New Arrivals.

181104l

Universal Works の新作入荷です。
ワックスコットンのフーデッドのコートとウールフリースのカーディガンジャケット、2型ご紹介します。

 

181104a

ゆったりしたサイズ感とフィッシュテール、これでミリタリーのパーカコートを連想して、さらにモッズコートを連想します。
トレンドを問わず、ブランドで定期的にリバイバルされるモッズコートですが、Fuzz ではこのタイミングで Universal Works で、ということにしました。
トータルで見て、やはり説得力が違う、と思いました。

 

181104e

ファブリックはイギリスのブランドものを使用。スコットランドの老舗メーカーの HALLEY STEVENSON というワックスコットンに特化したファブリックメーカーです。

フードは着脱型ではなく一体型、総裏地の仕様。丁寧に Universal Works 的な味つけが為された極上のモッズコートに仕上がっています。
余計な説明が要らないでしょう、シンプルに格好いいというアウターです。

 

181104f

181104c

181104b

Universal Works – Parka
col : Black
size : XS / S / M
price : 52,000 (+tax)

 

181104k

こちらは継続モデルのウールフリースのカーディガンジャケット。昨年好評につき、ということで、カラーを変えて再登場という運びです。

 

181104h

生地無いに溜まる暖気による保温性、軽さ、、軽くて暖かいウールフリースは、ルックスは違えど、本質的にはダウンに近いかもしれません。
ダウンよりもアナログ的なものを感じますが、使い方なども似ているような気がします。

 

181104g

インにもアウトにも、着丈もさほど長くないので、ちょっと寒い室内では部屋着として、などさまざまなシーンで使いまわそう、というのがコンセプトです。

 

181104j

181104i

Universal Works – Wool Fleece Cardigan
col : Black
size : S / M
price : 24,000 (+tax)

 

181103b

ご紹介が遅れました、ドイツの Merz b.Schwanen、定番のボタン・フェイシングの長袖。
Red Oak という今季のシーズンカラーが好かったので久しぶりに発注しました。

 

 

181103a

紫と赤と茶色と、どう表現していいか分からないような、微妙な中間色です。
また、今回、着丈がいつもより長く仕上がっています。

 

181103c

Merz b.Schwanen – Button Facing Shirt 1/1 Slv.
col : Red Oak
size : 4 / 5 / 6
price : 14,000 (+tax)

 

181102h

イタリアの GICIPI。
継続品番のコットンフライスのタートルネック。

コンパクトなサイズ感ですが、非常に伸縮性に富んだ生地でソフトな着心地です。
ネック、袖口、裾がリブになっているタイプとなります。

 

181102i

181102k

181102j

GICIPI – Turtle Neck Long Slv.
col : Grey / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

181102a

こちらも GICIPI、新登場のウール+シルクの冬のインナーです。

 

181102d

サラサラと繊細な肌触りとなっていますので、おそらくメリノウールを使用しているはずです。さらに滑らかさを出すためでしょう、シルクを加えていますので、ウール特有のチクチクはありません。
アウトドアブランドなどがウールのインナーカットソーを出していますが、GICIPI も品質、プライス共にそれらに負けていないと思います。

 

181102c

ウールのアンダーウェアのいいところは、体熱が生地内に溜まって保温性が高いことと、汗を吸わないということです。特にアウトドアでは、身体を動かして汗をかいて、その汗を吸った肌着がなかなか乾かずに冷えてしまう、というのが怖いのです。
コットンは汗を吸う能力が高いですが、汗を吸って乾きにくい冬には、ウールの方が適しているという場面が少なくありません。

 

181102b

GICIPI – Wool Silk Crew Neck Long Slv.
col : Natural / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 7,800 (+tax)

 

180519i

最後は腕時計の再入荷。
5月頃に入荷して好評だった SEIKO の Kinetic が少数手に入りました。

 

180519d

180519f

長くなりましたので、もう一度詳細を、という場合には、前回の入荷時の投稿 をご一読ください。

SEIKO – Kinetic
col : Gold / Black
price : 30,000 (+tax)

 

LINEで送る

Universal Works.

