SANDERS – Military Derby Shoe.

160208b

SANDERS、Military Derby Shoe が今シーズンも入荷しました。
おなじみのポリッシュレザーブラックに加え、今シーズンはバーガンディも揃えました。

 

160208g

160208c

160208h

160208f

——————————-

アッパーレザーは鏡面仕上げのポリッシュレザー、アウトソールはダイナイト(正確にはイギリスのITSHIDE社製コマンドソール)、底付けはグッドイヤー製法、外羽根式(ダービーシューズ)、3本レーンステッチのストレートチップ(キャップトゥ)、ヒール外側にクラウンの刻印 (ミリタリー・コレクション限定です)、別途でオリーブのシューレースが付属、、

正統なドレス靴の佇まいでありながら、軍用仕様のスペックを持つために無骨な部分も兼ね備え、結果的に、オーソドックスの範囲内であるのに他では真似のできない絶妙のバランスである、というのがこのモデルの大きな魅力です。

——————————-

完全なドレス靴とは違う、かといって完全なカジュアル靴とも違う、というミリタリーコレクションならではのバランスが非常にうまい具合です。

タフなので仕事用で、いやこれはビジネスでなくカジュアルでしょう、いやいやオン・オフ兼用でいけますよ、、、
いろいろな人が愛用しています。

 

160208j

160208e

160208a

我らが定番として、年齢・スタイル層を問わず、多くのみなさんにおすすめしたいと思います。
本格靴の入門としても調度好いのではないでしょうか。

SANDERS – Military Derby Shoe
col : Black / Burgundy
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 46,000 (+tax)

 

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT.

160205b

SAINT JAMES の定番バスクシャツ OUESSANT、2016年春夏シーズンの分が揃って入荷しました。
定番カラーのリピートも含め、単色無地4色+ボーダー4色、合計8色が追加されました。

===================

OUESSANT (ウェッソン)は、SAINT JAMES の定番バスクシャツです。

バスクシャツとは、漁師や海兵隊など海の上での仕事に従事する人々が
ある種のユニフォームとして古くから愛した伝統的なアイテムです。

洗ってくたびれても味のある、肉厚のコットン地、
バスクシャツの象徴であるボートネックに、9分丈くらいの袖、
大昔から今に至るまで、質感やかたちをほとんど変えずに多くの人々に愛用されています。

ファッションアイテムとしての楽しみも幅広く、用意された豊富なカラーバリエーションも手伝って、本当にさまざまな着こなしが、年齢性別を問わず、またスタイル層を問わずに楽しまれています。

自分の好きな色を、好きなように着る、そしてボロボロになっても着る、
というのがウェッソンの正しい楽しみ方です。

===================

 

160205a

迷ったらこれという 『エクリュ・マリン』(生成×ネイビー)、次に迷ったらこれという単色の『グリス』(杢グレー)、『ネイビー』、この3色を中心に、今季は手堅いと言いますか、ベーシック系のカラーリングで揃えてみました。
ただ、ベーシック、地味、とは言っても、春らしい爽やかさが感じられるようなイメージはしています。パンチの強い色ファンのみなさんには申し訳ないですが、今シーズンは実用的なウェッソンでお願いいたします!

 

160205c

通年定番アイテムと位置づけてはいますが、やはり本番は春の時期だと思います。
“気分アイテム” という性格も多分にあると思いますので、新しい季節を感じたら、気持ちよく着ていきましょう。

着こなし方に関しては、細かなことよりも “気持ちよく着る” が勝るアイテムなので、好きなカラーを気分よく着たらそれがベストスタイルになると思います。

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

春シーズン開幕の勢いをつけるために、ちょっと早いかもしれませんがウェッソンに登場してもらいました。
ブランドも春が勝負だと思っているのか、秋よりも入荷が順調で助かります。

ということで、自分的な春の一歩を踏み出そうと思ったタイミングで、是非ウェッソンを。

 

LINEで送る

FUJITO – Hood Coat.

