suolo.

151216u

suolo の Crop Middle が4色で入荷してきました。

Fuzz では、かなり長い期間にわたって、定番的に揃えていた suolo の Crop ですが、リクエストの声多数により、今回から “Middle” という一まわり小さいサイズのものに変更してみました。
素材やディテールなどはまったく同じ、サイズのみ少し小さくなるというモデルです。

 

151216a

151216l

151216j

151216i

151216f

151216m

151216n

Crop の大きな特徴は、肩掛けとハンドルの2WAY仕様であることだと思います。
肩掛けといっても、片肩掛けと斜めショルダーのどちらもいけますので、3WAYと言っても間違いではないでしょう。

コーディネイト面も含めた使いやすさは、これまで多くの人が実証し、また中型サイズにおさまるこのサイズ感になったことで、より使い勝手のよさがアップするのではないかと思います。

 

suolo – Crop Middle
col : Greige / Brick / Khaki / Black
size : 14,000 (+tax)

 

151216r

つづいて、こちらは再登場となるミニショルダータイプの “Kid”。

Crop シリーズよりヘビーウェイトのキャンバスが使われ、加工によって多少クラッキングさせ、より馴染みのよい感じで仕上げられています。

小荷物派や、“ちょっとそこまで” の外出用に重宝するサイズかと思います。

 

151216q

151216s

151216t

151216p

公的な忘年会もだいたい終わり、ここからは友人などとの気さくな飲み会が増えると思います。
楽な恰好で夕方からひょいと出掛ける用のバッグとしては完璧ですね、という話をお客さんとしたことを思い出します。
“地元で野暮用バッグ”、“飲み会バッグ” のようなイメージでもおすすめです。

 

suolo – Kid
col : Black / Green / Khaki
price : 11,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

昨日、依頼した任務をやり遂げてくれたみなさん、お疲れさまでした。
そして改めて、ご協力ありがとうございました。
とりあえずはドッキリではなかったという確証をとりましたので安心してください。

高橋さんをキャプテンとするこのチームは非常に素晴らしかったです。
僕は最大級の敬意を込めて、このチームに 『曇り空で輝く憂鬱な野郎たち』 という名称を捧げることにします。(僕を知る人ならどれだけ褒めているか分かると思います)

曇り空チームのみなさん、機会さえあれば次回もアサインすることがあると思いますが、堀さんをキャプテンとする 『プレイボーイ!』 というチームが結成を噂されています。リストアップされる名前は大物ぞろいであったので、どうか精進怠りなく。

 

『何を言っているんだ??』 と思っているみなさん、来月16日発売の雑誌 『2nd』 を是非ご覧になってみてください!

 

LINEで送る

kearny.

151215f

●kearny
『最新の素材や機械仕上げではなく、 セルロイドという素材、職人による手作りであること。
世界に誇る日本の職人技術を流行にとらわれず、 ファッションの目線からデザインしています』
2013年スタート、デザイナーは熊谷富士喜。
東京のアイウェア専門ブランドです。

 

151215e 

151215h

151215g

151215a

151215d

 

kearny – sirmont
col : Black / Tortoiseshell
price : 30,000 (+tax)

 

151215j

151215k

151215l

151215m

151215n

151215o

 

Kearny – peaks
col : Grey / Tortoiseshell
price : 30,000 (+tax)

 

新しくメガネを展開します。
いろいろと調べ、見た結果、ほとんど悩むことなくこの kearny に決めました。
既に FENEST でおなじみですが、Fuzz でも同時進行で展開していきます。

洋服同様、数多あるメガネというアイテム、上下左右、見れば見るほどきりがなくなりますが、自分たちは眼鏡屋ではなく洋服屋であるというところで、kearny のスタンスと一致します。
せっかくなので FENEST と違ったセレクトをした方がおもしろいだろうと思っていたにもかかわらず、このようなチョイスになりました。この点は意外に自分的には強力な説得力になっています。

コーディネイトに一つ、スパイスのように気の利いたメガネを入れてみる。
kearny のアイテムには、ファッションギアだからこそのちょっとした華があるように思います。
それだけでスタイリングに知的な華が添えられ、もちろん、さらにマイ・ファッションそのものの楽しみが増すことでしょう。

是非、お試しになってみてください。

 

LINEで送る

New Arrivals.

151210h

“Swiss Dead” の腕時計が新しく2本、入荷しました。
今回もアンティークならではの魅力を感じられる雰囲気の好いデザインです。

Swiss Dead
60年代の終わり、日本のメーカーである SEIKO がクオーツ式(電池式)腕時計を開発し、世界の腕時計界に大きな変革をもたらしました。
これ以後、機械式に代わって、クオーツ式が腕時計の主流になっていきます。
機械式腕時計の本場スイスでは、ローカルなメーカーが次々と倒産していく事態を免れず、倒産していった工場には販売されなかった在庫が数多く残ったと言われています。
腕時計の業界では、それらの機械式腕時計のデッドストックを 『スイスデッド』 と呼称し、アンティーク腕時計として新たな魅力を見出しました。

 

