New Arrivals.

160905h

Charpentier de Vaisseau の新作パンツが入荷しました。
今シーズンの新型モデルとなります、シンプルなコットンのチノパンツです。

 

160905b

1タックが入って太めのシルエット。テーパードシルエットではなく、ストレートシルエットに近く、はっきり太いと言えるシルエットです。

股上は深く、お尻もたっぷりめで、ややもするとオールドファッションなバタくさいパンツですが、このブランドは基本的にギリギリのところをウロウロしていますので驚いてはいけません。

また、今回も実はしっかりいい生地を使っていて、質感と色合い、発色はシルエットの野暮ったさに反してたいへん上品です。
こういったアンバランスとかミスマッチは言わば シャルパンティエの肝の部分でもあり、簡単そうで難しく、難しく考えずに簡単に行けよという、つまりはなかなか掴みにくいブランドなのであります。
僕はシャルパンティエのそんなところが好きです。

 

160905c

160905a

160905d

160905f

160905g

シンプルが基本ですが、そこにひと味、ならではのスパイスを加えるのがシャルパンティエ流。
簡単に着るだけでスタイルにニュアンスが生まれます。

しかし、簡単に着るだけとは言いつつも、やはり “どう着る?” がポイントになると思います。
簡単に着ただけですという態でありながら、実は簡単には真似できないようなスタイルに持ちこみましょう。

 

160905e

Charpentier de Vaisseau – Chino Pants
col : Khaki
size :  1 / 2
price : 13,800 (+tax)

 

160904c

Ordinary fits からは、定番の Barista Shirt、ギンガムチェックが届いています。

 

160904d

ワイドでショートポイントのカラーと、胸の三角フラップが特徴のワークシャツベースのシャツです。
Fuzz ではどちらかと言うとパキッとしたシャツが多い中、Ordinary fits のラフに着れるシャツは貴重な存在です。小さな襟で邪魔に感じにくく、レーンステッチなどのワークディテールでタフなつくりということで、気張らずに着てしまえるシャツと言っていいでしょう。

ギンガム柄なのできれいな感じでも着れて、軍パンなどとのラフな合わせも◎です。

 

160904e

Ordinary fits – Barista Shirt *Gingham Check
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

160904f

それから、先日ご紹介した Ordinary fits のダックのパンツが好評です。
Bare Foot Duck Trouser のサイズ欠けが出ましたので、在庫の問い合わせをしたところ、カーキ色もありますよとのことだったので、ついでにこちらも追加しました。

 

160904b

これからの時期、このパンツに合わせてブーツが履きたくなるような気分でしょうか。

Ordinary fits – Bare Foot Duck Trouser
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

suolo – Kid Leather.

160903h

suolo から新作のバッグが入荷しました。
ミニショルダーのレザーバッグ。定番展開されている Kid のレザーバージョンです。

バッグの新作入荷が続いていますが、どれもこれも違ったタイプなので楽しんでいただけると思います。
suolo もまたインポートブランドに劣らない面白さがあり、かつ国産ならではの配慮もありと、独特のバランスをもったブランドです。普通のバッグブランドとは違ったアプローチをしていますので、このブランドならではと言えるような雰囲気を持ったプロダクトを生み出しています。

 

160903i

プライスは間違っていない?と確認してしまいそうなのに(16,000円+税)、素材は国産の上質カーフレザーを使っています。
もともと定番型を使っているということで、ゼロからつくったわけでなく、ストラップはレザーでなくキャンバスを使っているということもあり、レザーバッグとしては嬉しい水準のプライスにおさまっていて、この点も立派な魅力と言えるでしょう。

 

160903g

160903c

160903d

160903e

レザーはシボが見られるものと、スムースなものと個体差はあります。
全体的にだったり、部分的にだったりしますが、これはレザーの特性としてご理解ください。

 

160903j

160903b

内部の仕様など、変更なくまったく同じになっており、ライニングとしてコットンキャンバスが張られていますが、この外側がインナーポケットになる構造になっています。
本体はスナップで口を閉じることができます。

 

160903l

suolo – Kid Leather
col : Black / Dk.Brown
price : 16,000 (+tax)

 

小荷物街歩き用に、また週末居酒屋バッグとして。2シーズン展開していたキャンバスの方の Kid の好評が既にありますので、このレザータイプも間違いないと思います。
どんな格好にもよく合い、気張らずに使えるレザーバッグとして重宝するはずです。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

(世間話)

ネガティブな往年のカープファンは、熱狂をよそに頬をつねりすぎて顔が変形していると聞きます。
こうなったら黒田で決めてほしいですね。

僕はヤクルトを応援する者ですので、これからが熱い時期になります。
ですけども、熱狂的なファンではないので、プロ野球ファンという立場として、今年はカープに日本一になってほしいなぁと思います。
日本シリーズはともかく、どうにかクライマックスシリーズでやられないようにと願います。ましてや巨人にやられないようにと願います。

サッカーもテニスも面白いし、やはり秋は秋で楽しいですね。

しかし秋と言っても、昨日までは熱帯的な暑さが戻ってきていて嫌な暑さでした。今日は暑いながらもさほど不快ではないですね。
この暑さが肌で感じられる程度にやわらいだその瞬間、“着る” 感覚もいよいよ秋モードに入るような気がします。

ひきつづき、秋の準備を進めていきますので、モードに突入したら是非ご来店ください。

 

LINEで送る

Aiguille.

