Watches.

200604b

CASIO の夏のカジュアル腕時計シリーズ、久々によさそうなものを見つけました。
Tシャツ感覚でお手軽に、気取らず疲れない腕時計、という感じで夏時期に気軽に使っていただけると思います。

 

200604a

200604d

200604h

200604f

ウレタン製のスケルトンベルトが涼しげで、軽快な雰囲気。清潔感があって、ルックスとしての軽さがいいねという製品です。
日付、曜日表示に加え、アラーム、ストップウォッチといった CASIO デジタルウォッチ的基本性能を積んだ、内容的にはなんてことのないモデルではあります。ですが、このあえてのチープさを、気張らないちょっとした遊び感覚というアクセントにしてはいかがでしょう。

 

200604k

200604j

200604i

いつものごとく、海外流通の逆輸入ものですので、説明書は輸入代理店が用意した簡単なもの、専用ボックスなどは付属しませんので、予めご了解ください。

 

200604c

CASIO – Clear Alarm Chrono
col : Clear / Ocean / Black
price 3,900 (+tax)

 

200604o

さらに、CYMA の懐かしい面々が久々に集まりました。

既報となりますが、改めて。
もうずいぶん経ちますが、この CYMA のミリタリーウォッチのシリーズを管轄していたシーマ・ジャパンが倒産してしまいました。その際に、このシリーズのライセンスがしかるべき会社に移譲されないという事態となってしまい、すべての生産が止まってしまいました。

宙に浮いたライセンスがどこに行ったのか?この問題は現在でも解明されておらず、関連各社が獲得に躍起になっている、、というのは都市伝説です。

結局はひとまず終了という認識でいいようです。さまざまな場所に残っている在庫がポロポロと出てくる状況がなんとなく続いているようで、今回もまたディーラーさんの方から、少しまとまってきたので持って行きますという連絡が入ったしだいです。

 

200604l

覚えている人はいるかしら、ベゼルの付いたダイバータイプです。実際にあったデザインで、復刻生産されたものです。

 

200604m

CYMA – Military Diver’s Watch
col : Black / Blue
price : 21,000 (+tax)

 

170310k

こちらはちょくちょく入荷していました、ROYAL ARMY の大きい方のモデルです。現在はネイビーしか残っていないそうです。

CYMA – ROYAL ARMY
col : Navy
price : 19,000 (+tax)

 

200604p

革ベルトの ROYAL NAVY のブラック。これは開発段階で口出しをさせてもらった思い出深いモデルです。

CYMA – ROYAL NAVY
col : Black
price : 14,000 (+tax)

 

200604n

そして多色展開をしていた ROYAL ARMY の小さい方。残りはグリーンとブルーのみということです。

CYMA – ROYAL ARMY – Small
col : Cream / Black / White / Green / Blue
price : 14,000 (+tax)

 

これらは新たに生産されることは無いので、基本的には完売したら終了ということになりますが、前述の通り、いろいろなところからポロポロと出てくるため、『また出ました』 ということはありえます。
『これで終わりですからお早めに!』 と言いたいところですが、数ヶ月後に 『再入荷しました!』 ということが起こりえるので言わないことにします。お店の信用問題にかかわりますからね。
どうやら本当に残りが最後だぞ、という状況になったら、レインボーブリッジをワインレッド色にしておきます。

 

*******

■送料無料&ポイントアップキャンペーン中!(6月30日まで)
①送料無料
②新規会員登録で 500ポイント贈呈
③会員利用のポイントアップ( 通常3% → 5%)

■実店舗は通常通り営業しています

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

Zeno Watch – Vintage Divers.

200405k

久しぶりに腕時計のご紹介です。
スイスブランド Zeno Watch のダイバーズ腕時計となります。

 

200405j

● Zeno Watch
1920年代から続くスイスの老舗腕時計ブランド。創設者はアンドレ・シャルル・エイジュルデバンジュ。スイスの伝統的な機械式腕時計をバックボーンに、現在でも幅広いプロダクトを展開しています。

Fuzz では初登場となりますが、現行で展開しているしっかりしたスイスの腕時計ブランドです。
なのですが、Fuzzで扱う腕時計なので、ちょっと変り種ではあります。

 

200405h

こちら、本国で生産が終了になったモデルだったのですが、後々になって部品の状態で少量見つかり、数量限定で販売することになったという経緯があるそうです。
展開終了になったとはいえ、市場に流通する品はある状態なので、わざわざこの説明をする必要もないかと思ったのですが、後発の今回の分は若干の違いがあるのでその必要があると判断しました。

