It’s another cup of tea.

170216a
Die Mutter des Künstlers by Egon Schiele, 1911

土地の人たちの様子はどうだときかれれば、いずこも同じと答えなければなるまいね。人間なんてものは何の変哲もないものさ。大概の人が生きんがために一生の大部分を使ってしまう。それでもいくらか手によどんだ自由な時間が少しばかりあると、さあ心配でたまらなくなって、なんとかしてこいつを埋めようとして大騒ぎだ。まったく奇妙なものさ、人間というやつは。

『若きウェルテルの悩み』 ゲーテ

 

LINEで送る

It’s another cup of tea.

170206a
In Café Bauer by Lesser Ury, 1895

彼は、花の美しさにひかれて、ついそれを摘みとって台なしにしてしまった人が、いまやかつての美しさを見いだしかねて、しぼんでしまった花を茫然となが めているような思いで、彼女をながめていた。
それにもかかわらず、彼は、自分の愛情がもっと激しかったころでさえ、もし強いてその気にさえなれば、自分の胸からその恋心をもぎり取ることもできたであろうが、彼女に愛を感じられないように思われる今、かえって、彼女との関係は 断ち切ろうにも断ち切れなくなってしまっていることを感じていた。

『アンナ・カレーニナ』 トルストイ

 

LINEで送る

He Likes…

170204a

This is David-san. The great designer of “Universal Works.”, from London.
He likes Tokyo, Sinjuku, and Fuzz !

 

This is special.
We love “Universal Works.” and we love David.

 

LINEで送る