Universal Works.

180215q

Universal Works の新作ジャケットも届きました。
3型いずれもコットン素材でのミドルウエイトの一重(ひとえ)ジャケットですので、時期を選ばず、好きなように着ていただけます。

 

180215b

まずは今季新型となります、ジャングルファティーグ型ジャケット。
ディテールを忠実に再現ということではなく、全般オリジナルのバランスで仕上げています。

 

180215c

一番の魅力はやはりファブリックの好さではないかと思います。
デニムでバーズアイということで、清涼感があり、とても新鮮に感じました。

 

180215d

Universal Works の他のモデルと比べて、ややゆったりなシルエットで仕上げていますので、少々ゆるく感じるくらいで着る設定となっています。
シャツの上から、Tシャツの上から、気軽に羽織れて、ボトムも選ばず、色合い的にもなんでも来いな感じのするユーティリティの高いジャケットではないでしょうか。
外4つ、内1つの豊富なポケットも実用的に嬉しいポイントだと思います。

 

180215e

Universal Works – Fatigue Overshirt
col : Indigo
size : XS / S / M
price : 27,000 (+tax)

 

180215h

つづいては定番型の Zip Uniform Shirt は、ショートジャケット。
毎シーズン展開される定番素材となるミディアムウエイトのコットンツイルによるベーシックな一着です。

 

180215k

どことなくラフに、無造作につくられている感があり、それこそワークウェアな風情を感じさせるのが、この定番ラインの特徴でしょう。
イージーに羽織えて、丸洗いができて、というデイリーに着まわすタイプのコットンジャケットです。

 

180215i

最近、デイビッド本人もよく自分の着ている服にバッヂを付けていますが、このモデルには急にバッヂが付いていました。もちろん取り外せます。

 

180215j

外してみると、バッヂ受けのようなものが備えられています。針を生地に直接刺さずにバッヂが付けられますよということでしょうか。

 

180215g

Universal Works – Zip Uniform Shirt
col : Navy
size : XS / S / M
price : 23,000 (+tax)

 

180215o

こちらも同じ定番ライン、同じく定番型の定番生地で襟なしのジャケットです。
昨秋冬も同モデル、同生地でネイビーで展開していましたので、別色で再登場ということになります。

 

180215m

襟なしのVカーディガンのようなジャケットで、インでもアウトでもという、これも実用性が高いジャケットです。

前回入荷時には、
『ポケットが多いのはアウターとして便利、襟が無いのはインナーとして便利。カーディガンやベストのような中間着的ニュアンスも有り、、』
と書いていたようでした。
今回もそうだと思います。

 

180215l

180215n

Universal Works – Cabin Jacket
col : Olive
size : XS / S / M
price : 22,000 (+tax)

 

春というのは急に来るものだと分かっているのですが、毎年この時期は焦ります。
急に一段階暖かくなって、どかっと新作入荷があって、お客さんたちがブンブン腕をまわしはじめて、、

いよいよ一年で最も忙しい時期に入ったようなので、なるべく落ち着いて、頑張っていきたいと思います。

 

LINEで送る

New Arrivals.

1701109b

Universal Works のコートの定番、Top Coat が今年も入荷しました。
今シーズンはトラッドな風情のツイード生地で、落ち着いた大人の雰囲気です。

 

1701109d

ブラウン×ブラックのウールツイードは、しっかり高級感のある上質なファブリック。イギリスのブランドがこういった生地を使うと、なんとなく説得力が違います。

 

1701109a

1701109e

1701109f

総裏仕立てで、胴部はコットンの裏地というのが Univresal Works らしいところです。
また、今回、昨年よりも着丈を少し長くしている点も注目すべきポイントでしょう。

 

1701109c

Universal Works – Top Coat *Wool Tweed
col : Brown
size : XS / S / M
price : 49,000 (+tax)

 

1701110i

昨年お休みをして、2年ぶりとなりました、Yarmo のドンキーコートです。
昨シーズン、結局たくさんのお問い合わせをいただくことになってしまい、めでたくの復帰です。

 

1701110d

昨年からボタンが胡桃タイプではなくなり、普通のボタンに変更になりました。
なんとなく印象が変わったので、とりあえずお休みしようかという判断でしたが、これはこれでという意見が案外多く、まったくの僕の懸念だったようです。