製品そのものはスイス現地で組み立てまでされたまったくの純正製品ですが、ブランド専用の外箱が付属しないということ、それからプライスがずいぶんとお安くなってということ、この点で明らかな違いがあるということです。
外箱は無地のものを代用させていただきますが、それ以外はまったくの純正扱いとなり、輸入代理店の正規の一年保証も付属しますのでご安心ください。
プライスについては、元々のプライスの半分以下、正価が39000円だったところ、今回が15000円(税抜)ということで、ずいぶんです。

なのでおそらく、ブランド本体が、完成数が少数だったので外箱などを作る手間を省きたく、日本の輸入代理店に、安くしておくから販売してくれと、非公式なオファーをしたのだと推測しています。

 

200405g

ということで、お付き合いのある代理店さんに紹介されたのですが、正直なところ、僕はこのブランドを知りませんでした。知らないで見てみて、デザインもプライスもいいじゃない、という判断でした。何よりも、このサイズ感(40mm以下)の腕時計がなかなか出てこないという状況もあり、それだけでも 『いい!』 と思えてしまいました。

 

200405b

70年代頃のダイバーズのデザインを採用した革ベルトのクォーツ腕時計です。
文字盤色はダークブルーということで、実際はほとんどブラックなのですが、光の当たる角度や加減ではっきりブルーが出る時があり、とても品があります。

 

200405a

ケースのフレーム部分のカラーがシルバーとブラックのものとで2色展開となります。
いいくらいのミディアムサイズでゴツさは無いです。
渋いですね。

 

200405l

Zeno Watch – Vintage Divers
col : Silver / Black
price : 15,000 (+tax)

 

なかなか触れる機会が無いのでこういう機会に触れておきましょう。
MWC のミリタリーウォッチも随時入荷しています。現行定番として継続生産されていますので、ずっと販売しています。カジュアルで軽快な腕時計として優秀です。

170528l

MWC – Military Watch G10
col : Grey / Black
price : 15,000 / 16,000 (+tax)

 

170528a

MWC – Military Watch
col : Ol,ive / Black
price : 8,800 (+tax)

 

180415b

MWC – Military Watch *Broad Arrow
col : Green / Black
price : 9,000 (+tax)

 

200405m

僕も使っておりまして、ベージュのベルトを探してきて付け替えて使っています。ブロードアローのブラックも所有しているのですが、派手にぶつけて大破してしまい、正価を超える修理代になると言われたのでいずれ買い直そうと思っとります。

今はいろいろなところで、いろいろなベルトが販売されているので、付け替えて別の可能性を探るのも面白いです。

 

*******

■送料無料&ポイントアップキャンペーン中!(4月30日まで)
①送料無料
②会員利用のポイントアップ( 通常3% → 5%)
③新規会員登録で 500ポイント付与

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

Swiss Dead – Antique Watch.

190606a

久しぶり、スイスデッドの腕時計が入荷しました。

●Swiss Dead
60年代の終わり、日本のメーカーである SEIKO がクオーツ式(電池式)腕時計を開発し、世界の腕時計界に大きな変革をもたらしました。これ以後、機械式に代わって、クオーツ式が腕時計の主流になっていきます。
機械式腕時計の本場スイスでは、ローカルなメーカーが次々と倒産していく事態を免れず、倒産していった工場には販売されなかった在庫が数多く残ったと言われています。
腕時計の業界では、それらの機械式腕時計のデッドストックを 『スイスデッド』 と呼称し、アンティーク腕時計として新たな魅力を見出しました。

 

190606b

時を経たアンティークならではの質感、当世的デザイン。なんとも言えない、感性に訴えかけてくる魅力を有するのがアンティーク製品の大きな特徴でしょう。

ステイタスアイテムとしての腕時計から離れようとすると、カジュアルなファッション方面か、リアルなアウトドア方面か、あとはひたすら機能重視のスマートウォッチ方面か、となるでしょう。
おそらく、一番難しいのがファッション方面で、ファッション感覚でつくられたいい感じの腕時計があるとすると、今度はいい感じすぎてしまってファッション的にはうまくないというパラドックスが生じます。だから面白いのですが、そうならないためにミリタリーをチョイスしたり、こういったアンティークをチョイスしたりすることになるのだろうと思います。
そしてそういう意味では、このスイスのローカルブランドのアンティークというのは、非常にいいところを突いた、リアルで等身大のファッショナブルをもたらしてくれるアイテムであると思うのです。

 

190606d

190606e

190606g

190606f

非常におさまりのよいサイズ感。実際、現代ではそうそう見つけられなくなってしまったサイズで、そこだけ見てもなかなか貴重だと思います。

古い製品ならではのくすみ感や小傷が見られますので、予めご了承ください。
それぞれ1点ものです。

Swiss Dead / ’60s Dead Stock Watch
price : 28,000 (+tax)

 

190606i

190606k

 

190606m

190606l

こちらも独特。レディースのようにも見えますが、ベルトの太さからメンズ製品であろうことがうかがえます。
当店には1点ずつの入荷となりますが、複数で出てきたということで代理店さんが数本在庫を持っているとのことです。ですが、再入荷できるかどうかはお約束できません。

