Le Laboureur – Classic French Jacket.

191003c

久しぶりになってしまいましたが、Le Laboureur のワークジャケットが入荷しております。
定番のモールスキンで、インクブルーとブラック、クラシックアイテムです。

 

191003a

昨日の Monument by Yarmo と同じく、本来的に非ファッションアイテムです。ラブルールも単純にリアルなワークジャケットとして、同じものをひたすらに、そう、拍手を贈りたくなるほど、ひたすらに同じものを同じようにつくっているメーカーです。

ラブルールは多少の生地のバリエーションを持っていますので、ややファッション性も感じさせはしますが、基本的には、ワークと、実はハンティングなども手がけているのですが、いずれにしても道具としての服を提供するメーカーです。

ですから、まったくのこちらの勝手な意思で、ファッションアイテムと解釈して着てしまうというものです。元来のまず用途や目的ありきで服がつくられ、着ていた時代に思いを馳せ、敬意を払いながら、街でお洒落着に昇華させていこうという試みです。

 

191003b

Fuzz では長い付き合いになるフレンチワークジャケット。ファズスタイルとか制服とか言うつもりはまったくありませんが、このジャケットをどう着るか?というのは、隠れテーマのようなかたちで常に裏側に置いておきたいと思っています。

ポケットがたくさん付いているし、生地も縫製も頑丈だし、汚れても気にならないタイプのジャケットだし、ということで、休日のお父さんジャケットにするのも一つのかたち。もしくは飲みに出かける時に羽織る、『飲んだくれジャケット』。

きれいなシャツやタートルネックにスラックスを穿いて、渋めのブーツなど履いて、最後の外しにこのジャケットを着て、というのもまた一つのかたち。タイドアップしたり、スカーフなど巻いてみたり、あえてコントラストをはっきりさせてみると、ファッションにおける意外性という部分に魅力を感じることができます。

 

161105c

今回、インクブルーの方はコットン100、ブラックの方はポリエステル混紡(コットン67/ポリ33)の現代的モールスキン生地となっています。ブラックの方がわずかに厚みがあり、ポリエステルが入っている分、退色が遅く、さらに頑丈という特性があります。現在のワークウェア的にはこちらがメインに使われているそうですが、見た目や風合いとしてはほとんど違いはないかと思います。

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Navy / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 21,800 (+tax)

 

LINEで送る

Monument by Yarmo.

191001j

初登場、Monument by Yarmo のワークウェアをご紹介します。

おなじみイギリスの Yarmo が手がける、いわゆる 『リアルワークウェア』 の現行アイテムです。非ファッションアイテムであり、道具としてのウェアであるところの、イギリスの作業着。

 

191001a

●Monument by Yarmo
イギリスのワークウェアブランド Yarmo の現行リアル・ワークウェアレーベル。
Yarmo の直営ショップでインラインとして店頭に並ぶワーカーのためのウェアです。

– – – – – – – – – – –

Yarmo というメーカーは、今もイギリスのワークウェアのメーカーであり、また同時に直営の店舗も運営しています。直営の店舗というのは、もちろんファッション目的のお客をターゲットにしたものではなく、作業着や仕事上のユニフォームなどを販売するお店です。

この Monument というレーベルは、自らつくり、自ら販売している、お店の定番ラインナップとして店頭に並べられている製品です。
Fuzz でもおなじみのドライバーズジャケットやドンキーコートなど、ファッションブランドとしての顔も持っていますが、そもそもはこういった素朴なワークウェアをつくるメーカーであることは、なんとなく知っているけど忘れていたというところかと思います。

ヨーロッパの古着をルーツとする Fuzz としては、まだ、こういうアイテムを見るとスルーできない体質のようで、やめておけ、そんなに簡単ではないぞ、という心の声を聞きながらも、どうしても発注してしまうのです。

感覚としては、デッドストックを見つけてしまったような感じです。
伝統的なヨーロッパのワークアイテムの、現行品なんだけど、でも昔からずっと変わらずにあるもの。ほとんど同じものなのに、どういうわけか古ければ古いほど高価になっていくという魅惑の世界。。

ということで、古着的感覚で、おもしろがって着る類いのアイテムでしょう。古くないので、ブリティッシュワークの未使用なのにそれほどは高価ではないです。笑。
こう着る、どう着るで楽しむ、あるいは 『こういうシーンでこれ着たらいいかも』 という実際的道具として楽しむ、というスタンスで気軽に楽しんでいただけたらと思います。

 

191001b

コットンドリルのレギュラーカラー、プルオーバーのロングシャツ。
シャツとしては厚地でしっかりの生地に、無造作に長い着丈のかぶりのシャツです。

 

191001c

Monument by Yarmo – Pullover Long Shirt
col : Khaki
size : S / M / L
price : 14,800 (+tax)

 

191001h

ヨーロピアン、海のワークウェア、ネイビーのスモック。伝統のアイテムです。
しっかり厚地のダック生地で、縦寸横寸がせめぎあうボックスシルエット。アームもしっかり太く、非スタイリッシュゆえのかわいらしさが漂います。

 

191001f

Monument by Yarmo – Marine Work Smock
col : Khaki
size : S / M / L
price : 14,800 (+tax)

 

LINEで送る

Candidum – Jackets, Pants.

