suolo – Woodpack.

190203q

suolo の新登場モデル、Woodpack が入荷しました。
なんとも suolo らしい、どこか懐かしいような、不思議な魅力をもったバックパックです。

 

190203f

モデルとしては少し前からスタートしていますが、なかなかの好評を博しているとのこと。
Fuzz としては、STANDARD SUPPLY のバックパックたちと対極に位置していて、いいコントラストになると思っております。
対極というのは、常に、互いの好さを引き立てあうのであります。

 

190203b

suolo らしいのは、やはり一番は天然素材を用いていること。どうしたって化繊素材にはないモノとしての温もりを感じます。
またその素材感にマッチするデザインもブランドのテイストがしっかり反映され、機能性に走りすぎず、また盛りすぎず、適度に抑制の利いたものとなっている点に魅力を感じます。

そして最終的には、『使い込んでいきたい』 と思わせる魅力、これに尽きるように思います。使うことで表情が生まれるのが天然素材ならではの魅力でもありますし、しっかりした素材がくたびれるほど使っているという自分なりの満足感を得られます。これが 『道具』 を愛用する楽しさの本質でもあり、suolo はそういう意味合いでバッグを 『道具』 と捉えているのです。

 

190203p

190203e

190203d

本体が9号キャンバスのバイオウォッシュ、ごつくない厚さなので重さはそれほどでもなし。レザーは存在感のあるしっかりした栃木レザー、ハーネスの裏にはフェルトが充てられています。

素材感が前面に感じられ、全体としてどことなく愛嬌のある無垢な雰囲気が非常に suolo らしいと思います。
他で似たようなもののないオリジナリティがありますので、単純にこの雰囲気が好きかどうか、自分の服装に調和するかどうか、というファッションのところで判断できるように思います。今やバッグも膨大な選択肢がある時代ですから、この独自性、またそれを由来とする潔さと分かりやすさはとても貴重ではないでしょうか。

 

190203i

本体はダブルジップ、開閉の範囲が広いです。

 

190203h

本体へのアクセス口が背面側にも備えられています。

 

190203k

190203l

190203o

190203n

suolo – Woodpack
col : Green / Black
price : 19,000 (+tax)

 

LINEで送る

Fassina Luca – Cotton Knit.

190202h

春の新作入荷です。
初登場となります、イタリアの Fassina Luca のコットンニットが入荷しました。

 

190202i

●Fassina Luca
2014年、北イタリアのヴェネト州パドヴァでスタートしたファクトリーベースのニット専業ブランド。
35年間、同族のニットメーカーで経験を積んだ Fassina Luca 氏によって設立させたました。
座右の銘は、『質』、『情熱』、『権威を守り続ける』。グローバル化により年々枯渇していく国内の工場を横目に Fassina Luca のニットは今もなお、編み機を備えた自社工場で生産されています。

 

190202g

190202d

コットン素材で薄地、春から初夏まで着ていけるウエイト感です。
単色無地ながら、編柄でアクセントがついていますので、デザイン性はしっかり感じることができて、抑制の効いたセンスの好さを感じさせてくれます。
このバランスは柄のシャツとも、無地のシャツとも相性が好いので、着こなし面での使い勝手も好いはず。季節が進めばインにシャツではなく、薄いカットソーを入れて、あるいはこれ一枚で着て、サマーニットとしてもしっくりくると思います。

 

 

190202e

春のコットンニットの存在価値とは、スウェットやカットソーと比較すると、格段に上品であるということが一番でしょう。
また、自社工場を持つファクトリー系のブランドだからこそのプライスもいい感じです。
こういった良心的な海外ローカルブランド、Fuzz は常に狙っています。

 

190202a

Fassina Luca – Cotton Knit
col : Ecru / Navy
size : M / L / XL
price : 12,000 (+tax)

 

かなりコンパクトなサイズ感でしたので、MからXLという展開としました。これでおおよそS・M・Lですが、それでも若干小さめな感覚です。

 

LINEで送る

Vintage – Military Sneaker.

