New Arrivals.

181128c

そろそろおなじみでしょうか、Yarmo のベレー帽が入荷しました。
今シーズンはウールのドビーメルトン、ネイビーで。

 

181128e

ドビー織りは、ざらっとした織柄が特徴です。フェルトのプレーンな表面とまた違った雰囲気になります。

 

181128d

八枚接ぎなので、かたちは立体感があり、なかなかの大鉢です。頭囲としてのサイズ感も大きめになっていますのでご注意ください。
もしかすると、洗って縮むことを想定しているのかもしれません。ウールなので洗わないという人もいるかと思いますが、コットンのライニングが付くので洗いたくもなると思います。

 

181128f

181128a

Yarmo – Wool Beret
col : Navy
size : M / L
price : 7,000 (+tax)

181125i

こちら、謎のブランド、Alderney のコーデュロイキャップです。
やはりインポート展でピックアップしたイギリスのファクトリーブランドです。

181125h

どうもマリン系のニットなどを主な仕事にしているファクトリーさんらしいですが、いろいろ縫えるようで、帽子やバッグなどのラインナップもありました。
今回は、コーデュロイのベースボールキャップとツイードのマリンキャップをとってきました。

181125f

太畝コーデュロイのベースボールキャップ。
非常に素朴な雰囲気です。

 

181125b

181125g

Alderney – Corduroy B.B.Cap
col : Black / Dk.Browm
size : Free
price : 5,800 (+tax)

 

181125l

マリンキャップはイギリスっぽいウールツイードが使われています。
このタイプの帽子は、ヨーロピアン・ワークならではといった風情で、時たま店頭に登場するアイテムです。

 

181125k

181125j

こちら、サイズ感小さめとなっていますので、小頭の方は必見です。

 

181125m

Alderney – Bosun Hat
col : Navy
size : M / L
price : 5,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

181120a

Hackney Union Workhouse の定番コート、Fisherman Long Coat が今年もやってきました。

 

181120b

Fisherman Long Coat は、大ぶりなフードとダブルブレスト、ドルマンスリーブなどが特徴の、昔の漁師たちが着ていたコートをモチーフにしたコートです。

ゆったりしていますが、着丈がしっかりあるせいか、立ち姿は思いのほかすっきりしていて、不思議な感覚を味わっていただけます。
独特の存在感がありながらも奇抜ではなく、しっかり格好いいコートです。

 

181120d

181120c

181120h

181120e

181120g

着用サンプルとして昨年の写真を。恐縮です。

181120i

181120j

 

Hackney Union Workhouse – Fisherman Long Coat
col : Black
size : S / M
price : 58,000 (+tax)

 

181122c

Yarmo のドンキーコートも入荷しています。
今季はネイビーとオリーブの2色展開です。

 

181122h

181122a

大きくカールしたリブの襟が目を惹く独創的なデザイン、すっきりしたアームで、実はスタイリッシュなシルエット、なんとなくイギリスのカルチャーを感じさせてくれるルーツのあるアイテムである、というのがこのドンキーコートです。

クセが強い、アクが強い、と思うのは誤解で、着てみるとそのおさまりの好さに驚くはずです。

 

181122e

181122f

Yarmo – Donkey Coat
col : Navy / Dk.Holly
size : 38 / 40 / 42
price : 43,000 (+tax)

 

181118g

MIDA の新作ジャケット。
ダウンのライニングであたたかい仕様の冬ジャケットです。

 

181118f

ハリントンジャケットをベースにして、襟をニットリブのミニショールカラーにアレンジ。
男らしい系のジャケットであることには変わりませんが、少々チャーミングな雰囲気を加えたような印象です。

 

181118e

シェルは新開発の生地で、ピーチスキンのような極微起毛。スエードのような表層を持ちつつ、高い撥水性能と、なにより軽さを誇ります。

 

181118c

裏はダウンのキルティングになっていて、保温性も充分です。シルエットが膨らんでしまうほどの量ではなく、その加減も絶妙です。
ファッション性の高い、スタイリッシュなダウンジャケットとしておすすめです。

 

181118b

181118a

MIDA – Down Padding Rubber Shawl Collar Jkt
col : Beige
size : 46 / 48
price : 49,000 (+tax)

 

181121b

こちらは BASISBROEK の新入荷。
ゆるく着るタイプのウールジャケットです。

 

181121d

181121j

中厚のウールメルトンに総裏の二重仕立て、独特のポケットの付き方がデザイン的なアクセントになり、ドロップショルダーのボックスシルエットであることが一番の特徴です。

ここのところ、ゆったりしたトップスも扱いが少しずつ増えてきたので、対応するジャケットも用意せねば、と考えている次第です。
ゆるく着るカットソーや、厚手のスウェットやニットなど、インに多少ボリュームがあるものを着たいときに重宝すると思います。

 

