Montmorency – Classic Easy.

190409r

Montmorency の第3弾、春夏のパンツが出来上がりました。
リネン・コットンの夏向け素材によるアジャスター仕様のイージーパンツとなります。

 

190409q

『ショートパンツはちょっと、、』 というお客さんは意外なほど多く、真夏にも履けるパンツは毎年の課題となっていましたが、今回、Montmorency で切り込むことにしました。

涼しげな素材となると、やはりリネンまっしぐらということになるのですが、パンツでリネンというのは少し気を遣います。
リネン素材の特性上、コットンのような詰まった生地にはなりにくいので(だから通気性が高まるのですが)、本気で涼しいリネンファブリックとなると、どうしても透けが生じてしまい、それを避けようとして厚い生地にしてしまうと、全体的に重たくなってしまう、という問題が生じ、なかなか難しいのです。

そこで出した答えが麻と綿の混紡生地です。
麻の素材感が充分に感じられるよう、そして、ある程度詰まった織りで、薄地になるよう、だいたい半々くらいの混率の生地を集めて精査し、今回のこの生地に決まりました。

 

190409p

シルエットは細からず、太からずの中途半端に、弱めのテーパード。あまり世に無いということで、もっとも需要が無さそうだけど、きっと探している人は居て、強いニーズがあるファズ。

涼しげパンツなのであまりピタピタしていてはうまくない、しかし、あまりダボっとはしたくない、細くないけど美しい、というラインを目指した答えがこれです。
『一見無造作』 という感じが出したい、でも洒落っ気がある、というところがポイントです。

 

190409k

190409l

190409i

190409j

190409f

190409o

トップのボタンを2つにして、股上はやや深め、前はジップフライ、サイドアジャスターのベルトレス仕様、といったディテールで、適度なアクセントがあり、素材感もありますので、簡単に無地Tシャツとも合わせられるような雰囲気になっていると思います。

クラシックなディテールを採用することで、ある種のニュアンスが生まれ、かえってシンプルで無造作なコーディネイトの方が洒落た雰囲気になってくれる、というパンツになったかと思います。

 

190409b

インチサイズで30か31くらいの村田さんに穿いてもらったところ、2でも3でもいけました。
ネイビーが3、ブラックが2を穿いています。
ご本人としても、実際買うとなったらどちらのサイズにするか迷う、とのことです。

 

190409a

大ざっぱなイメージですが、ネイビーは白いシャツやTシャツと、黒はオリーブやブラウンのトップスと、といった感じでいかがでしょう。
夏に関しては、コーディネイトが単調になりがちだから、いかに変化や足し算をしていくか、ではなく、いかに単調なまま微妙なニュアンスをつけてさりげない洒落っ気を出していけるか、というような考え方をしていますので、そんな哲学に則って生み出されたパンツであると言えます。

 

190409c

Montmorency – Classic Easy *Linen Cotton
col : Navy / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 15,000 (+tax)

 

ということで、今回も入魂のプロダクトです。イメージ通りに仕上がり、出来栄えにも充分満足していますので、自信をもっておすすめしたいと思います。
是非お試しください。

 

LINEで送る

James Mortimer – Irish Linen Shirts.

190408i

今年も届きました、James Mortimer のリネンシャツです。
毎春夏シーズンのおなじみ、我らが定番の重要アイテムです。

 

190408h

リネンにもいろいろありますが、世界最高峰と謳われることの多いのがこのアイリッシュリネンです。しっかりした強さを持ちつつ、リネンとしては抜群にしなやかという特徴を持つ、いわゆる高級素材です。

 

190408f

今年もバンドカラー、コンフォートフィットでご用意しています。
もともとバンドカラーのモデルにはコンフォートフィットしか選べないことになっているのですが、どうやら他モデルでもレギュラーフィットの需要が少なく、このコンフォートフィットに集約されていくような流れのようです。
レギュラーフィットが一般より細身な分、このコンフォートフィットの方が一般的なサイズ感に近く、オーバーサイズや目に見えてリラックスフィットであるということはありません。標準的な感覚のサイズ感であると認識してもらって大丈夫です。

 

190408e

速乾性と耐久性の高さという特徴に加え、何より分かりやすく感じられる特徴が、身体から生じる熱気、湿気を逃がし、自然の風が通ってくる通気性の好さです。毎年言っていることですが、これから初夏から真夏、さらに秋にかけて、日本の気候の特徴として湿度が高い日が続くことになります。リネンという素材は、そういった多湿の気候に非常に適していて、リネンシャツ、リネンジャケットといったアイテムは、洒落着としては欠かせないものではなかろうか、と考えています。
Fuzz としては、James Mortimer の アイリッシュリネン、SOUTIENCOL の canclini リネンを2本柱として据え、その他多くのリネンアイテムを備えることにしています。

 

190408g

James Mortimer – Irish Linen Band Collar Shirt *Comfort Fit
col : Pure Grey / Black
size : 36 / 38 / 40
price : 23,000 (+tax)

 

LINEで送る

Hawkwood Mercantile.

