New Arrivals.

190410c

先日ご紹介した今季初登場の Lane Foty Five、もう一型が遅れて入荷しました。
既出の2種は好評をいただきましたが、こちらも同型で、今回は涼しげなリネンファブリックとなります。

 

190410b

スタンドカラーのボックスシルエット、SQUARED というモデルで、3種類の生地で発注していたのですが、このブラックリネンもまた非常に雰囲気のある仕上がりになっていると思います。
薄手のリネン生地ということで、シャツジャケットの感が強く、最も軽いウエイトのモデルとなります。

190410a

190410g

なんともいえない独特の世界観が感じられ、奇抜なようでいて意外と普通に格好いい、というのが僕の評価です。レトロな薫りもありつつ、抜け感とでもいうのか、現代的なニュアンスも同時に合わせ持っているように思え、シンプルに 『着てみたい』 と思わせてくれます。

 

190410e

Lane Foty Five – SQUARED *Linen
col : Black
size : 40 / 42
price : 28,000 (+tax)

 

190414d

Universal Works からはパンツが一型届きました。
先日入荷したブルゾン型ジャケットと共生地で、新モデルとなる Track Trouser というイージーパンツタイプとなります。

 

190414b

ジャケットの方は裏地が付いているのでさほど感じませんでしたが、生地そのものは意外と薄く、一重で使うパンツにすると、非常に軽くて楽ちんな感じがします。
ゆったりめのシルエットにウエストはゴムとコードということも相まって、穿いてみると 『リラックスパンツな感じ』 を強く感じます。

 

190414c

裾の部分にダーツを入れて適度なテーパードを利かせ、軽快な印象に。
シンプルな白や黒の無地Tシャツとさらりと合わせられる気の利いたパンツ、という感じでしょうか。

190414a

Universal Works – Track Trouser
Col : Olive Check
size : 30 / 32
price : 22,000 (+tax)

 

190413f

Ordinary fits からも新作、シャツジャケットが新たに入荷です。
昨秋冬もありました、Cook Shirt に軽快なシャンブレー生地を載せたモデルとなります。

 

190413e

元ネタはヨーロッパの調理服で、軍支給のものも見られたのですが、くくりとしてはワークウェアと言っていいでしょう。
丸襟でダブル、ゆったりボックスシルエット、という特徴となっています。

 

190413c

ある程度暑くなって、Tシャツ一枚でも動くようになると、このくらいの軽さのジャケットが重宝すると思います。
シャツくらいの厚さでいいのだけれど、普通のシャツというわけにもいかず、しっかりしたジャケットまでは不要、というシーンはけっこうあるはずです。

 

190413b

ワークウェアらしく、3本レーンステッチが見られます。

 

190413a

ちょうどいい軽さがあって、しっかりしたニュアンスが感じられ、気軽に合わせられる、というきわめて Ordinary fits らしいプロダクトではないでしょうか。

 

190413d

Ordinary fits – Cook Shirt *Chambray
col : Sax
size : 1 / 2
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190309a

BRENA の新作シャツが入荷しました。
チビ襟でオーバーサイズシルエット、キュプラ・コットンの生地。

 

190309b

しっかり地厚のある生地はキュプラ60、コットン40です。素材の特性によってほんのりと光沢感があり、ゆったりシルエットと相まって美しいドレープが生まれます。発色も品が好く、この上品さが最大の魅力でしょう。

 

190309c

190309e

190309d

BRENA – Frais
col : Navy
size : 39 / 40
price : 18,800 (+tax)

 

190310d

Universal Works. からは定番モデルの MW Chore Overshirt が入荷しました。
薄手ポプリンの生地で、爽やかなスカイブルー。

 

190310e

190310b

定番のコットンツイルより一段薄手となりますので、はっきり 『シャツジャケット』 と言っていいと思います。リネンのシャツやカットソーなどの上から軽く羽織る、という感じが素材同士の相性も好い気がします。

 

190310c

Universal Works – MW Chore Overshirt
Col : Sky Blue
size : XS / S / M
price : 20,000 (+tax)

 