190920x

Candidum の新作テーラードジャケット、トラウザーが入荷しました。
日中はまだ暑いですが、、しかし、いよいよ10月に入ったということで、秋物入荷をさらに一段、本格的に進めていきたいと思います。

 

190920w

定型のテーラードジャケットと、トラウザー。秋冬らしいウールとコーデュロイです。
今回も共地で上下揃いますので、セットアップでも活用していただけます。
もちろん、それぞれ単体でも充分魅力的です。

 

190920d

コーデュロイはダークブラウンを選びました。
大人のブラウン、大人のコーデュロイ。落ち着いていて渋さが光ります。

しっかりした地厚で細めの畝、一般的なコーデュロイ生地ですが、少々ストレッチが利いていて、ジャストで着てもストレスは小さいです。

 

190920a

Candidum – Tailored Jacket *Corduroy
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 36,000 (+tax)

 

190920f

パンツは裾がダブルで始末されています。細身と言っていい太さですが、パチッとした細さではありません。膝下の絞りはやや緩めと言っていいくらいです。

 

190920g

Candidum – Double Trouser *Corduroy
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 18,000 (+tax)

 

190920h

こちらウールのホームスパン。ツイードとは厳密には違うのですが、だいたい似たようなものです。ハリスツイードのような野趣がウリではなく、もう少しソフトで上品です。
グレーとブラウン、2色でご用意しました。

 

190920o

さほどの地厚ではなく、軽くて柔らかいので、着やすさがあります。毛織物ならではの素朴でクラシックな雰囲気がありつつ、またならではのエレガントさも感じられ、服好きがじっとしていられない類いの服地であることは確かでしょう。

 

190920k

190920r

コーデュロイの方もそうですが、昨年好評だったウールのピンヘッドのジャケットとまったく同じ型でつくられています。
きわめてシンプルな仕様ですが、段返りを深くすることによりVゾーンをやや深めにして、ラペルの折り返しをややソフトにして、全体的なやわらかさを演出しています。このあたりの最後の味つけがこのブランドの風味のようなものを表していて、やはりベーシックなアイテムでも何か違いを感じるな、という要因になる部分かと思います。
つまりは、スーツ屋さんのスーツと明らかな一線を画する部分でもあるのでしょう。

 

190920j

Candidum – Tailored Jacket *Homespun
col : Navy
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 38,000 (+tax)

 

190920s

190920m

同じ生地のトラウザー。前述コーデュロイと、昨年のピンヘッドは裾がはじめからダブルでしたが、今季このホームスパンの方は未始末で振らしてあります。
かたちとしては基本的には同じということですが、実寸値で見ると裾幅が少しだけ広いようです。D.C.White より膝下の絞りが緩く、細めのシルエットではありますが、クラシック寄りのバランスとなっています。

 

190920v

 

190920n

裾の始末が自由ということも後押しして、このパンツ単体でも、かなり使い勝手がよいのでは、と思います。

 

190920t

Candidum – Basic Trouser *Homespun
col : Navy
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 20,000 (+tax)

 

LINEで送る

ROYALTIES – Cotton Socks.

190919b

ROYALTIES の新作ソックスが入荷しました。

フランスらしい色柄のセンスが光り、またクオリティも信頼できる安心のソックスです。秋冬のコレクションの中からピックアップしてきましたので、コットンでもやや厚地、柄や色合いも暖かさが感じられるものとなっています。

 

190919a

秋冬となると、ウールは温かくていいですし、コットンでもがつんと厚地のものも沢山ありますが、シューズに対する干渉もほとんどなく、安心して一定期間使えるという意味で、やはり年間を通じての基本は中厚のコットンかと思います。

ファッションブランドとしてのソックス専門ブランドは国内外それなりにありますが、ROYALTIES のコットンソックスは、デザインを見ても、品質を見ても手が込んでいて、一段上を行っているように思います。

 

190919c

ROYALTIES – Cotton Socks *Cable

col : Natural / Bordeaux
price : 2,800 (+tax)

 

190919f

ROYALTIES – Cotton Socks *Mix Border
col : Mustard / Indigo
price : 2,800 (+tax)

 

190919i

ROYALTIES – Cotton Socks *Mix Border
col : Mustard / Indigo
price : 2,800 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

