New Arrivals.

1701109b

Universal Works のコートの定番、Top Coat が今年も入荷しました。
今シーズンはトラッドな風情のツイード生地で、落ち着いた大人の雰囲気です。

 

1701109d

ブラウン×ブラックのウールツイードは、しっかり高級感のある上質なファブリック。イギリスのブランドがこういった生地を使うと、なんとなく説得力が違います。

 

1701109a

1701109e

1701109f

総裏仕立てで、胴部はコットンの裏地というのが Univresal Works らしいところです。
また、今回、昨年よりも着丈を少し長くしている点も注目すべきポイントでしょう。

 

1701109c

Universal Works – Top Coat *Wool Tweed
col : Brown
size : XS / S / M
price : 49,000 (+tax)

 

1701110i

昨年お休みをして、2年ぶりとなりました、Yarmo のドンキーコートです。
昨シーズン、結局たくさんのお問い合わせをいただくことになってしまい、めでたくの復帰です。

 

1701110d

昨年からボタンが胡桃タイプではなくなり、普通のボタンに変更になりました。
なんとなく印象が変わったので、とりあえずお休みしようかという判断でしたが、これはこれでという意見が案外多く、まったくの僕の懸念だったようです。

さらによく見ると、メインのメルトン生地と、リブの質感がグレードアップしているし、何よりボタンの雰囲気もとてもいい。
ということで、Yarmo 定番のドンキーコートはやはりたいしたものだ! という結論です。

 

1701110b

ショートコートという位置付けのため、ブルゾンのように裾にリブがあったりなどはなく、すとんとまっすぐ落ちていることも、意外とこの丈感ではあまり見ないバランスです。

カールしたリブ襟がどうしても目を惹くポイントですが、丈感が絶妙だったり、アームがすっきりしていたり、トータルでバランスが好く、ストレスなくコーディネイトできることが魅力になっているように思います。

 

1701110e

1701110c

カラーはネイビーでかなり濃い目。そして今季の裏地は赤ということになります。
僕の記憶違いがありまして、事前にお問い合わせいただいた数人のお客さまに 『今季はブラックが入ります』 と案内してしまいましたが、正しくはネイビーでした。
たいへん申し訳ございませんでした。

 

1701110a

長年販売してきましたが、タイトなデニムに合わせたり、ルーズな軍パンに合わせたり、コーディネイトは十人十色です。
決まりきったかたちがないからこそ、定番として定着しているのだと思います。

 

1701110h

Yarmo – Donkey Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 38,000 (+tax)

 

1701111a

ARMEN の定番は、キルトジャケット。
今シーズンもウールシェルのものをピックアップしました。

 

1701111g

“ハイネック” ジャケットの方は、グレーのヘリンボーンです。
ツイードライクでソフトなウール地で、ガサガサせずに着やすいです。

 

1701111f

アーメンのキルトジャケットの最大の特徴が、キルティングをシームではなく、ステッチの綻びが発生しないパンチングでしていること、そして、リバーシブルのつくりになっていることです。

 

1701111e

1701111d

1701111b

僕も所有していてずいぶん着ていますが、まだフリースの面で着たことはありません。笑。
あたたかい裏フリースということで何の問題もないように感じています。

 

1701111m

ARMEN – Reversible High Neck Quilt Jacket *Wool Herringbone
col : Grey
size : 1 / 2
price : 28,000 (+tax)

 

1701111l

フーデッドのタイプは初登場となります。
フロントがスナップボタンになり、やや大ぶりな一体型のフードが付きます。

 

1701111j

しっかり上までボタンを留めると、かなりフードが立ってくるつくりになっています。
立体感を出して着るのもいいですが、フードの口が開くように、襟を大きく開いて着てもバランス好く着ることができます。

 

1701111k

生地はヘリンボーンではないですが、同じ種類のプレーンなネイビーです。ツイード調の見え方をしますが、実際はツイーディでなくソフトです。

 

1701111n

ARMEN – Reversible Hooded Quilt Jacket *Wool
col : Navy
size : 1 / 2
price : 31,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

160812k

今年もやります、Astorflex のデザートブーツ。
Greenflex というブランド定番のモデルに、カラーも最も定番的なベージュを、今年も選んできました。

 

160812j

Astorflex は200年続くイタリアの小さなメーカーが手がけるブランドということで、ものづくりの姿勢も骨太で好感が持てます。

ベジタブルタンニンのスエードレザーは色合いに深みがあり、しっかりした厚みもあって、まずは質感の好さが目を惹きます。
天然ゴムのクレープソールと合わせて、感覚的に質の好さを感じることができ、大きな流通の量産系ブランドのそれとは一線を画していることが一目で分かります。

 

160812f

 

