Newlyn Fisherman’s Smock.

180414h

Newlyn Fisherman’s Smock、イギリスのマリン・スモックです。
どちらかというと、飛び道具、でしょうか・・・、クラシックなツール的アイテムをファッションに、ダメなら本当にツールとして、いかがでしょう。

 

180414g

●Newlyn Fisherman’s Smock
1979年、イギリスの Newlyn 地方で操業。主に漁師のためのワークウェアを手がけるファクトリーです。クラシックなスタイルのスモックは、海の仕事だけでなく、ガーデニングや日曜大工など、さまざまな用途で使われています。

 

180414d

ということで、ヨーロッパでは普遍的なスタイルである、フィッシャーマン・スモックです。本来は海軍の作業着がルーツという説もありますが(たしかに素材的にミリタリーな風情です)、フィッシャーマンのイメージの方が強いような気がします。

古着などでもよく見かけるタイプの、ある筋ではポピュラーなもので、胸に切れ込みの入った丸かぶりのシャツというかジャケットというかです。

 

180414c

180414b

180414f

180414e

ポケットは両サイドの真横に付いています。袖付けはきわめて無造作で、アームにもゆったり余裕がとられています。

 

180414i

ボーダーや派手めのカラーのTシャツの上から羽織ると胸元にいい感じでアクセントになるでしょうし、普通にシャツを着てしまうのもよいかもしれません。着こなしにルールはありませんので、正解もありません。ファッションにおいて、ツール系アイテムは別名、腕のみせどころアイテムとも言えるかもしれません。

また、ファッション的アプローチの方は遠慮して、リアル・ツールとして、エプロンのような感覚で、汚れ避けとして使うこともイメージできるかと思います。
ガーデニング、畑仕事、それからバーベキューの時などにかぶってしまうのもなかなかではないでしょうか。

 

180414a

Newlyn Fisherman’s Smock – Cotton Smock
col : Navy
size : S / M / L
price : 6,900 (+tax)

 

いずれにせよ、この場合、イギリスのクラシックなアイテムであることが重要で、それが野暮ったいというのが、せっかくなんだからそれがいいんだよ、となって、よしよし何かで身に着けてやろう、という気にさせられてしまうのは、おそらくこの辺をウロウロするファッション・ゴロツキたちには共通する感覚ではないかと踏んでいます。

 

LINEで送る

New Arrivals.

180411p

HARROW TOWN STORES のリネンジャケットが入荷しています。
徐々に気にする人が増えてきたブランドですが、独特の世界感をもったおもしろいブランドです。

 

180411b

こちらはブランドの定番型のジャケットで、リネン素材というものです。製品染めによって微妙な色合いが生み出せて、質感としても独特なものになっています。

今回、サイズ感で仕様変更があるということで、『少なくともワンサイズは大きくなる』 という事前案内だったので、大事をとって44というサイズのみで発注しました。秋冬はまだしも、春夏のジャケットですので、インに着るのはカットソーか薄地のシャツくらいでしょうから、あまり大きいと困るなと考えたのです。元々丈はしっかりあるジャケットなので。

よくあるのですが、、結果的に、ほとんど変わっていないという事態になっています。ですから、1サイズの展開にしてはやや小さめ、ということになってしまいました。もしかしたら、後染めで想定以上の縮みが出たのかもしれません。。

 

180411j

180411m

軽いリネンのジャケットですので、イメージとしては、カットソーの上から軽く羽織る感じでしょう。野外で陽が強かったり、梅雨時だったり、屋内で冷房が強かったり、という状況で、着たり脱いだりするこの手のジャケットは、春夏シーズン全域にわたって活躍してくれると思います。

おおよそメンズSサイズから、やや小さめのMサイズといったイメージでしょうか。カットソー1枚の上からということであれば、普段Mサイズの人にも普通に着れるくらいです。

 

180411e

180411i

180411k

HARROW TOWN STORES – Linen Jacket
col : Dk.Khaki / Off Black / Marine
size : 44
price : 28,000 (+tax)

 

180412a

こちらは ARMEN の少々趣の不思議なプルオーバーのシャツです。
インド生産で、おそらく生地もインドの織物を使用しているのだと思います。

 

180412c

軽くて薄く、ガーゼ生地のようなふんわり感があり、よく風を通しそうです。インドと言われると東南アジアっぽくも見えますし、日本の浴衣に使われるような生地にも見えると思います。

 

180412b

ドロップショルダーで、ゆったりしたシルエットになりますので、生地感もあいまって、ふんわりと着ていただくようなシャツとなります。

 

180412e

実はこちらもサイズが1サイズとなってしまっています。こちらに関しては3サイズで発注していたのですが、MとLにあたるサイズが NOTHING の事態となってしまいました。おそらく、メンズサイズの発注が Fuzz だけだったのでしょう。
1というサイズは、メンズのS、レディースのMという設定になっています。ですので、女性の方や、奥さま彼女さんへのプレゼントとしてもおすすめです。