160207a

FUJITO の春夏シーズン新作、”Hood Coat” が入荷しました。
軽く、爽やかな素材感のスタイリッシュなスプリングコートです。

 

160207k

“フード・コート” は、取り外しができるフードを備えた一重のステンカラーコートです。
こちらはブランドの定番アイテムとして、マイナーチェンジをしたり、シーズンによって素材を替えて継続しているモデルとなります。

フードを外してややトラッド風にキメられて、フードを付ければやわらかなニュアンスでカジュアルに着られるというコートです。

 

160207g

160207j

160207e

160207l

160207d

160207i

160207c

素材はナイロン100%でテフロン加工が施されて撥水性を高めたものとなります。
また、表面を微かに起毛させており、ナイロン特有の光沢を排して独特の表情をつくりだしています。

ナイロンで地厚も薄めなので非常に軽く、春のコートとしての軽快さ、爽やかさを備えています。色合いと素材感の妙が充分に感じられ、FUJITO服らしいスタイリッシュさをベースにしつつの味わい深さがあると思いますがいかがでしょうか?

 

160207n

レインコートとしても実用的な威力を発揮するコートです。
いろいろな角度から見て、渋い!

FUJITO – Hood Coat
col : Khaki
size : S / M / L
price : 37,000 (+tax)

 

LINEで送る

Fileuse d’Arvor – Cotton Rib Knit Basque Shirt.

160206f

Fileuse d’Arvor のコットンニットのバスクシャツが入荷しました。

ここ数年来の恒例と言っていいでしょう、春からのコットンニットの先陣をきるのが毎年この Fileuse d’Arvor のバスクシャツタイプのニットなのです。

 

160206e

160206c

元々は、ブランドが納入メーカーとしてフランス海軍に支給していたユニフォームとまったく同型、同素材のリブニットによるマリンニットとなります。
タイトめのシルエットはそのため(軍用のため)ですが、生地はやわらかく伸縮しますので、まったく締め付け感は無く、無理なく自然に身体にフィットすることで、シルエットの好さと着心地の好さを両立しています。

“Vintage Rib” と名付けられた生地は、旧式の編み機によって複雑な組成で編み立てられたタフなニット地です。通常より糸のかかりが多い編み立てのため、型崩れも最小限に抑えられる上質な生地なのです。

 

160206b

160206d

特にインポートのファクトリーを支持するような通好みの層からの評価が高いのが展開をはじめてから一貫しています。
トレンドよりも品質と機能性に重きを置くシビアな視点を持つみなさんに支持され、派手さはないものの、ひっそりとロングセラーを続けているモデルであります。

Fileuse d’Arvor – Cotton Rib Knit Basque Shirt
col : Marine*Ecru / Charcoal
size : S / M
price : 13,800 (+tax)

 

まだ一番寒い時期のうちに入るのでしょうが、陽は延びて、花粉も舞いはじめ、春が近いというサインも徐々に出始めました。
寒気を体感するのとはまた別の感覚で、季節の変わり目を感じはじめる時期にさしかかり、ならば着るものにも何か変化を与えたいというような気分も芽生えてくることでしょう。

新作入荷もようやく濃くなってきましたので、明日の定休日明けから本格的に春シーズンをスタートしたいと思います。

と言っても、展示会と発注作業に追われる状態にもなっていますので、ゆっくりにはなりそうです。冬ものと春ものと、徐々に入れ替えていきますので、ちょくちょくチェックしてみてください。

 

LINEで送る

SAINT JAMES – Cotton Cardigan.

160204f

久しぶりの入荷です、SAINT JAMES のコットンカーディガン。
ずいぶん昔から展開している間違いないベーシックアイテムです。

 

160204d

コットン100%素材のフライス生地(リブ編み)は、横方向に柔らかく伸縮するため、着た時のストレスの無さに定評があります。
自然に無理なく伸びるので、着た時に少し襟のまわりを整えてあげる必要がありますが、着てしまえば動きやすいことこの上なしです。

そういう特性から、『オフィス専用』 という使い方をしているということも聞きますし、スーツからカジュアルまで、シンプルベーシックアイテムならではの幅の広さで活躍してくれるはずです。

 

160204h

160204a

160204g

2サイズ展開、 T40 でS/M、T42 で M/L、というイメージです。
前述の通り、無理なく伸びるため、適応幅は普通より広いと思います。

SAINT JAMES – Cotton Cardigan
col : Acier / Navy / Noir
size : T40 / T42
price : 11,000 (+tax)

 

Fuzz では、コットンカーディガンとしては、他に Pyjama Clothing のものを定番的に展開していますが、生地そのものの違いやVゾーンの広さやシルエット、発色など、けっこう別物という感じです。
どちらの良さもあるので、是非合わせてお試しいただけたらと思います。

 

LINEで送る