James Lock – Muirfield.

160515n

James Lock のキャスケット、今季分が入荷してきました。

今回はちょっとトラブルがありまして、発注していた分と内容が違って入荷してきました。
店頭やメールでのお問い合わせの際にご説明した内容と違ってしまった部分がありますので、恐縮ですが実際に入荷した商品をご覧になって改めて内容をご確認ください。

 

160515a

今季分も Muirfield というキャスケットのモデルです。
春夏向けの製品は、内側がメッシュの仕様になっています。

 

160515d

160515b

シルクヘリンボーン。
シルク100%でヘリンボーンツイードのファブリックとなります。

ウールツイードのようなふんわり感や毛羽立ちが無く、シルク特有のドライな質感にネップ感のある素材。さらに実際にネップも散りばめられていて、変化のあるネップツイードになっています。
ブリティッシュ・トラッドな風情を春夏期にも楽しめるグレイトなファブリックです。

James Lock – Muirfield *Silk Herringbone
col : Lt.Grey
size : 57cm / 58cm / 59cm
price : 18,000 (+tax)

実はこのモデルを色違いで発注していたのですが、生産段階でのトラブルがあったということで、この1色だけになってしまいました。

 

160515g

160515f

こちらはリネン100%のストライプ柄ファブリック。
ヒッコリーのような雰囲気ですが、こちらもイギリス的な薫りがしっかりあると思います。

“Masters of Linen” という品質の保証をする商標の付いた上質のリネンファブリックとなります。

James Lock – Muirfield *Linen Stripe
col : Navy*Beige
size : 57cm / 58cm / 59cm
price : 18,000 (+tax)

 

160515j

160515i

こちらも初登場の生地で、素材はコットン。バーズアイのような編み柄があって、これが織地でなく編地となり、柔らかな生地感となります。

地味だけどしっかり雰囲気があり、コーディネイトに取り入れやすい感じではないでしょうか。

James Lock – Muirfield *Cotton
col : Black
size : 57cm / 58cm / 59cm
price : 17,000 (+tax)

 

160515l

160515m

Fuzz では定番扱いということにしようと思います、継続のコットンブラック。実際はインクとかスミクロという感じの色合いです。

ハリ感のある生地で、味わいのある質感です。クセがなく、コーディネイトへの取り入れやすさはかなりのものです。
これは僕も所有していますが、既に何度も水洗いをしています。水を通すとまた表層が波を打って使用感が増し、独特の風合いがいい感じで出てきます。

定番と言うことで、サイズ展開も幅広くご用意しました。

James Lock – Muirfield *Cotton
col : Black
size : 56cm / 57cm / 58cm / 59cm / 60cm / 61cm
price : 17,000 (+tax)

 

それから、もう一つトラブルがありまして、サイズ展開に関してです。
6サイズご用意した最後の定番コットンのモデル以外、いつものように 57cm、59cm、61cm の3サイズで指定したのですが、届いたのは 57cm、58cm、59cm、という3サイズ。
小さい方から詰められていました。
今シーズンはこれまでと異なり、やや小さめの展開となってしまっています。

 

ということで James Lock。
今回はより渋めのセレクトにしたつもりです。
ここまでお問い合わせも多くいただいており、注目度も高いと思いますので、いくと決めていた方は多少急いでいただいた方がいいかもしれません。

 

 

LINEで送る

New Arrivals.

160513b

初登場、オランダの Bronte Hat のペーパーハットです。
ストローハット調の清涼感のあるつば広帽は、これからの時期に活躍してくれるはず。

 

160513i

160513j

160513h

メーカーやブランドに関して、特別詳しい情報は得ていませんが、主にレディースをメインとしているようで、メンズクラシックではなく、それなりにデザイニングなハットを得意としているようです。

ヨーロッパのハットはクラウンがやや高いという特徴がありますが、このハットもやはりそんな感じであり、そのフォルムのせいでクラシックな雰囲気を備えているように感じました。

 

160513c

160513d

おもしろい仕様なのですが、内側のテープの中にコードを通してあり、サイズを少しだけ調整ができるようになっています。
テープそのものが伸縮するわけではないので、大きい意味を持つものではありませんが、少し大きいかなくらいの人はこれでいけます。

 