180905a

Universal Works の新作ジャケット、キャップが入荷しました。

先日は年間定番のユーティリティ系ジャケットをご紹介しましたが、今回はよりシーズン性の強い、ブランドとしての “今シーズンの提案” です。
しっかりとらしさが感じられ、いい大人のカジュアルスタイルとして間違いないと思えたジャケットが2型です。どちらもたしかな素材感が目を惹き、気取りのない、落ち着いたスタイルづくりに大きな役わりを果たすと思います。

 

180905d

新型となります Wamus Jacket。
一見するとなんてことないのですが、どっしりしたコットン地が素晴らしく、着てみるとまた丈感が絶妙なバランスです。

 

180905b

“TAKA COTTON” と名付けられたイタリアの生地らしいのですが、打ち込みの強い、しっかり詰まったツイル織りの生地です。
僕の印象では、どっしり感があって、ユニバーサルワークスのイメージ通りのファブリックだなぁというもので、ヴィンテージとして残った、いわゆる “なんだか分からないけどいい生地” というような感覚でした。

 

180905c

180905e

カバーオールとしては着丈が短く、ショートジャケットとしては着丈が長めという独特のバランスをしています。コンパクトに着れて、でも短すぎることもなく安心できる着丈があるために、落ち着いて着れる、というものです。

決して分かりやすいものではありませんが、大人の重さ、みたいなものを感じるジャケットです。

 

180905g

Universal Works – Wamus Jacket
col : Black
size : XS / S / M
price : 42,000 (+tax)

 

180905m

つづいて、ブランド発足当時からつづく代表的なモデル、Baker Jacket。
カバーオールタイプのジャケットで、こちらはこれも有名な British Millerain のワックスコットンを使っています。

 

180905i

胸の飾りのボタンホールがこのモデルの象徴的なデザインとなっていて、フィットはミディアム、肩がややコンパクト。ボタンを一つ外して開いて着ると、いわば “Universal Works スタイル” とでも言えるような、これを羽織ればたちまちユニバーサルワークス的なニュアンスがスタイルに浮かび上がるというようなアイテムです。

 

180905h

British Millerain はイギリスのファブリックメーカーで、オイルドクロスのメーカーとして世界的な権威を誇ります。
魅力はやはりオイルドならではのしっとりマットな質感で、撥水性能が高い機能素材、というよりは、なんともいえない男のロマン生地、と言った方がしっくりくるような気がします。

表面がべとべとしてしまうようなものではなく、触ってもさらさらしています。現代のオイルドクロスは非常に具合よくできていますので安心してください。

 

180905k

180905j

こちらのジャケットも、たいへんユニバーサルワークスらしく、やはり大人っぽい落ち着きと重たさを感じさせてくれるような気がします。

 

180905l

Universal Works – Baker Jacket
col : Olive
size : XS / S / M
price : 35,000 (+tax)

 

180905p

ベースボールキャップは、ブリティッシュモールスキンのネイビー。
毎シーズン、帽子類は服地でつかったものを流用するので、いい生地でつくられることになります。ですので、毎期狙っているのですが、デザイン的な問題でとれない時も多いです。
今季はいけました。

 

180905o

“Hotel Deluxe” というのは架空のホテルです。
18年春夏と18年秋冬のコレクションでのシーズンテーマのなかで設定されたもので、このホテルに来るお客のコーディネイトをイメージして服をデザインしたり、というようなことでした。
正直、僕としてはセレクトにあたって、コレクションのシーズンテーマというものはほとんど意識していませんが、、

 

180905q

180905r

Universal Works – 6 Panel Cap
col : Navy
size : Free
price : 9,000 (+tax)

 

秋らしくなってきましたが、まだまだ湿度は高く、雨降りには閉口ですね。
とはいえ、猛者たちの動きもいよいよ活発になってきたようなので、移転関連の作業だけでなく、商品紹介の方もしっかり頑張っていきたいと思います。
まだ動き出していない猛者のみなさんも、そろそろ仕上げて参戦していただけたらと思います!