181121c

181121h

どう着るか?を楽しめそうな、ちょっと新しい感覚のウールジャケットではないかと思いますので、是非トライしてみてください。

 

181121f

181121g

BASISBROEK – Vries
scol : Black / Dk.Green
size : 2 / 3
price : 22,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180908i

Vincent et Mireille の素材切り替えのカットソーが今季も入荷しました。

シャツ地(織地)+カットソー地(編地)という違うタイプの生地を同色系で合わせたモデルとなりますが、秋冬モデルということで、コーデュロイの生地が使われています。

 

180908c

180908g

初夏は五分袖でしたが、今回は長袖です。
切り替えの仕方が、胴部と袖部で入れ違いになるように為されていますので、デザインとしてはより変化を感じやすくなっているかと思います。

 

180908a

180908e

コーデュロイの生地はさすがに厚いものではなく、細い畝の薄地のものが使われています。
素材の変化によって無地とは言っても充分なデザイン性をもたらし、またシルエットも緩く、ドロップショルダーとなっていますので、一枚で完結するトップスとして活躍してくれるのではないでしょうか。

 

180908d

Vincent et Mireille – Combination Long Slv.
col : Lt.Khaki / Black
size : 38 / 40 / 42
price : 8,500 (+tax)

 

180909a

こちらも定番、Yarmo のダスターコートです。
既出のドライバーズジャケットと同じ生地(Brisbane Moss キャバルリーツイル)が使われています。

 

180909c

ドロップショルダーでかなりのゆったりシルエットが特徴です。ワークコートのうちのオーバーコートがベースになっていますので、いろいろ着た上から汚れ避けに羽織るためのコートが起源になっています。

結果的にぜいたくに生地を使いますので、ゆったりと生地のドレープを生み出し、これが大きな魅力となっています。無造作のようで、実は計算されているであろうシルエットが秀逸で、意外とどんなスタイル層にも取り入れられる雰囲気になっているから不思議です。

 

180909d

180909e

180909b

店頭でもよく言うのですが、流行のオーバーサイズというよりは、『でかい古着』 をざっくり羽織る、というイメージで対峙していただくと印象が変わると思います。

ちょっとカットソーやシャツもサイズ感が緩くなってきて、その上に羽織るアウターに困っている、、という人にもおすすめです。

 

180909f

Yarmo – Duster Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 24,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

個別の連絡になります。
先日、腕時計の修理をご依頼されましたお客さま、お預かりした番号に電話をかけたのですが、どうも通じないようですので、お手数ですがご連絡をいただけますようお願いいたします。
保証での修理となりましたので、そのまま修理をして当店に戻ってきたという状態ですので、ご来店いただいても大丈夫です。
宜しくお願いいたします。

 

LINEで送る

Yarmo.

180810f

Yarmo より、今シーズンの定番アイテムが届きました。
“CC41” シリーズより、おなじみの Driver’s Jacket、ブランド定番ながら Fuzz では初となります Engineered Pants、という内容です。

 

180810n

180810g

今シーズンのドライバーズジャケットは、Brisbane Moss のキャバルリーツイルが採用されました。
カラーは違いますが数年前にも使われた生地で、もしかしたら覚えている人もいるかもしれません。僕も個人的に好きな生地で、素晴らしい生地であることは間違いありません。

 

180810o

独特の綾目が出るコットン素材のツイル生地。
元々キャバルリー(騎兵)のパンツに使われていた生地がこういう綾織の生地だったということで名付けられた英国由来の生地となります。

織りによる天然の伸縮が微かながら生まれ、動きやすく、また耐久性も高いということで、かつては、トラッドのなかでのスポーツウェアというような位置付けのパンツやジャケットなどで好んで使われていたようです。
強い生地としては、ワークウェアならモールスキンが有名ですが、ワークとは反対側の、ジェントル側における強い生地、というようなイメージでしょう。

 

180810l

現代のカジュアル界では、モールスキンもキャバルリーツイルもいろいろなウェアで使われるようになっています。貴族と労働者の棲み分けは往年のカルチャーとして捉えつつ、どちらの生地もいろいろな場面で重宝する生地でありますから、自然と可能性を広げているということでしょう。

 

180810j

さて、ヤーモのドライバーズジャケット。昔の運転手のジャケットがベースとなっているワークジャケットの一種です。ラペルドのスタイルではあるものの、性格としてはカバーオールのようなものと捉えていいでしょう。丸洗いして洗いざらしで着て絵になる気さくなジャケットです。

 

180810k

Yarmo – Driver’s Jacket
col : Black / Brown
size : 38/ 40/ 42
price : 20,000 (+tax)

 

180810b

初展開となる Engineered Pants は、ブランド定番のワークパンツ。
こちらも同じ生地が使われています。

 

