New Arrivals.

161108b

Kei Macdonald の新作ニットが入荷しました。
らしさ満点のきれいな色味に、ほのかに薫るトラッドの味わい。今回も非常に上品で、上質、そして安心して着られるバランスの好いニットに仕上がっています。

 

161108a

実は今回も機能素材を使っています。
『エアリースパン』 という毛糸メーカーが開発した特殊毛糸ということで、ウール・アルパカ混の素材。通常よりかなり多くの空気を含むやわらかい糸らしく、編地にしてみると一触瞭然、ふわふわ感がものすごく、軽くて暖かく、やわらかくて肌触りも好いというたいへんな優れものです。

メリノの好さ、カシミヤの好さと、ウールの好さはそれぞれありますが、この繊細でふわふわ感がすごいというのは案外無かったかもしれません。

 

161108c

そして、女性デザイナーならではの色合いのセンスの好さ、色づかいのやわらかさ、このあたりは是非感じていただきたい Kei Macdonald のニットの確固たる魅力です。
で、意外と男っぽいデザインをベースにするところも Kei さんの特徴だと思います。

Kei Macdonald – Airy Spun Baby Alpaca Pull Over
col : Green
size : S / M / L
price : 24,000 (+tax)

 

161109b

こちらは FUJITO の新作ニット。
スマートなローゲージニットをつくりました。

 

161109a

単色ですが、胴部が畦編み、袖部が普通の編み、切り替え部分には意匠の編みが入り、きちっとデザインされている印象のするセーターとなっています。

素材はシェットランドウール、ローゲージの糸で地厚はなかなかのものになります。
胴部のみ畦編みになっていますので暖かさが一段高く、袖もまあ厚いですが、畦編みにするよりばたつかずにいいと思います。

クラシックなローゲージのセーターというのは往々にしてもっさり、もったりなシルエットが多いと思いますが(それはその好さがあることは置いて)、こちらは全般すっきりしたシルエットになるよう仕上げています。
分かりやすいのはアームホールですが、もたつかずにバチっと細身になっています。
このあたり、せっかくのファッションブランドですから、格好よく着たいというのがインポートものも多く扱いのある Fuzz の考え方です。

 

161109c

ナチュラルな印象のブラウンもいい感じ。濃淡の差がある糸を撚って編んでいるので、自然メランジ調になり、これがクラシックな薫りを出してきます。

FUJITO – Rib Knit Sweater
col : Brown
size : S / M / L
price : 19,000 (+tax)

 

160102h

定番モデルとなるデニムジャケット、ずいぶん遅れましたが無事届きました。
今からの時期なら、この上からアウターをいく、という構えで楽しむがいいと思います。

 

160102g

アイテムの内容については、前回入荷した時の説明文を再掲します。

===================

ベースになっているのは Levi’s の 3rd モデル。
特有の野暮ったさを排して、スタイリッシュに着れるようなアレンジが為されています。

襟を FUJITO風に美しくして、
着丈を気持ち長くしてオリジナルのちと短すぎるかと思わされるバランスを整え、
シルエットを美しくするためアームホールを思いきって細くして、
ジャケットとして機能的に感じるようサイドにポケットを配し、
インナー使いで便利であろうと絞れるアジャスターを備え、、

という感じで、Gジャンの基本的な好ましさをきちっと押さえつつ、よりストレスなく使えるようなファッションアイテムとして昇華しています。

ちょっとしたストレスが少しずつあるせいで、なんとなく全体的にもったいない感じになりがちなGジャンも、安心して着られるようになれば便利この上ないアイテムになるはずです。

===================

 

160102a

FUJITO – Denim Jacket
col : Indigo
size : S / M / L
price : 29,000 (+tax)

 

161107a

Johnstons のマフラー、今年も入荷しました。
今年はカシミヤ100の単色、カシミヤウールのマルチカラーチェックという内容です。

 

161107b

UKトラッドなイメージのジョンストンズ。男女問わず、間違いない系のブランドです。

スカーフ、マフラー、、シンプルなものだったり、トラッド系のものであれば、ジョンストンズから選ぶのはやはりおすすめです。
質感、色味、すべてにおいて確かなものを感じさせてくれる本物です。

 

161107d

こちら、マルチカラーのブロックチェック。カシミヤとウールが半々くらいのやや薄地。
シンプルなコートスタイルなどに、上品なアクセントを。

Johnstons of Elgin – Cashmere Wool Scarf
col : Multi
price : 19,000 (+tax)

 

161107c

こちらはカシミヤ100%の単色。25cm幅のタイプでボリューム感の出ないサイズとなります。
パキっとしたロイヤルブルーと落ち着いたベージュ。攻めと守り。

Johnstons of Elgin – Cashmere Scarf
col : Otter / Blue
price : 23,000 (+tax)

 

エルヴィエのコート、あるいはユニバーサル・ワークスのトップコートにサンダースのチェルシーブーツ、そしてジョンストンズを首に巻いて、ローレールのベレー帽を、、、

フジトのデニムにサンダースのチャッカブーツを履いて、ニットはどれが合いそうか、、、

入荷が進み着合わせが一層楽しくなってきました。
寒さは若干きつくなってきましたが、着れるものは格段に増えた!

