New Arrivals.

181104l

Universal Works の新作入荷です。
ワックスコットンのフーデッドのコートとウールフリースのカーディガンジャケット、2型ご紹介します。

 

181104a

ゆったりしたサイズ感とフィッシュテール、これでミリタリーのパーカコートを連想して、さらにモッズコートを連想します。
トレンドを問わず、ブランドで定期的にリバイバルされるモッズコートですが、Fuzz ではこのタイミングで Universal Works で、ということにしました。
トータルで見て、やはり説得力が違う、と思いました。

 

181104e

ファブリックはイギリスのブランドものを使用。スコットランドの老舗メーカーの HALLEY STEVENSON というワックスコットンに特化したファブリックメーカーです。

フードは着脱型ではなく一体型、総裏地の仕様。丁寧に Universal Works 的な味つけが為された極上のモッズコートに仕上がっています。
余計な説明が要らないでしょう、シンプルに格好いいというアウターです。

 

181104f

181104c

181104b

Universal Works – Parka
col : Black
size : XS / S / M
price : 52,000 (+tax)

 

181104k

こちらは継続モデルのウールフリースのカーディガンジャケット。昨年好評につき、ということで、カラーを変えて再登場という運びです。

 

181104h

生地無いに溜まる暖気による保温性、軽さ、、軽くて暖かいウールフリースは、ルックスは違えど、本質的にはダウンに近いかもしれません。
ダウンよりもアナログ的なものを感じますが、使い方なども似ているような気がします。

 

181104g

インにもアウトにも、着丈もさほど長くないので、ちょっと寒い室内では部屋着として、などさまざまなシーンで使いまわそう、というのがコンセプトです。

 

181104j

181104i

Universal Works – Wool Fleece Cardigan
col : Black
size : S / M
price : 24,000 (+tax)

 

181103b

ご紹介が遅れました、ドイツの Merz b.Schwanen、定番のボタン・フェイシングの長袖。
Red Oak という今季のシーズンカラーが好かったので久しぶりに発注しました。

 

 

181103a

紫と赤と茶色と、どう表現していいか分からないような、微妙な中間色です。
また、今回、着丈がいつもより長く仕上がっています。

 

181103c

Merz b.Schwanen – Button Facing Shirt 1/1 Slv.
col : Red Oak
size : 4 / 5 / 6
price : 14,000 (+tax)

 

181102h

イタリアの GICIPI。
継続品番のコットンフライスのタートルネック。

コンパクトなサイズ感ですが、非常に伸縮性に富んだ生地でソフトな着心地です。
ネック、袖口、裾がリブになっているタイプとなります。

 

181102i

181102k

181102j

GICIPI – Turtle Neck Long Slv.
col : Grey / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

181102a

こちらも GICIPI、新登場のウール+シルクの冬のインナーです。

 

181102d

サラサラと繊細な肌触りとなっていますので、おそらくメリノウールを使用しているはずです。さらに滑らかさを出すためでしょう、シルクを加えていますので、ウール特有のチクチクはありません。
アウトドアブランドなどがウールのインナーカットソーを出していますが、GICIPI も品質、プライス共にそれらに負けていないと思います。

 

181102c

ウールのアンダーウェアのいいところは、体熱が生地内に溜まって保温性が高いことと、汗を吸わないということです。特にアウトドアでは、身体を動かして汗をかいて、その汗を吸った肌着がなかなか乾かずに冷えてしまう、というのが怖いのです。
コットンは汗を吸う能力が高いですが、汗を吸って乾きにくい冬には、ウールの方が適しているという場面が少なくありません。

 

181102b

GICIPI – Wool Silk Crew Neck Long Slv.
col : Natural / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 7,800 (+tax)

 

180519i

最後は腕時計の再入荷。
5月頃に入荷して好評だった SEIKO の Kinetic が少数手に入りました。

 

180519d

180519f

長くなりましたので、もう一度詳細を、という場合には、前回の入荷時の投稿 をご一読ください。

SEIKO – Kinetic
col : Gold / Black
price : 30,000 (+tax)

 

LINEで送る

CASIO – Alarm Chrono.

