Universal Works.

200916y

Universal Works. の新作アイテムが入荷しました。
遅くなってしまいましたが、ようやくの登場です。

 

200916x

このような状況ですので、海外から送られる品々は多少の遅れを余儀なくされていますが、無事届いて何よりでした。Fuzz では、イギリスとフランスからの荷物が多いのですが、半分くらいが予定通りのスケジュールで届き、半分くらいが予定より遅れてという状況です。
現地の工場はしっかり動いているところがほとんどのようで、生産や流通の方は、平時に戻るのは時間の問題だと思われます。あとは、パリやミラノなどの大きな展示会がしっかり行われればというところでしょうか。

ということで話を戻しまして、Universal Works. の秋冬シーズン、ようやく開幕です。

 

200916u

定番モデル、MW Fatigue Jacket、ファブリックも年間定番のコットンツイルです。おそらくシーズンカラーになると思われるチョコレートという色を選びました。

 

200916v

フロントにフラップポケットが4つ、内ポケットも1つ備わり、非常に実用性の高いつくりになっています。ファティーグジャケットの人気の秘密は、デザインもさることながら、ポケットが多くてありがたいというのも大きな要因かと思います。

 

200916t

生地は薄からず厚からずの標準的な地厚のコットンツイルです。ブランドとしては基本にしている生地で、実はこのファブリックを使ったモデルは毎シーズンかなり多くあります。Univeral Works 的ベーシックという位置づけと考えていいと思います。

 

200916r

腰の部分をキュッと絞れるディテールがあり、シルエットをアレンジすることができます。

 

200916w

Universal Works – MW Fatigue Jacket *Twill
col : Chocolate
size : XS / S / M / L
price : 22,000 (+tax)

 

200916j

こちらも長く継続されているモデルで Barra Jacket。ワークテーラードジャケットということで、軍パンやワークパンツなどとカジュアルに合わせられるラペルドのジャケットとなります。

 

200916i

3つボタンジャケットで、フロントにパッチポケット、フラップポケットが計4つ、いかにもUniveral Works らしいポケットのかたちと配置で、アイコニックなディテールとなっています。

シルエットはスタンダードと言える範囲で、全体としてすっきりしている印象です。ウエストに多少の絞りがあり、アームもすっきりしています。バランスとして肩がやや小さめで、なで肩の傾斜でつくられていることが特徴となっていて、体型で相性の好い悪いは出ますが、この部分が独特のニュアンスを醸し出すポイントになっているように思います。

 

200916k

生地は起毛のコットン。モールスキンのようなベルベットのような、打ち込み強めのしっかりした生地となっています。同生地のパンツ (Military Chino) も用意しているので、セットアップでもいけます。

 

200916n

200916o

Universal Works – Barra Jacket *Nebraska Cotton
col : Black
size : S / M
price : 29,000 (+tax)

 

 

200916e

同生地のパンツですが、実は昨秋冬のリピートとなります。
Military Chino のモデルで、この生地で、まったく同じで再登場。昨年はかなりの好評を博しました。

200916g

シルエットはしっかりしたテーパードシルエットです。
股上深め、尻と太腿はかなりゆったりしていて、裾口はけっこう細く、それなりにきつめのテーパードになっています。

200916f

Military Chino もやはり長く続くブランドの定番モデルで、いわゆる 『ユニバーサル・ワークスのシルエット』 というイメージでいいと思います。
このバランスで、全体に細いモデルが Aston Pant で、これより太いモデルがいくつかありますが、近年では Military Chino がブランドを代表するモデルになっているようです。
やはり日本のテーパードシルエットとは微妙にバランスが異なり、しっくりくる人には相当具合がいいようです。

200916h

Universal Works – Military Chino *Nebraska Cotton
col : Black
size : 30 / 32 / 34
price : 21,000 (+tax)

 

200916a

同じく Military Chino で別素材。上品なコットンヘリンボーン、チャコールカラー。

 

200916b

ウールライクな起毛感がありますが、コットンの柔らかさでやさしい穿き心地です。表面微起毛ではありますが、厚地ではなくオールシーズン並みのウエイト感で、今からすぐに穿けそうです。

200916c

クラシックな生地面で、着まわしの利くチャコールカラーということで、コーディネイト的に使いやすいと思います。ウールではなくコットンということで、実用的な気安さがあり、かしこまることなくラフな普段着に気軽に取り入れていただけるはずです。

200916d

Universal Works – Military Chino *Cotton Herringbone
col : Charcoal
size : 30 / 32 / 34
price : 18,000 (+tax)

