Aiguille.

160902b

Aiguille has BACK !!

前回入荷から3年以上の時間が経ちましたが、めでたく再び店頭に並ぶことになりました、イギリスの Aiguille (アイグーリー)です。
もうほぼ4年前になりますか、輸入代理店の関係で発注ができない状態に陥ったのですが、それまでは Fuzz のこっそり定番として、人目を忍びながら実は大活躍をしていたバッグでした。

ここずっと、シーズンに1人か2人、アイグーリーは入荷しないのかと問い合わせを頂いていましたが、それも無くなってきた頃合いを見計らったかのような復活です。

店頭では普通に使っていただいているお客さんを見かけるので、僕としては常にイメージは鮮明で、忘れることを許されませんでした。

 

160902c

●Aiguille
1998年操業、イギリスのマウンテンギアメーカーです。
多くのイギリスアウトドアメーカーが生産を国外に移している現在でも英国生産にこだわり、高品質・高性能の製品開発に励んでいます。
英国マウンテンレスキューチームと製品の共同開発、並びに製品供給を行うなど、主にプロユースの製品を手がける信頼性の高いメーカーです。

 

イギリスの本格的なアウトドアバッグのメーカーの、タウンユース用バッグということで、つくりや素材はタフだけど、普段づかい用の凝ったディテールは皆目・・・というバッグ。
けれどその潔さのようなものが、なんとなく我々から見てヨーロッパ的な、まったく足し算しないという格好よさを感じさせてくれるのだと思います。

僕としては、これは完全にエルベ・シャプリエと同様な立ち位置で、機能や実用性というよりはスタイルやスタンスを世に示すようなタイプのアイテムだと思っています。
エルベにしても、アイグーリーにしても、装備を載せずにただ澄ましているという印象を受けます。

 

160902d

160902e

けっこう太番手の糸によるしっかりしたナイロンキャンバスが使われています。裏側にはアクリルコーティングがされて、しっかり撥水性を高めています。

久しぶりに見ましたが、これが今の標準装備のファブリックということで、かつてのものより格段に良くなっています。
かつては標準搭載の生地がすごく一般的な普通のナイロン生地であったため、ある時期から代理店さんの方で生地を指定したり、調達したりということもされていました。

生地はしっかりしていて軽い、加えてパーツも含めて重いものは使われていませんので、バッグそのものは非常に軽いです。

 

160902f

160902g

アウトドアメーカーによるプロダクトであるにも関わらず、いざコーディネイトに合わせてみると何故かシティな薫りがするのもこのバッグの不思議な魅力です。
傾向として、もともとシティ・スタイルの層が “外し” としてこのバッグを、ということが多いからかもしれません。

 

160902a

Aiguille – Nylon Back Pack
col : Black / Navy / Olive
price : 16,000 (+tax)

 

憶えている方々、いかがでしょう、久々でしたが変わってなくて何よりでしたね。

どうでしょう、Standard Supply があれば充分!と考えていた人も、エルベ・シャプリエかアイグーリーか、どちらかを所有しなければ、、というところに追い込まれたのではないでしょうか。笑。

 

LINEで送る

D.C.White – Wool Trousers.

160901a

秋冬シーズン向けのウールパンツが入荷しました。
いつもの arbre と思いきや、“D. C. White” という今季スタートの新ブランドとなります。

新ブランドと思いきや、実は arbre さんの別ラインのようなもので、デザインは arbre 同様に石原氏が務めます。

●D.C.White ( ディー・シー・ホワイト)
『“District of Columbia WHITE” コロンビア(コロンブスの地)特別区。大航海時代、コロンブスによる新大陸到達はヨーロッパとアメリカの交流の発端となり、現代の生活に大きな影響を与えることになりました。私達はコロンブスの探求航海に倣いヨーロッパとアメリカのファッションを探求し、融合させたコレクションを理想とします。そして新大陸がコロンビアと呼ばれたように、誠実な物造りを常とする神聖な地、そこを WHITE と名付け、ブランド名を D.C.White として航海をスタートさせました。ブランドマークの帆船は、神聖な地 WHITE を目指し航海をする様を表しています』
大阪を拠点に 2016年スタート。arbre の兄弟のようなブランドです。