やや細身で、ややノーズがあって、というイタリア靴のバランスです。
いいなと思うのは履き口が比較的狭めのつくりで、ここがガバガバせずにフィットするというところ。これによって見た目のスマートさが増しているのではないでしょうか。
しっかり捨て寸をとって履いても、意外と足入れ感は小さいと感じます。

 

160812l

若者のストリート混じりのスタイルではなく、いい大人がさりげなく穿くカジュアルなブーツとしておすすめできると思っています。
スニーカーよりきちんと感があって、ドレスシューズ的な革靴のようさ堅さはない、という部分だと思います。

Astorflex – Greenflex
col : Beige
size : 40 / 41 / 42
price : 27,000 (+tax)

 

160903h

こちらも昨年の好評を受けてのリピートオーダー、suolo のミニサイズのレザーショルダーバッグです。

 

160903g

160903c

国産のレザー(栃木レザー、姫路レザー)をつかっていて、クオリティはかなりのものです。
昨年と同様、レザーはシボが見られるものと、スムースなものと個体差がいろいろです。全体的にだったり、部分的にだったりしますが、これはレザーの特性としてご理解ください。

 

160903l

160903k

最低限の荷物での外出用サイズ。
この大きさでもレザーとなるとグッと存在感が出て、トータルコーディネイトにもインパクトを与えます。

やはり suolo なので、レザーバッグでも格好よすぎないと言いますか、どちらかというと “かわいい” というニュアンスも混じっているように思います。

 

160903i

suolo – Kid Leather
col : Black / Dk.Brown
price : 17,000 (+tax)

 

1701004d

Yarmo のベレー帽も入荷しています。
定番化しつつあるベレー帽ですが、ファブリックは毎回変わってきます。今年は Dobby Melton という織り目がはっきりしたウールファブリックとなります。

 

1701004a

秋冬のベレーといえばウールフェルトやメルトンが一番に来ると思いますが、また違った趣で好いと思います。

Yarmo のベレーは8枚接ぎというのが特徴で、よりふっくらと立体的に被れます。

 

1701004c

1701004f

1701004b

Yarmo – Wool Beret
col : Navy
size : M / L
price : 6,500 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

10月8日(日) 臨時休業

都合により 8日(日曜日)を臨時休業とさせていただきます。
大変恐縮ですが、ご来店やご注文の際(特に日付指定など)にはご注意いただけますようお願い致します。

 

LINEで送る

New Arrivals.

1700911

Yarmo の Duster Coat が入荷しました。
今季のドライバーズジャケットと同素材のコットンツイルです。

 

1700911b

このダスターコートは、ドロップショルダーのゆったりシルエットが一番の特徴です。
生地がたっぷりした感じで緩く着るものですが、とてもきれいなシルエットになっています。ゆったり系が苦手という人にもこのコートはおすすめできる気がします。
特に食わず嫌い中の人、興味はあるけど自分にはしっくりこないと感じている人、是非お試しください。

 

1700911c

未洗いなので必要以上にきれいに見えますが、洗いざらしにして、がさっと羽織るとしっくりきます。流行のビッグシルエットというよりも、ちょっと大きめの古着を自然に格好よく着ている、というようなイメージで。

 

1700911e

緩めのインナーを着る人にもやはりおすすめです。
ゆったりシルエットのカットソーやシャツを着てしまうと、アウターのシルエットも考えなくてはならないはず。このコートはかなり対応能力が高いと思います。

 

1700911d

Yarmo – Duster Coat
col : Navy
size : 38 / 40
price : 23,000 (+tax)

 

1700913l

GICIPI の新作も届いています。
今回はコットンフライスのカーディガンとタートルネックです。

 

1700913c

シンプルなVカーディガン。
Vの深さは標準的、袖口と裾がリブ仕様でポケットは無し、シルエットもスタンダードなものとなっています。

 

1700913d

1700913b

地厚は薄め、リブ編みなので横方向に柔らかく伸びます。多少タイトに着ても圧迫感は感じず、着てしまえばストレスは皆無です。

GICIPI – Cotton Cardigan
col : Brown / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 6,800 (+tax)

 

1700913j

同素材で同色展開、タートルネックの長袖。
こちらもシルエットはややコンパクトめの標準タイプです。

 

1700913k

1700913g

GICIPI – Turtle Neck Long Slv.
col : Brown / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 6,800 (+tax)

 

 

1700914g

quotidien からもカーディガンが届いています。
こちらはいつものカットソー生地ではなく、裏が起毛した、少し厚手のタイプ、しかもクルーネックとなります。

 

1700914a

裏パイルでの起毛ではないので、スウェットとは若干違うのかもしれませんが、生地厚としてはそんな感じです。掻いて起毛させていますので、スウェット地より軽く、着心地がふんわりしてあたたかいです。

1700914e

1700914c

quotidien – Crew Neck Cardigan
col : Charcoal / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 12,000 (+tax)

 

派手さのない脇役的なアイテムも、いい感じで揃えられていると思います!