 

LINEで送る

Universal Works – Jacket.

180902a

Universal Works より新作入荷です。

ここ数シーズン、通年定番としてラインナップされている Cabin Jacket、MW Chore Overshirt、ジャケット2種が届きました。
ユーティリティなジャケットとして便利に着まわせるモデルなので、広いシーズンにわたって重宝する、まさに定番なアイテムです。

 

180902f

Vの襟なしジャケットの Cabin Jacket。
今からしばらくはTシャツの上からひょいと羽織るジャケットとして、しっかり秋になって以降は、この上からさらにジャケットやコートを羽織ったりと、使い勝手の好さが評判です。

しっかり Universal Works らしいジャケット感が備わっているのが嬉しいです。

 

180902g

180902b

生地はミドルウエイトのコットンツイル。生地としてもブランド定番のもので、常にシーズンレスなジャケットやパンツに多用されています。

 

180902d

180902e

Universal Works – Cabin Jacket
col : Navy
size : XS / S / M
price : 22,000 (+tax)

 

180902k

スイス軍だったかスウェーデン軍だったか、とにかくミリタリーのシャツ型ジャケットがモデルとなっている MW Chore Overshirt。
同じ素材で、こちらはブラックをセレクトしました。

MW とは、単に Military Work の略で、ミリタリーやワークをルーツにしてつくられたモデルであることを表しているということです。

 

180902i

こちらもカットソーなどの上から簡単に羽織ることを狙ってつくられていて、やはりさらにレイヤードしていくような意図があります。
Tシャツの上から羽織ればシャツジャケットの顔で、シャツの上から羽織ればしっかりジャケット然としたものがあり、やはり便利に使っていけるタイプのアイテムでしょう。

春と秋は、どうしても日中は暑く、朝晩は冷えてという状態になりますから、日中に楽ちんなTシャツを着るとしたら、さて羽織ものをどうやろう、というところでこういったジャケットが重宝するように思います。

 

180902h

180902j

Universal Works – MW Chore Overshirt
col : Black
size : XS / S / M
price : 21,000 (+tax)

 

LINEで送る

Universal Works – Shirts.

 

180425j

Universal Works より、新作シャツが入荷しました。
長袖シャツ1型、半袖シャツ2型、いずれも個性的でオリジナリティの高いものとなっています。

 

180425b

長袖シャツはプルオーバータイプです。丸襟にスリットが入ってボタンレス、胸にフラップポケット2つ。やはり連想するのは、スモック、スキッパー、、なんだか今シーズンはこういうシャツのセレクトが多い気がします。

 

180425c

生地は薄手のコットンポプリンで、製品染めとなります。スムースな生地感のポプリン後染めは Universal Works ではよく見られるお得意のファブリックです。

一風変わったスタイルのシャツですから、やはり新鮮さも大きな魅力でしょう。着るだけでも絵になるし、レイヤードで遊んだりと着こなしも楽しそうです。

 

180425a

Universal Works – Split Neck Shirt
col : Navy
size : XS / S / M
price : 19,000 (+tax)

 

180425d

半袖シャツの定番モデル、Road Shirt で、パッチワーク・ストライプ。
開襟、やや緩めのボックスシルエットが特徴の Road Shirt ですが、あえてブロードのストライプというスタンダードな生地を選び、ピッチ違いのストライプ生地のパッチワークで遊んでいます。

 

180425e

開襟でもラフでな印象にならず、かといって堅苦しいわけでもなく、という独特のバランス感が狙いでしょう。上品でいながら、面白さもあり、気取りなく着れるカジュアルなシャツ、といった着地点です。

 

180425k

Universal Works – Patched Road Shirt
col : Navy Stripe
size : XS / S / M
price : 19,000 (+tax)