ARMEN – Pullover Shirt
col : Navy
size : 1
price : 12,000 (+tax)

 

180413g

久しぶりに SAINT JAMES のモーレが入荷しました。
ウェッソン生地ではなく、ピリアック生地の薄地の天竺コットン、ボートネックの7分袖です。

 

180413f

180413d

180413c

ウェッソン、ピリアックは毎年展開していますが、モーレはかなり久々です。なんとなく自分が着たくなってという単純な理由ですが、営業さんが曰く、根強い人気があるそうです。

ピリアック(半袖)は今年も色数豊富に発注していますが、店頭入荷とここでのご紹介はもう少し先になると思います。

 

180413h

SAINT JAMES – MORLAIX 3/4
col : Navy / Marine*Neige / Noir*Neige
size : T3 / T 4 / T5
price : 8,000 (+tax)

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – Summer Tailored Jacket.

180410l

SOUTIENCOL より、素晴らしい夏向けのテーラードジャケットが入荷しました。

しっかりした大人のサマー・カジュアルを彩る SOUTIENCOL らしい雰囲気です。着るには少し気が早いですが、洒落者は気が早いのも確かでしょう。今年は今時期までに暖かい日が多くありましたので、初夏のイメージが容易に湧くのではないでしょうか。

 

180410m

暑い時期に着るジャケットということで、素材感にしっかりシーズン性が表わされています。楽ちんばかりでなく、きちっと大人のお洒落をしたい、またする必要がある、という人には是非おすすめです。しっかり季節のお洒落をすることで、自身はもちろん周囲にも、かえって清涼感を感じさせるというのが、こういったスタイルの意義かと思います。

堅くないビジネスシーンだったり、リゾートでの軽いドレスアップだったり、いろいろな感覚で活用し、楽しむことができるのはないでしょうか。

 

180410c

まずこちら、爽やかなウール・リネンで千鳥格子。
色合い、素材感、デザイン、すべてが清涼感にあふれる、メンズのサマーカジュアルジャケットの王道的な雰囲気です。シアサッカーやコードレーンなどもそうかもしれませんが、メンズリゾートファッションのクラシックといえるもので、もはや確固たる社会的地位があり、ありきたりとかつまらないを超えた存在として、安心して着ることができるものではないかと思います。

どういうわけかこれが好く感じるな~、となってきたら、それは大人になった証なのかもしれません。

 

180410b

薄地でサラサラの生地感で、通気性も間違いありません。
また、色合いも青味が強くないので、コーディネイトでのインパクトは少なく、すっとなじむのでないかと思います。

 

180410d

180410a

アイビーがバックボーンになっている SOUTIENCOL のジャケットは、やはりカジュアルで着やすいバランスです。こちらはいわゆる 『1型』 と呼ばれるアイビーの基本的なテーラードジャケットのスタイルとなり、ナチュラルショルダー、段返り3つボタンといったディテールが見られます。
今回はそれ以上のディテールやデザインを積まずに、味つけとしては、さっぱりとしたクリーンな印象でまとめられている印象です。

 

180410e

SOUTIENCOL – Summer Tailored Jacket *Houndstooth
col : Sax Blue
size : 1 / 2 / 3
price : 39,000 (+tax)

 

180410k

つづいては、ネイビーベースのストライプ、こちらは 『しじら織り』 という日本の伝統的な織物です。

 

180410j

しじら織りは、徳島の伝統工芸ということで、特殊な技法が駆使された春夏向けの生地です。
経糸の張力差を利用してシボを生み出し、湯にくぐらせて鮮やかなシボを浮き上がらせるというもので、やはり生地に凹凸をつけて、肌への接地面を減らすという理屈です。

シアサッカーなどと同じ感覚で、生地の波打ちがあり、さらさらとした触感になります。さらにコットン素材なので、吸水性もあり、また強度もあり、ということです。

生地厚はしっかり薄く、やや歪んだやわらかなストライプもいい感じです。

 

180410g

180410i

この場合、シャープなストライプでは堅苦しくなるので、いい具合のテンションになっているかと思います。
濃色で安心感がありつつも、やはり爽やさ、清涼感はしっかり備わったいいジャケットです。

 

180410h

SOUTIENCOL – Summer Tailored Jacket *Stripe
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 39,000 (+tax)

 

LINEで送る

James Mortimer – Irish Linen Shirts.