190310f

Universal Works. で、New Era キャップ。
らしい雰囲気の、コーディネイトで役立つベースボールキャップです。

 

190310k

こちらイギリスにある New Era から手配し、刺繍の加工がイギリスなのか、『メイドインUKだよ』 と言われました。
ボディそのものには Made in CHINA のラベルが付いていますが、、、

 

190310j

190310g

190310i

Universal Works – New Era Cap
Col : Beige / Navy
price : 7,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

今週末の土曜日(16日)に営業時間の変更がございます。

3月16日(土) 14:00 – 21:00

14時オープン、クローズを1時間延ばして21時までとさせていただきます。
たいへん恐縮ですが宜しくお願いいたします。

 

LINEで送る

New Arrivals.

190211d

Universal Works. の定番ジャケットが入荷しました。
ブランド創設以来のモデル “Baker Jacket”、カバーオールタイプのコットンジャケットです。

 

190211b

ファブリックも定番のコットンツイルということで、ブランドとしては春夏にも秋冬にもラインナップするシーズンレスの大定番というものになります。
Fuzz では毎シーズンではありませんが、忘れた頃にセレクトしてます。

 

190211a

中厚のしっかりしたコットンツイルは、実際に着る期間が長く、なんだかんだで重宝することになると思います。
このウエイトのジャケットは、インに薄いものを着ても、それなりに厚いものを着ても、バランス的におかしくならず、または上からコートなどを羽織っても自然に映るという、本当に使い勝手のよい生地の厚さです。

 

 

190211f

落ち着いた雰囲気で、合わせやすくて、扱いが易しくて、さらにポケットがたくさん備わっていますので、機能性も良し。
あらゆる面でユーティリティの高いジャケットであると言えるでしょう。

 

190211e

Universal Works – Digey Bomber Jacket
col : Navy
size : XS / S / M
price : 29,000 (+tax)

 

190212q

 

BASISBROEK のジャケットも新作モデルで入荷しています。
こちらはライトウエイトのはっきり春夏向けジャケット、フーデッドタイプです。

 

 

 

 

 

 

190212g

190212b

 

ゆったりで着丈は長くない、いわゆるボックスシルエット、フロントの大きなポケットが特徴的で、さらにフード部分だけでなく裾と袖口にゴムのコードが備えられるなど、ディテールも一風変わったものになっています。

 

190212c

 

そして最も変わっている部分というのがファブリックで、見た目ではペーパーとかちりめんのような雰囲気で、全体にシワ感があり、非常に軽く、ストレッチが利いています。ナイロンとポリウレタン素材ということです。

もともと独特の世界観をもっているブランドではありましたが、ここのところ素材への興味が強まっている印象で、他ではあまり見られないような素材づかいを見せるようになっているように思います。

190212m

190212n

190212l

ならではのデザインに、ならではの素材感で、さぞかし強いクセだろうと思いきや、着てみると意外とおさまりがよく、意外なほど着やすい、というジャケットになっています。
オーバーサイズのバランスが程好く、タッチの好さ、生地の軽さなどとも相まって、感覚的にもストレスなく着やすさを感じられます。

 

190212i

BASISBROEK – Meux
scol : Dust / Black
size : 2 / 3
price : 25,000 (+tax)

 

LINEで送る

Universal Works – Digey Bomber Jacket.

190207f

Universal Works も新シーズンがスタートしました。
春向けのジャケットとして、柄もののショートジャケットが入荷してきました。

 

190207c

ジップアップのブルゾン型で、ミディアムフィットのシルエット。なんと言っても渋いチェック柄が目を惹きます。
落ち着いた渋い配色でいながら、どことなく軽やかで華やかな印象です。デザイナーズのブランドならではの、他にないオリジナリティを感じる雰囲気です。

 

190207b

190207a

190207d

総裏地の二重仕立て、ダブルジップ、裾にタブ、といった堅実で細やかなディテールワークは健在。しっかりと堅実なつくりも Universal Works の魅力であると言えます。

着方によって男っぽくもなりそうだし、かわいらしくもなりそうです。人によって見方、着方が分かれるようなおもしろいジャケットではないでしょうか。

 

