Vincent et Mireille – Shorts.

160603f

Vincent et Mireille のショートパンツが届いています。
シンプル、気軽、楽ちん。
個性やインパクトではなく、実用的な使いやすさを求めた、きわめてベーシックなタイプのショーツです。

 

160603d

160603c

160603a

薄手でハリ感のあるコットン地、バックギャザーにドローコード、膝上丈のコンパクトなサイズ感。
特徴としては1タックが入ってややふくらみを持たせたということくらいです。
タックは入っていますが、ダボっとした感じにはならずに、すっきり感が感じられるくらいで、シルエットの面でも着まわしのしやすいベーシックなものとなっています。

Vincent et Mireille – One Tuck Cotton Shorts
col : Beige / Olive / Blue
size : 38 / 40 / 42
price : 9,000 (+tax)

160603j

こちらがリネンのタイプ。
デザイン仕様は若干異なり、さらにイージーなタイプのショーツとなります。

160603i

160603g

160603k

こちらも膝上丈で、ウエストギャザー+ドローコード。
特別に凝ったディテールワークも見られず、まったくのシンプルベーシックなショーツです。

Vincent et Mireille – Linen Easy Shorts
col : Olive / Navy
size : 40 / 42
price : 10,000 (+tax)

 

ファクトリーブランドならではの薄味実用アイテム。
特に基本ショーツをあまり穿かないという人には、気合の入ったものよりこれくらい気楽に行ける方がその気になるのではないかと思います。

短パンを穿く時期も徐々に近づいてきましたね。
なんでも今年の暑は夏いとか。

 

LINEで送る

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim, Used 5 years.

160602b

Ordinary fits の定番モデル、5 Pocket Ankle Denim の新しい Version が登場です。
これまであった Used 加工ver. をもう一歩進めて細分化するという新しい試みが始まり、その中でもっとも穿き古した設定となる 『5年ユーズド』 をセレクトしました。

 

160602f

160602j

ベースはこれまでと同じ、アンクル丈テーパードシルエットのセルビッヂデニムのジーンズとなります。

 

160602a

継続して展開中の 『Used Colour』 からさらに長い年月穿きこんだというイメージで、色落ちのメリハリが逆に薄れてきて全体的な色褪せが進み、部分的なアタリ、ダメージが増えてきて、、という感じでつくり込みが為されています。

“古着” と言えるほど長い年月が経過しないとこういった水色ベースにはならないです。

 

160602d

160602e

160602g

160602h

160602i

各部の縁部分には丁寧にダメージ加工が為され、しっかりトータルで説得力のある加工になっています。
このあたりは Ordinary fits のブランドとしての長年の取り組み、プラス岡山と言う生産背景が為せる信頼感でしょう。

 

160602l

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *Used 5 years
col : Used
size : 28 / 30 / 32
price : 17,800 (+tax)

 

より古着な感じが強まり、普遍的な印象さえするような気がします。
この色味のジーンズでないとできないコーディネイトやテイストも多いはずで、この時期ならばトップスやシューズに白を合わせて、王道的な爽やかコーディネイトをしてみたいところでしょう。

やはりどんな時期でもジーンズは手放せません!

 

LINEで送る

SAINT JAMES – PIRIAC.

160601a

SAINT JAMES の 半袖Tee、PIRIAC が今年も入荷しました。
Fuzz では数年来の夏の恒例、定番のボートネックTシャツです。

 

160601c

薄地コットンのサラサラ生地に、半袖としてはやや長い袖(四分くらい)、そして何と言ってもボートネック、これが特徴です。

 

160601d

160601e

今季も定番からシーズンカラーまで、それなりのボリュームで揃えています。
ありきたり?という心配を吹き飛ばすくらいの力がある定番色、そしてまた定番色あってのシーズンカラー、各々の都合、気分に応じて手を伸ばしていただけたらと思います。

 

160601b

ボーダーに限らず、単色無地もなんとも言えない別の魅力があります。
無地のボートネックは実は意外とないので存在としても貴重ですね。

SAINT JAMES – PIRIAC
col : Many
size : T3 / T4 / T5
price : 6,300 (+tax)

 

白地にネイビーとかブルーとか、逆にまったくの定番カラーなどが特に、存在感がすごいような気がします。こちら側の見方なのでしょうが。。

 

LINEで送る

Vintage – British Army Sports Sandal.

