New Arrivals.

151017k

Yarmo のドライバーズジャケットが入荷しました。
毎シーズン展開している定番モデルですが、秋冬シーズンは素材のチョイスが幅広く、毎年楽しませてくれるのが常となっています。

今年の秋冬は、イギリスのテキスタイルメーカー “Thomas Boyd & Son” のウールファブリック。
さらに仕様変更と言いましょうか、総裏の二重仕立てということになって、かなり “しっかりなジャケット” という様相となっております。

 

151017l

上品に起毛した秋冬らしいトラッドな生地感。
『いい生地』 な雰囲気がとてもよく伝わってきます。

 

151017h

『いい生地』 を気負いなく、気楽なカジュアルで羽織るのが Yarmo のドライバーズジャケットの真骨頂です。
ワークジャケットが持つ気安さと、グッド・ファブリックが持つ上品さ、本格感を合わせることで、なかなかない絶妙なバランスのジャケットになっているのです。
これだと堅苦しすぎる、これだとラフすぎる、というふうにジャケットを探していて、これくらいがちょうどいい、ということになりやすいのがこのドライバーズジャケットなのです。

 

151017c

そして、長年見てきたなかで初めて見ることになりました、総裏のドライバーズジャケット。
これまでは一重が当たり前で、それがカバーオール感というか、ラフにひっかけるワークジャケット感につながっていたように思うのですが、しっかり二重にされることで、やはり気分は引き締まります。

二重仕立てのドライバーズジャケットということで、またこれまでとジャケットとしてのバランスが違ってくると思いますので、是非改めて評価していただきたいと思います。

 

151017d

151017i

Yarmo – Driver’s Jacket
col : Grey / Loden
size : 38 / 40 / 42
price : 29,000 (+tax)

 

151016b

Pyjama Clothing からは定番の3ボタンカーディガンがようやく届きました。
いつものカットソーと同じ生地による薄手コットンのカーディガンは、手軽でかさばらず、便利に使え、毎シーズン人気のアイテムとなっています。

この生地ならではの生地感がカーディガンとの相性が好いのだと思います。
僕個人としては、普通にシャツの上から着るのがもっともエレガントであるように感じています。
シンプルベーシックのアイテムなので、思い思いの使い方で活用していただければと思います。

 

151016a

Pyjama Clothing – Cotton 3B Cardigan
col : Black / Navy / Dry Leaf  / New Sable / Blue
size : S / M / L
price : 8,800 (+tax)

 

みるみる秋が深まる時期になり、服飾業界でいえば、いよいよトップシーズンに突入という感じでしょう。
陽ざしは心地よく、食べものはうまい、スポーツとファッションは盛り上がり、文句なしでとてもいい時期です。

 

LINEで送る

New Arrivals.

151013h

Universal Works の新作パンツが入荷しました。

ブランド定番の Aston Pant のモデルで2タイプ、どちらも素材感が魅力的、プラス、コーディネイトのしやすさを感じてセレクトしました。

 

151013b

織柄のあるチャコールの方は、コットン素材で一見していい雰囲気。
Universal Works 的にも、Fuzz 的にも、昨年の好評を受けての継続です。

 

151013a

ただ者じゃない感と、合わせやすさ、使いやすさを兼ね備えた、全員におすすめできるようなタイプのパンツです。
微かな起毛感が肌触り好く、色合い、生地感はいろいろな意味で気を遣わないで済むような絶妙さがあります。

 

151013c

それぞれの思惑、それぞれの着方で、いろいろな人に手を伸ばしてほしいと思います。
このシーズン、このパンツはけっこうエース級の位置づけです。

 

151013g

もう1型はウール系です。
前述のパンツもそうなのですが、こちらもイタリアのテキスタイルメーカーの生地を使っています。

こういった雰囲気のウール生地をカジュアルなパンツに使うというのは、意外と日本では見られないような気がします。

 

151013e

ブラックのブーツと合わせて男っぽく武骨にいくのもいいでしょう、
オフホワイトのタートルネックのニットを着て、軽く、ふんわりした着こなしもよさそう、
いろいろなイメージが湧くのは、魅力の証です。

151013d

実はパンツアイテムこそ、海外ブランドならではのニュアンスの違いがあり、替えの利かない魅力があると思います。

正直を言えば、パンツというアイテムは、コスト的にも、フィット的にも、あらゆる面で違う感覚でつくっているなと感じることが多く、実際日本のブランドの方がいろいろと都合がいいと僕は思っているのですが、逆にだからこそ、日本のブランドには出せない魅力がポンと出ることがあるような気がします。

Universal Works、Oliver Spencer では、そういった、“ならでは” の、独創的な魅力のあるものに限定して狙っていきたいと思っています。

Universal Works – Aston Pant Cotton
col : Charcoal
size : 28 / 30 / 32
price : 23,000 (+tax)