151210b

151210g

151210f

151210a

ボリューム感が抑え目なのに存在感がすごいというのもアンティーク腕時計の魅力です。
ジャンルやスタイル問わず、好みに合えばどなたにもおすすめ。

 

“Swiss Dead” / ’60s Dead Stock Watch
price : 27,000 (+tax) each

 

151211i

久しぶりに SEIKO の逆輸入品番でよさそうなものを見つけました。
クロノグラフのタイプです。

 

151211b

151211h

151211a

151211e

Fuzz の品揃えの中では大ぶりサイズの部類に入りますが、クロノグラフとしては標準からむしろ小さめという部類に入ります。

特に際立つようなポイントが挙げられるようなタイプではありませんが、その分の安心感があるのではないでしょうか。

 

SEIKO – Chronograph
col : Silver / Black
price : 24,000 (+tax)

 

151214b

デッドストックの CYMA Triprex、完売していたシルバーが1本だけ見つかったということで最終入荷です。
ゴールドの方も残りは僅かになっています。

 

CYMA / TRIPLEX (Dead Stock)
col : Silver / Gold
price : 24,000 (+tax)

 

151212g

Highland Tweeds というテキスタイルメーカーのチェック柄マフラー。
ラムズウールでタータンチェック、きわめてオーソドックスなイギリス的アイテムです。

 

151212f

151212d

151212c

151212a

コーディネイトにちょっとこんな色味が欲しいかな、という感じで気軽に買い足す定番アイテム、というイメージ。
なんだかんだで使いやすいのはこういうマフラーですね。

 

Highland Tweeds – Wool Muffler
col : 6 colours
price : 3,800 (+tax)

 

151214a

おすすめのサドルレザーベルト、Martin Faizey の M. F. SUDDLERY がサイズ揃って入荷してきています。
今後もしっかり続けていきます。

 

Martin Faizey – M. F. SUDDLERY
col : Black / Dk.Brown
size : 30 / 32 / 34 / 36
price : 11,000 (+tax)

 

151213a

SAINT JAMES の OUESSNT、定番の Gris (杢グレー)です。
後回しにしすぎて今になってしまいました。

 

151213b

 

SAINT JAMES – OUESSANT
col : Gris
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

ここ丸々1週間、店頭、通販、おかげさまで盛り上がっています。
渡るべき人のもとに渡るべき品が渡るのを見るのが非常に心地好く、たいへん充実した気分に浸れている今日この頃です。

商品も徐々に減ってきてはいますが、まだまだいいものは多くあります。
今季ものの入荷の波もピークは過ぎて、僕もかなり楽になってきました。ここからは僕自身も物色に参戦していきますので、最後にもうひと盛り上がりいこうではありませんか。
(でもまだまだ紹介するものは終わっていませんから!)

 

LINEで送る

Arrow Footwear.

151209k

● Arrow Footwear
1890年、イギリス・ノーザンプトンで創業したシューメーカー White & Co によるブランドです。
“Arrow Footwear” は同社が第2次大戦時にイギリス国防省のコントラクターとして軍用ブーツを供給していたという経緯から、当時の木型とデザインを用いて展開するコレクションとなります。
ミリタリーのオフィサーシューズならではのテイストを、イギリス伝統のグッドイヤー製法による質実剛健なつくりで本格的に再興している稀有なブランドです。

 

151209i

遅れに遅れ、ようやく届いてホッとしています、新ブランド Arrow Footwear。
Fuzz では SANDERS に次ぐイギリス靴の2番手として大いに期待することにしており、継続して続けていくことを考えています。

そもそも SANDERS と同様、イギリス国防省と付き合いのあるメーカーであり、イギリス軍のオフィサーシューズという共通の納入シューズがあるということもあり、立ち位置的にはかなり近いものがあります。
(SANDERS の一代前のコントラクターであったということです。)

納入メーカーとして当時つかっていた木型を保管していて、基本的にそれらを使ってコレクションをつくっていこうというのが、”Arrow Footwear” というブランドです。

そして、アッパーレザーやアウトソール、ハトメやコバなどのディテール部分で、ある程度希望を反映してくれるような体制であるため、僕も独自の指定をさせていただいたのですが、そうすることで Fuzz での SANDERS とのすみ分けを図っていこうと思っています。

SANDERS ではさっぱり、すっきり、シャープなプロダクトが増えているという都合上、こちらでは、ある程度武骨であったり、ごてごてしていたりと、イギリス靴のもう一面の方の魅力にフォーカスして、多少ラフなカジュアルスタイルにも対応できるような提案ができないだろうかと思案しています。

 

151209e

そういった経緯と考え方で、スタートとなるのが今回のこのモデル、1型1色の展開となります。
別注というかたちとなる都合上、1型に対してそれなりの足数が必要となるため、種類豊富にというのが難しく、今後モデル数や色数のラインナップは少しずつゆっくり増えていくような感じになると思います。

 

151209a

アッパーレザーはスコッチグレインのシボ革に、アウトソールにはごつめにミリタリーソールを組み合わせてみました。

ずしっとくる重厚感を感じられるような組み合わせで、ワークやアウトドアのテイストともマッチするように思います。
スマートな SANDERS のモデルにはできないスタイリングも可能にしてくれるのではないでしょうか。

