kearny – bill.

181206a

kearny の新作モデル、bill が入荷しました。

今回も “1955 collection” のシリーズでの新作となります。このシリーズは、チタンをセルロイドで挟みこんだ 『ダブルリム』 という特殊な技術が使われ、非常に奥行きのある雰囲気になることが特徴です。

 

181206g

“1955 collection”
1955年、アメリカで可燃物質規正法が成立し、全米にセルロイドの輸出が禁止されました。これにより、世界中でセルロイドを素材とする製品が急速に減少、産業は急縮し、現在に至ります。
セルロイドという素材に魅せられて眼鏡づくりをはじめたデザイナー熊谷氏にとって、1955年とは重要な意味を持っていると捉え、1955年に何があったのかを調査し、そこから浮かび上がってきたことからコレクションをつくりあげました。

 

181206d

そういったアプローチから実際にどうプロダクトに反映するかというと、1955年に関わりがある人物をクローズアップして、その人物から連想してカタチにする、ということになります。

前回ご紹介したモデルが albert、これがアルベルト・アインシュタインでしたが、今回の bill とは、、

こちら、1955年生まれ、ビル・ゲイツでございます。
ビル・ゲイツとお洒落の距離を考えるに、なかなか乖離しているように感じますが、そういう考え方ではありません。
実際はデザイナーさんも気にはしていました。「ビル・ゲイツは言わない方がいいかもしれないですね(笑)」 と。

 

181206h

やや小ぶりなスクエア型。ダブルリムによって、神経質だったり、お堅い印象が強くなりがちなスクエアも、洒落たインテリという雰囲気に様変わりしていると思います。

クールで都会的なインテリ感はそのままに、kearny ならではの味わいがうまく加わっているのではないでしょうか。

 

181206c

181206f

181206b

kearny – bill
col : Black*Silver
price : 39,000 (+tax)

 

170605b

太縁眼鏡の peter も再入荷しています。

170605s

kearny – peter
col : Black
price : 30,000 (+tax)

 

LINEで送る

Arts & Crafts – 2 Way Grosery Tote.

181203a

Arts & Crafts より、バッグの新入荷です。
ブランド定番のコットンキャンバスのシリーズより、2 Way Grosery Tote というシンプルで渋い雰囲気のバッグをセレクトしました。

 

181203b

181203c

斜め掛けもできる2WAYのスタイルで、コットンキャンバス。味わい深いレザーパーツをあしらい、非常に落ち着いた、大人な雰囲気のキャンバスバッグと言えると思います。

 

181203d

風合いの好いキャンバス地は古い織機で織られた岡山産の生地です。これに天然素材のみで染色するというのがこのシリーズのコンセプトとなっていて、染めムラも含めて、非常にナチュラルなテイストで仕上がり、それがそのまま魅力となっています。

オリーブカラーの方は、ミモザから抽出されるタンニンで染め、鉄と銅の金属と反応させて色を定着させるということです。

 

181203e

ブラックの方は泥染めです。泥染めはインディゴ染めと同様、色落ちがありますので、デニムと同じ感覚で取り扱いに注意してください。

レザーはアメリカのホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用するという本格派。全体に質感として味わい深さと重厚感が感じられるものとなっています。
ただ、見た目の重厚感に比して、実際持ってみると意外に軽いです。9号はごついキャンバスではなく軽量ですので、バッグそのものが重くなってしまわないというところがこのモデルのいいところでもあると思います。

 

181203i

シンプルなつくりですが、キャンバスバッグはそこがいいところでもあります。
内部の吊りポケットは二重のつくりになっていて、シンプルなりにも誠実なつくりであることがうかがえます。

 

181203j

181203g

落ち着いたルックスで、重厚感もしっかりありますので、全体的に重たくなる冬のコーディネイトにもすんなりと溶けこむはず。

化繊の機能性の高さは大きな魅力ですが、なんとなく天然素材のバッグでないと違和感が出てしまうコーディネイトもあるかと思いますので、そんな時にはこのバッグがおすすめです。

 

181203h

Arts & Crafts – 2 Way Grosery Tote
col : Olive / Black
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

181205i

冬小物も最終段階となってきました。
こちら、スコットランドのウール小物をつくるファクトリーブランド、Glen Gordon のベレー帽。ジーロンラムのウールとアンゴラのミックスという素材で、質感も印象も非常にやわらかです。

 

181205f

181205g

ニットベレーということもあり、素材そのもののやわらかさもあり、質感は非常にソフトです。表面を起毛させているのでフェルトのようにも見えますが、フェルトよりも軽さがあります。