Universal Works – Aston Pant Wool
col : Charcoal
size : 30 / 32 / 34
price : 25,000 (+tax)

 

151015h

arbre からもパンツアイテム。
おなじみの定番スラックスのウールフラノVer. チャコールとネイビーの2色展開です。
こちらの方はスリム型のタイプのみでのご用意となります。

 

151015i

151015b

151015e

151015c

151015f

特に多くを語ることもありますまい。
シンプルかつベーシック、安心のスペックでひきつづきおすすめです。

arbre – New Basic Trousers – Wool Flannel
col : Charcoal / Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 15,800 (+tax)

 

生産遅れ、僕のてんやわんや、いくつかの理由でここまで秋冬アイテムの投入が遅れがちでしたが、ようやく追いついてきたような気がします。
次々現れる新作を眺めているうちに、買うタイミングを失するというのはよく聞く話ですので、そろそろ機を見て Vin のモードに入ってOKだと思います。

それから、僕はまさに今やってしまっているのですが、夜中や明け方は涼しいより寒いというふうになってきたので、風邪にも注意が必要ですね。

 

LINEで送る

New Arrivals.

151012b

Au Garcons の新作ジャケット。
オリジナルのモールスキンの素材感の好さ、“フレンチ・ワーク” の系統をしっかりたどりながら創るオリジナリティ豊かなデザイン、そして単純にポケットがたくさんあって便利、、、
そういう魅力。

 

151012a

151012c

151012e

着丈が長めで、前立てが少々斜めにカーブしていて、少し普通とは違うバランスにしてあります。また、上襟が立体的に反り返るのもあまり見覚えのない感じです。

ただならぬ雰囲気ありつつ、大げさにならないところでまとまっていると思います。

 

151012d

普遍性と独創性、相反するような2つの要素を同時に感じることができるのは、まさしく 『背景』 によるところでしょう。

背景を揺るがさずにしっかりさせてものづくりをするブランドではないとできない境地であり、また抜群の説得力をもっているように思います。

 

Au Garcons – Moleskin Work Jacket
col : Black
size : S / M / L
price : 28,000 (+tax)

 

151010e

SOUTIENCOL からは秋冬らしいフランネルシャツが新しく入荷しました。
インポート生地のシリーズで、今回はどちらも Canclini 製です。
色柄はいかにも SOUTIENCOL な雰囲気ですね~。

 

151010a

151010d

 

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE Flannel
col : Brown Check / Red Check
size : 1/ 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

151011a

遅れております SAINT JAMES の大定番 OUESSANT の新色。
まだ発注した分が揃っていない状態ですが、買いたい、着たいという時期まっさかりになっていますので、先に届いた分2色ご紹介します。

後からもう少し入ってきます。

 

151011b

 

SAINT JAMES – OUESSANT
col : Pin / Noir*Taupe
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

151009c

Pyjama Clothing からは今季新作となるモックネックの長袖カットソーが入荷しました。
ハイネックもののカットソーは注目度が高いので、このモデルも要チェックでよろしくお願いします。

 

151009a151009d

 

Pyjama Clothing – Mock Neck Long Slv.
col : Black / Navy
size : S / M / L
price : 6,300 (+tax)

 

秋冬商品の入荷続々、まだまだ続きます!

 

LINEで送る

New Arrivals.

151008h

秋冬アクセサリー類も続々と届いています。

インドの S. K. Overseas は、色柄のセンスが好く、薄手大判のストールタイプという巻き物です。
Fuzz ではここ数年継続して展開していますが、今シーズンは大きさに変更があり、今までよりさらに大判になりました。
襟元に思いきったボリュームをつけるのもなかなか面白そうです。

 

151008a

151008b

151008g

151008c

 

S. K. Overseas – Wool Stole
col : Black / Beige
price : 5,800 (+tax)

 

151006b

つづいて LEUCHTFEUER のニットキャップ。
春はコットンニット、冬はウールニットでの展開で、おなじみとなっている定番アイテムです。

 

151006a

畔編みで定番的なタイプのニット帽です。
見た目はコンパクトですが、まったくきつくないので安心してください。

プレーンな無地と、2色の糸をミックスしたタイプと2種類、それぞれカラーバリエーションもそれなりにご用意しています。

 

LEUCHTFEUER – Wool Knit Cap
col : Black / Charcoal / Grey / Brown / Bordeaux / Green / Olive / Orange
price : 2,800 (+tax)

 

151006d

151006c

 

LEUCHTFEUER – Wool Knit Cap
col : Charcoal Mix / Brown Mix / Navy Mix / Bordeaux Mix
price : 2,800 (+tax)

 

151007b

こちらもおなじみ、ベルギーの LOCAL ROOTS。
単色でシンプルなウールソックスをセレクトしました。

 

151007a

 

