New Arrivals.

181126f

Ordinary fits の新作パンツが入荷しました。
しっかりウールの冬パンツが登場です。

 

181126a

クラシックな雰囲気のシャドーチェックの厚地ウールの、思いきったボリュームのウールパンツ。非常に Ordinary fits らしいバランス、つまりアンバランスが魅力のプロダクトと言えそうです。

膨らんだような太さに、深い股上でズルッとした感じの独特のシルエットが目を惹きます。
意外とクールに着こなしたくなるおもしろいボトムではないでしょうか。

181126c

生地は厚手のウールツイードとなります。ブリティッシュウールをブレンドして、生地に腰と強度を与えています。

 

181126b

Ordinary fits – Deep Pants
col : Charcoal
size : 1 / 2
price : 22,000 (+tax)

 

181127j

Vincent et Mireille の新作ニットも入荷しました。
シンプルで使いやすいモスステッチのクルーネックです。

 

181127e

181127b

モスステッチ、いわゆる鹿の子編みは生地に表情があるので、単色でもほどよいアクセントになり、ニットらしい雰囲気も強く感じることができます。
安心して着まわしができるタイプ、実用性の高いセーターというジャンルでセレクトしましたが、カラーだけ、ほんのちょっと定番を外しています。

 

181127g

181127d

Vincent et Mireille – Tuck Moss Crew Neck Pullover
col : Lt.Khaki / Mustard
size : 38 / 40 / 42
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180908i

Vincent et Mireille の素材切り替えのカットソーが今季も入荷しました。

シャツ地(織地)+カットソー地(編地)という違うタイプの生地を同色系で合わせたモデルとなりますが、秋冬モデルということで、コーデュロイの生地が使われています。

 

180908c

180908g

初夏は五分袖でしたが、今回は長袖です。
切り替えの仕方が、胴部と袖部で入れ違いになるように為されていますので、デザインとしてはより変化を感じやすくなっているかと思います。

 

180908a

180908e

コーデュロイの生地はさすがに厚いものではなく、細い畝の薄地のものが使われています。
素材の変化によって無地とは言っても充分なデザイン性をもたらし、またシルエットも緩く、ドロップショルダーとなっていますので、一枚で完結するトップスとして活躍してくれるのではないでしょうか。

 

180908d

Vincent et Mireille – Combination Long Slv.
col : Lt.Khaki / Black
size : 38 / 40 / 42
price : 8,500 (+tax)

 

180909a

こちらも定番、Yarmo のダスターコートです。
既出のドライバーズジャケットと同じ生地(Brisbane Moss キャバルリーツイル)が使われています。

 

180909c

ドロップショルダーでかなりのゆったりシルエットが特徴です。ワークコートのうちのオーバーコートがベースになっていますので、いろいろ着た上から汚れ避けに羽織るためのコートが起源になっています。

結果的にぜいたくに生地を使いますので、ゆったりと生地のドレープを生み出し、これが大きな魅力となっています。無造作のようで、実は計算されているであろうシルエットが秀逸で、意外とどんなスタイル層にも取り入れられる雰囲気になっているから不思議です。

 

180909d

180909e

180909b

店頭でもよく言うのですが、流行のオーバーサイズというよりは、『でかい古着』 をざっくり羽織る、というイメージで対峙していただくと印象が変わると思います。

ちょっとカットソーやシャツもサイズ感が緩くなってきて、その上に羽織るアウターに困っている、、という人にもおすすめです。

 

180909f

Yarmo – Duster Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 24,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

個別の連絡になります。
先日、腕時計の修理をご依頼されましたお客さま、お預かりした番号に電話をかけたのですが、どうも通じないようですので、お手数ですがご連絡をいただけますようお願いいたします。
保証での修理となりましたので、そのまま修理をして当店に戻ってきたという状態ですので、ご来店いただいても大丈夫です。
宜しくお願いいたします。

 

LINEで送る

New Arrivals.

180511g

Yarmo のショーツが入荷しました。
昨年同様、ブロードアローマークの “ADMILAL” シリーズより、Officer Shorts というミリタリーのモデルとなります。

 

180511e

ブリティッシュ・ミリタリー・ショーツの系譜で、生地は気の利いた綿麻のリップストップを採用。非常に上質な雰囲気がありつつ、ミリタリーの濃いテイストがありつつ、という細心かつ絶妙のバランスでつくられたショーツです。
ディテールのつくりこみによる本格感と、爽やかで上質なファブリックの組み合わせによって、しっかり “ならでは” の雰囲気で、それでも粗雑にならずに上品な着こなしを可能にします。

 

180511a

180511b

180511c

股上、裾口がしっかりあって、ウエストアジャスターでベルトレスでも穿けるという、見事なミリタリー仕様です。
シンプルなTシャツやポロシャツと簡単に合わせても、つまらない感じにはならず、不思議と絵になるのがミリタリーアイテムのいいところではないでしょうか。