 

LINEで送る

Universal Works – Top Coat.

161106a

Universal Works の Top Coat が入荷しました。

継続品番となりますが、もはやブランドを代表するアイテムと言ってもいいかもしれません。
Fuzz では昨年から引き続きの展開となります。

 

161106b

昨年はネイビーのみでしたが、今年は魅力的な色展開がありましたので、3色でご用意しました。ネイビー、チャコール、オリーブ、どのカラーも落ち着いていて非常にいい色味です。
どの色もおすすめなので、逆に困らせることになりそうな予感。

 

161106c

161106e

非常にシンプルなデザインのシングルコートです。
着丈は最も使いやすいとされるハーフコートの丈よりやや長めで設定され、その分グッと雰囲気が出ています。

 

161106d

161106h

オーソドックスなウールのコートではあるものの、そこは Universal Works、やはりなにがしかのニュアンスが漂います。
おおもとになるデザインソースが、デザイナーのデイビッドのおじいさんが実際に着ていたというレインコートであるため、普通の格好よさを狙ったコートと一線を画すのです。

トラッドなつくりのコートではないのに、妙にクラシックな感じがするというか、普遍的な雰囲気を持っているというのは、そこに起因するように思えます。
逆に言うと、トラッドでもなく、ワークっぽいとも言えず、実はジャンルにおさまらないタイプのコートとも言えそうです。

 

161106l

無造作に羽織るだけで絵になるような、一見難しそうに見えて、実はまったくそんなことはないコートです。
普通っぽさが希薄であるにもかかわらず、スタイルとしては幅広いレンジをカバーできてしまう万能性が感じられ、なるほど、そのあたりが人気となっている由縁なのかもしれません。

 

161106m

161106f

161106i

Universal Works – Top Coat
col : Navy / Charcoal / Olive
size : XS / S / M
price : 49,000 (+tax)

 

まだまだじっくり秋を楽しみたいものですが、冬の支度も気になってくる頃合いでしょう。
今後はニットや冬アウターも充実させていきます。

 

LINEで送る

Le Laboureur.

161105i

Le Laboureur、今シーズン分がようやく届きました。
モールスキンのインクブルー、ブラック、コーデュロイのブラック、コーデュロイのみパンツも、という内容です。

 

161105b

161105e

定番的なコットンモールスキンのタイプはいつもどおりと思いきや、実は生地がアップグレードしました。
これまでの生地では、どういうわけかブラックのみポリエステルが少しだけ入っていたために、なんとなくネイビーだけのセレクトにしていたのですが、綿100のモールスキンが別で用意できるということだったので、そちらの生地に乗り換え、2色での展開にすることにしました。

 

161105c

161105d

風合いはこれまでとはっきり違います。エルヴィエのモールスキンに近い感じになっていて、より毛足が無く、硬くなり、色合いも質感も古着で出てくるような雰囲気になっています。

これまでのネイビーは青味は強いものの、ネイビーの範囲に入っていたように思いますが、今回はいわゆるフレンチワークの “インクブルー” という色合いです。

目が詰まっていて硬さが出て、その分逆に厚みが減って、経年変化はこちらの生地の方がより魅力的なかたちで出てくるのではないかと思います。

 

161105a

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Navy / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 21,800 (+tax)

 

161105o

それから新しくブラックのコーデュロイを選んできました。
僕が欲しかったのですが、パンツもいいなと思って。。

 

161105j

161105h

161105l

161105n

パンツは狙っていない無造作です。ですから穿く側で狙いましょう。
太くも細くもする気がない、そういうのはどうだっていいという気持ちがはっきり伝わってくるから不思議です。

 

Le Laboureur – Work Jacket *Corduroy
col : Black
size : 0 / 1 / 2
price : 22,800 (+tax)

Le Laboureur – Work Pant *Corduroy
col : Black
size : 40 / 42
price : 21,800 (+tax)

 

Fuzz の重要アイテム指定を受けているラブルールのカバーオールジャケット。どんなふうに魅力を感じているのかは、今後もじっくりお伝えしていきたいと思います。
初見の人は、よろしければ過去の記事などを
KOCHILLA

昨日(土曜)の夕方に届いたばかりで、急いでご紹介しました。
オンラインショップには後日すぐにアップします。

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – MMMMM Slip On.