 

180425g

Cuban Shirt はそのまま、キューバシャツ。
上下左右の4つのポケット、スクエアカット、オープンカラーが特徴です。

 

180425i

コットン・リネンのシャンブレーということで、このタイプのシャツには、間違いなく間違いない素材ではないかと思います。
当たり前のように、さりげなく着こなしたい雰囲気ではないでしょうか。

 

180425h

Universal Works – Cuban Shirt *Co/Li Chambray
col : Indigo
size : XS / S / M
price : 19,000 (+tax)

 

残念ながら、一番盛り上がるという 『ゴールデンウィークの前』 も今日でおしまいですね。明日からゴールデンウィークに入ってしまいますが、お時間ありましたら是非ご来店ください。
春アイテムは揃い、夏アイテムも少しずつ混ざってきて、店頭も見頃となっていまーす。

 

LINEで送る

Universal Works.

180215q

Universal Works の新作ジャケットも届きました。
3型いずれもコットン素材でのミドルウエイトの一重(ひとえ)ジャケットですので、時期を選ばず、好きなように着ていただけます。

 

180215b

まずは今季新型となります、ジャングルファティーグ型ジャケット。
ディテールを忠実に再現ということではなく、全般オリジナルのバランスで仕上げています。

 

180215c

一番の魅力はやはりファブリックの好さではないかと思います。
デニムでバーズアイということで、清涼感があり、とても新鮮に感じました。

 

180215d

Universal Works の他のモデルと比べて、ややゆったりなシルエットで仕上げていますので、少々ゆるく感じるくらいで着る設定となっています。
シャツの上から、Tシャツの上から、気軽に羽織れて、ボトムも選ばず、色合い的にもなんでも来いな感じのするユーティリティの高いジャケットではないでしょうか。
外4つ、内1つの豊富なポケットも実用的に嬉しいポイントだと思います。

 

180215e

Universal Works – Fatigue Overshirt
col : Indigo
size : XS / S / M
price : 27,000 (+tax)

 

180215h

つづいては定番型の Zip Uniform Shirt は、ショートジャケット。
毎シーズン展開される定番素材となるミディアムウエイトのコットンツイルによるベーシックな一着です。

 

180215k

どことなくラフに、無造作につくられている感があり、それこそワークウェアな風情を感じさせるのが、この定番ラインの特徴でしょう。
イージーに羽織えて、丸洗いができて、というデイリーに着まわすタイプのコットンジャケットです。

 

180215i

最近、デイビッド本人もよく自分の着ている服にバッヂを付けていますが、このモデルには急にバッヂが付いていました。もちろん取り外せます。

 

180215j

外してみると、バッヂ受けのようなものが備えられています。針を生地に直接刺さずにバッヂが付けられますよということでしょうか。

 

180215g

Universal Works – Zip Uniform Shirt
col : Navy
size : XS / S / M
price : 23,000 (+tax)

 

180215o

こちらも同じ定番ライン、同じく定番型の定番生地で襟なしのジャケットです。
昨秋冬も同モデル、同生地でネイビーで展開していましたので、別色で再登場ということになります。

 

180215m

襟なしのVカーディガンのようなジャケットで、インでもアウトでもという、これも実用性が高いジャケットです。

前回入荷時には、
『ポケットが多いのはアウターとして便利、襟が無いのはインナーとして便利。カーディガンやベストのような中間着的ニュアンスも有り、、』
と書いていたようでした。
今回もそうだと思います。

 

180215l

180215n

Universal Works – Cabin Jacket
col : Olive
size : XS / S / M
price : 22,000 (+tax)

 

春というのは急に来るものだと分かっているのですが、毎年この時期は焦ります。
急に一段階暖かくなって、どかっと新作入荷があって、お客さんたちがブンブン腕をまわしはじめて、、

いよいよ一年で最も忙しい時期に入ったようなので、なるべく落ち着いて、頑張っていきたいと思います。

 

LINEで送る