 

160901b

新ブランド立ち上げの経緯がやはりありまして、これは生産背景のお話のようです。
話すと長くなりますので簡単に言いますと、一つに、某大手ブランドがものすごい量で国内生産をはじめて、arbre と付き合いのあった縫製工場に大きな影響が出てしまい、これまでのような小回りの利く生産に対応できるかあやしくなってきたということ。
実際、この春夏で別注の話をお願いしていたのですが、工場の問題で実現することができませんでした。(今春夏のarbreの取り扱い品目が少なかったのはそのせい)

二つめに、おおよそ時を同じくして、ヨーロッパの高級ブランドの縫製を請け負っていた中国の工場に空きが出たところを押さえることができたということ。
中国の工場にもピンからキリまであるようで、技術の高い工場もどんどん増え、比例して工賃が上がり、大手ブランドが国内生産に回帰して、国内の工場が混んできた、という一連の循環も一つめの話と深く関係しています。

ということで、花より実をとるというか、逆をとるようなかたちで新ブランドを立ち上げました。
arbre としてではなく、新しいレーベルにしたのは、もしかしたら他にも狙いがあるのかもしれません。
とにかく、当面は国産の生地を中国で縫うというかたちで、パンツを中心に展開するということです。

 

160901g

ということで、やはり定番的なウールのグレーのスラックスは外せません。
arbre の時より一段上のグレードの生地を使っています。

 

160901e

ウールサキソニーという生地は、この手のトラウザーでは定番的なものなので、見たり触れたりしたことはあるかと思います。
やや起毛感のある厚すぎないウール地です。

 

160901c

160901d

シルエットは細身のスリム型。
arbre の後から出てきた細いフィットの方のラインに限りなく近いですが、新たにつくり直したものなので、微妙に違いはあります。

サイズ感としては、微細な違いはありますが、概ね arbre と同じと見てもらって大丈夫です。

D.C.White – Basic Trousers *Wool Saxony
col : Grey
size : 44 / 46 / 48
price : 19,000 (+tax)

 

男子たるもの、無くてはならないグレースラックス。
ジャケパンはもちろんですが、スニーカー合わせ、バスクシャツ合わせ、フレンチワークジャケット合わせ、ミリタリージャケット合わせ、ヴィンテージジャージ合わせ、等々、カジュアルな使い方も強くおすすめしたい普遍的なアイテムです。

 

160901l

160901n

もう一つ、モノトーンチェックのウールフラノ生地もセレクトしました。
かたち同じの生地違いとなります。

 

160901i

160901m

こちらも柄ものとしては使いにくさを感じない、ベーシックの部類に入るトラウザーであると思います。

全身モノトーンのコーディネイトや、プレーンでシンプルなニットやジャケットとシックに合わせるのが恰好よさそうですね。

D.C.White – Basic Trousers *Wool Check
col : Charcoal
size : 44 / 46 / 48
price : 21,000 (+tax)

 

いよいよウール製品も入ってきました。季節的に先々な商品の紹介が続きますが、この時期はしかたありませんね。。
まだカットソーなどもこの後入ってくる予定です。

 
 

LINEで送る

Astorflex – Greenflex.

