No Title.

160505a

ゴールデンウィークの終わりを嘆くかのような雨。日常が再開されるにはうってつけの天気ではないでしょうか。

連休中はなかなかの好天に恵まれましたが、ああ、これではみんなレジャーに出かけて今日は暇だろうなとビクビクしながら、意外や例年になく忙しく日々を過ごしました。

例年、連休前にお買いものが多く、連休に入るとけっこう静か、というのが通例なのですが、今年は少し様相が違いました。もちろん、ありがたかったです。

 

160505b

新緑まぶしい5月、いい季節ですね。
いくら陽射しは強くても、しょせんは5月、あの悪魔の湿気はありませんから、上着を着たり脱いだりしながら、気持ちのいい毎日を過ごせます。

個人的な話になりますが、先日のお休みに少し大きめの公園で半日ほど遊んできました。
僕も例にもれずですが、ほとんど100%子どもを遊ばせるための人出で、暑さもあって、大人は楽しそうだけど、その倍しんどそうな、なかなかのハードワークを強いられていました。

Ordinary fits の Truck Pants を穿いて(これいいです)、Pyjama のポケTeeを着て、足元は、走るために買ったが走っていないから履く機会がないためこういう時でないと履かない adidas のランニングシューズ、ウエストに suolo の Fitter を巻き付けて、、
という恰好で太陽の下、数時間走り回りました。
まだ夏ではないという意識で、日焼けについては何も考えていなかったところ、顔や腕、首の後ろは真っ赤になり、Tシャツを通して肩まで日焼けして、しばらくヒリヒリ状態でした。

なんて強い紫外線なんだ、と思いました。

ああ、こんなときに、こんなようなサングラスがあったらなぁ・・・

 

160505c

160505d

 

Kearny の新しいモデルが入荷しました。
詳しくはまた後日。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

5月10日(火)は定休日となります。

店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、5月11日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

New Arrivals.

160503a

Charpentier de Vaisseau のスクールパンツ。
例年より少し遅れましたが、今年も変わらずに入荷しました。

古いスラックスのような雰囲気の、無造作なストレートシルエットのイージーパンツです。

 

160503b

ファブリックはごく普通の、中厚のコットンツイルです。
ほんのり起毛感があり、タッチはしっとり。ラベルは付きませんが、Brisbane Moss 社製のとても質の良い生地となっています。

 

160503c

160503d

160503e

やや太めのストレートシルエット。
ベルトループはありますが、ウエストがバックギャザーでベルトレスでも穿けるイージーパンツの仕様です。

シンプルなのになんとも言えない愛嬌があり、普通とはちょっと違う、独特の雰囲気を持っています。普通に格好よく穿けるイージーパンツと比べると明らかに世界観が違い、やはり独自のニュアンスを持っているように思います。
このニュアンスを取り入れ、楽しめそうだなと感じたら、ものすごくおすすめです。
ひと味違う “マイ・リラックス・スタイル” をつくり上げていただけるはず。

Charpentier de Vaisseau – School Pants
col : Grey / Olive / Dk. Blue
size : 2 / 3
price : 11,000 (+tax)

 

160504b

STANDART AT HAND のコットンニットTシャツ。
昨年に好評をいただきリピートとなりますが、カラー展開が全て変わり、また新鮮なラインナップとなっています。

 

160504d

ギザコットンを素材としたハイゲージニット。シルキータッチのやさしい肌触りが魅力です。
単色無地のクルーネックというまったくシンプルなデザインであり、質感の好さと色合いの好さだけで勝負する潔いアイテムです。

 

160504c

160504e

品質と色味が好いから特別なデザインがいらない、という言い方もできるでしょう。
シンプルな方が際立ちます。

 

160504a

ちょっと残念な気もしますが、サイズ展開も潔く、メンズ1サイズです。
(ブランド側の用意が1サイズなのです)

STANDART AT HAND – Cotton Knit Short Sleeve
col : Black / Green / Carrot
size : 8
price : 11,000 (+tax)

 

LINEで送る

Merz b.Schwanen – Button Facing, ’20s Tee.

160502u

Merz b.Schwanen のカットソーが入荷しています。

昨春夏シーズンに展開を開始して、たいへん好評でした。
2年目となる今シーズンもブランドを代表するモデルであるボタン・フェイシングを中心に、より充実した品揃えでご用意しました。

クオリティやディテールの素晴らしさに加え、個性的な世界観をまとったカットソーの魅力を是非ご堪能ください。

 

160502a

160502k

“ボタン・フェイシング”、いわゆるヘンリーネックのタイプが Merz b.Schwanen を代表するアイテムと言っていいと思います。

基本としては、昔々、ヨーロッパのワーカーが無造作に着ていたアンダーウェアをルーツとして現代に甦らせたものです。
そういうルーツでの “スタイル” を備えたプロダクトであり、機能を最優先にしたTシャツとは明らかに一線を画す、メルツならではの独特の雰囲気を生み出しています。

トップスとして単体で着ることも問題ありませんし、上からジャケットを羽織ってインナーとして見せることで、また味のある見え方をしてくれます。

 

160502b

160502d

160502e

160502g

160502j

160502m

今シーズンは6色展開。
定番カラー5色とシーズンカラーのグリーンです。

Merz b.Schwanen – Button Facing Shirt 1/4 Slv.
col : White / Grey mel. / Green / Ink Blue / Dk. Navy / Black
size : 4 / 5 / 6
price : 12,000 (+tax)

 

