CYMA – TRIPLEX.

1701126a

CYMA のデッドストックの腕時計が入荷しました。

Triplex という自動巻きのモデルで再登場となるのですが、覚えているでしょうか?
60年代のモデルを90年代に復刻した製品のデッドストックというややこしいアイテムです。

さらに正確に言いますと、数年前にムーブメント、ケース、文字盤などの部品の状態で発見され、組み立て工場に持ち込んで製品にしたものです。ですので、ベルトは現行のCYMAジャパン(当時)で用意されたものが付けられています。
ですから、その、デッドストックです。復刻のデッドストック部品を組み上げた腕時計の、デッドストック。
数年ぶりに代理店さんの棚卸しの際にほんの数本出てきたということで、久しぶりに手に入れました。

 

1701126b

レトロなデザインでやはり昔の気配が漂います。当時の標準サイズとなりますので、今では小ぶりの部類に入るでしょう、今やこのサイズ感だけでも意外と希少かもしれません。

 

1701126c

CYMA – TRIPLEX *Dead Stock
col : Silver / Gold
Price : 24,000 (+tax)

 

僕もゴールドの方を所有していますが、服装がちょっとつまらないかな?と不安な時などに、なんとなくこれを付けている気がします。
小さいながらもなかなかの存在感で、よく 『アンティーク?』 と訊かれます。もはや現行でどんなデザインでもありそうに思ってしまいますが、やはり本当の昔のデザインは現行にはないということでしょう。

 

170310k

CYMA – ROYAL ARMY
col : Navy
price : 19,000 (+tax)

こちらも再入荷しています。
CYMA 現行製品は、新たに生産はしていない状態にあり、残りもだいぶ少なくなっているようです。

 

LINEで送る

Watches.

170310b

SEIKO の逆輸入腕時計が入荷しました。
久々の入荷となる逆輸入モデル、今回は、Kinetic GMT というモデルとなります。

 

170310f

まず簡単に機能の説明を。

キネティックというのは、自動巻きとクォーツ式のミックス形態です。自動巻きの機能で得た動力エネルギーを内蔵の電池に蓄えながら動かすという仕組みとなっていて、止まる状態になりにくく、電池交換の必要もないということになります。
厳密には蓄電池なるものは永久的なものではなく、10年とかそのくらいの期間で交換が必要になることになります。この耐久期間については、使用頻度の問題でかなり前後があるそうなので、一口にだいたいどのくらいというのは言えません。

 

170310g

GMT 機能というのは、普通の時刻の他に、もう一つ24時間針を備え、回転ベゼルによって時差のある違う国の時刻を読むことができるというものです。
GMT とは Greenwich Mean Time の略です。

この24時間針に、ベゼルに表示されたある都市を合わせると、他に表示されている都市の時間もそれぞれ読み取ることが可能になる簡易ワールドタイムという機能も付いています。

 

170310c

機能的な特徴がありますが、デザインや質感もかなりのものです。
裏スケルトンで、適度なずっしり感があり、モノとしての良さもしっかり感じさせてくれます。

 

170310a

170310i

170310h

新年度を迎えるにあたり、いかがでしょう。

SEIKO – Kinetic GMT
col : White / Black
price : 39,000 (+tax)

 

170310l

こちらは CYMA のミリタリーシリーズ、Royal Army の大きいほうのネイビーというのが入荷しました。
Fuzz ではおなじみの定番腕時計という位置づけとなっていますが、たまには新しい風をという意味と、もう一つ大きな理由が・・・

 

170310k

結論から言うと、CYMA JAPAN が倒産しまして、現状、CYMA の日本での流通の権利やらライセンスの問題やら、いろいろ宙に浮いている状態になってしまい、とにかく生産できないという状況ということです。

ミリタリーシリーズの定番モデルの生産が止まり、在庫が品薄となってきて、慌てて取れる在庫を確保しようとして、このネイビーが目に留まったというのが実際のところです。
今後、生産が再開されるのには、いくつかの問題が解決されなくてはならないそうで、現状では見通しがたていないとのことです。

 

170310j

CYMA – ROYAL ARMY
col : Navy
price : 19,000 (+tax)

他モデルも含め、それぞれ在庫切れが間近に迫っているとのことなので、いつでも買えると思いながら気になっていたという人はそろそろをおすすめします。

 

LINEで送る

Swiss Dead – Antique Watch.

170102a

久しぶりの入荷となります、“スイス・デッド” のアンティーク腕時計。

●Swiss Dead
60年代の終わり、日本のメーカーである SEIKO がクオーツ式(電池式)腕時計を開発し、世界の腕時計界に大きな変革をもたらしました。これ以後、機械式に代わって、クオーツ式が腕時計の主流になっていきます。
機械式腕時計の本場スイスでは、ローカルなメーカーが次々と倒産していく事態を免れず、倒産していった工場には販売されなかった在庫が数多く残ったと言われています。
腕時計の業界では、それらの機械式腕時計のデッドストックを 『スイスデッド』 と呼称し、アンティーク腕時計として新たな魅力を見出しました。

 

170102d

170102b

170102c

170102e

170102f

170102g

170102h

170102i

今回は2本、入荷しました。
アンティークならではのデザイン、質感、雰囲気。また、手巻き腕時計特有のカチカチという音も、こういった年代のアンティークの醍醐味です。

どちらもケース裏蓋に 『1984』 という刻印が見られますが、これは製造年を表すものではないであろうと思われます。ピックアップはしませんでしたが同じブランドの別のデザインのものもあり、こちらは年号にはない数字の並びでしたので、おそらく品番的なものであると思います。
ただ、いずれにしても古い年代の製品ですので、絶対的に確かなことではありません。

 

Swiss Dead / ’60s Dead Stock Watch
29,160 yen each

 

LINEで送る

New Arrivals.

