It’s another cup of tea.

170520Sorcery by Salvador Dali, 1957

人生の旅人が、現実をただ現実として、そのまま受け容れるようになるまでには、いかに広い不毛の国、嶮しい国を、超えなければならないか、それは、まだ彼には、わかっていなかった。青春を幸福だなどとは、一つの迷妄(イリュージョン)、それもすでに青春を失ってしまった人間の迷妄なのだ。しかも青年たちの頭は、なまじ注入された、誤った理想で、いっぱいなために、自分たちを、不幸と観じ、実際現実と接触するごとに、敗れ、そして傷つくのだった。いわば、陰謀の犠牲のようなものだった。
・・・
彼らの読書、彼らの聞かされる話が、すべて悉く、嘘、嘘、嘘であることは、結局それぞれ、自分で発見するよりほかにない。そして、その発見は、いわば生の十字架にかけられた肉体への、一つ一つが、新しい釘なのだ。

『人間の絆』 モーム

 

LINEで送る

He Likes…

170429a

These are Mr. and Mrs. Terrien. Vincent Terrien is the designer of “Fils de Butte”.
They like Tokyo, Sinjuku, and Fuzz !

This is special.
Thank you for coming, Vincent !

 

LINEで送る

CM – Montmorency.

170417e

村田さん – 170 cm / 60 kg – Dk.Navy – size 3
with… Paraboot Chambord, SOUTIENCOL Shirt, comm. arch. Cardigan

 

170417b

村田さん – 170 cm / 60 kg – Dk.Navy – size 2
with… Paraboot Chambord, SOUTIENCOL Shirt, comm. arch. Cardigan.

 

170417c

小川さん – 177 cm / 68kg – Grey – size 3
with… kep’s Sneaker, James Mortimer Shirt, kearny Glasses.

 

170417d

木本さん – 170 cm / 58 kg – Khaki – size 3
with… Ordinary fits Hood Jacket, SOUTIENCOL Shirt, Blundstone Boots.

 

170417a

関さん – 178cm / 73 kg – Olive – size 4
with… FUJITO Knitwear, Arrow Footwear Shoes.

 

・ ・ ・ ・ ・

 

この春おすすめと銘打った Monmorency のコットンパンツですが、販売開始から1ヶ月以上が経ちました。
ありがたいことに、きちんと評価していただいて、めでたく現時点での今シーズンの販売数ナンバーワンアイテムになっています。
(が、それはもう用意数が他と文字通りケタが違うので当然といえば当然です)

発売直後に比べて少し落ち着きを見せていましたが、はっきり気候が進んだ実感のあるここ数日で、また注目していただけているようです。

本日、いよいよ欠品サイズが出る事態となり、僕はとても驚いたのですが、何を隠そう、今月末にもう一度、まったく同じ数量がどかんと入荷します。
好評につき再入荷!というような嘘がつければ Fuzz ももう少し大きくなるのでしょうが、大きくなるより長く続けたいので正直者でいます。

あらかじめ2回に分けて納品してもらうよう、交渉してありました。4色3サイズ、トータルの数量は Fuzz にとってはかなりのものでしたので、無理を言って特別にはからっていただきました。

話しが逸れていますが、僕も最近このパンツを穿きはじめていまして、なかなか調子がいいということを付け加えておきましょう。思ったとおり、生地の好さをしっかり感じることができるので、気持ち好く穿けます。
もはや賛同者がそれなりの数、居てくれるという事実もあって、僕としてははっきり自信をもっておすすめできます。
興味のある方は是非お試しになってみてください!

 

LINEで送る

It’s another cup of tea.

170408c
Death at the helm by Edvard Munch 1893

そう言ってくださるのは、僕の身にあまる光栄です。しかし、友情というものには、もうすこし言うに言われない深さがなくてはなりません。どんな場合にも、友情の名を用いようとするのは、たしかに友情の名を汚すことです。友人としての結合は、理解と選択とから生ずるものです。我々は交わりを結ぶまえに、お互いにもっとよく知り合わなければなりません。どうかすると、お互いの気質がちがっているために、はやまった約束をしたと、後悔するようなことにならないものでもありませんからね。

『人間ぎらい』 モリエール

 

LINEで送る