 

----------

 

ここでもたまに言っていますが、Universal Works の入荷があると、ようやく新しいシーズンが本格化したぞと気合が入ります。
朝晩もずいぶん気温が下がり、日差しや空気がすっかり秋になってきましたから、自然と服に目が行くことと思います。別名、クローゼットを引っ掻き回す時期、という感じでしょうか。

そうですか、そこまで言うならそうしましょう。では、いつものように一茶や芭蕉の句など愛でて、秋の気分を高めようではありませんか。

秋深し となりは何を 着るものぞ
(松尾芭蕉)

昨年の この時期なにを 着ていたか
(小林一茶)

今年こそ スリップ・オンを 買わまほし
(与謝蕪村)

今宵は中秋の名月ということですので、みなさんも一句詠まれてはいかがでしょう。

 

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

Universal Works – Shirt.

200505q

Universal Works の半袖シャツが入荷しました。
毎年この時期の恒例となっており、人気を博しております。

 

200505r

オープンカラーのリラックス・カジュアル路線のシャツたちです。リゾートカルチャーに一日の長のある西洋ですし、そのテイストも国ごと趣が異なるというところも面白いです。こういう雰囲気のようなものは、なかなか真似しようと思ってできるものではなく、ドント・スィンク、レッツ・フィールでいとをかしでしょう。

 

200505a

今期新型となります、Summer Over Shirt は4つポケットの開襟、しっかりめのシャンブレー生地。合わせやすさ、使いやすさがひと目見て伝わってくるかと思いますがいかがでしょう?

このモデルは SML でご用意しています。

 

200505b

Universal Works – Summer Over Shirt *Chambray
col : Indigo
size : S/ M / L
price : 16,000 (+tax)

 

200505d

ここ数年、継続して展開されています Road Shirt は、もはや Fuzz の夏の定番と言いたいモデルです。開襟でボックスシルエットのリラックスシャツです。

こちらは先だってご紹介した Bakers Overshirt と同じファブリックとなります。薄手コットンポプリンの後染め生地。ポプリンとは、普通のシャツ地と思っていただいて大丈夫です。

 

200505e

Universal Works – Road Shirt *Poplin
col : Plue Print
size : XS / S / M
price : 15,000 (+tax)

 

200505h

同じく Road Shirt で、織柄ストライプ。いかにもヨーロッパの生地といった上品な雰囲気です。
ヨーロッパのクラシックな夏向けファブリックが、アメリカに伝わってカジュアルに着られている、というようなイメージが自然と湧きます。
パナマハットやサングラスなど、アクセサリーたちも自然と集まってきそうですね。

 

200505g

Universal Works – Road Shirt *Rancho Stripe
col : White*Raisin
size : XS / S / M
price : 15,000 (+tax)

 

200505k

こちらも Road Shirt でデイヴィッドお気に入りのイカット生地。インドネシアとかその辺り由来の織物ということで、伝統的なかすりの織柄が特徴です。浴衣などの和装とも相性のいいファブリックで、肌当たりがソフトで涼しげです。

毎年夏のシャツに使われているのですが、けっこう和っぽい柄が多かったりして、いかにも西洋人向け、逆に我らジャパニーズは着にくいものが多い傾向でした。なのでなかなかピックアップできませんでしたが、この柄はとてもいい感じだと思いました。

 

200505l

Universal Works – Road Shirt *Ikat Flower
col : Indigo*Off
size : XS / S / M
price : 20,000 (+tax)

 

200505p

最後は新型の Open Collar Shirt、やはり開襟です。
Road Shirt よりひとまわりコンパクトで、スタンダード・シルエット。丸底のポケットは Universal Works. で時おり見かけるアイコンディテールとなります。

ファブリックはコットンオックスフォード。これも後染めとなりますので、生地感はやわらかいです。色の名前が 『Tea』 となっていますので、日本茶のイメージなのでしょうか。

 

200505m

200505o

Universal Works – Open Collar Shirt *Ox
col : Tea
size : XS / S / M
price : 16,000 (+tax)

 

-----

 

連休最後にふさわしいような寂しい雨ですが、遊びに出るということがままならない以上、さぞ勝手にしやがれバカヤロウなことと思います。
そんな中、こうやって Universal Works のちょっと華やかな感のある開襟シャツなどを見て、気が晴れることもあるのではないでしょうか。

いや、それにしても世間的に今年の大型連休というのは、今日までなのか?今度の日曜日までなのか?もうよく分からないですね。
いずれにしても、こんなゴールデンウィークは初めての経験で、きっと先々まで覚えているだろうなぁ、と思いました。

 

*******

■タイムセール&送料無料キャンペーン中!(5月31日まで)
①期間限定、品数限定のタイムセールを実施 → こちら
②送料無料
③新規会員登録で 500ポイント付与

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

New Arrivals.

