New Arrivals.

170524h

SOUTIENCOL より、半袖のリネンシャツが届いています。
“男の定番” 的ベーシック、単色ネイビーとブルーギンガムの Remake Polo です。

 

170524c

単色ネイビーは Canclini 社製のキメ細かなリネン生地の、製品染め Ver. となります。
ポロシャツのように気軽に着れるけど、美しいボタンダウンカラーのシャツである、という半袖リメイクポロ。無地のネイビー間違いないでしょう。

 

170524b

170524a

SOUTIENCOL – Remake Polo – H *Canclini Linen
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

170524g

ブルーギンガムの方は、今シーズンはじめての試みという “袖が長めの半袖” の Remake Polo です。
着こなしとして、袖を軽くまくるという着方をしたいという要望に応えたものです。

 

170524e

SOUTIENCOL – Remake Polo – Long H *Linen
col : Blue Gingham
size : 1 / 2 / 3
price : 15,800 (+tax)

 

 

170523a

Ordinary fits からも新作シャツです。
Vネックでカーディガンのニュアンスがありつつ、プルオーバーのシャツです、という面白いアイテム。

 

170523d

薄手コットンの布帛(シャツ地)ということで、スモックのようなニュアンスもあり、分類しようとすると難しいです。
こういう分類が難しい、でも実際いいとこ取りの実用性の高いアイテムづくりは、最近の Ordinary fits の真骨頂でもあるような気がします。
常にどこかでオリジナリティを求める姿勢というものに拍手を送りたいと思います。

 

170523c

ブランドが示すカラー分類は 『ライトグレー』 となるのですが、実際はオフホワイトというようなかなり薄い色です。

 

170523b

Ordinary fits – Talking Shirt
col : Lt.Grey
size : 1 / 2 / 3
price : 15,800 (+tax)

 

170525a

FUJITO の Explorer Shorts もオリジナリティという意味ではかなりのもの。
ポケットがたくさん付いていることが特徴的で、機能的なショートパンツです。

 

170525c

生地は今季の Mountain Parka と同じもので、ポリエステル+コットン素材の、ショーツとしてはしっかり感のあるものとなっています。
きちっとしたショーツスタイルが好みだけど、トラッド系でなくカジュアルフィールドで、という趣向の人におすすめです。

 

170525b

アウトドアスポーツとワークのテイストをミックスしました、というのがこのショーツの試みで、独特のニュアンスになっていると思います。

シルエットはややコンパクトですっきり型、スマートなスタイルとなりますが、アウトドア仕様の股ガゼットが入り、動きやすさが考慮されています。

 

170525d

すっきりスマートに着こなせて、ポケットが多くて動きやすい、というなかなかない独自のショーツに仕上がっていると思います。

 

170525f

FUJITO – Explorer Shorts
col : Beige
size : 30 / 32 / 34
price : 16,000 (+tax)

 

170526c

Vincent et Mireille からも、Tシャツのような、シャツのような、スモックのような、という面白アイテムが届いています。
昨年の好評を受けてのアゲインですが、今季はブラックのリネンとなります。

 

170526d

半袖のクルーネックのリネンシャツ、襟なしシャツ、リネン素材のシャツ地のTシャツ、、
どういったら一番しっくりくるのか分かりません・・・

とにかくスモックのようなニュアンスがあって、簡単に着れるけど変化はあってつまらなくない、そしてシンプルである、こういうアイテムが今の気分ではないでしょうか。

 

170526a

襟の脇にボタンが二つ、裾サイドにはスリット、トータルのテイストはマリンです。

170526b

Vincent et Mireille – No Collar Pocket Shirt
col : Black
size : 40 / 42
price : 9,500 (+tax)

 

170526j

こちらも Vincent et Mireille で、定番モデルのワンタックのイージーパンツを、CoolMax のシアサッカーで。

170526i

ややゆったり程度の、細からず、太からずのシルエットに、ドライタッチの薄地シアサッカー。
CoolMax で、シアサッカーで、しかもストレッチも利いて、と快適な要素が詰まったイージーパンツです。暑くなってもショートパンツを穿かないという人達におすすめしたいです。

 

170526g

Vincent et Mireille – One Tuck Cotton Easy Pants
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 13,500 (+tax)

 

週末から晴れて暑くなるみたいなので、商品紹介をたくさんにしました。
じっくり物色してください!

 

LINEで送る

New Arrivals.

