Yarmouth Oilskins.

200309o

もう一つの Yarmo、”Yarmouth Oilskins” をご紹介します。
本格的なブリティッシュ・ワークをベースにした、完全本国企画のラインとなります。

 

200309p

●Yarmouth Oilskins
1898年創業のイギリスのワークウェアのメーカー Yarmo が手がけるオーセンティックなブリティッシュ・ワークを機軸としたアパレルラインです。企画から縫製までをイギリス本社のチームで行い、資材も可能な限りイギリス国内から調達。自社のアーカイブに誇りを持ち、純英国ブランドとして世界に向けて発信するウェアブランドです。

 

いつもの Yarmo とは、日本のアパレル輸入商社の手が入り、デザインから生地選別、サイジングまで、ファッションアイテムとして展開するために商社と Yarmo で強力してつくられたもの。
加えて昨シーズンにご紹介した Monument というラインが、Yarmo の本国における直営店で直販するためのインライン、ワーカーのためのリアルなワークウェアというもの。
そして今回の Yarmouth Oilskins は、本国における気合いの入ったファッションアイテムというものとなります。

そう、気合いを入れてやっていると聞いています。
これまでの自社のアーカイブを元に、生地をヨークシャー、ランカシャーから国内ものを調達し、熟練のイギリス人スタッフに縫製を任せる、という徹底ぶりらしいです。
ウラ話的なことを言ってしまうと、『本当のブリティッシュ・ワークは、自分らの手でしかつくれない』 という矜持から、もっと言えば、『ファッションブランドとしての “Yarmo” では俺たちは納得していない』 的なニュアンスもあるとか、ないとか。

ですから、本当にしっかりつくっています。なのですが、気合いが入っている分、どうしても、”ファッション的に評価されてのセールス” に対する意識は、あまり高くないような気がします。笑

しかし、、そこも含めて素晴らしいではないか!というジャッジとなりました。
やはりイギリスのワークということで、Universal Works に通じるようなものを感じたりもして面白く、Universal Works の一つ前の段階と言いますか、もっと素に近い、ツール的なニュアンスも強く残しているように思います。

 

200309f

こちらがドライバーズジャケット。
Yarmo でレギュラー展開しているドライバーズジャケットも元々あったオリジナルデザインとなりますが、それともちょっと違っています。
胸にフラップポケットが付いて、さらにハンドウォーマーのポケットも付きます。
ショートジャケットタイプのデザインで、ショート丈にしてはしっかりした着丈、というバランスです。

 

200309c

200309a

200309d

生地は、いかにもブリティッシュ・ワークという、綾目の強いコットンツイルです。
ミドルウェイトの中厚地、裏地なしです。

 

200309b

200309g

アクションプリーツが丁寧に入り、縫製も美しいです。

 

200309e

Yarmouth Oilskins – Drivers Jacket
size : M / L
col : Navy
price : 27,000 (+tax)

 

200309l

クラシックな襟付きタイプのスモックです。
こちらも同じ生地が使われています。

 

200309n

200309k

ヨーロッパの伝統的な海のユニフォームとして有名ですが、何がというのが難しい、なんとも言えない魅力を感じます。それがクラシックの強さか。

全体的にコンパクトめのつくりとなっていますので、そこはリアルワークとは違う点です。さほどガバガバした感じにならず、アームなどもスモックとしてはすっきりしています。

 

200309j

200309i

ファッション的なひねりがないのが Universal Woks との違いでしょうが、『このままでファッションアイテムである』 という気概で押してくるのが Yarmouth Oilskins というブランドのスタンスなのだと思います。いいですねぇ。

 

200309m

Yarmouth Oilskins – The Collares Smock
size : S / M / L
col : Navy
price : 15,000 (+tax)

 

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

New Arrivals.

191002a

FUJITO の新作コート、Hood Coat が入荷しております。

久しぶりの登場となる Hood Coat ですが、毎回どこかしらにマイナーチェンジが加わりつつ、不定期で継続されていて、当初のものと比べるとすっかり別ものにはなっています。
ですが、その時その時の気分をすくうのが国内ブランドのいいところであるのは間違いないところです。(インポートは逆かもしれませんね)

 

191002d

姿は違えど、歴代のフードコートに共通するのは、フードが付いていること、ハーフコート丈であること、撥水性の高い生地を使い、レインコートのニュアンスを持たせている、ということです。

今回はフードが襟と一体型になっていて、襟の裏に折りたたんで収納する仕様です。フードのコードが襟先から垂れる感じが独特です。

 

191002e

191002c

 