200501d

gardens of paradise のリネンシャツが入荷しました。
久しぶりとなります、Gerdener というスタンドカラーモデルです。

 

200501c

サボテンマークがアイコンの gardens of paradise は、SOUTIENCOL の別レーベルです。トラッドベースからカジュアルウェアを展開する SOUTIENCOL に対して、ライフスタイルベースでアイテム展開するブランドと言えるでしょうか。SOUTIENCOL より、もう少し肩の力を抜いて着る日常着というイメージです。

 

200501b

その gardens of paradise の定番モデルとなるのがこの Gerdener というチビ襟のシャツです。襟は立てて着るためにかなり小さめにしていますので、嫌味な感じにはなりません。その名の通り、ガーデニングの際に着るシャツをイメージしていますが、そういった日常着でもスタイリッシュさは忘れずに、というところかと思います。

 

200501e

生地は SOUTIENCOL ではおなじみとなっているカンクリーニの薄手のリネン生地です。細番手の糸による薄地で、非常に上品で、かつ涼しげ。

ブラックリネンはそれだけで何やらつい惹きこまれる魅力があると思います。そこへサボテンの刺繍がいいくらいの存在感で、印象を和らげてくれていると思います。

 

200501f

gardens of paradise – Gerdener
col : Black
size : 1 / 2 / 3
price : 20,800 (+tax)

 

200502a

こちら、似たような感じになりますが、BRENA のブラックリネンのシャツです。

付け襟タイプでプルオーバー、ワークシャツベースでテールがスクエアカットということで、古い古いヴィンテージシャツのような雰囲気もありつつ。

 

200502b

200502g

シルエットはゆったり型で、肩はドロップせず。
サイドのぐりが大きく、背面がスクエアカットになっていることも大きな特徴で、そのままニュアンスになっています。

 

200502f

付け襟というのは、古いシャツでよく見られた仕様で、襟を外すと台襟が残り、そのままバンドカラーに、というものです。二つの襟型が楽しめシャツになっています。

 

200502e

200502d

生地はフランスのもので、French Clear Linen という薄手リネン生地となります。カンクリーニ同様細い糸でやや甘めの織りとなっており、繊細で上品な雰囲気です。しんなりとした質感でやわらかさがあります。

 

200502c

BRENA – Atlier PO
col : Black
size : 39 / 40 / 41
price : 18,800 (+tax)

 

200503b

こちらは Universal Works のシャツジャケット、Bakers Overshirt という定番モデルです。
薄手のコットンポプリン生地で、ライトウエイトジャケットとして便利に使っていただけるユーティリティアイテムです。

 

200503c

ここでよく触れますが、日本の夏は暑く、室内は寒く、という環境で、これからの時期にこういったシャツと同じくらいのウエイトの一番軽い、薄いジャケットというのは便利がいいです。
電車が混んでいれば暑いし、空いていれば寒い、冷房の効いた屋内でうたた寝するにはTシャツ一枚では心もとない、とか。出がけにバッグにねじ込んでという習慣にしてもいいと思います。

 

200503d

今回は Blue Print という色の名前がついていて、いわゆるインクブルーということが言いたいのだと思います。得意の製品染めとなります。

 

200503e

カバーオール型で合わせやすく、ポケットが多いのも普段着として魅力的です。どんな格好にもひょいっと羽織れる気軽さがあり、またはくるっとしてバッグに押し込むという気軽さもあり、日々の相棒になってくれるのではないでしょうか。

 

200503a

Universal Works – Bakers Overshirt
col : Blue Print
size : XS / S / M
price : 20,000 (+tax)

 

*******

■タイムセール&送料無料キャンペーン中!(5月31日まで)
①期間限定、品数限定のタイムセールを実施 → こちら
②送料無料
③新規会員登録で 500ポイント付与

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

New Arrivals.