160902b

Aiguille has BACK !!

前回入荷から3年以上の時間が経ちましたが、めでたく再び店頭に並ぶことになりました、イギリスの Aiguille (アイグーリー)です。
もうほぼ4年前になりますか、輸入代理店の関係で発注ができない状態に陥ったのですが、それまでは Fuzz のこっそり定番として、人目を忍びながら実は大活躍をしていたバッグでした。

ここずっと、シーズンに1人か2人、アイグーリーは入荷しないのかと問い合わせを頂いていましたが、それも無くなってきた頃合いを見計らったかのような復活です。

店頭では普通に使っていただいているお客さんを見かけるので、僕としては常にイメージは鮮明で、忘れることを許されませんでした。

 

160902c

●Aiguille
1998年操業、イギリスのマウンテンギアメーカーです。
多くのイギリスアウトドアメーカーが生産を国外に移している現在でも英国生産にこだわり、高品質・高性能の製品開発に励んでいます。
英国マウンテンレスキューチームと製品の共同開発、並びに製品供給を行うなど、主にプロユースの製品を手がける信頼性の高いメーカーです。

 

イギリスの本格的なアウトドアバッグのメーカーの、タウンユース用バッグということで、つくりや素材はタフだけど、普段づかい用の凝ったディテールは皆目・・・というバッグ。
けれどその潔さのようなものが、なんとなく我々から見てヨーロッパ的な、まったく足し算しないという格好よさを感じさせてくれるのだと思います。

僕としては、これは完全にエルベ・シャプリエと同様な立ち位置で、機能や実用性というよりはスタイルやスタンスを世に示すようなタイプのアイテムだと思っています。
エルベにしても、アイグーリーにしても、装備を載せずにただ澄ましているという印象を受けます。

 

160902d

160902e

けっこう太番手の糸によるしっかりしたナイロンキャンバスが使われています。裏側にはアクリルコーティングがされて、しっかり撥水性を高めています。

久しぶりに見ましたが、これが今の標準装備のファブリックということで、かつてのものより格段に良くなっています。
かつては標準搭載の生地がすごく一般的な普通のナイロン生地であったため、ある時期から代理店さんの方で生地を指定したり、調達したりということもされていました。

生地はしっかりしていて軽い、加えてパーツも含めて重いものは使われていませんので、バッグそのものは非常に軽いです。

 

160902f

160902g

アウトドアメーカーによるプロダクトであるにも関わらず、いざコーディネイトに合わせてみると何故かシティな薫りがするのもこのバッグの不思議な魅力です。
傾向として、もともとシティ・スタイルの層が “外し” としてこのバッグを、ということが多いからかもしれません。

 

160902a

Aiguille – Nylon Back Pack
col : Black / Navy / Olive
price : 16,000 (+tax)

 

憶えている方々、いかがでしょう、久々でしたが変わってなくて何よりでしたね。

どうでしょう、Standard Supply があれば充分!と考えていた人も、エルベ・シャプリエかアイグーリーか、どちらかを所有しなければ、、というところに追い込まれたのではないでしょうか。笑。

 

LINEで送る

D.C.White – Wool Trousers.

160901a

秋冬シーズン向けのウールパンツが入荷しました。
いつもの arbre と思いきや、“D. C. White” という今季スタートの新ブランドとなります。

新ブランドと思いきや、実は arbre さんの別ラインのようなもので、デザインは arbre 同様に石原氏が務めます。

●D.C.White ( ディー・シー・ホワイト)
『“District of Columbia WHITE” コロンビア(コロンブスの地)特別区。大航海時代、コロンブスによる新大陸到達はヨーロッパとアメリカの交流の発端となり、現代の生活に大きな影響を与えることになりました。私達はコロンブスの探求航海に倣いヨーロッパとアメリカのファッションを探求し、融合させたコレクションを理想とします。そして新大陸がコロンビアと呼ばれたように、誠実な物造りを常とする神聖な地、そこを WHITE と名付け、ブランド名を D.C.White として航海をスタートさせました。ブランドマークの帆船は、神聖な地 WHITE を目指し航海をする様を表しています』
大阪を拠点に 2016年スタート。arbre の兄弟のようなブランドです。

 

160901b

新ブランド立ち上げの経緯がやはりありまして、これは生産背景のお話のようです。
話すと長くなりますので簡単に言いますと、一つに、某大手ブランドがものすごい量で国内生産をはじめて、arbre と付き合いのあった縫製工場に大きな影響が出てしまい、これまでのような小回りの利く生産に対応できるかあやしくなってきたということ。
実際、この春夏で別注の話をお願いしていたのですが、工場の問題で実現することができませんでした。(今春夏のarbreの取り扱い品目が少なかったのはそのせい)