161020o

久しぶりに腕時計の新入荷です。
今回は SEIKO のクロノグラフ、やはり逆輸入モデルとなります。

 

161020m

特に何か、という類のものではありません。
日本での流通が無く、プライスと質感の関係が ◎ であると理由でセレクトしました。

やや大ぶりサイズでほどよいボリューム感を感じられ、デザインは非常にシック。オン・オフ問わずに使えるいいくらいの腕時計をお探しの方におすすめしたいモデルです。

 

161020a

161020b

161020f

161020i

161020j

SEIKO – Chronograph
col : White / Navy / Black
price : 28,000 (+tax)

 

161027d

ここ数年継続してセレクトしている S.K. Overseas のウールストール。
今シーズンはやや趣が違い、非常にシックな雰囲気です。

 

161027c

一見するとヘリンボーン織りに見え、よく見ると違うのですが、どちらにしてもクラシックな風情です。一般的なマフラーというよりも、地厚の薄いストールという態なので、硬い印象にならずに、どちらかと言えばやや甘い印象と言えるでしょう。

 

161027a

161027b

161027f

161027e

161027g

161027h

S. K. Overseas – Wool Stole
col : Light / Dark
price : 8,500 (+tax)

 

161026h

こちらもここ数年の恒例となります、ARMEN の後染めコットンストール。

チェック柄のコットンフランネルを丸染めして、柄を沈ませつつ色調を統一するという手法です。今回の製品はやや染めを浅くして、地の柄が例年よりも強く出ています。

イタリア製のきちんとしたファブリックを使っていることもポイント。

 

161026d

161026a

161026f

161026g

161026i

コットンなので、まず肌触りがいいです。ウールのチクチクが苦手な人には本当におすすめ。
汗を吸います、普通に洗えます。
だけどウールのように熱をこもらせる力は弱いので、暖かさという面ではウールには負けるでしょう。

ということで、意外とすみ分けが利いていて、独自の使い勝手が見えるアイテムです。

ARMEN – Cotton Flannel Scarf
col : Red / Green
price : 7,000 (+tax)

 

季節が進み、いろいろな思惑でいろいろな商品が買われて行っています。
アウターやニットの注目度が上がるのと同時に、GICIPI のカットソー勢を手に取っていただく機会が際立って増えています。
男というのは、実際に寒さを感じるとインナー問題に取り組みたくなるものですな。

 

LINEで送る

CASIO – Watches.

160705b

CASIO の腕時計が入荷しました。

毎年このくらいの時期になると、“ちょっと軽い感じの腕時計を” という感覚になり、すぐに入荷できるモデルを探ってセレクトします。
例年 TIMEX が多かったですが、今年は CASIO の気分でした。

気軽に使えるカジュアルなタイプの腕時計としておすすめしたいわけですが、『機能』 からアプローチする CASIO は時に新鮮です。
今となってはレトロでノスタルジックな感もあり、また “チープ・シック” というようなニュアンスもあるかと思います。

ちょっとした外出に、コーディネイトにおける HAZUSHI といった役割で、といったイメージで、一つ持っていると重宝しそうだなという観点で見てもらうと、なるほどそれならば、、と手が伸びていくと思います。

 

160705m

160705o

腕時計であるにもかかわらず、30件もの電話番号をメモリーできる Data Bank。
もはやデジタル表示の腕時計のクラシックといえるデザインです。

CASIO – Data Bank
col : Silver
price : 8,000 (+tax)

 

160705k

160705j

やや OYAJI くさいところのあるスクエア型のアナログ/デジタル腕時計。
適度なチープ感があることで、力の抜けた雰囲気に。

CASIO – Square Quarts
col : Black
price : 6,000 (+tax)

 

160705e

160705i

160705f

160705g

フォルム含め、ちょっとおもしろいデザインなので、小さなアクセントになると思います。
ウレタン素材ということで、物理的にも軽く、汗なども気になりません。

CASIO – Alarm Chrono
col : Black / Gold
price : 5,800 (+tax)

 

肩の力を抜いて、気楽に使える腕時計。考えすぎると力加減が難しいですが、やはりいいところを突きたいというのはあるでしょう。
このあたり、いかがでしょうか?

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●営業時間変更のおしらせ

今週末の日曜日(24日)を 18:30 閉店 とさせていただきます。
宜しくお願い申し上げます。

7月24日(日) 12:00 – 18:30 *短縮営業

 

LINEで送る