160812k

Astorflex のデザートブーツをご紹介します。

Fuzzでは初登場、イタリアの信頼できるブランドです。
常に頭にあるものの、なかなか実現してこなかったデザートブーツのセレクトですが、久しぶりに納得できるものを見つけました。

 

160812m

●Astorflex
1816年、イタリア・マントヴァにて創業。現在6代目となる家族経営のシューメーカーです。
ブランドの根底にあるのは2つの哲学です。
一つはエコフレンドリー。ヴェジタブルタンニンのレザーやパラゴムの樹液でつくるナチュラルラバーソールなど、着色剤や溶剤などの化学薬品は一切使用していません。
二つめは、靴をファッションアイテムとしてではなく、あくまで快適に歩くための道具として見る、という考え。良い靴を適正価格でお届けするために、ローカルな職人や工場との信頼関係を重要な要素としています。

 

160812l

レザーの感じ、縫い付け、アウトソール、見た目でしっかりしていることが判り、全体での質感がとてもいいです。
ベジタブルタンニンのアッパーレザーと天然ゴムのクレープソールがアピールポイントになっているのですが、大量生産ではなく丁寧につくられている素材が使われているということが伝わってきます。

ゴテっとした重厚さがありつつも、イタリア靴伝統のフォルムの美しさを備え、よくよく見るとなかなか見ないようなバランスではないでしょうか。

Astorflex – Greenflex
col : Beige
size : 41 / 42 / 43
price : 27,000 (+tax)

 

ドレスシューズ寄りの革靴より疲れず、スタイルとしてはラフに気軽に履けて、スニーカーのようなスポーティな印象のないカジュアルスタイルで威力を発揮するのがデザートブーツ。
ちょっと久しぶりということもあり、真正面からベージュ・スエードが気分ではないでしょうか?

デザートブーツには、多少チープな質感でエッジの利いた若手スタイルがイメージされがちな一面もあるかと思いますが、これなら大人対応というか、しっかりした洋服を身につけている人の足元でバランスを失いません。
デニムスタイル、軍パンスタイルなどを中心に、幅広く活用していただけると思います。

 
 

LINEで送る

New Arrivals.

160817c

arbre の新作ジャケット、らしさ満点のドッグイヤーカラーブルゾンが届いています。
シンプルで大人っぽい短丈ジャケットです。

 

160817j

『ドッグイヤーカラー』 とは、襟を開くと犬の耳のような形状をしていることから名付けられたジャケットの襟型です。
欧米などで “ゴルフジャケット”、日本では “スウィングトップ” とか呼ばれるジャケットにこの襟は多いですが、ゴルフ的なジャケットではラグランスリーブが基本ですので、ちょっと外れます。
外れますが、やや欧米的で大人っぽいジャケットという本質は同じであると言えるでしょう。

 

160817h

160817b

160817a

生地は秋冬らしくコーデュロイです。
ただでさえ大人っぽいジャケットが、よりアダルトな気配が濃くなります。
トラディショナルな風情の生地を使うことで、普遍的な印象が強まり、メンズらしい、男っぽい雰囲気のジャケットに仕上がっていると思います。

 

160817d

160817f

160817e

もしかしたら、簡単そうで難しいジャケットなのかもしれません。
ですが逆に言えば、つまらなそうに見えて、実は面白いジャケットである、とも言えるのではないでしょうか。

arbre – Dog Ear Corduroy Blouson *Corduroy
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 23,000 (+tax)

 

160818a

Yarmo からはドライバーズジャケットと同じく、“CC41” コレクションより、新型の “ダスターコート” というコットンのコートが入荷しました。

 

160818i

160818j160818k

生地も同じコットンサージで、素朴な風合いがいい感じです。
これをドロップショルダー、ゆったりシルエットのシングルコートに仕立て、独特な雰囲気で仕上がっています。
なんとなく、立ち姿よりも歩く姿に魅力を感じるシルエットのように思えます。

 

160818b

160818c

カラーリングやディテールよりもシルエットを重視した、雰囲気のあるコートです。
コットンの一枚地というのも扱いやすく、また着る時期の幅も広くていいと思います。

Yarmo – Duster Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 23,000 (+tax)

 

160816c

2年ぶりの入荷となります、quotidien のタートルネックのカットソー。
今年はチャコールとナチュラルの2色をセレクトしました。

 

160816e

伸縮性に優れたコットンフライス地による、きわめてシンプルなカットソーです。
肌触りの好さ、伸縮による着心地の好さ、間違いないものがありますので、秋冬のインナーにおすすめです。

quotidien – Turtle Neck Long slv.
col : Ecru / Charcoal
size : 1 / 2 / 3
price : 7,800 (+tax)

 

 

LINEで送る

STANDARD SUPPLY – Day Pack.