160513k

160513g

そして、最大の特徴は、つばの縁にワイヤーが通してあり、つばのかたちを自由自在に変形させることが可能であるということ。
コーディネイトごとにアレンジすることもできると思いますし、陽射しを本気で避けたいとかという機能的な目的でも重宝するように思います。

Bronte Hat – Paper Cotton Hat
col : Taupe / Black
size : Free
price : 8,000 (+tax)

 

160514a

Yarmo からは、新型となります、リネンのベースボールキャップ。
ライセンス生産の日本製アイテムということで、なるほど、気が利いています。

 

160514b

160514d

160514e

後側にゴムが入り、フリーサイズとなります。
まあまあ浅め、コンパクトなサイズ感と言えると思います。

 

160514g

160514f

単調になっちまったと思ったら、ちょっとしたアクセントとして適度な軽さであり、さらっとしていてしつこくない感じが好感が持てます。
ちょっと出かける時のちょっとした帽子としてもよさそうですね。

Yarmo – Baseball Cap
col : Charcoal / Navy
size : Free
price : 6,800 (+tax)

 

徐々に夏支度もはじまる気配ですが、四季を小学生的に等分するなら、5月までが春でしょう。
気たるべき悪魔の梅雨に備えながらも、残り少なくなってきた春を存分に楽しみましょう!

 

LINEで送る

spring court – G2 Velcro Canvas.

160512b

今季は久しぶりに spring court のシーズンモデルをセレクトしています。
定番G2をベースに、ベルクロ仕様にしたモデルとなります。

 

160512c

160512e

ベルクロになった以外は同じなので、特記事項はないです。
キャンバススニーカーのベルクロということで、そうそう見ないかもな、と僕は思いました。

特に spring court のスニーカーに思い入れを持っている層には、色違いのような感覚で、定番のちょっとした変形版として持っていてもいいかも、と自然に思っていただけるような気がします。

 

160512a

160512f

spring court – G2 Velcro Canvas
col : White / Navy
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 12,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

5月17日(火)は定休日となります。

店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、5月18日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

New Arrivals.

160511a

Oliver Spencer の半袖リネンシャツ。
Eton Collar Shirt のモデルで、落ち着いたマルチカラーチェックです。

 

160511c

160511b

ただただ格好いいなと。
いかにもデザイナーズならではのオリジナティの高いプロダクトです。
これなら夏でもスリムなジーンズを穿いて、レザーのバッグなんかを合わせたら恰好いいでしょうし、逆にゆるめのテーパードパンツにスニーカーも似合いそう。
デザインが色濃く入っていても、人それぞれな幅と余地もあるのがしびれますね。

Oliver Spencer – Eton Collar Shirt Short Sleeve
col : Multi
size : 14H / 15 / 15H
price : 24,000 (+tax)

 

160510f

SOUTIENCOL からも夏場に向けたシャツが届いています。

 

160510

160510c

こちらは今シーズンから登場となります、Ivy League の七分袖。
依然勢力を増す 『暑くてもなるべく半袖は着たくない派』 の人々にはうれしいアイテムではないでしょうか。
綿麻のネイビーギンガムもいい感じではまっていると思います。

SOUTIENCOL – Ivy League 3/4 Slv.
col : Navy Gingham
size : 1 / 2 / 3
price : 15,800 (+tax)

 

160510d

160510e

こちらは SOUTIENCOL らしいインドマドラスのマドラスチェック。
マドラスに目がないデザイナー三浦氏ですが、今年も渋いチョイスをしてくれました。

マドラスは、リネンほど高級でなく、でも負けないくらい通気が好くて涼しいファブリックです。
一見して目を惹くようなクールな恰好よさというタイプではないのかもしれませんが、アメリカやヨーロッパのおっさんの感じがあって、何か大人の渋さを感じるような気がします。
普通にサングラスをして、マドラスチェックのシャツを着て、というのが様になってくると、これはもういい大人だと。

SOUTIENCOL – Ivy League Short Slv.
col : Khaki Check
size : 1 / 2 / 3
price : 13,800 (+tax)

 

160509c

Vincent et Mireille のリネンのこういうやつ。

一応シャツという分類らしく、『クルーネック・プルオーバー・リネンシャツ』 という感じのネーミングができそうですが、肩に向かっているボタンのせいで、『マリンなスモック』 という雰囲気も感じられるかと思います。