180701c

カシオのデジタルウォッチが新たに入荷しました。

毎年この時期は、軽い感じのイージーな腕時計を探してご用意することが多いですが、今年はこれです。
ヨーロッパで流通していたナイロンベルトのモデルとなります。

 

180701b

180701d

特にどこそこがどうなどというものでもなく、非常に簡単な、気軽系腕時計です。
小さくて軽そうで、暑苦しくなくて、イージーな感じ、という腕時計は、夏場のアクティブな軽装で欲しくなるアイテムではないかと思いますし、他の特別なシーンでも必要になることがあるかと思います。

 

180701f

余裕を感じさせる、なんてことない腕時計。気を遣っていないようで遣っているところに、大人のスマートを感じさせるような気がします。

 

180701g

180701h

CASIO – Alarm Chrono
col : Black / Navy
price 5,800 (+tax)

 

 

LINEで送る

SEIKO – Kinetic.

180519i

SEIKO の逆輸入腕時計、KINETIC が入荷しました。
5年前に一度入荷があったもので、久しぶりの再登場となります。

 

180519c

Kinetic というのは、動力が 『自動巻き+電池』 という仕様のことを言います。オートマティックで得た動力を二次電池に保存して、針を止めません。自家発電して蓄える、というようなイメージです。

オートマティックのように、都度時刻合わせの手間が無く、クオーツのように電池交換の手間もないという、両者の特性を組み合わせたような機能となります。実際に使うとなると、やはり非常に魅力的なしくみではないかと思います。

ただ、蓄電する二次電池が永久に交換不要というわけではないのですが、10年とかそういうレベルだということです。
これは使用頻度とも関わってきますので、二次電池がどのくらい保つのかを明言することはできません。

 

180519g

デイト表示があり、曜日表示があり、なかなか凝ったデザインです。ケースの大きさは42mmとなり、5年前は少々大ぶりという感覚でしたが、現在では概ね標準サイズと言っていいような大きさです。
レザーベルトが付いているということも相まって、全体に大人っぽく、上品なたたずまいになっているかと思います。

それから文字盤の時間表示ですが、今回はゴールドの方のみ数字表記になっていて、少々違いがあります。

 

180519b

180519a

しっかりした仕様と質感で、ルックスも品がありつつ、しかし気楽に付けられるというギリギリの価格帯がこのゾーンになります。
普段づかいはもちろんですが、ビジネス用、ドレス用として考えるのも大いにアリではないでしょうか。

 

180519d

180519f

SEIKO – Kinetic
col : Gold / Black
price : 30,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

(世間話)

ここにきて、また季節が進行したような気配ですね。湿度が上がり、梅雨の気配を色濃く感じるような。
小学生的な、四季を単純に等分する分け方をするなら、6月から夏ということになるでしょう。実際には既に初夏と呼ぶべきシーズンではあると思いますが、5月は爽やかなイメージで、6月はじめじめしたイメージで、月が変わることで、なかなかの違いがあるような気がします。

そんなタイミングのなか、僕個人としましては、長かった展示会シーズンを終え、新作入荷も少しずつ落ち着いてきたとあって、ようやく目の回るような忙しさから開放されたという感覚になってきました。

そこで一気に興味が向かうのは、やはりワールドカップですね~
しっかりワクワク感が高まってきました。
これからワールドカップを横目に見つつ、もうひと踏ん張り、秋冬商材の仕込みを頑張ろうと思います。

新作の入荷と紹介はこの後もまだまだ続きますので、引き続きよろしくお願いします!

 

LINEで送る

CYMA – TRIPLEX.