180409n

James Mortimer のリネンシャツが入荷しました。
Fuzz では春夏シーズンの重要アイテムとしておなじみ。James Mortimer の春夏と言えば、アイリッシュリネンのシャツです。

 

180409m

例年ボタンダウンでの展開を定番としてきて、かなり長くなりました。今年は久しぶりの変化をということで、ボタンダウン以外でご用意しました。

バンドカラーでコンフォートフィット、これがホワイト、ブラック、ネイビーの3色、レギュラーカラーでレギュラーシルエット、これがネイビー1色、という4種を選んでみました。

 

180409o

リネンのなかでも最高峰と謳われるアイリッシュリネンを素材とする生地を、余計なことをせずに、しっかりした仕立てでシンプルに楽しもうという大人のシャツです。

リネンの良し悪しを言葉で表すのはなかなか難しく、ありがちな文句を並べるだけになってしまうので、ここは実際に見て触れることで認識してしていただくのが一番です。単純に廉価なリネンシャツと比べていただければ話が早いでしょう。

 

180409q

リネンとは、コットンより繊維が大きく硬い分、肌触りの部分では譲りますが、その分生地にしたときに丈夫で、通気性が高く、速乾性に優れます。
日本の湿度の高い季節には最適と言え、また強い日ざしから肌を守るという意味でも、暑く、湿った時期には特にありがたい存在となることは間違いありません。

 

180409r

バンドカラーのモデルはもともとコンフォートフィットのみの展開となっています。
コンフォートフィットといっても、James Mortimer のシャツは基本が細身なので、ゆったり感を強く感じるほどではありません。レギュラーフィットと比べて、ちょうど1サイズ分くらい、胸まわりがゆるくつくられていると思ってください。

 

180409e

180409k

James Mortimer – Irish Linen Band Collar Shirt *Comfort Fit
col : White / Navy / Black
size : 36 / 38 / 40
price : 22,000 (+tax)

 

180409a

レギュラーカラーは、ややワイド気味で、小さめ。小気味よく、さっぱりした印象です。
こちらはレギュラーフィットになっていて、胸まわりは一般的なブランドと比べて、やや細身での設定となっています。
細身の人や、きれいなジャケットとピシッとコンパクトに着たい人におすすめです。

 

180409b

James Mortimer – Irish Linen Regular Collar Shirt *Regular Fit
col : Navy
size : 36 / 38 / 40
price : 22,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180408b

FLAMAND のポケットTシャツが入荷しました。
クルーネックでミディアムフィットのベーシックアイテムとなります。

 

180408a

こちらは Pyjama Clothing から引き継いだいくつかのベーシックモデルの一つとなります。Fuzz でも定番アイテムとして引き継いでいきたいと思います。

 

180408k

特に何の変哲もないふつうのポケットTシャツですので、生地のクオリティと感覚のようなものが好きかどうかだけが問題になると思います。
『ピジャマ・クオリティ』 に馴染み、信頼を置いている人には説明は不要かと思いますが、初めての人に何の変哲もないのに何が魅力なのか、と問われたら、エジプト綿を素材とするやや薄くてスムースな生地は肌触りが好く、発色も非常に上品です、と答えます。
生地の雰囲気は、ゴワゴワした厚地のアメリカンTシャツと対極を為すと言っていいでしょう。

 

180408d

180408j

180408e

180408h

Pyjama 時代とほとんど変わっていませんが、かすかにサイズ感が大きくなっているようで、ややゆったりしたということになります。とは言っても、サイズの調整はそれなりに行われていたので、昨年と比べて、ということになりますが。

FLAMAND – Crew Neck Pocket Short Slv.
col : White / Cafe / Grey / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 6,000 (+tax)

 

180407a

BASISBROEK からは新作の春夏向けパンツの入荷です。
織りによって微かに見えるストライプのストレッチサマーウールの生地に惚れて、同じ生地で2モデルをセレクトしてきました。

 

180407e

光のあたり具合でストライプの見え方が異なりますが、遠目ではほとんど分からないようなものです。単色のようで柄があるというのは、ほとんど例外なく上品な雰囲気をもっていますので、我らの大好物です。

 

180407f

Stad というモデルは、おそらく Senne というモデルの後継でしょう。
全体としてはすっきり型のテーパードシルエットですが、股上を多めにとり、股まわりに少々のもたつきをつくって、穿いている感覚はゆるいです。膝から下をすっきりさせることによって、シルエットとしては細身でさっぱりしたものになっています。

 

180407g

BASISBROEK – Stad
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

 

180407c

こちらは3年連続3度目の出場、Bravo。
サルエルパンツまではいかないけれど、そのニュアンスがあるような、ちょっと変わったシルエットです。

股まわりに大きくゆとりをとって、裾に向かって急なテーパードをかけています。毎度言っていますが、生地感もあいまって、なんとなくモードっぽい雰囲気です。

モードっぽいというのは具体的にはどんなか、というのをあえて置いておくのは、共通認識でぼんやりしたものである、ということこそ、モードっぽいことの本質のような気がしているからであります。

 

180407d

BASISBROEK – Bravo
col : Navy
size : 3
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る