190201c

久しぶりの軍モノ・デッドストックが入荷しました。
こちら初めてになります、フランス軍のトレーニングシューズです。

80年代終わり頃から90年代の頃のスニーカーですが、デザインや仕様、質感などから、その年代の雰囲気を分かりやすくまとっているように思います。

 

190201e

“SPORT” というブランドかのようにストレートなラベルがタンに貼られていることもそうですが、なんとなしにチープ感が漂い、それがそのまま愛嬌になっているように感じます。
『ミリタリーのよくわからないスニーカー』 であり、なんとなく愛嬌があり、どことなくセンスのよさを感じる、というフランスのミリタリーものならではのお品ではないでしょうか。

分かる人もいるかもしれないので一応触れておくと、生産元はフランスmarbot社である可能性が高いとのこと。軍の革靴の方でよく見かけるメーカーです。

 

190201f

190201d

190201g

190201h

190201i

190201a

French Army Trainer (Dead Stock)
size 41 / 42
price : 11,000 (+tax)

 

サイズ感ですが、表記サイズと実質サイズに差があるようです。表記サイズからすると、かなり小さめなつくりとなりますのでご注意ください。
41が25.0cm くらい、42が26.0cm くらいです。

また、このタイミングで Canadian Army Trainer のプライスをダウンしておきました。こちらもデッドストックではあるものの、ものによって黒ずみの汚れが見られたのですが、残りが少なくなってきて汚れのないものが販売されてしまっているという理由です。

 

LINEで送る

New Arrivals.

190111k

M.I.D.A. の新作ステンカラーコートが入荷しました。
オーセンティックなスタイルながら、スタイリッシュな着こなしを志向するスマートなコートです。

 

190110b

190110e

ラグランスリーブで、ディテールなどもオーソドックスですが、シルエットは現代的な細身ラインとなります。Aライン型ではなく、すっとまっすぐ落ちるすっきりフォルムで、前をオープンで着てもばたつかずにスマートに着れるバランスが素晴らしいです。

 

190110c

生地は玉虫調のバーバリークロス、裏地なしの一重仕立て。素材づかいもブランドが重視するこだわりポイントですから、ここも非常に気が利いています。

経糸がコットン糸、緯糸がポリエステル糸、これを高密に打ち込み、薄い感じとしっかりした感じ、そしてハリ感があって、軽い、なおかつストレッチを利かせていますので、着やすい、というもの。玉虫もまったくきつくなく、微かにという具合で上品です。

 

190110j

190110g

190110h

190110i

スプリングコートとして、また秋が少し深まってきた頃なども含めて、広く安心して使いまわせるベーシックなステンカラーコートです。
男のスタンダード・アイテムとしての魅力を感じるコートではないでしょうか。

 

190110a

MIDA – Stien Collar Coat
col : Beige
size : 44 / 46 / 48
price : 43,000 (+tax)

 

190111g

こちらフランスのスカーフ、A PIECE OF CHIC。
フランスらしい雰囲気の、ある種クラシックなシルクのスカーフです。

 

190111c

190111f

感覚的に、そして自由に。
さらりと巻けば、コーディネイトにニュアンス、薫り、、言葉にできない類いのアクセントをもたらします。

 

190111i

190111j

190111h

A PIECE OF CHIC – Silk Scarf
col : Black / Multi / SilverStone Grey
price : 18,000 (+tax)

 

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT.

190109e

SAINT JAMES のウェッソン、新しいシーズンの分が届きました。
新しい季節の訪れを予感させてくれる毎度おなじみの定番アイテムです。

===================

OUESSANT (ウェッソン)は、SAINT JAMES の定番バスクシャツです。
バスクシャツとは、漁師や海兵隊など海の上での仕事に従事する人々がある種のユニフォームとして古くから愛した伝統的なアイテムです。洗ってくたびれても味のある肉厚のコットン地、バスクシャツの象徴であるボートネックに、9分丈くらいの袖。大昔から今に至るまで、質感やかたちをほとんど変えずに多くの人々に愛用されています。

ファッションアイテムとしての楽しみも幅広く、用意された豊富なカラーバリエーションも手伝って、本当にさまざまな着こなしが、年齢性別を問わず、またスタイル層を問わずに楽しまれています。
自分の好きな色を、好きなように着る、そしてボロボロになっても着る、というのがウェッソンの正しい楽しみ方です。

===================

ということで、フレンチアイテムの代表格ともいえるボートネックのカットソー、ただ着るだけでもコーディネイトにちょっとしたニュアンスが生まれます。

 

190109a

まったくの新色、”Natural” は生成りという意味ではないようで、実際は薄ベージュ、しかも杢調です。生成りは元々 “Ecru” という色がありますが、これとは違った色合いとなります。

もう一つが “Aber” というカラーで、湖面の色合いと言ったらいいのか、グリーンがかったブルーというような色合いです。暗めの色ではありますが、不思議ときれいな感じ、爽やかな感じがあります。

白や黒など、再登場カラーと合わせてそれなりの入荷数となりますが、今回もボーダーではなく、無地で攻めております。

 

190109d

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
col : various
price : 10,800 (+tax)

 

今シーズンより、新価格となります。
久しぶりの値上げとなりますが、折からの原料高、人件費高が背景ということです。ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

 

LINEで送る