160519a

ちょっとご無沙汰していたミリタリーアイテムをおひとつ。
Fuzz では初見です、イギリス軍のスポーツサンダルが入荷しました。

 

160519b

見てとれる分のディテールで分かると思いますが、それほど古い年代のものでなく(10年前から現在くらいでしょうか)、その分スペックがいいです。

質感、機能性共にかなりのグレードの高さが感じられ、現行の SOKORAHEN のサンダルよりもはるかにしっかりしていて穿きやすいと思います。

実際、僕は既に履きはじめているのですが、たいへん素晴らしい履き心地です。

 

160519c

アッパーのベルトはスエードレザー、裏側のライニングがまたいい感じで、ストレスのない、しっかりしたホールド感を得られます。

 

160519d

フットベッド、アウトソールはトレイル系を思わせる雰囲気で、今っぽさがあります。
軽くてグリップもしっかり。

 

160519e

160519f

160519g

ひと目見てミリタリーという感じはないかもしれませんが、ミリタリーと言われたら、『ああ』 となって、後から 『イギリス軍の』 と付け足せば 『おお』 となるはず。

ミリタリーならではの武骨な感じ、ただものではない気配、やはり軍モノには独特の魅力がありますね。

UK Military – British Army Sports Sandal
col : Brown
size : 7 / 8 / 9
price : 11,000 (+tax)

 

今回、デッドストック(未使用品)ではなく、ユーズド品です。
グッド・コンディションのものを厳選していますが、多少の汚れ、ダメージは見られますので、予めそのあたりのご認識をしっかりとお願いしておきます。

複数足ご用意がありますが、3サイズで各サイズそれほど多くはありません。

軍もの興味ある派のみなさんには是非チェックしてほしいアイテムです。

 

LINEで送る

New Arrivals.

160516l

Antichi Romani のレザーサンダル。
イタリアに数あるレザーサンダルメーカーのうちの一つであり、ファクトリーブランドならではの、『いい内容、いいプライス』 という良品です。

 

160516g

イタリアは、シューズ、というかレザーどころとして有名な国であり、ゆえにシューズやレザーのバッグなどのメーカーがたくさん存在します。

このブランドもそういったメーカーの一つで、ハンドメイド製法でほとんどレザーサンダルだけを専門に手掛けているということです。
良質な素材によるレザークラフト感と、現代的なコンフォート感覚が共存して、とてもバランスの好いサンダルになっていると思います。

 

160516d

160516h

160516k

160516e

160516f

甲を広めに覆うアッパーは、広い面でフィットさせるためにストレスがなく、サンダルそのものの重さを感じさせにくいものになっています。
また、足の横幅の最も広くなっている部分には、レザーが当たらない設計になっていますので、圧迫感もまったく感じません。

フットベットにはウレタンが内臓してクッション性があり、ソールには切れ込みがあってグリップと返りの好さをしっかり確保して、さらにヒールのベルトによるホールドもストレスのないものになっていて、完成度の高さはかなりのものと言えましょう。
ギシギシとレザーがきしむ音もなく、たいへん快適な履き心地となっています。

Antichi Romani – Leather Sandal
col : Black / Dk.Brown
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 14,000 (+tax)

 

160518f

久しぶり、Ordinary fits のトラベルショーツ。
ブランド定番としてつづいています。

 

160518b

160518c

160518w

『旅行バッグにつめこんで…』 というイメージでつくられたイージーパンツ仕様のショートパンツとなり、深い股上と大きめにとった股まわりによってややふっくらするシルエットが特徴です。

Fuzz でいうと、SAINT JAMES ピリアックやCharpentier de Vaisseau のボーダーTee などとさっぱり鮮やかに合わせたらどうでしょうというイメージですが、とらわれずに各々のオリジナル定番夏スタイルづくりのいい素材になってくれるのではないでしょうか。

ストレッチコットンとなりますので、かなり楽ちんな穿き心地となっています。

Ordinary fits – Travel Shorts
col : Beige / Khaki / Charcoal
size : 1 / 2
price : 8,800 (+tax)

 

160517a

こちらもおなじみの 27/9 のブレスレット。
毎シーズン評判の高い2連タイプです。

 

160517b

160517c

160517d

メインとなる天然石はラリマーというもので、プラス蝋引きされた麻紐、さらに鮮やかな天然石のミニビーズが並びます。
ナチュラルで存在感のある素材づかいが大きな魅力となっていて、夏スタイルの絶妙なアクセントになってくれることでしょう。

27/9 – Bracelet *Larimar
col : Orange / Green
price : 5,500 (+tax)

 

梅雨とか夏の気配を感じるようになってきて、短パンやサンダルなどを気にする人も増えてきました。
焦らずにいきたいですが、夏好きは夏アイテムを見ると欲しくなってしまいますね。

 

LINEで送る