニショルダーという分類に入るでしょう。必要充分な内部ポケットが備えられ、財布、スマホ、さらに単行本、小型のタブレットくらいは入ります。

 

180213l

180213n

180213m

Standard Supply の方でコットン/ナイロン生地のやや光沢系の素材のミニショルダーをつづけていますが、こちらはよりアナログでローテク志向のタイプとして、また逆方向の魅力があるように思います。
化繊系がスマートなら、天然素材系は味わい。どちらが好みというよりは、気分によって行ったり来たりするのが楽しいのではないでしょうか。

 

180213p

suolo – Grab
col : Khaki / Gold / Black
price : 13,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

オリンピックも今日で終わり、いよいよ本格的に春を待つ体勢ですね。
冬季オリンピックもやはり面白かったので少々寂しいですが、、
しかし、

祝、Jリーグ開幕!

春というのはまたいろいろ始まる季節ですから、楽しみは多いですね。

 

LINEで送る