160801zzzz

使ってます、STANDARD SUPPLY のバックパック。
軽く悩んだ結果、Commute Daypack のグレーに決めました。

実際に使ってそれなりの期間が経ちましたが、使って納得、納得しておすすめ。やはり良品でした。
店頭でもたくさんの人に興味を持っていただき、僕もそれなりに細かな説明をしておすすめしているので、ここでもそれをやっておこうと思います。

 

160801b

まず、素材について。

こちらはロクヨンクロス(コットン60/ナイロン40)ということで、この時点で 『ナイロンデイパック』 というくくりからは外れます。
ナイロンやポリエステルより光らず、表面はマットで上品。 この質感と洋服との相性がたいへん好みなのですが、まずルックスにおいてもアウトドア系のナイロンバッグと一線を画しています。

生地に腰を加えることを目的に、裏側にアクリルコーティングがしてあり、生地そのものの硬さがいい感じに調整されている点も “グッドジョブポイント” (以下”GJP”)です。

ロクヨンクロスの特徴として、撥水性を高めるための “緊密織り” がありますが、これはファブリックの強度においても理にかなっています。
コットンが混じることで、化繊より強さと軽さが劣るかもしれないと思っていましたが、実際に使ってみて、ファブリックの弱さはまったく感じません。

 

160801k

つづいてパーツの話、ファスナーです。
YKK の高級ラインである 『エクセラ』 というものを使用しており、滑りも好く、ルックスもたいへん上品です。

このファスナーのクオリティが高いことで、これだけストレスは減るのか(エルベ・シャプリエとの対比)と思った次第で、これは非常に大切なポイントであると言えます。

 

160801j

外側のポケットにも同じファスナーが使われていて、注目すべきはここもダブルジップの仕様になっている点です。
片方の肩からさっと外して、片肩掛けの状態(バッグそのものは横や斜めになっている状態)で開閉する機会が多いという、実使用に則した観点から 『こうした方が絶対に便利』 ということで実現しました。使ってみると納得するポイントです。
ここに財布を入れることもあるであろうということで、丁寧に考えられています。

 

160801l

ついでなのでこの外ポケットに触れますと、この内部にもポケットが備えられ、小さなものを小分けにできるよう配慮されています。
スマホとキーを一つところにしまって歩き走れば、スマホのディスプレイはどうなるか?という観点。満を持すなら、このクリップにキーを固定した状態でポケットにインして、スマホは隣のポケットにインしておけば、まったく安心です。そうしたら手帳か財布はここに収まります。

僕のこのポケットの使い方は、小さいポケットにスマホとカードケースを入れ、外ポケット本体に財布を入れて使っています。

 

160801e

サイドのポケットは、両側についていますが、片側のみベルクロ仕様になっています。
ベルクロ側には、定期入れやキーなど、大切なものを入れることを考慮されていて、ベルクロでない方には、ペットボトルを、というイメージということです。

 

160801d

ベルクロですが、真ん中に指一本が差し込める空白をつくっているところが GJP です。
ベルクロを剥がして開けることくらいでストレスを感じたくはない、という非常に細やかな配慮。この部分は日本のブランドならではの気配りではないでしょうか。

僕はベルクロ側にキーを入れ、ベルクロでない側にランドレスのファブリックフレッシュを入れています。

 

160801o

つづいてはメイン内部にいきましょう。

背面に当たる部分に仕切りのポケットが付き、書類などは分けて入れることができるようなつくりになっています。特に電子機器用のパッドは入っていませんが、ノートパソコンも入れるならここになるでしょう。
ストラップで口を留められるのも気が利いています。