180810e

アメリカのワークパンツのように分かりやすく太いわけではなく、だからと言ってスマートに細いわけでもなく、つまりは、中途半端な太さです。
中途半端な太さのパンツは一般的に需要が少ないということもあって、また、一般需要が少ないようなものが好きな人に向けたプロダクションが得意な国内のブランドがあるし、という理由で見送り続けてきたのですが、今回、この生地でこのカラーとなると、放っておけませんでした。

 

180810c

こういう気の利いた生地になると、中途半端な太さのワークパンツも、かえって狙った末の洒落たシルエットに見えるもの。僕としてはむしろ、いい色のいい生地ほど、細からず太からずの自然な太さが見栄えるように思っています。

 

 

180810a

Yarmo – Engineered Pants
col : Brown
size : 44 / 46 / 48
price : 22,000 (+tax)

 

気張らない日常着としてのワークベースのウェアは外せないところかと思います。Yarmo のウェアは、ワークはワークでも、”ブリティッシュワーク” という何やらよく分からないけど格好よさそうだぞ、というもので(実際格好いいですが)、世間一般に溢れているアメリカンワークに対し、密やかに対抗をしているようで面白いです。

 

LINEで送る

New Arrivals.

180511g

Yarmo のショーツが入荷しました。
昨年同様、ブロードアローマークの “ADMILAL” シリーズより、Officer Shorts というミリタリーのモデルとなります。

 

180511e

ブリティッシュ・ミリタリー・ショーツの系譜で、生地は気の利いた綿麻のリップストップを採用。非常に上質な雰囲気がありつつ、ミリタリーの濃いテイストがありつつ、という細心かつ絶妙のバランスでつくられたショーツです。
ディテールのつくりこみによる本格感と、爽やかで上質なファブリックの組み合わせによって、しっかり “ならでは” の雰囲気で、それでも粗雑にならずに上品な着こなしを可能にします。

 

180511a

180511b

180511c

股上、裾口がしっかりあって、ウエストアジャスターでベルトレスでも穿けるという、見事なミリタリー仕様です。
シンプルなTシャツやポロシャツと簡単に合わせても、つまらない感じにはならず、不思議と絵になるのがミリタリーアイテムのいいところではないでしょうか。

 

180511i

180511h

Yarmo – Officer Shorts
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 23,000 (+tax)

 

180510h

BASISBROEK の新作モデル、七分丈のイージーパンツです。
ブランド定番のコットン・シルクの生地で、ふわっと、やや股まわりをもたつかせながら穿く、独特のバランスとなっています。

 

180510e

今季は “膝下のショーツ” という感覚のものを探していて行き当たりました。
ショートではなく、クロップドやアンクルよりは短く、というバランスが新鮮ではないかと思います。

 

180510b

定番として毎春夏シーズンにお目見えするコットンシルクのファブリックは、独特の光沢とハリ感があり、軽くてドライなタッチが心地好い素材です。

 

180510f

やはり化繊の質感、光沢とは異なるちょっと不思議な生地感です。スポーツっぽい、アウトドアっぽい、という感じにはならず、なんともいえない雰囲気をもった素材です。

 

180510i

後ろ側(腰部分)にコードが出ているという珍しい仕様です。しっかりゴムが効いていますが、この紐を引くことでウエストをさらに絞ることができます。

 

180510d

BASISBROEK – Ilse
col : Black / Navy
size : 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

180509h

Vincent et Mireille からは夏向けの薄地生地によるイージーパンツが入荷しています。
モデルはブランド定番となっているワンタックが入ったテーパードシルエットのイージーパンツです。ショーツ類だけでなく、夏に涼しく穿けるロングのパンツも魅力的です。

 

180509d

昨年好評につき、アゲイン。
クールマックス、シアサッカー、ネイビーです。

クールマックスとは、速乾性に優れた機能素材、シアサッカーとは、肌に貼りつかないよう、凹凸をつけて肌との接地面を少なくした夏向けの生地、ネイビーとは、紺色です。

ややゆったり感じる股まわりから、裾に向かって細くなります。
適度なゆるさ、適度なすっきりさ、普段着としての使いやすさを重視したバランス型のシルエットです。

 

180509c

しっかり薄地で、軽くてサラサラ。梅雨から真夏にかけて、ショーツでなくてもこの素材なら大丈夫でしょう。

 

180509a

Vincent et Mireille – One Tuck Easy Pants *CoolMax Seersuker
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 13,500 (+tax)

 

180509f

こちらはサマーウール調のグレー、やはり着まわしが利きそうで、使いやすそうな気配をたしかに感じます。
とりわけて目立つ存在ではないですが、何かと出番の多いセットアッパーのような立ち位置になるような気がします。

 

180509g

ポリエステルと綿でTCクロスと言いますが、ストレッチが利く薄地生地となります。
こちらもしっかり薄く、軽い生地ですので、夏用として使っていけるパンツです。

 

180509e

Vincent et Mireille – One Tuck Easy Pants *Stretch TC Cloth
col : Grey
size : 38 / 40 / 42
price : 12,800 (+tax)

 

LINEで送る