 

160509b

160509a

 

いずれにしても、ちょっとありそうでない感じ、また古着で見つかりそうな感じ、みたいな面白いプロダクトではないかと感じました。
実用的にもけっこう使いやすいと思うのですが、いかがでしょうか。

Vincent et Mireille – No Collar Pocket Shirt
col : Navy
size : 40
price : 9,500 (+tax)

 

160508j

同じく Vincent et Mireille のコットンパンツ。

1タックのテーパード型パンツで、イージーパンツの仕様となります。
素材感も薄手コットンで涼しげです。

 

160508a

160508i

160508c

160508g

薄くて軽いコットン地に、シルエットの感じも相まって、トータルで非常に爽やかな印象です。
ディテールワークもきわめて簡素で、潔い感じがします。
こういう文字通りのイージーパンツは、実際によく使うことになるはずです。

Vincent et Mireille – One Tuck Cotton Easy Pants
col : Beige / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 11,000 (+tax)

 

160507j

Ordinary fits からもイージーパンツが入荷しています。
定番モデルの Ragby Pants、今年はトロピカルウールです。

 

160507c

160507i

160507a

定番モデルとはいえ、ディテールは継続されるものの、生地だけでなくシルエットまで変わるのでいつも新鮮です。

今回は、すっきり見える程度まで細いテーパードシルエットに、ドレスパンツライクなトロピカルウールを採用。
腿まわりはけっこうゆったりしていますが、裾口は細いです。
すっきり感に上品なファブリックとあって、イージーパンツといえどもけっこうなところまできりっとしたコーディネイトに使っていただけるのではないかと思います。

 

160507d

160507g

160507f

おもしろいことをしているようで、実は普通に格好よくて使いやすい。
Ordinary fits ならではの、絶妙なバランスを感じます。

Ordinary fits – Ragby Pants
col : Grey / Navy
size : 1 / 2
price : 15,000 (+tax)

 

日中の暑さもなかなかになってきて、パンツやジャケットのウエイトも通年仕様から春夏仕様へとシフトしたくなってくる頃ですね。
季節の進行を感じると、やっぱり服が欲しくなりますね~

 

LINEで送る

kearny – coit, clip on.

160506k

Kearny の眼鏡が新しく入荷しました。
今回、新しく Fuzz で展開するモデルとなります coit です。
セルフレームのシンプルでベーシック、すっきりした印象のウェリントンとなります。

 

160506b

160506a

ごついタイプの黒縁眼鏡、というのでなく、ややシャープに、さほどボリューム感はありません。
そして、重たさはなくても、kearny ならでは、本セルロイドならではの、なんとも言えない質感の味わいが確かに感じられること、これが1番の魅力になっているのではないでしょうか。

 

160506d

160506g

まじまじと見ると、なるほど、やっぱりなんとなく違うよね、くらいは分かっていただけるはず。
この本セルが醸し出す味わいに kearny 熊谷氏はやられているのです。

 

160506l

伊達メガネとしては、ちょっとかけるとパッと変わる、感覚的な楽しさ、気持ちよさが魅力。
度入りの人にはメインになる可能性も大ではないでしょうか。

kearny – coit
col : Black / Tortoiseshell
price : 28,000 (+tax)

 

160506j

こちらは coit に付け外しできる跳ね上げ式のサングラスレンズです。
技術的にもなかなか難儀なアイテムということで、さらにフレームのクオリティなども抜かりなくつくられています。

スタイル的な恰好よさもあるのですが、車を運転する機会の多い人や、アウトドアの機会など、実用的な部分でも非常におすすめです。

 

160506i

160506h

160505d

実用的な魅力を感じて使っていると、格好いい悪いは二の次になってくるのがサングラスなのかもしれません。
慣れてしまえば愛着が湧いて手放せず、だんだんと板についてくるのではないでしょうか。

もはや紫外線の強さは放っておけません。
このクリップオンにかぎらず、サングラスは当たり前のように活用していきましょう!

kearny – clip on for coit
price : 12,000 (+tax)

 

品切れしていた sirmont も再入荷しています。

 

LINEで送る