LOCAL ROOTS – Wool Rib Sock
col : White / Natural / Curry / Loden / Blue
price : 1,800 (+tax)

 

そろそろ冬の寒さもイメージできるくらいになってきたでしょうか。
少しずつ、ウール素材のアイテムも店頭に並べていこうと思います。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

SANDERS の今季新作について、『こんなのが入荷する予定です』 という話を店頭でしていましたが、先日連絡が入り、生産中止になっていたという事実が伝えられました。

通常はシーズン前に知らせてくれるのですが、何かアクシデントがあったようで、連絡がずいぶんと遅くなって届きました。

ボツになったのは、グレインレザー、リッジウェイソールでチャッカブーツをブラックとブラウン。
お伝えしてそれは楽しみだという人が少なからずいらっしゃったので残念でなりません。

可能なら、また懲りずに発注しますので、気長にお待ちいただけたら幸いです。

 

LINEで送る

Vintage – Military Items.

151005n

久しぶりのヴィンテージ・ミリタリーのコーナーです。

新作入荷の混んでいる中、わざわざ割り込んでくるということは、、、
そう、“濃い” ということです。

 

151005e

フランス軍のM47パンツ・後期型。
多数のリクエストが寄せられながら約4年が経ちました、ようやくの入荷です。

知りうる限りのディーラーに声をかけていたのですが、長い期間手に入らず、もう出ないのではないかという諦めムードもありました。
しかし、そうなったと思ったらひょいと出てくるのがヴィンテージの面白いところでもありましょうか。
“レアもの” 的な風向きになってきてしまい、さすがにプライスが維持できませんでしたが、なんとかギリギリ、プレミア価格にはならずに済んでいるかと思います。

 

151005g

今回はヘリンボーンツイルの後期型。

昨年、前期型のモデルが出て一部で盛り上がったのですが、同時に 『後期型はないのか?』 という多数の声を改めて聞く機会になってしまいました。

前期型の方が製造年代が古い分、生地に古臭さがあり、それが見るからに “ヴィンテージ” を感じさせてくれてありがたくはあったのですが、いざ、コーディネイトに取り入れるとなると、なかなか難儀するというのが現実でした。

対してこの後期型は、生地のウエイトもそれなりで、ヴィンテージ感、ミリタリー感を持ち合わせ、タイトな腰まわりからズドンと太いストレートシルエットが心地好いという、たいへんスタイリッシュなものとなっています。

 

151005f

一般的な感覚でスタイリッシュといったら語弊があるかもしれませんが、普段からいろいろなタイプのパンツを穿く人には、このパンツがスタイリッシュに映るのです。

不思議と試してみたいコーディネイトが頭をかすめ、マイ・オリジナルを生み出せそうな気がしてわくわくするという、ヴィンテージ、ミリタリーならではの楽しさがあるのです。

今回は3つのサイズで、総数では十数本です。
貴重な機会であることは間違いありませんので、該当の方はお早めをおすすめします。

 

FRANCE Military – M47 Field Pants (Dead Stock/Vintage)
size : 21 / 23 / 31
price : 14,000 (+tax)

 

151005l

こちらはイタリア軍のワークジャケット。
僕もそれなりに長くやっていますが、これは初見です。

 

151005i

明るい茶色のモールスキンで、シルエットもなかなか。
『珍しいな~』 というのが第一声でしたが、袖を通してみると 『おっ!』 という感じでした。

ディーラーの方でも詳細は判らないということでしたが、雰囲気からして50年代頃のものではないかと思います。
その分の古臭さはあるにはありますが、それがいい感じで出ているタイプだと、僕は見ています。

 

151005h

ジャケットとしては若干着丈が長めなのですが、それがまた好バランスです。
うまく着たら格好いいなと思わせるような類のヴィンテージ・ジャケットであると思いますので、是非チャレンジしていただけたらと思います。

 

ITALY Military – Moleskin Work Jacket (Dead Stock/Vintage)
size : 3 / 1
price : 14,000 (+tax)

 

151005d

実用系も少々。

隠れた名作、イタリア軍のウール+コットンのアンダーウェアを追加、またフランス軍のウールソックスを初めてとってきました。

 

151005b

オリーブ色がいい感じ、プラス膝までくるロング丈も欲しかったのです。
これは Blundstone のブーツを履く際にいかがですか、というのが僕のイメージです。

FRANCE Military – Wool Long Socks (Dead Stock/Vintage)
size : 42-44
price : 2,000 (+tax)

 

151005c

ITALY Military / Wool Cotton Under Shirt (Dead Stock/Vintage)
size : S / M / L
price : 3,500 (tax in)

 

継続のイタリア軍のカットソー以外は、オンラインショップへの掲載は後日となります。

ということで、忘れたころにミリタリー、こんなところにミリタリー、という心を忘れずに、日々お洒落に精を出していきましょう!

3連休!

 

LINEで送る