190407n

久しぶりの登場となりました、イギリスの Hawkwood Mercantile。新作のシャツジャケット、プルオーバーシャツの入荷です。

まだまだ馴染みが薄いと思いますので、どんなブランドかというのを軽くおさらいしておくと、、
デザイナーは Richard Illingworth。ファブリックとディテールワークに愚直なまでにこだわり、ヴィンテージのミリタリーウェア、アウトドアウェアをベースにしたウェアをつくりあげています。
コツコツと細かいディテールを積み上げることでグッドデザインに昇華するといった手法によって、このブランドならではの、唯一無二の世界観をまとうプロダクトを生み出しています。

 

190407a

Peninsula Overshirt はオーバーシャツという名の通り、シャツジャケットです。
ファブリックはホークウッドの定番素材、English Ventile となり、発夏向けの薄手のものが使われています。
English Ventile とは、元祖であるイギリスのVentile社のベンタイルという意味です。高密織りによって撥水性を高めた、元々軍用につくられたコットン素材の生地となります。
撥水性という部分だけでなく、細番手の綿糸を限界まで度詰めて織った生地は、見た目と質感が上品であることも大きな魅力になっています。

 

190407b

ベースはフィッシング系でしょうか、とにかくアウトドアの薫りのするジャケットで、大きなフラップポケットが目を惹きます。
そして、さらに特徴的なのが、ボタンの付き方。ポケットや袖も含めて全てのボタンがナイロンテープで付けられています。いかにもアウトドアらしい雰囲気のディテールです。

 

190407e

 

190407d

やや大きめのシルエットでしたので、今回はサイズ取りを XS、S、M、ということにしています。

 

190407c

Hawkwood Mercantile – Peninsula Overshirt
col : Natural
size : XS / S / M
price : 25,800 (+tax)

 

190407i

プルオーバーシャツの Rigger Shirt。
胸のペン挿しと斜行したフラップポケットが大きな特徴です。

 

190407h

やや肩をドロップさせたゆったりシルエット、生地は上品な雰囲気のシャンブレーです。
ワークウェア的な粗いシャンブレーではなく、ドレス的シャンブレーというのもポイント。

 

190407g

Hawkwood Mercantile – Rigger Shirt *Chambray
col : Blue
size : XS / S / M
price : 21,800 (+tax)

 

190407k

同じモデルで生地違い、English Ventile のネイビー。
こちらも抜群の雰囲気です。

 

190407j

190407l

Hawkwood Mercantile – Rigger Shirt *Ventile
col : Navy
size : XS / S / M
price : 21,800 (+tax)

 

LINEで送る

John Smedley – Henley Neck Short Sleeve.

190406b

今シーズンの John Smedley はヘンリーネックの半袖をセレクトしました。
春夏はおなじみのシーアイランドコットンを素材とするハイゲージコットンニットになり、直接素肌に着るアイテムもおすすめです。

 

190406a

Vカーディガンやポロシャツなどの基本的な線を外して、ヘンリーネックのニットTシャツをセレクトしたわけですが、なにか新鮮なものを感じます。

そろそろジャケットのインにTシャツを、という感覚も少しずつ見え出したので、まずは最高峰からおすすめしたいと思った次第です。
単体で着るのも当然いいですし、ジャケットからのぞくインナーとしての活用もよさそうだというのはひと目で PIN とくるかと思います。

 

190406c

ヘンリーネックとひと口で言っても、やはり John Smedley はニットですから、一般的なカットソーのヘンリーネックと比べて、ネックのリブと前立てが格段に上品であることが大きな魅力になるかと思います。

このヘンリーネックが適度なアクセントになって、よりシンプルに着れる雰囲気に。コーディネイトの面でも非常に使いやすいポイントになってくれるのではないかと思います。

 

190406g

シンプルでエレガントなスタイルにも、はたまたあえて軍パンなどと合わせてコントラストを効かせるようなコーディネイトもイメージが湧きます。

もちろん、着心地は極上で、着心地が極上だろうなと、見ている方にもよく分かるほどです。

 

190406h

John Smedley – BENNETT
col : Sepal Green / Dark Leather / Black
size : S / M / L
price : 24,000 (+tax)

LINEで送る

SANDERS – Officer Shoe, Cap Toe Oxford.

190405a

SANDERS の Officer Shoe、Cap Toe Oxford の2型が入荷しました。
先日お伝えした Military Derby Shoe と合わせて、今シーズンは3型の入荷となり、全て出揃いました。

 

190405b

Officer Shoe はミリタリーコレクションの一員、Cap Toe Oxford の方はよりドレスシューズ然としたカーフのストレートチップとなります。

 

190405c

こちらOfficer Shoe は、ミリタリーコレクション共通の木型、部材が使われており、外羽プレーントゥのモデルとなります。
『ミリタリーダービーシューとの違いはトゥの部分だけ?』 と訊かれることがありますが、よく見るとこちらは6アイレットで穴数が一つ多いのと、表側に縁の出ない片面アイレットの仕様になっています。

少しの違いと思いきや、以前に展開した際には購買層の違いがはっきりと感じられました。キャップトゥとどちらにしようか、、と一瞬思うかもしれませんが、実際に買うとなったら意外と迷わないと思います。

 

190405d

SANDERS – Officer Shoe
col : Black
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 46,000 (+tax)

 

190405e

こちらは秋冬からはじまったモデルの継続となります。
ビジネス対応強化!の一環で今後継続して展開していこうと思っていましたが、まさかの2シーズンで終了でした。。
先日、次の秋冬の展示会に行きましたら、『終了』 とのことでした。狙っていた人は今シーズンにお買い逃しなく。

 

190405f

しなやかなカーフ素材はミリタリーコレクションのポリッシュレザーに比べて一段繊細です。
内羽根のキャップトゥということで、本格的なビジネスシューズとしてはもちろん、冠婚葬祭すべてに対応できるトラッドシューズとして、手元に置いておきたいタイプの一足ではないかと思います。

SANDERS – Cap Toe Oxford
col : Black
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 39,000 (+tax)

 

LINEで送る