191002f

191002b

生地は少しシャリッとした感じのあるポリエステル+コットン。しっかりしていますが、さほどの厚みではありません。
シルエットはややゆったりのミディアム、フロントがスナップボタン、腋の下にベンチレーションがあり、袖の後ろ側にタックをとっているのが特徴的なディテールです。
多少袖をもったりさせて、ミリタリーコートのようなバランスに寄せています。ポケットの付き方といい、ミリタリーのテイストを入れたデザインだと言えるでしょう。

 

191002h

191002i

毎シーズン、仕事でもプライベートでも使えるコートを、という一定のニーズがありますが、これなどはまさに相応しいのではないかと思います。
適度にゆるいのでスーツの上からでも問題なく、あまり気を遣わないタイプの生地なので、取り扱いもそこまで慎重になる必要もなし、です。

 

191002g

FUJITO – Hood Coat
col : Navy
size : 1 / 2
price : 39,000 (+tax)

 

191006a

Yarmo のダスターコート。
ここ数年、秋冬シーズンに発注していますが、今年も継続です。
残念ながら、今年はドライバーズジャケットは見送り、Yarmo はこのコートのみです。

 

191006d

ダスターコートは、ドロップショルダーで、身まわりがたっぷりのオーバーサイズ型コートです。
生地をたっぷり使っているので、ドレープと丸みのあるシルエットが生み出され、独特の雰囲気があるのですが、決して奇抜ではなく、着てみると案外おさまりの好いことに驚きます。

 

191006b

今季の生地は、ミリタリーウェアに使用されていたデニムを再現したものとなっていますが、年代の古いごつい生地をそのまま再現したというものではなく、着やすいところで着地していますのでご安心ください。
グレーのデニム地というのもなかなか珍しいのではないでしょうか。

 

191006c

Yarmo – Duster Coat
col : Grey
size : 38 / 40 / 42
price : 26,000 (+tax)

 

191007d

トータルブランドとして歩みはじめた comm.arch. のコーデュロイシャツ。
これも編地ではなく、織地となり、ニット(編地)専門から、布帛(織地)製品もやりますという広がりを見せています。

 

191007b

6ウェールという太畝のコーデュロイ生地、ブラックです。
通例どおり、素材には上質なもの(インド綿)を用い、素材感の良さは健在。イマドキの気分が適度に入るデザインが軽薄にならないのは、しっかりした素材感のたまものです。

 

191007c

オーバーサイズとかビッグシルエットとかではないですが、『やや緩め』 というところが comm.arch. の基本のシルエットです。
心地好い余裕を感じるサイズ感で無理なく着る、というスタンスです。

191007e

comm. arch. – 6W Corduroy Shirt
col : Black
size : 2 / 3 / 4
price : 22,000 (+tax)

 

LINEで送る

Monument by Yarmo.

191001j

初登場、Monument by Yarmo のワークウェアをご紹介します。

おなじみイギリスの Yarmo が手がける、いわゆる 『リアルワークウェア』 の現行アイテムです。非ファッションアイテムであり、道具としてのウェアであるところの、イギリスの作業着。

 

191001a

●Monument by Yarmo
イギリスのワークウェアブランド Yarmo の現行リアル・ワークウェアレーベル。
Yarmo の直営ショップでインラインとして店頭に並ぶワーカーのためのウェアです。

– – – – – – – – – – –

Yarmo というメーカーは、今もイギリスのワークウェアのメーカーであり、また同時に直営の店舗も運営しています。直営の店舗というのは、もちろんファッション目的のお客をターゲットにしたものではなく、作業着や仕事上のユニフォームなどを販売するお店です。

この Monument というレーベルは、自らつくり、自ら販売している、お店の定番ラインナップとして店頭に並べられている製品です。
Fuzz でもおなじみのドライバーズジャケットやドンキーコートなど、ファッションブランドとしての顔も持っていますが、そもそもはこういった素朴なワークウェアをつくるメーカーであることは、なんとなく知っているけど忘れていたというところかと思います。

ヨーロッパの古着をルーツとする Fuzz としては、まだ、こういうアイテムを見るとスルーできない体質のようで、やめておけ、そんなに簡単ではないぞ、という心の声を聞きながらも、どうしても発注してしまうのです。

感覚としては、デッドストックを見つけてしまったような感じです。
伝統的なヨーロッパのワークアイテムの、現行品なんだけど、でも昔からずっと変わらずにあるもの。ほとんど同じものなのに、どういうわけか古ければ古いほど高価になっていくという魅惑の世界。。

