New Arrivals.

160310c

FUJITO から春夏ジャケットの新作です。
スナップボタンでシンプルなデザインが特徴のコーチジャケットを FUJITO 流アレンジで。

 

160310b

リネン+コットンのデニム生地という春夏らしいファブリックに、華やかなジャガード織りの柄裏地が目を惹きます。 袖裏も付いて総裏仕立てとなり、質感としてはとてもしっかりしたジャケットになっていますので、着た時に落ち着いた印象でおさまります。

 

160310a

160310e

一般的なコーチジャケットは、ペタッと平面的な襟になっていますが、FUJITO では襟まわりの美しさにこだわりますので台襟を備えています。 これで立体感が出て、襟を立てた時にもバランスよく立って広がります。

欲しかったのはコーチジャケットの軽快でイージーな要素であり、そのコアな部分にファッション的な味付けが為されているという感じでしょうか。

 

160310d

Fuzz とすれば新鮮で、これまでこういうのは無かったなと思えるタイプのジャケットです。
“ファッションブランド” ならではのアプローチでつくられているなと強く感じられ、羽織るだけでバランス好く、格好いい、というのが真骨頂でしょう。

FUJITO – Linen Cotton Coach Jacket
Col : Blue
size : S / M / L
price : 30,000 (+tax)

 

160310g

つづいても FUJITO から、バンドカラーシャツ。
色合いも相まってですが、ディテールも含めてミリタリーの薫りがする、ちょっと他にない雰囲気のシャツとなっています。

 

160310h

160310i

バンドカラーには芯が入り、ナチュラルな印象を抑えて、多少のキリッと感があります。
また、ファブリックはテンセルがメイン素材のてろりんとした質感の独特なものとなっていて、これが身体にひんやり感じさせるという面白い生地ということです。
この生地の性質を生かすためだと思いますが、背面のアクションプリーツが深めに入り、見た目以上にゆったりした感覚で着ることができます。

160310f

猫目ボタンを使うあたりも FUJITO らしいポイント。 ミリタリーやヴィンテージの気配が好きなんだなぁと嬉しくなります。

FUJITO – Band Collar Shirt
Col : Khaki
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

160312l

BASISBROEK からも新作のジャケットが届いています。

ここ数年定番素材となっているコットン+シルク素材のファブリックをつかったミリタリーテイストのジャケットとなります。

 

160312b

USミリタリー、通称 “ジャングルファティーグジャケット” と呼ばれるトロピカル系のジャケットがモチーフにされています。

マチが付いて立体感のあるポケットが4つ、胸は斜めに付いて、襟はスタンドカラー、というのがデザイン的な特徴です。

 

160312g
160312e

160312h160312i

やや細身で着丈がそれなりにあり、ウエストに多少の絞りがあるという特徴も、そのまま採用されていて、本質的な特徴がしっかり備えられています。

デザインもそうなのですが、このシルエットのバランスがこのジャケットが古着・軍モノ界で評価される由縁で、着てみると 『ざっくり羽織るけど何かバランスがいい』 という結果をもたらします。
特にこの手のジャケットは、前をしっかり閉めてというような着方よりも、ざっと羽織る感じを出したいがためにボタンをかけずにオープンで着たくなると思うのですが、その時のバランスが秀逸なのです。

その時に肩がきれいに落ちるように、パターンニングにアレンジがあり、ああよく分かっているなと感じました。

 

160312j

160312k

ベトナム戦で支給されたトロピカルジャケットなので、春夏シーズン向けというのは理にかなっています。ジャケットとしてシャツの上から羽織ってもいいですし、シャツに近い感覚でカットソーの上から羽織ってもいい感じです。

Tシャツ一枚で動けるような時期になると、よりこういったシャツジャケットに近いアイテムが重宝しますので、サマージャケットとしてまで見てください。

BASISBROEK – Perk
col : Olive / Dk. Ink
size : 2 / 3 / 4
price : 25,000 (+tax)

 

LINEで送る

Le Tricot De La Mer – Fisherman Smock.

160311a

Le Tricot De La Mer のクラシックなコットンのスモック、“Fisherman Smock” が入荷しています。
ヨーロピアンワークの薫り濃いクラシックアイテムです。

 

160311f

近年ではガンジーニットで知られるようになりました、Le Tricot De La Mer。
イングランドのニットメーカーです。

実は Fuzz では初めてではなく、数年前にそのガンジーセーターの扱いがありました。
ずいぶん久しぶりの登場になりましたが、今回はニットではなく、コットン布帛のスモックという予想外の入荷となりました。

 

160311b

糸の紡績からニッティングまでをこなすファクトリーブランドとして認知されていましたが、何か経緯があってこういったアイテムも手がけるようになったようです。
クラシックな “ワークウェア” であること、また特に船上アイテム、漁師(釣り師)アイテムという関連性もあり、違和感なく、自然な感じではあります。

 

160311c

生地は中厚地のコットンツイルです。
まったく何の変哲もない、ワークジャケットなどにも使われる類の普通の生地がボディとして使用されています。

分類でいうとシャツなのか、ジャケットなのか、少々微妙ですが、そこは各自の解釈で、というのがこういったクラシック・ツール的アイテムの特性とも言えるでしょう。
本来的な感覚では、割烹着やエプロンなどのように、汚れなどに対する防護のためのツールと言え、シャツとかジャケットとかいう議論とは別の場所に立っているのだと思います。

 

 

160311e

160311d

ガンジーセーター、バスクシャツといった船上アイテムに共通する性質、『前後問わないつくり』 が健在です。
かつては今より危険の多かった船の上で、とっさに脱いだり着たりがしやすように、と言われています。

SAINT JAMES のように、ファッション的な配慮があれば、前後はそれなりにあるようになっていますが、これはなかなか前後がない感じです。
ファッション的にどう着る?に一切頓着せずに、リアルそのままをリプロダクトしたということでしょう。そういう意味で、ファッション的に着る人にとって、とてもチャレンジングなアイテムと言えそうです。

もちろん、船の上に限らず、畑や庭で作業をする人には、気分が高まるリアルなワークウェアとして活用してもらうのも最高ではないでしょうか。

Le Tricot De La Mer – Fisherman Smock
col : Navy
size : S / M
price : 8,900 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

3月15日(火)は定休日となります。

店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、3月16日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – Shirts.