さらによく見ると、メインのメルトン生地と、リブの質感がグレードアップしているし、何よりボタンの雰囲気もとてもいい。
ということで、Yarmo 定番のドンキーコートはやはりたいしたものだ! という結論です。

 

1701110b

ショートコートという位置付けのため、ブルゾンのように裾にリブがあったりなどはなく、すとんとまっすぐ落ちていることも、意外とこの丈感ではあまり見ないバランスです。

カールしたリブ襟がどうしても目を惹くポイントですが、丈感が絶妙だったり、アームがすっきりしていたり、トータルでバランスが好く、ストレスなくコーディネイトできることが魅力になっているように思います。

 

1701110e

1701110c

カラーはネイビーでかなり濃い目。そして今季の裏地は赤ということになります。
僕の記憶違いがありまして、事前にお問い合わせいただいた数人のお客さまに 『今季はブラックが入ります』 と案内してしまいましたが、正しくはネイビーでした。
たいへん申し訳ございませんでした。

 

1701110a

長年販売してきましたが、タイトなデニムに合わせたり、ルーズな軍パンに合わせたり、コーディネイトは十人十色です。
決まりきったかたちがないからこそ、定番として定着しているのだと思います。

 

1701110h

Yarmo – Donkey Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 38,000 (+tax)

 

1701111a

ARMEN の定番は、キルトジャケット。
今シーズンもウールシェルのものをピックアップしました。

 

1701111g

“ハイネック” ジャケットの方は、グレーのヘリンボーンです。
ツイードライクでソフトなウール地で、ガサガサせずに着やすいです。

 

1701111f

アーメンのキルトジャケットの最大の特徴が、キルティングをシームではなく、ステッチの綻びが発生しないパンチングでしていること、そして、リバーシブルのつくりになっていることです。

 

1701111e

1701111d

1701111b

僕も所有していてずいぶん着ていますが、まだフリースの面で着たことはありません。笑。
あたたかい裏フリースということで何の問題もないように感じています。

 

1701111m

ARMEN – Reversible High Neck Quilt Jacket *Wool Herringbone
col : Grey
size : 1 / 2
price : 28,000 (+tax)

 

1701111l

フーデッドのタイプは初登場となります。
フロントがスナップボタンになり、やや大ぶりな一体型のフードが付きます。

 

1701111j

しっかり上までボタンを留めると、かなりフードが立ってくるつくりになっています。
立体感を出して着るのもいいですが、フードの口が開くように、襟を大きく開いて着てもバランス好く着ることができます。

 

1701111k

生地はヘリンボーンではないですが、同じ種類のプレーンなネイビーです。ツイード調の見え方をしますが、実際はツイーディでなくソフトです。

 

1701111n

ARMEN – Reversible Hooded Quilt Jacket *Wool
col : Navy
size : 1 / 2
price : 31,000 (+tax)

 

LINEで送る

Universal Works – Jackets.

1701018m

Universal Works の新作ジャケットが届いています。
晩秋から冬にかけて活躍するウール素材のジャケット2型の入荷です。

 

1701018e

今季新型の Lenton Jacket は、シェットランドウールを素材とするショート丈のジップアップジャケット。
上質な素材感が一見して伝わってくる、大人対応の短丈ジャケットです。

 

1701018d

1701018b

ニットセーターなどでも見覚えのある、シェットランドウールならではのミックス調の色味です。色合いに深みが出て、なんとも味わい深いものになっています。

そしてさらに、シェットランドウールならではの特徴として、軽くて柔らかくて、あたたかい、ということもあります。上からコートを羽織ったりすると、ならではのあたたかさがより分かりやすいかもしれません。

 

1701018c

1701018a

一重(ひとえ)のつくりですが、着脱のための肩裏のみ付いています。
今回はポケットが全てパッチポケット(外付け)でなく、セットインのポケットとなっていますので、デザインとしてはよりエレガントな見え方をするような狙いがあるようです。
素材感の良さもありますから、トータルで非常に大人っぽい、上品で落ち着いた印象のショートジャケットに仕上がっているように思います。

 

1701018f

Universal Works – Lenton Jacket
col : Olive
size : XS / S / M
Price : 34,000 (+tax)

 

1701018h

こちらも新モデルで、ウールフリースのカーディガン型ジャケット。
そのままアウターとしてカーディガンのように使うのもよし、何かコートやジャケットのライニング・ジャケットのような感覚で使うのもよし、という具合に、インナー・アウター、屋内・屋外、いろいろなシーンに都合よく使ってほしいというタイプのアイテムです。

