Paraboot – DOMINGUE.

160501a

Paraboot のデッキシューズ DOMINGUE をご紹介します。
昨春夏シーズンに新しく加わったデッキシューズの新モデル。Fuzz では今季初登場です。

 

160501j

最も有名で定番なデッキシューズの Barth を少しだけアレンジしたものですが、違いが分かるでしょうか。

 

160501i

160501c

160501d

160501e

160501f

160501g

160501h

160501b

デッキシューズの代表的なディテールでもある、履き口にぐるりと渡る革ひもが取り去られ、よりすっきりした印象になっています。
違いとしてはそこだけなので、まったく別ものという感じもしませんが、それなりに印象の違いもあるように思います。
『デッキシューズです!』 という主張がやや緩和されて、革靴か、あるいはスニーカーか、これは人によって判断が分かれますが、それぞれに近づいたのではないでしょうか。

もともとデッキシューズは、ドレスシューズスタイルの革靴では春夏には暑い、堅すぎる、でもスニーカーまでは行きたくない、というような要求をカバーするようなイメージであると思いますが、このモデルもやはり強みはそこであり、さらに 『だからと言ってデッキシューズらしすぎない』 というプラスアルファが付いたような印象です。デッキシューズなのに。

だからこそ、白がいけるのではないかと踏んで、白一本でセレクトしました。
春夏は白いシューズが履きたいというのは、それなりに共通した感覚ではないかと思いますので、なんとなく共感していただけると思うのですがいかがでしょうか。

Paraboot – DOMINGUE
col : White
size : 6H / 7 / 7H / 8
price : 27,000 (+tax)

 

 

LINEで送る

Universal Works – Baker Overshirt, Bucket Hat.

160423a

Universal Works より新作入荷です。
これから夏にかけて活躍してくれる薄手のシャツジャケット、定番のバケツハット、ご紹介します。

 

160423b

昨年も展開がありましたが、@いう間に完売し、実際に活用した人からの評判も好かった Baker Overshirt。 シャツジャケットというのか、ジャケットシャツというのか、どちらにしても、薄手のシャツ地でカバーオールです。

 

160423c

反染め(生地の状態で染色)の薄く、軽い生地です。
シャツの軽さでジャケットとして着れるため、主にTシャツを着ている時のアウターとして活躍が期待できます。

今よりさらに暑くなって、Tシャツ1枚というスタイルをするようになってくると、よりイメージが湧きやすいかと思います。
シャツを着ていての羽織りものは各種カーディガンがありますのでさほど困らないですが、カットソーを簡単に着ているだけのスタイルになると、このくらいのアウターが効果を発揮します。

 

160423e

160423h

昨夏の終わり、デザイナーのデイビッドがお店に顔を出してくれた時の会話です。

『Baker Overshirt は、とても評判がよかったから来年も頼むよ』  と僕。

『そうだろう、実は今年、ロシアの大きなお店でこれを大量に発注してくれたんだがね、シーズン前につぶれてしまって、つくってしまって納品ができなくなったんだ。
でもそれを全て引き取ってくれたお店があって、驚いたことに、簡単にソールドアウトだ。
ロンドンの、君のお店くらいの小さなお店だよ』

その数量たるや、たしか70着と言っていたと記憶しているのですが、ちょっと記憶は曖昧です。
いずれにしても我々くらいの規模では信じられないくらいであることは間違いありません。
そんなエピソードもあり、デイビッドも一押し、色数も増えていました。

 

160423d

Ordinary fits の One Mile Cardigan も好評で(こっそり追加してました)、布帛(ふはく*シャツなどの生地)の軽い羽織りものの需要が目につきます。
これまであまり無かったところだったのでしょう。

Universal Works – Baker Overshirt
col : Navy / Blue
size : XS / S / M
price : 20,000 (+tax)

 

160423l

こちらはブランド定番、Bucket Hat。
今季は British Millerain のドライワックスのいい生地できました。

 

160423m

単色ネイビーのシンプルなものですが、それがまたいい感じです。
実際の撥水性もかなり高いということなので、梅雨時期など間違いないですし、タウンユースにとどまらず、登山などでも活躍するのではないでしょうか。

 

160423k

160423j

帽子の類、いろいろありますが、このタイプの好いところは、バッグやポケットにねじ込んでおけること。
ものすごくお洒落で部分的な携帯傘としても・・・、
さすがにこれは強引か。

Universal Works – Bucket Hat
col : Navy
size : L
price : 9,000 (+tax)

 

祝、ゴールデン・ウィーク。
お時間ありましたら是非お立ち寄りください!

