Vintage – Royal Navy Cap.

190909i

久しぶりにミリタリーアイテムが入荷しました。
ROYAL NAVY (イギリス海軍)のワーキングキャップ、2000年代のデッドストックとなります。

 

190909j

190909k

190909f

190909d

190909g

190909e

190909b

190909h

綿・ポリのツイル地、いかにもワーク向けの生地で、前面に小穴が2つ、後のベルクロでサイズ調節が可能です。
さほど古い年代のものではなく、ヴィンテージと呼べるようなものではありませんが、いわゆるワークキャップ型でなく、ベースボールキャップのかたちをしているのがおもしろいと思います。

 

190909a

『なんだか分からないけど欲しくなる系』 、『とりあえず手に入れておかないとなんとなく不安系』、呼び方はいろいろあるこのジャンル、しかし正体は、ただただ、無造作なデッドストックのミリタリーアイテムでございます。

UK Military – Royal Navy Cap (Dead Stock/Vintage)
col : Navy
size : Free
price : 4,200 (+tax)

 

LINEで送る

Vintage – Military Sneaker.

190201c

久しぶりの軍モノ・デッドストックが入荷しました。
こちら初めてになります、フランス軍のトレーニングシューズです。

80年代終わり頃から90年代の頃のスニーカーですが、デザインや仕様、質感などから、その年代の雰囲気を分かりやすくまとっているように思います。

 

190201e

“SPORT” というブランドかのようにストレートなラベルがタンに貼られていることもそうですが、なんとなしにチープ感が漂い、それがそのまま愛嬌になっているように感じます。
『ミリタリーのよくわからないスニーカー』 であり、なんとなく愛嬌があり、どことなくセンスのよさを感じる、というフランスのミリタリーものならではのお品ではないでしょうか。

分かる人もいるかもしれないので一応触れておくと、生産元はフランスmarbot社である可能性が高いとのこと。軍の革靴の方でよく見かけるメーカーです。

 

190201f

190201d

190201g

190201h

190201i

190201a

French Army Trainer (Dead Stock)
size 41 / 42
price : 11,000 (+tax)

 

サイズ感ですが、表記サイズと実質サイズに差があるようです。表記サイズからすると、かなり小さめなつくりとなりますのでご注意ください。
41が25.0cm くらい、42が26.0cm くらいです。

また、このタイミングで Canadian Army Trainer のプライスをダウンしておきました。こちらもデッドストックではあるものの、ものによって黒ずみの汚れが見られたのですが、残りが少なくなってきて汚れのないものが販売されてしまっているという理由です。

 

LINEで送る

Vintage – European Military Items.

180702a

デッドストックのミリタリーアイテムが入荷しました。

今回は、昨年もやりました、イギリス軍のワークショーツ、久々の再登場フランス軍のサファリハット、初登場のイタリア軍のグルカショーツ、という内容です。

 

 

180702j

僕も初見となります、イタリア軍のグルカショーツです。
イギリス軍の本格的な仕様のものよりは簡素ですので、ものものしさはやや薄まりますが、フロントのダブルストラップ、裾広がりのシルエットは、グルカショーツならではのディテールと言えます。

ハイウエストで、ショーツとしてはやや長めの中途半端な丈感、これがグルカショーツの肝でしょう。

 

180702i

年代としては60年代から70年代頃のものということです。
やはり生地感がそのあたりの年代の雰囲気で、全体に部分的な織りムラなど多く見られ、生地クオリティが高いとは言えませんが、年代物のコットン地ならではの素朴な風合いです。

サプライヤーさんの方で水洗いをしている状態で、生地はやわらかくなっていて、ヤレたような感じも見受けられます。一度洗ってあるだけですが、一気に内部のステンシルがぼやけ、着込んだような質感になるのも、こういった生地の特徴でもあります。

 

180702d

 

カラーはインクブルー系のネイビー、サイズは小さめしか手に入りませんでした。
複数本の入荷ですが、すべてのウエストを計測してみたところ、75cm と 77cm の2種類に分類できました。

 