 

151209f

151209h

151209j

151209c

151209g

やや丸みのあるフォルムで、よりカジュアル度が強い印象です。
昔々に見てきてたヴィンテージのリアルなイギリス軍オフィサーシューズはまさしくこのフォルムでした。
多少ぼってりした印象を受けるものの、同時に独特のバランスの好さを感じられるはずです。

151209b

 

Arrow Footwear – Cap Toe Derby Shoes
col : Dk. Brown
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H / 9
price : 39,800 (+tax)

 

図らずも今冬の最終兵器となりました。
コートやニット、パンツ、マフラーなど、いろいろと季節の品で計画があったかもしれませんが、余地がありましたら、是非。

いい靴ですよ~

LINEで送る

New Arrivals.

151207h

SOUTIENCOL の新作シャツの入荷です。
国産生地とメーカーストックの企画もの、冬シャツ2型が新たに加わっています。

 

151207c

こちら破線のウィンドウペンはSan Francisco で国産生地。
厚地のコットン素材で、やや毛羽立ち感を出したカジュアル仕様のシャツとなります。

 

151207a

151207b

ラフな要素もあり、でも上品。
やはり SOUTIENCOL らしい雰囲気です。

 

SOUTIENCOL – San Francisco *Check
col : Off White
size : 1 / 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

151207f

こちらはブランドがストックしていた残反を用いてちょっと趣向を凝らしています。
イタリアの ALBIATE のインポート生地なのですが、もともと赤い杢のような柄の生地でした。
これを製品にしてから染色をかけて、柄を沈ませて独特の風合いで仕上げています。

 

151207e

151207d

後染めはオリーブ色ということですが、もともとの赤と相まって、全体ではブラウン系の色味に見えます。
熟練のつくり手ならではの、高度な遊びです。

 

SOUTIENCOL – San Francisco *Overdyed
col : Brown
size : 1 / 2 / 3
price : 13,800 (+tax)

 

151204b

Kei Macdonald の新作、ケーブルニットのタートルネック。
ブリティッシュウールとオーストラリアンウールをブレンドした上質な毛糸による、らしさ満点の上品なニットウェアです。

 

151204c

2色の糸を撚って、色合いを複雑にして深み、渋みを増しています。
何とも言えないミックスな色調は、ニットならではの楽しみでもあります。

バイカラーで色を切り替えて、オーソドックスにケーブル編み。
ほどよいデザインとトラッドな薫りを合わせ持って、品質を伴った大人対応のデザインニットに仕上がっています。

 

151204a

 

Kei Macdonald – Turtle Neck Cable Pullover
col : ordeaux*Dk.Brown
size : S / M / L
Price : 26,000 (+tax)

 

151205a

Knitchey からも新作ニットです。
こちらもケーブルニットとなりますが、ネップ混じりのスラブ糸による素材感の妙が冴える一着となっています。

 

151205c

原料は豊かに空気を含み、弾力性が高いと言われるスペイン産のウールです。
その素材から、世界に一台しかないという紡績機によって、独特なネップ糸に仕上げ、その糸をケーブル編みでセーターに仕上げました。

リブ近くのさりげない意匠は Knitchy らしい小技で、クラシックニットとデザインニットの両方を意識させるような効果があるように思います。

 

151205b

シンプルに着るだけでなにか華がある Knitchy のニット、健在です。

Knitchy – Nep Yarn Cable Pullover
col : Navy
size : S / M
price : 20,000 (+tax)

 

151208h

今季のニットの入荷、最後を飾るのは初登場のインポートブランド、Hawick Knitwear のラムウールのシンプルなVネックセーターです。

インポートの薫り、ファクトリーブランドな雰囲気、クラシカルでアダルトな気配、、
昔ながらの Fuzz らしい好みであることがお分かりいただけると思いますし、僕としてはトリを飾るに相応しいと思っています。

 

151208f

昔からこの界隈を見てきて方にはお分かりになると思いますが、Pringle のラムウールニットとうりふたつです。
長く Pringle ニットの請負生産をやってきたというメーカーということで、質感やリブの感じなど、昔の Pringle そのままと言っていいような製品で、当然品質の高さ、色合いの美しさを感じずにはいられません。

シンプルニットゆえに、素材感の良さ、色合いの良さ、ここだけの勝負になるわけで、この色味を自分のコーディネイトに取り入れたい! と思うかどうかがポイントになります。

151208g
流行に関わらず、シャツ+Vニット (時に+ジャケット)はメンズスタイルの一つの型と言えるでしょう。
また、こういったシンプルアイテムでセンスの好さを発揮していただきたいというのは昔からの Fuzz の狙いでもあります。

Hawick Knitwear – Lambs Wool V Neck Pullover
col : Bordeaux / Seaweed / Pearl Grey
size : XS / S
price : 16,800 (+tax)

 

アウターで答えを決める人が一気に増えました。
次はニットでしょう!

LINEで送る