 

LINEで送る

New Arrivals.

190810l

Yarmo のドライバーズジャケットが入荷しました。
毎期恒例、シーズンの早い時期に入荷することが多いので、なんとなく新しいシーズンの訪れを告げる役目になっている我らが定番アイテムです。

 

190810a

190810j

いわゆるイギリスのワークジャケット。
ワークジャケットの中でも、ドライバー(運転手)が着るためのジャケットで、テーラードタイプのデザインとなっていることが大きな特徴と言えるでしょう。

洗いざらしでラフに着るタイプのテーラードジャケットということで、ありそうで無い、偶然生まれた便利なバランスが人気の秘密です。

 

190810c

190810i

今シーズンの生地は、ミドルウエイトのコットンツイルです。
軽からず、重からずの普通のコットン生地ですので、いつ着ていてもおかしくないような厚さのジャケットではないかと思います。

 

190810d

190810k

スタイル的には万能と言い切ってしまえますが、ジャケットとしては肩が小さめ、肩の傾斜がやや強めという、シルエット的な 『癖』 がしっかりあります。好き嫌い、向き不向きが出てしまうものの、こういったことがインポート服ならではの味わいにもなる部分で、かなり長い期間、定番として展開されていますが、変更、調整などされず、まったく変わらずに続いています。

Yarmo – Driver’s Jacket *Cotton Twill
col : Navy / Khski
size : 38 / 40 / 42
price : 18,000 (+tax)

 

190809f

Vas-y Lentement のシャツもここ数シーズン定番的にセレクトしています。
今シーズンはブラックギンガムで、レギュラーカラーとバンドカラーの展開となります。

 

190809e

フランスやイギリスの洋服や雑貨のブランドを扱うインポート商社が手がけるブランドということで、日本のブランドといえども、どちらかと言うと薫りはヨーロッパ、というのがこの Vas-y Lentement。

このシャツなどは、ゆかりのある海外ブランドの生産背景(インド)を使い、現地の生地を現地のファクトリーで縫っています。
そのため、生地の風合いも何か異国情緒があり、さらに物流の関係でコストも抑えられ、プライスに反映されています。

 

190809d

やや甘編み気味のコットンブロードに、しっかりめにウォッシュをかけています。
Vas-y のシャツは、洗いざらしでしわを残しながら、さらりと着るのが似合う雰囲気ではないでしょうか。

Vas-y Lentement – Regular Collar Shirt
col : Black Gingaham
size : S / M / L
price : 13,000 (+tax)

 

190809c

同生地、同シルエットで、バンドカラー。
意外と今までギンガムチェックのバンドカラーは無かったなと。

 

190809a

Vas-y Lentement – Band Collar Shirt
col : Black Gingaham
size : S / M / L
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170508f

Hervier Production のベレー帽が入荷しました。
こちらはライセンス製品となり、エルヴィエのファクトリーでの縫製ではなく、日本製となります。今シーズンのエルヴィエはウェアのセレクトは無し。このベレー帽のみとなりますので貴重です。

 

170508g

フランスのブランドということもあり、ベレーというのは何とも説得力がありますし、Fuzz としては、このあたりは見たら取らざるをえない類いのアイテムです。

 

170508d

ベレーはウールフェルトが定番ですが、春夏素材でもあるといいな、という感覚からできたアイテムでしょう。コットン+リネンの薄地生地による涼しげなベレーです。
リネン混ならではの不均一な生地面と微かな光沢感が特徴。

 

170508b

ドローコードでサイズを調節できますので、フリーサイズとなります。

 

170508e

Hervier Production S.A. – Beret
col : Beige / Navy
size : Free
price : 6,400 (+tax)

170507e

Yarmo にもライセンスの日本生産でベレーがありました。こちらはコットンシャンブレーです。

 

170507f

170507d

こちらも清涼感を感じる、春夏らしい素材感です。

 

170507c

170507b

コットンの裏地が付いた二重構造になっています。

 

170507g

Yarmo – Chambray Beret
col : Blue
size : M / L
Price : 6,000 (+tax)

 

170509a

不意に見つけたイギリスのバンダナ。Enormous handkerchief Company というメーカーです。
よくイギリスに出かけるインポーターさんが見つけてきたもので、イギリス国内でかなり減ってしまっているハンカチやバンダナをつくるメーカーだそうです。

 

170509b

やや大ぶりなドット柄。昔からあるイギリス的なバンダナです。

 

170509d

170509e

Enormous handkerchief Company – Bandana
col : Yellow / Sky / Navy
price : 2,000 (+tax)

 

 

暑くなってくると、帽子などのアクセサリー類は実用面で必要になってくると思います。
是非、気分も満たすものを。

LINEで送る