 

181205e

181205b

181205c

181205a

181205h

Glen Gordon – Geelongora Beret
col : Black / Dk.Browm
size : Free
price : 7,000 (+tax)

 

 

181204e

こちらは定番として継続しています、Highland Tweeds のラムウールのマフラーです。
クラシックなタータンチェックで、サイズもだいたい標準的なものとなっており、”ザ・マフラー” といったアイテムです。
色柄多彩ですので、このアウターを着るときのこの色目が欲しい、などといったピンポイントで狙うのもいいと思います。

 

181204a

181204h

181204j

181204g

181204d

Highland Tweeds – Wool Muffler
col : various
price : 3,900 (+tax)

 

LINEで送る

Black Sheep.

181201n

Black Sheep のウールニットアイテムが今年も入荷しました。
Fuzz ではおなじみ、冬の恒例となっていて、12月に入ると Black Sheep を店頭に並べることにしています。
東京あたりでは、ちょうど実際の肌感覚で冬を感じはじめるのもこのくらいの時期になりますから、ああ、いよいよそういう時期になったかと、僕などは毎年同じことを思うわけであります。
 

181201o

Fuzz オフィシャルの説明文。

======================

『ブラックシープ』 とは、実際に生息する羊の品種の名前です。
その名の通り黒い毛を持ち、標高の高い山地に生息しているそうです。寒いところに住んでいる羊の毛だから温かいだろう、というところが説得力の部分です。

また、極力脱脂を控えめにしたピュアウールの状態で製品にしており、いかにもイギリスのトラディショナルな防寒用ニット製品といった趣が感じられる品々です。

======================

 

181201d

今年の新ネタは、ニットのハットです。
クラシックな風情で、イギリスの OYAJI が適当にかぶっていそうな雰囲気。ニットなのでサイズもシビアではなく、バッグに突っ込んでおける手軽さも魅力ではないでしょうか。

 

181201h

181201i

181201b

Black Sheep – Knit Hat
col : Navy / Brown / Black
price : 5,300 (+tax)

 

181201l

恒例のローゲージマフラー。
もっともブラックシープらしいアイテムではないでしょうか。

181201k

Black Sheep – Wool Muffler Low Gauge
col : Grey Twist / Twist / Moss Green
price : 6,500 (+tax)

 

181201m

こちらも恒例、指貫きのニットグローブ。

Black Sheep – Open Finger Knit Groves
col : Natural / Charcoal / Grey Twist / Twist
price : 2,400 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

移転の影響で、入荷案内やオンラインショップの更新が遅れていましたが、急いで急いで、ここへきてめでたく例年のペースに追いつきました。
おめでとうございます、ありがとうございます。

先月下旬から12月に入ってここまで、なかなか寒くならないですが、真冬の足音は聞こえてきたようです。既に揃え終えたという人もちらほら出ていますが、冬の最終、気合いの入ったお買いものを期待しています!

 

LINEで送る

Arts & Crafts – Flat Shoulder S.

181202a

Arts & Crafts より新作バッグの登場です。
Ceremony Pouch が進化して、ショルダーバッグとしても使えたら便利であろうと、工夫を凝らしたプロダクトになりました。
実用的で、高級感があって、非常に魅力的です。

 

181202f

181202d

レザー好きにはたまらないイタリア製のシボ革を使用。
ライニング、内装のポケットを排することでコストダウンを敢行し、基本のつくりもシンプルなものになっています。

内側はキーホルダー用の小さなホルダーが備わるのみで、外側に定期入れ用のミニポケットが備わります。

 

181202c

181202b

181202i

181202j

ファスナーは riri 、ここは妥協しません。

 

181202k

181202l

今回の工夫というのは、ストラップの使い方です。
長さの違う2本が付属され、何通りかの違った使い方を実現しております。

 

181202g

短い方で輪をつくってポーチやクラッチで、短い方で片肩掛け、長い方でななめ掛け、2本つなげて、、、といった具合です。

Ceremony Pouch の存在理由だった、冠婚葬祭でのドレス用ミニバッグとしての役割もしっかり継承しつつ、サコシュのようなミニショルダーでもいけると。
短い方のストラップで両端を繋ぐ使い方では、女性ならドレス的な使い方ができると思います。

 

181202m

さすが Arts & Crafts、質感の好さ、使い勝手の好さ共に間違いありません。
年間を通じて活躍してくれるのではないでしょうか。

 

181202n

Arts & Crafts – Flat Shoulder S
col : Black / Choco
price : 21,000 (+tax)

 

LINEで送る