 

1701018i

1701018g

空気が溜まる厚みがありますので、やはりあたたかいはずです。
これを着て、上から外気をシャットアウトするようなアウターを羽織れば、真冬も間違いないでしょう。

パッと連想するのは、どうしても Barbour のワックスジャケットでしょうか。非常に相性が好さそうです。

 

1701018k

1701018l

Universal Works – Wool Fleece Cardigan
col : Grey
size : S / M
Price : 24,000 (+tax)

 

急に寒い日が入り込み、きつい台風が来て、季節がよく分からなくなっているような感じですが、まだまだ冬ではないですから、焦らずいきましょう。
街の様子を見ていると、一度寒い日があったおかげで、その後それほど寒くない日も冬の装いをしている人をけっこう見かけるので、服屋の方まで焦ってしまいます。

まあそれでも、冬アイテムの紹介もぼちぼち増えていくような時期にはなっています。重ね着ができる時期になり、いよいよファッション的な観点からは一番楽しい時期に入ったなというところだと思います。
秋も深まり、いい季節です。まだまだいろいろと新入荷が続きますので、しっかり楽しんでいきましょう!

 

LINEで送る

Universal Works – Jackets.

1700921p

Universal Works の新作ジャケット、ようやく届きました。
コットンのジャケットが必要な時期に入ってきましたので、いいタイミングです。

 

1700921o

今回のご紹介は2型、どちらも今季のあたらしい型(モデル)となりますが、Universal Works らしさは全開ですので、あまり初めて見た気がしないような感じです。

 

1700921d

コットンツイル、カラーレス・ジャケットの Cabin Jacket。
こちらはやや軽めのコットンジャケットですので、すぐに活躍しそうなアイテムです。

シャツジャケットというほど薄いものではありませんが、ジャケットとしては若干、軽め。手持ち感もよく、着たり脱いだり、またこの上から違うアウターを羽織って、など、ユーティリティ系のジャケットとして見ていいように思います。

1700921c

ポケットが多いのはアウターとして便利、襟が無いのはインナーとして便利。
カーディガンやベストのような中間着的ニュアンスも有り、、

 

1700921g

1700921b

1700921e

Universal Works – Cabin Jacket
col : Navy
size : XS / S / M
price : 22,000 (+tax)

 

1700921n

ジップアップのショートブルゾン、Zip Uniform Shirt は、イングリッシュ・モールスキンの生地を使ったヨーロッパらしいジャケットです。

 

1700921m

毛足がしっかりありつつ表面起毛があるのがイングリッシュ・モールスキン。(フレンチ・モールスキンはその逆で表面がつるっとしたものです)

イングリッシュ・モールスキンは、ルックスとしては、ベルベットとかウール生地などと間違われることが多く、タフなコットン素材の生地であるにも関わらず、どことなくエレガントに映ります。起毛感がしっかりあるということで、どちらかというと春というよりは秋と冬というイメージの服地です。

 

1700921l

ベースはショート丈のタイプのワークジャケットで、かしこまらずになんとも気楽な感じ。無造作に付けたような大判のポケットが無骨な風情です。

お腹のパッチポケットは、この形をしていて横方向のポケットです。

 

1700921i

 

1700921h

1700921k

あまり攻めた印象のないショート丈ですので、スタイリングがしやすいバランスではないかと思います。
落ち着いた印象で、シンプルに着合わせて様になるようなバランスです。

 

1700921j

Universal Works – Zip Uniform Shirt
col : Navy
size : XS / S / M
price : 29,000 (+tax)

 

LINEで送る

Universal Works – Pants, Shirts.

170427w

Universal Works の新作入荷です。
今回はパンツ1型、半袖シャツ6型のご紹介です。

この春夏シーズンは、しっかりデザインされた服のセレクトを増やそうと特に意識していたのですが、そういう目で見ると Universal Works のアイテムたちもまた違った見え方がしてきました。
(これまでは Universal Works のセレクトでも、どちらかというとシンプルでベーシック寄りのアイテムを中心に選んでいたのです)

徐々に軽装になる春夏期は、つまらなくなってしまわないよう、感性をしっかり働かせて、自分にとってデザインが気持ちよい服を着ていこうではないか、という考え方です。

 

