New Arrivals.

170303e

Yarmo のドライバーズジャケットが入荷しました。
毎シーズン恒例となる定番アイテム、今季はスーピマコットンのチノクロスで登場です。

 

170303a

このドライバーズジャケットは、昨シーズンより始まった CC41 シリーズのアイテムとなります。

CC41 とは・・・
1941年より約10年間、戦下のイギリスにおいて倹約のための生産統制が実施されました。政府が設けた厳しい基準を通過した製品には、その証として CC41 のラベルを付し、無駄な装飾のない簡素な品々をつくり、身につけることを奨励しました。
“CC” は “Cotrolled Commodity” の略。

 

170303b

生地は厚くもなく、薄くもなく、スーピマコットンのしなやかさ、光沢感がはっきり分かり、とても柔らかいです。
サマージャケット、シャツジャケット、というような薄さではないですが、でもやはり春向けのウエイトかな、くらいのやや軽めのファブリックです。

 

170303d

 

アイテムとしては、カバーオールのような感覚で気軽に羽織れるラペルドのジャケットということで、カジュアルスタイルで都合よく使っていただけると思います。

カバーオール的な強いカジュアル感は避けたいけど、カバーオール的なあまり気を遣わずに着れる羽織りジャケットが欲しい、というわがままなニーズをかなえる、ちょっと不思議なイギリスのワークジャケットです。

Yarmo – Driver’s Jacket *Supima Chino
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 18,000 (+tax)

 

170304j

FUJITO からも定番、ファティーグイージーパンツが今季仕様で登場です。

 

170304d

上品なホップサックの生地は軽く、通気性の好さを感じていただけると思います。
イージーパンツの仕様ですので、ベルトレスでも穿けますが、ベルトをしてもしっくりくるのがこのパンツのいいところです。

 

170304f

すとんとストレートに近い、やや細身のすっきりシルエットが絶妙。
イージーパンツといえば、ゆったりシルエットとテーパードシルエットが多いと思いますので、かたちとしてもなかなか稀有な存在です。

 

170304b

ベイカーパンツ、ファティーグパンツという意味では定番的ではありますが、それをまずイージーパンツの仕様にして、細身にしてと、トータルで見ると非常にオリジナル性の高いアイテムかと思います。

シーズン毎に生地を変えて継続されているレギュラーモデルになっていることからも知れますが、スタイリング的な観点からも、穿き心地の観点からも、非常によくできたアイテムだと思います。

 

170304h

170304i

FUJITO – Fatigue Easy Pants
col : Grey / Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 18,000 (+tax)

 

明日は spring court です!

 

LINEで送る

New Arrivals.

161011b

Ordinary fits から新作、フーデッド・カバーオールが届きました。
ありそうでないところをうまく突いたコートに近いようなジャケットです。

 

161011a

ワークからのアプローチではありますが、ヘリンボーンツイルでカーキということもあり、第一印象はミリタリーでしょう。
ワークとミリタリーとの中間くらいのニュアンスをうまく出しつつ、着易いジャケットにまとめたブランドの手腕が光ります。

肩をややドロップさせてゆったりめに着るシルエットも今の気分に合っていると思います。

 

161011d

161011c

161011e

Ordinary fits – Hooded Coverall
col : Khaki
size : 1 / 2
price : 21,000 (+tax)

 

161012f

Yarmo からは新型のベストが入荷しています。
背中にブラックリフレクターが付いているやや風変わりなベストです。

 

161012b

161012a

ソフトでライトなウールメルトン、一重仕立て。
ネックは狭からず広からずで、アウト、イン、どちらでもバランス好く使えると思います。

 

161012c

161012d

おそらく何か警備的な任務のためのウェアか、それとも海の上の何かか、その辺りがベースになっているのでしょう。
これがあると助かる!というものでもないと思いますが、これがないとちょっとつまらなく感じるのかもしれません。洋服というのはそういうものですね。

 

161012e

ちょっとゆったりめで、バランスは好いです。
メンズワンサイズでの展開となります。

Yarmo – Melton Reflective Vest
col : Navy
size : M
price : 22,000 (+tax)

 

161013a

今シーズンよりスタートの GICIPI、遅れていた分が届き、揃いました。
こちらはコットンの針抜きリブのファブリックとなります。

 