160309e

SOUTIENCOL 、シャツの入荷です。

まずはラウンドカラーの Abby Road が定番の Thomas Mason オックス白、シーズンモデルとして canclini の薄手チェック、2タイプ入ってきました。

 

160309c

『SOUTIENCOL らしい色柄だな~』 という印象の canclini のミニタータンチェック柄。
こちらは薄地で春夏向けのファブリックです。

 

160309a

160309b

トラッドな雰囲気と洗いざらしのミスマッチを楽しみます。
サマーウールのネイビージャケットがよく合いそうですね。

SOUTIENCOL – Abby Road *Canclini Check
col : Lt Blue Check
size : 1 / 2 / 3
price : 14,800 (+tax)

 

160309f

継続品番の Thomas Mason 社製オックスフォード。
この襟でこのオックスなら、フォーマルでも使えてしまえそうです。

SOUTIENCOL – Abby Road *Thomas Mason OX
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

160309d

SOUTIENCOL が誇るマスターピース、Ivy League の Thomas Mason オックス。

SOUTIENCOL – Ivy League *Thomas Mason OX
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

Thomas Mason や canclini のこのクオリティのファブリックを、このクオリティのシャツにして、と考えると、(それだけではないですが)それだけでも SOUTIENCOL のシャツは絶対におすすめと言い切れます。

SOUTIENCOL シャツは、今季もひきつづきおすすめ超重要アイテムです。

 

LINEで送る

Universal Works – Pant, Jacket.

160308f

 

Universal Works より、新作のジャケットとパンツが届いています。
ダーク系の色味ですが、春夏らしい素材の渋いプロダクトです。

 

160308d

定番モデルの Aston Pant はスペシャルな素材です。

 

160308e

160308a

コットン・リネン素材でジャガード織のような織柄系ファブリック。 僕にはヴィンテージテイストに見えるのですが、何とも言えない奥行きを感じさせてくれる質感とルックスです。

ムラ感のある糸を使っているのか、昔の織り機で仕立てたような味わい深さがたまりません。
シンプルですがあながち地味ではなく、無地の白シャツや白Tee、あるいは黒Tee などとさっぱり合わせたら、このファブリックの魅力がより引き立って恰好いいだろうなと思いました。

 

160308c

160308b

シルエットはやや細身くらいでスリムテーパードという感じでしょうか。
注意していただきたいのですが、Universal Works は同じモデル名でもシーズン毎に微調整を入れることが多く、サイズ感やシルエットのバランスなどが変わることがほとんどです。
あ、同じモデルだからこのサイズで、というわけにはいきませんので気を付けてください。
このパンツも秋冬のものより若干細いです。

Universal Works – Aston Pant
col : Charcoal
size : 28 / 30 / 32
price : 26,000 (+tax)

 

160308j

つづいて新型モデルとなる Uniform Shirt というシャツジャケット。
ファブリックはトロピカルウールで、軽く、爽やかな素材感です。

 

160308i

160308h

ショート丈のシャツジャケットのモデルとして数種類の生地で展開がありましたが、このトロピカルウールのものが一番面白さを感じました。
この感じ、見たことないなと。

通称サマーウールと呼ばれ、サラサラの肌触りで通気性が好く、機能面でも問題ないかと思います。

 

160308g

ポケットの付き方も面白く、ここは Universal Works らしいポイントです。

Universal Works – Uniform Shirt
col : Charcoal
size : XS / S / M
price : 26,000 (+tax)

 

遅れていた SOUTIENCOL のシャツもようやく届きはじめました。
Thamas Mason OX の Ivy League をはじめ、いくつかはすぐに準備して店頭に並べておきます。

今日は午前中に展示会まわりをしていたのですが、小雨も降りつつの凍える寒さでした。
でも気分の根っこは春になっているので、なんとなく真冬のような厚着をする気にもなれず、寒さの感じ方も何か質が違うような気がします。
これからはいくら寒くても、もうへこたれる気はしないぜと。

しかし洋服屋は全員望んでいると思いますが、春は早く来てほしいものの、“だんだんと” 暖かくなってほしいなということです。
いずれにしても、桜の花が待ち遠しいですね~

 

LINEで送る

MaTeS – Tenis.

160307a

MaTeS の Tenis が入荷しました。

ワンランク上のローテク・レザースニーカー、マテスのテニス。
昨秋の入荷以来、好評です。

 

160307b

160307c

160307d

少し前から完売状態でしたが、春夏シーズンの分として発注していた分がいいタイミングで届きました。

MaTeS – Tenis
col : White
size : 41 / 42 / 43 / 44
price : 25,000 (+tax)

 

やはりオールドテイストのテニスシューズはいいですね。
MaTes や spring court でヨーロピアン・クラシックなスニーカースタイルを!

 

LINEで送る