170427x

Universal Works の素材づかいのセンスは元々定評がありますが、この春夏はかなりの感度の好さを感じました。
ここのところの気分として、暑い時期になったら特に、ゆったりと緩めに着たいということがありつつ、Universal Works のコレクションを見渡せば、そこは得意なところであり、素材の雰囲気とデザインの組み合わせ、また色柄の使い方、引き出しの多さに感心させられました。

 

170427a

まずパンツは、今季の新型 Double Pleat Pant。
2タックのしっかり太いパンツです。

 

170427f

股上は深め、ずどんと太く、ラインはテーパード。
生地は夏向けの薄地で、リネン+ウールの抜群に上品なファブリックです。

 

170427b

クラシックなピンストライプに、リネンとウールの特性がうまくマッチした独特な風合いの生地感。なかなかお目にかかれないようなファブリックだと思います。

しわになりやすいリネンと、しわになりにくウールで、結果、全体に細かく波打つ感じになり、太いパンツだからこそ感じられる生地の動きやドレープが魅力的に映ります。

素材の特性として、通気性も抜群でしょうし、湿気もしっかり逃がしてくれるはずです。

 

170427d

170427e

Universal Works – Double Pleat Pant
col : Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 27,000 (+tax)

 

170427z

新型のキューバシャツも、今の気分ではないかと思います。
開襟でちょっとゆるめに、それでいて大人っぽく着こなしたいという感じでしょうか。ポケットが多いというのも、意外と実用面でポイントが高いです。

 

170427y

薄手の織りストライプ柄の後染め。軽くて生地が波打ち、たいへん好い雰囲気です。

Universal Works – Cuban Shirt *Lincoln Cotton
col : Stone
size : XS / S / M
price : 19,000 (+tax)

 

170427i

同じくキューバシャツで、こちらはごわっとした質感のジャケットのような生地となります。
色が抜けたような感じになって、より力の抜けた感じです。

 

170427h

Universal Works – Cuban Shirt *Route Denim
col : Indigo
size : XS / S / M
price : 19,000 (+tax)

 

170427k

レギュラーモデルの Road Shirt。こちらもオープンカラーのボックス型シルエットです。
さらりとした薄地で、質感も色柄もまさにヨーロッパ的雰囲気です。

 

170427l

色の感じが絶妙で、やはり生地惚れでセレクト。派手さはないけど、すごくいいです。

Universal Works – Road Shirt *Beach Cotton
col : Sand
size : XS / S / M
price : 19,000 (+tax)

 

170427n

同じく Road Shirt で、シャンブレーにカラーネップが入ります。
実は華やかで、遊びごころのあるデザインです。

 

170427m

Universal Works – Road Shirt *Nep Chmbray
col : Indigo
size : XS / S / M
price : 17,000 (+tax)

 

170427r

たしか新型だったと思います、Baseball Shirt。
襟なしの丸首で、前の合わせはスナップボタンとなります。

なんとなく軽快で、ひと味違ったシャツスタイルを楽しめるかと思います。

 

170427q

生地は薄くて柔らかなマドラス地をオリーブグリーンで後染めしています。柄が沈んで、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

Universal Works – Baseball Shirt *Madras
col : Olive
size : XS / S / M
price : 18,000 (+tax)

 

170427t

Baseball Shirt で渋いインディゴカラー。
鹿の子のようでいて、また少し違う、独特の生地が使われています。Denim Rip Stop という名前になっていますが、いわゆるよく知っているデニムとは違います。
リップストップというのは、格子状にシームのように織り目が走っていることから名付けられたのだと思います。

 

170427v

サラサラ系の質感で、よく風が抜けそう。これも気持ちが好いです。

Universal Works – Baseball Shirt *Denim Rip Stop
col : Indigo
size : XS / S / M
price : 18,000 (+tax)

 

ということで、今季の Universal Works は、夏に向け側のアイテムで見るべきものが多いシーズンとなりました。

あまり頑張り過ぎないカジュアルスタイルとして、ラフに着ても上品に映り、大人っぽさを失わずにゆるく楽ちんに着たい、みたいなことが今の気分としてあると思います。
Universal Works のパンツと半袖シャツは、そんな気分を満たすアイテムとしておすすめです。

 

・ ・ ・ ・ ・

170220v

Montmorency の第二便が届き、サイズ欠けが解消されました。
ひきつづき宜しくお願いいたします!

 

LINEで送る