 

180511i

180511h

Yarmo – Officer Shorts
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 23,000 (+tax)

 

180510h

BASISBROEK の新作モデル、七分丈のイージーパンツです。
ブランド定番のコットン・シルクの生地で、ふわっと、やや股まわりをもたつかせながら穿く、独特のバランスとなっています。

 

180510e

今季は “膝下のショーツ” という感覚のものを探していて行き当たりました。
ショートではなく、クロップドやアンクルよりは短く、というバランスが新鮮ではないかと思います。

 

180510b

定番として毎春夏シーズンにお目見えするコットンシルクのファブリックは、独特の光沢とハリ感があり、軽くてドライなタッチが心地好い素材です。

 

180510f

やはり化繊の質感、光沢とは異なるちょっと不思議な生地感です。スポーツっぽい、アウトドアっぽい、という感じにはならず、なんともいえない雰囲気をもった素材です。

 

180510i

後ろ側(腰部分)にコードが出ているという珍しい仕様です。しっかりゴムが効いていますが、この紐を引くことでウエストをさらに絞ることができます。

 

180510d

BASISBROEK – Ilse
col : Black / Navy
size : 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

180509h

Vincent et Mireille からは夏向けの薄地生地によるイージーパンツが入荷しています。
モデルはブランド定番となっているワンタックが入ったテーパードシルエットのイージーパンツです。ショーツ類だけでなく、夏に涼しく穿けるロングのパンツも魅力的です。

 

180509d

昨年好評につき、アゲイン。
クールマックス、シアサッカー、ネイビーです。

クールマックスとは、速乾性に優れた機能素材、シアサッカーとは、肌に貼りつかないよう、凹凸をつけて肌との接地面を少なくした夏向けの生地、ネイビーとは、紺色です。

ややゆったり感じる股まわりから、裾に向かって細くなります。
適度なゆるさ、適度なすっきりさ、普段着としての使いやすさを重視したバランス型のシルエットです。

 

180509c

しっかり薄地で、軽くてサラサラ。梅雨から真夏にかけて、ショーツでなくてもこの素材なら大丈夫でしょう。

 

180509a

Vincent et Mireille – One Tuck Easy Pants *CoolMax Seersuker
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 13,500 (+tax)

 

180509f

こちらはサマーウール調のグレー、やはり着まわしが利きそうで、使いやすそうな気配をたしかに感じます。
とりわけて目立つ存在ではないですが、何かと出番の多いセットアッパーのような立ち位置になるような気がします。

 

180509g

ポリエステルと綿でTCクロスと言いますが、ストレッチが利く薄地生地となります。
こちらもしっかり薄く、軽い生地ですので、夏用として使っていけるパンツです。

 

180509e

Vincent et Mireille – One Tuck Easy Pants *Stretch TC Cloth
col : Grey
size : 38 / 40 / 42
price : 12,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180418i

春夏もの、本日も続々入荷中。
まずは comm. arch. の新作シャツ、半袖です。

 

180418c

ややビッグシルエット気味の開襟シャツです。
こちら、一番の特徴はやはり生地となっていて、非常に軽く、独特な質感となっています。素材はコットンとポリエステルの混紡で、ブランドの性格上、織り地でなく編み地のトリコット生地となるのですが、何かペーパーのような気配のするサラサラしたタッチで、見た目も着た感じもひと味違ったものとなっているのです。

 

180418e

180418d

デザイナーさんのお話では、着こんでいくことで生地がくったりしてくるということで、その風合いが魅力的になるはずです、とのこと。たしかにこの時点でもぼんやりと想像できるような気がします。

180418f

多少肩をドロップさせてのリラックスシルエットとなります。適度にゆるく、でもスタイリッシュに、という印象です。

comm. arch. – Knited Airy Open Collar Shirt
col : Burnt Caramel / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 19,000 (+tax)

 

180417c

Oliver Spencer のボタンダウンシャツ、コットン・リネンの涼しい生地です。

Aston Shirt というモデルで、小さめの襟でボタンダウン、秋冬は比翼でしたが今回は普通の前ボタンです。

 

180417a

モノトーンチェックですが、地味そうで地味でもありません。ですが、ジャケットやコートを羽織った時、やや脇役な見え方をした時にも、いい仕事をすると思います。

 

180417b

Oliver Spencer – Aston Shirt
col : Grey
size : 14H / 15 / 15H
price : 16,000 (+tax)

 

180419l

Vincent et Mireille の素材切り替えのビックTee。
こちらは昨年好評につき、ですが、今年は袖が半袖五分袖になります(昨年は九部袖)。

 

180419d

180419j

180419e

クルーネックで、ものだけ見ると半袖に見えますが、着るとだいたい五分程度の袖になり、裾にはスリット、オーバーサイジングのシルエットとなります。

 