Swiss Dead / ’60s Dead Stock Watch
price : 24,000 (+tax)

 

また、このタイミングで、いくつか再入荷をしています。

 

181209c

SEIKO – Chronograph
col : Green
price : 27,000 (+tax)

 

190509b

SEIKO – Kinetic
col : NavyBlack
price : 30,000 (+tax)

 

170310l

CYMA – ROYAL ARMY
col : Navy
price : 19,000 (+tax)

 

170528x

MWC – Military Watch
col : Olive / Black
price : 8,800 (+tax)

MWC – Military Watch G10
col : Grey / Black
price : 15,000 / 16,000 (+tax)

 

180415a

MWC – Military Watch *Broad Arrow
col : Green / Black
price : 9,000 (+tax)

 

LINEで送る

SEIKO – Kinetic.

190509g

久しぶりとなります、腕時計の入荷です。
既出の SEIKO Kinetic が新色ネイビーを加えて3色で入荷しました。

 

190509h

商品説明を再掲します。

========

Kinetic というのは、動力が 『自動巻き+電池』 という仕様のことを言います。オートマティックで得た動力を二次電池に保存して、針を止めません。自家発電して蓄える、というようなイメージです。

オートマティックのように、都度時刻合わせの手間が無く、クオーツのように電池交換の手間もないという、両者の特性を組み合わせたような機能となります。実際に使うとなると、やはり非常に魅力的なしくみではないかと思います。

ただ、蓄電する二次電池が永久に交換不要というわけではないのですが、10年とかそういうレベルだということです。
これは使用頻度とも関わってきますので、二次電池がどのくらい保つのかを明言することはできません。

しっかりした仕様と質感で、ルックスも品がありつつ、しかし気楽に付けられるというギリギリの価格帯がこのゾーンになります。
普段づかいはもちろんですが、ビジネス用、ドレス用として考えるのも大いにアリではないでしょうか。

========

 

180519e

180519d

190509e

文字盤の光の当たり加減、角度によって、ストライプがはっきり見えたり、まったく見えなかったりします。

 

190509d

190509f

42mm のサイズは、やや大きめとなりますが、現在では標準の範囲と言えるノーマルな大きさです。

 

190509c

190509b

普段づかいにきちんと使う腕時計として、奇をてらったデザインではないもので、質感としてしっかりした佇まいがあり、品の好さがあり、しかし、身に付けていて気を張っていないといけないほど高級すぎはしない、という実用的なゾーンと言えるでしょう。
そういった意味では、やはり品質の部分で日本のメーカーの信頼性が群を抜いて高く、そこを逆輸入品番で狙っていくというのは賢い選択ではないかと思います。腕時計は機械ですから、安心して長く使いたいというところも、また重要な要素であることは間違いないでしょう。

 

190509a

SEIKO – Kinetic
col : Gold / NavyBlack
price : 30,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

Candidum、D.C.White のテーラードジャケット、トラウザー が再入荷しています。
GW明け後、実使用を始める時期に入ったところで、また動きが活発になってきました。

 

LINEで送る

SEIKO, CYMA – Watches.

181209b

久しぶりの腕時計の入荷です。
こちら、数年前に一度登場しておりまして、かなり久々の再登場となります、クロノグラフのグリーン文字盤。
美しいグリーンとダークブラウンのレザーベルトがよくマッチしていて、雰囲気に味わい深いものがあります。

 

181209c

181209a

SEIKO – Chronograph
col : Green
price : 27,000 (+tax)

 

181209d

こちらも久々に出てきました、CYMA Triplex のデッドストック。
おなじみの、60年代のモデルを90年代に復刻した製品のデッドストックというややこしいアイテムです。
今回はベルトも含めて当時のものとなります。

 

181209k

ピンクゴールドの文字盤にシルバーフレーム、ゴールドフレームと2パターンあります。

 

181209f

わざとらしくないレトロさが心地好いオートマティック(自動巻き)腕時計です。

 

181209i

181209h

CYMA – TRIPLEX *Dead Stock
col : Silver / Gold
Price : 24,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●年末年始の営業のおしらせ

年末年始のお休みは 12月30日(日)~1月2日(水) の4日間とさせていただきます。
年内最終は29日まで、年始は3日より、ということになります。

12月29日(土) 12:00 – 20:00
12月30日(日) 休業
12月31日(月) 休業
1月1日(火) 休業
1月2日(水) 休業
1月3日(木) 12:00 – 20:00
以降通常営業

通販の年内出荷の最終は、29日12時までとさせていただきます。
以降、休み期間まで含めて、年明けの商品出荷は、1月3日からとなります。(休業期間のご注文が多い場合には4日になることもございます)

 

LINEで送る