200311l

Universal Works 新作入荷です。
薄手、ライトアウターの MW Fatigue Jacket が入荷しました。

 

200311e

200311k

ミリタリージャケットの “ジャングルファティーグジャケット” をベースにしたモデルです。
コットンのリップストップでよりリアリティーがあります。

 

200311c

薄手の軽い生地となりますので、サマージャケットというところまで使っていけそうなウエイト感。元々のルーツがトロピカルジャケットということもあるので、この軽さがしっくりきます。
Tシャツの上からでも、シャツの上からでも、無造作に羽織って絵になるのはミリタリーならではです。

 

200311g

FUJITO でもありましたが、ジャングルファティーグ型はもはやメンズの定番と言える地位を確立し、長きにわたる支持率の高さを誇ります。
コーディネイトのしやすさに加えて、豊富なポケットゆえの実用性の高さも魅力でしょう。FUJITO ほどの細かいアレンジはないものの、こちらもしっかりつくりこんでいて、また微妙に違った着地点になっているようです。
あえて “イージーなジャケット” という雰囲気を強めているように思えます。

 

200311a

適度な余裕があって、シルエットのバランスもいい感じです。

200311f

200311j

Universal Works – MW Fatigue Jacket
col : Sand / Navy
size : XS / S / M
price : 28,000 (+tax)

 

200312i

BASISBROEK の定番パンツ Senne も入荷しました。
春夏恒例の定番素材、コットンシルクで登場です。

 

200312e

200312a

Senne は独特のテーパードシルエットで、穿き感は緩く、見え方は細く、というもの。尻や股の部分に充分なゆとりを持たせ、膝下をグッと細くしています。股上が深めでワンタックが入りますので、なんとなく全体に余裕を感じます。

 

 

200312g

生地はここ数年続いているブランド定番のファブリック、コットンシルクです。
コットン80、シルク20の混率の、目の詰まったハリ感のある薄地生地。薄いですがやわではない、しっかりした生地感で、何より天然素材による光沢感が一番の特徴でしょう。

後染め製品となりますので、シルクが入っていますが水洗いは問題ありません。

 

200312d

ウエストはバックギャザーとドローコードでベルトレスで穿けるイージー仕様。ベルトループも付いて、これはこれで嬉しい人がいるはずです。

 

200312h

BASISBROEK – Senne
col : Smoky / Blackish
size : 2 / 3 / 4
price : 18,000 (+tax)

 

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

New Arrivals.

200305i

Universal Works、ARMEN から新作、定番のアウターが届いています。
まずは Universal Works から。

 

200305h

新型モデルの Fistral Jacket はマリンパーカ、ヨットパーカをベースにしたワックスコットンのフーデッドジャケットです。
ファブリックは先にご紹介した Workhouse のジャケットと同様、イギリスの HALLEY STEVENSON の生地が使われています。

 

200305e

ワックスコットン生地でも種類は違うもので、こちらの方は生地面が表情豊かで、皺などからアタリ、クラックが目に見えて現れます。より天然素材らしい自然な風合いが感じられるファブリックであると言えるでしょう。
厚からず、薄からずの中厚地で、裏なし一重のつくりです。ミディアムウエイトのアウターとして、春と秋に広く使っていただけそうです。

 

200305a

ショート丈でフーデッド、ジップアップ。Universal Works らしさもあり、アウトドアの雰囲気もあり、という感じで、シンプルデザインながらも趣があります。

シルエットは適度にゆったりしていて、今、心地好いバランスになっているかと思います。分かりやすいオーバーサイズではなく、なんとなく緩いな、という感じで、しっくりくる人も多いのではないでしょうか。ざっくり羽織っていい感じ、という印象です。

 

200305b

200305g

200305f

200305c

Universal Works – Over Coat
col : Khaki
size : XS / S / M
price : 39,000 (+tax)

 

200304g

ARMEN の定番のコットンコート。
春夏に出てくるのはコットンポプリンで、やや、薄地です。

 

200304b

非常にシンプルで、オーセンティックなデザインのハーフ丈コートです。
結局使いやすい、結局飽きない、というシンプルベーシックなアイテムですが、探すとなるとなかなか、というようなコートだと思います。

 

200304c

後染めならではのナチュラルな質感で、カジュアルで着やすいです。ラフな感じで着れて、それでも品好く、というところが一番の魅力です。
革靴と合わせてこぎれいにも着れるし、軍パンに疲れたスニーカーと合わせても心地好いでしょう。

 

200304d

200304e

シルエットはずっと変わらずのスタンダード型です。特にタイトでもなければルーズでもなく。服はジャストサイズで着るものだ派の人におすすめしたい安心感のあるシルエットです。

結局秋にも着れますし(秋の方がよく着るという意見も多)、レイヤードの仕方しだいで広い時期にわたって活躍してくれると思います。

 

200304a

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 32,000 (+tax)

 

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る