 

 

 

LINEで送る

Glacon – Round Collar Polo Shirt.

160422b

Glacon のラウンドカラーポロシャツが今年も入荷しました。
我らが定番、Fuzz における夏の重要アイテムです。

 

160422a

ラウンドカラーで “FRENCH” を感じさせてくれ、尚且つ SOKORAHEN のポロシャツとは一線を画す、いい大人も納得のクオリティです。

 

160422h

まず、シャツのアプローチが入っていることが特徴として挙げられます。
『ラウンドカラーでかわいい襟』 と誤解されがちですが、一般的なスポーツルーツのポロシャツがぺったりとした襟が特徴であるのに対し、襟腰を付けて立体感を出しています。

 

160422i

160422e

このことで、スポーツアイテムというより、トラッドアイテムに近いポジションであることが認識できます。着た時の印象がなんとなく違うのはこのポイントのせいで、注意して見るととかなり違って見えることでしょう。

 

160422j

袖丈は数値上やや長めですが、口を絞ってすっきり見えるような配慮が見られます。
LACOSTE に見られるようなちょうちん袖でなく、シャツの型に近いことが見てとれると思います。

 

160422c

160422d

160422g

160422f

そして、重要なのがこのポイント。
こういったアプローチでも、堅い感じのトラッドアイテムにならないこと。
かっちり着ることはもちろんできるとして、軍パンやラフなショーツとも合わせてしまえる自由さがあり、そういういかにもフランスの服ならではの何とも言えないニュアンスをしっかり持ち合わせているということです。
ちょっとぼんやりしていると思われるかもしれませんが、こういう魅力が貴重なのです。

Glacon – Round Collar Polo Shirt
col : White / Lt.Blue / Navy / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 14,500 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

下記我らが定番アイテム、再入荷しています。
suolo – Crop Middle *Khaki
SAINT JAMES – Cotton Cardigan *Navy
Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *Used
Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *One Wash

 

LINEで送る

New Arrivals.

160417a

comm. arch. からニットTee が届いています。
相変わらずの素材感の好さは健在、上品かつ気さくなナイスバランスです。

 

160417c

繊維の長いことが貴重とされるコットン界において、世界三大コットンに数えられるアメリカのスーピマ綿が素材となっています。
素材から糸への紡績は日本の技術を用いて、さらにホールガーメントでのニッティングも日本国内で為されています。紡績技術、ホールガーメントの技術は、日本が世界に誇れるものらしいです。
ホールガーメントとは、はじめから最後まで編み機によって製品にしてしまうことです。パーツを生地にして縫い合わせるのではなく、生地を編みながら袖などもつくってしまうというニットならではのやり方です。
そうすると、継ぎ目、縫い合わせの部分が一切なくなるため、着心地は素晴らしく、シルエットを含めたデザインの面でも小さな矛盾がほとんど出ないため、やはり品の好さが際立ってくるということになります。

 

160417b

ハイゲージニットならではの上品な雰囲気が確かにあります。
けれど comm. arch. というブランドの立ち位置として、John Smedley のようなコンサバ感やクラス感はなく、あくまでもカジュアルに、気楽なコーディネイトで活用できるような雰囲気で仕上げています。
構えることなく、デニムや軍パン、ワークパンツ、なんでもこいで楽しむべくニットTシャツです。

comm. arch. – WholeGarment Knitted Tee
col : Grey
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

 

160421a

つづいて SOUTIENCOL、San Francisco でカンクリーニ・リネンの白シャツです。

春夏に外せないシンプルベーシックアイテムの一つ、リネンの白シャツ。
Fuzz では James Mortimer と SOUTIENCOL で鉄壁です。

 

160421d

160421c

160421e

San Francisco は、襟がしっかり立体感がありますので、ジャケットともよく合います。
初夏向けのテーラードジャケットや、先日ご紹介した同じ SOUTIENCOL のベストなどと合わせてみてはいかがでしょう?