二つめに、おおよそ時を同じくして、ヨーロッパの高級ブランドの縫製を請け負っていた中国の工場に空きが出たところを押さえることができたということ。
中国の工場にもピンからキリまであるようで、技術の高い工場もどんどん増え、比例して工賃が上がり、大手ブランドが国内生産に回帰して、国内の工場が混んできた、という一連の循環も一つめの話と深く関係しています。

ということで、花より実をとるというか、逆をとるようなかたちで新ブランドを立ち上げました。
arbre としてではなく、新しいレーベルにしたのは、もしかしたら他にも狙いがあるのかもしれません。
とにかく、当面は国産の生地を中国で縫うというかたちで、パンツを中心に展開するということです。

 

160901g

ということで、やはり定番的なウールのグレーのスラックスは外せません。
arbre の時より一段上のグレードの生地を使っています。

 

160901e

ウールサキソニーという生地は、この手のトラウザーでは定番的なものなので、見たり触れたりしたことはあるかと思います。
やや起毛感のある厚すぎないウール地です。

 

160901c

160901d

シルエットは細身のスリム型。
arbre の後から出てきた細いフィットの方のラインに限りなく近いですが、新たにつくり直したものなので、微妙に違いはあります。

サイズ感としては、微細な違いはありますが、概ね arbre と同じと見てもらって大丈夫です。

D.C.White – Basic Trousers *Wool Saxony
col : Grey
size : 44 / 46 / 48
price : 19,000 (+tax)

 

男子たるもの、無くてはならないグレースラックス。
ジャケパンはもちろんですが、スニーカー合わせ、バスクシャツ合わせ、フレンチワークジャケット合わせ、ミリタリージャケット合わせ、ヴィンテージジャージ合わせ、等々、カジュアルな使い方も強くおすすめしたい普遍的なアイテムです。

 

160901l

160901n

もう一つ、モノトーンチェックのウールフラノ生地もセレクトしました。
かたち同じの生地違いとなります。

 

160901i

160901m

こちらも柄ものとしては使いにくさを感じない、ベーシックの部類に入るトラウザーであると思います。

全身モノトーンのコーディネイトや、プレーンでシンプルなニットやジャケットとシックに合わせるのが恰好よさそうですね。

D.C.White – Basic Trousers *Wool Check
col : Charcoal
size : 44 / 46 / 48
price : 21,000 (+tax)

 

いよいよウール製品も入ってきました。季節的に先々な商品の紹介が続きますが、この時期はしかたありませんね。。
まだカットソーなどもこの後入ってくる予定です。

 
 

LINEで送る

Astorflex – Greenflex.

160812k

Astorflex のデザートブーツをご紹介します。

Fuzzでは初登場、イタリアの信頼できるブランドです。
常に頭にあるものの、なかなか実現してこなかったデザートブーツのセレクトですが、久しぶりに納得できるものを見つけました。

 

160812m

●Astorflex
1816年、イタリア・マントヴァにて創業。現在6代目となる家族経営のシューメーカーです。
ブランドの根底にあるのは2つの哲学です。
一つはエコフレンドリー。ヴェジタブルタンニンのレザーやパラゴムの樹液でつくるナチュラルラバーソールなど、着色剤や溶剤などの化学薬品は一切使用していません。
二つめは、靴をファッションアイテムとしてではなく、あくまで快適に歩くための道具として見る、という考え。良い靴を適正価格でお届けするために、ローカルな職人や工場との信頼関係を重要な要素としています。

 

160812l

レザーの感じ、縫い付け、アウトソール、見た目でしっかりしていることが判り、全体での質感がとてもいいです。
ベジタブルタンニンのアッパーレザーと天然ゴムのクレープソールがアピールポイントになっているのですが、大量生産ではなく丁寧につくられている素材が使われているということが伝わってきます。

ゴテっとした重厚さがありつつも、イタリア靴伝統のフォルムの美しさを備え、よくよく見るとなかなか見ないようなバランスではないでしょうか。

Astorflex – Greenflex
col : Beige
size : 41 / 42 / 43
price : 27,000 (+tax)

 

ドレスシューズ寄りの革靴より疲れず、スタイルとしてはラフに気軽に履けて、スニーカーのようなスポーティな印象のないカジュアルスタイルで威力を発揮するのがデザートブーツ。
ちょっと久しぶりということもあり、真正面からベージュ・スエードが気分ではないでしょうか?

デザートブーツには、多少チープな質感でエッジの利いた若手スタイルがイメージされがちな一面もあるかと思いますが、これなら大人対応というか、しっかりした洋服を身につけている人の足元でバランスを失いません。
デニムスタイル、軍パンスタイルなどを中心に、幅広く活用していただけると思います。

 
 

LINEで送る