ということで、古着的感覚で、おもしろがって着る類いのアイテムでしょう。古くないので、ブリティッシュワークの未使用なのにそれほどは高価ではないです。笑。
こう着る、どう着るで楽しむ、あるいは 『こういうシーンでこれ着たらいいかも』 という実際的道具として楽しむ、というスタンスで気軽に楽しんでいただけたらと思います。

 

191001b

コットンドリルのレギュラーカラー、プルオーバーのロングシャツ。
シャツとしては厚地でしっかりの生地に、無造作に長い着丈のかぶりのシャツです。

 

191001c

Monument by Yarmo – Pullover Long Shirt
col : Khaki
size : S / M / L
price : 14,800 (+tax)

 

191001h

ヨーロピアン、海のワークウェア、ネイビーのスモック。伝統のアイテムです。
しっかり厚地のダック生地で、縦寸横寸がせめぎあうボックスシルエット。アームもしっかり太く、非スタイリッシュゆえのかわいらしさが漂います。

 

191001f

Monument by Yarmo – Marine Work Smock
col : Khaki
size : S / M / L
price : 14,800 (+tax)

 

LINEで送る

Yarmo – Linen Jacket.

190317r

Yarmo の新作入荷です。
おなじみのドライバーズジャケットと後発モデルのレイルウェイジャケット、今年はリネン生地で登場となりました。
生地はもちろん Brisbane Moss の上質ファブリックです。

 

190317b

190317f

長年の定番となります、運転手用のワークジャケットであるドライバーズジャケット。
ラペルドジャケットのスタイルのため、ワークといっても小ぎれいで気さくなスタイルで使うことができて、非常に使い勝手が好いのが大きな魅力です。
ワークのジャケットといえばカバーオール型をイメージすると思いますが、同じような感覚で使えて、しかしもう少し幅広くコーディネイトできるというものです。

 

190317a

生地はイギリスつながりで、Brisbane Moss の平織りリネン生地。
しっかりした厚さがあり、いわゆるふわっとしたシャツジャケットというものではなく、しっかりジャケット感を感じさせるウエイトがあります。

リネンのドライバーズジャケットのいいところは、着方によってはちょっとパリッとした感じが出せるし、Tシャツの上からラフに羽織っても自然だし、という懐の深さでしょう。

 

190317h

Yarmo – Driver’s Jacket *Linen
col : Natural / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 25,000 (+tax)

 

190317n

同じ素材、同じ色展開で、レイルウェイジャケット。
丸首襟なし、ドライバーズジャケットとはまた違った独特な雰囲気で、コーディネイトの感じも違ったものになるように思います。

 

190317j

湿度の高い日本の夏には、リネンは本当に理にかなった素材です。ジャケット、シャツ、パンツと、さまざまなアイテムで上手に取り入れていくことをおすすめします。

 

190317o

190317i

Yarmo – Railway Jacket
col : Natural / Navy
size : 38 / 40
price : 27,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

181128c

そろそろおなじみでしょうか、Yarmo のベレー帽が入荷しました。
今シーズンはウールのドビーメルトン、ネイビーで。

 

181128e

ドビー織りは、ざらっとした織柄が特徴です。フェルトのプレーンな表面とまた違った雰囲気になります。

 

181128d

八枚接ぎなので、かたちは立体感があり、なかなかの大鉢です。頭囲としてのサイズ感も大きめになっていますのでご注意ください。
もしかすると、洗って縮むことを想定しているのかもしれません。ウールなので洗わないという人もいるかと思いますが、コットンのライニングが付くので洗いたくもなると思います。

 

181128f

181128a

Yarmo – Wool Beret
col : Navy
size : M / L
price : 7,000 (+tax)

181125i

こちら、謎のブランド、Alderney のコーデュロイキャップです。
やはりインポート展でピックアップしたイギリスのファクトリーブランドです。

181125h

どうもマリン系のニットなどを主な仕事にしているファクトリーさんらしいですが、いろいろ縫えるようで、帽子やバッグなどのラインナップもありました。
今回は、コーデュロイのベースボールキャップとツイードのマリンキャップをとってきました。

181125f

太畝コーデュロイのベースボールキャップ。
非常に素朴な雰囲気です。

 

181125b

181125g

Alderney – Corduroy B.B.Cap
col : Black / Dk.Browm
size : Free
price : 5,800 (+tax)

 

181125l

マリンキャップはイギリスっぽいウールツイードが使われています。
このタイプの帽子は、ヨーロピアン・ワークならではといった風情で、時たま店頭に登場するアイテムです。

 

181125k

181125j

こちら、サイズ感小さめとなっていますので、小頭の方は必見です。

 

181125m

Alderney – Bosun Hat
col : Navy
size : M / L
price : 5,800 (+tax)

 

LINEで送る