170503b

Yarmo のオフィサーショーツが入荷しました。
ブロードアローマークが目印の “ADMILAL” ラインのアイテムとなります。

 

 

170503a

“ADMILAL” ラインとは、実際にメーカーとしてミリタリーウェアの納入も行っていたという背景を生かし、ブロードアロー(英国官有品を示す国防省のオフィシャルのマーク)のラベルを付けて、ミリタリーテイストの強いアイテムを展開するシリーズです。

このオフィサーショーツというモデルも、グルカショーツやロイヤルネイビーのショーツなどと同じ系譜のショートパンツと言っていいでしょう。
知っている人から見ればイギリス軍の薫りが強く、また知らない人から見ても、なんとなく他と違うミリタリーテイストがありながらもやけにポップ、という魅力的なアイテムではないかと思います。

 

170503e

タックが2つ入り、シルエットはたっぷりです。
股上もしっかり、裾も絞りはなし、という独特のミリタリーショーツ的なバランスです。
前留めはタブのかたちになっていて、深めのボタンフライ、サイドにアジャスターが付いていますので、これを絞ればベルト無しでも穿くことができる仕様になっています。

素材は 『やや薄め』 くらいのミドルウエイトのコットンツイル、ヴィンテージのロイヤルアーミーのウェアを想起させるキャメルブラウンのタンカラーがまた絶妙です。

 

170503f

170503d

170503c

Yarmo – Officer Shorts
col : Tan
size : 44 / 46 / 48
price : 23,000 (+tax)

170504c

FUJITO からは新作の半袖シャツが入荷しています。
襟がポロシャツの襟のようにニットリブになっている、シンプルながらもちょっとだけひねりを加えた “らしい” 雰囲気のシャツです。

 

170504b

ボディの方は、まあまあ厚みがあって、ザラザラとネップ感のあるしっかりした生地です。襟の素材と色がそれなりに印象的なアクセントになっていて、シックな雰囲気のままデザインの強さを感じます。

 

170504a

170504d

背中をインプリーツのボックスプリーツが縦断しています。身体を動かす際に窮屈にならないよう、ゆとりをとっておくというシャツのディテールです。

170504e

FUJITO – Rib Collar Shirt Short Slv.
col : Navy
size : S / M / L
price : 16,000 (+tax)

 

170505f

Vincent et Mireille のスウェットTee、なんとなく気分のアイテムです。

 

170505b

裏パイルの一般的なスウェット地に、襟のVガゼット、裾のリブ、基本的にはわりあい標準的なスウェットTee と言っていいと思いますが、昔からあるゴリゴリのそれではなく、ほんの少しだけゆったり感があるようです。
さらに、サイドの部分にもリブ生地を使っていますので、着やすさがアップしていると思います。

 

170505e

170505d

170505a

170505c

Vincent et Mireille – Crew Neck Sweat Short Slv.
col : Grey / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 8,500 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

ゴールデンウィークは満喫できているでしょうか?
Fuzz は例年通り、GW直前と前半が賑わい、後半に入ってきて徐々に落ち着いてきて、今日などは普段の平日かと思うほど静かなものでした。

明日6日・土曜が普通の営業(12:00-20:00)となり、7日・日曜が休業となりますのでご注意ください。

ご来店もそうですが、通販のご注文における日時指定に関しましても、ご留意いただけますよう重ねてお願い申し上げます。

陽気が好くて、本当に気持ちの好い季節ですね~

 

LINEで送る

New Arrivals.

170407c

今季新登場となります、Portuguese Flannel のシャツをご紹介します。

●Portuguese Flannel
2014年に Antonio と Manuel の兄弟によって立ち上げられたブランドです。
ポルトガルで4代続く生地メーカーという確固たる背景をもとに、さまざまな生地のヴァリエーションを生かしたシャツ専門ブランドとなります。

 

170407d

要するに、老舗生地屋さんの子息がスタートしたシャツのブランドです。
まず生地ありきで始まるシャツとなりまして、その生地がさまざまでおもしろく、非常に興味をそそられました。

シンプルなものから遊びごころ満載のものまで、ずらりといろいろな生地があり、ピックアップするのが楽しいものの、かなり大変でした。
基本的にはヨーロッパの生地メーカーということで、生地の雰囲気とか薫りというようなものが日本のものとはっきり違い、もはやはるか昔となってしまいましたが、かつて僕らがフランスを中心とするヨーロッパ古着を扱っている時分、よく目にしていたようなシャツを思い出させる色柄や質感、雰囲気のものが多く見られました。