161104r

SOUTIENCOL より届きました、MMMMM Slip On ステンカラーコートです。

今年はやります、スリップ・オン。
ブランドを代表する本格派コートです。

 

161104q

まずは詳細を。
オンラインショップのところで書いた商品説明の文章を転載します。

============

SOUTIENCOL のマスターピースと呼ばれ長年展開されているステンカラーコート “Slip On”。
SOUTIENCOL の別ラインとしてドレスやフォーマルを含む トラッドアイテムをひとくくりにした MMMMM (エムゴ) Black Label のクレジットが付きます。

ファブリックはクラシックなイタリア製バーバリークロス(コットンギャバジン)。 しっかり目が詰まり、滑らかで強靭な生地となります。

Slip On が評価される大きなポイントでもあるラグランスリーブのナチュラルショルダーは、肩から袖にかけて自然な曲線を描き、肩の大きい、小さいを問わずに美しく見せます。ジャケットの上からのオーバーコートとして定義されていますので、アームホールは相応の大きさがございますが、この肩まわりの秀逸なパターンニングによって、ばたつかず、ジャケットを着ても、着ていない状態でも美しいシルエットをつくり出してくれます。
スリーブは一枚袖のつくりで、これもこだわりのディテールとなりますが、シームを最低限にすることでより美しく見せるためのものです。

 

161104g

161104i

ボタン留めのデタッチャブルのライナー、袖口のベルトの仕様、クラシックなAラインシルエット、などなど、すべてがクラシックな仕様でつくられており、流行に左右されずに、時代の変化にも揺るがない内容となっており、 20年前からパターンやディテールを変えずにつくりつづけられていることがこれを証明しています。

確かな品質、トラディショナルなディテール、そしてSOUTIENCOL の真骨頂でもあるベストバランスなシルエットと3拍子揃い、間違いなく長く愛用していただけるコートであると言えます。
カーキカラーは、全体に馴染ませ、多少のアタリを出すことを目的に、生地の段階で洗いをかけています。

============

 

161104b

161104h

161104a

161104k

161104j

一切の妥協を許さず、デザイナー渾身のディテールを詰め込んだという、自他共に認めるブランドのマスターピースと呼ばれるアイテムです。

縫製には高い技術が要求されるため、生産の部分で常にシリアスな問題を抱えざるをえないという事情があり、毎年入荷が遅れます。

つくる方としてはあまり歓迎したくない難しい仕様が多く、工場は泣きます。ブランドの側としてはそんな工場とのやりとりで消耗し、泣いたり怒ったりします。販売する僕らのようなお店は、季節も差し迫ったところへ納品が遅れ、やはり泣いたり怒ったりします。

毎年待っているお客さんがいるために、こういうことが懲りずに毎年繰り返されているわけですが、20年続くアイテムの凄みというのは、実はこういう舞台裏の修羅場を継続してきたことにも一端があるような気がします。

 

161104n

161104o

161104m

161104p

SOUTIENCOL – MMMMM – Slip On
col : Khaki / Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 89,000 (+tax)

 

とって付けたような背景やストーリーではなく、リアルな長い歴史があります。
そういったアイテムというのは、少しずつ興味を増しながら、何年かかけて決めるというのも自然なことなのかもしれません。

今季、熟す人、待っています!

 

LINEで送る

New Arrivals.

161101j

Hervier Production のステンカラーコートが入荷しました。

昨年と同型となりますので、覚えている人もいらっしゃるかもしれません。『シンプルないいコート』 としてオン・オフ両面で活用できるベーシックな雰囲気のコートとなります。

 

161101d

161101a

161101g

161101h

161101i

Hervier Production S.A. – Soutien Collar Coat
col : Beige / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 45,000 (+tax)

 

161103d

ARMEN からはおなじみのキルトジャケットをツイード素材でという新しいアプローチ。
深いグリーンで色合いも好く、非常に落ち着いた雰囲気です。

 

161103e

161103c

161103a

161103b

161103f

ARMEN – Reversible High Neck Quilt Jacket *Tweed
col : Dk.Green
size : 1 / 2 / 3
price : 28,000 (+tax)

 

161028b

こちらは初登場、イタリアのトラウザーファクトリーによるプライベートブランド Riccardo Metha のワンタックのワイドトラウザーです。

太めのパンツが徐々に注目されている気配なので、雰囲気も質感も好いこのパンツをセレクトしました。
『チノパン』 というワークとかアメカジのアプローチではなく、どちらかと言うと 『ワイドパンツ』 と呼ぶようなイメージでモードとかストリートとかという文脈で合わせていただくと格好いいかと思います。

 

161028f

161028e

161028d

161028c

Riccardo Metha – One Tuck Cotton Trouser
col : Beige
size : 44 / 46 / 48
price : 18,000 (+tax)

 

161102a

Oliver Spencer の新作ニット。
このあたりは余計な説明は不要でしょう。今回もしっかり上品で格好いいです。

 

161102d

Oliver Spencer – Ola Crew
col : Caramel Multi
size : XS / S / M
price : 25,000 (+tax)

 

161102c

Oliver Spencer – Blended Roll Neck
col : Charcoal
size : S / M
price : 25,000 (+tax)

 

LINEで送る