180702b

実質、29~30インチ、30~31インチ、という感じの2サイズです。
トップのボタンを留めて、ストラップで絞って調節する仕様です。

 

180702c

ITALY Military – Gurkha Shorts (Dead Stock/ Vintage)
col : Navy
size waist 75 / waist 77
price : 9,000 (+tax)

 

180702l

こちらは昨年ご好評いただきました、ロイヤルネイビーのショーツです。
今年はサイズも広くご用意できました。

 

170702e

年代的には最近のもので、素材も綿ポリとなり、ヴィンテージな感じではなく、機能的な軍モノという様相です。

ポリエステル混ということで侘び寂びはほどほどですが、よく乾き、耐久性もあり、ルックスとして小ぎれいですので、普段の格好に気軽に、また自然に取り入れられるのではないでしょうか。
実際、僕も昨年から穿いていますが、意外な調子好さに驚いています。ベルトレスで穿ける手軽さ(サイドアジャスターで絞ります)も大きく、また深い股上に短い股下の独特なバランスが、実は意外な合わせやすさを秘めているのです。

 

170702a

昨年の写真ですが、モデルの木本さんは170cmくらいで 180/80 というサイズを穿いています。前の数字が身長、後の数字がウエストを意味しているのですが、本当はものすごく短いパンツであることが分かります。

UK Military – Royal Navy Work Shorts (Dead Stock/ Vintage)
col : Navy
size : 180/80 / 190/80 / 180/84 / 190/84 / 180/88
price : 7,500 (+tax)

 

180702m

最後はフランス軍のサファリハット。
これは数年前に一度入荷したことがあり、再登場です。

特筆事項はありません、『なんかいい感じ』 です。

 

180702n

FRANCE Military – Safari Hat (Dead Stock/Vintage)
col : Camo
size : 60 cm
price : 4,500 (+tax)

 

ここ最近は、希少性の高い、間違いない系のヴィンテージものは避けて(価格高騰についていけず)、実際に気軽に取り入れられて、ちょっと面白いかも、あると便利かも、というようなタイプの軍モノやワークものを狙うようなスタンスでいます。

年代やディテールに目くじらを立てず、軽い気持ちでトライしてみたら意外といいな、みたいな感じがちょうどいいかなと思っていますので、みなさんもそんな軽い感覚で手にとってみてください。

LINEで送る

Vintage – Italian Military.

1701205a

久しぶりに手に入りました、イタリア軍のウール・コットンのアンダーシャツ。
一段あたたかい冬の下着として支持されている実用ミリタリーアイテムです。

 

151005c

デッドストックで製造年代は不詳。さほど古いものではないようですが、なんとなく昔のものの気配もただよっているところが愛しやすいです。

ウールが入っていますので、急に着ると多少のチクチクを感じることもあるかもしれませんが、だいたいはすぐに慣れてしまいます。肌が覚えてしまえば大丈夫で、しっかりアンダーシャツのつくりをしている分、実用的に使いやすいかと思います。

 

1701205b

ITALY Military – Wool Cotton Under Shirt *Dead Stock
size : S / M
price : 3,200 (tax in)

 

. . . . .

 

●おしらせ

明日土曜日(9日)は、オープンを14時とさせていただきます。
ご来店の際にはご注意いただけますようお願い申し上げます。

12月9日(土) 14:00 – 20:00

 

LINEで送る

Vintage – European Military and Work.

170702y

新作入荷が落ち着いてきたところで、恒例のミリタリーアイテムをご紹介します。
ずいぶんいろいろやってきましたが、まだ新ネタはあります!