 

170407b

正直、お店としてはシャツのラインナップは間に合っているのですが、それでも我慢ができずに展開を決めてしまったブランドです。
もうこうなったら、腹をくくって 『シャツなら任せろ』 というスタンスをより確固たるものとして突き進んで行きたいと思います。

 

170407e

まず最初のこのモデルは、ややおとなしめの色柄ですが、織りでのストライプ柄で、あまり見ないような生地です。
おとなしくないものもオーダーしていたのですが、これが受注集まらず、残念ながら生産不可ということになってしまっております。

この他を半袖でオーダーしていましたので、まずはこの1型からのご紹介となりますが、半袖シャツの方も期待していただいて大丈夫です。近いうちにご紹介できると思います。

 

170407a

Portuguese Flannel – Band Collar Shirt
col : Blue Grey
size : XS / S / M
price : 16,000 (+tax)

 

170406g

SOUTIENCOL の Remake Polo が2型。
綿麻のオリーブギンガムチェックと、麻100のドビーチェック、どちらも canclini の上質ファブリックとなります。

 

170406c

涼しげで上品なドビーチェックのリネンプルオーバーシャツ。
ショートパンツなどとも合わせたくなるような雰囲気です。

 

170406a

170406b

SOUTIENCOL – Remake Polo *canclini Linen Dobby Check
col : White*Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

170406e

コットンとリネン混紡素材、爽やかなギンガムチェック柄。
既にネイビーやブラックのギンガムをお持ちの方はこの辺りはいかがでしょう。

 

170406f

170406d

SOUTIENCOL – Remake Polo *canclini Cotton Linen
col : Olive Gingham
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

170405a

Vincent et Mireille からは変化球カットソーが入荷しています。

前がシャツ地、後がTシャツ地という生地コンビネーションのゆったりシルエットの七分袖カットソーです。

 

170405c

170405b

型をドロップさせて、オーバーサイズ感をもって着るタイプのシルエットとなります。
シャツ地によってスモックのような雰囲気も感じられると思います。

 

170405d

170405e

Vincent et Mireille – Combination Quarter Slv.
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 6,500 (+tax)

春物の中に夏物も混じりはじめ、いよいよ入荷が混み混みになってきました。
ちょうど着るものに迷う時期かもしれませんが、しっかり季節を感じつつ、あれこれ考えながら買い物を楽しもうではありませんか!

 

LINEで送る

Vincent et Mireille – Coat, Cardigan.

161120f

Vincent et Mireille よりニットカーディガンとコートの新作が入荷しています。

まずは畦編みニットのクルーネックカーディガン。
ローゲージニットとは言えないミドルゲージのニットですが、畦編みの分、なかなかの厚みとウエイトになっています。冬ニットとして充分の保温性がありますので、シャツやハイネックのカットソーなどと合わせてヘビーユースをしていただきたいと思います。

 

161120a

161120c

161120b

161120d

ハイネック気味に襟が立ち上がるのが特徴です。シンプルですが意外と独特の雰囲気になり、いいくらいのアクセントになるのではないかと思います。

このウエイトがあれば、このカーディガンを着た状態でダウンベストなどのアウター系ベストを合わせるのもいいかもしれません。

Vincent et Mireille – Crew Neck Knit Cardigan
col : Grey / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 15,000 (+tax)

 

161121c

コートは今年もウール素材のしっかり系。
昨年のモデルと素材はまったく同じとなりますが、シルエットのバランスは改良され、目に見える部分では、丈がかなり長くなっています。

 

161121b

161121a

ウールモッサという生地は、メルトンの表面を掻いて起毛させたものです。
より多くの空気をまとわせるためのものであり、同時に見た目のあたたかさを演出するという効果もあります。

一重(ひとえ)ですが地厚はしっかりあり、全体としてはしっかりヘビーな質感がありますので、インにそう厚着をせずにコートに地厚を求めるタイプの人には特におすすめです。

 

161121d

161121e

非常にオーソドックスなスタイルで、暖かさと使いやすさが第一に考えられたような印象です。
ニットのカーディガンもそうですが、これは持っていると安心だろうなと思わせてくれる内容で、門戸が広いアイテムであろうと思います。

Vincent et Mireille – Wool Soutien Collar Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 27,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