190207e

Universal Works – Digey Bomber Jacket
col : Olive Check
size : XS / S / M
price : 42,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

181104l

Universal Works の新作入荷です。
ワックスコットンのフーデッドのコートとウールフリースのカーディガンジャケット、2型ご紹介します。

 

181104a

ゆったりしたサイズ感とフィッシュテール、これでミリタリーのパーカコートを連想して、さらにモッズコートを連想します。
トレンドを問わず、ブランドで定期的にリバイバルされるモッズコートですが、Fuzz ではこのタイミングで Universal Works で、ということにしました。
トータルで見て、やはり説得力が違う、と思いました。

 

181104e

ファブリックはイギリスのブランドものを使用。スコットランドの老舗メーカーの HALLEY STEVENSON というワックスコットンに特化したファブリックメーカーです。

フードは着脱型ではなく一体型、総裏地の仕様。丁寧に Universal Works 的な味つけが為された極上のモッズコートに仕上がっています。
余計な説明が要らないでしょう、シンプルに格好いいというアウターです。

 

181104f

181104c

181104b

Universal Works – Parka
col : Black
size : XS / S / M
price : 52,000 (+tax)

 

181104k

こちらは継続モデルのウールフリースのカーディガンジャケット。昨年好評につき、ということで、カラーを変えて再登場という運びです。

 

181104h

生地無いに溜まる暖気による保温性、軽さ、、軽くて暖かいウールフリースは、ルックスは違えど、本質的にはダウンに近いかもしれません。
ダウンよりもアナログ的なものを感じますが、使い方なども似ているような気がします。

 

181104g

インにもアウトにも、着丈もさほど長くないので、ちょっと寒い室内では部屋着として、などさまざまなシーンで使いまわそう、というのがコンセプトです。

 

181104j

181104i

Universal Works – Wool Fleece Cardigan
col : Black
size : S / M
price : 24,000 (+tax)

 

181103b

ご紹介が遅れました、ドイツの Merz b.Schwanen、定番のボタン・フェイシングの長袖。
Red Oak という今季のシーズンカラーが好かったので久しぶりに発注しました。

 

 

181103a

紫と赤と茶色と、どう表現していいか分からないような、微妙な中間色です。
また、今回、着丈がいつもより長く仕上がっています。

 

181103c

Merz b.Schwanen – Button Facing Shirt 1/1 Slv.
col : Red Oak
size : 4 / 5 / 6
price : 14,000 (+tax)

 

181102h

イタリアの GICIPI。
継続品番のコットンフライスのタートルネック。

コンパクトなサイズ感ですが、非常に伸縮性に富んだ生地でソフトな着心地です。
ネック、袖口、裾がリブになっているタイプとなります。

 

181102i

181102k

181102j

GICIPI – Turtle Neck Long Slv.
col : Grey / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

181102a

こちらも GICIPI、新登場のウール+シルクの冬のインナーです。

 

181102d

サラサラと繊細な肌触りとなっていますので、おそらくメリノウールを使用しているはずです。さらに滑らかさを出すためでしょう、シルクを加えていますので、ウール特有のチクチクはありません。
アウトドアブランドなどがウールのインナーカットソーを出していますが、GICIPI も品質、プライス共にそれらに負けていないと思います。

 

181102c

ウールのアンダーウェアのいいところは、体熱が生地内に溜まって保温性が高いことと、汗を吸わないということです。特にアウトドアでは、身体を動かして汗をかいて、その汗を吸った肌着がなかなか乾かずに冷えてしまう、というのが怖いのです。
コットンは汗を吸う能力が高いですが、汗を吸って乾きにくい冬には、ウールの方が適しているという場面が少なくありません。

 

181102b

GICIPI – Wool Silk Crew Neck Long Slv.
col : Natural / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 7,800 (+tax)

 

180519i

最後は腕時計の再入荷。
5月頃に入荷して好評だった SEIKO の Kinetic が少数手に入りました。

 

180519d

180519f

長くなりましたので、もう一度詳細を、という場合には、前回の入荷時の投稿 をご一読ください。

SEIKO – Kinetic
col : Gold / Black
price : 30,000 (+tax)

 

LINEで送る