180419g

なんといっても特徴的なのは、前身頃と後身頃の生地を違えていること。前がシャツ地(織地)、後がカットソー地(編地)、それを同色で、ということになっています。
しっかり面白さがあって、やりすぎず、やらなさすぎずのいい具合の力加減だと思います。

 

180419c

Vincent et Mireille – Combination Half Slv.
col : Beige / Black
size : 38 / 40 / 42
price : 6,400 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180210m

BASISIBROEK の春の新作ジャケットが届いています。
新しいモデルのゆったり型ショートジャケットです。

 

180210b

180210g

180210e

ドロップショルダー+ボックスシルエットに加え、胸の二重ポケットだったり、裾のスリットだったり、トータルでかなりのオリジナリティを感じさせてくれます。

 

180210a

デザインだけでなくファブリックも見どころとなっていて、イタリアの LIMONTA社のコットン+ナイロンの生地は非常に上質なものです。
グッと詰まった感じがあって、ハリ感もありながらしっとりもしていて、微かにですが上品な光沢があります。

もともと LIMONTA はナイロンの生地が世界的に有名な老舗生地メーカーで、世界の名だたるブランドがこの生地屋さんのお世話になっています。

 

180210l

なかなか伝わりにくいジャケットかもしれませんが、着てみると 『なるほど』 と思います。デザインがしっかり入って、意外性や新鮮さみたいなものも感じさせてくれるのではないでしょうか。

 

180210k

BASISBROEK – Alken
col : Smoky / Black
size : 2 / 3
price : 25,000 (+tax)

 

 

180211a

Vincent et Mireille からも春夏ジャケットが届きました。
こちらは完全に薄手生地となりますので、しっかり春になりきってからといったウエイト感です。

 

180211c

シャツジャケットをジップアップのショートブルゾンでつくりました、といったイメージでしょうか。
ポリエステル+コットンの軽くてサラサラ、しかもストレッチの効いたファブリックが使われています。

 

180211e

こういった軽いジャケットは、春から晩夏まで、実用性が高く、室内や室外の温度差の激しい昨今では非常に重宝します。
外ではTシャツ一枚で動きたいけど、あまりにも冷房の効きすぎる電車や室内がそこらじゅうにあるからなぁ、という感じで着たり脱いだりして何かと便利に使えるはずです。

 

180211d

Vincent et Mireille – Zip Blouson
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 20,000 (+tax)

 

180212i

最後は新登場ブランド、イタリアの VESTI をご紹介します。

● VESTI
2012年、イタリアローマにて、生地メーカーである INNOVA社が母体となって設立されました。ブランドのキーワードは 『質』、『着心地』、そして『イタリアン・スタイル』。
競合する他社、他国のブランドを徹底的にリサーチし、素材から縫製に至るまで全てイタリア製にこだわりながらも低価格を実現。ブランド名はイタリア語の『着る』という意味の “Vestire” に由来し、あくまでユーザ重視のモノづくりを心掛けています。

 

180212g

基本的にスウェットを中心としたカットソーのブランドで、イタリアの良心とでもいうべき懐にやさしいプライスも魅力と言っていいでしょう。

 

180212f

ジップアップのジャケットは使い勝手も好いし、スウェット地なので着ていて楽だし、多少乱暴に扱っても平気だし、、ということで、このかたちを選びました。
本気でお洒落着にするというよりは、オフィスやリビングなどにおける羽織りものとして、というイメージがしっくりくるでしょうか。サッと羽織ってすぐ出かけられる感じもありますので、持っていると便利に使えてしまうのではないかと思います。

180212h

180212e

裏は掻いて裏毛にしてというものでなく、普通のパイルです。さほどの生地厚ではなく、スウェットとしては軽めと言えるでしょう。

VESTI – Sweat Zip Jacket
col : Navy
size : S / M / L
price : 7,800 (+tax)

 

180212d

こちらはスウェットパンツ。
しっかり細く、裾に巻き返しが入り、普通にスタイリッシュです。

 

180212c

生地は同じくやや軽めのスウェット地で、こちらはメランジの色味となっています。
スウェットパンツに関しては、野暮ったいのが逆に・・・というのはないと思いますので、しっかりスリムなシルエットで間違いないと思います。

 

180212a

180212b

VESTI – Sweat Pants
col : Navy Melange
size : S / M / L
price : 7,800 (+tax)

 

どちらかというと僕自身もそうなのですが、スウェットものにあまり乗り気でない人は、いわゆる 『本気のスウェット』 に目が行きにくいように思います。だったらこっちのセーターを買うかな、みたいなことになってしまいますから。
そして、だからと言ってあまりにも 『そのへんのもの』 では哀しいですから、ヨーロッパメイドのヨーロッパの製品である、という部分が、この場合には意外と効いてくれて、より気分を安らかにしてくれるのではないかと思うのです。
特にそんな人におすすめできそうというイメージでご用意した次第です。

 

LINEで送る