1701126a

CYMA のデッドストックの腕時計が入荷しました。

Triplex という自動巻きのモデルで再登場となるのですが、覚えているでしょうか?
60年代のモデルを90年代に復刻した製品のデッドストックというややこしいアイテムです。

さらに正確に言いますと、数年前にムーブメント、ケース、文字盤などの部品の状態で発見され、組み立て工場に持ち込んで製品にしたものです。ですので、ベルトは現行のCYMAジャパン(当時)で用意されたものが付けられています。
ですから、その、デッドストックです。復刻のデッドストック部品を組み上げた腕時計の、デッドストック。
数年ぶりに代理店さんの棚卸しの際にほんの数本出てきたということで、久しぶりに手に入れました。

 

1701126b

レトロなデザインでやはり昔の気配が漂います。当時の標準サイズとなりますので、今では小ぶりの部類に入るでしょう、今やこのサイズ感だけでも意外と希少かもしれません。

 

1701126c

CYMA – TRIPLEX *Dead Stock
col : Silver / Gold
Price : 24,000 (+tax)

 

僕もゴールドの方を所有していますが、服装がちょっとつまらないかな?と不安な時などに、なんとなくこれを付けている気がします。
小さいながらもなかなかの存在感で、よく 『アンティーク?』 と訊かれます。もはや現行でどんなデザインでもありそうに思ってしまいますが、やはり本当の昔のデザインは現行にはないということでしょう。

 

170310k

CYMA – ROYAL ARMY
col : Navy
price : 19,000 (+tax)

こちらも再入荷しています。
CYMA 現行製品は、新たに生産はしていない状態にあり、残りもだいぶ少なくなっているようです。

 

LINEで送る

Watches.

170310b

SEIKO の逆輸入腕時計が入荷しました。
久々の入荷となる逆輸入モデル、今回は、Kinetic GMT というモデルとなります。

 

170310f

まず簡単に機能の説明を。

キネティックというのは、自動巻きとクォーツ式のミックス形態です。自動巻きの機能で得た動力エネルギーを内蔵の電池に蓄えながら動かすという仕組みとなっていて、止まる状態になりにくく、電池交換の必要もないということになります。
厳密には蓄電池なるものは永久的なものではなく、10年とかそのくらいの期間で交換が必要になることになります。この耐久期間については、使用頻度の問題でかなり前後があるそうなので、一口にだいたいどのくらいというのは言えません。

 

170310g

GMT 機能というのは、普通の時刻の他に、もう一つ24時間針を備え、回転ベゼルによって時差のある違う国の時刻を読むことができるというものです。
GMT とは Greenwich Mean Time の略です。

この24時間針に、ベゼルに表示されたある都市を合わせると、他に表示されている都市の時間もそれぞれ読み取ることが可能になる簡易ワールドタイムという機能も付いています。

 

170310c

機能的な特徴がありますが、デザインや質感もかなりのものです。
裏スケルトンで、適度なずっしり感があり、モノとしての良さもしっかり感じさせてくれます。

 

170310a

170310i

170310h

新年度を迎えるにあたり、いかがでしょう。

SEIKO – Kinetic GMT
col : White / Black
price : 39,000 (+tax)

 

170310l

こちらは CYMA のミリタリーシリーズ、Royal Army の大きいほうのネイビーというのが入荷しました。
Fuzz ではおなじみの定番腕時計という位置づけとなっていますが、たまには新しい風をという意味と、もう一つ大きな理由が・・・

 

170310k

結論から言うと、CYMA JAPAN が倒産しまして、現状、CYMA の日本での流通の権利やらライセンスの問題やら、いろいろ宙に浮いている状態になってしまい、とにかく生産できないという状況ということです。

ミリタリーシリーズの定番モデルの生産が止まり、在庫が品薄となってきて、慌てて取れる在庫を確保しようとして、このネイビーが目に留まったというのが実際のところです。
今後、生産が再開されるのには、いくつかの問題が解決されなくてはならないそうで、現状では見通しがたていないとのことです。

 

170310j

CYMA – ROYAL ARMY
col : Navy
price : 19,000 (+tax)

他モデルも含め、それぞれ在庫切れが間近に迫っているとのことなので、いつでも買えると思いながら気になっていたという人はそろそろをおすすめします。

 

LINEで送る