161013c

針抜きとは織り柄をつくり出す技術ですが、なんとなく通気性も高まるような気もします。
“凝ったアンダーウェア” という雰囲気が出ていると思いますがいかがでしょう。

 

161013b

Ⅴのヘンリーネック。

GICIPI – Needle Punching Henly Neck Long Slv.
col : Natural / Gringio Melange
size : 3 / 4 / 5
price : 5,300 (+tax)

 

161013d

同じ生地でハイネック。

 

161013g

161013e

GICIPI – Needle Punching High Neck Long Slv.
col : Carbone / Gringio Melange
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

161013h

最後、ボクサーショーツなんかもやっています。
こちらはハイゲージの薄手コットン生地で、タッチも好い感じです。

 

161013i

161013j

GICIPI – Boxer
col : Nero / Blu
size : 3 / 4 / 5
price : 2,500 (+tax)

 

入荷続々、大変ですが楽しい!

 

LINEで送る

New Arrivals.

160817c

arbre の新作ジャケット、らしさ満点のドッグイヤーカラーブルゾンが届いています。
シンプルで大人っぽい短丈ジャケットです。

 

160817j

『ドッグイヤーカラー』 とは、襟を開くと犬の耳のような形状をしていることから名付けられたジャケットの襟型です。
欧米などで “ゴルフジャケット”、日本では “スウィングトップ” とか呼ばれるジャケットにこの襟は多いですが、ゴルフ的なジャケットではラグランスリーブが基本ですので、ちょっと外れます。
外れますが、やや欧米的で大人っぽいジャケットという本質は同じであると言えるでしょう。

 

160817h

160817b

160817a

生地は秋冬らしくコーデュロイです。
ただでさえ大人っぽいジャケットが、よりアダルトな気配が濃くなります。
トラディショナルな風情の生地を使うことで、普遍的な印象が強まり、メンズらしい、男っぽい雰囲気のジャケットに仕上がっていると思います。

 

160817d

160817f

160817e

もしかしたら、簡単そうで難しいジャケットなのかもしれません。
ですが逆に言えば、つまらなそうに見えて、実は面白いジャケットである、とも言えるのではないでしょうか。

arbre – Dog Ear Corduroy Blouson *Corduroy
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 23,000 (+tax)

 

160818a

Yarmo からはドライバーズジャケットと同じく、“CC41” コレクションより、新型の “ダスターコート” というコットンのコートが入荷しました。

 

160818i

160818j160818k

生地も同じコットンサージで、素朴な風合いがいい感じです。
これをドロップショルダー、ゆったりシルエットのシングルコートに仕立て、独特な雰囲気で仕上がっています。
なんとなく、立ち姿よりも歩く姿に魅力を感じるシルエットのように思えます。

 

160818b

160818c

カラーリングやディテールよりもシルエットを重視した、雰囲気のあるコートです。
コットンの一枚地というのも扱いやすく、また着る時期の幅も広くていいと思います。

Yarmo – Duster Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 23,000 (+tax)

 

160816c

2年ぶりの入荷となります、quotidien のタートルネックのカットソー。
今年はチャコールとナチュラルの2色をセレクトしました。

 

160816e

伸縮性に優れたコットンフライス地による、きわめてシンプルなカットソーです。
肌触りの好さ、伸縮による着心地の好さ、間違いないものがありますので、秋冬のインナーにおすすめです。

quotidien – Turtle Neck Long slv.
col : Ecru / Charcoal
size : 1 / 2 / 3
price : 7,800 (+tax)

 

 

LINEで送る

Yarmo – Drivers Jacket.

160808j

Yarmo のドライバーズジャケットが入荷しました。
今シーズンはシンプルにコットンサージの生地で、よりユーティリティなアイテムとしてのアプローチとなっています。
本来の “ワークウェア” というルーツからの、デイリーカジュアルにおけるユーティリティ・ジャケット。 インパクトよりも、実際的にこれ着ることになるぞ、という第一印象です。

 

160808d

一つトピック。ブランドとしての新しい試みが見られます。

今シーズンからブランド内で新たに “CC41” というラインを設け、実際のCC41のコンセプトに沿った、シンプルで無駄のない、ユーティリティなアイテムをラインナップする、ということです。