それから、Commute Daypack の方だけの仕様ですが、底面にウレタンパッドが付属していて、衝撃緩衝が必要ならこれを敷いた状態で使い、不要ならタテにした状態で使うということができる仕様になっています。
底面をきれいなまっすぐな面にしたいか、したくないか、という判断にもなるでしょう。

 

160801p

また、内部にブランドラベルがレザーで付いている点も、なかなかの気概ではないでしょうか。
内部で見えない部分にレザーを使うというブランドとしてのこだわり。外部の目立つ部分にブランドのラベルが付いてしまうのはちょっと、、、というユーザーの憂鬱もしっかり理解しつつのナイスプレーです。

 

160801h

頭に付くフックというのか、持ち手というのか、この部分にはグローブレザーを巻いています。
電車などでここを握らざるをえない状況は多く、この配慮も実際に使ってみると非常にありがたいと思えるポイントです。

エルベ・シャプリエ対比になりますが、エルベのここを重たい状態で持つのは実はけっこう辛いので、これはありがたかったです。

160801g

ショルダーストラップには、10ミリ厚のウレタンパッドが入ります。ベルトの幅と厚さ、大げさになりすぎずにいい感じです。

 

160801i

そしてこのショルダーストラップですが、ナイロンのテープ部分とパッドの入っている部分とは、縫製による接合ではなく、ナイロンテープがウレタンパッドの中を貫通して、上部のベルトの縫い付け部分まで繋がっています。
ステッチがほどけることでストラップが切れる、という事態は起こりえないようなつくりになっています。

ベルトの下側の結合部分、ここにリングが使われていますが、僕はここにひょろりと垂れるナイロンテープの余った部分を差し込んでいます。
垂らした状態であると、夏は腕に当たるのが多少気にかかるのですが、こうするとノーストレスです。

 

160802p

160802o

ということで、ちょっと長くなりましたがいかがでしょうか?
荷物がさほど多くない人は、Daily Daypack を、多い人は、Commute Daypack をおすすめします。

バックパック、リュックサック、世に様々ありますが、シンプルなローテクタイプというジャンルでは最高峰の部類に入るのではないかと思います。
いや、あえて言うなら、エルベ・シャプリエとの双璧でありましょう。

仕事でとか、毎日とかになると、物理的な使いやすさと、ヘビーユースでへこたれない品質の確かさ、そして服装に合わせやすいデザイン的な使いやすさと、大きな意味での使い勝手の好さが必要になってくると思います。
STANDARD SUPPLY のバックパックは、あらゆる服装にそっと寄り添う地味なルックスと、淡白な見た目には思いもよらない細やかな配慮の行き届いたディテールで、日々の相棒として活躍してくれるはずです。

細やかな配慮、使い勝手の好さ、これらを気持ちいいくらい無視しているのが エルベ・シャプリエのリュックサックでしょう。
(それなのに、お値段まあまあ!)
こちらはファッションとしての気分とか、スタイルみたいなことを大切にするタイプのアイテムであり、ルックスはそれほど遠くないですが、またまるで違ったものと言っていいでしょう。

“エルベの価値は死なない” みたいなことがファッションの面白い部分でもあり、僕は両方大事にしていきたいと思っています。
実用面、機能面は大切ではありますが、それオンリーでは楽しさが減るだろうと。

エルベ・シャプリエの持つ何だか分からない魅力については、語りすぎると面白くなくなるので、これ以上は語りますまい。

 

話は変わりますが、実はわたくし、個人的にバックパックを愛するようになったのはこの一年くらいなもので、それまではユーザーとしては縁遠いアイテムでした。
昨年、引っ越しをして駅まで歩く距離が増えたこと、寄る年波で腰痛の方が笑えなくなってきたこと、いくつか事情が重なって、必要に迫られました。

使ってみたら手放せなくなるもので、今では10のうち8はバックパックを使う日々となってしまいました。
同じように、これまで身近でなかった人にこそ、是非試していただきたいと思います。

ではでは、長くなりましたのでこの辺で。
STANDARD SUPPLY のバックたち、是非お試しになってみてください!

 

LINEで送る