シーズン前に 『今年はコート類が充実します』 と言っていましたが、一応ここまででコートというカテゴリでは全て出揃いました。

ここ数年は、たまたま魅力的なコートに出会ったからということだけでなく、コートというアイテムがシティスタイルには欠かせなものであり、お店の立地もあって、ご来店されるみなさんもそこは常に求めているなと感じて充実させるよう心がけています。

もちろんそれだけでなく、ワークやアウトドアのアウターも手を抜くことはしませんが、そのセレクトも視点の中心は同じところにあり、普段シャツを着てジャケットやコートを着ている人がワークやアウトドアを着るとしたら・・・という観点で考えるようにしています。

ということで、店内、コートが充実しています。
じっくりと向き合い、マイ・コートスタイルを確立してみてください!

LINEで送る

New Arrivals.

160916b

FUJITO もようやく新シーズンがスタート。
新作のシャツが入荷してきました。

 

160916c

バンドカラーシャツとなりますが、ベースになっているデザインとかたちはこの前と同じです。
両胸のボタン付きのポケットがトレードマークとなっていて、背中に深めのインプリーツが入っています。
また、前回は襟に芯が入っていましたが、今回は入っていません。

 

160916d

今回も生地惚れ。かなり細かいストライプ織りの生地となっていて、これはコードレーンと言ってもいいと思います。
ストライプが細いのと、インディゴ系のネイビーと白の糸の組み合わせが遠目では微かな光沢となって映り、シャンブレーのようなニュアンスも感じます。
ワークっぽい印象ではありますが、ワークならではの粗野な感じはまったくなく、たいへん上品な雰囲気です。

ナチュラル成分、ハンサム成分、あるいはヴィンテージ成分など、いろいろな要素が独自にブレンドされたような、FUJITO ならではの味わいある一着です。

また、仕立ては佐賀・唐津のシャツ工房。シャツ専門の工房の手によるものということで、カジュアルなシャツとは言えキリリとした佇まいになるのも FUJITO シャツの大きな特徴です。

 

160916a

FUJITO – Band Collar Shirt
col : Navy Stripe
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

160917e

Fileuse d’Arvor からも新作が入荷。
定番展開しているニットバスクシャツと別型となる、こちらもニットベストです。

 

160917b

160917c

160917a

こちらはリブ編みではなくジャージー編み。Tシャツなどと同じ種類の編み立てとなります。

Tシャツなどと同じではありますが、そこはニット専業のブランド、これをニットの編み機で編み、ニットの厚みと柔らかさで仕上げるということです。

ベースはバスクシャツ、生地はニット、ということになるので、ごわごわコットンの伸縮のほとんど効かないバスクシャツと違って、滑らかでやわらかく、普通のバスクシャツをより上品にアップグレードしたような感じになります。

性質はニットだけど見た目はあまりニットに見えないし、、いやコットンでそれなりに厚みもあるからスウェットのような感覚とも遠くないかも、、という印象を受けました。
そうですね、デザイン的にはバスクシャツですが、アイテムの性能としてはスウェットに近いかもしれません。

 

160917g

160917f

こちらのモデルはボートネックでも前ぐりがやや深めでクルーネックに近いです。
また、カットソーとしては普通の大きさですが、素材がニットなので(しっかり伸縮性があり、洗濯縮みもないため)、表記に対して大きく感じます。定番でやっているヴィンテージリブのモデルと比べると、1サイズ分近く違うと思います。着方なども考慮に入れつつご注意ください。

Fileuse d’Arvor – Cotton Knit Basque Shirt
col : Navy / Ecru*Navy
size : S / M
price : 13,800 (+tax)

 

160918i

つづいて、Vincent et Mireille のモールスキンジャケット。
ストレッチの利いたコットンモールスキンのワークテーラードジャケットです。

 

160918g

160918d

160918h

多少のワーク的ディテールを備えた3つボタンのベーシックなジャケットです。
裏無しの一重(ひとえ)ということもあり、気さくに羽織れるタイプのジャケットと言っていいと思います。

160918j

160918k

イメージとしては、ユーティリティ・ジャケット。
どんな格好でも、『とりあえずこれ羽織ってしまうか』 と使ってしまえるタイプと言いますか。
あくまでカジュアルですが、カバーオール型よりもコーディネイトの幅は広く、使い勝手の好さが最大の魅力と言えるでしょう。

Vincent et Mireille – Moleskin Tailored Jacket
col : Navy / Olive
size : 38 / 40 / 42
price : 20,000 (+tax)

 

LINEで送る