SOUTIENCOL – San Francisco *Canclini Linen
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 16,800 (+tax)

 

160420e

こちらは初登場、Moulin Nuef の2枚入りパックTシャツ。

Moulin Nuef はフランスのカットソー専門ファクトリーで、自社ネームで製品をつくっています。
技術の好さとプライスの好さとで、近年日本のインポーターさんが製品を発注しているのですが、こちらは、元々 Armor Lux のパックTシャツを手がけていた商社さんが、Armor Lux の後釜ということで企画を持ち込んで実現したものとなります。

かつて Armor Lux でほとんど同じような感じで販売していたのを覚えているでしょうか。
Fuzz でも数年前に販売したのですが、その展開した翌年には、コストが合わなくなって中止になってしまっていて、それきりとなっていました。

 

160420c

リブ編み、コットンフライスのTシャツ。
フランスでは古くから親しまれ、今でもフランスに多いアイテムです。

ソフトな伸縮をするという理由で、もともとアンダーウェアとしての需要が多い生地です。
ではこれはアンダーウェアかと言えばそういうことでもありませんし、半分くらいはアンダーウェアのような感じもあります。

ともあれ、ゆとりをもたずに着ても圧迫感を感じませんので、つくりは小さめで、タイトめのフィットとなります。

 

160420b

160420a

160420d

どの組み合わせもいいところ突くなという感じで、なかなか魅力的。
迷いますね。

Moulin Neuf – 2 Pack Tee
col : Pin Border Pack / Marine Border Pack / Basic Pack
size : S / M / L
price : 7,400 (+tax)

 

LINEで送る

Cabin Zero – Classic Cabin Bag

160419l

初登場、Cabin Zero のバックパックをご紹介します。

トラベルユースをコンセプトにしたイギリスのバッグですが、機内持ち込み限度ギリギリの大きさのバッグをメインプロダクトにする面白いブランドです。
そして、間違いではないかと一瞬疑うことでしょう、プライスも驚きです。

 

160419a

素材はポリエステルの目の細かいキャンバスです。
頑丈かつ軽量を実現するファブリックです。

 

160419c

160419e

160419b

持ち手が縦向きと横向きにあり、いろいろなシーンが想定されていることがうかがわれます。
内、外のポケットもしっかりしていて、使い勝手も万全でしょう。

 

160419f

背負うとそれなりの大きさになります。
人によりますが、4、5泊の旅行なら余裕ではないかと思います。

とにかく荷物を一つにして、背負えたらありがたいというタイプの旅行はイメージがつくと思います。 そして、飛行機の旅行では、機内持ち込みをして到着後の荷物受取の手間と時間のロスが省けるということになるのです。

もちろん、飛行機でなくとも長期の旅行などでは便利でしょうし、ご家族のある方でしたら家族旅行でも活躍するのではないでしょうか。

Cabin Zero – Classic 44L Ultra Light Cabin Bag
col : Black
price : 8,800 (+tax)

 

160419g

普段づかいもしたい! という声が多く挙がったらしく、後発でリリースされたのが、28リットルと中型くらいに抑えたサイズのモデルです。
こちらは普段のタウンユースでも使える大きさですが、なかなかしっかりした容量です。

 

160419h

160419i

160419k

Cabin Zero – Classic 28L Ultra Light Cabin Bag
col : Black / Grey / Navy
price : 6,800 (+tax)

 

160419j

大きさの比較はこのような感じ。
ポケットなどの仕様は同じです。

 

160419d

もう一つ、トラバルバッグならではの配慮となりますが、OKOBAN というシステムに対応しています。個々のバッグに番号が付いていて、これを OKOBAN のサイトに登録しておくことで、持ち主が特定できるしくみです。
海外旅行などで荷物紛失の際に、手元に戻る可能性を高めようという無料のサービスということです。

https://www.okoban.com/ja/

 

ゴールデンウィークや夏休みのご旅行にいかがでしょう?

今シーズンはバッグの揃えが豊富です。
是非いろいろと物色してみてください!

 

LINEで送る