いよいよ消費税が10%になりました。
Fuzz のオンラインショップのシステムでは、ポンと税率の設定を変えれば全てのプライスがバシっと変わる、というものではなく、手作業で変更していかなくてはなりません。今日から価格表示とカートの設定変更を進めていますが、全て終えるまでにはちょっと日数がかかってしまいます。
ということで、ここから数日間は、通販でお買いものをする際、8%のままになっているものがありましたら、ページの更新(再読み込み)をしていただけると間違いないかと思います。もちろん、それで変わらなくても、そのままご注文いただいて何の問題もありません。その時に表示されている価格が正式なものとなります。

店頭については、だいたいが 『定価+tax』 という表示なので、ほとんど問題になりません。オンラインショップの方で直せてないものは、『8%でいいですよ』 ということにしたいと思います。

宜しくお願い申し上げます。

LINEで送る

New Arrivals.

190911

秋冬新作入荷も本格化してきました。
まずは HARROW TOWN STORES のコートからご紹介します。

 

190911b

厚手コットンのオーバーサイズのコートです。
がばっとかなり大きいサイズで、イマドキのオーバーサイズかと思いきや、着てみるとやはりHTS らしい独特のニュアンスを備え、何か一般とは違う、50年代とか40年代とかの薫りがほんのりと漂っているような、不思議な雰囲気を備えています。

だいぶオーバーなバランスですが、計算し尽してか、偶然なのか、これがえもいわれぬ格好よさを感じさせてくれます。

 

190912a

190911c

生地はコットンダック。厚地のしっかりしたものですが、製品染めによる染色なので、見た目ほどのごわつきはなく、腰はありつつも柔らかさがあります。

 

190911d

デザインそのものはオーソドックスということもあり、なかなかマネキンの写真で伝わりにくいですが、かなり大きいサイズをがさっと着る感じになります。
好き嫌いがはっきり分かれると思いますが、他にはない独自の魅力のあるコートですので、嫌い以外の人には是非試していただきたいです。

 

190911f

HARROW TOWN STORES – Cotton Over Coat
col : Coconut Brown / Black
size : 44 / 46
price : 36,000 (+tax)

 

190914b

BASISBROEK の新作コート。
こちらもならではの独特な世界観をもったブランドですので、他にない感じとなっています。

 

190914a

一見するとオーソドックスなきれいなステンカラーコートですが、ドロップショルダーで、かなりボリュームのあるシルエットです。ゆったりオーバーサイズですが、上品なバランスで仕上げられ、さほどのアクの強さは感じません。

 

190914c

 

190914i

ボタンが少なく、襟まわりも実は独特。袖口にドローコードが仕込んであったりと、実際はカジュアルなコートであることが分かります。

 

190914f

190914j

生地も凝っていて、細糸の高密織りでナチュラルな光沢があり、かつ天然素材ならではのしなやかさを備えたグッドファブリックです。

クラシックでエレガントな雰囲気、でも着てみると気軽なカジュアル感でとっつきやすい、という感じのコートです。いい具合に遊びがあり、オーソドックスなコートではつまらないかな、という方々におすすめです。

 

190914k

190914l

BASISBROEK – Espeler
col : Khaki / Black Brown
size : 2 / 3
price : 30,000 (+tax)

190918g

ブランド定番のパンツ、Bravo。
今シーズンはウール系のきれいめファブリックです。

 

190918b

股上が深くお尻が落ちて、膝下からキュッと細くなっているという独特なシルエットが特徴です。
生地感と相まって、なんとなくモードな雰囲気。

 

190918d

ウエストはゴムとコードのベルトレスです。完全にイージーパンツの仕様で、楽ちんであることも魅力です。

 

190918a

生地は厚手のウールではなく、普通の厚さなので、真冬だけという感じではなく、広いシーズンで使っていただけます。

190918e

BASISBROEK – Bravo
col : Black / Black Check
size : 3
price : 18,000 (+tax)

 

190912k

最後は FUJITO の Half Zip Shirt。
生地を変えてここ数シーズンたてつづけに登場していますが、今季はコーデュロイとなります。その手があったか、という感じです。

 

190912i

190912c

一応シャツとしてつくられたモデルですが、中厚のコーデュロイを使うと、ゆったりシルエットと相まって、かぶりのジャケットのような様相を呈します。
なので、シャツの上から着たり、タートルネックのカットソーと合わせたり、着合わせの幅はかなり広がるのではないかと思います。

 

190912d

無造作とも思えるボックスシルエットは、極端にオーバーサイズというわけではなく、『微妙に大きい』 くらいの設定です。80年代頃のシャツのように、アームホールもゆるめにつくられています。

着てみると、すごく品のあるスモック、というような印象も受けました。

 

190912f

FUJITO – Half Zip Shirt
col : Brown / Navy
size : 1 / 2
price : 26,000 (+tax)

 

LINEで送る