 

170702s

こちらはイギリスのダンガリー。デッドストック(ワンウォッシュ済み)で手に入りました。
典型的なブリティッシュワークのディテールが見られるワークウェアで、50年代から60年代あたりのものでしょうか。

一般的に日本ではオーバーオールと呼ばれるアイテムですが、これはアメリカ的名称であり、イギリス的な言い方では 『ダンガリー』 です。

当時のペインターやカーペンターが実際に着ていたリアルなワークウェアでありまして、当時のワークウェア特有のコットンツイルの色合いと質感、また、斜行して付く胸ポケットやボタンの雰囲気、チェンジボタンなど、好きな人には堪らない、いかにもイギリスものらしい、魅力的なディテールを備えています。

 

170702t

170702u

170702v

170702w

サイドにボタンが付きますが、構造的には開くと隙間になってしまうので、本来はズボンを穿いた状態で着るものなのでしょう。
しかしそれにしては、さほどの太さはありません。

 

170702p

サイズは36と38の2サイズあります。
170センチの木本さんがちょうどそこに居たので着てもらったところ、38のサイズでややゆったり気味、悪くないサイズ感です。

 

170702o

こちらが36の方で、すっきり着れる感じ。
いざ買うとしたら迷うなぁ、と言っておられました。

 

170702r

170702q

こういう感じで着てもよさそう。

アイテムとしては、しっかりヴィンテージで流通も少ないようですので、なかなか価値の高いものであることは確かです。
今やヨーロッパのワークウェア全般が希少となっていて、中でもフレンチワークとブリティッシュワークは特別なものがあります。

’50s – ’60s British Work Dungarees
size : 36 / 38
price : 16,000 (+tax)

なかなか充分にディテールを伝えきれないのと、洗濯縮みが出やすい生地のためにサイズのバラつきがあるのと、そういう理由で通販はせずに店頭販売のみとさせていただきます。

 

170702e

ロイヤル・ネイビーのワークショーツ。

こちらはかなり最近の年代の、綿ポリ生地で中国製の量産アイテム、ということで、気軽に手を伸ばしてほしいタイプのイギリスの軍モノです。

 

170702d

2タック入って腰のボリュームがあり、丈はばっちり短め、というミリタリーショーツらしいバランス。
生地は綿ポリなので、風合いが、、というものではありませんが、その分軽く、強く、小ぎれいで、実用的であることは間違いないでしょう。

170702c

 

ベルトレスで穿く仕様で、サイドのアジャスターを使います。
ベルトいらずはやはり楽で、このアジャスターはしっかり機能します。

 

170702b

タックインすると、よりミリタリーっぽい雰囲気で着れます。
しなくても、なかなか好いバランスです。

 

170702a

複数用意していますが、サイズは全て同じで、ウエストサイズが80です。
ベストサイズが31インチで、32インチくらいまで、という感じでしょうか。

UK Military – Royal Navy Work Shorts (Dead Stock/ Vintage)
col : Navy
size : 80
price : 6,500 (+tax)

 

170702h

東ドイツ軍のワークパンツ。

こちらも軍のワーク用ウェアで、本来オーバーパンツのようです。
僕も初見なのですが、東ドイツものというのも、ブラックというのも珍しく、実際に穿いてみると、ミリタリーアイテムとは違った独特のニュアンスを持っています。

 

170702f

170702g

170702k

サイドのポケットはボタンが付いていて、片側が貫通ポケットとなっていますのでご留意ください。
これはオーバーパンツのディテールで、下に穿いたパンツのポケットにアクセスできるようにというものです。

また、このサイドのポケットですが、44と48という2サイズご用意しているうち、44のサイズのみ片方(右側)がボタン無しの仕様となっています。

 

170702l

バックポケットはなく、フラップ付きのポケットが外腿に付きます。

 

170702m

裾はタブで絞れる仕様になっています。

また、ウエストは後側にゴムが入っていて、どうやら本来サスペンダーで吊って穿くことになっているパンツのようです。
ベルトで普通に穿けるように、後からベルトループを付けています。

 

170702n

East Germany Military – Cotton Work Pants (Dead Stock/ Vintage)
col : Black
size : 44 / 48
price : 7,000 (+tax)

 

長年やっていますが、まだまだ知らないアイテムがひょっこり出てくるからヴィンテージは面白い!

既存のものに少し飽きたなと感じたら、気分転換にミリタリーなり、ワークなり、ヴィンテージものに目を向けてみると、また楽しくなるかと思います。

7月に入って、本番の夏らしさが感じられるようなり、僕も短パンを解禁しました。さっそく今日、このイギリス軍のショーツをおろして穿いております。

 

LINEで送る