CC41 に関しては、既にご存知と思いますが、簡単に触れておきましょう。

CC41 とは・・・
1941年より約10年間、戦下のイギリスにおいて倹約のための生産統制が実施されました。政府が設けた厳しい基準を通過した製品には、その証として CC41 のラベルを付し、無駄な装飾のない簡素な品々をつくり、身につけることを奨励しました。
“CC” は “Cotrolled Commodity” の略。

古着フリークの間ではかなり有名なマークとなっていて、このラベルのついた実際のヴィンテージアイテムは今ではかなり貴重なものと言って間違いないでしょう。
その価値は、ただ年代(古さ)を実証し、また数的に希少というだけでなく、規制下でつくられた入魂のプロダクトであるという性格もあるということがポイントです。

今回、このロゴを Yarmo の方でしっかり商標登録をして展開する念の入れようです。

 

160808i

ということで、今回からいつものドライバーズジャケットは Yarmo の “CC41コレクション” の一員となりました。
かたちや仕様などはそのままで、実質面では変わりありませんが、何か気分を高めてくれるトピックになっているのではないかと思います。

 

160808c

160808f

そして CC41コレクションとしてのスタートとして相応しく、非常にシンプルで潔い、コットンサージが今回のファブリックとなっています。

この生地は、ヴィンテージの英軍ジャケットなどの気配を帯びた、独特の雰囲気があるように思います。特にこの chestnut (茶ベージュ)の方は、実際にイギリスの40年代もののミリタリーやワークのウェアで目にすることのある色味、質感ですので、実際の CC41 の年代の製品としっかりマッチしているのです。

 

160808e

イギリス的、ヴィンテージの気配、ユーティリティ。
一見シンプルなジャケットの中に、アイテムとして魅力的な要素が隠れているというのが大きな魅力になっていて、この分かりにくい気配を感じていただけたらブランドさんの方も本望ではないでしょうか。

Yarmo – Driver’s Jacket
col : Chestnut / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 18,000 (+tax)

 

僕としてもなかなか我慢ができず、先に買っております。
未洗い状態なので水洗いをしてみたら、着丈が2センチくらい縮んでいました。
ご参考までに。

 

LINEで送る

New Arrivals.

160513b

初登場、オランダの Bronte Hat のペーパーハットです。
ストローハット調の清涼感のあるつば広帽は、これからの時期に活躍してくれるはず。

 

160513i

160513j

160513h

メーカーやブランドに関して、特別詳しい情報は得ていませんが、主にレディースをメインとしているようで、メンズクラシックではなく、それなりにデザイニングなハットを得意としているようです。

ヨーロッパのハットはクラウンがやや高いという特徴がありますが、このハットもやはりそんな感じであり、そのフォルムのせいでクラシックな雰囲気を備えているように感じました。

 

160513c

160513d

おもしろい仕様なのですが、内側のテープの中にコードを通してあり、サイズを少しだけ調整ができるようになっています。
テープそのものが伸縮するわけではないので、大きい意味を持つものではありませんが、少し大きいかなくらいの人はこれでいけます。

 

160513k

160513g

そして、最大の特徴は、つばの縁にワイヤーが通してあり、つばのかたちを自由自在に変形させることが可能であるということ。
コーディネイトごとにアレンジすることもできると思いますし、陽射しを本気で避けたいとかという機能的な目的でも重宝するように思います。

Bronte Hat – Paper Cotton Hat
col : Taupe / Black
size : Free
price : 8,000 (+tax)

 

160514a

Yarmo からは、新型となります、リネンのベースボールキャップ。
ライセンス生産の日本製アイテムということで、なるほど、気が利いています。

 

160514b

160514d

160514e

後側にゴムが入り、フリーサイズとなります。
まあまあ浅め、コンパクトなサイズ感と言えると思います。

 

160514g

160514f

単調になっちまったと思ったら、ちょっとしたアクセントとして適度な軽さであり、さらっとしていてしつこくない感じが好感が持てます。
ちょっと出かける時のちょっとした帽子としてもよさそうですね。

Yarmo – Baseball Cap
col : Charcoal / Navy
size : Free
price : 6,800 (+tax)

 

徐々に夏支度もはじまる気配ですが、四季を小学生的に等分するなら、5月までが春でしょう。
気たるべき悪魔の梅雨に備えながらも、残り少なくなってきた春を存分に楽しみましょう!

 

LINEで送る