160502v

こちらはヴィンテージファブリックを再現したシリーズの20年代スタイルのクルーネックTシャツ。
コットン+レーヨンによって、薄地でてろり感のある生地となっていて、見た目にも実際の質感にも、ただならぬ雰囲気が伝わります。

 

160502o

より古くさいヨーロッパのカットソーのイメージで、やはり特別なニュアンスを感じさせてくれます。
無造作に着ることがこれほど似合うTシャツもそうそう無いことでしょう。

 

160502n

160502r

160502s

3色展開。
グレーメランジは、けっこうライトなヘザーグレーです。

Merz b.Schwanen – 20’s T-shirt 1/4 slv.
col : Grey mel. / Dk. Navy / Black
size : 4 / 5 / 6
price : 10,500 (+tax)

 

明日3日火曜日は営業(土日時間)しますので、宜しくお願い致します。
また、5日木曜日を休業とさせていただきますので、ご注意いただけますようお願い致します。

 

LINEで送る

Paraboot – DOMINGUE.

160501a

Paraboot のデッキシューズ DOMINGUE をご紹介します。
昨春夏シーズンに新しく加わったデッキシューズの新モデル。Fuzz では今季初登場です。

 

160501j

最も有名で定番なデッキシューズの Barth を少しだけアレンジしたものですが、違いが分かるでしょうか。

 

160501i

160501c

160501d

160501e

160501f

160501g

160501h

160501b

デッキシューズの代表的なディテールでもある、履き口にぐるりと渡る革ひもが取り去られ、よりすっきりした印象になっています。
違いとしてはそこだけなので、まったく別ものという感じもしませんが、それなりに印象の違いもあるように思います。
『デッキシューズです!』 という主張がやや緩和されて、革靴か、あるいはスニーカーか、これは人によって判断が分かれますが、それぞれに近づいたのではないでしょうか。

もともとデッキシューズは、ドレスシューズスタイルの革靴では春夏には暑い、堅すぎる、でもスニーカーまでは行きたくない、というような要求をカバーするようなイメージであると思いますが、このモデルもやはり強みはそこであり、さらに 『だからと言ってデッキシューズらしすぎない』 というプラスアルファが付いたような印象です。デッキシューズなのに。

だからこそ、白がいけるのではないかと踏んで、白一本でセレクトしました。
春夏は白いシューズが履きたいというのは、それなりに共通した感覚ではないかと思いますので、なんとなく共感していただけると思うのですがいかがでしょうか。

Paraboot – DOMINGUE
col : White
size : 6H / 7 / 7H / 8
price : 27,000 (+tax)

 

 

LINEで送る

Universal Works – Baker Overshirt, Bucket Hat.

160423a

Universal Works より新作入荷です。
これから夏にかけて活躍してくれる薄手のシャツジャケット、定番のバケツハット、ご紹介します。

 

160423b

昨年も展開がありましたが、@いう間に完売し、実際に活用した人からの評判も好かった Baker Overshirt。 シャツジャケットというのか、ジャケットシャツというのか、どちらにしても、薄手のシャツ地でカバーオールです。

 

160423c

反染め(生地の状態で染色)の薄く、軽い生地です。
シャツの軽さでジャケットとして着れるため、主にTシャツを着ている時のアウターとして活躍が期待できます。

今よりさらに暑くなって、Tシャツ1枚というスタイルをするようになってくると、よりイメージが湧きやすいかと思います。
シャツを着ていての羽織りものは各種カーディガンがありますのでさほど困らないですが、カットソーを簡単に着ているだけのスタイルになると、このくらいのアウターが効果を発揮します。

 

160423e

160423h

昨夏の終わり、デザイナーのデイビッドがお店に顔を出してくれた時の会話です。

『Baker Overshirt は、とても評判がよかったから来年も頼むよ』  と僕。

『そうだろう、実は今年、ロシアの大きなお店でこれを大量に発注してくれたんだがね、シーズン前につぶれてしまって、つくってしまって納品ができなくなったんだ。
でもそれを全て引き取ってくれたお店があって、驚いたことに、簡単にソールドアウトだ。
ロンドンの、君のお店くらいの小さなお店だよ』

その数量たるや、たしか70着と言っていたと記憶しているのですが、ちょっと記憶は曖昧です。
いずれにしても我々くらいの規模では信じられないくらいであることは間違いありません。
そんなエピソードもあり、デイビッドも一押し、色数も増えていました。

 

160423d

Ordinary fits の One Mile Cardigan も好評で(こっそり追加してました)、布帛(ふはく*シャツなどの生地)の軽い羽織りものの需要が目につきます。
これまであまり無かったところだったのでしょう。

Universal Works – Baker Overshirt
col : Navy / Blue
size : XS / S / M
price : 20,000 (+tax)

 

160423l

こちらはブランド定番、Bucket Hat。
今季は British Millerain のドライワックスのいい生地できました。

 

160423m

単色ネイビーのシンプルなものですが、それがまたいい感じです。
実際の撥水性もかなり高いということなので、梅雨時期など間違いないですし、タウンユースにとどまらず、登山などでも活躍するのではないでしょうか。

 

160423k

160423j

帽子の類、いろいろありますが、このタイプの好いところは、バッグやポケットにねじ込んでおけること。
ものすごくお洒落で部分的な携帯傘としても・・・、
さすがにこれは強引か。

Universal Works – Bucket Hat
col : Navy
size : L
price : 9,000 (+tax)

 

祝、ゴールデン・ウィーク。
お時間ありましたら是非お立ち寄りください!

 

 

 

LINEで送る